X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0] レビュー・評価

2018年 4月19日 発売

X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]

  • X470チップセット搭載のAMD製CPU向けATXゲーミングマザーボード。第2世代Ryzenシリーズにも対応。
  • インテル802.11ac Wave2 2T2R WIFIとBluetooth 5を搭載。
  • ALC1220 120dB SNR HD Audio機能を搭載。オーディオ機器のインピーダンスを自動検知することで音量低下やひずみを防ぐ。
X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0] 製品画像
最安価格(税込):

¥31,799

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥31,799¥38,698 (4店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国3店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/X470 メモリタイプ:DDR4 X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]の価格比較
  • X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]の店頭購入
  • X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]のスペック・仕様
  • X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]のレビュー
  • X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]のクチコミ
  • X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]の画像・動画
  • X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]のピックアップリスト
  • X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]のオークション

X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]GIGABYTE

最安価格(税込):¥31,799 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 4月19日

  • X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]の価格比較
  • X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]の店頭購入
  • X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]のスペック・仕様
  • X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]のレビュー
  • X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]のクチコミ
  • X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]の画像・動画
  • X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]のピックアップリスト
  • X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > マザーボード > GIGABYTE > X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]

X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.19
(カテゴリ平均:4.39
レビュー投稿数:5人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 4.74 4.51 39位
互換性 パーツとの相性など 4.60 4.41 40位
拡張性 拡張性スロットやポートは十分か 4.58 4.10 23位
機能性 付加機能は十分か 3.79 4.24 68位
設定項目 設定項目は豊富か 3.76 4.20 63位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 3.97 3.77 33位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
4件
2件
PCケース
3件
3件
SSD
3件
0件
もっと見る
満足度4
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性3
設定項目無評価
付属ソフト3

Rev1.1 電源コネクタ横にアクリルバー

Rev1.1表記

デフォルトはオレンジ色

【安定性】
トラブルなく起動
B450M Steel LegendではXMPで起動できなかった
G.skill F4-3200C16D-16GTRZXも無事3200MHzで動きました。
GigabyteのZen+世代ハイエンドM/Bだけのことはあります。

【互換性】
Biosのアップデートは必要ですがZen2対応で
実際2700X,3500で使用しましたが、問題なく稼働しました。

【拡張性】
ATXとして一般的な範囲

【機能性】
フロントパネル用配線が簡単に取り付けられるQコネクタ
Wifi,Bluetoothアンテナ付属
M.2用ヒートシンクも2つありなかなか贅沢です。

【設定項目】
あまりいじっていないので無評価

【付属ソフト】
光物PCを組んでいるのですが、RGBFusion2のレインボーのエフェクトが
好みではなく残念です。
(ケースファン全周に全配色が表現された状態で回転)
設定でじょうずにできるのかもしれませんが。。。。

【総評】
機能、装備的にはハイエンドM/Bらしく発売当時の環境では贅沢といえるものです。
デザインも若干好みが分かれますが、合う人にはかっこいいと思います。

ライティングエフェクトが満足いくものだったら使い続けるのですが
Gigabyte以外のX570にかえようかな・・・・

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

dsamsada2さん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:98人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
3件
43件
デスクトップパソコン
0件
41件
au携帯電話
1件
40件
もっと見る
満足度3
安定性無評価
互換性5
拡張性5
機能性2
設定項目1
付属ソフト無評価

再生する

その他
光り方を見てみた。

無限5RGBと組み合わせた

970EVO plusでは、良い成績かと

R15だとして、良いスコアでたよ。

   

FFベンチの結果

   

やっと仮組が終わったので、簡単にレビュー。

購入してから約2か月が経って、まともに動くようになった(苦笑)
2020/1月に以下のパーツのほとんどを新品購入。
しかし、Windows10Pro(1909)をインストールに大苦戦。
やっとWindowsがインストール出来たので、簡単にレビュー。
使用感とかは、現状、不明なので無評価が多い。

途中、色々とパーツを変更して、Windowsがインストールできない原因を追究していたが、
最終的に以下のPC構成となる。

PC構成
・CPU:Ryzen9-3950X
・クーラー:サイズ 無限5 RGB(PCケースに入れる時は、コルセアH150iになる予定)
    今後、温度や性能テストする予定なのでまとまったら再レビューします。
・M/B:X470 AORUS GAMING 7 WIFI
   BIOSバージョン:メイン F50 / サブ F40
・メモリ:コルセア Vengeance RGB Pro 16GB/3200MHz×2枚
・GPU:ZOTAC AMP GTX1660Ti
・SSD:Samsung 970EVO Plus
・電源:コルセア RM750X
・PCケース:現在はまな板。(最終的には、コルセア iCUE 465X RGBを予定)

【安定性】
 今後、検証のため、無評価

【互換性】
 X570で無くても、第三世代の最上位が動きました。(大苦戦しましたが・・・)
 ま、第一世代から第三世代まで動作するので、良いじゃない。(買ってないけど)

【拡張性】
 nvmeのM.2が2本。スレットリッパに比べると少ないけど一般的にはこれでいい。
 PCIeがフルが3本、×1が2個。があるので、個人的には困らない。
 SATAが6個:ATXとしては、標準的ですね。
 背面USBが多いので、USBを多く繋げる人には良いですね。

【機能性】
 内臓Wifi:これのお陰で、Windowsをインストールするのに大苦戦。
      機能としては良いけどBIOSで無効化が出来たら、よかった。

【設定項目】
 BIOS面で昔のギガバイトなら、色々と設定できたのに、今回のは、設定できないので評価は、低め。
 久しぶりにギガバイトを買ったけど、こんなに簡素化しては、少し困ると思った。

【付属ソフト】
 取り急ぎ、wifiドライバーとRGB-FUSION2だけ入れた。
 他は必要に応じて今度、導入するので、今は無評価。

【総評】
 当初は、X570を買いたくなかったのでX470で光が良い奴を探していたので、これにしたけど、
 Windowsをインストール時に内部Wifiがインストール出来ない原因だった。
 BIOSで無効化できるようにしてくれたら、簡単だったろうけど、設定できなかったのでイマイチ!
 
 拡張性と機能面は良い。また光り方は、今のところいい感じに変更が可能だし、ビカビカに光る。
 むろん、offにも出来るので、色々と重宝しそう。

 ただ、LEDリボン等のD-VB端子が多いのに付属する変換ケーブルが1本なので、残念。
 せっかくLEDリボンを4本購入したのに変換ケーブルが無いので、接続できない。(現在、探し中:情報求む)

 取り合えず、Ryzen9-3950Xは、動きましたよ。と言ったレビューです。
 今後、OCとか色々と検証する予定。

 尚、なぜX570を買わない理由は、@チップ部にファンがある。AGEN4は、要らない。体感できんもん。B純粋に欲しい奴は高い。
 C光り方が大人しくなってしまった。(ま、光れば良いもんでも無いが・・・)
 と言うことで、やっとまともに動くようになりましたのでレビューしました。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nissypadさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:56人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
2件
5件
タブレットPC
2件
0件
Mac ノート(MacBook)
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性4
拡張性4
機能性4
設定項目4
付属ソフト4
   

   

【安定性】
 いまのところ問題なし

【互換性】
 購入したものは、全部認識しました。

【拡張性】
 SATAとかは結構余りました。

【機能性】
 はじめてなのでよくわからない。

【設定項目】
 はじめてなので比較できない。

【付属ソフト】
 普通に使えました。

【総評】
AMD Ryzen 7 2700X BOX
X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]
AORUS GP-AR32C16S8K2HU416RD
AORUS GP-ASM2NE2512GTTDR
AORUS GP-ASM2NE2256GTTDR (OS)
GV-N2080WF3-8GC
TT VIEW 37 RGB Plus
TT Riing Plus 20 RGB ×2
TT Toughpower Grand RGB 850W Gold
Floe Riing RGB 280 TT Premium Edition

はじめてなので、なるべく同じメーカーで揃えました。
よって、相性とかの問題もなく普通に動作しました。

グラボを抜くときに、ストッパーが取れてしまいましたが、
それ以外は特に問題ありませんでした。

初心者的には、似たようなスペックのが色々あるので、どれを選択すれば
よいのかがよくわからなかったので、そこら辺の基準をわかりやすくして
欲しいところです。

レベル
初めて自作
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

揚げないかつパンさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:178人
  • ファン数:25人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
6件
4957件
CPU
2件
2188件
グラフィックボード・ビデオカード
3件
1419件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価

3600 AIDA

3600 CPU-Z

3733 AIDA

   

3733 CPU-Z

   

【構成】
CPU:Ryzen7 2700X
マザー:これ
電源:Corsair HX750i
クーラー:NZXT Klaken X62
メモリー:Sanmax SMD4-U16G48S-26V-D(3466@18-20-20@1.35V)
SSD:XPG SX8000 ASX8000NPC-512GM-C
HDD:Seagate ST2000DM001

【安定性】
とりあえず、不安定とかそんなことは無いです。前に使ってたASUS STRIX X370-GAMING-Fと比べても遜色なし
ただ、メモリーレイテンシは少し遅め、ただし、読み取り速度はこちらの方が少し早いかな?

【互換性】
動かなかったものはなし
ただし、グラボの差し込みが他のマザーと比べるとガタが有り、最初、VGAエラーで起動しなかった^^:
取り合えず、グラボをスロットとの隙間を合わせたら起動しました。

【拡張性】
特に問題なし、M2スロットが2つあるのはGOOD、グラボの真下で不安な場所を使わなくても設置できる。
RAIDは要らないかな^^^;
内部のUSBスロットが2.0×2 3.0×2あるのはありがたかった。
FANポートも豊富にあります。

【機能性】
LEDが多く綺麗が機能性かどうか別にして、それが良いですね。
とりあえず、マザーの機能性ってわからないです。きれいに動けばいいので^^;
とりあえず、部品は高級感があり、しっかりしています。
自分もバックパネルをそのまま使うタイプのクーラーだったのでそのまま付けられました^^
後、I/Oパネルはマザーに付いてるので、付けやすいのか?

【設定項目】
最上位マザーらしく設定項目が豊富です。
BLCKの設定もできますし、P-Stateの設定もできます。
まだ、全てを見たわけでは無いですが、かなり設定項目は多めです。

【付属ソフト】
特にあまり使わないので、ここは無評価

【総評】
高いけど、問題になりそうな部分は皆無ですし、パフォーマンスもそこそこ安定しています。
シネベンチも大体1800前後で安定してます。
T-DieはX370と比べて少し高め?グリスの塗り方なども有りますので、違いがどれほどあるか、もう一つ分からないけど、そんなに高くなるわけでは無いです。
今、X370を持ってるならX470は買う価値っていのが微妙です^^;パフォーマンスも現状では、X370と比べてほとんど変わりません。
消費電力もSenseMiとかM2二つありますって言われても必要な人は限定されるような気がします。

今回、X470で何が変わったか知りたくて買いましたが、結局、X370とそれほど変わりませんでした^^;
まあ、買ったし、レイアウトがとても気に入ったのでこのまま、使い続けますが
取り付けた感じはまだ綺麗に配線してないのでこんなものです^^;

2018/05/20 追記
メモリーの速度について、良いメモリーを使えばもっとレイテンシを詰められそうですが、とりあえず

3733までWindowsを動作させることができました^^まあ、ゲームとかで落ちますが。。。

3600は常用可能です。ゲームその他で落ちたことも有りません^^
流石、ハイエンドです

とりあえず、良いOCメモリーを使わない縛りで(上を見るときりがなくなりそうなので。。。)この辺りが限界っぽいですね

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

minodowさん

  • レビュー投稿数:80件
  • 累計支持数:211人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
2件
4件
マザーボード
2件
4件
タブレットPC
5件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

今までRyzen1700を使用していましたが、メモリクロックのOCがなかなかできないので新製品がでたタイミングで買い替えました。

手持ちのCMR16GX4M2C3466C16で3466で動作するX470マザーはTaichiかこの製品になります。
Taichiが売り切れだったのでこちらを購入しました。

主な使用パーツは以下のとおりです。
Ryzen 7 2700X
CMR16GX4M2C3466C16
X470 Gaming 7 Wifi
GV-N107TGAMING-8GD
MTFDDAK2T0TBN-1AR1ZABYY
RM650x
虎徹MarkII

まずメモリですが、3466でXMP読み込みで使用した際はゲームで頻繁に落ちてしまい使えませんでした。3200まで落としたところ
ゲームでも落ちなくなりました。時間があったら設定を変えてもっとあげられるか試してみようと思います。

このマザーは補強するためのベースプレートが裏面まで覆っているため、CPUクーラーのバックパネルと干渉する可能性があります。虎徹MarkIIのように標準のバックプレートを流用するタイプならつけられますが、クーラー独自のバックプレートはつけられないかもしれません。その場合もネジ止めを外せば裏面部分のプレートを外してつけることは可能です。

CPU用の電源コネクタが8ピンと4ピンの2つあります。両方とも繋げる必要があるかマニュアルにも書いてないですが、
一応ペリフェラルから4ピンの変換コネクタを購入して両方接続しています。

WifiとBluetoothがついています。Wifiは有線LAN使用のため使っていませんが、Bluetoothはマウスを接続して使っています。

CPUは2700XをcTDPを70Wくらいに設定して使用しています。その状態でもゲームをすると60℃くらいにまで上がります。
2700Xの性能をフルに引き出すにはCPUクーラーなどいいものを使う必要がありそうです。

メモリの設定のミスで最初は安定しませんでしたが、設定を落とせば大変安定しています。メモリクロックも1700のときより
高くすることができたので満足しています。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]
GIGABYTE

X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]

最安価格(税込):¥31,799発売日:2018年 4月19日 価格.comの安さの理由は?

X470 AORUS GAMING 7 WIFI [Rev.1.0]をお気に入り製品に追加する <46

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意