『空間調和を最優先に性能・機能も妥協しないデザインエアコン』 ダイキン risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト] 神野恵美さんのレビュー・評価

2018年 3月30日 発売

risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]

  • 空気の質にこだわりながら、デザインと機能性を両立したエアコン「risora」の2018年モデル。
  • 「垂直気流」や「天井気流」などを組み合わせ、体に気流があたりにくく、冬も夏も心地よい。設定温度への到達時間を早める「ヒートブースト制御」も搭載。
  • 設定温度到達後も快適な温度・湿度に調整する「プレミアム冷房」や、エアコン内部や空気を清潔に保つ「ストリーマ(空気清浄/内部クリーン)」を採用。
risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥280,000

畳数目安:おもに6畳用 暖房対応畳数(目安):暖房6畳まで (5〜6畳) 冷房対応畳数(目安):冷房9畳まで (6〜9畳) risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]の価格比較
  • risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]の店頭購入
  • risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]のスペック・仕様
  • risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]のレビュー
  • risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]のクチコミ
  • risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]の画像・動画
  • risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]のピックアップリスト
  • risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]のオークション

risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]ダイキン

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 3月30日

  • risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]の価格比較
  • risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]の店頭購入
  • risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]のスペック・仕様
  • risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]のレビュー
  • risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]のクチコミ
  • risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]の画像・動画
  • risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]のピックアップリスト
  • risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]のオークション

『空間調和を最優先に性能・機能も妥協しないデザインエアコン』 神野恵美さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:559件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールライター・編集者。
書籍編集者、雑誌記者・編集者を経て、2004年にセミリタイアと称して渡仏。以降、現地にて言語を学ぶ傍ら、フリーランスで日本のメディア向けの取材活動、現地邦人向けのメディアなどにも関わる。帰国後は、新聞、雑誌、ウェブ媒…続きを読む

満足度4
デザイン4
使いやすさ4
パワー4
静音性3
サイズ5
除菌・消臭無評価

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

空間調和を最優先に性能・機能も妥協しないデザインエアコン

同じホワイトでもマット調で壁紙と調和するデザイン

フラップ部分も機能性と外観を損ねないデザインを両立

パネル部分の質感は5層のレイヤーを重ね合わせた加工技術が用いられている

リモコンの受信部やセンサー系も本体下側に違和感なく配置

薄型化と制音化を両立させるために新たに開発されたファン(写真下)

稼働中も極力フラットで水平さを意識した美しいたたずまいを実現

ダイキンが発売したデザインエアコン第2弾。ラインナップは7種類を展開するが、製品のアイコンカラーとなっているソライロ、フォレストグリーン、ツイルゴールドはセミオーダーパネルの受注生産。標準パネルのうちラインホワイトとグレイッシュブラウンのみが量販モデルとなっている。

デザインエアコン第1弾として発売された「UXシリーズ」とは異なり、外観の形状は箱型で極めてシンプルなデザイン。壁にいかに調和させるかに重きが置かれ、センサーや、リモコンの受信部、表示部などが外側から目立たないようにスッキリデザインされているのが特長だ。

また、本体の縦横サイズは同社のフラッグシップモデル「うるさら7」と同等でありながら、奥行きの薄型化が図られている点が特長。壁に設置された際の出っ張り感をなくすことでもスッキリとしたスタイリッシュさを実現している。185oという奥行き(厚さ)は発表時点では業界最薄。

薄型化を図りながらも、空調性能を落とさないというのが本製品開発のこだわり。同社の製品では"垂直気流"と呼ばれる、真下に気流を送ることができる気流制御が特長だが、本製品でもその技術を採用。薄型化により、ファンと熱交換器が近接することで発生する風切音をファンの形状を変えることにより抑制した。

具体的には「多連結ソウエッジクロスフローファン」と呼ばれる部品の採用。ファンの連結数を従来の11から20に倍増したのに加えて、ファンの翼にノコギリの刃状の切込みを入れることにより、吹き出し時の風の剥離を抑え整流化が図られている。

外観のデザインは、外側のパネル部分によってバリエーションが変えられている。単なるカラバリに留まらず、インモールド成型技術と呼ばれる、5層のレイヤーからなる加工により、異なる質感を表現しているのも特徴だ。例えば、ホワイト系は2種類用意されているが、メタリックなツヤ感のあるラインホワイトと、壁紙や布地のようなマットな質感を表現したファブリックホワイトがあるなど、インテリアの雰囲気に合わせて選ぶことができる。

性能に関してはフラッグシップ機同様の妥協のない仕様を実現したが、犠牲になったのはいわゆるフィルターお掃除の機能。自動でフィルターのお手入れはしてくれないが、ダイキンのイオン発生技術「ストリーマ」により内部のカビの抑制やニオイの低減にはある程度対処してくれる。

運転中に上方にスライドして開く前面パネルの所作も美しい。パネルが開いた状態でも、吹き出し口の奥のルーバーが目立たず、外観や周囲の景観を損ねない点も部屋のインテリアやデザインにこだわる人には外せないポイントだ。

参考になった30

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]
ダイキン

risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 3月30日

risora S22VTSXS-F [ファブリックホワイト]をお気に入り製品に追加する <38

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ViiBee
選び方ガイド

最適な製品選びを
サポート!

[エアコン・クーラー]

エアコン・クーラーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(エアコン・クーラー)

ご注意