ジャガー XF スポーツブレイク 2018年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ジャガー > XF スポーツブレイク 2018年モデル

XF スポーツブレイク 2018年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:XF スポーツブレイク 2018年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
PRESTIGE 2018年10月29日 マイナーチェンジ 1人
満足度:
(カテゴリ平均:4.29
レビュー投稿数:1人 (プロ:1人)
  1. 5 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 無評価 4.33 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 無評価 3.92 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 無評価 4.12 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 無評価 4.20 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 無評価 4.04 -位
燃費 燃費の満足度 無評価 3.87 -位
価格 総合的な価格の妥当性 無評価 3.87 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

XF スポーツブレイク 2018年モデルのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェッショナルレビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

外川 信太郎さん

  • レビュー投稿数:237件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール神奈川県藤沢市生まれ、現在茅ヶ崎市在住の湘南中年。少年期に5年間イギリス・ロンドン、スコットランド・エディンバラに在住していた事から、欧州車に興味を抱いたきっかけになった。慶応義塾大学卒業後、出版社に入社。輸入車専門誌にて執筆、編集を担当…続きを読む

満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

セダン同様のフロントマスクは迫力満点

伸びやかなルーフラインは美しいシルエットを実現

255/35R20タイヤ(前後)に20インチ大口径タイヤを装備

ラテのインテリアカラーは上質なレザーがふんだんに使われている

コクピットはフル液晶のディスプレイ方式

2リッターガソリンターボの「インジニウム」エンジン

ジャガーのラグジュアリーサルーン「XF」のステーションワゴン「XFスポーツブレイク」。このうっとりするほど美しいワゴンをインポーターの広報車両を借り、ハイウェイを中心に試乗してきました。

同車はデビュー前から、ティーザー公開されていましたが、実車は低くて傾斜の付いたルーフライン、高い位置の上品なショルダー、包みこむようなライン、末広がりのボトムとメルセデス・ベンツ「Eクラス」やBMW「5シリーズ」といった強豪が多い中、ライバルにはない上質かつ、スポーティな佇まいが印象的。

乗りこんでみると、すっかり定着したシフトセレクターはロータリー式を採用。エンジンオンでせり上がる。小径のステアリングの奥には、フル液晶タイプのディスプレイ式メーターを備え、計器表示の他、ナビゲーションを全面に映すことも可能です。

XFスポーツブレイクには、ジャガーが10億ポンドを投資して開発した渾身の一作であるインジニウムユニットを搭載。試乗車には最新鋭の4気筒、2リッターのガソリンターボエンジンで最高出力250ps、最大トルク365Nmを発生します。
上質な本革シートに腰を降ろすとドライビングポジションは、低くかまえたもので、世間のワゴンモデルとは一線を画すもの。

最新鋭インジニウムユニットは、正直退屈なエコユニットであると思っていた筆者ですが、乗ってみると意外にも回して楽しいエンジンだった。


365Nmの最大トルクが1200rpmから発生することもあり、低回転域から実にパワフル。さらに回転が上昇すると、トルクがモリモリとしっかり出てくる。いかなるシーンでもすぐに気持ちの良い加速感が味わえる。さらに意外であったのは、このユニットが発する”快音”。遮音性は高いのですが、低音を強調した乾いたサウンドは、ドライバーを適度に刺激してくれる。

試乗車は255/35の20インチというかなりスポーティ志向のタイヤを装着していましたが、その恩恵は操縦性のよさで、とりわけステアリングホイールを切ったときの回頭性はするどい。全長4955mmもあるが、ワインディングでも、英国のスポーツカーのそれのようにヒラリヒラリと鼻先の向きを変える様は快楽でした。

乗り心地は、往年の”猫足”が復活したように思え、ロールやピッチングは抑えながらも、しなやかな乗り心地はやはりドイツのライバルたちとは一線を画す上質なものでした。

ワゴンとしての機能性も十分。ラゲッジスペースは通常565リットル、最大で1700リットルのスペースを持ちあわせます。

ワゴン、SUV全盛の昨今、よき伝統を踏襲し、運転する楽しみを味わえる同車は見直される存在であると思いました。




レビュー対象車
試乗

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

XF スポーツブレイク 2018年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

XF スポーツブレイク 2018年モデル
ジャガー

XF スポーツブレイク 2018年モデル

新車価格:722〜858万円

中古車価格:279〜618万円

XF スポーツブレイク 2018年モデルをお気に入り製品に追加する <6

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

XFスポーツブレイクの中古車 (14物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意
XFスポーツブレイクの中古車 (14物件)