レクサス LS 2017年モデルレビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
このページの先頭へ

LS 2017年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:LS 2017年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
LS500 2018年8月30日 マイナーチェンジ 1人
LS500 EXECUTIVE AWD 2018年8月30日 マイナーチェンジ 1人
LS500 I Package 2018年8月30日 マイナーチェンジ 1人
LS500 2017年10月19日 フルモデルチェンジ 1人
LS500 AWD 2017年10月19日 フルモデルチェンジ 1人
LS500 F SPORT 2017年10月19日 フルモデルチェンジ 5人
LS500 I Package 2017年10月19日 フルモデルチェンジ 2人
LS500 Version L 2017年10月19日 フルモデルチェンジ 2人
満足度:2.73
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:14人 (試乗:5人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.09 4.34 96位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.71 3.93 104位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.09 4.13 142位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 2.94 4.21 143位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 2.79 4.05 139位
燃費 燃費の満足度 2.82 3.89 141位
価格 総合的な価格の妥当性 2.59 3.88 147位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

LS 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:50人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格1
   

   

先日、購入を視野に一日試乗したESが非常に好印象だった為、フラッグシップのLSも試乗してみました(ESのレビューも投稿しています)。LEXUS MEETS日比谷にてお借りし、雨の中ではありましたが、1時間程自由に乗ることができました。試乗車はLS500 Executive AWDです。

【エクステリア】
デザインに関してはかなり好みが分かれる最近のレクサス車ですが、LSは市販車で最もカッコいい車だと思っています。全長5235/全幅1900/全高1450の堂々のボディサイズ、スピンドルグリル、L字に発光するテールランプ等、これぞレクサスといった感じです。サイドビューもレクサス初のシックスライトキャビンを採用し、流行りのクーペスタイルは非常に流麗で美しいです。

【インテリア】
すべてのレクサス車に言える事ですが、外観に比べるとちょっと控えめな印象を受けます。最上級のExecutiveだったので質感は圧倒的です。どこを触っても安っぽい部分が見当たりません。江戸切子がモチーフのドアパネルや匠による手縫いのステッチ、琴や琴線をヒントにした流れるようなラインなど、日本らしさを感じさせてくれます。特にレザーシートの質感は特筆もので、セミアニリンよりもさらに上級のL-アニリンシートは非常に滑らかで、柔らかく、極上と言ったところです。せっかくのExecutiveなので後席も座ってみました。Executiveの後席はセンターコンソールの操作部から、助手席の移動、エアコン、オーディオ、テレビなどの操作を行えます。助手席をショーファーポジションにすると足を延ばしても届かない程広く、偉くなった気分に浸れます。マッサージ機能もありましたが、これは大したことなかったです。内装で残念な点は、タッチパッド式でとにかく使いづらいインターフェース、申し訳程度の間接照明、デジタルメーターです。ESの試乗レビューにも書きましたが、右ハンドル車なので左手でタッチパッドの操作を行わなければならず、とにかく使いづらくイライラします(つい先日マイナーチェンジを受けたRXはスクリーンタッチで操作できるようになりました)。間接照明は日本の街灯をイメージしたとの事ですが、照射範囲も狭く、光量も乏しいので、これでは街灯と言うより行灯です。夜の試乗だった為、キャビンの中は真っ暗でした。メーターは最近では当たり前のデジタルメーターですが、一眼の為、表示範囲が狭く、情報がごちゃごちゃしています。そもそもラグジュアリーセダンにスポーツテイストの一眼メーターは明らかにミスマッチだと思います。

【エンジン性能】
これまでのLSやセルシオに搭載されていたV8NAを捨て、新開発の3.5LV6ツインターボになりました。最高出力、トルクともにV8NAを上回っていますが、失ったものも大きいです。スペックは最高出力422ps、最大トルク61.2kgです。ボディが2.4tと非常に重いのでスペック程のパワー感やトルク感は感じませんでした。もちろん加速力で不足を感じる事はないですが、アクセルを踏み込むとかなり豪快なエンジン音が響きます。これには拍子抜けしました。低速域でもエンジン音は普通に聞こえます。フィーリングも少々ガサツです。エンジン音はサウンドドジェネレーターにより、あえて聴かせる設定らしいですが、法人需要も高いLSに果たしてエンジン音の演出が必要でしょうか。どうせスピーカーから聞こえるエンジン音ならオンオフの切り替えができれば良いんですけどね。

【走行性能】
今回のLSはかなりスポーツ寄りに仕上げたとの事ですが、中途半端です。2.4tの重すぎるボディを電子制御で無理やり抑えてる感じが強く、踏み込んでもすぐに電子制御が介入し、まったく自由に走らせてくれません。SportS+モードを選択し、パドルシフト用いて走行してみましたが、マニュアルモードでも6000回転付近で勝手にシフトアップします。減速時にシフトダウンしようとしても警告音が鳴り響き、ドライバーの意思でシフトダウンさせてくれません。何の為のSportモードとマニュアルモードなのでしょうか。ここまで過保護な車は初めてです。また、今回の試乗で特に気になったのがブレーキの甘さです。車重とブレーキが明らかに釣りあっていません。

【乗り心地】
乗り心地も期待していたほどの物はありませんでした。多くの場面でcomfortモードにしていましたが、それでも細かい振動や路面の凹凸もしっかり拾います。エアサスですし、もちろん不快なレベルではありませんが、LS名乗るならばこれではダメでしょう。ランフラットタイヤなのである程度の硬さは仕方ないですが、どの走行モードでも足は硬いです。開発陣曰く、ロードインフォメーションもしっかり伝わるようにしたとのことですが、その割には接地感や操舵感も希薄です。ロードノイズも気になりました。

【燃費】
スタッフの方に聞いたところ街乗り平均7km〜8km/Lだそうです.。
このサイズ、車重であれば至って普通。そもそも燃費を気にして乗る車ではありません。


【価格】
エンジンは全く同じで、装備内容だけでベースグレードとの価格差が500万弱。いくらなんでも高すぎです。今回の試乗車はオプション込み1700万円でしたが、内容は価格に全く見合っていません。メルセデスSクラスの方が価格に対する満足度は圧倒的に上だと思います。

【総評】
スポーティーでもなければラグジュアリーセダンとしても微妙です。クラウンと同様にユーザーの若返りと個人需要の拡大を図ったのでしょうが、コンセプトからブレブレで明らかに迷走していると感じました。保守的なトヨタがここまで攻めた車に仕立てたのはとても感心しますが、ユーザーの若返り=スポーティーという安直な発想はいい加減やめた方がいいと思います。これまでのセルシオやLSが持っていた良さがすべて失われています。先日試乗したESが非常に良かっただけに残念でした。

レビュー対象車
試乗

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

naonaonaona333さん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:257人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
5件
33件
デジタル一眼カメラ
2件
30件
レンズ
2件
6件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格4

30系後期セルシオから40系LS(LS600h)に乗り継いで来て、2018年初頭にLS500h 4WDに乗り換えたのですが、想定以上に出来が悪く、かなり辛辣なレビューを書かざるを得ない状況でしたが、結局、我慢ならず、ガソリン車のLS500に乗り換える事となりました。
6000km走った後のレビューとなります。
因みに、ECUなど含めたいくつかのアップデートを行った後のレビューとなります。

【エクステリア】
好き嫌いははっきりする昨今のレクサス車のボスキャラたるアクの強い外観ですが、個人的にはこの方向は嫌いでは無いです。
ただ、外観の不満は少ないですが、敢えて言えば、リアビューが若干、洗練感が薄いのが、ちょっと残念な気がしてしまいます。
それ以外のビューは50系LSは迫力があり好ましいと思います。

【インテリア】
欧州車を寄せ付けない質感は、さすがだと思います。ただ、インパネメーター周りは表示部が小さいのが違和感があり、メルセデス系と同様、もっと横幅が大きいほうが好みです。
HUDもレクサス車最大級サイズのようですが、正直、スピードメーター表示がやや左に寄っているのでやや違和感がありますが慣れの問題とも言え、視認性などには問題は無い様です。
後、不満なのはシートで、色々とカスタマイズ出来るのは良いと思いますが、クッションに弾力性に乏しく、当たりに硬さを感じるのは残念です。Fスポとは言え、今まで乗ってきたセルシオ→40系LS通しで、もっとも、シートの快適性が低いという印象です。
因みに、昨今のレクサス車は、お尻や太ももの裏の当たりが柔らかいので、長時間の運転でも何処かが痛くなりにくい印象です。しかし、LSにはこの当たりの柔らかさが少ないですが、長時間運転後、極端に何処かが痛くなるほどではないのが責めての救いです。
後、マークレビンソンのオーディオですが、天井にまでスピーカーが配置されていますが、正直、40系LSのマークレビンソンの方が音質が良かったと感じます。特に、40系LS後期型のマークレビンソンは非常に音質が良かったので、なおのこと、デグレした感じが残念であります。

【エンジン性能】
2019年夏時点でLS500で最も魅力的なのが、新開発の3.5リッターエンジンで、歴代LSで、もっとも小排気量であるのに、もっともスポーティーになったとも言えると思います。
ただ、確かにパワフルで楽しいエンジンなのですが、40系LS600hに比べると、ごくごく低速領域でのトルク感の頼りなさが顔を出すのは、致し方ないところだと思います。
恐らく、5リッターが中心となっているFシリーズも、恐らく、このエンジンを基本として、更にハイチューンされて500ps超えも可能と思われますので、今後が楽しみなエンジンだと思います。
後、10ATですが、変速も違和感は少なくショックも少ないですが、減速時が一定の減速感ではなく、細かなシフトダウンのためか、少しだけ違和感を感じます。

【走行性能】
LCなどで感じた高剛感がやや薄らいでしまったというのが正直なところです。やはり、LCよりホイールベースが長いし、重量も重いから致し方ないのかも知れませんが、やや期待はずれです。
ただ、全体的な走行性能は、歴代のLSでもっともスポーティーだと言えます。
フロントヘビー云々以前の歴代LSとは全く違った運動性能で、高速道路での安定感は素晴らしく、車速に対して2割程度低く体感される点など、欧州車に引けを取らない性能だと思います。
また、LS500に限って言えば、新世代エンジン性能も相まって、ワインディングも十分楽しめるほどの走行性能であり、フロントヘビー的な感覚を感じること無く鋭く安定感のあるコーナリングが可能です。これは、既に10年以上の歴史のあるアクティブスタビライザーのお陰もあると思います。
ただ、余りにも走りに振り過ぎてしまった感があり、マーケティング的には失敗だったと言えると思います。


【乗り心地】
とにかく、走りに振りすぎな50系LSは、一般道での突き上げ感に関しては、歴代LSで一番不快だと言っても過言ではないと思います。(実は、Fスポも標準車もほとんど変わりません・・)
一方で、確かに、ランフラットタイヤ独特の硬さも相まった、乗り心地は決して褒められた物ではないですが、純粋に走行性能に振った硬さだと思えば、そんなものだと割り切ることも出来るレベルとも言えます。
因みに、実は、セルシオ以来歴代LSでもっとも乗り心地が悪いと感じるのは、30系後期セルシオで、遠乗りはちょっと嫌気を感じてしまうほどでした・・

【燃費】
LS500の燃費はダウンサイジングターボとは言え、決して褒められたものではなく、街乗りで7km/l程度、高速でも良くて12km/l程度なので、40系LS460とそれほど違いはないという印象です。
勿論、パワー感や絶対的な速さでは、LS460より遥かに上ですので、結果的には燃費は向上しているのかも知れませんが・・
ただ、もう少し燃費向上出来れば、最新のダウンサイジングターボという印象に繋がると思います。

【価格】
ハイブリッド車もガソリン車も40系LSからの値上がり分はそんなに大きくないですが、やはり、ハイブリッド車には割高感があります。LS600hとLS500hが数字的にもデグレしているのに、価格面で同じ路線になっている事自体、実におかしなことです。
一方で、ガソリン車のLS460に対するLS500については、世代が進んだ感があるので特に気になりません。

【総評】
2019年夏時点のLS500については、まだまだ煮詰め不足が多く見られ、今後の年改を重ねて熟成を期待したいところです。
ただ、少なくてもLS500については、燃費はイマイチですが、10AT含めた新開発のパワーユニットはよく出来ていると思いますので、後は、突き上げ感と走行性能のバランスを取ることが出来れば、欧州車に引けを取らない走行性能になる可能性があると思います。
ただ、個人的には、LS500hのハイブリッド車の方が解決するべき課題が山積だと思います・・・

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tak.mazさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
7件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
6件
ゲーム機本体
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3

8000kmほど走行して、メルセデスS560(W222後期)に乗り換えたので比較レビュー(変更点のみ)です。

【インテリア】
雰囲気は良いけどダッシュボードなどに使われている革が薄く、比べると高級感が足りないです。
アンビエントライトはもう少し増やして明るめにしても良いかも。

【エンジン性能】
スポーツモードではメリハリがあって楽しい。コンフォートは少し回転数を抑えてトルクで走る感じが良いと思う。
ブレーキの効きが少し甘い。

【乗り心地】
S560と比べると固め。でも快適の範囲。
セミアリニンのシートは少し滑りやすい。

【運転アシスト機能】
こちらもメルセデスと少し違いがあった。
・低速時、車線認識が難しい場合は前走車に付いていくはずだがなぜか位置が結構ずれる。(追従の表示はされている)
・高速時のコーナーではLSの方が早めにステアリングがアシストされるため安心感がある。
・LS500のHUD上のアシスト表示は優秀。車線認識、前走車、速度とも見やすくて安心。
・フロントのトラフィックアラートは便利。
・360℃カメラの性能が良い。



[下記は以前のレビュー]------------------------------

【エクステリア】
良くも悪くも日本車デザイン。フロントグリルの押し出し感は好きだけど、それ以外は普通。

【インテリア】
インテリアは結構気に入ってます。革やボタン類の質感が良い。センターコンソール周りのデザイン・革の使い方はもうちょっと頑張って欲しかった。
曲線に囲まれると走りも穏やかな雰囲気に。

【エンジン性能】
スポーツカーのようなダイレクト感は無し。でも十分なトルクはあるから不満も無し。

【乗り心地】
普段はほとんどコンフォートモードです。今までスポーツカーばかりだったからか、段差の吸収、静粛性、どちらも大満足。
アイドリングストップからのエンジン始動は少し振動が多い。機能をオフにしてもエンジン再始動で勝手にオンに戻るのが不満。

【燃費】
市街地メイン、6km/ℓ。高速のみだと9km/ℓ。

【価格】
シートの作り、インテリアの質感で1000万前後で買える車としてはコスパが良い。

【総評】
運転してみるとスポーツモードよりコンフォートモードを利用する方が圧倒的に多かった。スポーティな走りをするよりゆったり乗る方が楽しい車。
LTAは予想以上に優秀。高速だと殆ど自動運転で走れる。

比較製品
メルセデス・ベンツ > Sクラス 2013年モデル
乗車人数
3人
使用目的
レジャー
頻度
月数回以下
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年6月
購入地域
東京都

新車価格
1320万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

LSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

NAVI-KINGさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

カーナビ
3件
19件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度1
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能1
走行性能1
乗り心地3
燃費4
価格1

【エクステリア】押し出しが強くなり、欧州車に負けないアイデンティティを感じる。
しかし、ドアやトランクの重量感はびっくりするほど全くなし。

【インテリア】先代モデルやライバル欧州車と比較してPoorとしか言えない。

【エンジン性能】これは、どうしたのかと思うくらいひどい。プリウスのエンジンを積んでいるのかと思うほどパワーもトルクもなく、静寂性もプリウス並みに感じる。エンジン音ががさつで軽く高級感のかけらもない。

【走行性能】重すぎる。大きすぎる。エアサスセッテイングなのか高級感はない。オートクルーズの出来も今一つ。

【乗り心地】普通。目をつぶって一千万円以上の車に乗っていると思えない乗り心地。また、なぜかシートが固い。少し長距離ドライブでお尻が痛くなる。仕方ないので100均の座布団をひいた。


【燃費】ハイブリットなだけに、8km/lほど走る。

【価格】C/Pは悪い。確実にメルセデスSを選ぶ。

【総評】トヨタどうしたのだろうと心配になってしまう。章男社長は、もっと先を見ているのかもしれないが、頂点がこれでは足元が揺らぎかねない。
前モデル比で街中で見ない理由は価格だけではない。

乗車人数
2人
使用目的
仕事用
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年5月
購入地域
神奈川県

新車価格
980万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

LSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Gshamaさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:73人
  • ファン数:1人
満足度1
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能1
走行性能1
乗り心地1
燃費1
価格1

エクステリア、インテリアは各人の好みの問題であえて評価はしませんが

試乗した感想ですがはっきり言ってなんだコリャと思うぐらい悪いです、

どこが悪いかと言えば車はパワーがなければ話になりません、

余りにもパワー不足でおまけに室内がうるさい、タイヤのセッティングも関係してるでしょうが

エンジン音、タイヤノイズがやかましすぎます、これがレクサスの最上級車???

ディーラーのスタッフによるとこの様な音のセッティングをしてるそうです?????

なぜこんな事を書いたかと言うと

私のレクサスLS600h 11年目になりますがこの車は加速性能も良いし室内も静かでいいです、

やはり新型がでたら気になり試乗しました、先程も書きましたが新型はレクサスではなくて劣化作です。

おかげで今のLS600hに愛着が湧いて暫くはこのま乗り続けます。

レビュー対象車
試乗

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ちゃむがりさん

  • レビュー投稿数:104件
  • 累計支持数:328人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デスクトップパソコン
3件
60件
自動車(本体)
9件
19件
プリンタ
6件
16件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3

【エクステリア】
かなりスポーティーな感じで良いと思う。

【インテリア】
高級感があるし、あらゆる快適機能がついていてさすがLSだと言う感じ
【エンジン性能】
LS460と比べると、好みによるが私は460の方が良い気がする。
個人的に大排気量のエンジンが一番高級感があって良いと思う。
HVやターボは燃費重視で高級感のあるレスポンスは割り切る必要がある気がします。
【走行性能】
460と比べてすごく進化した感じはしないけど、すごく安定していると思う。
素人なので限界走行はしないので、本当の実力は分からない。
【乗り心地】
少しエンジン音が気になる気がする。LSはもっと静かにする方向に振って欲しかった。
【燃費】
10位 そこまで良くはない。
【価格】
かなり高額ですね。
【総評】
安全装置がついていて安心して乗れると思う。
特に、高速をバンバン走る人は購入を考えても良いと思う。
ただ、車体の大きさ、価格を考えると個人で乗る車ではなくなった気がします。
個人で乗る人はESを選択する人が多くなりそう。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年4月
購入地域
東京都

新車価格
1020万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

LSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ジョニーとクレアさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格3

LS460の初期モデル(VersionS、IPackage)から2018年のマイナーチェンジ後のモデルに乗り替えた。

【エクステリア】
初期460のクリーンで上品なスタイルは、とても好きであるが、スピンドルグリルによるダイナミックな造形にも魅力を感じていた。500は、スピンドルグリルによるスタイルの完成形であり、優雅でありながら迫力満点。ただ、スピンドルグリルの精緻さは、過剰とも言える。
 クーペ的なスタイルは、実に美しく惚れ惚れする。しかし、いささか全長が長すぎ我が家の車庫ではギリギリであった。着座位置も低く、外に出るのに苦労する。ここらは要検討事項だ。
デイライトと流れるウインカーは、最高の品質で鼻が高い。
 新色のソニックアゲートを選んで大正解。地を這うヒョウのような躍動感のあるスタイルにぴったりの色であった。

【エンジン性能】
 「大トルクのセダン」派である私にとって、61kgmのトルクは裏切らなかった。重い車体であるが、少し踏み込めば1,600回転を超え、後続車を置き去りにする。大トルクのセダンは、市街地走行でも車体が軽く感じ、全くストレスのない運転ができることを知った。しかしながら、と付け加えなければならないが、4,6リットルエンジンは、極低回転から直線的なトルクを出し、加速はもっと自然であった。ちょっと残念。

【走行性能】
460はいいクルマであったが、運転はつまらなかった。しかし500は、車体の大きさを感じさせないキビキビとした走りで運転は楽しい。技術的なことはよく分からないが、小径ハンドルになり、ステアリングの応答性にメリハリがついたためだと感じている。

【乗り心地】
乗り心地が良くないとの評判を聞く。しかし乗り心地は至って良好であった。これも12年乗った460との比較になるが、今にして思うと、460は路面の情報を十分に伝えていなかったようだ。500では路面の情報を的確に把握することができる。
確かに下のタイヤ部分は硬い感覚なのだが、運転席での感覚は硬くはない。エアサス独特のフワフワ感のない、金属バネのようなしっかりした硬質的な乗り心地には好感を持った。

【安全機能の充実】
 乗り替えた理由の半分はこれである。フロントクロストラフィックアラート(FCTA)のように見えないところが見えるというのは安心につながる。安全機能が満載で、覚えるのが大変だ。500に乗り替えてから、安全機能に乏しいクルマに乗るのは、少し怖い気がする。

【総評】
 安全で、速く、楽しい、高級なクルマを選ぼうとするクルマ好きにとって、LS500は見逃せない選択肢であると思う。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
仕事用
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年9月
購入地域
東京都

新車価格
1061万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

LSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

運転手1号さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費2
価格3

社長の運転手をしています。自信は200系クラウンアスリート後期3500Gパッケージに乗っています。通勤はクラウン、仕事ではレクサスを運転しています。主にゴルフ場の往復なので高速やワインディングロードを走る事が多いです。

正直な感想は自分のクラウンの方が良いと感じている事です。社長には言えませんが。

10速ATの恩恵が感じられないくらい燃費悪いです。
3500ツインターボは車重とトラクションコントロールのせいか馬力ほどの加速感は感じません、むしろクラウン3500ノンターボの方が良く感じます。
静粛性も、うーん?ロードノイズも普通です。
車体の大きさと車重のせいなのか、高速からゴルフ場までの山道は社長の友人達のポルシェベンツBMW等の欧州車達に置いてきぼりです。
運転技術の差を差し引いても、走行旋回性能悪いと思います。

乗り心地や走りが良い車は他にたくさんあります。
ただレクサスブランドの最上級車に乗っていると言う虚栄心を満たすだけの車ですね。
高速のSAに停めてたらよくチラ見されます。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年7月
購入地域
大阪府

新車価格
1320万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

LSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Katchan1955さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:71人
  • ファン数:0人
満足度2
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地2
燃費無評価
価格3

レクサス店舗の試乗にて、
メルセデスS400hからLS500-Fsports(Normalモード)に乗り替えて感じたことを
レビューします。


【乗り心地】
LS500のTNGAシャーシのしっかり感は、ドイツ車と比較して「まだまだ」という意見も聞きますが、一般道の試乗では「意外としっかりしているなぁ」と感じました。

ただ、ランフラットタイヤの路面の当たりが、
S400hは19inch/空気圧指定値10%増、LS500は20inch/空気圧不明?の比較で、
LS500が明らかに硬かったですが、硬めが好きな私は嫌ではなかったです。

ただ、ちょっと荒れた路面の通過時、サスペンションに「ぶるんぶるんぶるぶる,,,」みたいな振動があって、収まりが悪いのがちょっと気になりました。


【エンジン】
発進時のターボラグが最も気になったことで、不快なモタツキと感じました。
一瞬「ん?」という感覚で発進したら必要十分な加速、そこから踏み込んだら「ドッカーン」とターボらしい唐突な加速力で、絶対的にはかなり速いものの、洗練されたオトナな味付けのエンジンフィーリングではないと感じました。

エンジン音は、S400hよりやや高い音色でしたが、煩いとは感じませんでした。


【ブレーキ】
最近試乗して「コレではダメッ!」と感じた [新型クラウン3.5-RS] と比べると、
LS500は効き始めも早くていいと感じましたが、Sクラスだけでなく他のメルセデス車と比較しても、タッチや効き方のフィーリングに繊細さがなくて、また車体の前のめり感から推測できるリアブレーキの強さにも、依然差があると感じました。


【その他】
LS500の車体塗装は驚くほど美しくて表面が滑らかでしたが、
その反面、もしぶつけたら元通りキレイに直せるのか?気にもなりました。

インテリアデザインと質感が、他グレードの展示車ではコテコテ煩く感じましたが、
試乗車はオフブラックだったからでしょうか?印象がよかったです。

メインのメーターが小さいからだと思いますが、運転席に座ってると窮屈に感じましたし、メーター表示に細々とした情報表示が多過ぎて、かえって把握しにくいと思いました。


【総評】
短時間の試乗で感じられることは限られますが、、、
LS500hと同じパワートレインのクラウン3.5-RS試乗では「もういいやー」と思ったのですが、
このLS500は「できたら高速でももっと試してみたいなぁ」と思わせるモデルでもありました。

ただ、いろんな面でオトナなドライバーの感覚に相応しく、しっとりとした自然なフィーリングを持ち合わせていて、同乗者からも「運転が上手ですね♪」と言われるようなモデルにまでは至っていないのかな?とも思いました。

レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

XFOUR92さん

  • レビュー投稿数:87件
  • 累計支持数:2096人
  • ファン数:13人
満足度2
エクステリア2
インテリア3
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地1
燃費2
価格3

LS500 Fパッケージの簡単なレビューです。

<スタイリング>
フロント、リア共にゴチャゴチャし過ぎでは?
サイドはお世辞にも趣味が良いとは言えないホイールが・・・
ホイール交換は必至。
独メーカーも含めて、このセグメントで乗りたい車がない。

<動力性能>
これはLS500hやLCのハイブリッドに比べたら本当に同じメーカー?と言うほど良い!
トルクフルでアクセルにもリニアに反応する。
但し、燃費は街乗りで10Km/Lを大幅に下回り、10ATはメルセデスの9AT同様に?
Fパッケージなので音もそれなりに期待したが・・・ここは独メーカーの勝ち。

<乗り心地がこの車を全てダメにしている>
20インチにランフラットだからか?異様に乗り心地が悪い。
しかし、245/45と275/40で扁平率からみれば、ここまで角が立った乗り心地にはならない。
Fパッケージでない245/50R19でも乗り心地は同様で、10年前に社用で乗っていた初代LS600hLも異様に乗り心地が悪かったことを思い出した。
このパート、新型LSは10年間進化していないと言われても仕方が無い仕上がり。
今時20インチなんて欧州車なら極普通の車にも採用されているが、ここまで路面状況を悪い意味で伝えてくる車はない。
これは多分ボディ剛性とは関係なく、単なるコストダウンからくる容量不足か、サスペンションの設計の問題だろう。
ポルシェの991でGT3は別としてターボSより固いGTSより確実に悪い!
これではアウトバーンで200キロ走行なんて・・・

<ブレーキ>
Fパッケージは、フロント6ポッド、リア4ポッドに高摩擦ブレーキパッドと説明された。
今やE63やBMWのM5でもリアは片押しなのでパナメーラターボ並である。
制動力に文句はないが、パッドにメタルでも入っているのか?泣きが五月蠅い。

<買いか?>
残念ながら、買う価値は無い。
インテリアの質感は流石と思う部分もあるが、何でも数字至上主義のトヨタイズムの押しつけを感じる。
フロントシートは28way調整式だそうだが、メルセデスに完全に負けている。
3.5Lで600Nのトルクもトルクフルとは感じるが、そんなにあるんだ!という感じ。

LSはトヨタというよりも日本の自動車業界のレベルを問われる車なのは間違いない。
しかも10年ぶりのFMCでこの出来では・・・
豊田社長の普段の言動からして、よくこの程度でリリースしたな?というのが率直な感想。

この車、余裕という部分が感じられないのだ。
その意味ではトヨタだが?

レビュー対象車
試乗

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kamisama8000さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
9件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格3
 

 

LS500Iパッケージ V6ツインターボ (LS460後期CIパッケージからの乗換え)

【エクステリア】
ボディ形状がクーペスタイルでカッコよく、スポーティーになったので気に入っています。
従来のロング仕様よりも長く、カタログや画像で見るより実車は相当迫力があります。

【インテリア】
質感はLS460後期型より良くなった部分と悪くなった部分があります。
Iパケ仕様はステアリングに木目仕様がなくなりました。
また、前車CIパケ仕様は本革がセミアニリンでしたが、現車Iパケ仕様は通常の本革に格下げになってしまいました。
しかし、座り心地はセミアニリンも通常本革も大した差はありませんので、然程気になりません。
スイッチ類が多いので、慣れるまでに相当の時間がかかります。

【エンジン性能】
V6ツインターボですので、アクセルを踏めば素直に加速します。加速についてはストレスは全くありません。
ハイブリッドですと、ワンテンポ遅れ気味なので、ガソリン車をお薦めします。
V6ツインターボは相当な加速力です。日本国内での走行には十二分過ぎるくらいだと思います。

【走行性能】
申し分ありません。とにかくドライバーズカーなので、運転が楽しいです。
ハンドリングも素直で、車重の割に重さ全く感じさせませんし、ワイドな車両ですが運転している分には車幅も全く感じず、
良くできた車だと思います。
他の方が指摘しているような横揺れなどは感じません。ちなみに純正オプション20インチホイールです。

【乗り心地】
ランフラットタイヤのせいだと思いますが、若干のロードノイズは拾います。
LS460後期と比較するとロードノイズは気になりますが、ストレスを感じるほどではありません。
静粛性は高いと思います。
車の乗降は車高が低くなった分、少し乗り降りしづらいのが難点ですが、慣れれば問題ありません。
後席の足元はLS460後期型より広いです。
天井が低いと指摘している方がおりますが、身長175p前後の方であれば、特に低さを感じません。


【燃費】
街乗りでL/8キロ程度で、想定内ではありますが、思ったほど燃費は良くありません。
高速走行ではL/12キロ前後まで伸びます。
但し、普段はドライブモードをスポーツプラスにして走っているため、燃費は他の方より悪いと思います。

【価格】
総合的に判断して、割高だと思います。
LS500Iパケ仕様で車両本体価格950万円程度が妥当だと思います。

【総評】
LS500の場合、短時間の試乗だけでは評価ができない車だと思います。
理由は自分に合った細かなセッティングができるためです。

実際に購入して乗ってみると、楽しい車だということがわかると思います。
操作ボタンによるセッティング次第ではドライバーズカーからショーファーカーにもできます。
プロの評論家の皆様方、特に辛口コメントをされている方は、これらのセッティングを全く操作しておりません。
皆、ドライバーズモードしか操作しておりませんから・・・。

スポーティーに変貌したことで、運転者としてはそれなりに楽しめる車だと思います。
大型ボディーながらびっくりする位の小回りができます。
塗装の質感については、レクサスは世界トップクラスですね。
プロのコーティング業者(磨き屋)さんも、ベンツ、BMW、アウディーをはじめ、どの輸入車よりもレクサスの塗装が一番良いと
言っておりました。

乗車人数
5人
使用目的
その他
頻度
月数回以下
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年4月
購入地域
千葉県

新車価格
1042万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
25万円

LSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ミルキイさん

  • レビュー投稿数:65件
  • 累計支持数:276人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
32件
ビデオカメラ
1件
22件
VRゴーグル・VRヘッドセット
1件
18件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格5
 

 

【エクステリア】
初代のスピンドルグリルを見た時の違和感を今でも忘れません。
しかし、ここまで大胆になってくると、これはこれで個性的で良いです。
サイド面はドアガラスエリアに段差が無く、Cピラーまで続くので、とても横長に見えます。
クーペ調のデザインは気に入っています。

【インテリア】
中央のディスプレイに統合したメーターパネルですが、狭いパネル内にゴチゴチャと多くの情報が表示されてとても見ずらいです。
ダッシュボードは低めで、ラウンドして助手席ドアまで続くので、室内が横に広く感じます。

【エンジン性能】
車体がベンツのSクラスロングとほぼ同サイズです。
その車体を引っ張る訳ですから、ベンツと比べてしまうと力不足を感じます。

【走行性能】
50キロ-60キロからアクセルを強めに踏み込んだ時に、キックダウンして高回転域に入るとエンジン音がうるさいです。
ベンツに比べて、排気量とトルクに差がありますからしょうがないのですが、ベンツならキックダウンする事も無く一気に持っていきます。

【乗り心地】
コンフォートモードはそこそこ乗り心地は良いです。

【燃費】
複数台所有のため、年間走行距離は少ないので、ハイブリットの価格差を埋める事はできません。
従って、気にしていませんが、8キロくらいでしょうか。

【価格】
ほぼ、ベンツと同装備で1000万安いのですから、お買い得だと思います。
って、言うか、ベンツが高すぎでしょう。

【総評】
現行LSはまだまだ走っていませんので、しばらくは目立つでしょうか。
ドライブレコーダー、レーダー探知機の取付、ボディのグラスコーティングも終わりましたので、しばらく乗り込んだら、またレビューします。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
仕事用
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年5月
購入地域
東京都

新車価格
1042万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
5万円

LSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

katu43さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:48人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
満足度1
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地3
燃費3
価格1

2月末に納車されて、1週間でブレーキ泣き。
その後、3回修理に入れるも3〜4日で再び、ブレーキ鳴き。

信号待ちで、周りの人が振り向くぐらい、まるで10tトラックです。

レーントレーシングアシストはコナー曲がれレーンアウト当たりまえ。
フロントクロストラフィックアラートは夜反応しない、昼間でも歩行者、自転車に対して反応したりしなかったり。

まったく完成途中で導入した見ないな装備です。

走りもハイブリットの500h高速ではドンガメ。

これが国産の最上級モデルだと売り出したレクサスいったい何考えてるのかわかりません。

私は1ヶ月で手放しました。

私の周りで乗ってる方々も半分以上は乗換予定見たいです。

はっきり言って歴代最悪なモデルです。

乗車人数
1人
使用目的
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年2月
購入地域
兵庫県

新車価格
1200万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

LSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった48

このレビューは参考になりましたか?参考になった

RYONOKAMIさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:493人
  • ファン数:1人
満足度2
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能3
走行性能2
乗り心地2
燃費無評価
価格無評価

点検の待ち時間に試乗車が空いていたので担当SCが試乗させてくれました。

【エクステリア】
ボディ造形が素晴らしく、塗装の質感も申し分ありません。
ただ、好みは別れますね。

【インテリア】
使用材質の質感は高く高級感があります。
スイッチ位置など微妙なところも個人的には感じました。

【エンジン性能】
充分な性能だろうが、アクセル踏めばトラクションコントロールの介入が働きつまらない。
おかげで加速も速く感じません。

【走行性能】
10ATが燃費稼ぎの感じしかせず、街乗りではごちゃごちゃして必要ない。

段差の乗り越えやコーナーなどは高級セダンにしては普通にこなせます。
しかし、直線道路を速度60キロ位で走行中に不思議な横揺れが小刻みにあり不快でした。

【乗り心地】
これが1番問題。
何の感動も特質することもない。普通。
静粛性も高く感じません。
車の乗り降りも車高が低くて乗り降りしづらい。
特別広くもなく、天井が低いので圧迫感しかない。


【燃費】
無評価

【価格】
無評価

【総評】
なんだか、がっかり。
セダンが人気なくなるのが解ります。
走ってもつまらなく、快適性もない。
LSってこういう車なんだと良い勉強になりました。

レビュー対象車
試乗

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

LS 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

LS
レクサス

LS

新車価格帯:999〜1569万円

中古車価格帯:830〜1349万円

LS 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <55

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意