X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB] レビュー・評価

2018年 2月中旬 発売

X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]

  • 最大384kHz/32bitのPCMデータおよび11.2MHzのDSDデータに対応し、さまざまなフォーマットを再生できるデジタルオーディオプレーヤー。
  • ESS Technology製ハイエンドDACチップ「ES9028PRO」を採用し、3基の異なるD/A変換用水晶発振器を搭載。
  • 64GBの内蔵ストレージに加えて2基のmicroSDカードスロットを搭載している。それぞれ最大512GBまで拡張し、多数の楽曲を収録できる。

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

記憶媒体:フラッシュメモリ/外部メモリ 記憶容量:64GB 再生時間:8時間 インターフェイス:USB2.0/Bluetooth X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]の価格比較
  • X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]の店頭購入
  • X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]のスペック・仕様
  • X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]のレビュー
  • X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]のクチコミ
  • X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]の画像・動画
  • X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]のピックアップリスト
  • X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]のオークション

X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]FiiO

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 2月中旬

  • X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]の価格比較
  • X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]の店頭購入
  • X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]のスペック・仕様
  • X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]のレビュー
  • X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]のクチコミ
  • X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]の画像・動画
  • X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]のピックアップリスト
  • X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > FiiO > X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]

X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.34
(カテゴリ平均:4.24
レビュー投稿数:6人 
  1. 3 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.45 4.37 -位
携帯性 軽さ・コンパクトさ 4.44 4.35 -位
バッテリ バッテリの持ちはよいか 4.09 3.90 -位
音質 音質のよさ 4.34 4.24 -位
操作性 操作性のよさ 3.69 3.77 -位
付属ソフト 付属ソフトは使いやすいか 4.22 3.36 -位
拡張性 対応オプション・アクセサリなどの充実度 5.00 3.57 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]のレビューを書く

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

RABA_EMONさん

  • レビュー投稿数:156件
  • 累計支持数:771人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
10件
55件
スマートフォン
12件
40件
イヤホン・ヘッドホン
3件
5件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性5
バッテリ5
音質4
操作性3
付属ソフト無評価
拡張性5

【デザイン】
シンプルなデザインですが、色合いのせいか少し安っぽく見える。

【携帯性】
SONYのAシリーズよりも一回り大きいぐらいで特に問題無し。

【バッテリ】
ウォークマンに比べるとかなり持ちが良いです。発熱量も気にならない。

【音質】
標準アンプはフラットでクセが無い分、長時間聴いていても疲れない。
好みは分かれそう。
臨場感やライブ感は弱い印象です。

【操作性】
CPUが弱いのかややモッサリしています。
Androidは独自の味付けで操作には少しクセがあります。慣れるまで違和感を感じます。
ボリュームダイヤルはもう少しカチッとした方が個人的に良いと思いました。

【付属ソフト】

【拡張性】
アンプ交換出来るのは面白いと思います。選択肢が増える上にコンパクトなのが良いです。

【総評】
他メーカーと比べても同じ価格帯の中ならかなり良いと思います。
躯体の造りは好印象で、イヤホンジャックの収まり具合も良く、不快なノイズも少なめです。
バッテリーの持ちは手持ちのNW-A107やNW-ZX507と比べてもかなり良いです。
標準のアンプモジュールだと音質はかなりフラットで自然な感じです。臨場感は弱い印象で低音を好む人には物足りないと思います。
アンプのセレクトでかなり変わるので物足りない人は変えてみるのもありだと思います。

ジャンル
R&B
歌謡曲
ロック

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ジョンボーナムさん

  • レビュー投稿数:42件
  • 累計支持数:77人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
8件
38件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
5件
11件
プリメインアンプ
2件
8件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性5
バッテリ4
音質4
操作性4
付属ソフト5
拡張性5

【デザイン】
可もなく不可もなく、シンプル
【携帯性】
これは利点になる大きさ
【バッテリ】
SONY製品とは比べられないが、そこそこ持つ
【音質】
癖のない音、イヤホンに依存する。
個性はない。
AM3D使用でメリハリや音に芯がでる。
今のM15とは違い、イヤホンによってはつまらない音に。
【操作性】
慣れの問題もあるが、中華製の普通レベル。
【付属ソフト】
アップデートしきったが、わりと
fiioは最後まで対応してくれてて、好感がもてる。
【総評】
癖がなく自分にはもう少しメリハリや躍動感が欲しい。
AM3Dにアンプを変えると解決され、個性がでる。
またラインアウトの音がわりと良く、同社のQ 5と繋いだり、aloのアナログポタアンと繋ぐと
、クリアー感がでて音にも芯が出る。(特に低音)
総じて高コスパ機種といえる。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

普通で一般的な人さん

  • レビュー投稿数:52件
  • 累計支持数:226人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
25件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
12件
1件
ヘッドホンアンプ・DAC
5件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン4
携帯性4
バッテリ4
音質2
操作性3
付属ソフト無評価
拡張性5

【デザイン】
X7よりは明らかによくなったデザイン。ただしアンプのところにつく飾りはご愛敬か?

【携帯性】
クラスの割に薄いので携帯性は申し分ありません。

【バッテリ】
限界まで使っていませんが、個人的には必要十分かと

【音質】
正直、不満があります。
1.AM3Aで聞いた場合ディスプレイONで音がノイジーに感じる(ディスプレイのノイズが飛び込んでいるようでエスね)AM3B・AM3Dで少しましになりますが・・・これは興ざめ
2.音の解像度はクラスではイマイチだと思います。このため、今時のDAPより音が安っぽいのが弱点。
特に低域は1クラス下に負ける解像度。
(手持ちのiBasso DX150やAcousticResearch AR-M200に明らかに解像度で負けます。これはAM3B・AM3Dを使っても同じ傾向が見られます。)

【操作性】
デフォルトではハードウェアキーの曲送りが他メーカーと逆なのが気になる。

【拡張性】
当方ではオプションアンプのAM3B・AM3D・AM2を所有しています。音の傾向の差は楽しめます。
ただし、音の完成度はAM3Dが一番いいですが、他社比でコスパがいいとは思えません。

【総評】
参考までにカスタムファームを入れた同機とFIIO X7を知人に聞かせていただいたことがありますが、断然カスタムファームの方が解像度が高く音質もとても好ましい音質でした。その点からも本機はやればできる子であることが判明しましたので真の実力はまだまだ発揮できていないと言わざるえません。
ファームウェアの完成度をもっと上げてほしいですね。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

でこぼこフレンドさん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:111人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
9件
287件
デジタル一眼カメラ
0件
64件
デジタルカメラ
4件
28件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
バッテリ4
音質5
操作性4
付属ソフト4
拡張性5

X5 2nd からの乗り換えです。(買い増し)

X5 2nd は、大変気に入っていましたが、24bitのソースで音飛びすることが時々あり(SDカードのせいかと思いますが)買い換えようと思っていました。価格が下がってきたため、上位機種であるこちらを購入してみました。

基本的にマニュアルがないので不安な部分もありましたが、輸入元エミライさんのHPを参考にしたり直感的に判断することで使うことができるようになりました。ちょっと使いづらいと感じていた部分も、ファームウェアを上げることでほぼ解決しました。

肝心の音質は予想以上であり、明らかにX5 2ndより上です。上から下まで余裕があって、本当にいい音で鳴ってくれます。例えば、バスドラとベースの音を完全に聞き分けることができたり、ひとつの楽器の旋律を追っていくことが容易だったり。バランス接続を試していないのに、たいそうなことも言えませんが、価格以上の価値のある商品であり、いい買い物をしたと思っています。

蛇足ですが、初代ウォークマンの登場を知っている自分にとって、このプレイヤーとイヤホン(今はDN-2000)が奏でる音質は、本当に「凄い進歩」を感じさせます。最近、遠ざかっていたピュアオーディオも組んでみようかと考えますが、ひと桁違う出費をしないと、これだけ質の高い音はスピーカーから出せないでしょうね。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アナログ&ハイレゾ ファンさん

  • レビュー投稿数:77件
  • 累計支持数:467人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
25件
16件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
16件
3件
イヤホン・ヘッドホン用リケーブル
10件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性5
バッテリ4
音質5
操作性4
付属ソフト無評価
拡張性5

Amazonの30%offクーポンの対象となっていたため、クーポンを利用して 50,777円で購入しました。

環境:
 アンプモジュール:AM3A(標準)、AM2A(オプション)
 イヤホン: AK T8ie mk2
      Kaiser10 Universal Alminium
 リケーブル:Crystal Cable Cantabile (3.5mm - mmcx、3.5mm - 2PIN)
       Crystal Cable Next (3.5mm - mmcx、3.5mm - 2PIN)
Wagnus Diamond Dust type "aenigma" (2.5mm balanced - 2PIN)

【デザイン】
基本的に初代の X7のデザインを踏襲していますが、ボリュームが、ボタンからホイールに変更され、使い勝手が向上しています。

【携帯性】
初代のX7と同様、問題ありません。

【バッテリ】
初代のX7の欠点であったバッテリ自体は全く改善されていませんが、急速充電に対応したため、使い勝手が大幅に改善しました。

【音質】
X7(初代)は、ロック向けのパワフルでエッジの効いた音質でしたが、X7MK2は、音質がやや上質になり、すべてのジャンルで満足できる音質になっています。

また、可聴帯域外フィルタの選択肢が2から7に大幅に増えています。
その中でも、「Slow Roll off Minimum Phase」、及び「 Fast Roll off Minimum Phase」フィルタの音質は秀逸です。いずれも、ワイドレンジで、クラッシックからヘビメタまですべてのジャンルで超高音質ではあり、これだけでも X7(初代)から買い替えて良かったと思えます。

アンプモジュールは、AM3Aもバランスが良くとても高音質ではありますが、これだけでは、X7(初代)+AM2Aに対してアドバンテージは感じません。しかし、アンプモジュールを AM2A に変更すると、パワー、高音域の生々しさ等が向上し、可聴帯域外フィルタによる音質の変化と相まって、音質がかなり良くなります。
また、AM3A は、バランス接続の方が高音質と言われていますが、シングルエンドとの差はそれほど大きくはないと感じます。個人的には、バランスケーブルの新調を検討されている方には、 AM2A の購入をおすすめします。

【操作性】
前述したように、ボリュームがホイールで操作できるようになり、操作性が大幅に向上しました。
また、全体的に動作速度が向上しています。

ただし、Fiio のプレイヤーアプリは使い慣れていますが、アーチスト(日本語)の並び方が変なところは一向に改善されません。

【拡張性】
アンプモジュルで、好みの音質に設定できるのは嬉しいです。
できればバッテリもモジュール化して、大容量バッテリーを装着できるようにして欲しいです。

【総評】
 Minimun Phase フィルタとAM2A との組み合わせで、すべてのジャンルで超高音質のDAPになりました。聴きなれた曲でも新たな感動を覚えます。特に、ロック系がメインで、クラッシック等の自然楽器系の音楽も聴かれる方におすすめします。

 なお、AM3A 版の本品は、 AM3B 版よりもかなりお安くなっていますので、お買い得と思います。

参考になった4人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

物欲の天秤さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性4
バッテリ3
音質5
操作性4
付属ソフト4
拡張性5

まだ使用して日が浅い点、ご留意ください

【デザイン】
多面体デザインはきれいですが、カドがあたる感があります
AM3Aについている左側の"カド"は取り外し可能です。X7では多面体デザインでは無いためだと思われる

【携帯性】
X7よりわずかに小さくなりましたが、カドのおかげで持つとデカく感じます
ハイエンドDAPとしては、やや小さいくらいだと思うが、直感的にいえば大きい

【バッテリ】
AM3A使用時、もちが良いとは言えませんが、こんなもんでしょう
QC2.0に対応したのがありがたい

【音質】
付属のAM3Aは高音域重視で、低音域はタイト。高解像度、広い音場、クールな音という印象です
X5 2ndと似ていますが、こちらの方が柔らか目で、より音場が広く微細な音まで聴きとりやすい
ハイゲインにし、イコライザをクラシックにすると、ナチュラルに低音が持ち上がり、少しリスニングライクに
アンバランス出力では、やや音がこもる感があります
他のアンプモジュールを入手したら、追記します

aptX対応で、BluetoothでもCD音質で聴けるのが良い
しかし最新のハイエンド機なので、aptX HDやLDACにもアップデートで対応していただきたい所だが、クアルコムのインタビュー記事ではCSR8675等専用のチップが必要とのこと
この機種では開発時期の影響もあり、採用されていないようだ
https://soundnews.ro/2017/10/24/fiio-x7-mark-ii-the-professional/

【操作性】
UIは丁寧に作られている感があります。
FiiO Musicの再生・一時停止のタッチでの反応がいまいちで、何度か押しなおすことがあります

【付属ソフト】
歌詞の検索機能は面白いですが、別のアーティストの歌詞が表示されることが多々あります
ViPER Effectのメニューが英語のままで、どんな効果があるのかわかりにくい

【拡張性】
音質を自分好みにカスタムする点では、アンプモジュール、ライン・コアキシャル・オプティカル出力(USB出力もアップデートで対応予定)、純正イコライザとViPER Effect、Androidモードで好きな再生アプリが利用可能と、拡張性に富む

ただし、スマホ的な拡張性には欠けます
内部ストレージが0.98GB、NAND FLASHが56.17GBと分割されており、YouTubeや音楽プレイヤーアプリが内部ストレージ側に保存されます
アプリを削除しないと新しいアプリが入らない・更新できないと表示されます
よってAndroidアプリをたくさん入れて楽しむ用途には向いていません
センサがないからか、傾けての画面回転もできません
動画やYouTubeの全画面表示は、アプリ側に全画面・横画面表示がないと無理です
NAND FLASH側にもアプリが移せるといいのですが・・・
今あるアプリ中では、PowerampとNeutronだけはSDカードに移動できます

USBデジタル出力はアップデートで対応予定らしいですが、onkyo HF PlayerにてFiiO Q1 mark2とUSB接続すると普通に再生可能でした
音色の寒暖差を楽しむのに一役買っています

【総評】
AM3Bという4.4mmバランスジャック搭載アンプも発表され、オーディオ機器としての拡張性には大いに期待できます
CEOのお話では薄味の日本料理としてX7 mk2を挙げているが、まさにそのイメージだと思う
アプリの保存可能サイズの制限が厳しいのが難点。楽曲ファイルはSDに入れるので、アプリの保存領域を開放してほしい

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]
FiiO

X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 2月中旬

X7 Mark II with AM3A FIO-X7MK2 [64GB]をお気に入り製品に追加する <61

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルオーディオプレーヤー(DAP))

ご注意