TAGO STUDIO T3-01 レビュー・評価

2017年 4月29日 発売

TAGO STUDIO T3-01

  • 新開発した40mmドライバーユニットを搭載した、スタジオヘッドホン。
  • 振動板には、群馬県繊維工業試験場との共同研究成果品である「シルクプロテインコーティング」を採用。自然で伸びのある音質を実現。
  • ハウジング部分には、楽器でも使用される楓材を使用。モニターサウンドに有利な原音に忠実かつナチュラルな響きが得られる。
TAGO STUDIO T3-01 製品画像

画像提供:eイヤホン

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥59,400

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥59,400

eイヤホン

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥59,400¥59,400 (2店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥59,400 〜 ¥59,400 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:5Hz〜40kHz TAGO STUDIO T3-01のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • TAGO STUDIO T3-01の価格比較
  • TAGO STUDIO T3-01の店頭購入
  • TAGO STUDIO T3-01のスペック・仕様
  • TAGO STUDIO T3-01のレビュー
  • TAGO STUDIO T3-01のクチコミ
  • TAGO STUDIO T3-01の画像・動画
  • TAGO STUDIO T3-01のピックアップリスト
  • TAGO STUDIO T3-01のオークション

TAGO STUDIO T3-01TOKUMI

最安価格(税込):¥59,400 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 4月29日

  • TAGO STUDIO T3-01の価格比較
  • TAGO STUDIO T3-01の店頭購入
  • TAGO STUDIO T3-01のスペック・仕様
  • TAGO STUDIO T3-01のレビュー
  • TAGO STUDIO T3-01のクチコミ
  • TAGO STUDIO T3-01の画像・動画
  • TAGO STUDIO T3-01のピックアップリスト
  • TAGO STUDIO T3-01のオークション

満足度:4.63
(カテゴリ平均:4.28
レビュー投稿数:10人 (試用:1人)
  1. 3 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.34 4.16 162位
高音の音質 高音部の音質の良さ 4.70 4.15 62位
低音の音質 低音部の音質の良さ 4.70 4.14 46位
フィット感 装着したときのフィット感など 4.25 4.08 157位
外音遮断性 外の音を遮断するか 3.09 3.81 349位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 3.54 3.77 303位
携帯性 コンパクトさ 2.57 3.78 363位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

TAGO STUDIO T3-01のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:37人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
ミニコンポ・セットコンポ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性2
音漏れ防止4
携帯性2

主な聴取環境はPCからアムレックAL-38432DQ経由(他にスマホ、Astell&Kern AK300など)です。

【デザイン】
メタル感むき出しのフレームに楓のハウジングなど、硬柔調和したデザインで好印象です。
全体としてはシンプルで適度に無骨さも漂い、プロ用機材としての出自を感じます。

【音質概要】
本機の音質上の主な特徴は「音の自然さ、生っぽさ」と「定位感」です。
まず「音の自然さ、生っぽさ」について。これは文章で伝えるには限界を感じてしまうレベルなのですが、とにかく出音が生っぽいのです。
ボーカルと生楽器の音については特に、質感や厚みを強く感じます。そして圧倒的に音が鮮明でありながらも痛くないし、不自然さがどこにもない。
何の違和感もなくすっと音が耳に入ってくるのに、とてつもなく細かく立体的な情報として受け止めることができる、といった感じです。
生演奏にどうしても及ばない点は低域の振動(グルーヴ)を全身で感じることがヘッドホンではできない、ということぐらいでしょうか。
それほど生っぽいです。 
それは単に高解像度であるとか、フラットであるとかという意味とは異なります。
そうした音を楽しめるヘッドホンは他にもいくつもあるのですが、本機レベルのまとまりのよい、音楽を全体として届けてくれるヘッドホンを私は知りません。
そうした意味で、(下記には記していますが)「高域がどう」とか「低域がこう」といった評価にはあまり馴染まないような気もします。
うまく伝わないかもしれませんが、「音楽を音楽のまま届けてしまう」、そんな感覚です。
それほど全体として結実しています。
逆に言えば、本機の能力の高さは、聴き手に自由を与えます。全体を愉しむもよし、特定の楽器やパートのみを追いかけてもよし、高音の響きや低域の沈み込みだけに着目するのも素晴らしい。
一つの曲を様々な角度から自由に、詳細に眺め回すことができるのです。

次に「定位感」ですが、左右と奥行きの空間を非常に感じ取りやすく、各楽器の定位が抜群に見えやすいです。
本機を購入して聴き慣れた交響楽を聞いてみたところ、各パートの位置をありありと頭に浮かべることができました。
というより、突出した定位の高さが、聴き手へ脳内にステージを意識させずにはおかない、といった感じです。
このあたりは音楽制作にもかなり役立つのではないでしょうか。パンやリバーブの微細なチューニングもはっきりと違いが現れますし、どこに何の楽器があるのかをはっきり意識できます。
逆に、あまりに分離感を意識しすぎたミックスの場合、本機で聴くと楽器間の距離が開きすぎてバラバラに聴こえてしまうことがありますが、それも能力の高さ故だと私は考えています。

【高音域の音質】
良く出ているし、どこまでも伸びていく、なのに痛くないし刺さらない。
そうです、ライブ演奏を聴いている、あの感覚です。(笑)
気持ちいいとしか言いようがありません。

【中音域の音質】
質感が手に取るようにわかります。楽器、ボーカル、何でもです。
音の厚みは筆舌に尽くしがたいです。
包まれるような、実の詰まった濃密な音です。
目を閉じると室内にボーカルやバンドの存在・気配を感じてしまうほどです。
ある意味恐ろしいほどの再現性です。

【低音域の音質】
これも質感や沈み込みの表現は傑出しています。量感も十分すぎるほどあり、迫力さえ感じるほどです。
しかしなんと言っても低域の特徴は立ち上がりと立ち下がり(収束)の速さがずば抜けており、嫌味のないすっきり感があります。
であるにもかかわらずズシンとした沈み込みや、キックのパンチ力、ゴリっとした質感までを完璧に描写して見せてくれ、全くスキがありません。

【フィット感・装着感】
スエードのカップがやわらかくて心地よいです。ヘッドバンドの当たりも負荷をあまり感じない柔らかいパッド入りで長時間のリスニングに耐えます。
一点、イヤーカップがそこまで大きくないので耳の大きい方の場合、耳に干渉する可能性があります。

【外音遮断性】
密閉型としては平均以下だと感じます。それなりに外界の音を通してしまいます。
それでも開放型ヘッドホンと比較すれば遮音性はある程度あります。

【音漏れ防止】
良好です。
友人が聴いている横で聞いてみましたがほとんど漏れていませんでした。
公共の場でも憚りなく十分な音量で聴ける程度の性能があります。
ただし、音楽に没頭するぐらいの大音量だとやや漏れます。

【携帯性】
平均以下でしょう。300g以上と軽くはないですし、大きさも持ち歩くには明らかに「デカイな」と感じるゴツさです。
ただし、鳴らしやすさは非常に良好で、普通のスマホなどでも十分な音量を確保できます。
また、上流の影響が少なく、アンプやDACをさほど選びません。
エイジングの効果も薄く、最初の2,3時間を越えるとあまり音質は変わりません。
もちろん良い上流と組み合わせたときには相応の音質向上を感じることはできます。

【総評】
端的に言って音質について言えば完璧という言葉以外に相応しい言葉が見当たりません。
音楽を演奏する方や制作する方、またはオーディオファンであればぜひとも一度は聴いてみてほしいヘッドホンです。
6万円という価格は音質を考慮するとべらぼうに安いと言えます。
冗談抜きで数十万円級のヘッドホンと対等なパフォーマンスだと感じます。
不得意なジャンルはありません。どんなジャンルでも全く問題ありません。
最後に、オーディオファンである私にとって本機の唯一大きな欠点を挙げておきます。
それは本機を手にしたことでオーディオ環境を探求しようという意欲が失せてしまったことです。
正直ゴールに到達してしまった感が半端じゃなく、趣味がなくなってしまいそうです(笑)
半ば冗談にしろ、それほど完成度の高いヘッドホンだと思います。
まるで雑誌のレビューのような、べた褒めレビューとなってしまいましたが、本心です。
手放しで賛辞を送りたいと思います。

主な用途
音楽
映画
接続対象
オーディオ

参考になった2人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

いろんな物好きさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

その他オーディオ機器
1件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
1件
イヤホン・ヘッドホン
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止5
携帯性2

まず見た目から。
木目はやはりあたりはずれがあるよう。
前の方が書いていたように歪みは気にならなければ。
装着感は思ってたよりも軽い印象です。
音場はいろんな方が書いているように広いとは言えないですが、密閉されてるとは思えない広さ。SN比も高く、音の輪郭がくっきりしてます。
細かい音の聞き取りには困らなくてすみそうです。
低音は力強くはないですがボワつかずアンプにつなげば低音不足で困るということはあまりないとおもいます。
総じてくっきりはっきりきびきびしゃきしゃきなるというクリアな音作りであるとおもいました。高温が突き刺さるというわけではありません。どちらかというと鮮やかな8Kテレビといった印象です。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鰤大根食べたいさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
18件
デジタルカメラ
0件
8件
ノートパソコン用クーラー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感3
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性3
   

ハウジング(杢と言って良いんだろうかこれは…)

   

【デザイン】
シンプルで飾りっ気のないデザインですが、
そこがいいという人にはとても嵌るタイプのシンプルさです。
ケーブルに何の刻印も無いので、L/Rはしっかり色を覚えておかないといけないのはご愛嬌です。

ハウジングの木目は良いのが当たった人にはたまらないんでしょうが、
私の元に届いたのは何というか「これ、切り出す方向本当に有ってる?」という
焼き印の文字すら見えづらくなるすごい木目…
楓材はこういう模様がつくこともあるとは聞いたけれども…

【音質】
解像度の高さと音場の広さを感じます。開放型並みの音場という評価にも頷けます。
イヤーパッドの素材のせいかちょっとあっさり目に聞こえることもありますが…
飾りっ気のない良い音というべきでしょうか。

低音がズドン!と来るタイプではありませんが、かといってスッカスカというわけでは断じてないため、
全体のバランスを綺麗に作ることができていると思います。

素直に元の音楽を楽しめるヘッドホンと言っても過言ではないでしょう。
特にアコギ+ボーカルなロックとの相性は抜群です。弦の鳴りがとてもきれい…
沼に深く深く嵌り込む前にこの辺りで終止符を打つのも一手かもしれません(笑)

【フィット感】
ここが個人的にはちょっと問題に。
ベロア系触感なイヤーパッドは付け心地は上々なのですが、
ちょっと狭く浅めで前後の高さが一緒な平面タイプであるため、
耳たぶが大きめの人は1時間単位になってくると装着が苦しくなることがあります。
一日に30分ほど使って終わりという方には何の問題も無いのでしょうが、
私は2〜4時間ほど作業しながらガッツリ聞くタイプなので音は良いけど耳痛いなぁと思うことも…

その辺を無視すると、少々緩めの側圧ながらズレ落ちてくることもない優秀な設計だと思います。

【外音遮断性】
密閉型としては少々低めでしょうか。
とはいえ、音楽を流している限りにおいては特に周りの音が気になることは無いでしょう。
無音ですと同じ部屋のテレビの音は聞こえるくらいです。

【音漏れ防止】
密閉型ですので高めです。
ハウジングに耳を直接当ててギリギリ聞こえるかどうかといったところでしょうか。
余程大音量で鳴らしていない限りは外に漏れることは無いでしょう。

【携帯性】
サイズ的には中型ですのでそこまで持ち運びに難儀はしません。
しかし、付属のソフトケースはあくまで保管用であって持ち運びに使うにはちょっと厳しいです。
私は持ち運ぶときは↓のケースに入れています。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0711G9VCZ/
スポンジはちょっと加工する必要がありますが(特にイヤーパッド部分)
帰省先などでも聴きたい方にはぜひおすすめします。

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ディープリズムさん

  • レビュー投稿数:83件
  • 累計支持数:738人
  • ファン数:28人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
61件
1469件
スピーカー
3件
88件
ヘッドホンアンプ・DAC
4件
20件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質無評価
低音の音質無評価
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性3

帯域バランス的にはほんのりカマボコのフラットに聞こえます。

それでいてキツイ音は出さず、モニターライクにもなりすぎず、装着感も中々良好で、DAP直挿しでも良さを感じやすい。

ウォームな音を好む方、昔持ってた機種だとJVCのMX100ZやB&WのP7の音が好きな方にオススメの機種で、使用頻度が高いヘッドホンの一つです。

ケーブルの長さが1.8mと微妙な長さなんですが、最近純正の1.2mのショートケーブルなんかも出ました。

イヤーパッドが特殊で、密閉型の中だと音漏れ耐性、外音遮断性はあまり高くない分類にはいるので、レザーパッドに変えて遮音性を上げて外で使用するのを企んでみたんですが、結構音が変わってしまい失敗、イヤーパッドを含め、かなり練って作られたヘッドホンだと感じます。
(正直ケーブルを布巻きにする必要はなかったと思うけど)

それで、ひょっとしたら僕がチェックしそびれていて、ウォーム系でこれより音がいいものがあるかもしれませんが、DAP直挿しでも良く、装着感も中々良好なことを考えると、現行で最善まで行かなくともウォーム系の最適解、人によってはゴールになる力を十分に持ったヘッドホンだと感じます。

ボーカルを優しい音で聴きたい方は是非( ̄▽ ̄)b

(追記)
比較対象にDT1990等を出して音が良くないといったレビューがありますが、音の傾向もヘッドホンの構造もまるで違うもの比較であり、生楽器の音を知っている、奏者経験者であればt3-01の音に説得力を感じるかと思います。

両機種を所有していた人間からすればハイテンポで音数の多いメタルやギターの音なんかが気持ちいいのは明らかにDT1990ですが、ポップスや優しい女性ボーカルものが心地良いのは明らかにt3-01であり、両機種には絶対的な優劣はなく、得意ジャンルの違いとレビュアーの引き出しの多い少ないで低評価がついてしまったというのが現実だと思います。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった24人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tam-tam17701827さん 銀メダル

  • レビュー投稿数:153件
  • 累計支持数:703人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
114件
918件
ヘッドホンアンプ・DAC
7件
19件
スマートフォン
4件
14件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性3

モニター系にカテゴリーされるがその枠に収まらない傑作ヘッドホン!
ヴォーカルの瑞々しさは他のモニターヘッドホンの追従を許さない!
低音は控えめだが、個人的には他のヘッドホンのほとんどが低音過多と思う。こちらは素晴らしいバランスに仕上げてある。
さすがは現在発売されている製品に満足せず多胡氏が個人的に企画したヘッドホンだけの事はある。

一切誇張する事無く、完成度の高いヘッドホンだが、個人的に満足するチューニングに仕上げているので、万人受けするヘッドホンではない。
特筆すべきはあまりに巧みなヴォーカルの表現力。
無機質な音質のモニター系がほとんどの中、この瑞々しいばかりの卓越したヴォーカルの鳴り方はモニター系としては非常に賛否が分かれるところ。
個人的には何の目当ての無いまま時間潰しにイヤホン、ヘッドホンなど視聴していたが、視聴僅か3分ほどで購入してしまった。
自身は音楽制作のプロフェッショナルでは無いので、リスニング用に購入したのだけど、

基本的に解像度重視の無機質的な音が好みだけど、年に1回ほど、一発でノックアウトされる製品に出会う事がある。
これも購入後に個人的に企画した非常に流通量が少ないものだと知ったほど。
パンチのある音源には全く向かないと思う。
聴けるには聴けるとは思うけど、その様な音源にはもっと適した価格の安いヘッドホンが多数あるので、

ケーブルも着脱式だが対応するケーブルも非常に少ないし、イヤーパッドも純正品以外ほとんど対応しないので、カスタマイズして楽しむヘッドホンでは無い。
CD900STが国内でここまで普及してしまっている以上業務用途としてこれ1本で済むとは思えない。
ヴォーカル表現が非常に巧みなので、実際業務用途に使用するならば、全体的な音のチェックはCD900STで行い、ヴォーカルのみ、T3-01で行う、みたいな使い方が適しているかもしれない(CD900STはヴォーカルが遠いので)

装着感も良く長時間の使用にも苦にならない。側圧もベスト!
アコースティック主体のヴォーカルものはまさに絶品なり!
自身が購入したものはまだ発売直後のものだったので、企画者の多胡氏が自ら一本一本チェックしていたという!
この様なこともあって1日の生産台数が、数本という非常に流通量が少ないので当然大手家電量販店での販売は無理。

一応密閉型となっているが、下手な開放型より音場は広く感じる。
音像の抜群の定位、立体感、リスニング用途にも耐えうる表現力、まさしく逸品のモニターヘッドホンとしてイチオシ!おススメ!

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Fegefeuerさん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:171人
  • ファン数:2人
満足度4
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感3
外音遮断性4
音漏れ防止無評価
携帯性3

リスニングと録音のマスタリング(音源作成)の両方に使うヘッドホンを探しています。
数年前に購入したTH600(Fostex)をバランス化して愛用していましたが、後継が欲しくなって専門店で2時間半ほど視聴してきました。
比較は前機種と同じFostexのTH610です。

【デザイン】
そこそこに質感が高く、ものすごく高価ではないアンティークのような佇まいに感じられました。
金属部分の仕上げは丁寧になされていますが、個人的にはそれほどデザインで食指を誘われるものでもありません。
ただ顔となるウッドハウジングは楓材を用いた非常に美麗な仕上げで、ここだけを取り上げれば星5つでした。

【高音の音質】
極めて正確に、そつなく鳴らしてくれます。
ヘッドホンへの最高の称賛としての「モニターらしい」素直で正確な鳴りです。
中高域にほんのわずかに演出(?)を感じなくもない印象はありますが、私が今まで聴いてきたヘッドホンの中で最も脚色から縁遠く、繰り返しますが「正確」という賛辞にふさわしい音が聴かれます。

【低音の音質】
こちらも正確無比です。こもったり被ったりする低域とはまるっきり無縁の世界です。
リスニング目的で考えれば、もう少しボリューミーなほうがポップス系では受けるのかもしれません。ですがこの製品はモニター支店に立脚していると私は認識していますので、低音の質感や定位などは十分に再生されますし、「モニター向き」が謳われる安価なヘッドホンのように重心の高い薄っぺらい低音ではありませんので、特にクラシック音楽(小編成や声楽など)では全く問題ないでしょう。
ちなみにこの製品は超低域まで全く痩せずに伸びており、16Hz周辺も難なく再生できます。この製品に「低音が出ない」と評している方は、おそらく音質というもの自体をよく理解されていない物としか考えられません。

【フィット感】
ヘッドバンドはストイックながら秀逸で、痛くもならなければユルい感じもしません。
側圧も強い方ではありませんが、他の方のレビューで気になったようなルーズさも感じません。
惜しむらくはイヤーパッドの材質とサイズで、耳たぶが大きい上に痒くなりやすい私には10~15分で外したくなる「ほぼオンイヤータイプ」でした。
もちろんこれほどの音を仕上げてきているのですからイヤーパッドの寸法も素材も吟味の上の話でしょう、たまたま私には合わないだけの話です。
が、私の購入意図には適しなかったという意味で星3つとさせていただきました。
他の方のレビューにもある通り、ヘッドホン/イヤホンの装着感は致命傷になりうる大きなファクターですので、ご購入を検討される方には是非とも購入前の試着・試聴を強く強くお勧めしたいと思います(そうすれば『筋違いな腹いせ』みたいな非生産的なレビューも減るでしょう)。

【外音遮断性】
防音室での視聴だったため評価は高めです。自身で試した限りでは、素材の割には遮音性が高いと感じました。

【音漏れ防止】
一人で試聴に行ったため全くわかりません。

【携帯性】
モニターとして強度はあるように感じましたが、折りたたみ機能などはないので特に携帯性には優れていません。
携帯の際には付属のソフトケースに入れるくらいの配慮が必要な「道具」ではありそうです。

【総評】
今まで聴いてきた中でも最高クラスの「正確っぽさ」を感じたヘッドホンなので(リスニングにはもう少しリッチな低域であってもいいとは思いますが)、耳さえ痒くならなければ正直即買いしていたと思います。
高域の評価で少し「疑い」を書きましたが、たとえそれであっても音質だけでいうならこれほどモニターとして使いたい製品はありません。モニターらしくわずかにデッド方向の音ですが、おかげで定位やバランスはすこぶる見通し優秀です。

優秀なのはほとほと解っていながら、自分との相性が良くないものとは縁がないのは悔しくもありますが、私にとってはいい勉強になりました。
このヘッドホンの価値が世間で正当に評価されることと、あとは願わくばこのメーカーによるオーバーイヤーヘッドホンが世に出る事を願ってやみません。
長文にお付き合いいただきありがとうございました。

比較製品
FOSTEX > TH610

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Matal pickさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:50人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン3
高音の音質2
低音の音質2
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性無評価

【デザイン】
チープな感じの楕円形ウッドハウジング。個人的には、あまり好きなデザインではないですね。
【高音の音質】
モニター調でドライで渇いた音。其なりの解像感は有りますね。
【低音の音質】
モニターライクで、沈み込む低音を求める人には向いていないでしょう。
【フィット感】
良い方かな。
【外音遮断性】
普通
【音漏れ防止】
普通
【携帯性】
室内以外で聴いた事ないので無評価
【総評】
正直、こんなもん?って言う感じの5万円代で買える密閉型です。
其なりの解像感は有りますが、ドライで渇いた感じの音で正直期待ハズレ。
これを買う位なら、もっと選択肢は沢山有ります。
2万円〜3万円程度のヘッドホンからのステップアップ機種ですが、OPPO PMー3、ちょっと足してbeyerDTー1990PRO、HD700の方が満足度は高いと思います。
個人的には残念な密閉型。お流し決定です。
試聴無しでは買ってはいけません。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった24人(再レビュー後:24人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

はりがね派さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:108人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
8件
19件
ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
3件
docomo(ドコモ)携帯電話
0件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性3

エージングが100時間越えしたので初回レビューを上げます。

自環境
PC→DN-300USB→P-1u→T3-01
使用ソフト:JRMC20(asio再生)
音源:DSD、mp3(320kbps)など。


デザインに関しては秀逸の一言に尽きる。
金属パーツの綺麗な仕上げや耳パッドやヘッドパッドの形状と材質にも手抜きがなく上質。
木目ハウジングは個体によって木目具合が違ってくる。
なのでどんな木目のものが来るのかの楽しみがある。
木材ハウジングの手触りや焼き印された「TAGO STUDIO」のロゴもフォントにこだわりが感じられるなど存在感を十分に感じさせてくれる高品質の仕上がりになっている。
一点だけ不満があるとすればヘッドパッド部の「TAGO STUDIO」表記部がアイロンプリントのような皺がかったものになっていたので少し気になったくらい。


鳴らし後は音出し初期に比べて各音域の特性である素直で明瞭な音がわかりやすくなる。
高音が増すとか、低音がより出る、とかは無かった。素性の良さがより前面に出て来た印象。
非常にナチュラル。
しかし、初聴きだと「おお、割といいな」と思うが5分くらいすると分かりやすい特徴(例えば低音が元気で鳴る)などが無いため、いい音出してるけど正直つまらないかも、と感じるかもしれない。
ノリの良さなどはあまり感じない。全域がフラットに丁寧に鳴っているからだと思う。
モニターフォンなのでここはコンセプト通りにちゃんと造られていると感じた。
高解像度ゆえの金管楽器やキラキラとした音は粒立ちが良く、本当に輝いているような感覚を得られる。
今まで他の音と重なって隠れていた歌い手の息づかいやリップノイズ等も聴き取れるようになった。
響き方が非常に正確なので楽器位置関係や輪郭が見える様で想像力も刺激する。
空間表現が際立っており、LIVE音源に至っては会場の歓声なども細かく鳴らしてくれるので会場の雰囲気が味わえるのが凄いと感じた。


定位感は抜群に良い。
左右の楽器の判別などはお手の物で、MIX時の調整の甘さなど音源の荒も容易に掴める。
密閉型故に細かい音を集中して探しやすいので流石はモニターヘッドフォンである。
分解能は非常に高い。
高いからといって分離してるけどステレオ感が出過ぎてるということもない。
きちんとユニゾンしつつ分離している。当たり前のようでいて、とても貴重だと正直思う。
音の立ち上がりも早くも遅くもなく丁度良い。本当に「丁度良い」という言葉が一番しっくり来る。

音場は開放型には譲るが密閉型とは思えないくらいに広く、「窮屈さ」をほとんど感じない。
全く感じない訳ではないが、一枚壁=ハウジングがある為、音が抜けすぎて響き不足に感じる事が無い。
他の手持ちの開放型機種(HD580,HD650,k702,DT990pro)等と自環境で比較したが同程度の広さを感じる。
「本当に密閉型か?」と言える程に広い。
開放・密閉の良いとこ取りをしている、という印象。

ハウジング位置の調整はスライド式で目盛りなどは無いが非常にスムーズに調整出来る。
また保持力もしっかりしているので頭を動かしてもスライダーがズレるといったことはない。


重量は321gで一般的な密閉型にしては重量がある方。私の場合は、長時間(5.6時間)使用しても顕著に疲れを感じることはあまり無かった。
私には緩い側圧と耳パッドの材質と当たりの優しさが上手くマッチしたのだと思う。
パッド内径はけして広いとはいえない。耳パッドの素材も相まって夏場は蒸れるのは必至だろう。
今の冬の時期でも多少暖かみを感じるので夏場はもっとだと思う。
また人によっては耳輪郭部分がパッド内側と干渉するかもしれない。
長時間使用の場合、痛みに繋がるのかもしれない。購入前の試着は出来ればした方が良い。
コードは少し癖が付きやすい布巻タイプ。
AH-D5000やTH900などのコードを少しだけ細くした感じといえばイメージしやすいだろうか。
接続部などは着脱などもしやすく、接続時はカチッとはまってくれるので好印象。
同梱される説明書内に丁寧にLR側の見分け方なども記載されていたので好感度が一気に上がった。


総括
コンセプトである「ナチュラルさ」を体現しきったモニターヘッドフォン。
プレーンな「声と音と音楽」を感じたいなら打って付けと言える、素晴らしい機種に仕上がっている。
また空間表現と定位感が非常に優れているので臨場感も味わえる一粒で二度おいしい機種。
反面、低音のノリの良さは不足がちなので、そこは別のリスニングフォンを用意すると良い。


ちなみにシリアルは300番台でした。製造元の人達の情熱と誠実さが感じられる良い商品です。
こういう「良いもの」を造っていただき、ありがとうございます。大切にします。
もっと出回って、多くの人に本機を使用して音楽の喜びに浸って欲しいと思います。

これ以降は実際に長期間使った後に最終レビューを上げる予定です。

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

シシノイさん

  • レビュー投稿数:121件
  • 累計支持数:1343人
  • ファン数:64人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
121件
1649件
ヘッドホンアンプ・DAC
0件
142件
AVケーブル
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止4
携帯性2

T3-01は抜群の定位感と、瑞々しい音、そして良好な装着感が特徴のモニター型ヘッドホンです。
リスニング用途としての性能もとても高く、音楽鑑賞を豊かなものにしてくれるでしょう。DAP直でもそこそこ鳴ってくれるのもポイント高いです。

初試聴時、その瑞々しさ・実在感に感心させられ、音が欲しくて買った数少ない機種の一つです。

普段耳にしないメーカーですが、TAGOSTUDIOというプロスタジオが、自分たちのスタジオの音を届けたいという想いから地元の企業に掛け合って、スタジオの思い描く「究極のナチュラルサウンド」として造り上げたヘッドホンとなります。
丁寧に製造しているため、生産台数が非常に少なく(月100台くらいだったはず)現在入荷しては売り切れることが続いています。販路も地味に少なめです。

◆音質◆
特徴としてはまず真っ先に抜群の定位感が挙げられます。そして次にその音の瑞々しさ。
鮮度抜群、瑞々しい音がしっかりと定位している様は感心させられます。
艶感も表現できています。女性ボーカルとかも魅力的ですよ。
音場はそこそこですが、それがまた音が散らないというメリットとして感じます。

【高音の音質】
高音はとても綺麗に伸びます。繊細というよりは、きっちり描くタイプの高音でこれが聴いていてとても気持ちが良いです。
サ行が刺さったりシャリ付きは感じません。この機種の魅力の一つはこの高音の綺麗さだと思います。

【中音の音質】
主にボーカルについて、とても捉えやすく明瞭で生々しいボーカルを聴かせてくれます。
前方定位感はそれほど無い程度の頭外という感じです。その辺はモニター型たる部分なのでしょうか。
音域で音の話をするならば、このボーカルがこの機種の最大の魅力だと思います。ボーカルものを聴くならこれほど良い機種はなかなかないのではと思わされます。

【低音の音質】
低音については量は普通、しっかり低いところまで出てくれています。
音圧がそれほどなく、キレや締まりはほどほど。別にぼわぼわというわけじゃない丁寧な低音なのですが、聴覚上、若干低音の薄さ・物足りなさを曲によって感じます。必要分十分出ていて、問題なく感じる場合も多いので曲との相性もあるでしょう。
T3-01に対して敢えて不満点を挙げるならこの低音になるかなと思います。

【音質総評】
抜群の定位感、瑞々しい音、生々しいボーカルの魅力が特に素晴らしいです。
基本的にはオールジャンル行ける万能な音ですが、特にボーカルメインのバラード曲とかでは相当実力を発揮してくれると感じます。逆に低音の迫力をがっつり欲しい激しめのロック等は低音の物足りなさを感じるかもしれません。

予算が許すのであれば是非一度試聴してみてもらいたい機種だと思います。

◆装着感◆
装着感は良いです。
緩い側圧で柔らかく包み込みます。

【フィット感】
耳周りのフィット感はやや良いです。
耳にぴっちり当たりつつ覆う広さと深さのパッド。側圧が大変緩く、おかげで快適さがある程度保証されています。
重量のほとんどがハウジングに集中する構造で、このぴっちりしたパッドのせいで「耳に何か重いものが乗り続けている」という感覚があります。
耐えられないほど不快ではないのですが、小さな違和感を感じ続けるタイプです。
1〜2時間程度使用していると耳が押さえつけられ弱い痛みを感じます。
ぴっちりパッドのせいか多少の蒸れ感はあります。

【側圧】
既に述べた通り緩いです。
基本的には緩いおかげである程度快適なのですが、頭を動かすとずれそうになるほど緩いというのはややマイナスでもあります。ですがこれ以上側圧があったら今度はパッドの浅さから耳が潰されて痛くなるでしょうからこれで我慢。

【頭頂部】
頭に沿うヘッドバンドで問題ありません。
蒸れにくいメッシュの工夫もされております。
あと、長期に渡る保守性を考慮してヘッドバンドも交換が可能になっております。
本当にプロが現場で使うならありがたいのでしょうねこういうパーツ別売りは。
その他勿論パッド等も交換可能です。

【重量】
320g(実測値)で重いです。もう少し軽ければもっと快適だったでしょう。
間違ってもこの重量を提灯記事のように軽量と表現しないで下さい。
また、重い機種によくありがちな装着感レビューとして「重量の割には軽く感じる」という表現は装着感を気にしている機種なら当たり前のラインです。実際の重量分はしっかり首と肩を凝らしますので、長時間使用するのならば実重量を気にしてください。

【装着感総評】
側圧の緩さによるある程度の快適さと、パッドが当たり続ける不満点、重量の不満を考慮して80点、星4つとします。
パッドがすっぽり耳を覆ってくれればどれほど快適だったろうかと思うのですが、それだとせっかくの音が変わるのでこれで我慢。

◆その他◆
国産の楓材使用のウッドホンです。あまりそこは気にしなくても良い部分だと思っていますがウッドホンは木目が美しいですね。
ケーブル長1.8mというのは他にあまり見ません。プロ用途ではこの長さが良いのでしょうか。

◆◆◆総評◆◆◆
抜群の定位・瑞々しい音・ボーカルの魅力で星5つです。
装着感がそれなりには良いのも大きなポイントです、いくら音がとても良くてもここが悪くては使用頻度が下がり、いずれ使わなくなり手放すという経験を私自身何度もしています。

いずれにせよ、T3-01はボーカル曲をメインで聴く方や、多少高くても良いモニター型ヘッドホンをお探しの方に是非ともお勧めしたい魅力溢れる逸品です。一度手に取ってみて下さい。

◆比較レビュー◆
T3-01を含むモニター型3機種を比較しましたのでご参考までに。

【比較】5万円前後モニター型ヘッドホン3機種比較レビュー
http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=21218023/

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった23人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

とりあえず…さん

  • レビュー投稿数:53件
  • 累計支持数:527人
  • ファン数:56人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
32件
2405件
ヘッドホンアンプ・DAC
7件
79件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
4件
77件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止4
携帯性2

私は基本モニター系のヘッドホンが好みではありません。
今までにもAKGやbeyerdynamicのそれなりのものを所有していましたが、いい音なのは間違いないですが、結局使わなくなって手放しています。
でも食わず嫌いは良くないのでモニター系であっても新製品の試聴だけはしていました。

で、当機なんですが・・・なんでしょうか?確かにモニター系なんですが、素っ気ない感じや淡々とした感じではありません。
むしろ新鮮でピチピチした音なんですよね。
当日同クラスの他のモニター系ヘッドホンも試聴していたんですが、どうしても当機の音が忘れられず、帰宅後一日考えて(我慢できなくなって)ポチりました。

際立つのは定位感の良さ、そしてボーカルの艶。
低音の量感は少なめではありますが、しっかりと下の方から出ています。
音場の広さはやや広め。
でも一般的なリスニング系の音作りではなく、作られた感じが全く無いんです。
ジャンルはなんでも行けそうですが、強いて言えばアコースティック系が綺麗に奏でられます。

装着感も良好、私の耳はスッポリと覆われます。
側圧はやや緩めですが、ずれることはありません。

そしてDAP直でもかなりのレベルで鳴らせることができます。

うーん、これはいい買い物をした。
毎日楽しくて最近は普段あまり聴かないクラシックを聴き込んでいます。
このクラスで素直な音を探しておられる方にはとってもお勧めです。

ちなみに純正ケーブルが4芯だったので、現在はプラグを替えてバランス駆動していますが、元々素晴らしかった定位感が増し、音場も広くなりました。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

TAGO STUDIO T3-01のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

TAGO STUDIO T3-01
TOKUMI

TAGO STUDIO T3-01

最安価格(税込):¥59,400発売日:2017年 4月29日 価格.comの安さの理由は?

TAGO STUDIO T3-01をお気に入り製品に追加する <92

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意