スバル スバル XV 2017年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スバル > スバル XV 2017年モデル

スバル XV 2017年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:スバル XV 2017年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
1.6i-L EyeSight 2020年1月9日 マイナーチェンジ 2人
2.0 e-BOXER Advance 2019年11月15日 マイナーチェンジ 2人
2.0e-L EyeSight 2019年11月15日 マイナーチェンジ 3人
2.0e-S EyeSight 2019年11月15日 マイナーチェンジ 2人
1.6i-L EyeSight 2018年10月19日 マイナーチェンジ 2人
2.0 e-BOXER Advance 2018年10月19日 マイナーチェンジ 15人
2.0i-L EyeSight 2018年10月19日 マイナーチェンジ 5人
2.0i-S EyeSight 2018年10月19日 マイナーチェンジ 7人
1.6i EyeSight 2017年5月24日 フルモデルチェンジ 2人
1.6i-L EyeSight 2017年5月24日 フルモデルチェンジ 14人
2.0i-L EyeSight 2017年5月24日 フルモデルチェンジ 43人
2.0i-S EyeSight 2017年5月24日 フルモデルチェンジ 50人
満足度:4.36
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:155人 (プロ:1人 試乗:34人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.46 4.34 60位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.95 3.93 60位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.98 4.13 104位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.40 4.21 32位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.42 4.05 15位
燃費 燃費の満足度 3.19 3.89 143位
価格 総合的な価格の妥当性 3.97 3.88 32位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

スバル XV 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:101人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格4

家族構成が変わり、4人が楽に移動できるスライドドアではない車を検討しています。本命のXVに試乗しました。

【エクステリア】★★★★★★
個人的に★6です。ただただカッコいい。ギア感がたまりません。

【インテリア】★★★
前席の足元が広く運転席からの見晴らしも良く、後席にも大人が数時間座れる広さがあります。
ただマルチファンクションディスプレイが残念。ここにはナビを配置して欲しかったですね。

【エンジン性能】★★★★
e-BOXERに乗ってみたところ、市街地での加速方法が難しく、車と私の呼吸が合いません。何か特別なコツがあるのだろうと思います。
1.6はトルクが細いですが踏むと快適で、私には1.6が合っています。2.0と1.6の平均で★4とさせていただきます。

【走行性能】★★★★★
ロールをあまり感じさせず気持ちよく曲がってくれます。もちろんボディ剛性も高くフルタイム4WDの安定感が素晴らしい。

【乗り心地】★★★★★
しっかりとしてしっとり、この乗り心地は好きですね。エンジン音やロードノイズも入ってはきますが、不快感はありません。

【価格】★★★★
1.6は安く感じますが、2.0やアドバンスだと高く感じます。平均で★4とさせていただきます。

【総評】
ツーリングアシストを少し試してみましたが、動きが自然で驚きました。まだまだアイサイトには優位性があります。
1.6だと4人乗車時に力不足になりそうだし、2.0だと私とe-BOXERとの相性の問題があります。実に悩ましい状況です。2.0NA再販して欲しいなぁ

レビュー対象車
試乗

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

かぶかぶさんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度1
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費1
価格1

【エクステリア】すごくカッコいいと思います。

【インテリア】ボタンが多いけどすぐに慣れると思う。収納が少ない。

【エンジン性能】Iモードでも十分な加速をします。高速の合流でも問題ないと思います。

【乗り心地】60キロ以上の高速域の乗り心地はすごくしっとりしていて、長距離ドライブしたくなる。だが、30キロ以下の低速域は、モーターからエンジンに切り替わる時、毎回ショックがあります(特に発進時)。また、低速域で舗装が良くない道では車体がかなり揺れますので、試乗する場合は、街中を低速域で発進停止を繰り返し試し、舗装の良くない道を走ることと、暑い時期に乗ること(総評に理由)を、強く勧めます。

【燃費】街中10〜12 高速15〜16.5位
航続距離は街中430キロ高速600キロ位が限界だと思います。前車が30プリウスだったのですが、街中の航続距離が200キロ位短い。もっとタンク容量を多くしてくれれば良かったと思います。510キロ走行(高速4郊外3街中3)で給油ランプ点灯したので給油、約40L入り、ガソリン残量7〜8Lで、ランプ点灯するようです。
【価格】車両本体価格は安いが、オプションが高すぎる。ディスプレイオーディオ標準装備にしてほしい。

【総評】アメリカの長距離走ることに焦点を置いてるのか、高速で常時エンジンが掛かっている状態では、アイサイトと相まって、ずっと乗っていたくなる良い車だが、低速では、モーターとエンジンの切り替わりのショックがイライラする。アダクティブハイビーム等は最新装備で使いやすいが、ハイブリッドなのに、電動コンプレッサーを搭載していない最大の欠点があるため、アイドリングストップ中と、EV走行時にエアコンが送風になり、夏場エアコンオートでも暑くなったり寒くなったりで、快適な温度にならない。アイドリングストップキャンセルもないので、どうしようもない。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年6月
購入地域
静岡県

新車価格
265万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
25万円

スバル XVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった19人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

koudu5さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
0件
4件
タブレットPC
0件
2件
スマートフォン
0件
2件
もっと見る
満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費4
価格4

4代目B4を13年乗って今年3月「2.0e-S」に乗り換えました。
どうしてもB4との比較になってしまいますし、他の方は大変満足されている方が多いので、言いづらい部分もあるのですが、人それぞれということで読んでもらえれば良いのかなと思ってます。

【エクステリア】
威嚇するような顔立ちの車が多い中で、比較的シンプルでいいと思います。個人的には細かな部分を別にすると、アウトバックの全体の雰囲気のほうがバランスも良く好きです。
しかし、でかすぎるので諦めました。
自車のクールグレーカーキの色合いはこの車にあってると思います。また、汚れ目が目立たないので、ものぐさの私向きです。

【インテリア】
いろんなスイッチ類でごちゃごちゃしているという感じは自分は感じません。むしろメカメカしくて好きです。ファンクションディスプレイのギミック感のあるエネルギーチャージの表示もミーハーな私は好きです。
ですが、当然と思っていたランバーサポートがなかったのは悲しかったです。
後方視角の右側がヘッドレストの陰で全く見えません。なので一番上まで上げてます。
フロントウインドウが寝すぎていて天井が低いのか、バックミラーが時として邪魔に感じます
「スバルあるある」と言われる悪路走行時のビビり音が1000kmくらいから発生してきたのでエーモン工業のゴムスペーサーをフロントウィンドウとダッシュの間に埋め込んでなんとか治まりました。
以前からよく言われる現象で、それを売りにした商品が出ていることをメーカーは考えててほしいものです。

【エンジン性能】
自然吸気なのでこんなものと思いますが、ACC時の設定をダイナミックにすると、「おおっ!やるじゃないか」という感じはします。

【走行性能】
これが一番の悩みです。
郊外や高速道路では特に問題はありませんが、街中での発進時からの加速が非EV時でもワンテンポ遅れる感じがします。少し踏み込むと急にトルクが沸き上がってきてギクシャクします。これにEV走行モードと言う変数が加わって、ストップ&ゴーの街中ではリニアな速度調整が非常にむつかしいです。
 特に人の多い狭い道では神経を使います。なので、ハイギアにしてアクセルで調整しようとEV走行のないマニュアルモードにしても、30kmを超えないと2速に入りません。2速発進できないことも最近気づきました。
工夫しようにもミッションをシステムに人質に取られて、どうにもできません。
 また、シフトパッドも小さいうえにハンドルと一緒に回転するので、山道で使おうとすると、とんでもないところにあったりして、大きくて動かなかったB4が懐かしいです。

【乗り心地】
スバル車の中では柔らかくてかなりいいほうと思います。それでいてスバル車お約束のコーナリングやオンザレール感覚は健在です。
 どうしてもB4との比較になってしまいますが、着座位置が高いので揺れが大きいです。メトロノームの上と下では指数関数的に揺れ幅が大きくなるとおなじですよねぇ。
仕方ないです。そのうち慣れると思います。

【燃費】
他の方とほぼ同じです。ストロークが増えてもやっとスクエアのFA20に、お約束のAWDなのでこの二つを捨てる覚悟がないと他社並みの燃費は無理な気がします。
本当は開き直って、ミッションをステップアップATに戻して欲しいところです。
CVTはお上の指示や嫌がらせでいやいや設置、と勝手に推測しています。

【安全性能】
他社も頑張ってきており、最近のテストでは夜間の状況では減点されてる様ですが、やはり、実際の使用で高い評価を受けて現在がある、「培いしモノ」まさに「レガシィ」を感じますね。買って早々にアイサイトに助けもらうシーンがありました。
ただ、高速でのACC時、ハンドルは自分で操作しています。→重くなって鬱陶しいのです。
眠くてたまらないときは少し考えます。

【価格】
他社も似たり寄ったりですが、オプションの値段がべらぼうです。性能もべらぼうなら良いのですが、標準以下のものも多数見受けられます。高機能の市販品を選ぶと、欲しい機能とのリンクが使えなかったりするので、我慢してしまいます。ディーラー収益も考えてのことでしょうが、みんな知っていますし、ユーザーのことも少し考えていただいて、他の方法を試して欲しいです。

【総評】
説明書を読むとエンジン始動は自分がするのではなく、システムがする。
そういう風に読めるので、そうなのかと感じた次第です。
後退の速度も設定しないと、初期設定では5kmなのを知らなくて驚き、あれやこれや自分好みをシステムに登録するのは初めての経験でした。
自動車の機能をもった家電製品の様で、パソコンやスマホに少しづつ近づいて行っているのかとなと13年ぶりに買い換えて拡世の感があります。
 しかし、2速発進ができない等も含めて、ミッションまでシステムが手出しを拒むのは我慢できないです。
それ以外は上に書いたとおりです。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年3月
購入地域
大阪府

新車価格
287万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
10万円

スバル XVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

夕やけ小僧さん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:43人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

携帯テレビ・ポータブルテレビ
0件
151件
自動車(本体)
2件
70件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
48件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5
   

給油時にトリップをリセットして、一般道を550kmほど走行後の平均燃費です。

   

2月2日に納車され、一般道のみ2100kmほど走った感想です。

【燃費】
まずは気になる燃費ですが、都内⇔郊外の日帰りドライブなら、一般道だけでも出発から帰宅まで通算で16km/L走ってくれます。WLTC郊外モードのカタログ燃費が15.5km/Lですから、ほぼカタログ値通りです。本格エコカーへのつなぎ役としては十分です。街中のチョイノリだけだと11〜12km/L程度ですね。
ガソリンタンク容量が48Lなので航続距離が不安でしたが、通算で650〜700km走れるので全く心配はありません。
面白いのは、幹線国道のノロノロ渋滞にはまっても、エンジンが停止したままモーターで前進するので、あまり燃費が低下しないことです。
高速道路走行はまだ経験がないのでわかりません。
なお私は一般道でもアイサイトの追従走行をよく使います。なんといっても指先一本でスタート/ストップできるので楽ですし、(残念ながら)自分で運転するより燃費は良いです。追従モードはECO-C(エコクルーズ)モードで十分です。ECO-Cモードの場合、加速がマイルドになるので、信号待ちからの発信時などは前車との距離が開き気味になり、隣の車線から間に入られることも多いのですが、気にしません。
自分が先頭の場合は、アクセルを踏んで加速し、巡航速度になったら追従走行に切り替えれば後続車に迷惑をかけることはありません。

【エンジン】
はっきりとモーターアシストが感じられ、一般道を走る限りトルクに不満は感じません。
モーターのみで発進加速しようとするとモッサリ感があります。初めにクッとアクセルを踏んでエンジンを始動し、そこからグイーとアクセルを踏み込めば信号スタートで後れを取ることはほとんどありません。
エンジンは4000回転くらいまでならスムーズですが、それ以上回してもあまり面白いとは感じません。
エンジン音は最近の高効率エンジンらしく軽く軽快な感じです。
興味深いのは、50km/hや60km/hで走行中でも、アクセルオフやブレーキングで、すぐにエンジンがストップしてEV走行に切り替わることです。
アクセルを踏み込むとすぐにエンジンが再始動しますが、注意してじんわりと踏めばそのままの速度を維持してEV走行を続けることができ、少しずつですが加速することも可能です。
走行中にちょんとブレーキをかけるとEV走行になるので、これをうまく利用して極力EV走行をすれば、けっこう燃費を稼げます。当然ですが、モーター走行中は瞬間燃費計は99km/Lを表示して面白いです。
このクルマはこうして燃費を稼ぐ方式なのでしょう。補器用とエンジン再始動用に12Vバッテリーを2つ積んだ理由も納得です。ただ、こう頻繁にエンジンが停止・再始動を繰り返すと、再始動用バッテリーの寿命が心配になりますがこのあたりは今後注視していきたいと思います。
アイドリングストップからのエンジン再始動時は、走行中ならほとんど振動を感じませんが、停車中に再始動するとブルブルン!というやや不快な振動があります。この点はぜひ改善してほしい点です。

【ハンドリング】
ややきついコーナリングでもほとんどロールを感じることなく、ステアリングを切っただけ曲がってくれます。まさにオンザレール感覚です。
ステアリングフィールはダイレクトで、ステアリングに伝わる振動は路面の情報をよく伝えてくれますが、決して不快な振動ではなく、マイルドな印象です。

【乗り心地】
乗り心地は硬めですが、ゴツゴツした突き上げはなく、しっかり腰の座った路面に張り付くような乗り味です。
走行中の騒音も、高級車のような静かさは期待できませんが、エンジンルームや外部からのノイズもよく抑えられており、室内に入ってくる音もマイルドに抑えられています。

【安全性能】
アイサイトは現行バージョンになってかなり進化していると感じました。追従走行時の加減速がスムーズになり、以前のようにギクシャクすることが少なくなりました。
ステアリングアシストは、一般道では自分の思うコース取りが難しく、あまり使い物になりませんでした。高速道路専用の機能と思った方がよさそうです。
そのほかいろいろなカメラやセンサーが装備されていて、特にバックコーナーセンサーは、自宅前から交差する見通しの悪い道路にバックで出る際に、クルマや人の接近を警告してくれるのでとても便利です。前方視界の良さに比べてリアクオーター周りの視界がやや狭いのでなおさら助かります。

【エクステリア/インテリア】
外観はちょっと寸詰まりの感じもありますが、最低地上高の高さやオーバーフェンダーやボンネットの厚みなどから、SUVらしい迫力があり、インプレッサとうまく差別化されていると思います。
色はクォーツブルー・パールを選びました。インテリジェントとアグレッシブを併せ持つこのクルマのキャラクターに一番マッチしていると思います。パールが入っているので、のっぺりした青ではなく、深みがあるところが気に入っています。
インテリアでは、シートがやや気になりました。悪いシートではないのですが、座面の硬さが足りないのか、数時間座っているとだんだんお尻が沈むような印象で、やや腰に負担を感じます。これまでスバル車を数台乗り継いで、腰が痛くなった経験は一度もありませんでしたが、素材や形状が少し変わったのでしょうか。もしかしてトヨタの影響?
せめてランバーサポートをつけてくれればよかったと思います。
ラゲッジスペースはSUVとしては小さめですが、本格的なアウトドア以外なら十分だと思います。

【総評】
まだ乗り始めたばかりなので、これからエンジンや各部のアタリがとれた時にどのように変わるか、また、メインバッテリーの劣化で走行性能や燃費がどのように変化するか、注視していきたいと思います。2つの12Vバッテリーの寿命も気になるところです。
スバル初のEV計画のうわさも聞こえてくる中、本格エコカーまでのつなぎとして楽しんで乗っていきたいと思います。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年2月
購入地域
東京都

新車価格
288万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
5万円

スバル XVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった20人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Yoshi-Yoshi-iikoさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:94人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能2
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

コロナ禍でGWの旅行が無くなり、暇を持て余していたので以前試乗した車のレビューを投稿します(笑)
XV Advance C型に200kmほど試乗。

【エクステリア】
スバル車の中で一番カッコイイと思います。
スバルはこの意匠を他の車にも取り込めば良いのにと思うのですが、、、

【インテリア】
スバルの内装はどの車もあまり変わらないのですが、Advanceグレードは青を基調とした内装になっています。ブルーステッチは良い感じですが、インパネ加飾パネルが青色の金属調になっており、これはちょっと安っぽいイメージ。
あと、私がこだわるメーターの視認性が良くないです。目盛りが白にメーター背景がブルーなのでコントラストが悪く、また目盛りがブラックアウトされておらず特に昼間の視認性が悪いです。メーター内センターディスプレイ上側に瞬間燃費をグラフ表示しますがあれは必要でしょうか?最近のスバル車のメーターはこれが標準なんですが、瞬間燃費にこだわるドライバーがどれだけいるのでしょうか。
アクセル踏めばグラフはマイナス側に、戻せばプラス側に動くのは当たり前で常時こんなものを表示するのは無意味と思います。
メーターはスバル車では先代フォレスター後期型のものが視認性も高く必要なインフォのみを表示するのでとても良いと思います。

【エンジン性能】
一番ガッカリしました。モーターアシストが付いていて低速ではモーターのみで走行しますので静かでとても良いのですが少しスピードが上がるだけでエンジンが始動します。
信号停止からの走り出しは遅いです。
今乗っている車が2.0ターボ車と言うこともあり、いつもの調子でアクセルを踏んだところ加速しない。一瞬「あれ?」と思い、アクセルの踏み込み量を多くすると大丈夫でしたが私には物足りないパワーユニットでした。
Sモードに切り替えると元気良くなりますが回転数が上がりすぎて折角のSGPの静かな車内にエンジン音が侵入して来てうるさいです。Sモードは60kmの定速で3,000回転近くまで上がりますが、Iモードだと1,500回転くらいなのでこちらの方が普段の運転では静かで快適です。でも出足が鈍くなるけどww

【走行性能】
これは素晴らしいと感じました。SGPは凄いシャシーですね。運転席に座っていると塊感がすごく感じられコーナー曲がる時の剛性感も高くて気持ち良く運転出来ます。

【乗り心地】
SGPのおかげなのか乗り心地はとても良いと思います。段差を越えてもショックはあまり感じません。ガッシリとしたボディが心地よい運転をもたらしてくれます。
一世代前のSIシャシーのスバル車とは明らかに剛性が一回り上回っていると感じました。
また静寂性も非常に高くて好印象です。

【燃費】
燃費は他のスバル車より良いですね。街乗りで13から14は出ました。ただトヨタやホンダのハイブリッドをイメージすると燃費は悪く感じられると思います。スバルのハイブリッドはあくまで加速アシストの役目しか果たしていないので割り切りが必要です。

【価格】
お手頃な価格帯ではないでしょうか。
ただ私ならAdvanceグレードは買いません。
このモーターアシストであればエンジンのみの駆動で充分です。燃費は多少悪くなってもバッテリー交換等の維持費は抑えられるのでコスパが良いと思います。
ただD型マイチェンで2リッターモデルは全てハイブリッド形式になってしまったのでもう買えませんが。スバルは2リッターガソリンのみのモデルを残して価格を抑えるべきだったと思います。

【総評】
SGPがとても素晴らしい。なのにパワーユニットがダメです。低回転域でのトルクが少なく、モーターでアシストする形ですが、このモーターアシストが物足りないです。
レヴォーグの1.6ターボエンジンをこの車に載せればとても商品力が増すと思います。
もっと売れると思うのですが勿体ない、、、

レビュー対象車
試乗

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

やまざむらいさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格5

【エクステリア】
元がインプレッサなので、SUVらしからぬシャープなデザインだと思います。クールグレーカーキも良いですが、個人的にはアイスシルバーがオススメ!

【インテリア】
オレンジのステッチが良くマッチしています。
高級感という面ではCH-RやCX-5の方が上かな?と思います。

【走行性能】
Sモードにすると少し踏み込むだけで一気に回転が上がり、とても気持ちよく加速してくれます。定速走行時の静かさも魅力ですね。
加えて常時四輪駆動とX-MODEのおかげで山道、雪道何でもござれです!

【乗り心地】
広くて見やすい視野、高速のコーナーでも身体がブレない、高回転域での静寂性等、乗り心地は大満足です!


【燃費】
悪くは無いですが、燃費だけを重視するなら他社のハイブリッドモデルを買う方が良いです。街乗りで10km/L、高速でクルーズコントロール中心で走ると16km/Lくらいはいきます。

【価格】
安全性能や乗り心地、四駆性能等を考えると決して高いとは思いません!

【総評】
価格と性能のバランスが良い車だと思います!
決して安いわけではないですが、その値段を出す価値はあると思います。
高速道路を含めた長めの試乗を強くオススメします!

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年3月
購入地域
埼玉県

新車価格
265万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
20万円

スバル XVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

エースだぞさん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:84人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
12件
デジタルカメラ
1件
9件
イヤホン・ヘッドホン
7件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格5

【エクステリア】フロントはまあスバルらしいスッキリした感じかつスポーティ。リアはメカニック感のあるゴツゴツしさがあって◎

【インテリア】
運転席からの視界は男性的なメカのコクピット感があって◎。スッキリ感重視の人はボタン多くて×なのかも。

【エンジン性能】
e-BOXERなので、モニターを見ているとすぐにモーター駆動止める感じが、ちょっと疑問(笑)。Sモードにした時のアクセル踏んだスピードの出方はとても爽快。かつ、これが水平対向エンジンかぁ!って思うくらい、エンジンのブルブル感がなく静粛性があるのは驚きでした。

【走行性能】
スポーティな感じ、ハンドリングもしっかり感ありながら軽い感じで◎。

【乗り心地】
少し固めかな?コツコツ感あり、ロードノイズはサーっという感じで少し拾う。ゆったり乗りたいならフォレスターを薦める。SUVでスポーティな走りを楽しみたいならxv!

【燃費】
街中の燃費は伸びません。ここは覚悟の上でした。自動車に乗る時はほぼ高速道路でやや遠方なので、そうなるとe-BOXERの爽快な乗り味と相まって燃費性能がかなり伸びる印象で◎です。

【価格】
安全性能のレベルの高さを踏まえるとコスパはかなり高い車だと思う。オプションパックとか、総額でオプションいくらつけたら、何円値引き!とかやってほしいですね。

【総評】
三菱エクリプスクロスとマツダCX-30とで悩みました。最終的にxv選んだ理由は下記。
@運転席からの視界(試乗した瞬間にハッとなりました。)
Aインテリアのメカニック感、スポーティさ。かつ上質感がある程度のレベルあり
Bデザイン(コンパクトなボディなのに最低地上高20センチ確保)
C安全性能(YouTubeで3車それぞれの比較見たけど、スバルがやっぱりダントツの高水準でした)
D知り合いからの評判(なぜかマツダの評判最悪でした、、、)
E対応してくれた店舗スタッフさん(価格もすごい頑張ってくれました、その後のいろんなわがままも聞いてくれて、多謝)

逆に妥協した点もあります。
@音響設備。マツダはBOSE、三菱はロックフォードのウーファー付きのオプションスピーカーあり。xvはウーファー付きのオプション無し。。ダイヤトーンのミドルハイエンドクラスのスピーカーをオプション装着しました。まあなんとか及第点かなと思っています。

Aラゲッジスペース。もう少し欲しかった。これはマツダに軍配。

Bトルク感
三菱試乗したときの何というか力強さは半端なくよかったです。高速の時もエンジン低回転でいけるなと。


数値だけに現れない、感性に響くモノづくりとやら、私にはとても響きましたよ、スバルさん。これからのカーライフ楽しみです。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年3月
購入地域
東京都

新車価格
292万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
20万円

スバル XVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

青色とうちゃんさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:254人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能2
走行性能4
乗り心地4
燃費2
価格4

レヴォーグのエンジン異音の際に何度も代車でお世話になりました。
ほとんどの方が旧グレードの2.0lやe-BOXERのアドバンスを購入してそうですが、1.6lモデルも出来はいいと思います。
合計1ヶ月も乗りましたが、全体的にとてもいい車です。燃費とエンジン性能が気にならないなら、購入後の不満も少なそうです。

【エクステリア】
都市型SUVといった感じで精悍な顔つきです。でも何故だか泥だらけでも、キャンプでも似合ってしまうのはスバルというブランドイメージだからでしょうか。
インプレッサ との差別化も上手ですが、もう少しだけ遊び心があってもいいと思います。

【インテリア】
スバルは相変わらず視界がいい。インパネは使い易く造形もそれなりに凝っています。オレンジステッチがいい。
1.6lモデルは先進的な部分が薄いですが、シンプルでまるで問題ありません。シフト周りのシルバーだけが古臭いくらいです。
シートもスポーティな形状ですが、乗り降りもしやすく窮屈なこともないです。肩までサポートしてくれますし、クッション性もいい感じでした。調節幅が広くて理想のドラポジも取りやすいです。
マルチファンクションディスプレイもレヴォーグと比べて情報量が増えました。アイサイトの動作状況や、車の傾きなど見ていて面白いです。ステアリングで画面の切り替えが可能ですが、レヴォーグの仕様の方が使い勝手はいいです。

【後部座席】
子供3人が後部座席に座り、ジュニアシートが必要なのが1人いる状態ですが、それほど窮屈そうには見えませんでした。横幅はレヴォーグと大差ありません。
むっちゃ広いわけでもないですが、大人が2人座る分にはアームレストもドリンクホルダーもあるし、何も不自由は無いはずです。膝前の開放感もしっかりあるし、閉塞感も無いし快適空間です。
ドアパネルの質感は前席と比べると劣ります。
また、リクライニングが無いのが残念ですが角度は辛くありません。

【ラゲッジ 】
日常の買い物程度ならまるで問題ありません。タイヤハウスやサスペンションの張り出しも少ないし、ベビーカーも横にすれば入ります。
床面積は5ナンバーサイズのコンパクトカーよりは広い?といったところ。おー、広い!とは感じません。高さもフォレスターの様にはありませんので、キャンプなど荷物満載にする際は少々辛そうです。
後席を倒せばもちろん広い空間は生まれますが、微妙な傾斜がついた段差が気になります。車中泊を考えてる人は要チェックです。

【エンジン性能】
1.6lは街乗りメインなら全くストレスフリーです。むしろちょうどいい。走り出しもモッサリせずに、スーッと軽快です。パドルシフトも装備されているところは非常に嬉しい。
ただ、試乗で乗った2.0lと比べると、100キロまでの伸びや、坂道などは明らかに力不足を感じますので、予算に余裕のある人や遠出をバンバンする人は2.0lをオススメします。
後は、低重心の恩恵があるのは間違いと思いますが、せっかくの水平対向エンジンは音質も含めて主張が無さすぎて、なんだか凄く普通のエンジンになってしまいました。

【走行性能】
ハンドリングは過敏とまでは言いませんが、スパッと曲がる印象です。若干自分が思っていたよりもイン側を走っている時があります。
剛性も凄くしっかりしてるので、SUVということを忘れるハンドリング性能は素晴らしいです。
峠道の様なところも難なく流せます。
Xモードも標準装備!試す様なシチュエーションはありませんでしたが、スバルのAWDには鬼に金棒です。

【乗り心地】
素直にいいです。若干SUV特有のゆらゆらした感覚はありますが、かなり抑えられています。それを考えるとベースのインプレッサは乗り心地がとても良いことが分かりました。

【燃費】
低燃費ではありません。でも、10km/Lを切ることはありませんでした。
スバルは宿命であり、今後長く生き残るためには課題ではあります。
期待はしないであげて下さい。燃費では無い他の要素が所有感を満たしてくれます。

【価格】
代車は1.6 i-Lというグレードなので230万円程です。
個人的にはLEDヘッドライトのメーカーオプションは外せないのと、ナビやETCフロアカーペットさえあればいい人なのでコスパいいです。
スバルなら安全装備も満載ですので、大きく不満は無いと思います。

【総評】
気がつけば2.0lモデルは全てe-BOXERとなりましたが、1.6lモデルは純自然吸気の運転しやすいモデルです。
1.6lだからと悲観的になることは無い装備やエンジン、ハンドリング、乗り心地です。街乗りがメインなら見切りも良くて運転し易いので最高だと思います。
欲を言えば、MTがあればいい遊び車になるでしょうし、ターボがあればやんちゃで楽しいモデルにもなりますね。凄く普通のエンジン過ぎるので、もっと水平対向エンジンの主張を楽しめる車になって欲しいと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

おっきな山田さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:95人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格5

【エクステリア】
大きな特徴は無いものの敵を作らないような出で立ちが好みです。アドバンス専用ですがフロントのバンパーガードとサイドクラッティングが似合っていると思います。カラーはクールグレーカーキがキャラクターに最もマッチしていると思います。

【インテリア】
昔のスバルからすると相当良くなってます。

【エンジン性能】
スペックからもわかるように加速を求めるエンジンではないですが街乗りで扱う分には十分に満足出来ました。

【走行性能】
先ずはハンドルのしっかり感が一番印象に残りました。余計なハンドル操作が不要でまっすぐ走るのはこういう事なんだなと。試乗だったのでコーナリングの機会は少なかったですが曲がった時のフラット感はその短時間でもしっかり感じる事が出来ました。

【乗り心地】
ロードノイズも静かだし荒れた路面でも無駄に揺すられる事もなく長時間運転しても疲れないだろうなと思いました。

【燃費】
試乗なのでわかりませんがe燃費やみんからを見るとだいたい13km/Lくらいですね。

【価格】
安全装備やAWDである事を考慮すると決して高いとは思いません。

【総評】
我が家のセカンドカーの買い替え検討中で久々にスバル車を運転しましたが改めて良い車を作っているなと感じました。
インプレッサクラス(と言ったら失礼ですね、すみません、、)の車がこんなにも走りも内装も良くなっていてびっくりしました。目立つ所は無くとも多くの人が納得出来る万能な車だと思います。

とは言っても誰しもがXVのマイナスポイントとして挙げるのが燃費ですね。
これは他のユーザーさんの実績を見ても揺るがない事実ではあります。
が、XVって実はリセールバリューが凄く高いので乗りつぶさない人にとっては燃費の良いライバル車と比較してもトータル的にはさほど差が出ないんじゃないかなと思います。

参考までにXV(ガソリン車)、CH-Rハイブリッド、ヴェゼルハイブリッドの2017年式で価格帯が近いもので2020年3月時点の下取り価格(約3年落ち)を比較すると以下の通り。
XVが欲しくても奥さんの牙城を崩せない方はこれで戦ってみてください。
 ・XV 新車価格248万 → 195万 (残価率:78%)
 ・CH-R 新車価格269万 →168万 (残価率:62%)
 ・ヴェゼル 新車価格256万 →186万 (残価率:73%)
 ※トヨタのHPで調べられます。上記はあくまで参考値です。
 ※e燃費調べではSUVで最も実燃費の良いCH-RハイブリッドとXV(アドバンス)の年間ガソリン代差は約3万(年間1万キロ走行換算だったかと。)

レビュー対象車
試乗

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

orangeXVさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4

2020.02月に購入しました。
購入前には本サイトを何度も見て皆様のレビューを参考にさせて頂きました。
現在購入を検討されている方に少しでも伝われば良いと思い記入させて頂きます。

『購入グレード及びオプション等』
2.0eL オプションコードでいうQGだったと思います
サンシャインオレンジ 
ダイアトーン サウンドナビ\247500
ナビ取付キット\4884
リアビューカメラ\24200
用品接続ボックス\18700
ETC\58300
車検証入れ\1320
ドアミラーオートシステム\14300
トノカバー\17600
センターコンソールトレー\3080
フロアカーペット\31350
ETCセットアップ\3685
ドラレコ\53900
接続ケーブル\6600
リアケーブル\3300
プラスその他諸々

『外観』
エクステリアですが、個人的には大満足です。
純正ホイールも私好みなので、満足しております。

『内装』
スバルという感じがします。良い意味でスバルのどの車とも同じ仕様感はあります。
(標準専用のオレンジステッチはかなりオシャレです)
視界は良好で運転も難はありません。
後席についてはリクライニングが全く出来ないのは、マイナス評価です。

『燃費』
街乗り10程  高速15程になります。
クルーズコントロールECOモードで長距離ならもっと燃費は伸びるかと思います。

ただし燃費を重点に置く方はXVは検討されない方が良いと思います。

『安全装備及び運転支援』
安全装備は優秀でEyeSightセイフティプラスは必ずオプションにて設定する事をお勧めします。
車線変更時にランプONで分かるのは非常に便利です

クルーズコントロールはステアリングのスイッチにて設定しますが、誰でも簡単に操作は可能です
加速、減速(エンジンブレーキ)も賢く高速道路での運転は全然疲れません。

SIモードのSモードは高速乗り口の合流などで使えば一気に加速できるので、楽です。

『AVH』
オートブレーキホールド搭載車は初めてでしたが、
信号待ち等でブレーキから足を離せるのは、凄くいい機能だと思いました。
強いて言うなら、エンジンを切ったらOFFになってしまうので、毎回押すのが面倒かなと思いました。

『走行性能』
信号待ちからの走り出し。
アクセルを軽く踏むとEVモードで走りますが少しでも踏み込むとすぐにエンジンに切り替わります。
切り替わるのは良いのですが、少しガタンッとショックがくるので、慣れが必要かなと思いました。
(EVで徐々速度を上げてエンジンに切り替わるとショックはありません)

『ナビ性能』
今回はダイアトーン ビルトインナビを選定しました
タッチ時のレスポンスはかなり良いです。
見た目も良いです。
Panasonicはタッチレスポンスが良くないので、個人的にはオススメできません。
検討中の方はビルトインならばダイアトーン 一択だと思います。
スピーカー変えたり、デットニングしない方が大半だと思います。
それでもこの音質であれば、大満足だと思います。

『購入費用』
最終支払い総額340万 

値引きは車両本体\116.160
オプション\111.384

約23万の値引き結果となりました。
購入先は、サブディーラー
ディーラーでもサブディーラーでも大して変わりません。

車両本体価格は安く設定されていますが、オプションは高めの設定となっています。


『最後に私が一番重要視している乗り心地』

とても良いです。
常時4輪駆動ということもあり、今までブレーキを踏んで減速しないと体が振られてしまうのが、かなり減りました。

今まで後席に乗ると酔ってしまう方が、全く酔わなくなったのは、乗り心地が良いの一言だと思います。


『総評』
いい車に乗りたいなら、もっと高級な車を買えばいいです。
車はただの足と思う方は、もっと安い車はいくらでもあります。
一般人が買える車で、自分好みのエクステリア、内装、走行性能を求めた結果、私はスバルXVを半年以上悩んだ結果、購入し満足しております。

次に買い換えるのは、10年後になるかもしれません

その時、私はスバルを選ぶと思います。

下手な文章で分かりづらい部分もあるかと思いますが検討中の方の参考になれば幸いです。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年2月
購入地域
愛知県

新車価格
265万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

スバル XVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった53

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sakai790021さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格4

2月2日納車された2020年モデルの1.6i-L EyeSightを2ケ月で2000KMを走りました。今まで13年乗っていたのはトヨタカムリからの乗り換えです。子供達も巣立ち、自分自身の社会人生活も残りわずかです。人生の断捨離の意味も込めて、今後の生活に見合った大きさの車として家内と選びました。奇抜でない形、大きさがにに入ってます。利用することはないと思いますが、ル−フレールをつけました。遊び心をくすぐり、SUVとしてのイメージがアップすると考えたからです。 後席スペ-スもそこそこ快適なサイズです。 競合する国産同等レベルの車にはない4WD, 水平対向エンジンにも興味がありました。でもその技術の良さがわかるほどの車マニアではありません。アイサイトは優秀です。実際、自動車専用道路で速度120KMまで安全距離を確保して、前車追従し、ハンドルアシストするシステムは本当に重宝します。右足がアクセルから放しっぱなしで全く問題ないので、還暦を過ぎた私には大きな疲労軽減となります。これ以外に追突防止安全装置もついていますし、特に運転がうまくない私には、右左後方の死角支援システムは本当に助かります。
1.6リッタ−なので、山道などの登りは馬力不足かもしれませんが、私のような街乗りメインの利用者には大きな苦痛ではありません。むしろ山道ではマニュアルドライブ風のパドル操作が装備されているので楽しいです。世間では、ハイブリッド車全盛なので、街乗り燃費12KM程度、 高速道で燃費16KM程度は不満も感じますが、今までのカムリに比べれば燃費も改善していますし、初期投資が低いことを思えば、やむをえないかなと考えてます。この価格での安全装置、車サイズは納得できるレベルです。この車で人生を愉しみたいです。

レビュー対象車
新車
購入時期
2020年2月
購入地域
大阪府

新車価格
233万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
15万円

スバル XVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった30

このレビューは参考になりましたか?参考になった

edokuruwaさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:50人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
掃除機
1件
0件
除湿機
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格5

私のスバル歴から。
現行インプレッサスポーツのA型に乗っていました。そのクルマ、2回のリコールにつき合いましたけれども、良いクルマでした。
その前は5代目レガシィ、アイサイトが10万円で付いたやつです。広くて快適でした。ただ、スバルらしくない、とサイトでは批判されました。このクルマ、アメリカでヒットして、スバルの株価は10倍になりました。
その前が2代目インプレッサスポーツワゴン、1.5i、ぼんやり運転してると軽自動車にも置いていかれる車でしたが、エンジン、シャシーとも、走ればわかる素晴らしく楽しいクルマでした。WRCで活躍したのはこの代までだったのでは。
そんな、ヌルイ、スバリスト?です。
車検前点検の待ち時間に「このあと、マイナーチェンジでエンジンが全部このeボクサーになります」と言われて前年登場のXVアドバンスに試乗、気に入って購入になりました。営業担当さんの控えめでも、着実な誘導の成果かと思います。
【エクステリア】
見ため、インプレッサより背が7p伸びて、黒いプラスチックの飾りで、ずいぶん感じが違います。今回は「赤」を選んだので、コントラストがあって目立ちます。個人的には、元がインプレッサなのでSUVらしくなくて、車高や黒い飾りがSUVらしく、なんとも中途半端で、微妙な立ち位置が好きです。つまり、私は好きですが、好き嫌いがあると思います。
【インテリア】
基本は前車インプレッサと変わりませんが、レザー内装を選び、オレンジのステッチ、液晶画面のハイブリットの表示など、それなりに変化しています。運転中に目に入るところは、良く演出されていますが、ドアの下張りやパワーウインドウスイッチのまわり等に、素のプラスチックを使うのは、わざとなのでしょう。
スバルは荷室のカバーが巻き取り式ですが、MAZDAのようにハードなもので、リアドアと連動(って言っても紐で繋がってるだけですが)しているほうが便利だと思うのですが。
車内は4人乗りなら視界も良く快適な広さ、5人は小一時間の移動ならOK、という感じでしょう。
荷室は高く、狭く、本気で家族でキャンプに行くには、向かないと思います。
【エンジン性能】
前車と同じ2リッターエンジン。カタログによると、ハイブリットになってピークパワーが10馬力減ったことになってます。その分10馬力のモーターをつけましたってことですかね。
正直言うと、FB型ってあんまり感心しません。何時もワチャワチャ仕事をしているようなやかましさがあって、元気は良いのですが、乗っていて良いエンジンだなぁとはなかなか思えません。ロングストロークの水平対向エンジンって実は根本的な問題があるのでは?
個人的に面白かったのは1.5リッターのELエンジン。加速の時には気持ち良く回って、高速で定常回転になると、エンジンの存在を消してしまうようなスムーズさがありました。
とは言え、本車もひとたびSモードに入れると、CVTとモーターとの協調制御で、ターボがついているのかと言うような迫力ある面白い加速をします。
【走行性能】
評論家氏の評価では、カーブの曲がり方など、インプレッサと変わらないように書いてるのを読んだこともあります。内側のタイヤにブレーキをかける仕組みは同じですが、家の近所の同じカーブを曲がると、7センチの身長差は感じます。でも、一番曲がらないなぁと思ったのは、レガシィ、意外と重心も高く、まだ、ブレーキを内側のタイヤにかけていなかったのでしょう。
もちろんXV、曲がらなくて困るとか、ふらついて怖い、ということはありません。安定しています。敢えて比べれば、です。
アイサイトはツーリングアシストになり、ステアリングアシストもできますが、車線の中の走りたい場所が私と微妙に違うらしく、神経を使います。手放しにすると、立派に走るのですが、しばらくすると、ハンドルを握って運転しなさいと機械にたしなめられます。もう、4,000キロ以上乗りましたが、修行します。
ダメですよと言われても、アイサイトを街中で使ってみて、前車がいなくなると突然加速してびっくりとかありますが、アイサイトを使って10年、運転支援装置無しの長距離移動は考えられません。はっきり言って、アイサイト君は私より上手に運転します。
【乗り心地】
スムーズでたいへん結構。7センチの高さをクリアするために、きっちり仕上げた感じです。家内も「乗り心地良い」が第一印象だったようです。シートとサスペンションの関係も良く、道路の状況を情報として伝えても、震動としては伝えない、という意志があります。
【燃費】
短距離だと暖房や暖気のためにエンジンが回り、燃費を悪化させるようです。それに、暖まってもエンジン単体での燃費マネージメントが十分ではなく、定常走行でも燃費が伸びないようです。さらに充電が少ないと、エンジン回転をあげて充電することも多く、エネルギーモニターを見ていると「なんだかなぁ」と思います。
ある程度の時間乗れば街中でリッター10キロ、田舎道で15キロくらいにはなります。スバルの中では少しずつ伸びてます。
【価格】
最初に買ったインプレッサが2台買えますが、前車の下取りもあるので、安全性や性能を考えると、まあ、こんなものかな、と。
【総評】
世界で売るにはこのくらいの大きさが必要なんですね。乗れば快適、走れば楽しいです。
使う喜びも所有する喜びも感じます。
グローバル商品としての力量でしょう。
そうそう、大きさをフォローするセンサーも良くできています。
もともとMAZDA乗りでした。最近のMAZDA車のすっきりしたインテリアは素敵だな、と思いますが、スバルの子どもっぽい賑やかさも捨てがたい。デザインに振ったMAZDA、機能とデザインを融合させようともがくスバル、今はスバルが好きです。よく、創業家社長が出てくる日本一のメーカーも目が離せません。スバルも本格的に傘下に入ったんでしたっけ。トヨタ傘下に株を持ってもらった時に、「北関東自動車にならないようにがんばります」と言っていた、エンジニアの方の言葉を聞いたことがあります。ここまでは成功ですね。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年12月
購入地域
千葉県

新車価格
287万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
30万円

スバル XVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

mikoto369さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:57人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格3
   

   

レビューするのにモデルが2017年しか選択肢がなかったんですが、実際に購入したのはモデルチェンジ後の2020年モデルです。
車にはそれほど詳しくないのと、前車が2003年式の古いイスト(と3年落ちアルト)で最近の車の進化に感動してて採点はあまあまだと思います。

XVにしたのは、見た目に一目ぼれしたから。住んでるところが山奥なので、すべてのグレードが最初からAWDというところにも惹かれました。
ホントはアドバンスのラグーンプルーパールという色にしたかったのですが、予算をはるかにオーバーしたので泣く泣く諦めました。
一番下のグレードにしようかと思ったのですが、1.6iLでもそんなに値段変わらず、装備が充実してたのでそっちにしました。そして色は、これもすごくいい色だなと思ったクォーツブルーに。

オプションは要らないかと思ったのですが、一番安い楽ナビとETC、フロアマットと雨除けバイザー、バックモニターのためのリアカメラは付けました。あと延長保証は付けました。それでも値引き前の価格は290万、そこから値引きと3年落ちのアルト下取りしてもらって、240万で購入。

12/9に注文して、実際に納車になったのは2/7。長かった〜〜。待って待って、夢にまで見ました(笑)。

実際に乗っての感想は、とにかく素晴らしくて大満足です。まあ17年モノのイストと比べるのも何ですが、、一番驚いたのが走行中の車内がすごく静かなこと。今まではロードノイズで音楽が聴こえないのでかなり音量上げて聴いてて耳が悪くなりそうでしたが、
XVで音楽聴くと車内が静かなので音量を下げて聴いても十分聴こえるし、後ろの子供の話声もはっきり聞こえるのでびっくり。

それと、カーブを曲がるときにイストだと少し外側に持っていかれる感じだったのが、XVはしっかり路面を掴んでくれて持っていかれないのがびっくり。

うちの家は山奥で街まで50キロくらいあり、信号のないくねくね道を60キロくらいで走って1時間かかるような環境なんですが、カーブを曲がるのがすごく楽になりました。
1.6ですが、今のところパワー不足を感じたこともなくとてもいいです。

スバルは燃費が悪いと聞いていたので、燃費10のイストと同じくらいかちょっとでも良ければいいや、と思って購入したのですが、メーターの数値も初日こそ7km/Lで、えっ!?と思いましたが、納車後もうすぐ1か月の今は16.3km/Lでイストより断然良くて満足しています。
市街地を走ることより信号のない道メイン(坂もほぼない)ということも関係あると思いますが、、。(2020/3/15追記:最高燃費16.9km/L)

まあ前車が古すぎてナビも付けてない車だったので、それより良ければいいや、くらいの気持ちで購入しているので、オプションもLEDライトやエンジンプッシュスタートとかも付けてないほぼ素の状態ですが、不満はありません。

あ、ひとつ意外だったのが、モデルチェンジ後の車両だからか、付いてないと思っていた機能が付いてて驚いたことがあります。ヘッドライトが(ハロゲンのままです)自動で付いたり消えたりする機能は付いてないと思っていたのが、なんと付いてて、ヘッドライトがステアリングに合わせて動く機能もありました。LEDにするとこの機能が付いてるのは知ってたのですが、ハロゲンのままでも付いてるとは。オートライトは便利で嬉しかったです。まあトンネルに入った瞬間には付かなくて、数秒経ってから付いたり消えたりするので、人間の反応速度には叶いませんが、、。

それから、アイサイトはやっぱりすごいですね。白線を越えそうになったらピピピピ鳴るので、最初はドキッとしました。
毎回同じ右カーブのところで前方注意アラームが鳴って、軽くブレーキかかるんですよね。たぶん電柱が立ってるのと藪があるからだと思うんですが、、。まあ今のところそれくらいですかね。

今まで全部手動と感覚でやってきているので、干渉されすぎと思わないこともないですが、アイサイトはあって良かったなと思います。

3/15追記:先日初の高速でオートクルーズコントロール使ってみました。こわごわと80kmにセットして走りましたが、ほんとにハンドルまでちゃんと操作してくれるのがびっくり!
ただ自分の感覚より中央線に寄って行こう寄って行こうとするので、自分が走行車線を走ってて追い越し車線をトラックが通っていくときにやられると心臓に悪いです。
何か所か舗装をやり直したばかりで白線が消えてるところがあって、急にハンドル操作が解除されるので、ちょっと慌てましたね。
アップダウンが激しく、カーブも多い中国自動車道を走ったので、90km以上でオートクルーズはちょっと怖かった。。大人しく80kmくらいで走りました。特に帰りは夜で中国自動車道は山中の区間がほぼ暗闇で見えにくいので、オートクルーズあっても緊張しました。

でも80キロくらいなら安心して運転できますし、足も楽ですが、腕をあげてしっかりハンドルを握らなくていいのが、思った以上にものすごく楽でした!

とにかく長時間ドライブの疲れがかなり軽減されました。
そして、駐車場に停めてる自分の車を見るたび、かっこいいな〜〜と思います(笑)。

子供たちはたいして興味はないようで、新車の匂いを嫌がられていますが。。

このXVも、イストのように10年以上は乗り続けるつもりで買いました。今回久しぶりに自分が気に入った車を購入することが出来たので、これから大事にしていきたいと思います。

使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年1月
購入地域
山口県

新車価格
233万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
20万円

スバル XVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった57人(再レビュー後:27人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

meoemさん

  • レビュー投稿数:48件
  • 累計支持数:375人
  • ファン数:6人
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3

タイヤは、18インチのブリジストンDM-2です。
試乗なので、雰囲気くらいしかわかりません。
しかし、いい車であることが伝わってきます。
まず、車内が静かです。
ボディがしっかりしていて、剛性があります。
CVTは、60km/hまでしか出せませんが、スムーズでいい感じです。
ハンドルが楕円形で、握りやすく、パワステも普通です。
スバル車に数台乗り継いでいるので、
ブレーキ、車内の雰囲気、走行感も正常進化です。
やっぱり、スバル車はいいわ。
しか、ありませんでした。
内装は、派手ではありませんし、燃費もハイブリッドカーとしては、あんまり、良くもないですが、
紙の上ではない、本当の良さは、スバル車に長く乗
らないとわからないでしょう。
スバル車は、安全性でもいい感じなので、これは、
買いですね。
ガソリンエンジンにはモーターが合います。
この車は、本当に車に乗って、改良を積み重ねた車
だと思いました。
試乗を強くおすすめします。

レビュー対象車
試乗

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

キナーコさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:184人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費2
価格4

インプレッサと比較中心の試乗レビューです。

【エクステリア】
インプレッサ同様にマイナーチェンジが施されていますがこちらは小変更で外観はあまり変わらず。インプレッサより樹脂パーツが多く、車高が上がっているので少し大きく見えました。

【インテリア】
インプレッサとほとんど一緒です。
e-boxer advanceというグレードでブルー内装でした。カラーが違うのとシートに半分ほど革が使用されていて、若干質感が高い感じがしました。
広さや操作系はほぼ一緒で四駆のモード切り替えボタンとハイブリッド車のため専用の走行モードがつくくらいてす。
残念なのはモーターを積むことでサブトランクが狭くなり、トランク自体が底上げされたような形になり、インプレッサより積めなさそうなところです。

【エンジン性能】
ハイブリッドとはいえ燃費重視ではなく走り重視のセッティング?のため、走り出しからエンジン始動することが多いです。バッテリー容量も控えめなのでしょうか、アイドリングストップを中断するシーンも結構ありました。
パワーはその分しっかりあります。モーターとの切り換えも違和感は感じません。
高速は走ってないのでわかりません。

【走行性能】
最低地上高は高めですが左右に降られにくい感じです。意外にインプレッサと変わらず、という印象です。それだけ四駆が効いているのか、踏ん張りが効いてるのかも。

【乗り心地】
インプレッサと変わらず、というかんじです。もっとマイルドなのかと思っていましたが。XVが固い感じというよりも、これはインプレッサがかなりマイルドに乗り心地がいいという印象でした。

【燃費】
こちらも試乗で、給油後のアベレージだと思われますがリッター9キロくらいでした。試乗車ですので普通に使うより悪いでしょうが、やはり普通のハイブリッドとは違うようです。燃費は期待出来ないでしょう。

【価格】
インプレッサに比べてハイブリッドで二駆を選択できないので価格が上がります。二駆でいいし安い方がいいという人は内装も装備もほとんど変わらないのでインプレッサを選んで下さいということでしょう。

【総評】
インプレッサとの違いは大まかには地上高、外観、ハイブリッドのエンジン、という所でしょうか。細かく見ればSUVとしての乗り心地や使い勝手、四駆のモード切り替え等も違ってきます。
これに対して価格との相談で決める形になりそうです。
インプレッサ同様、デザインや燃費など目に見えやすい部分が弱く、この車のこだわりの部分がもっと知れればな、という印象でした。
スバルにはフォレスターがありますが、価格帯も近いのと装備もフォレスターの方が良さそうなので、何か惜しい印象でした。

レビュー対象車
試乗

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

スバル XV 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

スバル XV
スバル

スバル XV

新車価格:220〜292万円

中古車価格:128〜290万円

スバル XV 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <745

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

スバルXVの中古車 (全3モデル/1,286物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

qoo10
ユーザー満足度ランキング

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意