アウディ TT RS クーペ 2017年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > アウディ > TT RS クーペ 2017年モデル

TT RS クーペ 2017年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:TT RS クーペ 2017年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
ベースグレード 2017年9月20日 マイナーチェンジ 1人
ベースグレード 2017年5月15日 ニューモデル 1人
満足度:4.00
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:2人 (プロ:1人)
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.00 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.00 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.00 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.00 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.00 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 5.00 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 2.00 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

TT RS クーペ 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:230件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール神奈川県藤沢市生まれ、現在茅ヶ崎市在住の湘南中年。少年期に5年間イギリス・ロンドンに在住していた事から、欧州車に興味を抱いたきっかけになった。慶応義塾大学卒業後、輸入車専門誌にてライターを始める。その後、育った英国に渡りレース活動などを経…続きを読む

満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

フロントグリル下部には大きくクアトロの刻印が入った迫力満点のエクステリア

全長4.2メートルに満たないコンパクトなボディであるが、美しい曲線は相変わらず

取材車には、OLED(有機発光ダイオード)テールランプが装備されていた

直列5気筒DOHC 2.5リッター直噴+ポート噴射ターボエンジン

サーキット走行も考慮されたホールド性の高いシートが印象的

アウディバーチャルコクピットは車両の様々な情報を表示可能

Audi Sportが放つTTのハイパフォーマンスモデル「Audi TT RS Coupe」の広報車両を試乗しました。
今年の初夏でカタログモデルより外れてしまいましたが、その並外れた性能をチェック。

Audi Sport GmbH(アウディ スポーツ社)が手がけるビジネスには、「Audi R8 LMS」や「Audi RS 3 LMS」といったカスタマーレーシングカーの制作や「Audi exclusive」と呼ばれる車両のカスタマイズプログラム、そして、「Audi R8」やRSモデルの企画・制作があります。いずれも前身であるquattro GmbH(クワトロ社)から受け継ぐもので、なかでもその中核となるのがR8/RSモデルなのです。

RSモデルのなかで、コンパクトスポーツとして生まれたAudi TTに、Audi Sport伝統の直列5気筒ターボを与えたAudi TT RSは、ひときわ強い存在感を示しているモデルです。

Audi TT RS Coupeには、そのエクステリアからしてただならぬオーラを感じることができます。シングルフレームグリルにはハニカムメッシュが施され、また、マットシルバーのフレームにはquattroのデカール。リヤスポイラーは可動式から固定式のウイングタイプに改めら一気に迫力が増しました。

もちろん、一番の見どころはボンネット下に潜む2.5 TFSIエンジン。横置きエンジンのRSモデルにのみ許される珠玉の2.5L直列5気筒ターボエンジンは、最高出力400ps/5850-7000rpm、最大トルク480Nm(48.9kgm)/1700-5850rpmを誇り、これは旧型Audi TT RSに対して60psのパワーアップとなります。

組み合わされるトランスミッションは7速Sトロニックのみで、ハルデックスカップリングを用いるquattroにより、2.5 TFSIのトルクを余すところなく4輪に伝えます。0-100km/h加速は、わずかに3.7秒とまさにスーパーカー級。なにしろ1440kgの重量に400PSエンジンの組み合わせだから、ウェイト・パワーレシオは3.6kg/PSと、こちらも見事にスーパーカー級なのです。

ドアを開けると、Audi R8同様、2つのサテライトスイッチを備えるステアリングホイールがドライバーを迎え入れてくれます。右下の赤いボタンでエンジンをスタート/ストップ、左下はドライブセレクトのスイッチです。

赤のボタンを押すと、2.5 TFSIエンジンが、腹に響く野太い咆哮で目覚めます。

ドライブセレクトでAUTOモード選び街中を60km/hで走る状況では、エンジン回転はわずか1300rpmほど。この領域では思いのほかジェントルな2.5 TFSIですが、アクセルペダルに載せた足に軽く力を加えるだけでスッと加速する感じは、まるで6気筒あるいは8気筒エンジンを操るような滑らかな感覚です。その一方で、多少ザラッとした感触がなんとも5気筒らしいです。(筆者もその昔アウディ90クアトロに乗っていましたので5気筒エンジンの懐かしさを感じました。)

高速道路に入ったところでアクセルペダルを深く踏み込むと、Audi TT RS Coupeはその本性を現します。密閉性の高いキャビンに腹に響く野太いエキゾーストノートと不協和音と例えられる独特のエンジンサウンドを放ちながら、一気にスピードを上げていく様はまさにスーパーカー。カタログ上は1700rpmから5850rpmまで、480Nmの最大トルクを発揮する2.5 TFSIエンジン。その強大なトルクをquattroがしっかりと受け止めるためか、恐怖感とは無縁ですが、瞬きをしている間に制限速度に到達してしまうので、グラフィカルなスピードメーターから目を離すのは禁物です。

100km/h巡航時のエンジン回転は7速で1750rpm。20インチのタイヤを履いていながらも乗り心地は良好で、GTカー的な要素も持ち合わせてします。

ワインディンぐでは、鋭い切れ味のハンドリング特性を示すAudi TT RS Coupeは、quattroによる絶大なトラクション性能を味方にコーナーからの素早い立ち上がりが可能で、5気筒エンジンの息づかいを感じながらコーナーを抜けるのが楽しくてならないです。


スーパーカーレベルの性能を持ち合わせながらも、新車時で1000万円を切り、現在では700万円代から手に入る同車はリーズナブルといっても過言ではありません。

レビュー対象車
試乗

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

何処でも車さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:47人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格2

初のドイツ車。
知り合いにアウディを勧められ、嫁が唯一気に入ってくれたのがこれだった。
※嫁は固定式のハネは嫌いだが、ハニカムメッシュのグリルが良いらしい…個人的にはS5に乗りたかったが、押し通すと後がめんどくさいので…

納車から1ヶ月時点での素人目線レビューです。あえて不満点を多く載せます。
※走行距離は1000キロほどです。

【エクステリア】
個性的の一言。横から見るとオニギリみたいで、周りからは「カワイイ」との評価。
ただ、固定式のハネは女性には不人気…
ハニカムメッシュとその下の「quattro」の文字は個人的にも気に入っている。
Sライン、または、S以上で装着されるサイドミラーは水垢が目立つ。RSならカーボンくらいにならないかな…。


【インテリア】
総じてまあまあ。
質感は高めだが、インテリアの質感だけは国産が1番。ただボタン配置などのセンスは外車の方が良い。
後部座席は非常用。荷物置きとし使用すると割り切るべき。
ドリンクホルダーが1つしかない。また形状が500ミリペットボトルが入らないのが難点。ドリンクホルダーを買った方が良い。
バーチャルコックピットは、慣れればそこそこ使い勝手が良いが、右左折の案内が遅い。バックカメラの映像も映し出されるが、ハンドルを切っていると見づらい。
シートは固めだが、長距離でも意外と疲れにくい。嫁はいつも助手席を倒して寝ているが、TT RSでは倒す範囲が満足出来ない模様。


【エンジン性能】
必要以上。
日本では回す場所がない。
箱根ターンパイクなども走ったが、4〜5割も力を出せないので、逆にフラストレーションが溜まる。
国内の公道を走るならTTで良いと思う。


【走行性能】
サスが固めだが、ロールなどがないので長距離が疲れない。ハンドルも適度遊びがあり、思ったよりも運転しやすい。
当たり前で小回りはきく。
以前乗っていたレクサスRCは、乗っててワクワクしないが、こちらはワクワクする。あくまで感覚的な問題。


【燃費】
これが意外と良い。
下道で8、高速で14出している。


【価格】
高い…
ナビがバーチャルコックピットのみで、ACCもなく、パークアシストなどもない。
個人的には800万くらいで適正価格と感じる。


【総評】
あえて不満点を多く載せましたが、個人的には運転してワクワクするので、気に入ってます。
この不満点が参考になれば幸いです。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年9月
購入地域
東京都

新車価格
962万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

TT RS クーペの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

TT RS クーペ 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

TT RS クーペ
アウディ

TT RS クーペ

新車価格帯:962〜989万円

中古車価格帯:729〜768万円

TT RS クーペ 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <3

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意