X370 XPOWER GAMING TITANIUM レビュー・評価

2017年 3月 3日 発売

X370 XPOWER GAMING TITANIUM

  • AMD Ryzenシリーズ対応、X370チップセット搭載のゲーミングATXマザーボード。オーバークロックに特化した設計を採用。
  • Turbo M.2スロットを装備しており、最大32Gb/sの転送速度で使用可能。Turbo U.2スロットも搭載しており、2.5型NVMe SSDの接続にも対応している。
  • 独立設計のオーディオ回路をはじめ、左右の音で分離されたオーディオレイヤー、オーディオ専用コンデンサ、ポップノイズ防止回路を装備。
X370 XPOWER GAMING TITANIUM 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥37,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

価格帯:¥37,800¥37,800 (1店舗) メーカー希望小売価格:¥―

フォームファクタ:ATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/X370 メモリタイプ:DDR4 X370 XPOWER GAMING TITANIUMのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • X370 XPOWER GAMING TITANIUMの価格比較
  • X370 XPOWER GAMING TITANIUMの店頭購入
  • X370 XPOWER GAMING TITANIUMのスペック・仕様
  • X370 XPOWER GAMING TITANIUMのレビュー
  • X370 XPOWER GAMING TITANIUMのクチコミ
  • X370 XPOWER GAMING TITANIUMの画像・動画
  • X370 XPOWER GAMING TITANIUMのピックアップリスト
  • X370 XPOWER GAMING TITANIUMのオークション

X370 XPOWER GAMING TITANIUMMSI

最安価格(税込):¥37,800 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 3月 3日

  • X370 XPOWER GAMING TITANIUMの価格比較
  • X370 XPOWER GAMING TITANIUMの店頭購入
  • X370 XPOWER GAMING TITANIUMのスペック・仕様
  • X370 XPOWER GAMING TITANIUMのレビュー
  • X370 XPOWER GAMING TITANIUMのクチコミ
  • X370 XPOWER GAMING TITANIUMの画像・動画
  • X370 XPOWER GAMING TITANIUMのピックアップリスト
  • X370 XPOWER GAMING TITANIUMのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > マザーボード > MSI > X370 XPOWER GAMING TITANIUM

X370 XPOWER GAMING TITANIUM のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.55
(カテゴリ平均:4.39
レビュー投稿数:7人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 4.65 4.51 -位
互換性 パーツとの相性など 3.93 4.41 -位
拡張性 拡張性スロットやポートは十分か 4.07 4.10 -位
機能性 付加機能は十分か 4.46 4.24 -位
設定項目 設定項目は豊富か 4.09 4.20 -位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 3.18 3.77 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

X370 XPOWER GAMING TITANIUMのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
1件
SSD
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

じゃんぱらの中古で、税込み14800円でした。
普通に動きましたので良かったです。
初めての自作だったので、ハイエンドを買えば間違いないのかなと選びました。

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

maro1010さん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:124人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
3件
20件
マザーボード
2件
14件
PCケース
2件
5件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性5
機能性5
設定項目4
付属ソフト3

【安定性】 想像してた以上に安定してます。

【互換性】 古いグラボがZ97では普通に使えてたけどこれではラグが発生していた。

【拡張性】 X370の中では高め


使用には全く問題なくかなり使いやすいから1ヶ月使った感じ書くと

M.SSDポートはシンクあってもあまり意味なく温度が高い。
FAN当てれるスペースあれば問題ないです。
グラボをSLIしてスペースないのでM.2からU.2に変換で取り出してまたM.2に変換してSSDに付けてます。

RAID0で構成しても解除されることなく安定して使える
Intelの時は同じSSDで頻繁に解除されてた。


BIOS新規くるたびに上記の不具合もなくなってきてます。

RAIDドライバーはOSインストール時に一緒に入れないとダメみたいです。

自分のOSはwin8.1から無償win10ですが
8.1から10にアップグレードする際そのままダウンロードではエラーでできないので
1回USBに落としてから8.1起動時にUSBを選択してアップブレードしたらできました。

実質このCPUでまともに使えるwindowsは10だけです。
それ以外はシステム系の操作した時CPU関係のエラーがでて実行できません。





気づいたことあったら足していきます

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

すぽたんさん

  • レビュー投稿数:60件
  • 累計支持数:396人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
24件
マザーボード
7件
1件
CPU
3件
4件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性3
機能性4
設定項目5
付属ソフト3

マザーボード裏面です

LEDはこんな感じです

UEFI終了のとき変更内容が表示されます。

*** マザーボード以外のパーツなど ***
CPU:Ryzen7 1700
クーラー:Corsair H110i
メモリ:HyperX Predator HX432C16PB3K2/16 (DDR4-3200)
SSD1:960EVO 250GB
SSD2:840EVO 500GB
HDD:WD40EZRZ-RT2
GPU:MSI RX570 ARMOR 4G OC
PSU:Cyonic AU-550X
ケース:Define C
OS:Windows10 pro x64

【安定性】
 マザーボードのみを、GA-AB350-Gaming 3と交換しました。
BIOSを7A31v17に変更後、OSを再インストールせず使用。
定格での使用は拍子抜けするほどトラブルも無く安定しています。
【互換性】
 メモリがQVLに無く、A-XMPのプロファイルだけでは起動できず、
プロファイル選択後に手動で2933を指定して起動することができ
ました。
また”Memory Try It !”を使って2933での起動も確認しました。
メモリ設定を変更するとCPU_FAN1が全開になるので、”Command
Center”からオートに変更(Fan tune実行)しました。
とりあえず2400で使用しています。
USBポートにはトラックボール、XBOXコントローラーレシーバー、
DAC、光学ドライブを接続してもトラブルはありません。
【拡張性】
 M.2スロットの位置がアレなので960EVOは変換基板でPCIeスロ
ットに挿して使用。
無線LANは無くLANポートもシングルなどと、他社の高価格帯と
比べると少々見劣りしますが、自分の使用目的には十分です。
また、HDMIが2.0なのは後々役に立ちそうです。
【機能性】
 OCが簡単にできる”GAME BOOST”など豊富です。
UEFIはレスポンスが良く、日本語への翻訳も良好で、終了時には
変更した項目が表示されるのが好印象です。
【設定項目】
 細部まで設定できます。
【付属ソフト】
 豊富ですがCommand Centerしか使っていません。
Command Centerの温度表示がCPUと、場所が不明なシステムの
2箇所だけというのは不満です。
【総評】
 GA-AB350-Gaming 3は24時間負荷での使用でVRMが80℃近く
になり、VRM冷却用にファンを追加。
それでも60℃ぐらいと、夏場の使用に不安を感じるので多フェーズ
のマザーボードに変更することにしました。
候補はあっても決め手がなく迷っていたところ、ジョーシンでポイント
とクーポンで3万円弱になるので思い切って購入しました。
使用してもトラブルは一切なく、VRM温度は不明ですがヒートシンク
に触れても熱くなく、ケースにも熱が伝わっていないので大丈夫な
ようです。
費用対効果を考えると微妙としか言いようはありませんが、使って
みるとハイエンドに相応しい出来で満足度は高く、サポートさえ続
けば永く使えそうです。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった1人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アリアンデルさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
0件
6件
マザーボード
2件
1件
PCケース
0件
1件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性3
拡張性4
機能性4
設定項目4
付属ソフト2

品薄でマザーボード入手困難な発売日当日に一番高いマザーボードが購入できる運に恵まれたので、思い切って購入しました。
illustratorとPhotoshopをRYZEN1700で使うために組み立てたのですが、最初の頃はメモリが低速でしか動かなかったり、RYZEN特有のメモリ問題に苦労しました。今はDDR4-2666×8GBでスペック通りに動いているので、安定して仕事にも使えます。
RYZEN1700を低電圧化してしていますが、1050Tiを載せてアイドルの消費電力の少なさ(54〜58W)に驚いています。
省エネで実用的で高性能なPCを作れたので非常に満足しています。
RYZENのマザーボードで最初からトラブルが無かった大手メーカーはMSIだけなので、信頼しています。

レベル
自作経験あり

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

バナナ★ラテさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:350人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
3件
11件
PCモニター・液晶ディスプレイ
4件
1件
CPU
1件
2件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性4
拡張性3
機能性無評価
設定項目4
付属ソフト4

【安定性】
電源回路が11フェーズですがMSI公称では1フェーズあたり2フェーズに相当するとのことで
確かに電源供給はしっかりしています。
OCで一時的とはいえ、かなりVcoreを盛ったりしていますがマザー起因と思われる落ちる現象は
今のところ確認できていません。

【互換性】
以前のレビューではメモリをかなり選ぶと書きましたが、Ver.1.41BIOSアップデートにより状況が
大きく変化したため、再レビューです。

BIOSの未成熟さを露呈していた初期BIOSとは異なり、1.41BIOS導入でA-XMP周りが相当改善され
所有するDDR-2400、2667、2993メモリについてそれぞれA-XMPでのスムーズな起動を確認しています。

現在は公式にRyzen対応を謳うメモリも出てきていることから、メモリ関連についても導入初期に比べると
良い意味で大きく様変わりしました。

【拡張性】
現状AM4マザーの中で他社製品を含めて最上位グレードですが、拡張性は可もなく不可もなく
といったところです。
ASRockのように無線LAN機能があるわけでもないですし、ASUSのようにUSBの拡張性に富んでいるわけでもない。
そういう意味ではいたってオーソドックスです。

PCIe3.0がせっかく20レーンはあるのだから、3本あるPCIe×16のスロットは全てPCIe3.0であってほしかったです。
(X370とCPUの仕様であってM/B側で機能を絞っているわけではないので仕方ありませんが・・・)
当方の使用状況としてPCIe3.0×4に変換したNVMeSSDを挿すとクロスファイアもSLIもできません。
とはいえ、PCIe2.0にSSDを挿してしまうと規格上の転送速度がボトルネックになってしまうため
PCIe3.0を使わざるを得ません。

M.2スロットが2つあるのでどちらかを使えばいいといえばそれまでなのですが、NVMeSSDは発熱による
性能低下が起こりうるため、M.2スロットのいずれもがPCIe3.0直下にあるので率先して使用したいとは
思えない構造になっているのはあまり褒められたものではありません。
ここはASRockなどを見習って頂きたいところです。

【機能性】
特に思い当たることもないので無評価で

【設定項目】
こちらも前回のレビューでは辛口の評価とさせて頂いておりましたが
BIOSアップデートにより良好になってきているので再レビューです。

他の方のご指摘通りFSBという言葉を使うのは適切ではないので
BCLKと改めさせていただきますが、まずBCLKを変化させることができるようになりました。
BCLKを100または自動に設定しても99.98MHzになり、100MHzとならないところは若干気になりますが
以前のBIOSでは変更すらできなかったBCLKが1MHz単位で変化させられるようになったことは
評価に値します。
倍率でのオーバークロックでおおよその目安が付けばBCLK側を詰めていけば
更なるオーバークロック設定が出来るようになった要素はハイエンドマザーとして合格点です。

また、旧バージョンで無効化できなかったSMTも少し前のBIOSバージョンから無効化できるようになりました。
個人的には8コア16スレッドでのエンコードが快適すぎてSMTを無効にする理由が見当たらないので
不要ですが、細かいレベルでオーバークロックを楽しむ際には効果があるやもしれません。

【付属ソフト】
付属ソフトやユーティリティは豊富だと思いますが、個人的にはwindows上でカジュアルなOCを
したりする性分ではないので、ほぼ使用していません。

【総評】
まず電源周りの素性については文句なしといったところです。
このあたりはさすがハイエンドマザーだけのことはあります。

Ryzen 7 1800Xを使用していますが
Vcoreオートでは常用4.0GHzがOCCT LINPACKの負荷テストでは限界でした。
エンコードソフトの使用中に監視している限りでは常時100%負荷で張り付くわけではないので
実質Vcoreオートでは4.1GHzが常用限界、それ以上はかなり要求電圧が高くなります。

そしてBIOSアップデートによってA-XMPが適切に働いてくれるおかげでメモリ動作周波数が
システム全体のパフォーマンスに若干なりとも影響するRyzen環境においてOCメモリが
相応のパフォーマンスを発揮してくれるようになったのは良いと思います。

導入初期こそ辛口なレビューをさせて頂きましたが、BIOSアップデートでここまで改良されてきたことで
ようやくハイエンドM/Bとしての真価を発揮し始めたのではないでしょうか。

Ryzen関連の状況はRyzen5シリーズの発売、公式にRyzen対応を謳うメモリの登場
そして何よりもM/BのBIOSアップデートによって3月の導入初期と比べて導入の
ハードルが格段に下がったと感じています。

各社様々なM/Bが出る中で今の時点でも価格は一番高価な製品ではありますが
1か月半ほど経過して結果としてこのM/Bを選んでよかったと感じています。

Ryzenをオーバークロックで思いっきり楽しみたい、USB周りを含め安定した動作環境を構築したいと
いった方には検討に値する製品に仕上がってきたといったところです。

3月の辛口評価からは一転して高評価とさせていただきました。
また、BIOSアップデートなどで大きな変化などが出てきた際には再レビューしたいと思います。


レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった15人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ちょこ利奈緒さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性無評価
互換性4
拡張性4
機能性4
設定項目4
付属ソフト3

Ryzen7 1700xと共に購入しました
CPU_PWR2には電源をつないでいません。

【安定性】
まだ組んでからそれほど経っていないので無評価で。
温度監視ツールが示す温度が、温度が低い時に乱高下しているのは少し気になる。CPUが50℃(表示は70℃)あたりからは安定してくるが、30℃下だといきなり40℃に跳ねることがある。

【互換性】
メモリは対応表にあるものをつけたので問題は発生しませんでした。

【拡張性】
M.2を挿す場所がグラボの下になるのが心配でしたが負荷時でも35度程度までしか上がらないから現時点では大丈夫そう。
ハイエンドのグラボを挿したときにどうなのかはまだ分からない。

【機能性】
OC失敗して起動しなくなったときに背面にCMOSクリアのボタンが背面にあるのでいちいちジャンパをつながなくていいのが楽。
起動にかかる時間は他でも聞くように若干遅い。BIOSのロゴ画面が出るまでの時間がそこからOS起動までの時間よりもかかるのは長めだが、何度も再起動する最初以外はそれほど問題にならなさそう。

【設定項目】
極限までOCする人には物足りないのかもしれないが、メモリタイミング辺りまでしか弄らない人には十分項目はあるのでは。
少なくとも自分が扱う上では物足りなさは感じません。

【付属ソフト】
CDで付属してますが、ドライブをつけていないのでネットから落として入れました。

【総評】
現段階では満足しています。
しばらく使ってから安定性について書き足したします。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

バケツとしゃーぺんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性4
拡張性5
機能性5
設定項目3
付属ソフト無評価

Ryzen発売記念でお布施的な意味もこめて購入しました。
他マザーとの比較は某掲示板を参考にしてます。

【安定性】
他マザーはメモリー周り、USB周りで相性が出るようですが
私の環境では出ませんでした。
ただメモリーのOCはシビアなようで、苦戦しています。
立ち上げ失敗時にデフォルトBIOSをロードせずに
CMOSクリアするまで設定画面までいけません。

【互換性】
私の環境ではメモリー以外問題ないです。
メモリーもOCが難しいだけです。

【拡張性】
他マザーと比べても高いです。
値段相応かと言われればなんとも・・・

【機能性】
強いて言えば、立ち上げ失敗時にBIOSのデフォルトロードをやってほしいです。

【設定項目】
BIOSバージョン1.31(β版)のレビューですが
1.1と違いメモリー周りの設定項目(A-XMP等)が増えました。
ただし私の環境でA-XMPを入れると確実に落ちます。
(XMPのprofileは読めているようです。)
メモリーの終端抵抗値?設定できるようですが、上級者向け過ぎて触れませんね・・・
またCPUのベースクロックの指定ができるようになっています。
SMTのON-OFFは見当たりませんでした。(コア数変更は可能)
他のマザーはアップデートで追加されてるのもあるようですね。
CPUのOCに関しては十分な設定が用意されていると思います。

【付属ソフト】
ファンコン機能くらいしか使ってませんが問題ありません。


【総評】
市場にあるマザーボードでは最高級ですが、やはりまだ粗削りです。
メモリー周りのさらなる強化を期待しています。
メモリーをOCしないならば、安定性、拡張性に何も不満はないと思います。

RyzenではメモリークロックでCPUの処理能力も向上するため、
やはりこだわるならそこではないでしょうか?
Win10環境では仮想コアに正常に負荷を渡せていないようなので、ゲームfpsが下がります。
ゲームかWin10が対応するまではOFFにしたいですね。

他マザーは割と深刻な問題を抱えていのもある状況で、高いだけあって安定しています。


注意
他のレビューでFSBの設定ができないってありますが
そもそもryzenアーキテクチャにはFSBはありませんw
ベースクロックの設定はできるようになりました。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

X370 XPOWER GAMING TITANIUMのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

X370 XPOWER GAMING TITANIUM
MSI

X370 XPOWER GAMING TITANIUM

最安価格(税込):¥37,800発売日:2017年 3月 3日 価格.comの安さの理由は?

X370 XPOWER GAMING TITANIUMをお気に入り製品に追加する <41

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意