A800 レビュー・評価

2017年 1月下旬 発売

A800

  • セパレーションに優れた「オープンバックアコースティック構造」を採用した、ハイレゾ音源対応オープンダイナミックヘッドホン。
  • 正確な音楽情報を再現するため、高周波数帯域を滑らかにするマルチレイヤーダイヤフラム50mmハイパードライバーを搭載。
  • 独自設計による低インピーダンスOFCリボンケーブルを採用したことで、オーディオ信号伝達能力が向上している。
A800 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥28,380

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

価格帯:¥28,380¥28,380 (1店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥28,380 〜 ¥28,380 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:開放型(オープンエアー) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜40kHz ハイレゾ:○ A800のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • A800の価格比較
  • A800の店頭購入
  • A800のスペック・仕様
  • A800のレビュー
  • A800のクチコミ
  • A800の画像・動画
  • A800のピックアップリスト
  • A800のオークション

A800ONKYO

最安価格(税込):¥28,380 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 1月下旬

  • A800の価格比較
  • A800の店頭購入
  • A800のスペック・仕様
  • A800のレビュー
  • A800のクチコミ
  • A800の画像・動画
  • A800のピックアップリスト
  • A800のオークション

満足度:4.58
(カテゴリ平均:4.28
レビュー投稿数:5人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 2.56 4.17 368位
高音の音質 高音部の音質の良さ 5.00 4.15 5位
低音の音質 低音部の音質の良さ 5.00 4.14 7位
フィット感 装着したときのフィット感など 3.44 4.08 339位
外音遮断性 外の音を遮断するか 2.29 3.81 350位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 2.29 3.77 357位
携帯性 コンパクトさ 1.95 3.79 360位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

A800のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:78件
  • 累計支持数:210人
  • ファン数:9人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
4件
2128件
PCモニター・液晶ディスプレイ
3件
191件
CPU
1件
185件
もっと見る
満足度4
デザイン2
高音の音質5
低音の音質5
フィット感1
外音遮断性3
音漏れ防止4
携帯性無評価

「その音をあるがままに。」

ONKYOのハイエンドオーバーヘッドホンということで、期待とともに特に音質評価は厳しめに。

【デザイン】評価 2.5
カラーリングは黒とゴールドなのでまだ違和感まではないが、ヘッドバンドの幅が写真で見る以上に野暮ったい印象。
ハウジング部とイヤーパッド部は独立していてイヤーパッド部が上下に動くがスプリング内蔵。
そしてアームがハウジング内に収納とか音質的にも配慮が欠けている印象。

【高音の音質】評価 5〜
ギターの弾きでの高精細性と抑揚でハイエンドは違和感がなくなってくるが、ハイエンドクラスの中でも高い部類になると思う。
T1比ですが忠実度は上かも(インパクトはないがタッチ音の丸さを表現できるくらい敏感)。

【中音の音質】評価 5〜
近め団子でも分離と定位がしっかりしてハイエンドの中でも高フォーカスという印象。
特にボーカルがめちゃ近いとまではなく丁度良い印象。
W5000比ですが落ち着き(安定感)は上かも。

【低音の音質】評価 5〜
HD650やW5000とか比べ物にならないほど重い質感。それでいて優しい。

音質に関しては、普段近場に置いてあるA2000X、A1000Z、AD1000、HD650らでは勝負にならない印象で特にフォーカスや定位、重低音や原音忠実性で最低限T1やW5000と比べなければということで久々にW5000を出して比較しました。
W5000はワイドに定位しボーカル等近くで独特の癖を感じましたが、そういうのがなく自然で重い音質ですね。T1は明らかに低音が軽く不足気味でしたが装着感がこの3つの中では圧倒的に良いので総合力エースはT1ですが、音質面のエースはA800ですね。
T1pやT1 2ndは今手元にないので、それらと比較したらまだ分かりませんし、W5000の密閉型とは思えない音場と個性と音質の高さで規格外のエース感は健在でもありましたが、ソースの良し悪しも含めて選ばない印象はA800にはあるように感じました。

ONKYOの音のセンスとチューニング力は相当高いとA800から伝わりました。
いろいろなジャンルの音楽を減点法で採点したらA800が優勝してもおかしくないなと。
それくらい良い音質・音場でグッドバランスに思います。
ボーカルも強いし重い低音もあるのでジャンル問わずゆったり楽しみたい音場ですね。
ただし低音は少し強調しているので、アンプで低音が強めなのとはソースによっては少々重すぎる場合もあり。それほどオープンらしからぬ重低音を響かせる。

【フィット感】評価 1
このヘッドホンは音質に反比例するほどフィット感が悪い。
よって通常良く使うヘッドホンにはなりえないのが残念です。
ケーブル込みで500gオーバーの重量より、側圧の強さで(イヤーパッド部のスプリングもでしょうか)とにかく痛いですね。首等がこるまえに痛くて我慢大会している気分です。

【外音遮断性】評価3
オープン型の割にAD1000やHD650より大きめのボリュームでも8〜9割くらいだったので、オープン型としてはまあまあと思い評価。

【音漏れ防止】評価4
オープン型の割にAD1000やHD650より大きめのボリュームでも6〜7割くらいで音漏れはかなり少なく感じたので、オープン型としては良いなと思い4評価。
遮断性と併せてオープン型の割に環境をあまり選ばず没入しやすいはずなのに、、、と。

【携帯性】

【総評】
音質はハイエンドとして申し分ない。音質重視派なら文句なしに強くお勧め。
ただし装着感が最低レベルかなと。よって総評は4止まりです。
同じオープンのAD1000とHD650はフォーカスの甘さが気にはなりますし、HD650は側圧が強めとはいえまだ弱めが好きな私でも耐えられるレベルなので普段使いとしてはこれらに劣る印象です。
勿体ない。そして既に生産中止。

アナログアンプが合いそうなW5000は今回DA-310USBだったためやや不利だったことも考えるとそれでも強みと個性を見せていたので甲乙つけがたいハイエンド決戦だったなと思います。
W5000を出すまでの音質とは思っていなかったので久々に熱かったです。
あとA2000ZやAD2000(X)、T1 2ndと比較しても面白そうですが、万能タイプという意味ではA800の音質音場が一歩リードしているかなとは思いますが、T1 2ndの総合力は侮れないかなと。

あと今回鳴らしにくいヘッドホンが多かったのですが、A800も本領を発揮させるにはパワーあるアンプが必須ですね。

主な用途
音楽
映画
ゲーム
接続対象
PC

参考になった1人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

alliさん

  • レビュー投稿数:36件
  • 累計支持数:99人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
39件
イヤホン・ヘッドホン
14件
18件
NAS(ネットワークHDD)
1件
31件
もっと見る
満足度5
デザイン2
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性1
音漏れ防止1
携帯性1

訂正します。
GH4⇒GH2(GH4は持ってません(汗))

--以下訂正--
価格コムの点数は5点満点ですがそれを超えて手持ちのHPで点数をつけると、
ROCK,POPS,70年歌謡曲メインにて。

10:A800/SR507/D9200
9:T1/TH900/Z1000/DT150
8:GH2
7:SR325
6:SR009←POPSではいまいち発揮できてないのか?
5:900ST/D7200←環境によっては篭もりぎみ。

3:1R

A800はすばらしいです。

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった3人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ウーロンタカさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:122人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
5件
41件
デジタル一眼カメラ
2件
15件
イヤホン・ヘッドホン
6件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止2
携帯性3

とても剛性の高い作りです

ひっそりと"Gibson Innovations"

ケーブルの作りこみ方は変態レベル

まさにギャップ萌えです。とにかく美しい音を奏でます。こんなにゴテゴテした見た目なのに、、、

JVCのSU-AX01を買ったので、それに合うヘッドホンを探していたら、ヨドバシのONKYOの販売員さんが、控えめにお勧めしてくれました。
「ちょっと大きいんですが・・・」と謙遜されていましたが、GRANBEATにつないで好きな曲をかけた瞬間、引き込まれました!! おそらく5分くらい無言で聞き入ってしまったので、販売員さんはどこかへ行ってしまいました(笑)

あまりの衝撃で即買いし、どうして突然ONKYOからこんなすごい製品が出てきたのか気になり、製品をよく見ると、ONKYOブランドで出ていますが、よく見るとバンドの裏側にGibson Innovationsの銘板が入っていることに気づきます。なるほどGibsonのスピリットが入っていると言われれば、このヘッドホンの生い立ちをすっきり理解できます。まさにギブソンのギターのような、「聴く人のほうを向いた」音作りです。原音再生の世界観を示すために作られた一つの楽器、作品です。

バランス接続も試してみましたが、このヘッドホンに限っては、なぜかアンバランスのほうが明確に似合います。というか、付属のアンバランスのケーブルがある種の特異点的な相性を発揮します。左右をしっかり分離して正確に音を鳴らす機械としては作られておらず、ケーブルをも駆使して左右の音を相互に使って美しい響きを作ってやろう、という意気込みが感じられます。

そういう意味で、このヘッドホンは容易にはリケーブルが利きません。もちろん、物理的にはいくらでもリケーブルができるのですが、やってみてもなかなかオリジナルの世界観を超えないのです。おそらく設計者はケーブルも含めてこのヘッドホンの音を作りこんでいると思います。美しい感性を持った設計者のこだわりと職人魂を感じます。そうでないと、こんなコストのかかる(しかもスマートでない)ケーブルなんて同封するワケありませんね。「ケーブルも含めてA800という音響システムですよ」と、設計がそう言っています。

さらに、ちょっと擬人的な表現をお許しいただければ、このヘッドホンは「君の頭の外側にもっと広い世界を見せてあげるよ」的な、開放型ヘッドホン界をけん引するような"ハイスペック社交性高めリア充君"ではありません。「君の頭の中を気持ちいい響きで満たしてあげるよ」的な、"内気だけど優しくて懐の深い草食系"です。

一部の他のユーザーレビューで「音場が広い」との意見を見ましたが、私の感覚では開放型の割にはそれほど音場は広くなく、定位も過度に左右を行ったり来たりはしない方だと思います。そうではなく、「目指せ、君の頭の中へ一直線!」的な、頭の中に染み渡るような鳴り方をします。この染み渡る感覚を人によっては音場と表現するのかもしれません。音が親しみをもって語りかけてきます。

Gibson社が破綻してしまい、生産中止がとても残念ですが、生き残ったONKYOが、この音作りのDNAを受け継いで、まだ世の中にない新たな世界観の製品を生み出し続けてほしいと強く願うばかりです。

この芳醇でやさしい音を聞けるなら、2時間でも3時間でも、570gを頭においておけるし、毎日音楽を聴きに家に帰るのが楽しみになりました。このヘッドホンのおかげで私の残業時間は2割減です(笑)

A800を生み出したONKYOとGibson、そして噂によるとPhilips(?)の皆さんに、心からのありがとう!

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nyoro wrlさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:67人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
4件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
0件
イヤホン・ヘッドホン用リケーブル
2件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン1
高音の音質5
低音の音質5
フィット感2
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

リスニング系統の音質で、同価格帯でもトップレベルの音質を誇るA800。名機Fidelio X2と音がかなり似ていますが、全体的にA800が上回っています。
しかし微妙に人気がないのはやはりその重さやデザイン、取り回しの悪さが原因です。
重さはなんとハイエンドでも数少ないレベルの570g。
装着していると強く重みを感じ、音楽よりそっちが気になってきます。
また装着感があまり良くないのも重さに拍車をかけていますね。
公式では「快適な長時間装着を可能にする70mm極太ヘッドバンド」などと書いておりますが、ヘッドバンドが縦に並行なので頭の形とまず合いません。結果として一部分のみで支えることになります。極太の意味…
イヤーパッドは厚さが足りず微妙。ハウジングも可動域が狭く窮屈。
装着感が良いと感じる人もいるみたいなので、やはり視聴はするべきだと思います。
デザイン面、これについては好みもありますが、まあ万人受けするデザインでは少なくともありません。カラーリングも中々・・・奇抜ですね。
特にケーブルが本当に最悪。左右両出しなのですが片方の時点でケーブルの幅が凄まじく広く、その上取り回しが悪く重量もだいぶ重い。音質重視なのかはわかりませんが、音以外の面では悪い点ばかりです。ケーブルの色合いは工事現場って感じです。

いろいろ言いましたが音は本当に素晴らしいものがあるので上記のことが許せるかどうか次第のヘッドホンです。
私は重さと装着感でギブアップでした…音楽を長時間楽しむことが目的なので。
いろいろと勿体無いヘッドホンだと思います。

【追記】
生産終了してしまったようですね…
ONKYOにはこれに懲りずにヘッドホンを開発してほしいです。
デザインはナンセンスなものが多いですが、音のセンスは本当に良いので。
A800は今でもたまに見かけて聴いては良い音だな〜とよく感じるヘッドホンで、とにかく音質を求める方にはオススメです。

参考になった8人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

若梨男さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:158人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
39件
レンズ
0件
1件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

ハイエンドヘッドホン市場に挑戦しようとする意欲の見える、Onkyoの戦略機だと思います。

初めて見かけたときは失礼ながら、時代錯誤も甚だしい本革調の太いヘッドバンドにコテコテの金色Onkyoロゴを見ただけで、盛りの過ぎた日本メーカーが昨今のヘッドホンブームに乗っかって、過去の資産を使って何も考えずに安易に出してきただけの製品なんだろうな、と斜めから見てしまいました。

しかし、音を聴いて驚きました。
Onkyoは本気で開放型ヘッドホンのリファレンスをつくろうとしているんだ、と感じられるクオリティだったからです。

A800の音色は低域から高域までバランスがよいことに加え、開放型ならではの圧迫感のない抜けのよさと相まって極めてニュートラルです。
特に中低域〜低域は締まっていながら十分な力と抜けの良さを両立しており、打ち込み系の重低音もソリッドな音圧感を出せますし、オーケストラのコントラバスなどの低音も厚みを持って再現できます。
このあたりは開放型ヘッドホンとしては出色の出来合いで、改良され中低域の厚みが増したHD800Sと比べても楽器のリアリティや実態感は上です。
開放型は音抜けの良さから中低域以下か薄くなりやすく音像が薄く遠くで鳴っているように感じられるため、音場が広く感じることがメリットとして挙げられますが、ちょっと前までは高域のメタリックな癖や刺さり感があるモデルが多く、楽器や声単体の音色のリアリティは密閉型ヘッドホンの方が良い側面もありました。

A800はこのあたりもよく対策しており、高域も刺さり感を排除しながら抜けの良さと損なわないように作り込んでいます。それでも組み合わせるアンプやソースによっては多少刺激的になりますが、同じ条件ではHD800Sや密閉型ですがTH900mk2の方が刺さります。

結果として、オーケストラの音を客観的に空間を眺めるように分析したいならHD800Sのほうが優れていますが、よりダイナミックに迫力や音色のリアリティも含めて"楽しみたい"なら、A800の方が向いています。中高域は艶よりも爽やか傾向ですが、中低域以下の質感の良さと力があるので、リスニング用としても楽しませる十分な心地よさがあります。
リズムがリードするようなJAZZや、現代的なR&Bなどもノリよくこなせますし、それでいてバイオリンやチェロなどの音色も厚みがありつつ爽やかで気持ちいいです。

本機は他社のハイエンドと比較して、クオリティ面ではまったく負けていないどころか凌駕している部分もあり、安心して音色の好みで選んでいいレベルに達しています。それも僅か40000円足らずで、です。

500g前後の重さと開放型の設計ゆえ、Onkyo自身も宣伝してる通りインドア用であり、ゴツさと取り回しの悪さと音漏れのためアウトドアユースには向きません。音漏れ具合はGradoやゼンハイザーHD800Sほどではないですが、ベイヤーT1 2ndよりははっきり漏れます。
家庭用によいリファレンスヘッドホンを探している人は、是非とも一聴の価値ありです。


主な用途
音楽
映画
接続対象
オーディオ

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

A800のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

A800
ONKYO

A800

最安価格(税込):¥28,380発売日:2017年 1月下旬 価格.comの安さの理由は?

A800をお気に入り製品に追加する <40

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意