Dobby Deluxe D100B-H レビュー・評価

Dobby Deluxe D100B-H

  • ポケットにも入る199gの軽量コンパクトなドローン。顔認識やスマートフォンと連携した自動追跡モード、音声や手ぶりによる操作でセルフィーを楽しめる。
  • 高解像度ビデオ撮影(静止画4K 動画フルHD)ができ、被写体を追跡する「フォローミーモード」、顔を検出しピントを自動で合わせる「顔認識モード」を搭載。
  • スマートフォン専用アプリ「Do.Fun」で操作でき、音声コントロール、手ぶりによる離着陸操作も可能。GPSと高さ感知システムによる安定した自律飛行が特徴。

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2016年10月 7日

カメラ搭載有無:標準 FPV:○ 飛行時間:9分 重量:199g(バッテリー含む) Dobby Deluxe D100B-Hのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Dobby Deluxe D100B-Hの価格比較
  • Dobby Deluxe D100B-Hの店頭購入
  • Dobby Deluxe D100B-Hのスペック・仕様
  • Dobby Deluxe D100B-Hのレビュー
  • Dobby Deluxe D100B-Hのクチコミ
  • Dobby Deluxe D100B-Hの画像・動画
  • Dobby Deluxe D100B-Hのピックアップリスト
  • Dobby Deluxe D100B-Hのオークション

Dobby Deluxe D100B-HZEROTECH

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年10月 7日

  • Dobby Deluxe D100B-Hの価格比較
  • Dobby Deluxe D100B-Hの店頭購入
  • Dobby Deluxe D100B-Hのスペック・仕様
  • Dobby Deluxe D100B-Hのレビュー
  • Dobby Deluxe D100B-Hのクチコミ
  • Dobby Deluxe D100B-Hの画像・動画
  • Dobby Deluxe D100B-Hのピックアップリスト
  • Dobby Deluxe D100B-Hのオークション

Dobby Deluxe D100B-H のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.49
(カテゴリ平均:4.15
レビュー投稿数:9人 (プロ:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 4.62 4.35 -位 見た目のよさ、質感
操作性 3.52 4.03 -位 使いやすさ
バッテリー 3.09 3.61 -位 バッテリーの持ちはよいか
静音性 3.15 3.30 -位 動作音の静かさ
画質 4.13 3.98 -位 画像の精細さ、ノイズの少なさなど
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Dobby Deluxe D100B-H

Dobby Deluxe D100B-Hのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:52件
  • 累計支持数:137人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プレイステーション4(PS4) ソフト
6件
0件
ゲーム周辺機器
4件
0件
SDメモリーカード
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
操作性4
バッテリー2
静音性4
画質4

正直ドローン初心者でトイドローンを買ってみたら全く飛ばすことができないという状態だったので、どうしようか思いながら、許可がいらない唯一の機種だったこれを購入しました。

やはりというか当たり前かもしれませんが、安定的にちゃんとしたドローンとして飛ばすことができますね。サイズ的な制限がありますが、おもちゃとしてはいいですね。ただまだそんな飛ばす機会がないんですけど。

なんで充電がUSBTYPECなのに本体からのデータ転送がTYPEAなのかが疑問で不便ですけど。
あとバッテリは7,8分くらい?結構予備持ってないと使えないですね。

短い時間できっちり撮影できればちゃんと使える機種ですね。書類送検とかされない機種ですし。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

幼稚園専業写真屋さん

  • レビュー投稿数:139件
  • 累計支持数:1150人
  • ファン数:22人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
22件
274件
レンズ
23件
125件
スマートフォン
10件
107件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性2
バッテリー3
静音性3
画質4

ケースに入ったドビードローンのセット

カメラは固定角度になるため、事前に考える必要がある。

モーターは、焼き付き防止など無いため、長時間は難しい。

【デザイン】

可愛らしくおしゃれな感じはしますね。
パールホワイトなので、余り驚かれません。

【操作性】

基本的にスマホでWiFiですから、細かな動作は得意ではありません。
コツも要ります。
但し、上昇や下降、前後、DoFunによるソフトウェア動作な追尾やら斜め後ろに定規的に飛ばすなどは、秀逸です。

【バッテリー】
5分は持ちません。
ホバリングで5分くらいでしょうか。
3分くらいが目処なので、ウルトラマンと同じです。

【静音性】
そんなに静かではありません。
ふあぁぁぁぁぁぁっ!と飛び出しの時の音と、飛んでる最中の広域音のぶぅぅぅぅぅんという音は、ちゃんと残ります。

【画質】
静止画であれば、iPhone6位のイメージでしょうか。
5Sは、クリアーしていると思います。
動画は、ジンバルがなくカメラ側のソフトウェア制御なので、動く度に四角のどこかがブラックアウトします。

【総評】
2017年春(?)購入ですが、200gドローンのカテゴリーでは、FHDの写真を撮れるのは、当時コレしかありませんでした。(今もかな?)
他にも買いましたが、ホビーの域を超えず、飛ばして楽しむ方が目的に作られているモノが多かったです。
ドビーは、少なくとも写真が商業ベースの印刷物カット(A5程度)に使えるレベルの解像度を持っており、都内の建築物や狭小エリアの建造物、小中学校・幼稚園等の上空写真(半空撮・高さ20mくらいまで)などで使用しています。

但し、軽いために風にはまったくダメで、強めに吹く日は、厳しいモノがあります。
ただ、GPSを積んでいるらしく、元に戻ろうとしますので、流れて行ってしまうことはありません。
これが、その他のホビードローンとの大きな違いでした。

また、モーターは直ぐ熱くなるため、バッテリー二回分で、休憩を入れています。
焼き付きの話もあるので、無理はさせていません。

ホビードローンとして飛ばして遊ぶのも、十分楽しめました。
ただ、操縦は、スマホからなので、快適な方ではありません。
手軽に上空からの写真を綺麗に撮るためのドローンといった感じではないかと思います。

上昇させ、回転させ、ドビーのカメラから送られる映像をスマホで見ながら、必要な静止画カットを撮影していくのに適しています。
動画もやってみましたが、カメラ自体もパンフォーカス固定っぽくて、締まりの無い動画になります。
静止画で風景・遠景だから、綺麗に見えて、辛うじて使えるというレベルです(A5程度ですから…)。

カメラは、手動の角度ですから、撮影物との角度と距離は前もって計算して、その当たりに飛ばしてのホバリングとなります。
市街地では、10m位離れますと、WiFiの電波が弱くなるため、たまにロストコントロールしますが、ゆっくり、飛び出したところへ戻ろうとしたり、その場に加工してきますので、近づいてWiFiをドビーにキャッチさせる必要があります。

再びコントロール下に置ければ、問題なく動きます。

当方では、これを使っての上空からの園児・園庭・園舎のアルバム用写真を撮っています。
見開きなどは無理なのですが、半ページサイズであれば、それなりの雰囲気が出せます。
都内の狭い敷地でドローンを飛ばす必要がある場合には、重宝しています。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hina-chanさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ドローン・マルチコプター
2件
0件
デスクトップパソコン
1件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン4
操作性2
バッテリー1
静音性4
画質3

【デザイン】
若干チープな印象を受ける表面素材ですが、パールホワイトの塗装でかわいく仕上がっています。
アームを折りたたむとまるっとして、大きめのポケットなら難なくスルリと入ります。

【操作性】
物理的な送信機では滑らかにバーを倒して少し移動させる等が可能ですが、Dobbyはスマホ等のアプリ上での操作なので、細かい動作はかなり不安定です。
アプリ側で自動追尾等はありますがそもそもそのアプリが完全日本語対応とは言い難く、キャリブレーションやアップデート等、手間がちょこちょこかかります。

【バッテリー】
低気温や風への抵抗等、諸条件が重なると、5分ももちません。200g未満にして制限を回避してますが、実際には屋内用と割り切ったほうがよさそうです。

【静音性】
小さい機体ですがそれなりの音が出ます。ただ大型のドローンに比べれば静かなので、長時間の飛行でなければ、周囲の人がうるさくて気するほどではないと思います。

【画質】
トイドローンに比べれば画素数は十分にありますが、撮影感度とジンバルがないことにより、画素数から期待されるほどの画質はないと思ったほうがいいです。

【総評】
画質にこだわるならデジカメのほうが断然マシだし、飛行能力・操作能力はMaivcやPhantomに遠く及ばない。
ではどういう用途ならDobbyの出番?答えは「遊び・趣味」だと思います。ちょっと空撮を試してみたい、でも大きい機種は怖いし許可申請は分からないし・・・という人にはもってこいです。
ただし、ドローン入門機としてなら、トイドローンのほうがいいです。アプリ+タッチパネルでの操作は、ミドルクラスドローンの操作の練習にはなりません。
先に続かないかもしれない「遊び・趣味」に5万円前後を払うかどうかで評価が分かれるところだと思います。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

夏目〜何処いったんだ!さん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:130人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
6件
0件
ドローン・マルチコプター
5件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
バッテリー4
静音性4
画質5

都内に住んでいる為、200g以上のドローンを飛ばすのは殆ど不可能です。
地方に行った際にしか使えません。つまり、都内では室外で目の前で自撮りするにも法規制に引っかかるということです。
その点で200g未満のドローンは気軽に使えます。その中でもDobbyは満足出来る性能を持っています。

野外ではGPS、室内でもビジョンセンサーがある為、非常に安定していています。その為、スマホでの操作でも簡単に飛ばせることが出来ます。
画像は綺麗で、3段階の距離を選べるバードビュー撮影、定点と半径・高度を指定して自動旋回撮影、人等を自動追尾撮影、手のひらからの離着陸、自動帰港機能と、この値段では考えられない性能です。

唯一、DJI等のドローンより劣っているのは、カメラにジンバルがなく、ブレを電子的に自動補正している為、強風では追い付かず画像の四方が切れてしまう事です。
  (参考として空撮した動画を掲載します https://www.youtube.com/watch?v=XvJhr-ZaSsA&t )
これが許せない方には法規制ありのドローンを購入するしかないと思います。
また、50m以上の高度で自由に飛ばしたい方にも不向きです。
  (バードビューを使えばそれ以上の高度になります。また、wifiを増幅する装置を使えば出来る様になるかも知れません)

静止画(綺麗です)は問題ありませんが、空撮で動画を撮る場合は、なるべくバードビューやその場で自動回転して撮影する機能等を使った方が上手く撮影できます。
販売から時間が経って不具合も出尽くしている為か安心して飛ばせることが出来ます。
プロペラが本体に格納出来るのでポケットに入れて(携帯している)スマホだけで何処にでも持って行けます。
1台持っていれば楽しいでしょう!

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

はっちネンさん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:188人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
21件
ドローン・マルチコプター
4件
15件
イヤホン・ヘッドホン
2件
7件
もっと見る
満足度4
デザイン4
操作性3
バッテリー4
静音性2
画質3

ドローン入門機としては、かなりお勧めの機体です。
セルフィー(静止画像)や近距離空撮が目的なら、充分な安定性能をもっています。

【デザイン】
セルフィードローンと言う事で小型で携帯性を考慮した機体形状は折りたたみ式アームとブレードの採用でとてもよいと思う。
但しその携帯性のために、飛行形態での機体はずんぐりむっくりで空気抵抗対策が考慮されていないため、ドローンとしての飛行安定にかなり影響を与えています。

【操作性】
正直なところスマホのタッチパネル操作は難しいです。
この意見は私がドローンパイロットだからスティックコントローラーによる操縦に慣れているからこその意見です。
一般的に、スマホのタッチパネル操作の採用もドローンの携帯性をコンセプトに設計されているので、ドローン初心者には自分にあった操作方法(3種類から選べる)を選んで直ぐに飛行させることが出来る点では、操縦し易いと言えると思います。
但し機体形状の影響で気流の影響をかなり受けます。
機体底面が真っ平らな形状の為に上昇気流による影響が大きく、ひとたび上昇気流や機体底面に風を受けるとポーポジング(仰ぎとしゃくり)の挙動が発生します。
フライトコントローラーの制御が適切なようで滅多に墜落には至りませんが、この挙動は正直ビックリします。
とは言え、サーマルが原因と思われる上昇気流の影響で2度墜落しました。
1回目は機体傾斜が制御範囲を超えて完全にコントロールを失って墜落。
2度目は揚力不足で機体バランスを立て直しきれずに不時着。
本当に上昇気流に弱い機体なので夏季の炎天下での飛行は細心の注意が必要です。

【バッテリー】
バッテーリ-の個体差もあると思いますが、特に低電圧管理の閾値に疑問を感じます。
バッテリー性質としては正直10%以下はかなりまずいと思います。
そこで自動帰航が働いてホームポイント(離陸地点)に戻ってきても、バッテリーは過放電状態になって急変劣化の原因になると思うし、飛行環境によっては帰航中にバッテリー切れを起こして墜落する可能性もあります。
とは言えセルフィー目的の飛行であれば、通常は5分フライトできれば充分です。
そこで実際に10分弱(公称9分)のフライトが出来るので、風の影響などによる電力消費が多くても目的達成に充分な飛行時間が確保できます。
高負荷状態にはなりますが、安全のためのブレードカバーを装着して飛行させたとしても、ギリギリまで飛行せずに撮影目的を達成してから帰還させれば、どれだけ手間取ったとしても余裕でバッテリー残量30%以上が確保できるので、バッテリー寿命への影響は少なくできると思います。

【静音性】
正直、大爆音です。
機体とブレードの大きさの割に、相当の大音量です。
耳元を飛び回る蚊のイメージのハイパワーサウンドを覚悟する必要があります。
現在(2017年6月時点)は仕様変更で少音を目的とした巾広ブレードに変わっていますが、音が小さくなるというよりも低い音に変わるので、音が小さくなった様に感じるだけかもしれません。

【画質】
静止画像は申し分ありません。
動画映像は難ありです。
電子ジンバルでは見せかけ上の補正となるためにフレーム枠が動き過ぎて見ていて疲れます。
本格的な空撮動画を望むと失敗します。
アプリのバージョンアップで様々な撮影機能が追加されて初心者にとっては、扱いさすく本格的な動画が撮影できるようになってきました。
しかしこれらは電子ジンバルで発生する外フレームをトリミング処理であたかもメカニカルジンバルを装備しているかの様な映像に処理しているものの様です。
そのため画素数が犠牲になるために画質が劣化してしまうデメリットがあります。

【総評】
機体サイズの割には飛行性能は安定しておりコストパフォーマンスは充分だと言えます。
誰でも簡単に飛行させることができて、仮に墜落しても機体重量が軽量なので大事故のリスクが低く、特にドローン初心者(入門者)には最適な機体と言えます。
しかし機体が小さくパワーが少ないために風が強い屋外ではあおわれてフライト時間が短くなっていくし、突風の場合は流されていきます。
そのためもしもに備えて、飛行前のコンパスキャリブレーションと飛行中のGPS信号の受信感度、そしてWi-Fiの通信感度に常に意識を向けて、ポジショニングや自動帰航などの安全機能を過信せずに、責任感をもって飛行させる自覚が必要です。
この機体は改正航空法の対象外(200g以下)なので安全飛行をしっかり考慮して飛行すれば、飛行制限空域であっても飛行の許可・承認申請の必要はなく飛行させることが出来ます。
と言っても、だから自由なのではなく、初心者の方は必ずブレードカバーを装着して飛行させることをお勧めします。
ブレードカバーを装着すると機体重量が200gをオーバーしますが、この場合でも脱着可能な追加装備の装着による重量増なので、改正航空法の対象にはなりません。
この機体は小さくても空を飛ぶ本格的なドローンです。
不慣れな内は必ずブレードカバーを装着して飛行させ、機体ロストや墜落を起こさないように慎重に操縦しましょう。
航空法に関わらず、ドローンの墜落や接触による物損事故や人身事故防ぐ責任と義務が、ドローンを飛行させる操縦者にはあります。
ドローンは自立制御故に原因不明の機体暴走が問題視されますが、その機体暴走の原因は殆どの場合、コンパスキャリブレーションエラーに気付かずに飛行を続けたり、GPSシグナルロストやWi-Fiコミュニケーションロストなどの複合的なもの、言わば操縦者で回避できるヒューマンエラーです。
飛行中は常に機体シグナル(LED表示変化)とスマホ画面のテレメトリー情報のチェックを意識することが大切です。
磁場状況や電波状況は飛行中も常に変化しているのだと認識し、機体の自立制御の負荷率も常に変化していることを念頭において飛行させましょう。
リスク管理(未来予測)の為のテレメトリー情報の把握と判断は操縦者の義務です。

参考になった32人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

dipper_kakakuさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:225人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
19件
デジタルカメラ
4件
6件
ビデオカメラ
1件
7件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
バッテリー4
静音性2
画質5

再生する

再生する

作例
バードビューモード

作例
360度パノラマモード

 

写真の解像度はなかなか

細かな構造物まで解像する

 

数ヶ月前に購入、初ドローンです。
購入当初はメーカーページのPVのようななめらかな動画が撮れずに悩んでいた(電子手ぶれを設定してもガクガクする)のですが、Dofunアプリの撮影機能(10, 30, 60sバードビューモードや360度パノラマモード)を使うことで驚くほどなめらかな動画が撮れるようになりました。動画をこのページに載せておきます(価格コムのアップロードサービスなので画質は良くないかもしれないですが)。

【デザイン】★★★★★
丸みを帯びていて、愛着が持てるデザインです。

【操作性】★★★★★
Dofunアプリでの操作性は、何度か練習すれば問題なく操作できるかと思います。
問題があるとすれば、このDofunアプリは頻繁に更新されてしまうため、これまであった機能がどこに行ったのか、そもそもどんな機能があるのかわからないことが多いです。

・高度50m限界を超える方法
Dobbyは通常時は高度50m以上には飛行できないようになっているのですが、50m付近でバードビューモードを使うと、設定した角度で一定時間飛び続けます。50m時点で-22.5度で60sのバードビューにすると、約100mまで飛行しました。なお、バードビュー終了後は、バードビューモード開始時(今回だとスタートした高度50m地点)まで自動帰還するため、操作不能になります。帰り道の動画も撮って欲しかったですね。

【バッテリー】★★★★
プロペラガードなしで約8分、ありで6分、というところです。デラックスパックにはバッテリーが2個付いていますが、2個だとちょっと不足かなと思います。4個あればかなり楽しめると思います。

【静音性】★★
虫の羽音のような響きで、かつかなりうるさいです。Parrotよりもうるさいような気がします。ネットでは、静音性を高めた新型プロペラが発売されているようなのですが、まだ検証していません。

【画質】★★★★★
静止画の画質はかなり満足のいくものです。ときどきぶれるので、私はいつもバースト撮影(一回の撮影で3枚保存してくれる)にしています。1枚くらいはぶれなく保存できます。

動画は先に書いた方に、Dofunアプリの撮影機能に任せた方が良いです。同じく電子手ぶれを効かせても、アプリの撮影機能を使った際は手ぶれの効果が劇的に強く、まったく別なクオリティになります。Dobbyで動画を撮るならば、パノラマモードやバードビューモードを駆使することをお勧めしたいです。私は今後、手動での動画撮影は行わないと思います。

【総評】★★★★★
静止画も満足いく画質です。それでこの価格で、かつ改正航空法にとらわれずにできるのいうのは、ただただ驚きです。
ただし、Dobbyは軽ドローンです。風が少し吹くとあっという間に安定性を失いますし、飛行時間も8分ほどと短めです(プロペラガードをつけると6分くらい?)。DobbyだけでMavicやファントムの代わりにはなりません。Dobby購入後にparrot2を操作したのですが、格段に扱いやすかったです(悪天候時にも余裕がある)。よくDobbyを初心者向けにお勧めするレビューがありますが、私なら重量級というか、Parrot2やMavicのような普通のドローンのほうが初心者にはお勧めだと思います。

Dobbyの真価は安さではなく、改正航空法にとらわれず、Mavic等が撮影できない環境でちょっと綺麗な静止画と動画が撮れるところにあると思います。私は旅先に必ず持って行き、隙を見ては飛ばすようになりました。Dobbyでなければ残せないものがあるように感じます。

参考になった37

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ジャイアン鈴木さん

  • レビュー投稿数:53件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールEYE-COM、TECH Win、TECH GIAN、PDA Magazine、DIGITAL CHOICE、ログイン、週刊アスキー、週アスPLUSと主にPC系メディアで編集兼ライターとして勤務。2015年1月よりフリーの編集兼ライターと…続きを読む

満足度3
デザイン5
操作性3
バッテリー3
静音性1
画質4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

室内で自撮りできるほど飛行は安定しています

ただ何度か暴走して壁、木々に激突しています

静止画の画質には大満足です

記事作成用に個人的に購入した製品でレビューいたします

【デザイン】
デザインは見た目のとおり、丸みのある可愛らしいものです。ポケットに収納しやすいように丸みを帯びているので、可愛らしいだけでなく、意味のあるデザインですね。表面はパールホワイトで、比較的傷が目立ちにくいです。質感もよいです。

【操作性】
本機には、スマホの端末を傾けて操作するモーション操縦モードと、画面上に表示されている十字ボタンで操作する操作スティックモードが用意されています。多少慣れは必要ですが、個人的には操作スティックモードのほうが操作しやすいです。操作性自体は悪くありません。ラフに操作してもそれほど機敏に反応しないので、初心者向けのセッティングと言えます。ただ、そのぶん急回避の際に反応が遅れるので、スピードが出ているときには進行方向にしっかりと注意を払う必要があります。

【バッテリー】
飛行時間9分と聞くとやや短く感じますが、ドローンを飛ばしているときには結構緊張するので、意外に満足感があります。Deluxeにはバッテリーがふたつ付いていますし、モバイルバッテリーなどで外出先でも充電できるので、それほど不便は感じていません。

【静音性】
音は非常にうるさいです。音量は測っていませんが、DJI Mavic Proよりプロペラ音が大きく感じます。公園などで人の目が気になることもあるので、プロペラの形状を変更するなどして、静音化を図ってほしいところです。

【画質】
たまに色が赤系に転ぶことがありますが、ほとんどのシチュエーションでは動画、静止画ともに画質には満足しています。ソフトウェア式手ブレ補正機能も、事前の設定がやや面倒ですが(カメラの角度に合わせてスマホから設定する必要があります)、非常に強力です。

【総評】
基本的には非常に気に入っているのですが、これまで2回暴走し、1回目は公園の壁に、2回目は公園の木に激突しました。1回目に激突したときには、プロペラのアームが根元からはずれましたが、幸いなことにケーブルは断線しなかったのでそのまま使用できています。

暴走するきっかけがいまだよくわかっていません。最新のファームウェアでもまだ改善されていないようです。本当はもっといろんな場所で飛ばしてみたいのですが、いつ暴走するかわからないので、いまはフェンスやネットに囲まれている公園などで遊んでいます。スマホ用アプリケーション、機体のファームウェアがひんぱんに更新されているので、暴走しないようになんとか改善してほしいですね。この点以外は非常に満足しているだけに期待しています!

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

mularkyさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:89人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
1件
0件
空気清浄機
1件
0件
スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
バッテリー4
静音性3
画質5

初めてのドローンになります。
色々と迷いましたが、200g以下で規制の対象にならず比較的自由に飛ばせること、小さくて持ち運びが便利だと思い購入しました。
購入して一ヶ月、総フライト時間は約2時間のレビューになります。

【デザイン】
デザインは素晴らしいと思いました。
プロペラの付いているアームを折りたたむとポケットにも入るサイズです。
外観もシンプルにまとまっていて、光沢のあるホワイトが未来感を出しています。


【操作性】
スマホでの操作になり、三種類の操作方法から選ぶことができます。
初めてのドローンだったので、慣れるのにやや時間がかかりましたが、慣れてしまえば自由に飛ばせるようになりました。
また、音声操作で離陸したり、着陸させりできます。

カメラの角度は手動で切り替える必要があり、遠隔で操作することはできません。
これは今後改善されたらよい点だと思いました。


【バッテリー】
バッテリーはスペックの通り9分です。最初は短いやうに感じましたが、コントロールできる距離が100m程度ということもあり一回のフライトでそんなに遠くまで飛ばさないので、十分だと感じました。
デラックス版だと、もう一つバッテリーが付いているので助かります。
なお、バッテリーが少なくなると自動的に離陸した場所に戻ってくる機能があります。

【静音性】
これは正直驚きました。予想以上に大きな音で想定したところ80-90db程度でした。
ただ、これも小型ドローンだけあって、他のドローンよりは音が小さいみたいです。


【画質】
撮影した画像をアップしますが、静止画はなかなか綺麗だと思いました。
セルフィードローンという扱いですが、空からの綺麗な風景の写真は新鮮です。
動画はブレ補正がついていますが、やはり風に揺られますし、方向転換等でブレが生じます。
風の少ない日に、ゆっくりと動作させると動画も綺麗に撮れました。

【総評】
初めてのドローンでしたが、よい買い物でした。
飛ばすこと自体が思っていたよりずっと楽しく夢中になりました。
また、普段見慣れている場所を空から写真や動画で見るというのは新しい体験です。

このドローンの特徴は、高スペックでありながら、小型で規制の対象にならないことだと思います。
普段持ち歩き、飛ばせそうな場所を見つけて飛ばせるのは楽しいです。

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

一πさん

  • レビュー投稿数:74件
  • 累計支持数:392人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
8件
104件
ドローン・マルチコプター
4件
24件
レンズ
6件
16件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性3
バッテリー3
静音性3
画質4

   

   

199gなのでDobbyはドローン規制対象外になります!

【デザイン】
コンパクトで良くできたデザインです。
持ち運びも簡単。

【操作性】
スマホ操作なので慣れるまでは一苦労です。
プロポも出してほしいです。

【バッテリー】
公称どおり約9分ですね。

【静音性】
ファントムなどと比べると小さいので、比較的静かですが、
プロペラものなので、それなりの音はします。

【画質】
静止画は綺麗ですね。割と使えると思います。
動画は、それなりです。

【総評】
機体が小さいので、お手軽で気軽に扱えます。
ただその分馬力も非力で、風に煽られます。
初心者、セカンド機、には良いと思います。

ただ価格が、5万以上と、DJIエントリー機とも競合するため、
写真を撮るには良いですが、動画はジンバルのついた上位機種の
方が向いていると思います。

ドローン規制対象外なのと小さく作る技術も大変なので
価格面を気にしなければ、おすすめの機種だと思います。
コンパクトで、おしゃれなドローンだと思います。

参考になった12人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

Dobby Deluxe D100B-H
ZEROTECH

Dobby Deluxe D100B-H

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年10月 7日

Dobby Deluxe D100B-Hをお気に入り製品に追加する <108

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ドローン・マルチコプター)

ご注意