CLASS-S SU-AX01 レビュー・評価

2016年11月上旬 発売

CLASS-S SU-AX01

  • DSD 11.2MHz、PCM(384kHz/32bit)などのハイレゾ音源に幅広く対応した、バランス接続可能なポータブルヘッドホンアンプ。
  • フルバランス構成のアナログ回路や独自のハイスピード電流帰還ディスクリートアンプを搭載し、大型ヘッドホンにも対応。
  • 外部電源接続時に専用電源へと切り替える新開発の「ハイインテンシティモード」により、微小な音楽信号の再現性が向上。
CLASS-S SU-AX01 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥119,890

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥119,890¥119,890 (2店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(ミニプラグ):2系統 ハイレゾ:○ CLASS-S SU-AX01のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • CLASS-S SU-AX01の価格比較
  • CLASS-S SU-AX01の店頭購入
  • CLASS-S SU-AX01のスペック・仕様
  • CLASS-S SU-AX01のレビュー
  • CLASS-S SU-AX01のクチコミ
  • CLASS-S SU-AX01の画像・動画
  • CLASS-S SU-AX01のピックアップリスト
  • CLASS-S SU-AX01のオークション

CLASS-S SU-AX01JVC

最安価格(税込):¥119,890 (前週比:±0 ) 発売日:2016年11月上旬

  • CLASS-S SU-AX01の価格比較
  • CLASS-S SU-AX01の店頭購入
  • CLASS-S SU-AX01のスペック・仕様
  • CLASS-S SU-AX01のレビュー
  • CLASS-S SU-AX01のクチコミ
  • CLASS-S SU-AX01の画像・動画
  • CLASS-S SU-AX01のピックアップリスト
  • CLASS-S SU-AX01のオークション

満足度:4.88
(カテゴリ平均:4.43
レビュー投稿数:9人 (プロ:1人 試用:1人)
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.22 4.31 -位
音質 音質の良さ 4.88 4.45 -位
操作性 操作のしやすさ 4.23 4.24 -位
機能性 搭載機能が充実しているか 4.23 4.14 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

CLASS-S SU-AX01のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:103人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
5件
7件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
8件
スマートフォン
4件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性5
機能性4

Amazonで4万円台で購入しました。
【デザイン】
かっこいいと思います!
ただ、電源を供給しながらmicroUSBにつなぐときはL字プラグは使わないほうがいいです。

【音質】
本機とHibyR6との音の比較について書いていきます。イヤホンはSE846で両方ともバランス接続です。
HibyR6と比べて濃厚な音が出てると思います。
R6の方は元気がいい音なのですが、本機は高級感のある味わい深い音といった感じでしょうか。

【操作性】
線でつないでボリュームをひねるだけです。

【機能性】
入力端子がたくさんありいいのではないでしょうか。
USBしか使いませんが、、、、

【総評】
二口のバランス接続がネックになってくると思いますが、そこさえ我慢できればいい音で満足できる逸品だと思います!

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

tam-tam17701827さん

  • レビュー投稿数:144件
  • 累計支持数:517人
  • ファン数:8人
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

【デザイン】
高級感のある大人のデザイン。
極めて好感が持てますね。

【音質】
この価格帯のポータブルアンプでは最高峰でしょう。
JVCのイヤホン、ヘッドホンと極めて相性良し!

【操作性】
わかりやすい大変良い。

【機能性】
iOSデバイスとの相性良し。
iPhoneユーザーにもおススメの逸品です。

【総評】
同じような価格帯でMOJOの圧倒的な売れ行きの影響であまり注目されませんが、ポータブルアンプとして極めて優秀だと感じます。
とりわけ、JVCのイヤホン、ヘッドホンとは抜群の相性。
特にWOODシリーズとは相性抜群です。
落ち着いた大人の雰囲気のデザインにも好感が持てオモチャみたいなMOJOの比ではありません。
それでは何故売れて無いのか?答えはJVCだから、です、笑。
JVCはこのように優秀な製品が多数ありながらきわめて不当な待遇になってしまっているものが多数存在します。
FW10000が今だに入手困難な程売れているのは同じJVC製品でありながらVictor明記になっているからとしか思えない、笑
DACはともかくアンプ部は相当入念に作られてますね。暖かみのある音質もGOOD!
ソリッド系音質が好みの方にはお勧め出来ませんが、大多数の方が納得される良品ですよ、これ。
よって一推しさせて頂きます!

参考になった4人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ビスコナビスコさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:71人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
プリメインアンプ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性4

SU-AX7 には大いに満足していましたが、どうしても上位機への憧れを止めることが出来ずに、購入に至ってしまいました。
以下は、私個人の音質の好みや聴覚能力への依存度100%の私見ですので、割り引いてご参照ください。
本文が、ポタアン購入の際の参考にしていただければ幸いです。

[ SU-AX7との相違 ]
わずかに大きいですが、別物というほどの違いはありません。
充電器も同じものが使えました。(今は iPad用5.2V2.4A を使用しています)
バランス出力こそが最大の相違点だと思います。
SU-AX7 で不満のあった音量調整のボリュームですが、SU-AX01 ではステップがきめ細かく調整できて、位置と音量の違いが生じる無駄なあそびがないのも嬉しいです。

[ バランス接続 ]
DENON D7200 を SONY MUC-B12BL1(バランス接続ケーブル)で聴くと、音場感や低域のパワーは素晴らしいものがあります。
そして驚いたことに、SU-AX7 で使っていた onso hpct_03_ub33(アンバランス接続ケーブル)にリケーブルしても低域のパワーは落ちません。
しかし、バランス接続と交互に聴き比べてしまうと、音場感の不自然さ(窮屈さ)などが気になります。(ケーブルの材質などの違いに依存する可能性はあります)
実際にポタアン使って音楽を聴く場合、いちいちケーブルを交換するようなことはしませんし、アンバランス接続でも SU-AX7 との比較では明らかに音質はアップしていますので、むしろ好みのヘッドホンやイヤホンとの組み合わせで使う方が楽しめると思います。

[ DSD ]
SU-AX7 には無かった機能のひとつなので、試してみました。
mora で買った DSD 2.8MHz の曲を、iPadPro の mora player で再生しましたが、なにも問題なく聴くことができました。
ただ、アルバム曲を連続して再生するとき、曲の切り替わりなどでプチッと大きいノイズが入るのは閉口します。
FLAC等では起きないので、フォーマット依存の問題でしょうか。

[ ハイインテンシティモード ]
こちらも SU-AX7 には無かった機能なので試してみました。
ACアダプタから電源が供給されているとボリューム右上の隙間が青く光ります。
でも、それ以外(音質等)の違いは私にはわかりませんでした。
むしろACアダプタなしの方が微妙に音量が上がるとか音質もいいような気がしたほどで、身(耳)の程を知った思いです。

[ K2 TECHNOLOGY ]
SU-AX7 では(私にとっては)絶大な威力を発揮した K2 ですが、バランス接続で聴いている限りは必要ないように感じます。
曲によって、高域に明るさが欲しい時に K2=ON にする程度で、普段は OFF のまま使っています。
ただし、アンバランス接続ではしっかり効果が感じられますので、使わないのはもったいない機能ですね。

[ 改善要求事項 ]
ボリューム周囲の隙間から漏れ出る LED光 が見難い!
某ルーペをかける必要はありませんが、明るいところでは正面から見ないとまったくわかりません。
実際に視認が必要なのは、充電開始時にちゃんと緑色が点灯したか、充電が完了して消灯しているかを確認するときだけですが、明るい部屋で消灯していることを確認するときのし辛さと言ったら。。。
ここだけは SU-AX7 の LED の見易さを見習って欲しいものです。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

TL/1さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
2件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質4
操作性4
機能性4

購入動機、
1、機器内部構成が本機はポータブルながら、ディスクリートなのです。これはオペアンプ等ICチップでは成し得ない音質を実現可能ですがコストが掛かる、失敗作も生まれやすいです。
2、バランス出力がソニーPHA-3と同じ 3.5mm×2 良い点。

3、簡素な外装箱、電源用USBケーブルのみ付属、これで十分です。

----------
その他感想

・相互干渉を防ぐため、アナログとデジタル系は各々専用の基板に配置されたセパレートレイアウトを採用。
ディスクリートアンプがもたらす太く堂々とした中低域の厚み。

・SU-AX01のバランス出力端子は、ソニーPHA-3とかと同じ2 × 3.5mmという構成です。あえてこのタイプを選んだというのも面白いところで、意気込みを感じます。
・アナログ入力からバランス出力できるところもナイス!
   (PHA3ではアンバランスのみです)
・インテンシティモードでも使っていますが、その威力はよくわかりません。
・プレイヤーとして、WM1A,WM1Z,NW-ZX2をそれぞれ繋いで試してみた結果、ZX2が音質ベストマッチな感じ。
・プレイヤーとして、スマートフォン(SO04J,SC01K)でも試してみた。音場、音域が平たくなる傾向で聞き疲れしにくいかも、音質的には、良い。
総合的には☆5ですが、バッテリーが脱着できたら☆6にでもしたいし、メンテナンスも考えた構成にしてほしいと思います。その点で☆-1としたものです。


参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

copoaさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
0件
9件
SDメモリーカード
1件
1件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5
   

   

【デザイン】
何とも言えない渋さが、高級感を醸し、その見た目からも芳醇なサウンドを聴かせてくれること間違いなし!と感じ取れるデザインです。

【音質】
一言で言いますと、「芳醇」です。
特にクラシックとの相性は抜群です。イヤホンはfx1100を使用しておりますが、直差し時よりも全体的にバランスの取れた音になります。

【操作性】
いたってシンプルですので、手軽に使いこなせそうです。

【機能性】
4系統のデジタル入力と1系統のアナログ入力を備えており、申し分ありません。DSDは11.2MHzまで、PCMは384kHz/32bitまで対応します。対応フォーマットは十分でしょう。

【総評】
買ってよかったと必ず思える機種だと思います。ポータブルの範疇を越えていると言っても過言ではないと思います。
あまり上手なレビューができませんが、お読みいただきありがとうございました。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

mu_xさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:200人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
13件
一眼レフカメラ(フィルム)
0件
9件
デジタルカメラ
2件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性4

   

   

2018/3/27 加筆修正
1.購入経緯
 娘がウォークマンが欲しいと言い出したので、一緒にヨドバシに。自分は関心がなかったのだけど、そこでSONY NW-WM1Zを試聴。あまりに音が良いので、ビックリ。でも30万はさすがに出せず、だったら10万円ぐらいで良い音が出せないかと思案。ポタアンがあるなと思って、ウェブでのレビューを参考にこのアンプにたどり着く。実際に試聴はしたものの、細かいところまではわからず。ただ、音の艶のようなものは感じた。原理的に考えれば、10万円のDAPより10万円のポタアンの方が良い音を出すはずなので購入。
2.現在の使用環境 2018/3
 外ではイヤホン SA12BA、ForzaAudioWorks Hybrid IEMケーブル バランス接続。外部電源はモバイルバッテリーで持ち歩きハイテンションモードに。娘用に買ったSony A-35につけて。自宅での構成は後述。バランスでの使用前提に作られた機器なのでバランスで使うことは必須。でないと購入する意味がないように思います。その前提でノーマルでも十分ですが、詰めていくとさらに良い音になる。ハイテンションモードは自己責任になりますが、必ずしもアップルのアダプター経由でなくても可能。電源・ノイズ関連でUSBターミネーターや電源ノイズ系のフィルターをかませてます。イヤホンはSA12BA、サブでSendiy m1221。
3.出音の感想
 ポータブルというより、自宅でのリスニングをこれにしました。自宅は、Korg DS-DAC-1-> EPA-007 ->HD800でしたが、こちらの方が良い。第一印象の通り、音に艶があって伸びやか・ボーカルなど時々ゾクッとします。MacからAudirvana Plus 3で聞くと音色がよく出ます。据置型だともっとよい機種もあると思いますが、私の経験では、これまでに聞いたことがないレベルの音です。1Zも素晴らしいですが、こちらにも異なる世界があるように思います。また、さらに突き詰めて行くと通常のレベルを超えていきます。
4,インターフェイスとして
 この機器を使い始めて、まず始めに感じたのは、人生50年生きて来て、これぐらいしか楽曲を知らないのかということでした。中学生ぐらいからレコードを買っていろいろ聞いてきたつもりだったのですが、もっと音楽を聞きたい、もっと良い音を聞きたいという欲望が湧き出るようになったのが、この感覚の要因だと思います。昔聞いていた楽曲を、この環境下で聞き直すと、新しい曲を再発見するかのような感覚で聞くことができます。それはそれで新鮮なのですが、それを通り超して、もっともっととなってくるのです。そういう意味で、自分を外につなげていくインターフェイスとして、この機器は単なるポタアンを超えて、なくてはならないものになっています。
5.改善要求点
 欠点ではないですが、ボータブルでコートの左ポケットに入れていると、何かの拍子にボリュームが誤って回ってしまいそうなることがあり、ロックできると良いですね。あと、空き入力端子にはショートピンをオプションで用意してほしいです。また出力端子あればと。
6.費用
 ポタアンとしてのみ使うのであれば10万円は高く感じるかもしれませんが、据置機として考えると、そう高くはないと思います。実際、歩きながら聞くだけでなく、カフェや電車の中で座って聞くシチュエーションでは、まさに据置型として使えます。そして多くの人は、自宅でもメインとして、使える能力があると思います。これ一台ですべて賄えると思うと十分かなと思います。
7.最後に
 多分、広告費にお金をかけずに、その分、製品にコストをかけ良い商品を生み出そうという制作者の意志を感じる製品です。わかりにくいかもしれませんが、もっとみんなが知れば良いのにと思います。この製品の良さを知る機会が少ないのは残念なので、このレビューを書くことにしました。私は、この製品を通じ、新しい音を積極的に探すようになりました。大袈裟かもしれませんが、新しい音に出会える喜びを与えてくれた制作者の方々に感謝したいと思います。ありがとうございました。

<ここから追記 2018/3/27> 蛇足かもしれませんが、現在の使い方を詳しく紹介します。モバイルでの使い方は大きく変わっていません。ただ新幹線などで長時間使う以外では、ほぼ毎日、自宅据え置きで使用。すでに保有していた機材とifiの機器を組み合わせていますが、ここは大きく変わりました。一言で言えば、SU-AX01のアナログは残しDACの部分は上流で他の機器で代替。多段にすると音質劣化の懸念がありましたが、音質追求の結果がこれなわけで一笑に付していただければと思います。
<機器構成>
MacPro2009 Sierra Audirvana direct →光出力して→ifi nano iOne→TUBE-01J Limited 真空管Voskhod 6J1P-EV Gold pins &grid→Phasemation EPA-007 →モノバランスで出力3.5mmに変換して→JVC SU-AX01→バランス出力でForzaAudioWorks Hybrid IEMケーブル→SuperAudio 12BA or HD800 電源にiFi iPurifier AC、仮想アースを活用、iOneにはBusPower proとFIDELIXのFLACzn1を使い電源供給しています。SU-AX01にはmac用のコンセントから電源供給しハイテンションモードにしています。
 もはや何のレビューかわかりませんが、最後のSU-AX01バランス出力を省略することができません。DAC部分も普通に聞くには良いと思いますが、SU-AX01はアナログのアンプ部分、そこからのバランス出力が秀逸だと感じています。iOneを使うとMacからはUSBよりも光出力の方が鮮度良く感じます。途中の真空管アンプでは真空管により音に膨らみと奥行きが出ます。真空管はe-bayで物色し、これが好みでした。EPA-007は新規には買いづらいですが、鮮度重視とDAMP機能が便利。SU-AX01への入力はzycableのZY-009、出力はZY-031を2本かましています。これはイヤホンのSA12BAに最適化したもの。電源含め見直し中ですが、効果は大きいです。もはやSU-AX01はシステムの一部なのだけど、主役はSU-AX01。光入力、真空管アンプ、各種ノイズ、電源対策でどんどんと音質が改善されていき、生々しく立体的な音になっていっています。もう元へは戻れません。

参考になった39人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

to-ma-to-7070さん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:124人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
11件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性5

今までは下位機種にあたるSU−AX7を使用していましたが、バランス接続への憧れと試聴した時の興奮が忘れられず、相場が最近下がったので中古で55000円で購入しました。使用しているヘッドフォンはDH298-A1、ATH-IM50、ATH-CKS77、ATH-CKR70、ATH-M40x、ATH-M50x、ATH-WS1100、ATH-R70xです。主にpcオーディオで使用し、ヘッドフォン、イヤホン試聴用とでポタアンとして外でも使用しています。SU-AX7との比較を交えながらレビューします。IPHONEとの接続ではLogitecのLHC-UALAN08、PCとの接続ではエレコムのDH-AMB12を使ってます。 SU-AX7のレビューも書いているので良ければ見てください。

【デザイン】
全体的に色が濃くなり、大人な落ち着きハイエンド機の貫録を思わせる。他社のポタアンは金属的外観が多いがこちらは木目を彷彿させるのでどんな環境にも場に溶け込む印象。SU-AX7に比べるとボリュームの値が見やすくなっている。

【音質】
全体域においての表現力が素晴らしいです。アンバランス接続でもLRの分離が格段に向上しており、音の分離がよく全ての音が生えわたり、全ての音にスポットが当てられるように思うほど明瞭なサウンドです。解像度の向上で情報量が増えていますが、音に艶とメリハリ、立ち上がりと抜けも良いので、、音が渋滞する印象がありません。
高音域は、SU-AX7では粒子的に音が見えましたが、こちらではさらに細かく見えその小さな存在故抜けよく伸びる。シンバル、ハイハット「シュワッ」と湧き上がるように立ち上がり、「シュンッ」と抜ける。ストリングスの高音はたおやかに艶やかになり、とても上品な鳴りです。
中音域は、煌びやか華やかに鳴り情報量に優れており、魅了されます。ギター、電子音は今まで音が退屈に思えるもど艶やかに生生しく、ピアノ、トランペットなど金管楽器は空気感を伴い、臨場感に溢れている。これはK2テクノロジーの効果が大きいように感じます。
低音域はSU-AX7に比べシャキシャキとはしていなく、表面的にブーストしたような低音とは対照的にしっとりむっちりとした深く重みがあり、心に染みるような上品でのある安定した低音がこちらは出ています。そのためかSU-AX7との相性が悪かった製品もこちらでは大きく音質が向上しました。
ホワイトノイズはイヤホンなどでは気になりますがSU-AX7と同じくらいです。iphoneと量感バランスはほぼ変わらないので、私を含めIOSユーザーが違和感なく音の完成度の違いを実感できると思います。SU−AX7と比べると音のコンセプトは基本的に同じでそれの完成形こちらです。K2テクノロジー効果など細かい部分はSU−AX7のレビューで書いてるので良ければそちらをご覧ください。

【ハイインテンシティモード、バランス接続】
S/N比がさらに向上し、音の圧力に余裕がでて音が源泉から沸き上がり形として浮かび上がるように生々しい臨場感で鳴ります。高音が元気になるという意見もありますが、それは感じなくボーカルの息遣い、フレーズ、音の立ち上がりに出る音がやや強調されキレと臨場感を感じました。ATH-R70xで聴くと、中音域の再生能力が高いことと、どの音も同じ距離感で鳴るためボーカルが潰れがちでしたがハイインテンシティモードにするとボーカルがスッと生えました。
ハイインテンシティモードはiPad対応2.1Aのアダプター、BUFFALOのBSMPB07BK 10400Ah、PoweraddのPilot X7 20000Ahのモバイルバッテリーで駆動できます。電力安定供給の意味ではメーカー推奨しているipadのアダプターが必須だと思います。
初めてのバランス接続で他の機器でバランス接続をしたことがないのでSU-AX01の特徴は書けませんが、フルバランスの力が冴えわたり空間的表現、定位感が増し、一つ一つの楽器、ボーカルの領域が現れ臨場感を感じました。

【操作性】
フロントパネルはやや窮屈で操作しやすくはありません。本体は想像以上に熱くなります。SU−AX7の比にならないくらいです。冬は手が冷たいときカイロがわりになってます。これでも熱処理にくろうしたとのことで据え置きに負けない駆動力は本物なのだと実感しました。

【機能性】
多彩な機器との接続ができ、K2テクノロジーやハイインテンシティモード、バランス接続などこの一台でいろいろな楽しみ方ができとても満足です。

【総評】
操作性は良くないのですがそこまで手間をかけても病みつきになり聴きたいサウンドです。初めて試聴したとき3秒で心奪われ魅了され買いたくてたまらない衝動に陥り、今回限界を迎え購入しました。買った決め手はどんな音源とも相性がよくやはり最も良い組み合わせはIPHONEとの接続です。ノイズを受けにくくよりクリアな音質です。
PCとの接続ではノイズフィルターやケーブルでノイズ、音質対策の必要がありそうです。他の方のレビューでアンバランス接続目的でSU-AX01購入する意味はないと書いてありましたが、そのようなことは全くなくアンバランスの性能も高くLRの分離、定位が素晴らしく、SU-AX7からの乗り換えでも十分違いが分かります。
SU-AX01は、ヘッドフォンの性能をフルに引き出してくれて今まで使っていなかったヘッドフォンも使うようになりました。一つ楽曲を何度も聴きどのような音がなっていてハーモニーが構成されているかや作曲家の意図を探求することの楽しさを教えてくれました。
ポータブルとしての機能は低いですが、PCオーディオとしても使えるほどのスペックなのでその両方で使えるヘッドフォンアンプ、IPHONEで最も良い音質を求める方の最善の選択しだと思います。
12月の秋葉原のポタフェスでは開発者の美和康弘さんと直接お話しできてとてもいい経験になりました。その節はありがとうございました。箱や付属品の経費を削り、音質に一切妥協せず、JVCの求める最高の音を手のひらサイズにオーディオの面白さを集約した開発陣の努力の結晶と呼べる一品です。現在は、発売時の3分の2まで値段が下がり中古品も増えているのでかなり手が出しやすいと思うので、1度試聴し、ご購入をご検討ください。

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ain ainさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:116人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
8件
1件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
3件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン2
音質5
操作性3
機能性3

【デザイン】
デザインは可でもなく不可でもなく
少し大きいのが難
【音質】
透明感高くクリア
どんなジャンルの音楽もそつなくこなす
頭の中にしっかりと空間を再現する
最近のフラットな何処かドライな音質と違って、アナログ時代を思わせる
音楽の聴かせ方をしめしてくれます。

※ 参考までNW-ZX300で利用してみました。
(200時間エージングが済)
非常に良い音です。NW−ZX300の音は、中低音を少し膨らませた音で、長時間聴いていると飽きる、どこか音の底辺がノイジーで限界を感じる音ですが
SU−AX01を通して聴くと、S/N感が高くクリアで細かい音も良く聴こえどんなジャンルの音楽も音楽性豊かに再現し、音量を上げると共に音場が広がります。DSD音源では、更に顕著です。NW−ZX300はあのコンパクトさでは良い音だと思いますが、比べ物になりません。但し、少し膨らんだ音の傾向は引き続きます。
利用ヘッドホンはXBA−Z5です。(HA−FW01はやはりだめ)


【操作性】
特に難しいと言う事はありません
【機能性】
利用しているウォークマン、スマホに対応してるので特に問題ありません
全面に入力端子が集中するため、ケーブルが挿しづらい
また、発熱量が多いです。
【総評】
非常に音が良いと思います。
但し、ヘッドホンは相性がありますので注意が必要です。
推奨のHA-FW01は、振動板にウッドを利用しているのとフルレンジタイプでアコースティックな音はしますが
細かな再現力が不足し音楽的感動がなく自分的には不可でした。
エージング済のSony XBA-Z5はオールジャンルに音楽的感動があり空間再現もありベストでした。

参考になった9人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

SU-AX7と比較。一回り大きく力強い印象。

端子と操作部を、フロントパネルに集約。

リアパネル。

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
音質は、WindowsパソコンにインストールしたHQPlayerでハイレゾ音源を再生し、ヘッドホンはSHUREのSRH1840をアンバランス接続して確認しました。
ところどころ、2014年発売の現行モデル「SU-AX7」との比較を交えつつ・・・

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
個人的には、SU-AX7の茶系でエレガント色味が気に入っていたので、同じテイストだとより好感が持てたと思います。(本機はフロントパネルがガンメタ(やや黒味を感じる金属色)で、ハードな印象です)
ほか、フロントに入力切替やK2をON/OFFするスイッチが配置されているのは操作面で便利に思いますが、デザインとしては硬質に感じます。

【音質】
一聴して、基本とも言えるS/Nの良さを感じます。SU-AX7と比べても、差の大きい部分です。
Billy Joelの「Travelin' Prayer」(96kHz/24bit/FLAC)は、ピアノの余韻が消え際までスムーズでハーモニーの美しさを保ちます。空間の広さが感じられ、開放感も心地良いです。また、曲の進行に従って、バンジョーやバイオリンなど、楽器が増えてきますが、混濁することなく、それぞれの楽器はもちろん、一音一音の分離が明瞭で、豪華に感じることができます。音に上下の方向性を感じられるのも、基本特性の良さによるものでしょう。
ボーカルのしなやかな表現力、ベースの音程や強弱など、あらゆる部分でレンジの広さから来る余裕が感じられ、音楽をダイナミックに楽しめます。

ほか、外部電源接続時、専用電源に切り替える「ハイインテンシティモード」も試してみました。
効果てきめんで、S/Nがさらに向上し、先述の特性がさらに向上します。余韻の伸びと透明感が増して、空間のさらなる広がりや、柔らかさとして体感できました。
また、ヴォーカルは音が引き締まってテクスチャも明瞭に感じました。例えばDiana Krallの「You Know I Know Ev'rything's Made for Love」は、ハスキーな魅力が増して聴き応えがあります。
「ハイインテンシティモード」のON/OFFは、USB給電ケーブルの抜き挿しで自動的に切り替わりますので、比較試聴も簡単にできます。是非お試しを!


【操作性】
接続する機器によって異なりますが、PC接続時は、ケーブルの真下にヘッドホンを接続しなくてはならず、据え置きで抜き挿しが多い使い方をするユーザーには不便だと思います。
(一度接続すればそのまま・・・、という使い方なら問題無いと思いますが、ご参考までに。)
多くの端子がフロントパネルに集約されているのは、アクセスが良く便利な反面、ポータブル機では面積が狭いので、端子同士が近くなりがちです。PC入力は背面の方が良いように思うのですが・・・
(反面、Android端末ユーザーの場合、USB端子はフロントの方が便利かな・・・とも思います。)
評価は、ユーザーの主たる使い方によるところが大きいと思いますので、各自でご判断を!

【機能性】
「ハイインテンシティモード」は音質改善効果が顕著で、自宅に居る時は常用したいと思いました。
ほか、DSD 11.2MHzおよびPCM(384kHz/32bit)対応やバランス接続など、最新トレンドを網羅しています。
JVC独自のアップサンプリング機能「K2 TECHNOLOGY」も、スイッチ1つで利用可能です。

【総評】
10万円前後とお安くはありませんが、オーディオ機器としてのクオリティーを考えれば妥当に思います。
据置型の実力を備え、ポータブルでも利用可能と考えれば、コストパフォーマンスはさらに良く感じます。
ハイファイグレードの高級モデルとしてお薦めできる好製品です。

参考になった31

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あなたのレビューを投稿しませんか?

CLASS-S SU-AX01のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

CLASS-S SU-AX01
JVC

CLASS-S SU-AX01

最安価格(税込):¥119,890発売日:2016年11月上旬 価格.comの安さの理由は?

CLASS-S SU-AX01をお気に入り製品に追加する <174

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホンアンプ・DAC]

ヘッドホンアンプ・DACの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意