VPL-VW535 (B) [ブラック] レビュー・評価

2016年10月29日 発売

VPL-VW535 (B) [ブラック]

ネイティブ4K SXRDパネルの採用した4Kホームシアタープロジェクター(ブラック)

VPL-VW535 (B) [ブラック] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥575,000

(前週比:-5,000円↓) 価格推移グラフ

価格帯:¥575,000¥575,000 (1店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥1,000,000

パネルタイプ:LCOS(反射型3LCD) アスペクト比:17:9 最大輝度:1800ルーメン 対応解像度規格:〜4K VPL-VW535 (B) [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • VPL-VW535 (B) [ブラック]の価格比較
  • VPL-VW535 (B) [ブラック]の店頭購入
  • VPL-VW535 (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • VPL-VW535 (B) [ブラック]のレビュー
  • VPL-VW535 (B) [ブラック]のクチコミ
  • VPL-VW535 (B) [ブラック]の画像・動画
  • VPL-VW535 (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • VPL-VW535 (B) [ブラック]のオークション

VPL-VW535 (B) [ブラック]SONY

最安価格(税込):¥575,000 (前週比:-5,000円↓) 発売日:2016年10月29日

  • VPL-VW535 (B) [ブラック]の価格比較
  • VPL-VW535 (B) [ブラック]の店頭購入
  • VPL-VW535 (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • VPL-VW535 (B) [ブラック]のレビュー
  • VPL-VW535 (B) [ブラック]のクチコミ
  • VPL-VW535 (B) [ブラック]の画像・動画
  • VPL-VW535 (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • VPL-VW535 (B) [ブラック]のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > プロジェクタ > SONY > VPL-VW535 (B) [ブラック]

VPL-VW535 (B) [ブラック] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:3.75
(カテゴリ平均:4.46
レビュー投稿数:3人 
  1. 3 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 3.94 4.22 -位
発色・明るさ 発色のよさ・画面の明るさ 3.75 4.46 -位
シャープさ コントラストの高さ・クッキリ度 4.63 4.29 -位
調整機能 調整機能の充実度・使いやすさ 3.69 4.02 -位
静音性 動作音の静かさ 3.75 3.90 -位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 4.06 4.25 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

VPL-VW535 (B) [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:86人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
1件
31件
ブルーレイプレーヤー
2件
21件
AVアンプ
3件
3件
もっと見る
満足度2
デザイン5
発色・明るさ2
シャープさ5
調整機能3
静音性2
サイズ3

【デザイン】
デザインは洗練されています。

【発色・明るさ】
この項目がいっしょなのもあれですが、発色はまるで駄目。
ソニー配給のスパイダーマンとかCGバリバリ映画にしか合いません。
古くから今の映画まで楽しみたい、という人はまるで向いていません。
デジタル発色はまあ理解できますが、フィルムの頃の作品はダメでした。
明るさは良いですが、アイリスはよろしくない。見ていて気になるレベルだけど、この機能いります?

【シャープさ】
精細さは確かに素晴らしい。
でも、映画って精細さが全てではないですよね。
古い作品や低予算ものは、そもそもフォーカス甘いし。

【調整機能】
まあ、普通です。

【静音性】
うるさい。これが色についでダメ。ドッカンボッカン言う作品しか見ない人向け。
音に拘っている人は一気に台無しになります。

【サイズ】
まあ仕方ないのかもだけど、もう少し小さくなって欲しい。

【総評】
真の映画好きには勧めません。
「トランスフォーマー」シリーズで感動しちゃう人向け。
いろいろ幅広く、古きも新しい作品も楽しみたい人は、他社をオススメします。

主な用途
自宅

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ジャイアン1670さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:41人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プロジェクタ
1件
0件
ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
1件
AVアンプ
0件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン4
発色・明るさ4
シャープさ5
調整機能4
静音性4
サイズ4

タイトル通り、両者の選択で悩みました。アバックで買う前にじっくり個人的に試写させてもらいました。

両者は、色乗り(コントラスト)か、精細感かの選択とよく言われますが、最近のコンテンツは、全部のシーンが作り込まれている点で、ソニーの方が(同じコンテンツであっても)色乗りがいいシーンがあって、たとえ青色でも肌色でもそんなシーンがあって、色乗りでビクターという選択はないなと思いました。というのも色乗りと違って、精細感は、どのシーンでもつきまとうからです。

一度その感じを味わうと、DLA -X770Rは見てられません。特に引きの画面では(どの種類のコンテンツであっても)耐えられないくらい差が出ます。巷のレビューとは大違いと思いました(特にアバックのブログでの比較レビュー)。やはりこの種の商品は自分で確かめるしかないと思った次第です。私は、90%以上の確率で、DLA -X770Rを買うつもりで試写に挑んだのですから。それに最近までX7のユーザーでした。三管式プロジェクターの時代からこの世界に踏み込んできましたが、プロジェクターの進歩に驚嘆しています。

その他のビクターとの大きな違いは、ソニーには、台形補正がないこと、レンズ蓋が手動、音が大きい、個別スクリーン適応がないということくらいでしょうか。でも、リアル4Kの迫力は、時々しらけた色の出るデメリットを超えて、圧倒的です。

私と同じ悩みを持つ方も多いでしょうが、レビューに頼らず、自分の目で確かめる以外にないと思います。

主な用途
自宅

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ひでまゆたろうさん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:382人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
178件
プロジェクタ
1件
59件
デジタル一眼カメラ
1件
51件
もっと見る
満足度5
デザイン3
発色・明るさ5
シャープさ4
調整機能4
静音性5
サイズ5

【デザイン】デザイン云々を評価する製品ではないのですが、可もなく不可もなくといったところでしょうか。
質感は定価100万円には絶対に見えないくらいチープです。
質感を上げて定価がアップするのは勘弁ですが、アルミ風のパーツを使うなどもうちょっと頑張ってほしいところです。
また、レンズキャップが手動脱着なのは問題です。自分の設置環境では大丈夫なのですが、天吊する方は面倒だと思います。

【発色・明るさ】明るいです。ランプ低でもまだ明るいです。HDR対応のためもあるのでしょうが、迷光には要注意です。
発色についてはデフォルトでJVCと比較すると、非常にあっさりしている印象です。色域が狭いわけではないのですが、
薄口の色表現です。色調整で全色持ち上げてみて好みの色に近づきました。
コントラストは、販売店での視聴では前作のVW515に比べ明確に向上していると思います。
ただし、JVCに比べるとやや劣るのはやむを得ないところでしょう。
本機で素晴らしいのが3Dです。クロストークの無い4Kアップコンの3D画像は本当に驚きました。
ソフトが少ないのが難点ですが、3Dおすすめです。

【シャープさ】精細感はさすがネイティブの4Kパネル使用機といったところで、ピュアマットVの120インチで見る絵はドット感を感じさせない非常にシャープな絵です。
「レヴェナント」のUHD−BDを購入し視聴しましたが、この作品のように高画素のカメラで撮影された映像は、驚くほどのリアリティーで再生してくれます。
今後はこのような4K作品がますます増えると思いますので、本機の高精細さが生きるのではと思います。


【調整機能】VW515に比べ、HDR再生時の調整項目が増えたそうです。
いろいろ弄っていますが、必要最低限の調整機能はあるのではと思います。まだまだ使いこなしているとは言えませんが・・・。
また、AVアンプ利用の方で、出力を本機と別のHDRや4K非対応のディスプレイの両方に接続される方は、入力スペックの低い方のディスプレイに引っ張られるので注意が必要です。

【静音性】自分の設置環境では全く問題ありません。

【サイズ】4K対応機の中ではコンパクトな方です。ドングリの背比べみたいなもんですけど。
ただ、本機は底面とレンズ周囲からの吸気・前方排気、端子類が側面配置ということで、他の機種に比べ設置の自由度が高いのが特徴です。
後方をほぼ壁いっぱいに寄せられるのが素晴らしいと思います。
 
【総評】プレイヤーUBZ-1+AVアンプCX-A5100+MX-A5000(5.1.4Ch)で見ております。
初PJですが、導入を決意してから約1年色々検討しました。
部屋の大がかりな改修を伴いましたが、やはり導入して大正解だったと満足しております。

主な用途
自宅

参考になった17人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

VPL-VW535 (B) [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

VPL-VW535 (B) [ブラック]
SONY

VPL-VW535 (B) [ブラック]

最安価格(税込):¥575,000発売日:2016年10月29日 価格.comの安さの理由は?

VPL-VW535 (B) [ブラック]をお気に入り製品に追加する <46

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プロジェクタ]

プロジェクタの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(プロジェクタ)

ご注意