ボルボ XC90 2016年モデルレビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ボルボ > XC90 2016年モデル

XC90 2016年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:XC90 2016年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
D5 AWD Inscription 2019年8月22日 マイナーチェンジ 1人
D5 AWD Inscription 2019年3月1日 マイナーチェンジ 2人
T5 AWD Momentum 2017年7月14日 マイナーチェンジ 2人
T6 AWD Inscription 2017年7月14日 マイナーチェンジ 1人
T6 AWD Inscription 2016年1月27日 フルモデルチェンジ 5人
T6 AWD R-Design 2016年1月27日 フルモデルチェンジ 2人
満足度:4.61
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:13人 (プロ:1人 試乗:3人)
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.96 4.34 3位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.61 3.93 10位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.47 4.13 56位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.47 4.21 66位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.65 4.05 29位
燃費 燃費の満足度 3.84 3.89 52位
価格 総合的な価格の妥当性 4.02 3.88 58位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

XC90 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:35件
  • 累計支持数:427人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
141件
電動自転車
1件
17件
自動車(本体)
4件
14件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格3

【エクステリア】
 清潔感があります。XC90はクリスタルホワイトパールにしました。同じような大きさの他車と並ぶと小さく、上品にみえます。
 押し出しというよりもやはり清潔感。最小限の線で、素晴らしいピュアさです。XC60では無く、90にしたのはこの外観に寄るところが大きいです。特に後ろから見たところが好きです。
【インテリア】
 インテリアは悩んでブロンド-ブロンドに。ウッドパネルです。B&Wのオーディオをオプションでつけたため、スピーカー部は銀。ドイツ車のように機能を押しつけてくる感じは全く無く、ボタンも最小限。クルーズコントロールの設定も、とにかくやりやすい。せっかく液晶メーターパネルをつかっているので、表示地図の縮尺変更ぐらいは、アウディのように手元で出来ると良いなと思いますが、それは無理。ただ、とにかく操作は迷いません。
 インテリセーフシステムの縦長のセンターコンソール画面の使い勝手は、もう一つでしょうか。走りながらの操作はなかなか難しいかも。正直、この点は、手元にコントローラーがある、メルセデスやアウディの方が操作しやすいです。地図のスクロール、地図の拡大縮小はipad感覚なので、すごくやりやすいです。これが唯一の救いです。
 ナビについては、厳しいの一言。前車のブリッジスマボで乗っていたV90クロスカントリーよりはかなり改善しているような気がしますが、検索がとにかくもう一つです。住所での入力すら最後の番地がスクロールしか受け付けない仕様なので、田舎の枝番が大量にある住所だと探すのが一苦労です。
 いずれにせよ、volvoはapple care play前提で作っているのだと思います。ただし、apple CarPlayで目的地を設定すると、ナビの目的地設定はキャンセルされてしまうという謎の仕様。そのため、メーター画面の地図表示にも進路表示は無くなります。これ、結構不便。

 ナビ関係はかなり厳しい評価になりましたが、シートの作りは秀逸。タイトではないのですが、inscliptionのシートにはサイドの調整機構があるため私にはちょうど良い。最近はシートヒーターをつけた上でシートベンチレーションを中程度に使用するという設定にはまっています。とにかく快適です。腰痛持ちの私が全く痛くなりません。
 3列目シートは子供であれば完全に実用。大人でも実用性は十分で、この点はBMW x5やアウディQ7、レクサスRX等のSUV7シーターに完全に勝っています。また、3列目シートの安全性も他シートと同様というのが安心です。

【エンジン性能】
 諸外国ではマイルドハイブリッドのB5 dieselのみの設定。すでにD5は型落ちです。しかし、このエンジン、おそらく、パワーパルスシステムが効いているのだと思うのですが、ECOモード以外の低速域のピックアップが秀逸。少し早めに踏み込む癖のある私にはまさしく意のまま。エンジン音も室内にいる限りアイドリングでも角が丸まり、ルルルルという感じです。少し速度が出ればほとんどエンジン音は気になりません。

【走行性能】
 毎週、往復で220km程の行程を高速6割、下道2割、うちワインディング2割という感じで走行するのですが、高速走行は非常に安定しており、首都高などのつなぎ目もうまくいなしていきます。初期のレビューやネットの書き込みで、エアサスこなれていないとうような書き込みが多くみられ、心配したのですが、完全な杞憂でした。ワインディングも、ロールも気にならず、すっとノーズを向けてくれるので車の大きさや車高の高さは全く感じません。
 また、パイロットアシストは3000km走行していますが、前車V90クロスカントリー 2019年モデルよりもかなり向上した感じです。ワインディングでもほとんどのカーブで追従します。高速道路上でV90クロスカントリーは時に路肩に寄るなど多少神経質な動きがあったのですが、2020年モデルのXC90ではそういった挙動はほどんどありません。安心して運転できます。
 渋滞では、ほぼパイロットアシストがすべて行ってくれます。ハンズオフで、すぐに握れるようにして試しにしてみると、15km/h以下程度の速度ではいつまで経ってもずっとアシストし続けます。
 雪道も志賀高原まで年末の雪の時に走行しましたが全く安心でした。

【乗り心地】
 乗り心地がこの車の最大の利点だと思います。試乗したアウディQ7も素晴らしかったですが、私はXC90のエアサス仕様のほうが良いと感じます。私にはBMW X5, X3は硬すぎました。マジックカーペットライド、という感じです。あれた路面でのロードノイズはそれなりに入りますが、これも試乗時に比べたBMW X3、アウディQ5等よりもずっとマイルドな音ですから、通常は気にならないと思います。

【燃費】
  燃費は今のところ、高速のみだと14km/l台。下道も込みで満タン法で11km台を確保できています。車重を考えると十分です。
【価格】
 最も厳しいのは価格でしょうか。英国でのinscription Pro(日本でのインスクリプションにエアサスが付いた仕様)が880万円。90万ほどの価格差がありますが、まあ仕方ないとして、英国仕様はマイルドハイブリッドです。今後のオーダーされるD5にはパワーパルスが搭載されていないという話しを担当の方がされており、私は運が良かったとおっしゃっていましたが、だとすると、どんどん値上げしている現状はどうなのでしょうか。B5が導入されると1000万円超からとなる可能性もあり、値引きも考えるとBMW X5(まあ、幅が2m以上と大きすぎですが)のほうが魅力的にみえます。(ちなみに私は結構割り引いて頂けましたがあるシステムのおかげでした)。
 というわけで★3つです。
【総評】
  モデルは完全に習熟期にあると思います。乗り心地はエアサス仕様であったと書いてある堅さや段差を乗り越えるときの揺れなども無く、おそらく年次改良と今回のフェイスリフトで改修されたのでしょう。乗って気持ちが良く、100km以上の距離を高速や郊外路を中心に走るのであれば、シートのでき、3列目の実用性を含めて、7シーターSUVでは今でも最良の選択だと思います。

比較製品
アウディ > Q5 2017年モデル
アウディ > Q7
BMW > X5
乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
その他
頻度
毎日
重視項目
高級感
ファミリー
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年12月
購入地域
東京都

新車価格
971万円
本体値引き額
100万円以上
オプション値引き額
0円

XC90の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった4人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

KENchanpiさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

洗濯機
0件
8件
自動車(本体)
1件
4件
冷蔵庫・冷凍庫
0件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費3
価格5

エクステリアもインテリアもデザインがとにかく上品で高級感があり、しかしギラギラ感は薄くセンスの良さ、育ちの良さを感じる。

2年で5000キロ程度しか走って居ないのでガソリン消費もたかが知れており、燃費的にもT6で十分。遠乗りで7−8キロ、街乗りで6.8-7キロ程度です。

ナビの音声認識が酷く使えないので、AppleCar playのSiriとマップを使ってますが、そうするとメーター内のマップが使え無いのは残念。システムアップデートで何とかなりませんか?アウディはGoogleマップ使えるのに。

まあそういう欠点も有るけど、家族の移動車としては快適で安らげて安全安心。性能面ではとんがった部分が無くてマイルドですが、道具としては優秀です。豊かでゆったりした気分になれます。疲れません。

まだ数年乗るつもりですが、もしかしたら内燃機関の車は、これで最後にするかも。次はEVかハイブリッドかな。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
その他
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
ファミリー
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ジュニパパさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:93人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3

【エクステリア】
スッキリしたデザインで、淡色系のボディカラーだと少し鈍重にみえる角度もあるが、濃色系ならエレガントな高級車。
高級ホテルのエントランスに乗り付けても、ベンツやBMWの大型セダンにも引けを取らない雰囲気がある。
個人的には、人気のXC60より好きなデザインである。だだし、XC90のR-Designはスポーティへ振り方が少し無理矢理っぽくアンバランスに感じる。
大柄の割に運転席からの見切りは全方位とも悪くない。

【インテリア】
スカンジナビアンテイストのインテリアは高級感の演出が上手だと思うが、ど真ん中に鎮座する縦長の大型タッチパネルは、エレガントなインテリアにマッチしているとは思えない。今どきのiPad風で使いやすいのかもしれないが、50代半ばのオジサンの古臭い感覚ではカッコイイと思えない。
シートレイアウトやシート形状、質感は秀逸で、EセグメントSUVの中でもトップクラスだと思われる。3列目シートも十分に実用性があり、普段折りたたんでおけばトランクも広大である。
ユーティリティ面での優位性は非常に高い。

【エンジン性能】
ガソリンもディーゼルも全て2リッターエンジンのみの構成で、今どきのダウンサイジングの潮流にのっているのはわかるが、このボディサイズ、このセグメントの車で、2リッター4気筒エンジンのみというのは、どうも受け入れがたい。これも古臭い考え方なのはわかっているが、選択肢から外れる最大の要因となった。
ただし、試乗した2リッターのターボディーゼルエンジンD5は、必要かつ十分以上のトルク感があり、一般道を走行するには申し分ないと感じた。この大柄なボディを何のストレスもなく走らせる。

【走行性能】
極めて普通。アイポイントが高いので、取り回しは良い。大柄なボディをそれ程感じずに運転できる。
走りのフィーリングを云々評価するような車ではないかな。
安全装備を試す機会はなかったが、色々標準で満載なので、安心感がある。

【乗り心地】
好みの問題だが、少しフワフワした乗り心地で、悪くはないがSUVとしては少し頼りなく感じた。
もう少し、ビシッとした感じが欲しい。

【燃費】
試乗のため評価できないが、2リッターディーゼルであれば、そこそこ良い燃費であることを期待したい。

【価格】
2リッターエンジンの割には高いと感じる。プレミアム感を出すために高く設定し、大きく値引く戦略なのか。
Inscriptionは、必要なものはほぼ標準でフル装備なので、オプションなのはエアサス、パノラマサンルーフ、高級オーディオくらいで、分かりやすい設定。

【総合評価】
最近のボルボ車はデザイン力が向上して一般受けするようにもなり、近所でも頻繁に見かけるようになった。
このXC90も、デザインが秀逸で、全体としてのパッケージはとても良く出来ていると感じた。エクステリアにしろインテリアにしろ、デザインだけみれば買ってもいいかなと思わせる車ではあるが、やはりネックはエンジン構成の設定。エンジンそのものの性能に不満がある訳では決してないが、このセグメントにおける選択肢が2リッター4気筒エンジンだけというのは、時代の潮流とはいえ・・・。なにか物足りなさを感じてしまうのは、時代遅れの古臭いオジサン的発想なのか。
一時期のボルボはデザインもイマイチで経年劣化が酷い印象しかなかったが、ここ最近は復活しつつあると感じているものの、まだ安全装備と北欧デザインだけが売りのように感じる。もっと頑張って欲しい。
エコや安全性能に敏感で、エレガントな雰囲気のお洒落な大型SUVが欲しい人には、超おススメ。
とても良い車であることは否定できない。

レビュー対象車
試乗

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kazutoyさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:64人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
5件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

ハイチューンディーゼルエンジン、AWD、7人乗りSUVとして、最高です。

前車はG31型BMW5シリーズツーリングでした。BMWは本当に剛性感の塊で、特にAピラー周りのかっちり感がすごく、そこまでの剛性感はxc90には感じられません。X5ほどの一体感もありません。がしかし、おおらかさやゆったり感はxc90が上回ります。

乗り心地については、試乗車がエアサス。私が買ったのはコンベンショナルなモノですが、充分良いです。20インチでエアボリュームがモメンタムより少ないですが、望外の乗り心地です。口コミで乗り心地に不満書かれてる方がいますが、アレは理解できません。


エンジンは、トルクの塊。前車より早いです。重さを感じさせません。納車されてからつくづく、こんなにアクセルのツキが良い車なのか!と感心してます。気持ちいいです。

ただ、車幅には要注意ですね。思ったよりも道路で幅を取ってます。
ACCは、BMWと同水準。ただしレーンキープアシストは、BMWの勝ちだと思います。
レーンキープアシストをオンにすると、小刻みに修正してるのが、ハンドルから伝わってきます。BMWは、どっしりドッスンという安定感。この違いはなんだろう。なので、まだボルボのコレに慣れないため、ACCオン、レーンキープアシストオフで使ってます。もちろん渋滞時は共にオン。
不満というか、気遣う点はそれくらいでしょうか。思ったより取り回し良いし、本当にいい買い物した感があります。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年6月
購入地域
神奈川県

新車価格
944万円
本体値引き額
100万円以上
オプション値引き額
0円

XC90の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった11人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

TimerTimerさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3

色々改善点はあるけれど、カッコ良いので全て許してしまう、そんな車だと時間が経過するにつれ感じる。

乗車人数
4人
使用目的
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
レビュー対象車
中古車

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

こころのお買い物さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
8件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格5

ミニバンや1BOX車に魅力を感じない方には、是非オススメしたい車です。
アウトドア中心で車を使用しているため、荷物が乗ることが第一条件でした。

前車はアウディのミドルSUVでしたので積載が厳しくXC90に乗り換えました。
結論としては、とても満足しております。

しかし某サイトでも舵角を入れてる際のジャダー等指摘してましたが、確かに感じられますし、
シフトノブのポジション変更時のダイレクト感や、各スイッチ類のダイレクト感など、
ドイツ車に届かない細かい粗さはありますが、シンプルながら迫力あるエクステリアに、
清潔感があるインテリアとネガティブを打ち消す良さはたっぷりあると思います。

ボルボの売りであるパイロットアシストや自動ブレーキについては
パイロットアシストははっきり言うと最高です(笑)
高速では疲れ具合のレベルがはっきり分かると思います。
自動ブレーキにおいては、一般道だと余計な介入が入る場合があり邪魔なときもあります。
これだけ大きい車なので、その邪魔が安全に繋がるのかもしれませんが。

値引きについては紹介での購入もあり伏せさせて頂きます。

乗車人数
3人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年9月
購入地域
埼玉県

新車価格
779万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

XC90の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

まつもXCさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
70件
カーナビ
0件
5件
ヘッドセット
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4

2017年、モデルを購入後一年が経ちました。現在車はちょうど昨日に点検に預けてきました。T-6Rデザインです。
前のXC60T-6から車重も重くなり、ノーマルPCで加速や高速走行に心配しましたが何の不足もなく、楽々加速しています。
T-6は排気量が3Lの為も有り、L10kmを超えることはどんなに燃費に気をつけて走ってもありませんでしたが、今の車は気にしなくても時々L10を超えてくれます。
宣伝が下手なのか、もう少し走行性能の宣伝も打った方がいいのではと余計な心配もしてしまいます。話は脱線しますが60系のポースターは2Lクラスの市販車ではAMGの2Lに次ぐ出力なんですがね。
今は普通に2Lで300psオーバーですから。
まだ時々価格が海外に比べて高いとの書き込みを見たりますが、イギリスのHPを見ると新車で£59,800位との事で、日本の価格とほとんど変わりないです。タックスの差は出るかもしれませんが、それよりもディーゼルのD5(235Ps)やT-8ハイブリットのRデザインなどが選択できて羨ましいです。D5が出ていたら間違いなくそちらを購入していましたが、現時点でも日本導入の予定はなさそうです。やっぱり2Lディーゼルで235Psはお役所がOK出しずらいんでしょうかね?
エアサスも。個人的な感想ですが乗り心地を優先したものではなく、走りやすさに振っている感じなので評価が分かれるのも仕方がないのかと思います。もう少しソフトの時はフアフア感があった方が良いのかも。
購入当時、予算が足りずに入れることができなかったポールスターPCチューニングをこの機会にインストールすることにしました、家内に内緒で自分のこずかいからなのでカードで分割払いにしました(笑)

値引きは内緒、最初に関東のディーラーとの交渉では一声50の店とか値引きはありませんとかお店で色々でした。結局近くのディーラーが良いとの結果でした。

中古車専門のサイトなので時期に消えてしまうと思いますが、イギリスの価格の情報元はAuto Trader UK です。
右ハンドルなので輸入車の価格の参考にしています。ちなみにまだ未販売のXC60は37900ポンドから45600ポンドでした。
為替は現在約148円

http://www.autotrader.co.uk/volvo/xc90/estate/2.0-petrol-5dr-2014-bb32cc9050e22b63f8ff667fca59b47f?id=bb32cc9050e22b63f8ff667fca59b47f&onesearchad=Nearly%20New&onesearchad=New&fuel-type=Petrol&postcode=ec1y8sy&sort=price-asc&model=XC90&make=VOLVO&advertising-location=at_cars&radius=1500&page=1

乗車人数
4人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
ファミリー
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年8月
購入地域
宮城県

新車価格
879万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

XC90の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

GhibliQ4さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:148人
  • ファン数:1人
満足度3
エクステリア1
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格1

何故ボルボを選ぶのか? 徐々に不明瞭に

これまでドイツ車と並べ、あえてボルボを選ぶ理由がありました。
簡単に言えば「安全性」というセールスポイント。

様々な革新的なセーフティー装備のボルボだからこそ、
選ばれていたの思うのですが、
ここ数年で安全装備は、当たり前の装備になったことで、
ボルボの最大のセールスポイントって何ですか?

その視点でこの車を眺めてみると、
多くの選択肢からボルボを選ぶ理由が不明瞭であることに気付く。

【エクステリア】
フォードの呪縛から解放され、V40辺りからボルボらしからぬ、
攻撃的なデザインで貢献してきたはずなのに、
一転、保守的なデザインになり、個人的には残念。
北欧と連呼するだけで、その意味合いも薄れている気がします。

【インテリア】
デザイン的に他のシリーズを知っているので、目新しさはありません。
逆に良く言えば、落ち着いていると思います。
シートは相変わらず良い感じです。

【エンジン性能】
可もなく不可もなし。
端的には、人に優しそうな走行性能です。

【乗り心地】
サイズに合っていますね。

【価格】
ボルボは、ここが一番のポイントになります。

ボルボジャパンの価格設定、
XC90として、ボルボとして設定されている金額は、
あまりにも高額過ぎます。

過去に高価に設定し過ぎたV70シリーズで、
大変な思いをしたことをV60、V40のヒットで忘れてしまったのか?
その設定金額を支払うとしたら、他社への選択肢が確実に増えます。

日本でのボルボのポジション。
見誤っている気がします。
ボルボV40が500万円だったら、誰も買わなかったはず。
ボルボの安全に対する考え方の浸透と、性能・デザイン等々が、
あの値段で手に入れられる!がポイントだっただけに、
XC90のプライスは。。。

人に優しい車であり続けるボルボが、
お財布に優しくないなんて。。。


【総評】
何故ボルボを選ぶのか? 徐々に不明瞭に

何故ボルボが選ばれてきたのか?

大切なことをボルボは忘れてしまったような気がします。

エクステリアデザインとプライス、この2つが残念です。
このクルマでも見た目は大事です。
今見ても売れそうにない見た目の雰囲気に溢れています。

レビュー対象車
試乗

参考になった36人(再レビュー後:35人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ron@ronさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

【エクステリア】
大きくて存在感があり、ボルボらしさを残しつつ素直にかっこいい。欧米的なテイストが抜群。メルセデスは他シリーズ販売台数増加に伴う大衆感がありやレンジやQ7が見慣れている分新鮮に感じる。
【インテリア】
7人標準仕様なので3列目は他社と違いとってつけたような席ではなく、3列目を対象とした十分なクラッシュテストが施行されているのが評価できる。9インチタッチパネルによる操作は慣れるまで時間がかかるが、テスラよりは小さいもののこれから他社も追随する可能性あり。テレビ、DVDがみれればいうことなし、外付けで対応予定。Bowers & Wilkinsのコンサートモードはまさにコンサート
【エンジン性能】
SUVでここまで走れれば十分。加速も十分。T6でパワー不足と感じて走りを求める人は7人乗り+安全性は捨てるしかない。
【走行性能】
ハンドリング、加速共に不満なし。高速はパイロットアシストで安心して走れる。
2016年モデルでも2万円前後で140kmまでパイロットアシストアップデート可能
【乗り心地】
適度な振動(極めて少ない)が乗り心地よし。後部座席が指定席の子供達は寝ようさせれば快適に寝かせられる。後部座席も含めて極めて満足
【燃費】
7kmー8km/L前後
【価格】
欧米ではT6フルオプションで新車乗り出し価格が700万前後なのに日本でフルオプション新車乗り出し1000万オーバは少しやりすぎな気がする。
日本でのマーケティング戦略もあるだろうが日本がなめられているのか.....。
現時点で日本で買うならこの金額はやむを得ないとしてもこのまま高級路線にいけるかどうかはやや疑問
【総評】
オーナーとなり乗って不満と感じる人は少ないと思います。
大きさも大きさを感じさせない乗り心地と走りで満足です。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
ファミリー
レビュー対象車
中古車

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

わがまま次男さん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:372人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
84件
レンズ
7件
40件
自動車(本体)
1件
8件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

【エクステリア】落ち着いたデザインで、嫌味がありません。新しいボルボのアイアンマークもお気に入りです。

【インテリア】これは、本当に素晴らしいです。オプションでレザートップ、プレミアムオーディオを付けたこともインテリアの質感をあげています。できればレザートップは付けることをお勧めします。レザートップのあるなしでは質感が全く違います。また、プレミアムオーディオの音質は素晴らしいの一言です。娘が目を閉じて車に乗ったら、近くで演奏を聴いていると勘違いしちゃうかもと言っています。

【エンジン性能】とても2リッターのエンジンとは思えません。四気筒であることを気になさったり、実際エンジン音についておっしゃる方がいますが、全く問題ありません。2トン以上ある車体を、いとも軽々動かします。エンジン音も4000cc以上のV8などと比べ、否定的な意見を言う方もいますが、T6のエンジンは若々しくフケの良い音はしても安っぽくはありません。あっという間に法定速度に達するのでスピードの出し過ぎには気をつけなければいけないほどです。誤解を恐れず言うなら、2リッタークラスのライトウェイトスポーツカーのアクセルを踏んでいる感じがします。特に走行モードをダイナミックにすると、トルク特性が変化し、アクセルを踏んだ瞬間力強くGが掛かると共に加速します。

【走行性能】エアサスをオプションで付けています。現在走行距離は2千キロを超えましたが、エアサスも馴染み、本当に乗り心地が良いです。車酔いのしやすい子どもたちが、全く酔わなくなりました。エアサスのセッティングはレンジローバーとは違い、ヌメッとした感じではありません。どちらかと言うと、ドイツ車のビッシとした足回りの考え方をもとに、電子制御のエアサスにすることで速度に応じた微振動を抑えた感じです。直進安定性に関しても、全く問題ありません。昨年試乗したXC90では、Q7やレンジローバーなどと比較し「劣るかな」と感じていましたが、先月納車された私のXC90の直進安定性は全く他車に劣るものではありませんでした。年式によるものか、グレードによるものか、個体差なのかは分かりません。それとATの制御も昨年のモデルはシフトチェンジのタイミングなど、少しギクシャク感を感じましたが、納車されたXC90は全く問題ありません。
ハンドリングは見た目以上にクイックですが、こちらも速度に応じて重さを変えますので、クイック過ぎると感じることはありませんでした。

【乗り心地】抜群のシートと足回り、落ち着くインテリアで悪いわけがありません。

【燃費】現在までのトータルで、リッター8.5位です。高速を多く走っていますが概ね満足しています。

【価格】これだけの価格帯だといくらでも他車の選択肢もあり価格の優位性を簡単に説明できませんが、安全装備の充実や機能などを考えると高くはないと思います。少なくとも買ってから「高かった」と思うことはありません。

【総評】この車が、どれだけ人を中心としたクルマ作りがされているかオーナーになるとよく分かります。どの席に乗っても見晴らしの良いグラスエリアと乗り心地。この花粉の時期でも車内にいれば症状が出ないほどしっかりと空気清浄されている現実、心地よい音を発するオーディオなど運転席に座ると心も体も癒されます。ただ問題は、オーダーだとかなり長く待たされることになります。私は当初の予定から2ヶ月遅れ納車までに8ヶ月ほどかかりました。しかし、それだけの価値はあると思います。
値引きに関しては非公開とさせていただきます。

レビュー対象車
新車
購入時期
2017年2月
購入地域
東京都

新車価格
909万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

XC90の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

心月誠さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:897人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4

【エクステリア】
やや丸みを帯びて大きく見えますが(事実大きいですが)、デザイン的にはかっこいいと思います。特にフロント周りはいかついです

【インテリア】
これまでのフローティング・センタースタックではなく、大型デスプレイに集約されて先進的
Rデザインの内装も質が高く満足がいくものでこれまでのVOLVOよりも更に上質感があります。

【エンジン性能】
T6だったので、全く問題ありません。極めて気持ちいいフィーリングでこの重量級の車をスムーズに走らせます。

【走行性能】
素晴らしいです。ACCで補足している車がスポーツ系の車でも発進時に置いて行かれることはありません。
法定速度では、その高い走行性能の10分の1も発揮できていいないと思います。
この大きさを乗っている時は感じさせない機敏なものでした。

【乗り心地】
視線が高く乗りやすいです。サスペンションも適度に締められており、この視線の高さでも高速コーナーで怖くはなかったです。
快適以外のなにものでもありません。

【燃費】
市街地 7Km/L ・・
でも、燃費を気にする車ではないです
この車重でこの快適さ・・燃費はしかたないかと・・

【価格】
適正だと思います。

【総評】
最近の中では、あらゆる意味でVOLVOの中で一番の車でした。
ただ大きい! 本当に大きい!
日本で乗るには色々と不便だと思います。
内装もこれまでのVOLVOとは異なり、デスプレイに集約し、ボタンがほとんどないのも洗練されていますし、細かなところにも使い勝手がいいです。
エンジンのスタート方法も新しくなり、そういった意味では今度のVOLVOスタイルの中心となる存在の車であると思います。
ある意味、850が出た時と同じような革新なのかもしれません。

レビュー対象車
試乗

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

松下宏さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度2
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費3
価格1

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ボルボのXC90は新世代のボルボを象徴するフラッグシップモデルである。最近はフォルクスワーゲンのMQBに代表されるように、自動車メーカー各社は基本プラットホーム(アーキテクチャー)を新しくして、それぞれに合理的な開発・生産手法を採用するようになった。ボルボもその例に漏れず、スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)と呼ぶ方式をXC90から採用し始めた。

ボルボ版の特徴は、スケーラブル(伸縮可能)であることで、ひとつのプラットホームで60系から90系までをカバーできる仕組みにしている。ホイールベース、前後オーバーハング、全高、車両重量などを自在に設定できるフレキシビリティを備えているという。

そのこと自体はユーザーにとって直接的な意味はないが、新開発のプラットホームは当然ながら軽量・高剛性化を進めることにつながり、生産の合理化がコストダウンにつながるなど、間接的にメリットをもたらすことになる。

XC90はでかい。アメリカ市場や中国市場などで大型のSUVが良く売れることから、そこでのおいしい商売を意識して大きなクルマが作られた。全長が5mに近い4950mm、全幅は2mに近い1930mmという大きさだから、日本では扱いにくくて仕方がないというサイズである。このクルマはこの時点でほとんど失格であると考えても良いくらいだ。

外観デザインはSUVらしい力強さを表現しつつも、新時代のボルボを感じさせるものとされている。SUVということもあって押し出しの利いた四角いデザインを採用しているが、昔のボルボが採用していたエッジの効いた四角さではなく、角の部分が面取りされてスタイリッシュなイメージの四角さが表現されている。

ヘッドライトにはTの文字を横に寝かせたようなデザイン処理が施されているが、これは北欧の雷神であるトールが持つハンマーをイメージしたものだという。これは今後のほかのボルボ車にも採用されるとのことだ。

インテリアはボディサイズを生かして広々とした空間が確保されている。7人乗りの3列目シートに座っても何とかなるくらいの広さがあるのは、ボディサイズによるところが大きい。また3列目シートがしっかり作られているのも特徴だ。

インテリアデザインも新時代のボルボを表現したものとされ、インストセンターの大型液晶パネルなど、これまでのボルボ車にないデザイン&操作系が採用されている。

液晶パネルはその左右に別の画面が隠されているようなイメージで、手で払うような操作をして画面を切り換える仕組みだ。最初は慣れが必要になるが、オーナーになればすぐに慣れるだろう。本革や木目パネルを使った内装は質感の高さも相当なもの。高級車のインテリアである。

XC90の搭載エンジンは直列4気筒2.0L。T5用はターボが装着され、試乗したインスクリプションはT6でターボとスーパーチャージャーの両方の過給器が装着されている。これによって235kW/400N・mのパワー&トルクを発生する。

大柄なボディのSUVでしかも駆動方式が4WDのXC90は、車両重量が重くて2080kgと2tを超えている。超重量級のボディである。それでもエンジンの動力性能には余裕があり、意外なくらいに軽快にこの重量ボディを走らせる。

排気ガスの圧力を利用するターボだけでなく、エンジンのクランクシャフトから動力を取るスーパーチャージャーが装着されているので、低速域から過給が始まってトルク感のある走りを実現する。アクセルの踏み込みに応じて排気ガスの流量が増えるとターボが効きだしてパワーが伸びてくる。

なので、XC90を走らせていてボディの重さを感じるシーンはほとんどなかった。いかにも余裕ある走りを示すのだ。

試乗車にはオプション(30万円)の電子制御エアサスペンションが装着されていた。30万円というのは何とも高いが、エアサスによる快適な乗り心地は十分に満足できるものだった。ボルボとしては初のエアサスだが、その仕上がりはなかなか良かった。

それ以上に良かったのは運転支援装備だ。XC90にはインテリセーフと呼ぶ14種類の先進安全装備をセットにした装備が全車に標準で装着されている。衝突回避・軽減フルオートブレーキや全車速追従型のアダプティブ・クルーズコントロールなどをセットにしたもので、高速道路では車線維持支援機構などがうまく働いていた。

XC90はボディが大きくて重いだけでなく、価格も高い。試乗したT6インスクリプションは本体価格が909万円の設定だ。試乗車には前述のエアサスを始め、プレミアムオーディオ、サンルーフなどが装着されて1000万円を超える価格になっていた。普通のユーザーにはとても手が出ない価格である。


レビュー対象車
試乗

参考になった34

このレビューは参考になりましたか?参考になった

koma966さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費3
価格4

85O、V70、V70R、XC70(複数台)と昔からのVOLVOユーザーですが今回のXC90は渾身の一台としてとてもいい車に仕上がってると思います。
実際にメルセデスGLE、GLC、アウディーQ7、A6アバント、allload、BMWX5等 と比較試乗しましたが、すべてがそろっているXC90に
たどり着きました。先進安全性はドイツ車を上回っていますし、インテリアは北欧のテイストが入っていて落ち着きますね。
4気筒エンジンですが非力さはなく、車重が軽いのとターボ+スーパーチャージャーで加速は十分。エンジン音も十分遮音されていて4気筒であることは忘れてしまう。シートヒーターやシートベンチレーションも乗り手に優しい配慮ですね。Applecarplayにも対応していてIphoneがシームレスに使用できるのも便利。45万のオプションB&W(Bowers&Wilkins)のオーディオはラグジュアリーな空間を演出してくれる。 
安全、楽しい、快適、便利、優雅と全てがバランスよく詰め込まれた一台です!(^^)

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
仕事用
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
ファミリー
快適性
エコ
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年5月
購入地域
神奈川県

新車価格
909万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

XC90の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった23人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

XC90 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

XC90
ボルボ

XC90

新車価格:813〜984万円

中古車価格:426〜875万円

XC90 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <76

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

XC90の中古車 (全2モデル/181物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意