『M4、C63との比較【ナビ、室内、ヘッドライト周り】』 レクサス GS F 2015年モデル しろうにさんのレビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
このページの先頭へ

『M4、C63との比較【ナビ、室内、ヘッドライト周り】』 しろうにさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

GS F 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:36人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
9件
デジタル一眼カメラ
1件
5件
カーナビ
0件
5件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費2
価格3
M4、C63との比較【ナビ、室内、ヘッドライト周り】

【ナビ】
GSFのナビのピンポイント設定そのものは住所も悩む事無く設定可能でした。
シフトレバー左に有る小さな四角いコントローラーがスティックとなり
それを上下左右に動かして操作するパターン。
操作そのものは直感的に出来ますが、少し反応が過敏なため操作性は△
←ひとつ左…のつもりが2つ移動したり等が有る。

しかしよいのは画面の大きさ、行き先設定での安心感。
そして地図更新が車載の通信システムで自動更新(初回3年間無料)。
もう一つの良さ。これ重要。
サイバーナビと同様のリアル渋滞予測をレクサス車に搭載のG-LINKでそこを
反映してくれると、営業の方は仰せでした。
これがどの程度有効になるのかそこまで聞けてはいませんがシステムとしては
サイバーナビ搭載車の渋滞情報をリアルタイムに処理 と似ています。
http://lexus.jp/service/g-link/g-route/
この記載を見る限り過去渋滞情報の履歴を予測につかうという記載も有るため
同等の効果は期待できそうですね。これは助かる。

M4は丸いジョグダイヤルを回しての操作。
地図縮尺の変更は回すだけなので凄い楽!
しかし目的地設定で回して○行へ移動→押し込んで決定→回して言葉を選択→押し込んで…
手間が掛かるのですね…嫁はココが非常に不満。
地図の更新も2〜3万ほどかかるらしいのですがDVDなどでのディスクによる更新。
それもどうも…BMWの場合は更新した最新Verが1年前の地図とのお話しが…それやだなぁ…

C63は一番先進的(笑)
大きなコントローラーの上部はノートPCのタッチパッドと同様の操作を入力。
文字入力も直接そこに指でカタカナや英語を打ち込めるという驚きの機能(^^;
←試しに左ハンドル車で英子文字 t を打ち込もうとしたら…
斜めに入力を受けつけたため x として認識されましたが…
レアケースだとは思いますが、とある温泉を設定しようとするとピンポイント設定不可でした。

遠方移動で慣れない場所へ行く際にそのような事が有ると
とりあえずその近くまで行ってスマホのGoogle先生にお世話にならないとダメです。
Mercedesもナビ更新は有料でディスクを放り込んでの作業との事。
データの新しさも期待できません。


【ナビまとめ】
・検索、設定に関して(精度は不明ながら) GSF>M4>>>C63
・見やすさ GSF≧C63>M4
・渋滞予測などの機能(G-LINKが説明通りなら) GSF>>>>>>M4=C63
・音楽再生環境:GSF(MicroSD&USB)=C63(SD&USB)>M4(USB)
 ブルートゥースはスマホ、ウォークマン側での再生になるのと音質劣化が著しいので
 搭載してあってもつかうつもりは無い。
・映像再生環境:GSF(Blu-ray可!!)>>>>>>>>M4=C63(DVD)
 数年前からDVDは使わなくなっているためこれも大きなメリット
 いちいちBlu-rayリッピング→プロテクト外し→mp4やDVD(TSファイル)への変換が不要なのは大きい。
・音質:C63、GSF共に未視聴な為今回は評価無し


スタイリングその他は個々の受け止め方なのでココでは割愛致します。


【室内空間】
というか、トランク周りで違いが何点か。

容量: 3社ともセダンだけに問題なし。
機能: C63(トランク下に足を差し込めばトランクの開閉共に自動
                   ↓
    M4(開くのはC63と同様)、閉じる際は手動
                   ↓
    GSF(室内から『は』ボタンで開閉)、要するに全て手動
トランクスルー:C63、M4問題なし GSFトランクスルー無し!ビックリです…
          センタースルーはありますがリアシートは倒れません。


【ナビ周りで追記】
サイバーナビのお気に入りポイント
→オービスマップがインストール可能
そしてポイントが近づくにつれ画面上でも音でも警告を発してくれる。
これは凄く便利。遠距離への移動の際に凄く重宝してます。

GSF
https://lexus.g-book.com/appcatalog/app/detail_10048.html

なんと同等の機能をカーナビへダウンロード&インストール可能でした…
その他ダウンロード可能なアプリ一覧はこちら…
https://lexus.g-book.com/appcatalog/app/index.html


【ヘッドライト】
・圧倒的にGSF、C63が夜間視認性は良いと想像されます。(夜間未試乗)
→日産がTVで対向車が来たらロービームに切り換えてくれます なんてのをしてますが非常に今更それで技術の日産をうたうのはおかしくない?と思っています。

この2車は常時ハイビームです。

対向車、前走車、歩行者 このような部分にだけロービーム照射
それ以外の部分にはハイビーム照射
そう。LEDでの照射ですから前方カメラで障害物等を検知、そこを照らすLEDだけを
部分コントロールにて眩しくならない様配光を自動で行ってくれます。

C63に積まれていて感動した機能でしたが何気にGSFにも積まれているのです…。



上記 私のブログより補記修正での転載です。
近々購入予定ですが何かしら参考になればと思いフォーマットを利用せずの殴り書きで失礼致しました。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車

参考になった5人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費2
価格3
M4、C63との比較【取り回し、エンジン、乗り心地】

1/22 レクサス住吉山手にてGSFの試乗をしてきました。

試乗申請時の心境
このぐらいの価格の車を選んでるんだから同じ土俵の車は乗っておかないとね。
試乗後の心境
普通に選択肢に入る良い車じゃない…どうしようこれ…


さて、住吉山手に到着すると入り口に黒のGSFが置いてありました。
ん?意外と小さい?
・全長 M4:4685mm C63:4755mm GSF:4915mm 一番でかかった(゜Д゜)
黒色による締まり感ってのは錯覚しちゃいますね…
・車幅 M4:1875mm C63:1840mm GSF:1855mm M3はブリスターフェンダー部が広いので
ほぼ車幅に関しては気にしなくても良い程度の差ですね。

※この後のM4に関してはOPのアダプテックサスペンション装備前提でノコメントです。

【取り回し】
・最小回転半径: C63(5.4m) > GSF(5.6m) > M4(5.9m)
 C63とM4の50cmの差…これ大きいですねぇ…ボディサイズはM4の方が小さいのに
 この50cmの差。
 一般道切り返し、Uターンなどで非常に大きな差が出ます。
 というかほぼ5mのロングボディを5.6mで収めるGSFが凄いのか?(笑)


最近の試乗履歴からで見ると初の過給器無し、NAエンジン。
燃費対策として過給器を付けなかったのは意図的なのか開発が間に合わなかったのか…
3種の中で一番重い1830kg、低回転時のトルクも他2種に比べて細め。
流石に軽く足に力を入れてもガツッとくる感覚はありません。マイルド。
しかし50〜60kmぐらいまでの一般走行速度まで速度を上げていく際に感じたのは
踏んだ分だけ加速をする感覚がきっちり一致します。
言葉にすると滑らか、マイルド、リニアという感じ。
妻は運転しやすいという感想でした。
アクセルの力を入れる、抜くというホンの微妙な操作をエンジン側が受けつけてくれます。
ドライバビリティが3車種の中で格段によかったです。

その古さは乗ってみると感じられず、エンジンを1基1基モーターで回して
回転のバラツキを抑える調整を施してから積むというこだわりが良い結果になっていそうです。
※本当の音(これ今回チェックし忘れ…)、パワー感は4000rpm〜7000で味わえるらしく
  今回はそこまで回せる事がありませんでした…
  また音もスポーツモード、スポーツ+モードで変化するとの事。
  そこまで確かめるにはちょっと高速にでも乗らないと無理ですね…
※言葉で伝わらない重要ポイントは振動です。
  路面の振動だけで無く、停止時に軽く空ぶかしをしてもビビり感などがこないのです。
  AMG C63『S』の流体性エンジンマウントが入ってるのかと思うほどでした。

【エンジンまとめ】
・低、中速域からぐっとくる加速感を求めるなら選外。
・7000回転迄ストレス無く回す感覚、そして扱いやすいパワーを求めるならこれ一択。
・燃費:論外 昨今はNAの方が燃費が悪いというのが定石。実燃費7km/l辺りとなるのは酷い。
 この車だけ唯一…アイドリングストップ無し なぜ??


そして足回り。
高速に乗れず、100km↑でのインプレは無しとします。
一般道の試乗も路面が普段走らない道のため純粋な比較はしにくかったのですが
M4よりは乗り心地のいい足、突き上げ感もありません。
角無し。高評価。C63寄りの足回りです。
M4よりもロードノイズを拾わない静閑性もありましたね。
一押しのポイントとなるであろうTVD。
これは流石に一般道で恩恵を感じるも何もわからずのまま…(笑)
分かりやすく書くと…小さなコーナーだと外側後輪にパワーをかけ、
より小さく旋回できるように(アンダーやオーバーが出ないように)トルクコントロールを施す。

GSFの場合は駆動力を減らすだけで無く、増やしてより積極的に荷重移動をフォロー。
一説ではドライバーが意識する事無く作動するらしいのでその恩恵を気が付かぬまま
軽快な動きを見せる車、運転が巧くなった というような感覚を受けてしまうかもです(笑)


【足回りまとめ】
・乗り心地がいい これはシートの適度な硬さにも因るところが有ります。
・悪く言うととんがったところはありません(笑)
 →M4だと乗ってすぐにスポーツカー!を意識させてくれます。
 →C63だと重厚などっしり感があり高級感が伝わる感じです。(フワフワではありません)
・各種設定(コンフォート、スポーツ等)の設定
 C63>GSF>>M4
 C63はラストメモリーが有効設定になるためコンフォート設定で車を停めても
 そのまま設定が残ります。
 GSFはノーマルがデフォルト設定のため街乗りとしては○です。
 但し、eco設定でつかう事をメインにすると…毎回ノーマルに変わるのは△です
 M4必ずスポーツモードに戻ります。これは一般道では若干突き上げ感があるため
 毎回手動でノーマルに戻す必要がありこれは…ちょっときつい。


上記 私のブログより補記修正での転載です。
近々購入予定ですが何かしら参考になればと思いフォーマットを利用せずの殴り書きで失礼致しました。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「GS F 2015年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

GS F 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

GS F
レクサス

GS F

新車価格帯:1144万円

中古車価格帯:429〜929万円

GS F 2015年モデルをお気に入り製品に追加する <11

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意