プジョー 508SW 2015年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ

508SW 2015年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:508SW 2015年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
Allure 2015年1月10日 フルモデルチェンジ 1人
満足度:
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:1人 (プロ:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 無評価 4.34 -位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 無評価 3.93 -位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 無評価 4.13 -位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 無評価 4.21 -位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 無評価 4.05 -位 乗り心地のフィーリング
燃費 無評価 3.89 -位 燃費の満足度
価格 無評価 3.88 -位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

508SW 2015年モデル

508SW 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:226件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール神奈川県藤沢市生まれ、現在茅ヶ崎市在住の湘南中年。少年期に5年間イギリス・ロンドンに在住していた事から、欧州車に興味を抱いたきっかけになった。慶応義塾大学卒業後、輸入車専門誌にてライターを始める。その後、育った英国に渡りレース活動などを経…続きを読む

満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ダイナミックな印象となった顔つき。エンブレムもグリルへ移動された

美しい曲線を描くサイドラインは、上品な印象

リアデザインもまとまりがあり、美しい。

ヘッドライトは可変式のLEDを採用している

直列4気筒1.6リッターエンジンは165ps/6000rpmを発生

インテリアは落ち着いたくつろげる空間

2015年1月にマイナーチェンジを敢行し、現行モデルであるプジョー 508SWに試乗しました。今回もメーカーの広報車両をお借りして200キロ程度の距離を試乗しました。

走り出してすぐに感銘を受けたのは、”フランス車濃度”が高いことです。
同社「308」では、Volkswagen「ゴルフ」をライバルとし、ドイツ車風の引き締まった乗り心地でしたが、「508SW」では、ダンピングも心地よく吸収し、たっぷりとしたストロークのサスペンションが、上質な乗り心地を提供してくれます。これは、思わずニンマリ。この25年フランス車を乗り継いできた筆者にとり、そうそう、この感じ!だよね。と独り言。脚回りの剛性は高いながらも、路面の凸凹をなめらかに通過していく感じです。

発進加速もトルクフルで、直列4気筒1.6リッターターボエンジンは、まるでV型6気筒エンジンのような滑らかかつ、実にスムーズで軽快です。アクセル開度に対するエンジンパワーの盛り上がりも極めて自然で、好ましいもの。

法に則った範囲でアクセルを深く踏み込んでみるとダイレクトに反応し、気持ちよく速度を上昇させていきます。ただ、一瞬ではありますが、ターボラグが発生することもあり、加速を待たさせることもありました。ZF製6速オートマチックは、実に滑らかな変速で、シフトアップ、ダウンともに思ったように加減速をしてくれます。

高速道路の合流で法定速度までアクセルを踏み込むと、上質感を保ったまま、充分過ぎる加速力を発揮します。迅速な追い越し加速を得たい場合は、そのままでは、パンチ不足です。シフトダウンで高回転域まで回してやれば、その分ドライバーが望む加速を得られます。

ハンドリングは、昨今の輸入車とは異なり、ややダルい印象です。これがフランス車らしくて好きな方にはたまりません。操舵感も適度に軽く、タイヤからのインフォメーションも手のひらにしっかり伝わってきます。スポーティなハンドリングを求める方には、少々不満が残るかもしれませんが、しっとり落ち着いた印象です。

静粛性はいかなる状況でも静か。排気音のこもりや風切り音、ロードノイズも最小限。エンジンを高回転に回した場合は、心地のよいサウンドがキャビンに届きますが、ガサついた感もなく、好感が持てます。

インテリアの質感も高く、ダッシュボード、ドア内張り上部など、細部まで全てソフトパッドとなっており、全体的な雰囲気もドライバーを落ち着かせてくれる。ドアの開閉の感触も、「308」に比べ、重く重厚感があり、「ボスン」と閉まります。

次回のモデルチェンジではおそらくバーチャルメーターになってしまう可能性が高いですが、「508SW」の繊細なデザインのアナログメーターは視認性も高く、中央に小径の3連アナログ式メーターが設置されているのが渋いです。特に油温計もアナログなのは、メーターマニアの筆者にはそそりました。

最後の「508SW」には、全てにおいて優秀で大きな欠点のないクルマでした。
上質で、使い勝手のよいワゴンをお探しの方には、最適です。





レビュー対象車
試乗

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

508SW
プジョー

508SW

新車価格帯:397〜464万円

中古車価格帯:169〜369万円

508SW 2015年モデルをお気に入り製品に追加する <23

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意