トヨタ MIRAI (ミライ)レビュー・評価

このページの先頭へ

MIRAI (ミライ) のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
MIRAI (ミライ) 2020年モデル 3.25 自動車のランキング 10人 MIRAI (ミライ) 2020年モデルのレビューを書く
MIRAI (ミライ) 2014年モデル 3.84 自動車のランキング 17人 MIRAI (ミライ) 2014年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

MIRAI (ミライ) 2020年モデルの評価

評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 3.67 4.33 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.18 3.92 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.90 4.12 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.00 4.20 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.41 4.04 -位
燃費 燃費の満足度 2.98 3.87 -位
価格 総合的な価格の妥当性 2.09 3.86 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

北風急行さん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:225人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
10件
30件
自動車(本体)
4件
5件
デジタル一眼カメラ
0件
7件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地5
燃費4
価格3

   

   

【エクステリア】
これほどフロントとリヤの印象が異なる車は珍しいと思います。
顔は薄くてやや釣目のヘッドライト、その厚みでボンネット部分を少し浮かせたように見せるデザイン。左右のエラのような空気取り入れをイメージしたというエアダム。前かがみにシャープさを押し出した秀逸で個性的なデザインだと思います。
 対してリヤから見ると、幅が狭くて背が高いセダンとしてのかっこ悪さが見えてしまいます。特に遠くから見るとその特徴は顕著です。
 ピラーと屋根をブラックに塗装され、ルーフサイドが浮いたように見せる色分けも面白いと思わせます。
【インテリア】
 新しい車を作るために、様々なチャレンジをしたと思います。エアコンなどの操作がタッチだけで操作するスイッチで見た目ボタンが少ない平板なパネルは、斬新ながらも運転しながらの操作性は今一つです。特にエアコン温度設定のバー式のスイッチは、微妙にコンマ5度の調整が難しく、一気に4,5度も変わってしまいがちです。
 合成皮革のシートは私的には比較的ホールドも包まれ感があっていい感じだと思いますが、ちょっと蒸れやすい感じです。気になったのは後席の足元が狭く、普通の車では前席シートの下に足が少し入るところ、まったく隙間がないため少し窮屈です。それと定員4名は例え家族が3,4人だとしても使い勝手は今一つ。私のようにほぼ単独乗車ならいいですが・・・
 珍しいセンターメーターを採用していますが、私は前車のプリウスPHVで慣れているせいもあり見やすいと思っています。瞬間燃費や日ごとの燃費などの情報、FCVシステムの作動アニメーション、レーン逸脱警告表示などの表示デザインもトヨタらしく、よく考えられているなと思います。
【エンジン性能】
 燃料電池自動車ですので、そのシステムからいえば、電気自動車の延長線上にあります。モーターを介して駆動、エネルギー回生を行いますが、その電気を燃料電池とニッケル水素バッテリーで行っています。
 モーター駆動系の騒音は皆無でわずかに電車に近い音がするかな、という感じです。動力性能は車格に対して必要十分です。比較試乗したリーフとはここが大きく異なる部分で、リーフのキーンという耳障りな音がミライでは小さく抑えられている、あるいは少し周波数が低いのかもかしれません。
 惜しむらくは、FCVシステム系の「ブイ〜ン」「カチカチ」「コンコンコン」というエンジン車にはない音が頻繁に聞こえてくることで、このあたりの遮音に拘ってほしかったと思います。
【走行性能】
 動力性能にあまり不満はありません。普段使いにまったく不足ない走行性能です。モーターの特性か、あまりトルク感を感じさせないため、あるいはトラクション性能には少し弱いのかもしれませんが、濡れた登りの坂道で簡単に空転が起こってしまいがちです。
 フロア剛性が高いのか比較的安定感が強く、前車プリウスPHVのようなハンドリングの頼りなさはなく、高速での直進性にも優れていると感じます。
【乗り心地】
 一昔前のセダンの乗り心地、という感じで非常に柔らかくて乗り心地がよく、時に締まりがないなと感じさせる時があります。走行性能より乗り心地に振った性質とは思います。
 快適性能という面では、夏の日差しで室内の天井からの輻射熱が酷く、トヨタ車としては珍しくエアコンが負け気味だという面があります。特に後席は顔より上がムワッとした熱が感じられ、快適性をスポイルしています。もう少し天井の遮熱を上げてほしいと思います。
【燃費】
 FCVとしての燃費はどう比較すればいいのかわかりませんが、特に悪いと感じることはありません。印象的には重量が重いこともあり、街乗りや上り下りがある場面と、時速100qあたりから上の燃費悪化が大きいと思いますが、時速90qあたりでゆっくり走った時と回生エネルギーの出し入れが効率的に行えれば水素1キロ当たり120qを越えてきます。
 私の場合の航続距離最高記録は、東京築地の水素ステーションからアップダウンの少ない東名高速ー伊勢湾岸ー新名神を使い、兵庫県加西市を折り返して大阪国際空港の水素ステーションまでの626.3kmを走行し、この時の残り航続可能距離17qという、カタログ数値650qに近いものでした。
【価格】
 私は中古車を大阪トヨタ自動車から購入しました。すでにこの時200万円台だったので、車体価格的には非常に割安感がありました。
【総評】
 電気モーターで駆動する自動車に乗ろうと、プリウスPHVの後継車を探していました。BEVであるリーフやPHV系のアウトランダーなども考えましたが、充電時間の長さや手間を考えると購入意欲が湧きませんでした。
 このミライのような燃料電池自動車も、致命的なのは水素ステーションの少なさと、その営業時間の短さで、長距離を走るためにはよくよく水素補充の計画を考えていかなければいけません。私の場合は、そういうことを考えて計画しながら走ることが「面白い」と感じるところです。
 水素の製造運搬圧縮などにかかるエネルギーを考えれば決してエコロジーではないと言われますが、昨今の世界情勢から化石燃料に頼るだけのエネルギー依存から少しでも冗長性を持たせないと、そういう意味で世界が壊れる気がしてなりません。FCVはダメだと決めつけ発展を止めている間に、他国に出し抜かれて置いてけぼりにされる気さえします。
 とにかく全国に24時間営業の水素ステーションを設置してほしい。そう願い、そんな未来が近くに来ていることを想像しながらミライに乗っています。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
快適性
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ハンバーグが好きださん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:504人
  • ファン数:1人
満足度1
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費1
価格1

<試乗レビュー>

長所としては、シャシーがしっかりしてる、剛性が高い。その結果走り味や乗り心地に寄与している。

短所、まず乗り降りがしにくい。屋根が低いからかステップが高い&太いからか前席も後席も(とくに後席)屋根に頭をぶつけそう(ぶつけた)。
そしてFCVの最大の欠点として水素ステーションが各都道府県に1つくらいしかない事と水素の単価が高いことによる走行コスト(燃費)の悪さ。ガソリンに換算するとリッター20から25キロ/Lという大したことない燃費。地球にやさしいとか言っても財布に優しくないわみたいな印象・・・

水素がもっと手軽に安価に入手できるようにならなければFCVなど検討のテーブルにすらのらないと思う。
さらにいえばトヨタは国から要請されてこの車を作ったと聞く。国はもう少しインフラをよく考えてメーカーに要請しなきゃダメだと思う。

レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

聖貴さん

  • レビュー投稿数:37件
  • 累計支持数:424人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
13件
53件
液晶テレビ・有機ELテレビ
2件
41件
グラフィックボード・ビデオカード
4件
11件
もっと見る
満足度1
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費2
価格1

Z“Executive Package Advanced Drive買いました。
ベンツの新型Sロングも所有しているので、高級セダンとしてどうか?
というレビューになります。
近日センサーの物理アップデートを控えている関係で
アドバンスドライブ関連のレビューは追記するかもしれません。

【エクステリア】
外見を語るうえではずせないのはエアロダイナミズム。
ひときわ大きなフロントのエアダクトが目に入るんだけど、
そこから自然に視線が左右上下に誘導されます。
下にはフロントリップのメッキ、左右にはエアダクトの形状、
上方向にはヘッドライトとボンネットにプレスラインと絶妙。
ワイパーがセミコンシールドで隠れているのもあり
クラウンよりも上品かつイケメンでレクサスより無駄がない。

輝度抑え目で上品な光沢のある20インチの大口径ホイールから続く
フロントから流れるような形状の空力を突き詰めたサイドシルと、
サイドのガラスラインを一直線にビシっと揃えた形状のサイドビューは
地上高の高さを感じさせない見事なデザイン。こちらも無駄がない。

リアは樹脂多めで赤いブレーキランプも合わさってかなり安っぽいけど、
さすが水素。マフラーがない。これによりディヒューザーの空力を利かす
究極のエコカー的な説得力はある。前向き駐車でお願いします駐車場では無双できる。

【インテリア】
かなり不満
起動させたときのTFTカラーメーターからナビまで連動した視覚効果が新しく
アナログメーターがなく液晶とステアリングスイッチとボタンのみで操作する
スマートさが際立っている良く言えば機能性重視のデザイン。
一言でいえばチープさはないけど高級感もない。
しかし問題はここから。車がデカイからかエアコンスイッチと
液晶パネルが遠くて操作性がとても悪い。
腕を伸ばさないと画面やスッチに届かないから狙って押すのが
めちゃくちゃ難しい。何回も押し間違える。
さらにハザードとパーキングがハンドルに隠れて押しずらい。
駐車とか乗り降りさせるたびに視線を外してボタンを探すレベル。せわしない。
後席の狭さと天井の窮屈さは前期型アクアみたいなコンパクトカー並。
良く言えばポルシェ911と同等。座ることもできる荷物置き場。
カタログは後席がショーファーみたいに使える的なこと書いてあるけど
まったくそんなことはない。カタログは盛りすぎ。実際はすごく窮屈。
と贅肉をそぎ落とした無駄のない内装のおかげでベンツSより静か。
上級グレードは遮音材が増えてるおかげか
ロードノイズと風切り音はもちろんあらゆる騒音とは無縁。
これはホイール形状もあると思う。モーターだから静かではなく
車そのものが音を発生させないデザイン。エンジンの音がないおかげで
相対的にロードノイズを感じてしまうけど、ETCの音声案内とか
ボリューム小さくても聞き取れてしまうぐらい静寂。
2シーターセダンとしてならばベンツSを凌駕する上質さがある。

【エンジン性能】
モーターのトルクがすごい。
FRならではの後ろからのガッチガチな加速感は
ポルシェタイカン並。

【走行性能】
見た目からは想像もつかないのがここ。
シャシーの剛性がすごい、というのがよくわかる。
走行モードにスポーツがあるんだけどハンドルの締まり方がまずビックリ。
ハンドル操作に遊びがなく後ろが完璧に追従してくる。
スープラRZよりも足が固いぞこれ。ただ硬いだけじゃなく
いなすことはいなすし、固めることは固める。小回りは効かないけど
狙ったとこに車が動く。こんんだけでかくて重いのに。
車体重量を考えるとマジで???状態。なんだこれすごい。

【乗り心地】
エコかノーマルモードならレクサスに匹敵。ややベンツに劣る。
しかし水素ならではの静寂さと、剛性おばけなシャシーと
いなしのうまい足回りでこの乗り心地は比肩する車がない。
ベンツSよりすごいというか比べられない。トヨタすごい。

【燃費】
水素はレギューラーガソリン並ですが、これがやっかい。
地方に出かけたくても燃料が入れられないからでかけられない。
水素ステーションは土曜日休みとか日曜祝日休みとかみえない制約や
縛りがありすぎて休日の遠出は難民化まったなし。運転楽しめる環境ではない。
しかもエアコンつけると航続距離が1割減る。
譲歩できたとして水素ステーションは年中無休24時間。
航続距離もあと+100キロはほしい。

【価格】
レクサスLSほどではないけど無駄に高い。国と市から補助金出ても、、、ねえ。
ここは価値観かな。人にはオススメできない車。クラウンで十分。

【総評】
今日首都高でビッグサイトにいったんですけどアドバンスドライブが誤作動しました。
強い反射光を隣の車からうけるとヘッドアップディスプレイに
表示されてる車影がもろに衝突してる(午前10時ごろ首都高5号池袋線)。
それでいて急停車とかはないけど、、、逆に大丈夫かと不安になる。
まじで焦ったのは黄色い車線のセンターラインオーバー。竹橋jct江戸橋jct間。
カーブで前の車両追従できなくなって車線はみだしてからハンドルまで
オートドライブでもってかれてヘタしたら事故ってた。路面状態が雨なら、、、恐怖。
そして唐突なアドバンスドライブ終了しますもヤバいし
合流とか分岐で唐突にアドバンスドライブが終了するしで
アドバンスドライブが可能かそうでないかの条件がわからない。
トヨタのテストドライバーの苦労を判らされる車。アプデでどうにかなるんだろうか。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
仕事用
頻度
月数回以下
重視項目
高級感
快適性
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年4月
購入地域
埼玉県

新車価格
860万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

MIRAI (ミライ)の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった20人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

lexawallさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度3
エクステリア2
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格4

【エクステリア】先進的だがちょっと不格好。自分の好みとは少し違う。特に2020年型が発売されてからはなお不細工に感じてしまう。

【インテリア】可も無く不可も無く。全体的に大雑把な作りで高級感はあまり感じられない。

【エンジン性能】モーターで走るのでエンジンでは味わえない快適さが体感できる。純粋EVは乗ったことが無いが、楽しい車だと思う。

【走行性能】高速では十分安定している。狭い道は少し苦手かな。

【乗り心地】700万円の車とは思えないが、決して悪くは無い。タイヤも細いのでロードノイズも少なく静かに乗れる。

【燃費】リッター10kmのガソリン車と同等と言ったところか。ガソリンスタンドは税込みで表示しているが水素は外税。自動的に1割高くなる。昔はENEOSが岩谷に比べて100円安かったが、今は値段も横並びになってしまった。

【価格】補助金ありきの価格でしょう。

【総評】インフラの整備が必須。おまけに開店時間も9:30から5:30。土日のいずれかは休み。こんなのでは週末にゴルフに行けません。24時間営業、休みは平日にして土日はフルにオープン。そうしないと普通のサラリーマンは乗れません。そして週末に遠出が出来ません。満タンで400kmの走行ですが、綿密に計画しないと給油(水素)ができなくて、とても遠出しようとは思えません。車に乗らなくなる、これが究極のエコカーでしょうか?

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
月数回以下
重視項目
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年7月
購入地域
東京都

新車価格
723万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
5万円

MIRAI (ミライ)の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あわもんさん

  • レビュー投稿数:37件
  • 累計支持数:868人
  • ファン数:3人
満足度5
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格1

 最新型の試乗ができましたので、参考になれば、幸いです。

【エクステリア】どこにも破綻が無い、素晴らしいデザイン。クーペ仕様だ。ただ、将来の自動運転用のセンサー用という穴が見事に塞ぎました感あり。マイナーチェンジの時でよかったのではと思う。サイドミラーが馬鹿でかい。カメラ型も評判良くないし、全体のデザインをどうも頂けなくさせている。

【インテリア】機能は沢山ついているのだが、どうも古くさい。おじさん車、社長の社用車よろしく、バックシートの
手すり。私には、返って乗り降りしづらい。衝突の時に胸、頭打たないか心配してしまう。

【エンジン性能】これは、もう未来!排出が、H2Oのみ。いいね〜。

【走行性能】パワーは、凄くあるので楽。スッとスッキリ走る。何の音もしない。高速の合流でも余裕なのが
想像できる。とにかく踏めば、その分走る感じはすごい。

【乗り心地】荒れた道の試乗ができた。何?平坦な道なのと勘違いするぐらい完成されたサス。さすがに
高級車の本質をついている。昔のようにフワフワではなく、しっかり、ビシッとしているが、鏡面を走るのを実現。
気持ち良い。

【燃費】言うことない

【価格】補助金があっても、まだまだ、高いが、手が出ない価格ではない。現状だけでは、パフォーマンス悪い

【総評】最先端技術なのだから、クラウン然とする必要無いと思われる。
その層だけを狙っているのなら、多分売れない。水素ステーション云々もあるが、600KMぐらいは、余裕で
走るようなので、あまり、気にしなくてもよいかと思う。とにかくこの技術が乗用車にあることだけでも驚異だ。
もう少し、アッパーミドル層の心を掴むデザインや内装を出して欲しい。その技術は十分あるのだろうが、当該会社
の古い役員があれこれ言ってこうなってしまっているのだろう、残念な車となっている。

レビュー対象車
試乗

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

BigBenzさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
127件
イヤホン・ヘッドホン
0件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア2
インテリア2
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格3

トランクレジ袋フック1

トランクレジ袋フック2

計器盤に外光が当たった状態

エクステリア
フロントデザインがいまいち、全体のまとまりがない。
白色を選んだので、サイドのライダー窓が目立ちかっこ悪い。まるでイージス艦のレーダーカバーのようです。
天井が凹んだデザインがいまいちです。空力特性が良いのでしょうか?
ボンネットの半円ラインのデザインがいまいちです。背丈があるFCスタックとの干渉故の形状のようです。

驚きポイント、気の付いた点
スマートキーが両手を使わないと省電力(防犯)モードに出来ない。
今までも必ず降車後直ちにやっていたことですが、前車であれば片手で出来たことが出来ません。

助手席側がドアは、降車時にドアレバーを1回引いただけでは開きません。
2回引かないと開きません。面倒です。
走行を始めると車速感応でロックが掛かりますが、停車時には解除されていません。
前車も車速感応でロックは掛かりましたが停車時には解除され1回でドアが開きました。

トランクの開閉がやりずらい。手を汚さずにトランクを閉めることが出来ない。
ワンアクションで閉めることが出来ない。一旦フックに手を掛けてある程度閉めたのち、トランクの上部に手を移して半トランクの位置まで押し下げてからクロージングアシストによって閉めなければなりません。かと言ってフックに手を掛けて勢いよく一気に閉めてしまえばと思うのですが、フックは手のひらを上にして引き下げる構造であること、トランクの開閉支点の位置が悪い事と、トランクヒンジの横剛性が弱いので、勢いよく引き下げてもキャッチにフックがストライクではまらず、結局トランクの上部に手を置いて閉めています。
本当に使いずらいトランクです。
前車は順手でも逆手のどちらでも手を使え、ハンドルはトランクリッドの左右に付いていました。

オートトランクオープナーを是非付けて欲しいです。MIRAIのようなトランク形状でもオートトランクオープナーを付けている車種もあります。

後方ドアのクロージングアシストは要らないので、トランクオープナーを付けて欲しい。

前方ドアにはクロージングアシストが付いていません。

レジ袋フックが無かったので自分で付けました。

HUDの構造が良くない。前方ガラスにHUDのユニットが映ってしまう。
光量が小さいので、外光が少し強いだけで映像が読み取れなくなる。
表示の中心がドライバーの視線の中心より3pぐらい左に位置している。

ADS関連のスイッチがデザインが悪く、ブラインドタッチで操作できない。
いちいちスイッチに目を移して操作するのでは何のためのHUDでしょう。

シートの高さ調製の幅が小さい。
ハンドルの前後調整の幅が小さい。
助手席の高さ調整が出来ません。

メーター保護パネルの設置角度が悪いのか、外光が差し込んだ時、表示が全く見えなくなる事態が度々起きます。
いっそのこと全面液晶パネルにすれば余計なパネルは不要になるのですが。

ナビ画面のデザインが良くない。エアコン関連の表示は物理スイッチを操作した時だけポップアップすれば良い。
一人乗車の時、運転席のみのエアコン作動になるのは良いアイデアです。

シフトノブ用のLED照明(直径1pくらい)の光量が小さすぎ用をなしていません。

後部ドアのサンシェードが使い難い。引っ掛けフックが、裏側の直視できない場所にありほとんどの人がうまく使えない。

動力性能
パワーフルとは言えないが、アクセルを踏んだ時、ガソリン高出力車にありがちな一寸の遅れがないので街乗りではストレスなく十分な性能です。

走行性能
かなり静かですが、僅かにロードノイズは入ってきます。しかしこれを消すにはノイズコントロールなどしか無いのでは思います。

オーデイオの速度感応音量調整が付いているがその変化量が変更できない。

LTAの反応が遅く感じます。以前乗っていた車と比較すると不安になります。

回転半径が大きい。

凸凹路を走行中にボコンボコンとこもった太鼓音がします。後席に人が乗ると収まります。

足回りは、街乗り程度の速度域ではもっと緩めて欲しかった。Benz Sより硬いのには驚いた。Sではほとんど感じることのない横揺れを拾ってしまっていた。電子制御までとは言わないが、多少コストを掛け、もう少し速度域を拡げた足回りにして欲しかった。せっかくの2トン近い重量が生かされていない。
最近は単に締め上げた足回りが良いと言う風潮があるように感じますが、本当に良い足回りは状況に応じて変化出来る足回りだと思います。

燃費など
まだ一度しか水素補給していませんが、98q/sでした。
エアコンは入れたままですが、エアコンの消費電力が極端に小さいようです。
また、遮熱が非常に良く、青空駐車の車に戻っても驚くほど熱気を感じません。
驚くほど熱を発生しません。ボンネットを触っても全く熱を感じません。
車庫に入れたとき車庫が熱くなりません。

総評
水素で走るという一点だけで購入しました。
52年振りのトヨタ車です。
細かいところは目をつぶってと思っていましたが、気になります。
完成度を上げて下さい。
少しずつ好きになりたいと思います。
数か月後に再レビューを書きたいと思っています。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年7月
購入地域
神奈川県

新車価格
860万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

MIRAI (ミライ)の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった22人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

クリクリ1919さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:669人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
33件
液晶テレビ・有機ELテレビ
0件
2件
洗濯機
0件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費3
価格3

【エクステリア】
先代と比べたら遥かによくなったと思います。LSと同じプラットフォームを使用されており、最近増えてきたクーペのような形状がよいです。最近のトヨタ車で多くなった横一文字のランプも夜間は意外と綺麗でよいです。
サンシェードが欲しくてExecutive Packageにしましたが、リア部3面のプライバシーガラスがかなり濃いため不要でした。
トランクは想像していたより小さく、トランクの床の下側にも物を入れる場所もないです。残念なのが流れるウィンカーが前か後だけでもほしかったです。

【インテリア】
高級車らしい雰囲気はかなりよいです。シートも包み込むような形状で座りここちがよいです。ただし、細かい箇所にコストダウンしているところがあり、700万円以上する車としては残念なところが目につきます。
水素タンクの影響で真ん中の出っ張りがかなりあり、左足を広げにくにと、後部座席の真ん中にもかなりの出っ張りがあり、左右にシートを移動するときは足を上に持ち上げませんと移動出来ません。後部座席も車の長さに比べればかなり狭いです。
運転席まわりの小物入れがあまりなく、おくだけ充電はオプションにして、通常は小物入れのようなものがよかったです。
ナビ画面ですが、横長の大きさですが全画面にナビ等の画面表示が出来ないのが残念です。確かレクサス車では出来ていたと思いますが、これもコストなのかな?
JBLの音が意外とよく大変満足しています。
 
【エンジン性能】
やはりモータなので、走り出しはかなりよいです。高速走行も特に不満のありません。
最大の特徴である燃料電池で走る車。走っても排ガスを一切出さないのは大変いいですね。水素充填の時間も早く、3分程度で完了する。

【走行性能】
ロードノイズも少なく、剛性もよいと思います。
ただ、車は後輪駆動で車が長いため、小回りが利かないですね。
 
当方が購入したグレードにはAdvanced Driveが装備しております。
ハンズオフをしない場合は、他のトヨタ車の中央維持機能と比べて優秀な中央維持走行が出来ます。また急なカーブも事前に減速し走行します。
ただし、ハンズオフ機能をした場合、ハンドルを持たなくても良いだけで、周囲への注意義務は必要になるため、中途半端な感じがあります。また、ハンドルを持たなくて前と周囲だけを見ているだけでは、かなり眠気を誘われ、何度も眠気を感知されシートベルトを引っ張られました。
また、制限速度が60〜70km程度の都市高速系やバイパスでは、かなり車も多く頻繁に車線変更も出来ません。遅い車の後ろについてしまった場合、車線変更出来ずずっと走ることになります。また合流のとき、加速車線が短い場合は認識が出来ないため、当たりそうになるか急ブレーキが作動するかという状態になり、側面のセンサーが欲しくなります。
途中で料金所がある場合、手前でモードが一旦終了になり料金所を通過すると再度、モードがONとなります。
今後の期待としましては、ソフト関係は今後も通信によるアップデートとハード関係はセンサーの追加も実施する予定。
価格は無料で、既に後付けセンサースペースも用意されています。

【乗り心地】
セダンによくあるふわふわした感じがなく、やや硬めで地面に張り付ている感じがあり、非常によいです。
ただ、水素タンクの影響もあり、肘掛けの位置が人によっては高く感じるのではないかと思います。エンジンルームがかなり長く感じ、前方は肉眼ではなかなか見難く、前方カメラとパノラミックビューモニターがかなり役にたっています。

【燃費】
500km程度しか走っていないので、しっかりとしたデータはまだありませんが日常の使用の場合、90q/kg程度のため2.4〜2.5Lのハイブリットクラスのコストなのかな?と思われます。

【価格】
住んでいる自治体によって補助金が違うため、なかなか判断に差がでます。
当方の住んでいる地域は自治体からは補助金がないため、国からの100万程度の補助金しか出ないため、かなり割高と感じます。脱炭素を掲げている割には、先代の比べて補助金額が下がっており、国はなにがしたいのかがよくわかりません。
このクラスの価格でしたら、レクサス車、外国車も十分に買える価格ですので、新しいもの好きか、人と違うことがしたいような方しか買わないような車と思います。
 
【総評】
車としては完成度も高く、Advanced Driveもこれから進化していく前提になっておりまだまだ期待がもてる車と思います。
今回の燃料電池車は2代目、ハイブリット車のプリウスも2代目のときにデザインはあまりかっこよくなかったがかなり熟成された車として、一気に普及したと記憶しています。今回も同様になるように非常に期待しています。
ただ、一番の問題はご存知のように、水素ステーション数が圧倒的に少ないことです。
また、現在あるステーションも営業時間が9時〜17時しかあいていないところが多く、仕事前、仕事後に平日行くことができません。
そのあたりが大きく改善していけば期待が出来るのではないでしょうか?

使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年7月
購入地域
兵庫県

新車価格
860万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
25万円

MIRAI (ミライ)の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

よっしー2005さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:47人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
2件
プリンタ
1件
2件
タブレットPC
0件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

旧型ミライから新型に乗り換えました。
購入したのはGグレードのAパッケージです。まず注意したいのは自動運転機能が付けられるのは上位グレードのZのみです。GグレードにはAdvanced Driveの設定はありません。
Zグレードは航続距離がGと比べ100kmも少なくなってしまうことです。満充填時の航続可能距離が100km少なくなると、旧型のミライとそんなに変わらなくなってしまいます。
さらにZグレードでAdvanced DriveのタイプにするとAC100Vのアウトレットで使える電力値が100Wまでになってしまいます。(他のタイプは1500W)これでは災害時に使える電化製品が限定されてしまいます。

【エクステリア】
かっこいい外観で気に入っています。旧型ミライはSAIベースなのでどことなくずんぐりむっくりした印象ですが新型ミライはレクサスのLSベースなので車高や天井が低く流線型でかっこよくなりました。
ただ難点を言えばトランクは小さいです。またこの価格帯の車だったらオートクローザーが欲しいです。トランクも手動でオートクローザーも付いていません。このあたりはもっと改善できたのではないでしょうか。

【インテリア】
総じていいと思います。旧型ミライは変にエアコン操作周りがタッチパネルだったりして誤操作の原因となっていましたが、新型では各種スイッチ類は物理的なスイッチになり誤操作しにくくなりました。天井ライトはタッチ式で明るく、使いやすいです。

シートポジションの記憶機能はZグレードにありますがGにはありません。差別化のためにそういう仕様にしたのだと思いますが、たいした機能ではないので全グレードに標準装備にしてもいいのではないかと思います。

カーナビ画面は中央に鎮座していますが横長なので視界を遮ることはありません。無駄なスペースが多く画面の大きさは確保しつつも、もっと小さくできたのではないかと思います。
カーナビの画面設計(UI)には不可解な部分が多々あります。まず地図画面が全画面にできません。必ず画面の1/3にはエアコン操作画面や燃費等の画面が出る設計です。エアコンの温度設定は物理ボタンがあるのでナビ画面の1/3を潰してまで設定ボタンを表示させる意味がよくわかりません。
カーナビ画面はあくまでも地図がメインであって、地図を大画面で見たいのです。
設定でその画面がON/OFFできればまだしもOFFにできません。さらに水素ステーションAppを起動させたりHomeボタンを押した時にはさらに1/3がその画面で占領され、地図表示はなんと全体の1/3の小さなものになります。見にくいです。ぜひアップデートで改良していただきたいです。

こういったソフトウエア面はトヨタは弱いですね

【エンジン性能】
ちょっと非力な部分もありますが概ねよいです。
とにかく静かにスーっと走り出します。感じとしては新幹線の走り出しのようです。
満足しています。

【走行性能】
とてもいいと思います。ハンドルの軽さや切れの良さは抜群です。
さすがTNGAプラットフォームで作られている車で剛性はとても高いです。LSベースなだけあって静音性は抜群です。とくにか静かです。この静粛性を求める人が買う車といっても過言ではないです。

【乗り心地】
クラウン越えは間違いない抜群の乗り心地です。
これは一度試乗すればすぐに感じます。私も試乗した時にこの乗り味を体験してすぐに購入を決意しました。ロードノイズや風きり音はほとんど気になりません。水素自動車の良さが感じられる車です。

肘掛けのあたりは水素タンクが下にある関係で大きくちょっと狭い感じを与えます。特に助手席はちょっと横幅が狭く感じます。
車体は大きいのに車内は想像以上に狭いです。特に後部座席は悲惨です。運転席や助手席をぐっと下げると小柄な女性でも足の置き場に困るくらい狭いです。タンクがいっぱいあるので仕方がないのだと思いますがスペースは狭いので事前に確認したほうがいいです。
特に今回は5人乗りと言われていますが後部座席センターはタンクの出っ張りがあり実質座れません。これを5人乗りと言ってしまうあたりはちょっと乱暴のように思います。
これなら潔く4人乗りとしたほうがよかったのではないかと思います。

【燃費】
比較対象の車がないのですが満充填した時、表示では580km程度走行可能と表示されます。
600kmの表示は今のところ出たことありません。
新型MIRAIの水素タンク容量は5.6kgで、現在水素は1200円/1kgくらいなので満充填で6,720円。580km走れて6,720円ということろです。(Zグレードだと100km少なくなります)

カタログには850km(Zグレード750km)と書かれていますが、これとは相当な乖離があります。どの車でもそうですがこのカタログ値を信じて買うと、これしか乗れないの?とがっかりすることになります。

【価格】
補助金ありきの値段だと思います。
もちろん技術的にも車としてもよくできており十分な高級車の乗り心地ですが、総額で770万円〜850万円程度です。この価格をどう見るかですが補助金を150万円程度もらえるのでそれがあればまあまあだと思います。
ただテスラも価格が下がってきていますし、この価格なら高級外車も乗れる価格なので物好きしか買わない車だろうなと思います。

【総評】
総じてとてもいい車です。とにかく静粛性が高くスムーズな乗り心地は最高です。
新幹線に乗っている感じと言えばわかりやすいかもしれません。
まだまだソフトウエア面での改善が必要だと思う点はありますが、車としてはとてもいいと思います。

あとは水素ステーションの充実ですね。どらちにしても水素ステーションがなければ走れませんから必然的に水素ステーションが近くにある人しか買えない車です。
地方に行くとほとんど水素ステーションはありません。結局、大都市部と地方でも水素ステーションが近くにある人だけが興味本位で買う車といったところでしょうか。

高級感と乗り心地の良さは抜群ですが車内は狭い、ソフトウエアは今後のアップデートに期待、これが総評です。

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年2月
購入地域
東京都

新車価格
735万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

MIRAI (ミライ)の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ともっちー13さん

  • レビュー投稿数:838件
  • 累計支持数:584人
  • ファン数:1人
満足度3
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費2
価格2

【エクステリア】LSっぽさもあり、悪くないところもありますが、どことなく塗装が安っぽく、のっぺりとした印象なのが残念です。

【インテリア】やはり、700万の車と思うと内装はもっと頑張ってほしい。

【エンジン性能】加速はスムーズですし、特にパワー不足ではないですが、サプライズもないです。

【乗り心地】船にのっているような、ゆったりした感じ。

【燃費】水素の消費自体は、ガソリンよりも割高なので、燃費の良さで乗る車ではないです。

【価格】補助金次第。それでもコスパは悪い方ですね。

レビュー対象車
試乗

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

にこにゃんへさん

  • レビュー投稿数:48件
  • 累計支持数:894人
  • ファン数:2人
満足度4
エクステリア無評価
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格無評価

試乗する機会があり、とても感動しました。
【インテリア】
シートがすごくいいです。大型の車の場合、私には座面が長すぎて運転姿勢が取れない場合が多いのですがそう言ったことはないですし、何かが嫌ということがまったくなく、自然に座れます。私にとってこれはすごく珍しいことで、驚きました。ほとんどの車は、座面が長すぎたり、頼りなさすぎたり、何かしら問題がありますが、この車は何の問題も感じません。ペダル位置も問題ありません。
後部やセンタートンネルに水素タンクがあるため車内は、車体サイズからすれば、狭いです。後部トランクはとても狭いです。天井も高くはありません。
ルームミラーが電子式で慣れが必要です。足の短い私の場合シートが前よりになったためルームミラーがすごく近くになってしまいました。電子式でなく鏡式にもできますが、後ろのガラスにシェードを出せるなど、後方視界が限られるため電子式を使うのが良いです。
【エンジン性能】【走行性能】【乗り心地】
全てとても良いです。
ノーマルモードで十分な加速です。スポーツにしたらどうなるのでしょうね?一般道ではノーマルで十分、スポーツにする必要はありませんでした。
乗り心地も運転フィールもとても良いです。こんなになにもかも感じがいい車は初めてです。この心地よさの理由は簡単にはわかりません。全てが良くバランスが取れているのだと思います。
【燃費】
費用よりも、常設の水素ステーションが近くにあるかどうかが問題です。平日に曜日をかぎって昼間しか開いてない移動型のものは法人需要のためのようです。

レビュー対象車
試乗

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

htoday42さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格3
   

   

納車後約2週間、走行距離1003kmです。
なんと言っても乗り心地抜群です。隣に乗る妻はものの5分で目が閉じてしまいます。
都内在中なので今のところ水素に困った事はありません。
燃費は水素1kgで135km程走行可能です。1満タンで600km近く走行可能かと。
都内から日帰り箱根、軽井沢、日光なら十分な航続距離ありますね。

補助金は経産省R2年度第3次補正が1.4M(これがR3年度だと1.1Mに減るかも?)、東京都が1.1Mあります。今申請中だから確定ではないけど大丈夫だろうと信じてます。
税金も重量税などがほぼ免除です。
水素政策はお国をあげての事なので乗るか乗らないかはその人次第、私はしっかりと乗ります。
ただ欲しくてもステーションが無い地方の人は残念ですね。いつまでこの政策が続くかは誰にも分かりませんが、あと4年以上続く事を願います。補助金を受けると4年間保持が義務付けられますから。

使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年4月
購入地域
東京都

新車価格
790万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
0円

MIRAI (ミライ)の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

teddy bear 2009さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:59人
  • ファン数:1人
満足度2
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地4
燃費無評価
価格1

たまたま機会が有って試乗した際の感想です。
【エクステリア】
・未来的で良いと思いますが好みが分かれるところ。
【インテリア】
・無難な造りで良い感じです。
【エンジン性能】
・セールスさんの説明では水素エンジンは発電に使用して、バッテリーに蓄電しながら電気でモーターを回して走る仕組みらしい。(日産のe-パワーに似てるが、排気はこちらの方がエコ)
【走行性能】
・モーター駆動ならと期待したのですが、驚くほどの加速ではなかったです。
 試乗なので、遠慮もあったかもしれません。
・足回りは、車重があるからなのか少し硬めの味付けと感じました。
 試乗車は19インチでしたが、他に20インチも選べるらしいです。
【乗り心地】
・クラウンと同じGL-Aプラットホーム、ホイールベースも同じなのでまずまず。
 (セールス氏曰く、セダンのクラウンが消滅してもミライとして残りますとの事。)
【燃費】
・試乗なので分かりません。
【価格】
・システム的に需要が少ない為コスト高なのか、少々高価に感じる。
【総評】
 乗り心地もまずまずで、車としては悪くないです。
 デメリットとしては
・水素ガスの充てんスタンドが極端に少ないので、現時点では日常の足にはなり得ない。
・ガスの充てんには講習が必要らしく、フルサービスのスタンドが必要?

レビュー対象車
試乗

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

naocharさん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:240人
  • ファン数:2人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格1

【エクステリア】
・未来的で良いと思います。
【インテリア】
・無難な作りで良いと思います。
【エンジン性能】
・さすがの技術で、素晴らしい。
【走行性能】
・アクセルのふみが浅いのか、4名乗車のためか、
 驚くほどの加速ではなかったです。
 短時間だったので、操作が悪かったのでしょう。
・ハンドルはトヨタ車にしては、かっちりしていました。
・回生ブレーキ感も、感じませんでした。
【乗り心地】
・無難な感じでした。
【燃費】
・O.K.
【価格】
・まあ、ね。
【総評】
・試乗する機会があって、少しだけ乗る機会がありました。
・普通の車として乗れる感じです。
・プリウスより、運転し易く感じました。

レビュー対象車
試乗

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

リンクスsfさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:36人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
1件
12件
自動車(本体)
1件
6件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能3
乗り心地5
燃費4
価格5

3月30日に発注したものの、待てど暮らせど何の便りもないまま8月も終わるころ、ようやく車両組み立て拠点の元町工場をラインオフしたとの通知。なかなか凄いですね、このご時世自分の車が今完成しました!って教えてくれるのって。マクラーレンか蕎麦屋の出前ぐらいでしょう(笑)
ロイヤルオークの時も半年待ちだったし、丁度一年間で2つの買い物。買っちゃった感満点です。
納車は13日の金曜日。おまけに仏滅。建設業の社長は絶対に選びませんね。こんな日。
でも十五夜だったので良しとします。
普通の車の納車時と異なるのは、補助金申請の書類にたくさん署名捺印すること。303万円を頂くんだから文句など言いません。せっせと実印と銀行印を押しまくります。
補助金は4ヶ月くらい先に入金すると言うのですが、既に受け取られた方々もそうでしたか?
先ずは軽く横浜へ行って中華街と関内周辺をドライブしてきました。
ウルトラスムーズです。
エコピアを履いてるにもかかわらず、ロードノイズも抑えられてる。レグノだと相当静かでしょう。
モーターのリニアでスロットルに正比例する加速感はテスラに及ばないものの、充分満足度が高いです。
燃費を含めて、これからじっくり付き合っていきます。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
仕事用
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
東京都

新車価格
740万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
0円

MIRAI (ミライ)の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

としとしとしとしとしとしさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:159人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
17件
イヤホン・ヘッドホン
1件
3件
カースピーカー
1件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

初めはシームレスな加速に感動しましたが
いくつか気になってきました
致命的なのはシートが合皮で
とても暑いです
いわゆる薄い低反発マットにビニールの
カバーが付いている感じで一見高級そうなんすが
快適性はすこぶる悪いです
夏はお尻と背中が汗でぐっしょりと
なります!
純正のカーナビゲーションは
音が最悪です
1000円位のラジオか!
という感じです。これが30万とは
舐めている!
社外ナビをオススメします
実走行400kmちょっとですね
あと100kmはないとヒヤヒヤします

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年2月
購入地域
東京都

新車価格
740万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
0円

MIRAI (ミライ)の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

この製品の価格を見る

MIRAI (ミライ)
トヨタ

MIRAI (ミライ)

新車価格:710〜860万円

中古車価格:125〜759万円

MIRAI (ミライ)をお気に入り製品に追加する <69

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

MIRAI(ミライ)の中古車 (全2モデル/143物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意
MIRAI(ミライ)の中古車 (全2モデル/143物件)