ジャガー XE 2014年モデルレビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
このページの先頭へ

XE 2014年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:XE 2014年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
20d PURE 2017年11月17日 マイナーチェンジ 1人
20d PURE 2016年7月19日 マイナーチェンジ 1人
20d R-SPORT 2016年7月19日 マイナーチェンジ 1人
20t PRESTIGE 2016年7月19日 マイナーチェンジ 1人
20t PURE 2016年7月19日 マイナーチェンジ 1人
S 2016年7月19日 マイナーチェンジ 1人
PRESTIGE 2015年6月2日 マイナーチェンジ 2人
PURE 2015年6月2日 マイナーチェンジ 1人
満足度:4.50
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:10人 (プロ:2人 試乗:3人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.75 4.34 -位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 3.50 3.93 -位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 4.38 4.13 -位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.38 4.21 -位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 4.25 4.05 -位 乗り心地のフィーリング
燃費 4.00 3.89 -位 燃費の満足度
価格 4.38 3.88 -位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

XE 2014年モデル

XE 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
1件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格5

【エクステリア】
リアが下がっているのは好きでないので、サイドビューはとても美しいと思います。。

【インテリア】
まあこんなものでしょう、リッチでもなくプアーでもないです。新しいディスプレイタイプのメーターがナビも使用でき中々面白い。ダイアル式のギアシフターは意外と使い勝手が良くない、前車のBMW320dのシフターの方が良いと思います。汗かきなのでレザーシートはやめにしましたが、シートのホールド感が少し弱い感じがします。(前車、前々車がスポーツタイプであったせいかも)

【エンジン性能】
BMW320dのエンジンの方が静かで振動が少ないと言う自動車評論家がいるが、本当にジヤガーを運転したのか。明らかに静かだし振動も少ない(車内外とも)。ディーゼル特有のカラカラ音も殆ど聞かれない。スタート時のエンジンの吹き上がりは少しかったるいがスピードに乗れば後はとても良いしそこからの加速はとても力強くまたとてもスムーズ。BMW320dは減速後再加速をする時に
エンジンが息をつく事があったが、その傾向は見られない。100km走行時の回転数は1400回転位なので静かで平和なクルージングができます。
【走行性能】
ベストハンドリングカーと言われるBMW320dに勝るとも劣らないと思います。ミッションはどちらもZF8速ですが、BMW320dは低速走行時にギクシャクすることがあったがジャガーは全くスムーズで変速時のショックも殆どわからないです。
直進性も良い、コーナーリングはBMW320dは比較的硬くしたサスペンションでロールをしない様に押さえ付けている感じがします。ジャガーは、多くの方が仰っている様に路面に吸い付くように走り抜けます。私は同じカーブを同じスピードで走るとジャガーの方が安心して走れるような気がします。
【乗り心地】
245/45/18のタイヤですが悪くありません。BMW320dは17インチのランフラットタイヤを装着していましたのでジャガーより少し硬い感じがしました、段差を乗り越えた時などはジャガーの方が良いです。ダンロップのスポーツマックスと言うタイヤが装着されていますが舗装の良くない道路走行時、前輪ホイールアーチ付近がらの騒音がうるさいです。
【燃費】
約2000km走行して、13.8km、(高速4割、近所うろうろ6割)、BMW320dは14km位でした。
【価格】
ドイツのプレミアムブランドと比較してお買い得です。
【総評】
この25年間シトロエン・クサラ、シトロエン・エグザンティアを2台、、サーブ95、アウディA4、アウディTTクーペ、BMW320d等の輸入車に乗ってきました。エグザンティアとBMW320dはとても良い車だと思っていて、もう歳だしBMW320dで自動車遍歴も終わりにしようと思っていましたが、散歩の途中で見て試乗させて頂いたジャガーXEに目から鱗でした。考えに考えた末に購入しましたが間違っていませんでした。ジャガーXEとても良い車です。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
東京都

新車価格
519万円
本体値引き額
35万円
オプション値引き額
5万円

XEの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

くまジャガさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:42人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
6件
車用エンジンオイル
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費2
価格5

新車登録から3.5年、走行距離25,000km走り、結局XEの良さにあまりにもはまってしまい、XE-Sに乗り換えました!その間の故障や維持費も含めて記載しています。
過去のレビューが見にくいので、過去に書いたものも重複して記載します。


【エクステリア】
エクステリアはやはり最高だと思います。
いくつかのレビューでは、「パッと見、少し地味かな」と言うコメントがあったり、私の車の場合は19インチのホイールにしていることやプライバシーガラスにしていることもあり、イカツいという印象を持つ人もいるようですが、個人的には、日に日にいいなという思いが募る車です。味わいが出る車で、スポーティーで、高級感があってと。
また、実体験として、納車して3ヶ月の間に、色々おほめの言葉も頂いています。
駐車場で全く知らない人から、「この車カッコいいですね!BMWやアウディなんかより全然カッコいい」と話しかけられたり、「この車いいですね!ジャガーって速いですか?」と話しかけられたり、道を走っていたら、工事をしているお兄さんが「何あの車?超かっこよくない?」と話をしているのが聞こえたりと、すごくうれしい日々を過ごしています。


【インテリア】
Dセグメントの中ではどうなの?Cクラスのほうが上では?という言われ方もしているインテリアですが、私の乗っているプレステージは、黒のレザーにオレンジのステッチが入っていて、結構おしゃれなかんじです。
BMW3シリーズに一時期乗っていましたが、それよりは全然高級感はあると思います。

居住性はベンツのCLAよりは広いですが、Cクラスや3シリーズよりは狭いです。車高が低いので、友人の女の子なんかは乗り降りに慣れないなんて声が聞こえたりはします。
ただ、私自身かなり大きいですが、普通に乗れてますし、私の後ろには、Combiのチャイルドシートを乗せていますが、チャイルドシートと運転席がつくこともありません。
乗ってしまえば、全然広いですし、家族4人までは何不自由なく乗れると思います。


【エンジン性能】
低速のトルクに関しては少し物足りなさを感じる人がいるかもしれません。
ただ、踏んだ量に対してリニアに加速していく感じはありますし、高速域でもしっかり伸びていきます。
BMWの3シリーズとの比較でいえば、3シリーズは低速でもトルクフルですが、高速の伸びはジャガーのXEの方が上です。
交差点などで、BMWの車と同時発進した際も、最初は出遅れますが、その後抜き返す感じでした。
このクラスとしては十二分な加速性能は持っていると思います。

ちなみに、どうしても低速のトルクが物足りなければ、
ダイナミックモードに切り替えると、低速に関してもトルクフルになります。
このモードチェンジはかなり車の雰囲気を変えてくれます。

5,000kmの間には峠道もだいぶ走りましたが、
山道などで継続的な上り坂での走行に関しても、不自由することはないと思います。
回転数が2000〜3000回転くらいで、もりもり上っていきます。


【走行性能】
この車で最も特徴的な強みとして言えるのが、コーナリング性能だと思います。
これまで高速道路での高速カーブやワインディングなど一通り走りましたが、とにかく意のままに曲がります。
この車を乗っていく中で、最も走る楽しみを演出してくれる一つの要素になっている気がします。

また、パドルシフトによる運転も非常にスムーズです。
2〜3ギア落としても変速のショックは全くなく、高速道路での走行や峠道では非常に重宝します。
高速道路の直進安定性も抜群ですし、さすが空気抵抗(Cd値0.26)が低い設計になっているだけあるという感じです。


【乗り心地】
静粛性という意味では、BMWの3シリーズのほうが上だと思います。
ジャガーは、ほどよくエンジン音が聞こえるので、個人的にはジャガーXEの方が走ってて楽しいです。
ダブルウィッシュボーンの足回りに関しては、やはりしっかり衝撃を吸収してくれているようには感じます。


【アクティブクルーズコントロール】
30km/hを過ぎると設定することができ、停止までは自動でやってくれます。
停止後は、アクセルをちょんと踏めば、また勝手に追尾してくれます。
性能自体も、それなりに自然な感じで加速も減速も停止もしてくれるので、個人的にはもう少し前に打ち出してもいいかなという気がします。
ただ、一つ難点なのが、30km/hを下回ると、アクティブクルーズコントロール機能をonにできません。
そのため、渋滞に完全につかまる前に、機能をonにしないといけないというのが難点です。
一度機能をonにさえしてしまえば、30km/hを下回っても、加速も減速もしてくれます。


【トランクルーム】
これが意外とくせものでして、9型のゴルフバックをドライバー入れてようやく一つ入る感じです。


【燃費・故障など】
25,000km走って、6.8km/lという感じ。
結構踏むのと、都内なので燃費は悪いです。
故障などはほぼありません。ブレーキランプが点灯しなくなったことがありましたが、無償で修理をしてもらいました。
エンジンオイル交換は5,000kmに一回程度行い、都度3万くらいかかるイメージです
車検はタイヤ交換を除くと30万くらいで、タイヤ交換までしたので計55万くらいでした


【総評】
ほどよい価格で走りの楽しみを感じるいい車だと思います。
エクステリアも個人的にはすごくかっこよく、まさにスポーツサルーンという印象です。
高級感もあり、ことと次第では価格よりも高く見えるかもしれません。
ベンツやBMW、アウディ―が街中にあふれる中、かなり物珍しいので、運転していて最高に幸せです。


ジャガーXEを紹介するブログを立ち上げました。
かなり詳しく書いているので、購入を検討されている方は是非一度、訪問してみてください。
【ブログのURL】
https://kuma-jaguar.com/

比較製品
BMW > 3シリーズ セダン 2012年モデル
乗車人数
3人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
中古車

参考になった39人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

白ヤジさん

  • レビュー投稿数:63件
  • 累計支持数:507人
  • ファン数:9人
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格5

1200kmほど運転してのレビューになります。

【エクステリア】
ブラックでしたが、シンプルかつ力強いデザインでどの角度から見ても美しいと感じた。

【インテリア】
車内はメーター部周辺の一部を除きライトベージュやグレーを基調とした明るい室内で品良く感じられました。
ステアホイールが小さい(そう感じただけかも)のも操作面で良い。
しかし外寸1850mmも幅があるのに室内の圧迫感が強い。
特に後部席は狭く、ファミリーユースでは少し厳しいかも。
センターコンソールが後ろに飛び出しすぎで後部席との間隔が狭く、足元のモッコリを靴を履いたままでまたぐことができません。

【エンジン性能】
常に同乗者がおり荷物も多かった影響もあるが、1500-2000rpmくらいでは少しトルク不足に感じるケースもあった。
踏むと振動がハンドル越しに伝わる味付けとの事でスポーティなイメージには好感。楽しい。

【走行性能】
足回りやボディ剛性は十分で段差を越える際の足の動きはとてもしなやかで揺れも少ない。
ブレーキは慣れるまでコントロールが難しく、カックンになりやすい。
コーナーでも車体は安定しており、安心。

【乗り心地】
足回りからのノイズは程よく抑えられているが同社旧型車からタイヤの幅が広く、扁平率も上がっているのでロードインフォメーションは増えた。

【燃費】
8-9割高速で燃費計上は15.1km/L。
まずまずかなと思います。
アイドリングストップからの復帰時の振動は強めで使ってません。

【価格】
大きな値引きが期待できる。
が電装系トラブルが多かったり、維持費に不安あり。

【総評】
過去のレトロなイメージからモダンなテイストにうまく切り替わっていた印象。
内外装と走行性能のイメージに乖離がなく、上品かつスポーティ。
車好きの子供が巣立った層に良い。
あまり街で見かけないリーズナブルかついい車ということで所有する喜びが強そう。

レビュー対象車
試乗

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sssdarさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地3
燃費5
価格4

クラウンからの乗り換えで、初めての外車です。

【エクステリア】
うちの県ではジャガーは滅多に見ません。
BMW3シリーズ・5シリーズやベンツCクラス・Eクラスはよく見ますが・・・。

人目はひきますが、いたずらをされてしまいます(涙)。
360度ビューのドライブレコーダー(駐車中も対応可)は必須ですね・・・10万くらいでした。
(次回は、証拠を残し、いたずらは必ず捕まえて、器物損壊罪で警察に逮捕してもらいます。その後、顧問弁護士にたっぷり賠償してもらいます)

人とは違う車を選ぶ人にはピッタリです。
パーツは少ないですが、ドレスアップを続けて、さらに目立っています。

【インテリア】
悪くはないけど、新車で700万円超の車のインテリアではないですね。
前車がクラウンだったからなおさらかも。
細部には、日本車が有利です。(収納は考えものです。有りません)
日本車に慣れた人は、最初は戸惑います。
基本、日本人設計ではないですね。
但し、比較したBMW3GTよりはマシです。

【エンジン性能】
超低速のエンブレは慣れません。
伸びは最高ですね。
低燃費でパワフル。
新開発のディーゼルに脱帽です。

【走行性能】
基本動作は、しっかりしています。
高速でのコーナーはしっかりですね。
元走り屋(当時、ライトスポーツカー)からすれば、おしりがどっしりしている感じです。
バトルモードは、本当にバトルです。血が騒ぎます。
競合したBMW3GTには負けますが、快適ですよ。

【乗り心地】
先代スカイラインより、ガッシリ。
BMW3GTよりは、柔らかいです。
基本、ふんわりが大好きな私ですが一応は満足はしています。
比べてはいけませんが弟のGT−R(Vスペ)やBMW3GTの固すぎるから比べると、いい感じです。

【燃費】
レジェンド(ハイオク7KM)〜セドリック(ハイオク8KM)〜エルグランド(ハイオク6KM)〜スカイライン(ハイオク9KM)〜クラウン(ハイオク11KM)から乗り換えで、初めてのディーゼルですが、めちゃめちゃ燃費は良いです。
「参考燃費」
街乗り12KM/リットル
中距離17KM/リットル
遠出20KM/リットル;
軽油とハイオクとの価格差から、ハイオク仕様にはもう戻れません。

【価格】
めちゃめちゃ安く買いました。
下取りが怖いです。

【総評】
次期クラウンまでのつなぎで買いました。
BMW3GT・ハリアー・前期7シリーズとも迷いましたが、車屋さんの思いを受け、購入に至りました。
予算的にはBMW523d有りだと思っていましたが、ジャガーになりました。
滅多に生息しないジャガーなんで、稀少性は抜群です。
燃費も最高です。
造りには一部チープさが見受けられるところはあります・・・。(クラウンは日本人には偉大だなって思いました)

横に、他の外車を並べても引けは取りません。
外観で完全に勝っています。
BMW・メルセデス・アウディの3大外車は、普通に走っているので怖くもありません。
いろいろと迷っている方へ、ジャガーの世界に来ませんか。
お待ちしていますよ。

外車っていたずらが多いですから、自己防衛は必要です。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
エコ
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年2月
購入地域
富山県

新車価格
489万円
本体値引き額
100万円以上
オプション値引き額
100万円以上

XEの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

huhuatさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
0件
23件
自動車(本体)
1件
7件
プリメインアンプ
0件
6件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

【エクステリア】
イアン・カラムデザインで奇をてらわず控えめながらも、全体のボリューム感、バランス、細部の拘りなど、流石元アストンマーティンのデザイナーが手掛けたエクステリアだと思います。
【インテリア】
古き良きジャガーXJのイメージからは、そもそもコンセプトとも時代もグレードも違うので比較は出来ないが、同クラスのドイツ車等と比べても部分部分で質感が物足りない。
【エンジン性能】
ジャガー内製のディーゼルエンジンは、トルクフルでそれ程雑味も無く、街中、高速でも必要十分です。ATとのマッチングか出足が重く感じるが、慣れればアクセルの踏み加減で調整出来る。
【走行性能】
ジャガーが相当力を入れてアルミシャシーから、足回り、エンジンに至るまで作り込んだ車で、かなり高いレベルでの走りが出来ると思う。ハンドルは低速やドライブモードによるが軽めでクイック。個人的にはもう少し重くても良かった。
【乗り心地】
このクラスではかなり凝った足回りで、流石ジャガーと思わせるところ。グレードにもよるが全体的には柔らかめでしっかりしており、現代の猫脚っぽい。段差でのいなし方も良く満足度は高い。
【燃費】
車重はそこそこあるが、これだけの走りが出来て燃費は14〜19km/lなのは、ディーゼルと新設計エンジンの恩恵。お財布に優しい。
【価格】
ライバル車と比べて何処に重きを置くかもあるが、かなり頑張っているとは思う。ただ目につく内装の質感などは、価格を考えればもう少し配慮と工夫が欲しい。
【総評】
車としてのバランスはかなり高いと思う。ジャガーというブランドも強み。ただ国内ではジャガーのイメージと今の車にギャップも大きく、受け入れられるにはまだ時間が掛かりそう。販売網の整備やディーラー対応など、これからに期待したい。

乗車人数
5人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年7月
購入地域
東京都

新車価格
561万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
0円

XEの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

junchan2721さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

BMW320d Mスポからの乗り換えです。
Dラーに車検見積もりに行ったところ、紹介されて購入を決意。
同じ2リッターのdieselなので、気にしてませんでしたが、車内の音は、ジャガーの方が静かです。
サスもMスポよりゴツゴツせず、快適です。
シートや出だしのもたつき感が気になります。
これは、BMWの方が上だと思います。
ただ、BMWがTVなどオプションに対し、ジャガーは標準でメーターもバーチャルヂィスプレイで、DVDナビからSSDナビに変わり快適です。

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年9月
購入地域
新潟県

新車価格
507万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
5万円

XEの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

外川 信太郎さん

  • レビュー投稿数:226件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール神奈川県藤沢市生まれ、現在茅ヶ崎市在住の湘南中年。少年期に5年間イギリス・ロンドンに在住していた事から、欧州車に興味を抱いたきっかけになった。慶応義塾大学卒業後、輸入車専門誌にてライターを始める。その後、育った英国に渡りレース活動などを経…続きを読む

満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

上質さの中にもスポーティさを押し出したエクステリア

全長4680mmとDセグメントに分類されるサイズ

4ドアながらクーペのような美しい曲線美が魅力

取材車両の「S」には、20インチホイールが装備される。

V型6気筒3.0リッタースーパーチャージャーエンジンは、340PSを発生

素晴らしいハンドリングと安定性でハイウェイ走行も安楽

「XE」は、ジャガーが新たにDセグメントに参入した新型の4ドアセダンです。
今回もインポーターの広報車両をお借りして、ハイウェイ、ワインディングを走ってきました。試乗車種は「XE」では最もパワフルな「S」を選択。最高出力は340PSを発揮します。

同車は、2014年9月にロンドン・アールズコートでデビューし、翌月のパリ・モーターショーでお披露目されました。日本国内では、2015年9月から販売を開始されました。

2001年〜2009年まで、当時、フォードの傘下で開発された「Xタイプ」の後継モデルという位置づけですが、フォード 「モンデオ」ベースのプラットフォームを共有したのに対し、「XE」はジャガー・ランドローバーがまったく新しいプロジェクトで、独自開発した軽量モノコックボディ(重量比で75%以上にアルミ合金を使用)のFRモデルとして登場した、ジャガー4ドア最軽量モデルです。

ガソリンエンジンでは、ジャガー(XF、XJ)やランドローバー(イヴォーク)にも採用されている2.0L直噴ターボエンジンや、スポーツモデルのFタイプと同じ3.0L V6スーパーチャージャーエンジンを採用しています。
また、ジャガー・ランドローバーが自社開発した2.0L「Ingenium(インジニウム) 」ディーゼルターボは、尿素SCRでNoxを還元してユーロ6をクリアした自慢のエンジン。

エクステリアはロングノーズ、ロングホイールベース、ショートデッキ、ロー&ワイドの4ドアクーペ風です。ジャガーらしい華やかさやインパクトは控えめですが、滑らかな線と面で構成されたスタイルは無駄がなくて美しいものです。。空気抵抗を示すCd値はジャガー史上最高の0.26を記録。

ボディは75%以上がアルミニウム合金製です。同社「XJ」や「Fタイプ」のような“オールアルミ”ではありませんが、アルミとスチールの混成のボディは、ライバルとは比較になりません。

意外とコンパクトに見えるボディですが、全長4680mm×全幅1850mm×全高1415mm、ホイールベース2835mmとBMW「3シリーズ」より一回り大きく、最新型のアウディ「A4」に近いと言えます。

スタートボタンを押すと、エンジンが始動し、お馴染みのロータリー式ドライブセレクターがせり上がってきて、ジャガーだなと感じます。3.0L V6ガソリン・スーパーチャージャーは、アイドリング時から、豪快なサウンドを響かせ、「XE」のスポーツモデルであることをドライバーに主張してきます。

トランスミッションは、ヨーロッパ車の後輪駆動モデルで多く採用されるドイツZF社製8速AT(8HP45)を搭載しています。ステップ比が小さいため、変速はデッドスムーズで、ロックアップ機能によるダイレクト感のあるレスポンスも気持ちがいいものです。

市街地走行では、エンジンは1400rpm〜2000rpmあたりで粛々と回っており、それ以上を必要としません。
アクセルを踏み込めば一気に吹け上がり340PSという必要以上のパワーを発揮し美しい4ドアセダンをスポーツカーのように変貌させます。また、ロータリーシフターを回して「DS」(スポーツモード)を選べば、高回転を維持して俊敏にアクセルに反応します。
「ジャガー・ドライブ・コントロ−ル」(パワーステアリング、スロットルマッピング、シフトプログラムを変更)で「ダイナミック」を選べば、反応がよりシャープになり、レブリミットに達しても、勝手にシフトアップは行われず、「Fタイプ」譲りのV6サウンドが、キャビンに響き、その走りはより一層、迫力の満ちたものになります。

ボディは極めて高い剛性を感じることができます。フロント、ダブルウィッシュボーン、リアが新開発のインテグラルリンクとなるサスペンションがきっちり動く様子がリニアに感じ取れます。そして、一般道、ハイウェイでも、ダンピングは最小限に抑えられ、フラットな乗り心地は特筆ものです。ジャガー「XJ」や「XK」で長年アルミボディを手がけてきたジャガーだからこそできる技でもあります。

ワインディングでは、まるで、ライトウェイトスポーツモデルのような軽快な身のこなしをみせ、少々走り込んだレベルでは、ロールやピッチングも皆無に等しいと言えます。(前後重量配分も52:48と計算されています。)あまり、タイトコーナーで攻め込むと、レザーシートでドライバーの身体が滑ってしまうというハプニングもありましたが、ハンドリング、パワーも含め、文句のつけようがない走りでした。

高速道路での時速100km/h巡航時のエンジン回転数は8速で約1800rpm。直進安定性や静粛性はまったく申し分ないもので、安楽そのものです。追い越し加速では、さすが340PSを発生させるだけのことはあり、ドライバーが想像する以上の勢いで加速していきますが、通常は軽くアクセルに足を載せているだけで事が足りてしまいます。

ミリ波レーダーを使ったACCに加えて、ステレオ・カメラで前方を監視し、80km/h以下で衝突を回避あるいは衝突被害を軽減する自動緊急ブレーキ(AEB)やレーンデパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告)は全車標準です。

ジャガーへの期待を裏切らない上質さに加え、素晴らしい加速性能、正確なハンドリング、高いボディ剛性、軽量設計など、伝統を守りながらも、最新技術を取り入れたクルマが「XE」でした。


レビュー対象車
試乗

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

eikoocbさん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:236人
  • ファン数:1人
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地5
燃費無評価
価格4

【エクステリア】
Dセグメント最高に洒落ていると思います。
他人と被らなくスマートな印象。

【インテリア】
独特の雰囲気は乗ってみないと分からない良さがあります。
細かいところを凝視すれば造りが少々甘い所も見えてくるかも知れませんが雰囲気だけでも買い。

【エンジン性能】

パワー感はありませんが 上品に乗りこなせれば最高の紳士になれそう。

【走行性能】

意外と小径なステアリングはスポーティーを求めれば○ですがラグジュアリーを求めれば?な感じです。
速くは無い。


【乗り心地】

最高に良い!
18インチでしたが突き上げ感は無い。
荒れた道路もスーっと走る見事なサスペンション。
同セグメントのご三家とは次元の違う圧倒的な乗り心地。

【燃費】
悪そう。

【価格】
車体の出来で考えれば安い。
乗り心地や内外デザインも好きなら安い。
この価格で純正オーディオがこれが着いてるのは安すぎ?


【総評】
刺激が無く安心感のあるフィーリングは何をこれらの車に求めるかで評価は一辺しそう。

レビュー対象車
試乗

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

松下宏さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ジャガーXEは、ジャガーが改めてミディアムクラスのセグメントに参入するモデルだ。改めてというのは、ジャガーがかつてフォードの傘下にあった21世紀の初頭、フォード・モンデオをベースにしたXタイプをラインナップしていた時期があったからだ。

今回、改めて輸入車市場のボリュームゾーンに再参入することになったXEは、ジャガーが自らの手でゼロから開発したモデルである。これをジャガーの主力量販モデルとなるメインストリームとして開発したのだ。

ジャガーXEには、ジャガー・ランドローバー・ジャパンがミュゼオ御殿場や裏磐梯で開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗グレードは3.0Sのほか、2.5ポートフォリオ、2.0プレステージなどで、後から追加される予定のディーゼルを除く、3種類のエンジンバリエーションに試乗した。

基本プラットホームは当然ながら新設されたものだ。ジャガーが得意とするアルミ製のアーキテクチャーを採用したモノコックボディで、軽くて剛性の高さが特徴だ。軽量・高剛性のボディは、しなやかな乗り心地や軽快なハンドリングにも貢献する。

外観デザインは全高を抑えて広い全幅を持つのが特徴で、ひと目でジャガーと分かるワイド&ローのデザインに仕上げている。低めの全高に加えてなだらかに下がるルーフラインも影響して、リヤドアの開口部はあまり大きくない。後席への乗降はやや潜り込むような感じになるが、乗り込んでしまえば居住空間に不満はない。

インテリアはジャガーらしい質感、と言いたいところだが、ジャガーだったら本革シートだけでなく、木目パネルをふんだんに使うなどして、さらに高い質感を表現して欲しいと思った。コンソールに設けられたスターターボタンを押すと、ダイヤル式のATセレクターが競り上がってくるのとはほかのジャガーモデルと共通である。

搭載エンジンは3.0Sに搭載されるV型6気筒3.0Lのスーパーチャージャー仕様を頂点に、直列4気筒2.0Lのターボ仕様が2種類のチューニングで搭載されている。ほかに直噴のディーゼルターボも後から搭載される予定だ。

2.0プレステージに搭載されるベース仕様の2.0リッターエンジンは147kW/320N・mの実力で、必要十分な動力性能を備えている。2.5ポートフォリオに搭載されるエンジンは177kW/350N・mだから、性能にはそれなりの違いはあるものの、走りのフィールにそれほど大きな違いはなく、積極的にポートフォリオを選びたいと感じさせるほどではなかった。売れ筋はプレステージだろう。

3.0Sに搭載される3.0Lエンジンになると話は別だ。250kW/450N・mの実力を持ち、豪華な走りのフィールを味わわせてくれる。吹き上がりもスムーズで気持ち良く加速が伸びていく感じがとても良い。

ただ、3.0Lエンジンの搭載車はフロントがかなり重くなる。2.0Lのベースグレードがほぼ50:50の重量配分になっているのに対し、3.0Sはフロントヘビーな印象が強い。ワインディングでの軽快感を考えると、3.0Sは必ずしもお勧めではない。

8速ATの変速フィールも上々だ。各段のギア比の感覚が狭いので、ショックを感じさせないスムーズな変速を示すのだ。ただし、時速70km〜80km程度で走っているときには自動変速で8速には入らない。8速は高速クルージングのときに使うギアという印象である。

ジャガーXEで特筆されるのは足回りだ。前輪にダブルウィッシュボーン式を採用し、リヤにはさらにプレミアムな仕様といえるインテグラルリンク式を採用している。この足回りのデキがとても良かった。

試乗したSには20インチ、プレステージにもオプションの19インチタイヤが装着されていたが、硬さを感じさせることなく、快適な乗り心地と爽快な操縦安定性を示したからだ。正にしなやかな足回りというのはこうしたものを言うのだろう。

ステアリングはジャガー初の電子制御パワーステアリングが採用されている。センター付近での安定感とリニアなレスポンスを標榜するが、センター付近ではもっと安定感が欲しい感じもあった。レスポンスに関しては文句なしというか、かなりシャープなレスポンスで、ジャガーらしいスポーティさを感じさせるステアリングフィールだった。

ベースグレードの2.0ピュアの価格が477万円から始まるジャガーXEは、ミディアムクラスの新しい選択肢になるのは間違いない。特に今の時点ではアウディA4が完全なモデル末期にあるため、Cクラス、3シリーズ、XEの3択状態になる。

もちろんCクラスや3シリーズの牙城を簡単に崩せることはないし、それは拠点数やセールスマン数などの販売網に大きな違いがあることも関係しているが、Cや3ではないもうひとつの別の選択肢としてXEの認知が広がっていくだろう。

レビュー対象車
試乗

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

urapediaさん

  • レビュー投稿数:85件
  • 累計支持数:657人
  • ファン数:4人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格4

【エクステリア】
洗練されている。
フォルムのバランスが良く、
ジャガーらしさがある。

【インテリア】
グレード次第なところはあるが、
いわゆるドイツ3大メーカーに全く引けは取らない。
一体感のあるデザインは秀逸。

【エンジン性能】
走りそのものは、3シリーズが上だが、
サウンドの演出はXEに軍配。

【走行性能】
なかなか優秀。
直線の伸びも、コーナリングも楽しめる。

【乗り心地】
割としっかり目で、昔のジャガーとは違い、
これもドイツ車にぶつけて来ている感じがする。
個人的には評価高い。

【燃費】
こんなものでしょう。

【価格】
ジャガーが新車で、この値段。
ドイツ車以外の選択肢が出て、
非常に喜ばしい。

【総評】
個人的には3シリーズのほうが評価高いが、
基本的は遜色なく、あとは好みの問題。

上級グレードが、今から楽しみ。

レビュー対象車
試乗

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

XE
ジャガー

XE

新車価格帯:466〜2181万円

中古車価格帯:179〜904万円

XE 2014年モデルをお気に入り製品に追加する <37

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意