HST-60HB [単品] レビュー・評価

2014年 9月22日 登録

HST-60HB [単品]

最高級と呼ばれる小型スピーカーを ターゲットにしたTAOCフラッグシップモデルの復活

HST-60HB [単品] 製品画像

画像提供:Joshin

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥39,221

(前週比:+747円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥39,221¥58,300 (13店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国700店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:スピーカースタンド HST-60HB [単品]の詳細情報

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

購入の際は販売本数をご確認ください

ご利用の前にお読みください

  • HST-60HB [単品]の価格比較
  • HST-60HB [単品]の店頭購入
  • HST-60HB [単品]のスペック・仕様
  • HST-60HB [単品]のレビュー
  • HST-60HB [単品]のクチコミ
  • HST-60HB [単品]の画像・動画
  • HST-60HB [単品]のピックアップリスト
  • HST-60HB [単品]のオークション

HST-60HB [単品]TAOC

最安価格(税込):¥39,221 (前週比:+747円↑) 登録日:2014年 9月22日

  • HST-60HB [単品]の価格比較
  • HST-60HB [単品]の店頭購入
  • HST-60HB [単品]のスペック・仕様
  • HST-60HB [単品]のレビュー
  • HST-60HB [単品]のクチコミ
  • HST-60HB [単品]の画像・動画
  • HST-60HB [単品]のピックアップリスト
  • HST-60HB [単品]のオークション

HST-60HB [単品] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.84
(カテゴリ平均:4.16
レビュー投稿数:6人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.33 4.03 -位
品質 作りはよいか 4.84 4.13 -位
音質への効果・影響 不要な振動・響き・鳴きを減衰できるか 4.84 4.15 -位
強度・安定性 強度はしっかりしているか 5.00 4.06 -位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 4.66 4.17 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

HST-60HB [単品]のレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

spacedekさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:57人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

トースター
1件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
0件
1件
自動車(本体)
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
品質5
音質への効果・影響5
強度・安定性5
サイズ5

使用スピーカーはStella Harmony

今はなき侍の箱のウォールナット無垢材スタンド(支柱にはジルコンサンド封入)から移行、Stella Harmonyはこの15年ほど使用、ほぼずっとウォールナットのスタンドと一緒に使っておりましたが半年ほど前にHST-60HBと入れ替えました。導入を検討中も鋳鉄製という事で二の足を踏んでいましたが、もっと早く交換しておけばよかった。ほぼ全ての項目で明らかに品質が上がり非常に耳触りがよく聴きやすい音に変化しました。HST-60HBはクリアですが無機質ではなく、タイトですが締まりすぎて神経質になったり痩せたりする感じは皆無、とても豊かな音場にキレと実在感のある音像といった雰囲気のオーガニックなサウンドに変化、他の方のレビューに見られる硬調な印象は自分の環境では全くありません。以前のウォールナット製スタンドも暖かい木質の響きは良好でしたがやや過剰にダンプ、余計な付帯音も多く発生していたようです。部屋、機材、セッティング、電源、その他さまざまな要素が絡み合うので一概にはいえませんが、重量級のこのスタンドが揺れないように設置してキッチリとセッティング出来るのであれば、嫌味ないと思われます。オススメです。

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

nenachanさん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:49人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
11件
0件
その他オーディオ機器
3件
0件
プリメインアンプ
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
品質5
音質への効果・影響4
強度・安定性5
サイズ4

【デザイン】旧タオックに共通する無骨なデザインですが、堂々として悪くないと思います。

【品質】強度、重量とも文句なしです。

【音質への効果・影響】安物のスタンドとは比較にならないしっかりした音です。高品位な他社スタンドと比較すると一長一短の部分はあります。特に高音の質感や透明度は最高とは言えません。重ければ最高というわけではないことがわかりました。

【強度・安定性】最高ですが、床との関連でスパイクを外したほうが良い場合があります。

【総評】旧タオックの高級ラックと同じ系統の音がします。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

amakinamakinさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:126人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
2件
3件
イヤホン・ヘッドホン
1件
1件
スピーカースタンド
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
品質5
音質への効果・影響5
強度・安定性5
サイズ4

地震の後も、スピーカー位置が全くズレていない

4本の脚による強固な構造を持ち、中央のタテ振動子で音響をコントロール。

現在の再生システム。DELAとAccuphaseで構成している。

女性ヴォーカルはセンターに完璧に定位する。

オーケストラは各楽器が混濁せず、timpaniの迫力が凄まじい!

荒々しいロックサウンドの再現に、強固なスピーカースタンドは必須。

(内容改訂)
導入からかなり時間が経過したので、現状をレビューします。
まず初めに。本日(2021年5月1日)、自宅のある宮城県で震度5強の地震が発生しました。その瞬間はリスニングルームとは別の部屋に居て「あーっ!結構揺れたな、スピーカー倒れたかも!」と思い、すぐにリスニングルームに駆けつけました。
その結果・・・なんと1ミリもズレていない!恐るべし、TAOC(笑)
重量級スタンドにして正解でした。
アンプ、DELA、DAC(CDプレーヤー)は数センチですがズレていました。動作確認しましたが、全て無事でした。安堵。

◆使用システム(2021年5月時点)
ソース:N1A(DELA)
DAC:DP-430(Accuphase)※CDプレーヤーのUSB-DAC
プリメインアンプ:E-480(Accuphase)
スピーカー:KX-3PII(Krypton)
サブウーファ:CW250A(Fostex)

◆音楽を聴いた印象
女性ヴォーカル
柴田淳:黄昏のビギン(96kHz/24bit/FLAC)
HST-60HBにより、しっかりとスピーカーが支持され、不要振動も制御されるために、センターにヴォーカルが完璧に定位。伴奏のストリングスも距離感が正確無比で、音楽そのものに没入できる。時折入るパーカッション類も非常にリアルで、特にフィンガーシンバル(チーン!という音)は消え際までゾクッとくる生々しさ。

オーケストラ
ミュンシュ指揮 パリ管弦楽団:ブラームス 交響曲第1番(96kHz/24bit/FLAC)
1960年代後半の録音。ヒスノイズはあるが、音そのものに凄まじくエネルギーが満ち溢れており、全く古さを感じさせない。むしろ最新録音以上に鮮度が高く感じるほど。冒頭のtuttiでも各楽器が混濁せず、クレッシェンドしながら鳴り響くtimpaniの一撃は、リスニングルームの空気を引き裂くようなド迫力!
DELA N1AのデジタルデータをAccuphaseのDACとアンプが音楽信号に正確に変換〜増幅し、KX-3PIIが空気を震わせるのを、HST-60HBが完璧にサポートしている。

ロック
The Power Station:Some Like It Hot (44.1kHz/16bit/FLAC)
エッジを丸めたり、甘くしたりせず、このバンドが持つゴワッとした粗い質感(絹や綿ではなく、卸したての麻のような)を出せるかどうかがポイント。
HST-60HBは、ウーファーが前後に激しく振動してもビクともしない。(ついでに言うと、震度5強でもビクともしない)
ガッチリとスピーカーのエンクロージュアを下から支えてくれる。その結果、ゴリゴリのドラムやベースを、荒々しさもそのままに100%、生々しく演出してくれる。痺れる!

◆まとめ
スピーカースタンドやオーディオラックなどの「音の出ないオーディオ機器」は、スピーカーやアンプ、プレーヤーに比べて一段下に見られがちですが、使いこなしの面白さはそれらメイン機器にも負けない魅力があると思います。
(そんなマニア心理につけ込んで、異常な価格のオカルト・アクセサリーが市場に出回っているので、気をつけましょう)

HST-60HBは現在、ペア6万円台での購入が可能です。しかし今後、TAOCから新型モデルが発表されれば1.5〜2倍の価格になるのではないかな?と予想します。材料費、人件費ともに高騰してますからね。
買うなら今!今しかない!と、思います。
(個人の感想です。笑)

以下、以前の書き込みです。
当時の再生システムは現在と異なりますが、HST-60HBに対する信頼感は変わらないです。

◆導入後約1ヶ月経過時点◆
クラシック、J-POP、ジャズ、昭和歌謡、ロックなど、割と何でも聴くほうだが、HST-60HBを導入後は何を聴いても新鮮!改めて片っ端からライブラリーを聴きまくっている。
ハイレゾの音の良さは当然として、デジタル初期の80年代前半録音のオーケストラ作品や、オーディオ的には特に注目されない90年代J-POPも、目の覚めるようなサウンドで蘇るから堪らない(笑)
無論、長く名盤・名録音として名高い「Aja」のような作品もその凄まじい録音クオリティが明らかになり、月並みな表現だが「こんな音が入っていたのか!」と唖然とするばかり。
しかも通常CDからのリッピング(44.1kHz/16bit/FLAC)でコレなのだから、しばしこのまま楽しみ、後日ハイレゾ版を聴き直せば、ひとつの盤で「CD購入時」「HST-60HB導入時」「ハイレゾ購入時」の3回も同じソフトを味わい尽くしてお得感も抜群だろう。
導入後もまだセッティングに変更なし。インシュレータが馴染んできたのか?最近は全音域でスピードが整い、ブレンド感も向上。日々、音楽を満喫中!

参考になった12人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

50代前半さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:148人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

その他オーディオ機器
5件
0件
スピーカー
3件
0件
USBケーブル
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
品質5
音質への効果・影響5
強度・安定性5
サイズ5
   

   

モニターオーディオゴールド100の純正スタンドから買い替えです。ほとんど同じ値段なのに安心感が全く違います。純正スタンドは震度4でも、落っこちそうで精神衛生上よくありません。このレビューで布ベルトで巻き付けている人もいましたが、見栄えも大事です。ゴールド50と兼用なので仕方がありませんが・・・このスタンドに代えて音も激変しました。それまでは部屋の環境やらケーブル、インシュレーターなどいろいろ触ってきましたが、全て解消です。何ともピントが合った音がでてきます。低音の質も量も、元々得意な高音もさらに広がり、きれいになりました。角柱の整震と真ん中の角柱の振動が活躍しているのが、触ればわかります。スピーカーの実力が出し切れてないのは分かっていましたが、純正だけにスタンドの響きも無視できないと考えていましたが、間違いでした。後は天板とスピーカーの間に滑り止め兼インシュレーターを検討します。タオックさん本当に素晴らしいです。お勧めします。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

landcruiser1さん

  • レビュー投稿数:96件
  • 累計支持数:2147人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
14件
2件
バーベキューコンロ・焚火台
8件
0件
カセットコンロ
6件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
品質4
音質への効果・影響5
強度・安定性5
サイズ5
 

特徴のある振動子がアクセント

4本の脚は抜群の安定感

 

・4本の支柱と20kg近い自重があるため、横から強めに圧を加えてもまったくビクともしない安定感がある。さらに、同社の制振技術の一つである振動子と呼ばれるパーツが天板中央に配置されており、オーディオマニアの心をくすぐるデザインになっている。ただ、相当の重量がある金属製モデルのため、組立てやセッティング時には擦りキズ・打痕を付けないよう細心の注意が必要である。また、カラーはツヤなしブラックの一択であるが、ツヤ有りタイプなどの選択肢もあればさらに良かった。

・音楽再生中にスタンドに触れると、4本の脚が全く振動していないのに対し、この振動子は細かく振動している事が分かる。出音を聴くだけでは振動子による音質の変化が明確には感じられないが、同社の計測機器上のデータでは共振などのを悪影響を軽減させる明らかな数値が出ているのだろう。

・このモデルには、すべての支柱に最初から最適量の充填材が封入されており、組立て時に支柱充填材の注入量を決定するという(予想以上に手間がかかる)一つのプロセスが省けるので、セッティング面では結構メリットが大きい。

・同社には、1本脚タイプのスタンダードモデルも用意されているが、やはり本格的な中上級小型スピーカーには、この安定感抜群のフラッグシップモデルがオススメである。

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Cool McLeanさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
0件
50件
スピーカースタンド
1件
42件
プリメインアンプ
0件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン5
品質5
音質への効果・影響5
強度・安定性5
サイズ5

シンバルの振動音が制振されすぎて、ツイーター金属グリルカバーを外すと最適に。

1本 23Kg の 超重量級にて、 付帯音無くなり、見通しの良い音に。

2本の太い支柱と、2本の細い支柱の 真ん中に 「 振動子 」があります。

同時購入したTAOC TITE-46GP を AMP下と CDP下に 設置して、よりタイトに。効果大

同時購入したオヤイデ OR-800 Advance 4本SPケーブルで バイワイヤリングに。

オフ・ブラック塗装が精悍。重量級にて、制振・整振の効果が大きいです。

●●「 初 」TAOC ●● H27.11.28にヨドバシカメラさんにて購入■■価格 74,000円 ■■ H27.11.28に TAOC TITE-46GP を 2ペア( ヨドバシで 23,640円) 、 オヤイデ OR-800 Advance を 2ペア (ヨドバシで 52,080円) も 同時購入■■経緯→ 今まで オール木製のSPスタンド購入して6か月程堪能も、その甘美な響きに満足していたが、新品購入時からある小キズに嫌気、純正B&WのSPスタンドが金属製であることも鑑み、本日評判の良いTAOCの中でも、重量級の「 TAOC HST-60HB 」を 新品購入。 組立後に、「 TAOC 」と 金色に輝く シールを 貼りまして、「 命 」 を 吹き込み行う。

【デザイン】 オフ・ブラック(マット・ブラック)にて精悍。見るからに剛性感高く、「制振性能」「整振性能」に期待したもの。真ん中にある「振動子」がユニーク。今まで愛用していたオール木製の1本足も良かったが、このTAOCさんの「 HST-60HB」は、4本ある支柱と、真ん中にある振動子が、より見た目からも、がっちりとして居り、安心感・力強さ・ただものではない感・オーラが際立っている。

【品質】 塗装も良好。2本ある太い支柱ならびに、同じく2本ある細い支柱の中には、「 鋳鉄粉」が充填されて封入、組立前に支柱を揺らしますとサラサラと支柱の中にて音がした。3タイプの支柱の向きが音質効果の趣味に応じて、お好みの形に組立する選択が可能である点が面白い→ 私は、「標準型」のタイプにて組立。1つ1つの部品が兎に角重いので、滑り止め付きの軍手が必要。

【音質への効果・影響】 一聴して「 ざわざわしない」「聴きやすい」「付帯音の無い」「見通しの良い」音色・音感に感動。ピアノや女性ヴォーカルの高音の透明感が素晴らしい。「 兎に角、自然」「厚く色付け等々一切無い」「リアルな音色・音質に」。→ ※※ これだけの重量級と、確かな剛性感、ならびに 確かな「 制振対策」、「整振対策」、「チューニング」等々が施されて居り、兎に角、「定位がビシッと決まる」→これには非常に感動。凄い。

【強度・安定性】 1本 23Kg もある 「 超重量級 」→ 強度抜群。安定性極めて高い。

【サイズ】 超重量級である。今まで愛用していたオール木製のSPスタンドよりも少し小さい。天板の横幅が、「B&W CM5 S2 と全く同じ200mm」。まるで B&W 純正であるかのよう。非常に小型ブックシェルフ型搭載するのに最適な大きさ。

【総評】 「 初 」TAOC でしたが、大満足。「 初音出し 」の 一聴から 「 付帯音の無い」 、「 見通しの良い音」、「 背景が静か」、「 violin や ドラムアタック音、 pianoの 音色が 兎に角 、 自然 」。 長くもっと聴いていたくなるような音色・響き・音感。 Marantz + B&W の 特徴的な高音が 意外と感じられない程の 「 リアルさ 」、「 自然さ 」を感じる。高音・中音・低音が非常にバランス良い。
●ベートーヴェンのピアノ・ソナタ「 悲愴 」「 月光 」「 熱情 」を聴く→ とにかく 、納得の 自然な 音、響きに感動。
●ベートーヴェンの交響曲No.5 運命 を聴く→ ハ短調の最初の出だしから 兎に角、リアル。低音violin等々の響きにも納得の迫力。
●マイケル・ジャクソン の Billie Jean を聴く→ 最初の出だしのイントロから、リアルすぎて鳥肌状態に。感動。凄い。切れ最高。
●CHICAGO の Hard to say I'm sorry を聴く→ 約1分30秒位に 突然 鳴る ドラムの 超リアルな アタック音が 素晴らしい。「タイト」。
●Sting の Englishman in New York を聴く → 非常に Sting の 声色が良い、見通し最高。 楽器の音色・響き 超リアル、凄い定位感。
●JUJU の Love stories を 聴く→ 見通しの非常に良い女性ヴォーカルの高音を再現出来ている。今まで多くの機材やSP、SPスタンド、ケーブル、インシュレーターを愛用して来ましたが、現在の状況が一番良い。→ JUJUさんの最高音部分まで 超リアルで、再現性良く、超感動。バックのピアノや ドラム等々の 楽器の音色や響きの 塩梅が素晴らしく 再現出来ている。ヴォーカルの定位感が俊逸。
■■機材■■
●AMP → Marantz PM-11S3
●CDP → Marantz SA-11S3
●SP → B&W CM5 S2
●SP Cable → オヤイデ OR-800 Advance 1.5m 4本を バイワイヤリングにて接続
●電源Cable → オヤイデ TUNAMI GPX-R V2 , オヤイデ TUNAMI GPX V2 、 ワイヤーワールド オーロラ
●電源TAP → オヤイデ MTB-4
●RCA → オヤイデ TUNAMI TERZO RR V2
●XLR → オヤイデ TUNAMI TERZO XX V2
●インシュレータ → TAOC TITE-46GP 、 KRIPTON IS-5
●ボード → アコリバ RHB-20
●その他 → エコーネス社 ストレスレス・チェア

●Eagles の Hotel California を 聴く → まるで 今、目の前で セッション ( ライヴ )を行っているかの如く、生々しい音色・声色。
●John Coltrane の JAZZ を聴くと、瞬時に良さが判明 → シンバルの シャリシャリした音が収まりすぎたが、CM5S2 の ツイーター金属グリルカバー外したら、シンバル振動音に輝き戻る。。Marantz + B&W の 特徴の 高音が 凄く聴きやすくなったことに 気が付きました。→ 邪魔な付帯音がなくなりました。 深く沈み込むベースの音色に「深化あり」。切れの良いドラムのタイトな、締りある打鍵音が快感。リズミカルで踊るような ピアノ の音色に感動。 渋くもあり、時に シックで 、時に鮮やかな テナー・サックス の音色が素晴らしい。 透明感が向上。
●Journey を 聴く → 男性ヴォーカルの 定位も ビシッと決まります。 send her my love や、 faithfully 、 separate ways 等々の 弾んで 張りのある ドラムの アタック音が 素晴らしい。 キーボードの 音色が 鮮やかで リアル。

参考になった10人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あなたのレビューを投稿しませんか?

HST-60HB [単品]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

HST-60HB [単品]
TAOC

HST-60HB [単品]

最安価格(税込):¥39,221登録日:2014年 9月22日 価格.comの安さの理由は?

HST-60HB [単品]をお気に入り製品に追加する <42

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

  • 【欲しいものリスト】検討中
  • 【Myコレクション】友人用に
  • 【その他】
  • 【その他】PC
  • 【欲しいものリスト】a

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(スピーカースタンド)

ご注意