U-05 レビュー・評価

2014年 7月下旬 発売

U-05

  • ESS社製8ch DAC「ES9016」のパラレル駆動などを採用した、ハイレゾ対応のヘッドホンアンプ内蔵型USB DAC。
  • アナログ伝送部にはノイズの影響が少ないバランス方式を採用しているほか、ジッターノイズを軽減させる「ロックレンジアジャスト」機能を搭載。
  • 最大384kHz/32bitまでアップスケールする「オーディオスケーラー」機能、3種類から音質を選べる「デジタルフィルター」機能なども備えている。
U-05 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥105,000

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(標準プラグ):1系統 ハイレゾ:○ U-05のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • U-05の価格比較
  • U-05の店頭購入
  • U-05のスペック・仕様
  • U-05のレビュー
  • U-05のクチコミ
  • U-05の画像・動画
  • U-05のピックアップリスト
  • U-05のオークション

U-05パイオニア

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年 7月下旬

  • U-05の価格比較
  • U-05の店頭購入
  • U-05のスペック・仕様
  • U-05のレビュー
  • U-05のクチコミ
  • U-05の画像・動画
  • U-05のピックアップリスト
  • U-05のオークション

満足度:4.47
(カテゴリ平均:4.43
レビュー投稿数:56人 
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.22 4.31 -位
音質 音質の良さ 4.40 4.45 -位
操作性 操作のしやすさ 4.14 4.23 -位
機能性 搭載機能が充実しているか 4.73 4.14 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

U-05のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
4件
0件
イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン2
音質2
操作性無評価
機能性無評価

結論から申し上げますと、あまり褒めるところのない製品だと感じました。
5万円以下で中古市場にも豊富に出回っていますし、検討されている方の参考になれば幸いです。

さて、この機種ですが、エントリークラスの複合機としては十分評価に値するクオリティの機能性と音質なのだと思いますが、物足りなさがあるのも事実です。
現在は生産終了で、中古4万円台で購入できますが、私個人はこのくらいの価格が適正価格かなと思います。物量ではなく音質に対する適正価格です。
機能豊富なので遊びがいはあるかもしれませんが、純粋な音質はそれほど高くありません。

【デザイン】
一般的なDACなので特筆すべきポイントはあまり見当たりません。
DAC部はESSの9016というチップを二枚並列駆動しています。これによって音質が二倍になるということはなく、1.2倍くらいでしょう。DACチップに何を使っているかやDACチップの枚数よりも、前後のアナログ回路の方が遥かに重要です。その回路についても見たところあまり優秀なデザインには思えませんでしたし、実際DACとして音を聴いてみても優れた音質とは思いませんでした。
とはいえ、フィルタが選べたりロックレンジアジャストという機能があるので、楽しいです。
ロックレンジアジャストについては、狭めていくとどんどん音が鮮烈になっていきます。ユーザーに色々な権限を渡すのはかなり面白い試みだと思いました。
アンプ部はバランスですが出力はそれほど大きくありません。バランスの恩恵があるかと言われると微妙です。
駆動力がなく、本当に据え置きなのか怪しくなります。HD800系を駆動することすら難しいようで、更に難しいヘッドホン、例えばT60RPとかは全く駆動できないと思います。
他に、感じたことといえば電源部が貧弱に思えました。DACとAMPを満足に動かすには足りないような気がします。アップサンプリング機能もついておりますが、かなり音質劣化が激しいと感じました。いかにもハイレゾっぽいキラキラとした音になるのですが、厳密に聴くと音が滲み、空間表現がかなり劣化します。

ロックレンジアジャストやアップサンプリングなど、非常におもしろいのですが、値段なりというか、詰めが甘い設計だと思います。

【音質】
以下のような設定で聴きました。
-ヘッドホン-
Win10PC(JRMC25)→U-05→HD800、HD800S
-スピーカー-
PC→U-05→ATOLL N100SE→YAMAHA NS-F901
スピーカーでは主にDAC部の空間表現能力を確認しています。

ぱっと聴きの印象としてはかなり冷たく、硬い音です。
解像感重視の音作りですが、実際に解像度が高いわけではありません。例えばPhotoshopなんかで、写真にシャープネスをかけたり、明瞭度のフィルタをかけるようなものです。
一言で言えばやかましい音です。
全体を見渡して感じるのは、高域重視で、反面他の帯域は最低レベルのクオリティだということです。
低域はかなり薄っぺらく、貧弱で、全然伸びません。
解像度が低く、音像がぼやけて実体感がかなり薄いです。
これらの評価はおそらくヘッドホンアンプ部が貧弱すぎるせいです。
ヘッドホンアンプ部の音はかなり悪く、バランス云々いってもどうしようもないレベルで劣悪です。
先程申し上げたとおり、HD800を満足に鳴らせておらず、T1などもってのほかです。高インピーダンス機や低能率のヘッドホンなどは、まともに鳴らせないと思います。

DAC部はスピーカーで聴いての判断になります。
やはり上記の印象が強いです。細身で平面的な音です。
オーケストラなど聴くと、一瞬は華やかできれいに聴こえますが、じっくり観察してみると、細部は潰れています。
空間表現はかなり悪いです。定位感が最悪で、低音も浮き気味で不安定なので、何もかもぼやぼやです。
ボーカルがぴたっと中央に定位するべきところでも、このDACでは前後左右にゆらゆらとゆれてしまい、これではスピーカーで聴く意味が薄れてしまう気がします。
アップサンプリング機能をONにするとこの揺らぐ感覚が増幅されます。

やはり、あまり褒める部分がみあたりませんでした。
全体としては相当質の悪い音です。

【総評】
希望価格10万円でこの音とは失望せざるを得ません。
初心者のユーザーを対象にしているのかもしれませんが、いくら初心者とはいえごまかしの音に騙されてはくれないと思います。エンジニアが悪いのか経営が悪いのかはわかりませんが。
U-05の音質は、残念ながらChordのMojoに勝てていません。
Mojoに勝てないのはU-05だけではなくて、この価格帯の複合機の殆どに言えます。Fostex HP-A8、Maranz HD-DAC1、OPPO HA-1、TEAC UD-505、Luxman DA-250など。
デザインの不備を味付けで誤魔化すオーディオでは良い音は出ないと思います。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

16台目さん 銀メダル

  • レビュー投稿数:253件
  • 累計支持数:1172人
  • ファン数:16人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
167件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
46件
2件
ノートパソコン
7件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5
 

前面

裏面

 

【デザイン】
機能的かつオーディオコンポの典型的な面構えです。また、パイオニアらしいデザインと思います。奇をてらわないので秋が来ません。いいですよね。

【音質】
良くも悪くもパイオニアらしい音がします。若干線の細いが切れのある美音です。中低音の迫力を前面に出したものではありませんので、押し出しは強くありませんが、聞き飽きない音だと思います。ノイズもなく、レンジも広いと思います。
また、アップサンプリングや、出力のビット数を変化させたり、フィルタによる音色の調整、タイミングの追い込みで音質を追求できるなど、いろいろいじれるところがまた良いです。32bitで出力し、アップサプリングすると繊細かつ音色が丸くなり、CD音質もハイレゾ化したかのような感じが出て、まるで音が変わります。こういうことができるって楽しいですね。なかなかこういう機種はありません。
ただし、ヘッドフォン出力は質は十分高いですが、迫力に乏しく、そんなにすごいとは思いませんでした。ヘッドフォンを力強く鳴らせるところまでは行っていませんので、本機はUSB-DACとして使い、専用の(ヘッドフォン)アンプを用意した方が良いでしょう。

【操作性】
下段のつまみがいずれも小さく操作性がいまいちに思われる気がする以外は、すべて迷わず操作でき、良いと思います。ただ、欠点というほどではないので雨が、音質を変更するのはすべてリモコンでないと操作ができず、リモコンを無くしたら終わり、というのはいかがなものでしょうか。本体で操作できるようにしておくべきと思いました。

【機能性】
音質を変更できることに加え、入力も十分ですし、この価格帯で、ライン出力がXLRバランス出力で備えられており、ヘッドフォン端子も、アンバランス以外に3極と4極のバランス出力が用意されている等、至れり尽くせりです。バランス出力をヘッドフォンアンプ(TEAC HA501)へ出してプリアンプとして使い、さらにパワーアンプへ、アナログ出力をヘッドフォンアンプへ出して別のヘッドフォンアンプで聞くとか、2通りに使えて便利です。もちろん、ライン出力が固定でも可変でも選択できます。ヘッドフォン音量微調整というのも面白い機能です。

【総評】
全方位に欠点がなく、超多機能なUSB-DACだと思いました。端子からするとヘッドフォンアンプしての使用を想定していると思いましたが、ヘッドフォンアンプ部分は他の部分に比べ、強力という訳ではないと思いますので、最高点を付けているのは、USB-DACとしての評価です。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

SameSameSameさん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:49人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
10件
22件
スピーカー
2件
22件
ゲーム機本体
0件
21件
もっと見る
満足度2
デザイン4
音質3
操作性4
機能性4

HPAとしてはアンバランスの出力が弱過ぎます
ポータブル系の32Ωのヘッドホンなら鳴らせますが、高インピーダンスなヘッドホンになっていくと弱弱しく不鮮明な音になります
スッキリ系とは言われますがアンバランスは単純に弱弱しい音です
低音が分かり易く諧調が表現出来ないのと細かく低音楽器の定位が動くような表現で低音が散ってしまって定位が動かず制御しきれていないです

可変出力でデジタルボリュームを通すと音質の劣化があります
固定出力と比べると低音域があるところからバッサリ削られてるのが分かります
バランス出力だからと可変出力で使うと酷い目にあいます
あくまで固定出力のDACとして使いボリュームは別に用意すべきです

各種フィルターや高ビット化させるのも良くないです
ロックレンジアジャストの段階が一段階悪化するのです
付加機能を使う事で機器内部のノイズが増しちゃうのか、それらを切ってダイレクトに設定するのが一番音質が良くなります


オールインワンな機種ですが表題の機能以外は付加価値として全て力不足です
ヘッドホンをバランス化させている、バランス入力プリメインアンプがある、それでいて廉価な機種が望ましいと言う方以外にはすすめられません

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

oimo-chanさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:21人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
0件
2647件
プリメインアンプ
0件
130件
その他オーディオ機器
0件
67件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質4
操作性5
機能性5

PCにつなげて2ケ月ほど使用してましたが、中高音がとても強めに出るなぁと思っていました。
家にあるアンプやスピーカーでとっかえひっかえしましたが、このキャラクターが変わらず、どんな曲を聴いても抑揚を感じませんでした。
試しに家にある古くて安いCDプレーヤーとこのDACを同軸接続したところそのキャラクターがかなりおさまりました。

PCに戻すとまたキャラが強くなりましたので、固有のキャラクターはPCが原因だと思い、
PCをやめてネットワークプレーヤーにしたところ、かなり音質は向上したと思います。

個人的にはハイレゾにこだわっているわけではないですが、
試しに購入していたハイレゾ音源の再生したところかなりの高音質に感じる曲もありました。

DSDの曲はもっていないのでわかりません。

MQA音源には対応していないですが、ソフトは1枚しか持っていないですし、
今後MQA音源が主流になれば別ですが、今のところ全く不便ではないです。

むしろNASやインターネットラジオのmp3音源や非圧縮音源がとてもいい感じで再生されるので、
安いネットワークプレーヤーとこのDACの組合せはいいなぁと思っています。

上流につなげるものが「PC」「CDプレーヤー」「ネットワークプレーヤー」で
意外と音の違いがでましたので、このDACはそれほど色付けがないと思いました。

低音もしっかりしてますしバランスがいいと思います。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kodawarinさん

  • レビュー投稿数:52件
  • 累計支持数:288人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
14件
5件
レンズ
8件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

【デザイン】
オーディオ製品らしい大きさとパネルのデザイン等、存在感があって良いと思います。

【音質】
これについては賛否両論がありますが、私は好きです!
他にも評価の高い高級機を聴いたこともありますが、U-05の音が劣っているとは感じませんでした。ヘッドホンではDT1990 Pro(バランス改造済)を愛用しているように、ヘッドホンの音に解像度を求めるタイプなので、このU-05の解像感が好きです。

★追加レビュー★
その後、価格が倍以上する国内メーカーのDACを複数試してみました。値段が倍ならばさぞかし素晴らしい音かと思いきや、音色の好みの範囲の差でしかなく、改めてU-05の音質の良さを再認識しました。大枚を払わずとも、これだけ解像感が高くエネルギッシュな音を再生するU-05は素晴らしいと思います。
PC側の再生環境を見直し、再生プレイヤーにHQ Playe、USBケーブルをwireworldを導入しました。これまでのU-05の音質にアナログライクな艶が加わり、素晴らしい音質になりました。

【操作性】
本体だけでは操作できない機能があり、リモコン必須です。しかしリモコンの操作体系はシンプルで使いやすいです。

【機能性】
USB D/Aコンバータであると同時に、バランス出力があるヘッドホンアンプ、バランス出力のあるプリアンプとして、十分な機能があると思います。音源のアップサンプリング機能もありますがあまり効果が分かりません。むしろデジタルフィルターやロックレンジアジャストの方がより解像感が出るように感じています。

【総評】
オーディオ機器として音が破綻している等の意見もありますが、私の好みで言えばパイオニアが良く頑張ってこれだけのものをこの価格で作ってくれた、と思います。当初の不人気のせいか販売価格が驚くほど安くなっていて、コストパフォーマンスが高いです。また最近人気が出てきたようで、中古市場価格が上がっていますね。

私のU-05が初期ロットのモデルだったせいか、今まで2回修理に出しています。1回は全面のXLR4pinが接触不良となり基板交換。保証期間が終わってからPCからUSBで認識しなくなり、DSPユニット交換で約3万円のぬ修理費がかかりました。それでも買い換えではなく修理して良かったと思える機種です。

参考になった8人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ニーワーカーさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
1件
32件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性5

【デザイン】
デザインは悪くないと思います。ただ少し武骨すぎるかな?というのが私の感想です。しかし、天板や側面はネジのない非常にきれいな作りになっているので満足度はかなり高いと思います。





【音質】
肝心の音質は非常に解像度が高くクリアな音です。硬い音だとよく言われていますが、特に私はそうは感じませんでした。刺さることなく高温を美しく伸ばしてくれます。低音は量が増えるというより解像度の向上と引き締まりによって聞き取りやすくなります。それで相対的に低音が増えたと感じるようになります。 なにより好印象だったのが古い音源や、あまり良い音源ではない曲をかなりブラッシュアップしてくれます。微妙な音質に感じていた音源もこれを通すとかなり良くなります。手持ちのヘッドホンだと、DT990PRO,
fideliox2、k701あたりはかなり相性が良いと感じました。



ちなみに設定はup-sampling high hi-bit32オン   LOOKRANGEADJUSTは最大限絞り  DIGITAL FILTER SHARP で聴いています。



【機能性】
まさに多機能といった感じです。up-samplingは使うと非常に自然に音が滑らかになります。基本は使ったほうが良いと思います。
hi-bit32は音と音のつながりが自然になり、up-samplingと一緒に使うとかなり心地の良い音になります。
LOOK RANGE ADJUSTは絞り込めば込むほど解像度が上がります。正直デメリットはないのでこの機能はどんどん積極的に使っていったほうが良いと思います。




【総評】
今のこの値段ならかなり良い出来だと思います。安定して動作しますし、かなり良いDACを積んでいますのでここで立ち止まるのもさらなるステップアップを目指すのも、自由にできます。総合してコスパの良い機種です。このあたりの価格帯の製品は特に多いですが、今買うとしたらこの機種が自信をもっておすすめと言えます。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マジックパイさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

音質ははじめ硬くて高域が耳に痛い感じでした。
いろいろ試行錯誤した結果、デジタルフィルターを結局全部切ったほうがいい感じでした。

個人的にですが、切った場合、高域の豊潤さは失われますが、若干中域に艶がでて全帯域のバランスがよく聞こえます。
締まっているけど硬すぎて面白みのない低音も僅かに弾力がでます。
表現によってそれを曇りと捉える人もいるでしょうが。私はオフのほうがむしろ自然なのでは思います。

劇的に変化するほどの効果ではありませんが、
もし高域がうるさく感じられるシステムであれば、試してみてはいかがでしょうか。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

RONPAさん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
13件
ビデオカメラ
0件
10件
CPU
1件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質4
操作性4
機能性4

普段はLUXMANのDA-250を使用していますが、知り合いが所有していたU-05と1週間交換して聴いてみました。

以下はDACとしてアンプを接続してスピーカーで聴いた場合の感想です。
第一印象は中低音〜低音が厚く、DA-250と比較して解像度が低く、音が籠もっている感じです。
暫く聴いてみてもその印象は変わりません。
マルチDACはデノンと同様な音になるのか分かりませんが、デノンの様な低音過多気味の音質だと思います。
出力はFIXの方が音が鮮明でVARIABLEだと更に音が籠った感じになります。
ですので、クラシックにはあまり向いていませんが、ジャズを聴いた場合は厚みのある低音で心地良さがありあす。

以前所有していたDA-100と比べると、U-05の方が音の拡がりも良く1ランク上の音質ではあるのですが、クラシックをメインで聴かれる場合には別のシングルDAC機種の方が良さそうです。

ヘッドフォンアンプとしては、エディション8で聴いた場合ではDA-250と比較して圧倒的な駆動力不足を感じます。
DA-250はアンプ部も強化されていますが、U-05はDA-100と同等な駆動力と感じました。
別途アンプに接続して聴かれることをお勧めします。

全体的な感想としては、価格の割には全体のバランスが良くコスパの高いDACだと思います。
あとは、中低音〜低音寄りの音質が好みかどうかだと思います。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マッハスピードさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:38人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ネットワークオーディオプレーヤー
1件
25件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
4件
ブルーレイプレーヤー
0件
4件
もっと見る
満足度2
デザイン4
音質2
操作性4
機能性5

約4ヶ月間使って、先日ONKYOのDAC-1000相当品(プリアンプP-3000Rに内蔵されているDAC)に乗り替えましたので、比較を交えてレポートします。
ヘッドホンではなくスピーカーで聴いていました。音源は、BD/DVD/CDプレイヤー1台・BD/DVDレコーダー2台・TV1台です。
U-05とアンプとの間は、XLRケーブルでバランス接続していました。

透明感のあるクール系の綺麗な音で、苦手なジャンルもなく音場の広がりも割りとあるのですが、残念ながら音に厚みが足りず、楽器もヴォーカルも実在感が薄いです。音楽を聴いているのではなく、音を聴いている感じ。

その原因の1つが、低音の不足です。電源容量の不足なのか意図的にこういう色付けにしてあるのかわかりませんが、ハイレゾ流行りだから低音は無くてよい、とパイオニアが考えているわけではないでしょう。

DAC-1000(相当)は、もっと低音の量が多くて全体に厚みがあり、その結果 U-05よりも実在感を良く表現できています。

アップサンプリングとbit拡張は、その効果が分かりにくく、かつ、音に滲みが出る傾向があります。DAC-1000(相当)は、192kHzにすると滑らかさが増していることが実感できます。

出力を「可変」にすると、音質が悪化してしまいます。音のエッジが丸まり、高音のfレンジが狭まる感じがします。「固定」で使うのが良いでしょうが、そうすると、「プリアンプ代わりに使う」ことはできません。

ざっと以上ですが、最初の低音不足・厚み不足・実在感不足は、致命的に痛いです。

パーツは一級品を使ってあるようですし、マニア好みの小粋な機能も満載なのに、どうしてこんな音になってしまうのか?パイオニアが「良い音」を知らないはずはないですから、何とも不思議です。

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sussaさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:76人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルフォトフレーム
1件
7件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
3件
洗濯機
0件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性5

【デザイン】シルバー躯体で、パソコン周りに置いても落ち着いた印象です。

【音質】 素直な音。が正直な印象です。特段柔らかくもないですが、ソースの音源をしっかりと再現できていると思います。Classicを聞かれる方にはやや柔らかさに欠ける印象はアルかもしれません。

【操作性】 良いです。

【機能性】 現時点で、対応フォーマットもしっかりしていますので、特段問題ないかと。現在の価格なら、入門機としても購入しても良いかと思います。

【総評】
 この音が好きか嫌いかで評価が分かれます。しっかりとアンプとヘッドフォンをエイジングすると、かなり素直ないい音でならしてくれる機種だと思います。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ミラースさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
0件
4件
グラフィックボード・ビデオカード
2件
1件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
音質3
操作性4
機能性4

視聴ヘッドホンはk712 proとHD800。音源はpcmの24bit 96KHzのアップコンバート音源とmoraなどの音源。ヘッドホンの相性は、どちらも相性は悪くはなかった。ただ、essのDACを使用しているせいか、ヘッドホンの個性が出やすい印象。ヘッドホンによっては平面的でつまらない音になるかもしれない。

この商品を選んだのは複合機のなかで、デュアルモノのDACを使用、またバランスの出力に対応しているという点である。このまま使うか、ヘッドホンアンプを買い足すかは分からないが、どちらにせよこのアンプはphone outにもバランス出力があるので選択肢があるのはうれしい。まあ、そもそも卓上で使用したいのでこれを選んだが……。(単品選んだら音が良くなるのは当たり前)

機能もそんなに難しいものもないので、困ることもありませんでした。ロックレンジアジャストは私の環境では7段階中下から3番目ほどでした。アップスケール機能はCD音源に対してなら多少効果があるかなーってくらいであんまり期待はしてません。ただ、いろいろ聴き比べするのは楽しいのでいい。

音質についてだが、粒立ちのいい音で聞きやすいですが、少し平面的な音です。だが、cs4398の様な雑な感じはなく、綺麗に鳴らせていると思った。音は元々から硬いのでデジタルフィルタをslowにしたら好みに少し近づいた。そもそも硬い音にデジタルフィルタでこれ以上硬くするのは勘弁。このDACの個性で空間が広いので、少し太めの音が出るヘッドホンでもいいと思う。

複合機としては価格の割にいいと思った。ES9016×2とはいえ、ES9018×2搭載しているOppoの複合機よりもかなり安いのでその分アンプにお金をつぎ込むことも出来るため、複合機だけで行こうかアンプを買い直すか迷ってる人にはいいと思う。残念なのはデザインを重視したあまり、排熱がきちんとしてあるか心配。精神安定上良くない人はオススメ出来ない。

追記
hp-a8と比較する機会があった。音源はどちらもダイレクトで聞きました。(アップサンプリング、ロックレンジアジャストもoff)
音源は変わらずpcm 24bit 96kHzで、ヘッドホンも上記と同じ。
音質は好みもあるが、U-05を聞いた後にhp-a8を聞くと音の広がりが足りなく感じる。HD800を使用し、クラシックを聞くと違いがよく分かる。決してhp-a8が音の広がりが狭いという訳ではないが、比べるとどうしてもU-05に軍配があがる。それと、U-05のが音に若干(←ここ重要)厚みがある。
値段もそんなに変わらないのでスペースがあればU-05をオススメする。U-05はhp-a8より大きいので、スペースが無いのであればhp-a8を買うのも手だと思う。しかし、端子の数や、機能でかなり劣っているので、音の好み出なければオススメできない。また、ボリュームの設定の仕方がU-05のがやりやすい。
よって価格もそれなりに下がってきたU-05をオススメする。あくまで好みは人によって違うので鵜呑みにしないで色んな意見を見るといいと思う。

それと、前にレビューをしたときに、見た目のレビューは書き忘れてしまった。一言で表すと、ONKYOとPioneerが、そっくり過ぎてびっくり。統合したからかはわからないが、Pioneerの部分をONKYOに変えても違和感がないと思う。特にディスプレイはよりONKYOらしさを感じた。

電化製品の売り場に行ったついでに、ベイヤーダイナミックのT1を使用して聞いてみた。結果としては残念でな結果だった。低能率ヘッドホンは、300ΩのHD800がギリギリだったみたい。600ΩのT1はhighゲインにしても鳴らし切れたきがしない。この違いは多分誰でもわかる。T1が悪いのではなく、パワー不足のU-05に原因がある。
複合機だけで済ませたい人の中で、T1を使用したいならOppoのHA-1を買う方いい。U-05単体ではT1の良さを殺してしまうであろう。

参考になった8人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

さかな・クンさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:78人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
12件
2件
ビデオカメラ
1件
2件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性3
機能性5

試聴環境は、Mac(Air)→Mediacenter22→フルテック GT2(USB)→「当機」→HD800S(純正BAL)、T1 2nd(純正BAL)
当機の設定は全て初期設定です。

評価するということは何かしら自分の中で基準になっているものがなければ評価できません。この価格帯の製品を評価するときに数十万円の製品と比べて評価するというものはあまりにも理不尽でかつナンセンスでしょう。投資すればいいものが買えるのは当たり前です。


【デザイン】
私は好きです。

【音質】
まずは音量についてですが800Sは10〜11時、T1は11〜12時ぐらいのところで十分に取れるかなと思います。
高音を贔屓している印象です。キメが細かい音を出しているのですがそれ以外の音域がどうも機械的に鳴っているように感じ、全体的に冷たい音として認識してしまいます。低音に関してはアタックが弱いので骨格がない(=中身がスカスカな)感じに聞こえます。
音の広がりとしては斜め上に広がるといった感じでしょうか。様々なジャンルの曲を聞きますが、この機種ではアニソンやJ-Popぐらいしか聴かなくなったので、恐らくそういう系のジャンルの曲に合う機種なのだろうと思います。

DAC→U-05、アンプ→HDVD800 これでも試聴しましたがボーカルは人っぽくなり低音のアタック感もちょうど良くなりました。
やはりDACの性能は良いようですがアンプ部が残念なようです。この価格のことを考えると文句を言う気にはなれませんが(笑)


【操作性】
それぞれの調整つまみは適度な重さがあって回しやすいです。ただボリューム部のツマミはもう少し重さが合ってもいい気がします。
またリモコンについてですが別売りで売っていないところが少し心配です。

【機能性】
価格のことを考えると★5でも足りないくらいです。

【総評】
あまり良くないような書き方になってしまいましたが、値段を考えるとこの評価です。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

エクストラバガンザさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:76人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
5件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
1件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性5
機能性5

パソコンで音楽を聴くために購入しました。
foober2000→ASIO出力です。

使用機材
ヘッドホン:SHURE SRH1840
アンプ:sansui au-α607mos limited, pioneer A-A6
電源は各機器にノイズカットトランスを挟んでいます。

U-05HP出力(アンバラ)→SRH1840では、高域が金属質で、全体的に薄く、硬く感じます。
パワー不足というかなんというか。ヘッドホンに負けています。
電源ケーブルを替えたりインシュレーターを挟んだりしても、基本傾向は変わらないように聞こえました。
そこで、RCA接続したパイオニアA-A6のヘッドホン端子を経由してやると、全然別物でした。
ある程度の環境を既にお持ちの方がHPA部に対して、値段なりの音を期待すると、ちょっと残念なことになるかもしれません。

その分DACとしては優秀だと思います。
44.1/16でDFショートの状態が、一番色付けがないです。
不思議なことに、16ビットのままでも狭苦しい感じがありません。
下手にアップサンプリング、ハイビット化すると音が滲んでしまうようです。
やるならPCのほうで事前にアップコンバートしたファイルを用意すべきです。

内部がフルバランス構成ということなので、ORBのJ10-XLR Clear Forceでアンプとつないでみましたが、AT-RA5000でのアンバランス接続と比較すると、そちらのほうがより整然として聞こえました。

DACとして、色付けがない。欠点がない。十分すぎるほどのクオリティの高さがあるが、人によってはつまらない。
また、DACとしては素晴らしいが、HPAの部分がその能力をスポイルしている。
例えば10万円のDAC+3万円のHPAなら13万円の価値でお得だね、となりそうなものが、チョイ差しでは3万円の部分しか聞こえてこない。悩ましいですね。

HP出力のバランス側は試していませんが、DACが本体でHPAはオマケ程度に捉え、バランス駆動のアンプを別途用意すべきかと感じます。
そうでないと真価が発揮できません。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Bon Musicaさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
音質4
操作性4
機能性5

【デザイン】
 正面から見た感じはカーステレオやコンポのような、高級感のないデザインで可も不可もないデザインである。メーカーも言うように、設置後に見える位置に穴が開いていないのはデザイン面では良い。また、底板が非常に厚いのは、好感を持てる。ただ、足はプラスチック素材で安っぽいのが残念であった。

【音質】
DACチップにこだわっており、またパイオニアの回路設計が手伝って、非常に高性能な音がする。具体的には解像度が非常に高く感じられる。以下に音の傾向をまとめるが、これはヘッドホンでなくスピーカーを用いての所感であることに注意していただきたい。
音の傾向は硬質で高音寄り。低音は出ているが量は少ない。音場は横へ広がりがちで奥行きは欠如している。定位はしっかりとしているのだが、前述の横への広がりが原因で少し曖昧に感じる人もいるだろう。
本機のこのような音傾向は電源の力不足に依るものである。ここを強化してあげれば、低音がしっかりと出て、奥行きも良くなる。本機の長所はDACチップと回路が高性能であることであるが、その一方で電源部は貧弱であり、これが泣き所となって性能を発揮しきれていない。ここを補う技量をお持ちの方にはおすすめできるが、そうでないのなら他の選択をするのが良いのかもしれない。

ヘッドホンを用いたときの出音について簡単に述べておく。ヘッドホンの出音感想は比較的持っている方の多いであろうK701を用いての感想です。聴いた瞬間、解像度は高いが、「低音のアタック感が乏しい、音楽性が感じられない」というのが正直な感想です。ヘッドホンアンプ部についてはDACに比べて役不足な感じが否めない。せっかくバランス出力できるのに勿体無いと思います。結局、うちではヘッドホンをU-05で鳴らすことはなく、別のアンプを用いています。

【操作性】
操作性は最低限の部分は満たしている。本体についているスイッチは操作しやすい部類である。ただ、後述の通りコストの関係上リモコンでの操作しか受け付けない機能がある。こればかりは価格を考えると仕方がない。


【機能性】
リモコンによる操作を前提とし、本体側には最小限のスイッチのみを配置することで、低コストながら大幅な機能拡張を行っているだけあり、非常に多機能である。個人的にはLINE出力にバランスがあるのは嬉しい。メインアンプへ直接バランスで繋いで使用させていただいています。

【総評】
非常に高性能で、その性能の割に安価な本機であるが、使いこなすのは一苦労である。
使いこなせた場合には、非常に幸せになれる音がする。


参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

チェインバーさん

  • レビュー投稿数:61件
  • 累計支持数:389人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
8件
622件
プリメインアンプ
2件
144件
イヤホン・ヘッドホン
12件
46件
もっと見る
満足度5
デザイン3
音質5
操作性5
機能性5

【デザイン】良くも悪くも国産メーカーらしい無難なデザインです。

【音質】硬質だと言われる方が多いので少し気にしていたのですが気にする程ではなかったです。
私の素人耳ではクラシックを聴いても合わないって事は無いと感じます。
PMA-50より解像度は高いですしDA-250と比べてもそんなに劣る訳でも無いです。
開放型(セミオープン)のT1や密閉型のedition5を試してみましたがどちらも良好かつ特にノイズの類も気になりません。
ただ解像度の高さが仇になるのか音源のあまりよろしくない物だと雑な部分まできっちり表現してくれます。
かつて店頭の試聴機にU-05が用いられていた時の事ですが同社のSE-MASTER1のバランス接続されていたものはとても良い音を鳴らしていた事を思い出しました。
別の機会にFOSTEXやTechnics、ゼンハイザー等の機種の試聴にも用いた事があり、「この製品なら問題無い」と思ったのも購入した理由の一つでした。

【操作性】リモコンがちょっと安っぽいですが大体の事がここで出来るので問題無いです。

【機能性】アップサンプリングやロックレンジアジャストにデジタルフィルターと機能が豊富ですが豊富過ぎて一つずつ手探りで試している状態です。
端子群超豊富。でもAES/EBU端子の代わりにRCA入力端子やBluetoothが欲しかったです。ああWi-fiもあれば…っと値段を思えば要求し過ぎですね。
それと結構熱を持ちます。公式からは室温+10度くらいとの事。(OPPOのHA-1に比べると全然大した事はありませんが。あの機種は放熱が酷くて天板を触るとかなり熱く購入対称にはなりませんでした)

【総評】先日購入するもリレー音の煩わしさから手放したDA-250の代わりとして購入しました。
ドライバのインストールも特に問題なく(DA-250の時はノートンが反応しました。勿論PMA-50の時も反応はしませんでした)
音楽再生してもカチカチする事もありません。深夜の静かな時間帯に音楽を流しながら他の作業をしていてもストレスになりません。
以前からの課題であった自室の環境のグレードアップの為にプリメインアンプとセットで注文しましたがアンプとのバランスケーブル接続でもとても良い感じになっております。
懸念していたT1(インピーダンス600Ω)についてもゲインLOWのままで問題ありません。
ヘッドホン用のバランスケーブル(ヘッドホン側MMCX)は流石に自作出来る気がしないのでいずれ購入すると…高い。edition5でバランス接続したいんですけどね。

実売7万代として考えた場合ヘッドホンアンプとしてもUSB-DACとしてもよく出来た機種では無いでしょうか。
様々な機種を試し常用する機材もU-05の価格帯よりずっと上の物を普段からお使いの方には不満が出るのかも知れませんが正直ヘッドホンで立体感とかよくわからないです。
買い替えを検討する事になったとしてもその時のパイオニアの現行機種や同価格帯を選ぶ事になるのではと思います。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

U-05のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

U-05
パイオニア

U-05

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年 7月下旬

U-05をお気に入り製品に追加する <445

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホンアンプ・DAC]

ヘッドホンアンプ・DACの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意