BMW i3レビュー・評価

> > > > レビュー・評価
このページの先頭へ

i3 のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
i3 2014年モデル 4.08 自動車のランキング 17人 i3 2014年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

i3 2014年モデルの評価

  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.08 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.87 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.92 4.12 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.15 4.20 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 3.41 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 4.29 3.88 -位
価格 総合的な価格の妥当性 3.45 3.87 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:466人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
20件
0件
ウェアラブル端末・スマートウォッチ
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地2
燃費5
価格3

BMWの心意気を体感できる希少価値のある車
1)レーシングカーと同じカーボン車体、ほぼ全てがサステイナブル素材で、環境への配慮。デザイン内装とも
  未来を現在に持って来た、意欲作。営業諸氏、事故したらカーボン高いとか、距離走らんとか
  ネガティブ要素ばかり言うが、それをとうに超える価値がこの車にはある。と私は思う。
2)外観;とても未来的、デザインの勝利。モーターショーそのまま出てきた様な感じだ。大きさは、経自動車程度
     こんな小さな車に600万円もと言われる諸氏。解ってない。観音開きに近所の子供達、ワー!
3)内観;デジタルの塊、ナビも大きいし、使いやすい。Dスイッチを押し、スタート時のワクワク感。
     シートは、こんな薄くて大丈夫という諸氏。乗ってから言いなさい。体をしっかりとホールドしてくれる。  
     流石にBMW抜かりない。デザインともに秀越なのだ。
4)AM無い;運転中もとても静かな環境なので、純粋に音楽を楽しめる環境。今まで聞こえていなかった高音は
      こうだったのだ。低音は、このようにバランスするのだとコンサートホール並みに、普通に聴けるのは
      EVの勝利だ。
5)乗りごご地;ここだけは、いただけない。固いの塊、この良いシートが無ければ、どうなることだろう。
6)操作性:RRなのと、電池が底にあるので、最上のハンドリングが楽しめる。一瞬で、100KMになるから注意。
7)経済性;レンジ付きなので、満タンで、ギリギリ180KMだが、意外とガソリンさえ入れていれば良い安心感と
      30分でチャデモ。今までのハイオクガソリン代は一体何だったのか?月電気代込み5000円程度で済む。
7)トータル;こんな車よく造ったなと思う。日本社なら即、没であろう。BMWが、意欲的に世に問うている。未来の
       EV車はこれだと。2014年にすでに市売車として完成させている。故障もソフトの入れ替えぐらいで済み
       車検代、自動車税とも1000ccの車並み。維持費安いと実感している。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年8月
購入地域
兵庫県

新車価格
546万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
5万円

i3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Belle_Chocoさん

  • レビュー投稿数:66件
  • 累計支持数:348人
  • ファン数:3人
満足度2
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能5
走行性能2
乗り心地1
燃費無評価
価格無評価

【エクステリア】ドアはサイドシルの幅が広いので、乗降り性を考えるとこの構造はいいと思います。初めて乗る人に説明する必要はありますが、話題にもなると思います。
【インテリア】リサイクルのボードが使われていると思うのですが、むき出しというのはどうかと思います。シフトレバーの位置は操作しにくく、駐車の時や切り返しには向いていません。シートは私の体型(177cm/68kg)には合っています。でも、座面がフラットなので、子供には落ち着かないようです。Aピラーは太めで前の方にあるので、斜め前方の視界はあまりいいとは言えません。
【エンジン性能】あっという間に100km/hに達します。
【走行性能】加速は上に書いた通り。加減速はアクセルペダルのみで行います。慣れるまではギクシャクします。ブレーキに関してはほとんど使わないので評価できません。コーナリングはしっかりとグリップしている感覚なので、思ったより内に行きます。加減速をうまくコントロールできるようになれば面白いと思います。クリープがないので、少し登りのときに車間を詰めるという操作は難しいです。
【乗り心地】道の状態をよく拾います。重心は高めな挙動です。ホイールベースが短めなので、アクセルペダルのコントロールに慣れるまでは、前後に揺れるので酔います。練習してから人を乗せる必要があります。
【総評】慣れると運転が楽しくなりそうな車です。でも、ワンペダルコントロールに慣れてしまうと、他の車に乗り換えるのはどうなのでしょう。

レビュー対象車
試乗

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

BMWi3...ePerformanceさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地3
燃費5
価格5

【エクステリア】
このクルマのデザインは15年くらい先をいっていると感じます。
街での注目度はかなり高く、最初は見られるのを気にしていましたが、すぐに慣れました。
ソーラーオレンジのカラーも注目されましたが、最近は他車もオレンジが多くなってきました。

【インテリア】
白を基調に再生材をたくさん使ったインテリアもこれまた15年くらい先のデザイン性を感じさせます。
シートは某日本メーカーのものですが、ホールド感や座り心地などは他のFR BMWに軍配が上がります。この価格帯では他にはないカーボンフレームが、ドアの開閉時に見えるのもオーナーの満足感を満たしてくれます。
シフト操作が右手というのもすぐに慣れますし、慣れれば車に乗り込んでから走り出すまでの動作が少なく、効率的とさえ感じるようになりました。
観音開きのドアは前席が開いてないと後席が開かない仕様ですが、ほぼ人を乗せることもないので、不便を感じたことはありません。

【エンジン性能】
モーター性能は、100回転から250N.m.の最大トルクが垂直に立ち上がる為、アクセルの踏み込みに対するレスポンスは右に出る車はほぼいません。またEVゆえ、高回転時でも内燃機関のようながんばって回っている感がない為、全開走行は心のリミッターが外れやすく、自制心がないとすぐに反則金を払うことになります。世の中がEVで溢れると、モラルを車側で制限しないと事故が増えそうです。

【走行性能】
カーボンやアルミを多用しており軽量なこと、バッテリーが床面に敷き詰めらており低重心な車であること、RRの駆動方式ゆえに駆動輪にしっかりトラクションがかかることなどから独特の速さがあります。また私の車は発電用エンジンを搭載しない完全EVの為、車重がレンジエクステンダー車の1390kgより130kg軽い1260kgです。レンジエクステンダーの場合、大人二人が常に後席に乗っているのと同じなので、走りもわかるくらい違います。未体験の方は、一度PureEVに乗ってみることをおすすめします。

【乗り心地】
日本仕様は立体駐車場に対応する為、車高調が標準でついており、ゴツゴツします。またカーボンボディの剛性が良すぎるのか、脚も硬い、ボディも硬いということで、車が結構揺れます。細いタイヤも相まって残念ながら、安定感はないです。もちろん普通の街乗りでは問題ありませんが。

【燃費】
電費はガソリン換算した場合、夜間電力使用前提で100km/Lくらいです。スーパーカブ並です。

【価格】
これだけ新しい技術を惜しみなく奢りながら、当時499万円のスタートプライスはBMWはさぞ赤字を被ったことと思います。2度とこんな技術てんこ盛りの車がこんな価格では出て来ないと思います。また中古車が2016年時点では、かなり安かったです。その後EVの価値が認知され、2018年現在は球数も減っており、かなり中古車相場は上昇しました。また中古車の場合、保証等あると思いますが、レンジエクステンダーは発電用エンジンを普段は回さない為、それに起因するエラーの類がよく出るようです。新車の方は保証対象かと思いますが、中古車で買われる場合は、センサー交換等で余分な出費になる可能性も考えられます。


【総評】
初めてのEVで週5日通勤で乗っています。普段1〜2年で車を変える自分が、次の車を見つけられないくらい魅力ある、ずっと乗っていたいと感じる車です。充電や航続距離がネックで躊躇している方は、間違いなく購入に踏み切るべきです。少しの不便もありますが、たくさんの満足が得られる車です。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年12月
購入地域
愛知県

新車価格
499万円
本体値引き額
100万円以上
オプション値引き額
15万円

i3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

PMWさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格2

先日、左の後ろのタイヤの空気圧が低いとの、センサーが反応しました。全く気付きませんでした。タイヤの溝も減っており、ホチキスの太めのものが刺さっており、パンク状態でした。早くにセンサーで教えてくれたのです。走りはさすがに影響もありましたが、ホイルまで、傷が付くことかありませんでした。空気が抜けているところの応急処置のみしましたが、センサーはついたままです。確認すると、リセットが必要とのことでした。リセットしたら、また、センサーが、リスタートしました。
もちろん、現在は、新しいタイヤで、快走です。さらに静粛性アップですね!安全面でも、その様な機能があり、さすが、BMW!

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった9人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

eikoocbさん

  • レビュー投稿数:36件
  • 累計支持数:263人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア2
インテリア2
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費無評価
価格3

【エクステリア】
ぶさかわ? 何とも言えない外観です。
扉は観音開きなので前を開けないと後は開かない。

【インテリア】
プラスチック感丸出しで安っぽい。
シフトもステアリングの右上に有るので違和感半端無いです。
バックするたびに左手がシフトを探してしまいます。
フロントガラスへの写り混みも酷い。
それ以外の操作系は馴染みのBMWなので使いやすい。

【エンジン性能】
なかなかのパワー感。
扱いやすいし もう内燃機には戻れないかも? と思わすくらい良い出来。
170ps 25.5kは伊達じゃ無い。

【走行性能】
街乗りレベルでは速すぎるくらいスマートダッシュ凄いです。
カーボンフレームですか? 軽快なボディにレスポンス抜群のモーターの組み合わせはカートのようなスポーティー。
基本、ブレーキ要らずのワンペダル運転はラジコンを思い出させる。
MRレイアウトなので相当楽しく0-100加速は7.2秒。

【乗り心地】
ヒラヒラと軽い感じで落ち着きは無い。
悪いとは言わないけど普通のコンパクトカー。

【燃費】
フル充電で100キロチョイの表示が出てました。
でも走行中アクセル緩めると回生充電が働き走行距離が復活。実際どれくらいなんでしょ?
予備のガソリンエンジン着いてましたがそちらも100キロチョイ走れるみたい。


【価格】
新しい技術代ですね。
質感、乗り心地、走行フィールだけで考えると400万未満の車と思います。

【総評】
内装の質を向上させ価格そのままなら欲しくなる。
でもそうすると重量増大するかな?
運転は凄く楽しい車なので電気自動車の未来が楽しみです。

レビュー対象車
試乗

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

bmw1255さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格2

【エクステリア】
好き嫌いはあると思いますが、それは好みの問題。私は、特に悪いとは思いません。こんな車があっていい時代です。
【インテリア】
これもエクステリアと同じ感覚でした。
【エンジン性能】
これは素晴らしいの一言です。思い通りの優しさも、激しい加速も思いのまま。こんなに素晴らしいとは驚きです。
【走行性能】
これもエンジン性能と同じ感じです。
【乗り心地】
ここからが課題かと思います。しなやかで加速のすごいことや、カーブでの運転など、BMWらしさを感じますが、今乗っている3シリーズに比べると、安定感というか、地面に吸い付く感じが今ひとつのように思います。やはりBMWらしさをもっと感じたいと思います。
【燃費】
電気自動車の現在を感じました。街乗りでは全く問題はありませんが、150kmを超えるドライブでは、道路にもよりますが、2回ほど充電をしなければならないのは、よほどの時間のある人しか我慢ができないかもしれません。
【価格】
価格に問題はないと思いますが、いざ買うとなると、価格と上記の課題がせめぎ合います。
【総評】
いい車であることに異論はありません。また近い未来、自動車はこうなると感じました。BMWの未来を見据えた姿勢に感動しました。是非、乗りたい車です。でも、もう少しの進化を期待します。

レビュー対象車
試乗

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

えいざぶろうさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格4

i3レンジエクステンダーの購入後6か月
走行距離は、13000Km

電気自動車として、よくできていると言う感想です。
初めの購入時に、N社やPHVもむろん検討して値段が自分として高いのはわかってましたが
比べてどうしても譲れない良さが走りです。
N社のチューンしたタイプも検討しましたが追いつかないとおもい
3K走行の認定中古車を購入してます。
買ってよかったと思っています。

ガソリン車と比べて、音がしないのはどうでもよいと思ってましたが
今では、レシプロに乗る気がしなくなりました。
電気自動車の、軽快さがハンドリングでも即反応してくれるし、追従システムやクルージングも俊敏に
反応する分、とても使いやすいと思います。
国産S社のシステムの車も所有してますが性能は13の方が上だと思います。

電費に関しては、ガソリン車に換算して50K/L位、レンジエクステンダーで13K〜位です。
月に通勤で1万5K円かかるところ、3K切れる程度で済みますし、無料充電を使って今月は300円ですみましたので
これはすごくエコ生活になりますね。
充電設備は家にありますが、今月はそれも使わずでそれなりの工夫でエコで快適に電気自動車の生活をしてます。

最高速が150Kでリミットされるのが、少し不満ですが、7秒程度で100Kまで加速する感はまるでスポーツカーと同じ
感覚です。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yama_toさん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:136人
  • ファン数:1人
満足度2
エクステリア4
インテリア1
エンジン性能無評価
走行性能2
乗り心地4
燃費無評価
価格2

【エクステリア】
未来的で格好いい。街中でも目立つし観音開きで開く後部座席もいい。街乗りにはもってこいの大きさ。
背が高いのでそれほど小ささを感じない。
【インテリア】
カーボン素材なので熱がこもり易く他のBMWの車より車内が暑く感じた。またシフトレバーが左側(右ハンドル車)に無くハンドルの後ろ(ワイパーのハンドルより少し上)に位置しており、操作は慣れればよいと思うが、夏のこの時期は一番熱くなる場所にあり炎天下に車が置いてあると触れない程熱い。エアコンの噴出し口が後部座席側に無く、また後部座席は窓が開かない仕様(Fix窓)なので、この時期はとても厳しいと思います。また4人乗りだと思いますが、後部座席はベンチシートなのに中央にカップホルダーがあるのは少し使いづらいかも。カップホルダーがあることが前提ならば、ベンチシートではなく専用の椅子の方がまだいいように思いました。また、フロント窓は他のBMWと同程度だが、上の方は色が付いているので少し見にくい。インパネは全て液晶表示。未来的と言えばそれまでですが、真下が0km/hで右に振れる(左回り)なので違和感がありました。
【エンジン性能】
エンジンがありませんので無評価
【走行性能】
アクセルを踏んでいる分に関しては他のBMW同様、地を這うスピード感、ハンドルは思った通りに曲がるし、BMWそのもの。ただ、アクセルから足を離すと他のBMWと異なり惰性走行などを行わないため、ブレーキがかかり減速します。街中の40〜50km/h程度の走行でもショックを感じる程で後方と前方の車間距離に注意しながら少しづつアクセルペダルから足を離していかないとスムーズな減速は厳しい。
エンジンが無いので、Dに入れても動き出すことは無い。坂道だと下り方向に走り出してしまうので注意が必要。
電池をフル充電していても75km(コンフォート)だが、停車時にエアコンが止まる燃費を最優先に考えるモードだと距離が長くなるが、夏は停車時にエアコンが止まることに堪えられる方であれば、距離は伸びると思う。
【乗り心地】
エンジン音も無く音は静か。乗り心地は他のBMW同様、とてもいい感じ。ハンドルを切った方に曲がるので、車体の揺れ等もない。
【燃費】
試乗なので無評価
【価格】
性能を考えらればやむを得ないと思います。
【総評】
5分間だけ炎天下に置いてあった試乗車に乗っての評価です。また、フル充電するのにどの程度の時間が掛かるのかは同乗したディーラーさんは答えられなかったので、ちょっと不満が残る対応ではあった。ただ、走行距離や熱がこもり易いこと後部座席のことを考えると、まだまだ課題がある車だと感じた。

レビュー対象車
試乗

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

akaboさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:112人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
9件
1108件
ドライブレコーダー
0件
9件
カーバッテリー
0件
8件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格3

【エクステリア】 ずんぐりむっくりした形で,立派なBMWとは言えないという第一印象を持つ方があります.自分もその一人.
個人的にはあと10cm室内長を長くして欲しい.

【インテリア】 500万円クラスの車と考えると,素材感はそっけない.先進的と言えなくもないが,パソコンの画面を置いただけのようなモニター画面はどんなものか?
AMラジオが聴けない設定になっている.
荷室の床が高いが,下にバッテリーが格納されているために利用できる空間がない.荷室の高さが稼げない.物を積みたい方には向かない.

【エンジン性能】 エンジンが無いので省略.

【走行性能】 モーターのトルクで,踏んだだけ瞬時にパワーが出るので,公道の制限速度内では最速の部類に入るのではないかと思う.いわゆる速い車に乗った経験が少ないので他車と比較したわけではないのですが.
回生ブレーキが効くセッティングになっており,低速域ではワンペダルで停止する.わずかにスロットルを開ける踏み方に慣れると惰性走行が出来るようになる.

【乗り心地】 細くて大きい径のタイヤを採用し,乗り心地は独特かも知れない.減速しながら急な車線変更をするとリアの挙動が落ち着かないように思う.乗り心地は硬めだが不快ではない.

【燃費】 夜間の安い電気を使うと,満タン300円程度で150kmほどの走行が可能という計算になる.
評論家の方がレンジエクステンダーなら航続距離のことを心配しなくて出かけられるという試乗記を書いておられたので期待したが,提灯記事の類かと思いたくなる.バッテリーEVの車両に限ると,インフラの側の事情もあり,とても遠出する気にならない.

【価格】 「駆け抜ける歓び」はあるのだが,500万円でバッテリーが新品な1年目に150kmしか走れないと考えると高い.買うのは日産リーフにしておこうかという気になる.

【総評】 快適な車であり,生活を変える可能性を持っている車だと思う.

車両の側の課題としては,航続距離がイマイチ短い.レンジエクステンダーが8割〜9割方を占めるという理由が分かった.

インフラの問題として,充電器によって速度が異なり,50Aしか速度が出ない機械と,110Aのスピードが出る機械がある.遅い機械を利用していては,あまりの遅さに嫌になる.外国車はNCSカードの会費が割高になっている.

日産の充電器がすべて認証式になり,NCSのカードで気兼ねなくすべての機械が利用できるといいのだが...

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

KasuteraUmaUmaさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5

【エクステリア】
小ぶりですが、主張のあるデザインです。
台数が少なく珍しいので、街中ではあの車なんだろうと他人の視線を集めます。
百貨店の立体駐車場にも駐車可能な全高1550mmですが、i3の知名度が低い為に見た目で駐車不可の判断をされる事があります。いらいらぜずに車検証を係員に見せて大人の対応を心がけましょう!

【インテリア】
標準仕様は素っ気ないほどのシンプルな内装、特にハンドル回りがシンプル。
オプションのレザーシートを選ぶと、シックな雰囲気になります。
ドリンクホルダーはセンター付近に2個ありますが、そのほかに小物関係の置き場所が少ないです。
後席はISOFIX対応になっていますので、チャイルドシートの固定も可能です。

【動力性能】
モータで走行する為に0kmからの加速が素晴らしいです。
100km付近までの加速で、i3についてこれる市販車は無いでしょう。

【走行性能】
RR(リヤモータ、リヤ駆動)と低重心(バッテリがフロアーに配置)特殊な配置の為かほとんどロールを感じない安定したコーナリングが行えます。
タイヤは19インチで115(155/70R19)という特殊なタイヤですが、不思議なくらいにコーナーで粘ります。

【乗り心地】
乗り心地は他のドイツ車と比べても少し固めです。
日本仕様車は立体駐車場対策で全高1550mmにするためにスポーツサスペンションになっています。
標準で豪華な仕様になっているので、このさい乗り心地はあきらめましょう。

【燃費】
普通に近くに買い物に出かける程度では発電機のお世話になることはないでしょう。
週末にちょっと遠方に買い物にでかけた場合には発電機のお世話になることでしょう。
長期間、発電機のお世話にならなかった場合には、給油のときに給油口の位置を忘れるので、ガソリンスタンドに行く前に予め確認が必要です。
発電機が始動する都度、ガソリンを入れに行くと、ほとんどガソリンが入らない為に迷惑行為になる可能性があるので注意が必要です。


【価格】
フレームがフルCFRPのEV車でこの価格はお安いのではないでしょうか?
それに加えREXは今なら助成金と充電器設置工事代金合わせて100万円程度のサポートがあります。

【総評】
発電機があるのでバッテリー残量を気にしないで走行可能なEV車です。
EVを使用していると出先で充電時間の15分〜30分程度を待つのがかなり面倒に感じます。
REXはバッテリーがなくなっても100km以上走行できるので、実際に街中の充電器で充電する必要性を感じません。200km程度の距離は燃費(電費)を気にする事なく走行可能な実用車です。
乗車スペースがCFRPで作られている為、頑丈になっています。不慮の事故に巻き込まれた時に安全なのではないでしょうか!

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
ファミリー
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年6月
購入地域
福岡県

新車価格
546万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
15万円

i3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

shibapapaさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:87人
  • ファン数:3人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

なかなか可愛い感じで良いですね

視界も良好

懐かしい観音開きドア。馬車のようでこれも良い。

トランクも必要十分

ちょっと悩んだ操作パネル

タッチパネルが欲しかった

ちょっと遅くなってしまいましたが,
今年1月のBMWi3の試乗記です。

あらかじめお断りしておきますが,
プロではないので,間違っていたり,
勘違いがあるかも知れませんが,ご容赦ください。

●スタイル,居住性
ボディサイズは大きくもなく小さくもなく,
個人的にはこのサイズが気に入りました。
自宅の決して広くないガレージスペースにも,
大きくはみ出すことなく駐車できました。

ドアは懐かしい?観音開き。
ただ,後席は前席のドアが開いてないと乗り降りできないとのこと。
ちょっと不便そうですが,通常1〜2名の乗車が多いと思うし,
チャイルドロックという点から見れば,逆にいいのかも。

●インテリア
はっきり言って,プロトタイプ?といった感じです。
車体が炭素繊維で出来ているそうですが,その感じがそのまま。
あえてエコを前面に出したインテリアなのだそうだが,
価格を考えるともうすこし高級感が欲しい。
それに,パソコンのディスプレィをそのまま置いたようなインパネ。
これはどうもいただけません。
この辺りの処理はまだまだ進行形のようです。

●操作性
あえて「操作性」としたのは,全部がスイッチ操作と画面による設定,
全体的な感じがパソコンを操作している感じがしたからです。
ギアシフトもスイッチなので,「モード切替」という感じでしょうか。
色々なモード設定や,機能の細かな調整。
パソコンのコントロールパネルに通じるものがあります。
パソコンを使っていない方はちょっと苦労するかも知れません。

●走行性
肝心の走りですが,これは今までの車とは全く異なり,すばらしいです。
当然ですが,クリープ現象はありませんので,
アクセルペダルに足を置かないとスタートしません。
加速はエンジン車と全く異なり,未知の体験です。
なんと表現したらいいのか難しいのですが,
カタパルトで発射されるような重力が体験できます。
ちなみに高速で試したところ,わたしのおとなしい運転でも,
30km/h→100km/hが4秒くらいでした。
その気になればもっと早く走れると思います。

それと特筆すべきは電気自動車特有の回生ブレーキ。
アクセルを話すとすぐ充電が始まるので,
超強力なエンジンブレーキとして作動します。
慣れれば,街中でもフットブレーキ無しで走行出来そうです。

●終わりに
全体として感じたのは,ついつい残りの走行可能距離,
つまり「電池残量」を気にしてしまうこと。
充電スタンドが少ない現状では,なかなか難しいものがあります。

あとはなんといってもその価格。
補助金を使っても仕上がりで600万円くらいらしいです。
うーん,ちょっと手が出ませんが,大量生産によるコストダウン,
電池の性能アップなどが進むとは思います。
私が生きているうちになんとか実用的になるのかなぁ・・・(^_^;)
期待を持って待ちましょうか。

レビュー対象車
試乗

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

外川 信太郎さん

  • レビュー投稿数:236件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール神奈川県藤沢市生まれ、現在茅ヶ崎市在住の湘南中年。少年期に5年間イギリス・ロンドン、スコットランド・エディンバラに在住していた事から、欧州車に興味を抱いたきっかけになった。慶応義塾大学卒業後、出版社に入社。輸入車専門誌にて執筆、編集を担当…続きを読む

満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ブルーに縁取られたキドニーグリルをはじめ全てが近未来的。

サイドウィンドウの奇妙な造形、19インチの大径タイヤが目を引く。

スモークガラスに覆われた灯火類はすべてLEDを採用している。

:(前)155/70R19 84Q/(後)175/60R19 86Q

観音開きのドアを開けるとクラストップの居住空間が広がる。

コクピットには計器は存在せずモニターが2台あるのみ。

BMW「i3 レンジ・エクステンダー」を試乗してきました。(日本輸入車組合試乗会にて)VWの「e-up!」には散々乗りましたが、こちらは電気自動車でもまったく違った性格を持っていました。

エクステリアは子供のころ見たSF映画に登場するクルマのようなスタイリングを持ち、サイドウィンドウの奇妙な造形、ブルーに縁取られたキドニーグリル、全面がガラスに覆われて黒く鈍い光が印象的なリアスタイルは灯火類を点灯させると切れの良い発光のLEDが浮かび上がってくる。ターンシグナルもLEDを採用し、上部と下部に合計4個装備されているのも実に奇抜です。

インテリアもこれまでの自動車では味わったことがない未来感に驚かされます。ステアリングホイールの造形は何者にも似ていませんし、ダッシュボードに2個配されたモニターもコンセプトモデルをそのまま踏襲されました。

試乗コースは市街地とハイウェイです。
コクピットに座りキーを回すクルマが減る中、どうにかコクピットドリルを受けずに発進することができるのが、内燃機関ですが、電気自動車ということで始動スイッチとなるDレンジを広報マンに伺うと、ステアリングコラム右側にあるボタンを押し、小さなレバーでDにシフトできた。無論、この時点では何の音もせず、セルモーターやエンジン音が皆無のEVが実に洗練された乗り物に思え、内燃機関が野暮ったく感じるほどでした。

【市街地】

VW「e-up!」の長期試乗で電気モーターの大トルクは、学習していたので、このクルマで市街地に出てもアクセルを触るだけにしていた。ほとんど無音のまま、滑るように速度を上げ、アクセルから足を浮かすと回生ブレーキがじんわり効き、うまく走ると、ブレーキは最後の停止にしか使わなくても大丈夫でした。回生ブレーキには、VW「e-up!」のような効きの調整はできない。

【高速道路&総評】

高速道路の合流地点からアクセルを踏み込むと、「キューン」というモーターの軽やかな唸りと共にステアリングだけが先に行ってしまいそうな加速Gが掛かり、デジタルメーターは目では追えないほどの勢いで速度を上昇させます。先行車が速度を落としても、ブレーキを踏む必要はほとんどなく、アクセルから足を浮かせば強力な回生ブレーキが利き速やかに速度を落としてくれます。
再び前方が開け、アクセルを踏むとリニアモータカーのようにどこまでも加速していくような。エンジンというものが、いかに古臭い機関かこのクルマにのれば感じずにはいられません。

ワインディングを短時間走行しましたが、モーターのトルクは凄まじいもので、急勾配も物ともせず、平坦路と変わらない勢いで加速をさせます。後方に付けていたスポーツサルーンを置き去りにできる加速といえばそのパワーが理解いただけると思います。コーナーも常識の範囲では、無音のまま左へ右へほとんどロールを感じることのないまま駆け抜けてくれました。

気になる走行可能距離ですが、高速道路を流している限りでは、アクセルから足を浮かすと、回生ブレーキが効率よく充電をしてくれるため、正面のモニターを確認しながら走れば意外にも電費は優れる。しかし、ワインディングをフルパワーで走ったりすると、当初、表示された走行可能距離の3分の1しか走らない。

電気モーターの効率の素晴らしさを改めて実感した一台でありますが、問題は電費。楽しんで走ると巡航距離がみるみる減り、肝を冷やすことになります。今後のバッテリー性能向上に期待したいところです。








レビュー対象車
試乗

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

E-Fourさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:35人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費4
価格4

【エクステリア】
大きさはゴルフ並です。ただし車高は低いミニバンの高さです。
他の車とデザインが違い、現時点では似た車は無い(しいて言えば日産キューブでしょうか?)
【インテリア】
エコな素材を使っていてダッシュボードがケナフの繊維で出来ていて直射日光をフロントガラスに反射して気になってしまう。
それ以外はエコな気分とBMWのカッチリとしたデザインです。
【エンジン性能】
アクセルを踏んだ瞬間から蹴飛ばされる感覚で0〜100km/hが7秒台は伊達じゃない!
【走行性能】
重心が低く常に安定しています。外見からは意外なほどコーナーリングが速く限界が高いのでタイヤ鳴くところまでいきません。
【乗り心地】
ランフラットタイヤと独自の大径幅狭タイヤで硬めですが強靭なカーボンボディーのためミシリともいいません。
ホイルベースが短いので前後のピッチングを若干感じてしまいます。
【燃費】
借りた時に満充電で120kmでしたがエコ運転に心掛けたところ、次の急速充電の約80パーセントで満充電で130kmとなったので走り方次第ではカタログ表示までは出ませんが150kmから180kmという感じがしました。
【価格】
BMWの@プロジェクトで造った車という意味では500万円台は安く感じますが、乗車してインテリアを眺めると高い気がします。
【総評】
見た目キューブで走るとリアエンジンのポルシェと言うと言いすぎですが、その片鱗は十分に味わえる車です。
航続距離や少ないことや充電設備の確保とか問題は多いと思いますがライフスタイルが合えば良い車だと感じました。

レビュー対象車
試乗

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

BMWi3大好きさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5

通勤にも使ってい毎日国道1号線を走っていますが、6月に購入して以来4ヶ月過ぎて、まだ公道で自分と同じ車と出会っていません。
価格が高い事によるプレミアだと思います。
出会えないことは嬉しい気持ちと同時に寂しい気持ちもあります。。見た目からは可愛くておチビさんでちょっとドン臭そうな雰囲気がありますので
チョットこの車を自慢して見たいと思います。
この車は実際は実にキビキビしていて暴れ馬、かつ又乗り方次第でお姫様にも変身し、そして必要に応じて自由自在にも走る不思議な車です。
第一に、走行中に瞬間移動が出来ます。これは瞬時に速度を変化出来ることによります。
これにより車線変更は思いのままに出来過ぎてこわいくらいです。もしこの車と同じことが出来る車が増えたら大変なことになると思います。
第二に、アクセルだけでほとんど目的地に着いてしまうこと。ブレーキペダルに踏み変えなくても良いことです。
コーナリングの素晴らしさは特筆すべきです。ワンペダルの気持ち良さはハマります。レクサスSCに乗っていましたがそれ以上の気持ち良さです。
第三に、0から130kmまで追従するので国道ではブレーキだけでなくアクセルも踏むことなく目的地に行くことが出来ます。
追従性能はレクサスLS以上のものを感じます。ただし大雨には、どちらも弱いですが、、、。
第四に、見た目以上に運転席は広くてしかも乗り心地が良いんです。
第五に、約3000kmを走行していますが、ガソリンを4リットルしか給油していません。ほぼ自宅での充電です。
お出かけデモチャージとトヨタの充電カードを持っていますが、両方とも数回しか使っていません。週に一度か2度家で充電するだけです。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年6月
購入地域
大阪府

新車価格
546万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

i3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

松下宏さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地2
燃費5
価格2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

BMWが新しいビジネスモデルとして展開するのがBMW i。その第一弾として電気自動車のi3が発売された。新しく立ち上げたBMW iでは、生産段階から使用、廃棄の至るまで、各段階を通じて持続可能なシステムを提案したのが特徴で、そのために新しい工場を建設するなど、すべてにわたって新しいクルマ作りがチャレンジされている。

新工場の建設など大きな設備投資を伴うビッグプロジェクトなので、BMWとしては単に新型車を投入するというのにとどまならい絶対に失敗することのできなプロジェクトである。

i3には屋久島と東京都内で開催された試乗会に出席し、BMWが用意した広報車両に試乗した。電気自動車仕様とレンジエクステンダー仕様の両方に試乗している。

i3で最も注目されるのは、量産車として初めてカーボン繊維強化樹脂製(CFRP)のボディを採用したことだ。これによって大幅な軽量化が図られ、運動性能や航続距離の向上を実現している。

大雑把に言うと、i3級のコンパクトカーを作ろうとすると、ざっと1400kgくらいの車両重量になる。これを電気自動車化すると電池やモーターの重さで300kgくらい重くなる。でもエンジンとトランスミッションが不要になるから100kgくらいはマイナスしていい。それでも200kgの増加だ。

でもi3ではボディの外板部分をCFRPにしたことや、基本フレームの部分にアルミホイールを採用することなどによって340kgの軽量化を果たした。結果として140kg軽い1260kgの車両重量になったという。EU仕様の標準モデルなら1185kgという軽さだ。

搭載されるリチウムイオン電池は21.8kW/hで、リーフの24kW/hに比べるとやや少なめてあるものの、格段に軽いボディによって同等以上の航続距離を実現する。

それだけではない。i3では電気自動車としての航続距離だけでは不安という人のために、バイク用の600ccエンジンを搭載したレンジエクステンダー仕様が用意され、航続距離の不安を和らげているのもポイントだ。

航続距離は標準状態で130kmから160kmだが、モードの選択によって200qまで伸ばせる。レンジエクステンダーならさらに120kmを走れる設定になっている。

軽量ボディに125kW/250N・mの動力性能を発生する電気モーターを搭載するため、走りはとても俊敏な印象である。グイとアクセルを踏み込めば発進加速ではガソリン車を完全に置き去りにするような加速を見せる。

同時に、極めて強い回生ブレーキを採用するのが大きな特徴で、アクセルペダルから足を離すと強めの減速を示す。これに慣れるまでには時間がかかり、信号待ちなどでアクセルを離すと、想定よりもずっと手前でクルマが停止してしまう。

ただ、慣れるとブレーキペダルを使うことなくアクセルペダルのオン/オフだけで走れるようになり、ワンペダルドライブを満喫できるのだという。オーナーになれば慣れるのは難しいことではないと思う。

強めの回生ブレーキは使ったエネルギーを取り戻すことにつながり、航続距離にも好影響を与えることになる。基本的に歓迎していい。

i3は日本の駐車場事情を考慮し、ヨーロッパ仕様に比べて全高を40mm下げ、1550mmに抑えている。それ自体は大歓迎すべきことだが、単純に喜んでばかりもいられない。

ルーフアンテナで20mm稼いだほか、車高調節機能のあるスポーツサスペンション用のダンパーを採用してさらに20mm分を稼ぐなどしているのだが、この足回りが相当に硬い。スポーツサスのネガが出た部分だ。特におろしたての試乗車に乗ったときには足回りの硬さに閉口させられるほどだった。

カーボンボディを採用したことなどによって、電気自動車仕様で500万円近い価格はかなり高めの設定である。補助金を考えるとレンジエクステンダー仕様が有利なので、こちらを買う人が多いと思うが、いずれにしても相当に高い。

また、観音開きドアの4人乗りという実用性の問題もあるため、どれだけ売れるかは微妙である。

もうひとつ、電気自動車が本来的に持つ問題点として、自宅に充電設備を設けられる人でないと買えないことがあげられる。リーフでもi-MiEVでもそうだが、これ1台で間に合うクルマにはならないのだ。i3はBMWの高級車を持つオーナーがセカンドカーとして買うクルマになるだろう。

レビュー対象車
試乗

参考になった14人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

この製品の価格を見る

i3
BMW

i3

新車価格:499〜608万円

中古車価格:148〜498万円

i3をお気に入り製品に追加する <68

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

i3の中古車 (68物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

colleee
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意