K712 PRO レビュー・評価

2013年 9月17日 発売

K712 PRO

  • 独自のハウジング構造によって原音の再現性を追求した、オープンエアー型ヘッドホン。
  • リボン状のワイヤーを使用した「フラットワイヤー・ボイスコイル」を採用し、ボイスコイル を小型・軽量化。
  • 2種類の素材を組み合わせた「Two-layerダイヤフラム」構造と独自の「バリモーション・テクノロジー」により、分割振動を抑制。
K712 PRO 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥29,480

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥29,480

SOUNDHOUSE

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥29,480¥39,490 (5店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥29,480 〜 ¥39,490 (全国3店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:開放型(オープンエアー) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:10Hz〜39.8kHz K712 PROのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • K712 PROの価格比較
  • K712 PROの店頭購入
  • K712 PROのスペック・仕様
  • K712 PROのレビュー
  • K712 PROのクチコミ
  • K712 PROの画像・動画
  • K712 PROのピックアップリスト
  • K712 PROのオークション

K712 PROAKG

最安価格(税込):¥29,480 (前週比:±0 ) 発売日:2013年 9月17日

  • K712 PROの価格比較
  • K712 PROの店頭購入
  • K712 PROのスペック・仕様
  • K712 PROのレビュー
  • K712 PROのクチコミ
  • K712 PROの画像・動画
  • K712 PROのピックアップリスト
  • K712 PROのオークション

満足度:4.64
(カテゴリ平均:4.28
レビュー投稿数:79人 (試用:1人)
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.44 4.17 -位
高音の音質 高音部の音質の良さ 4.77 4.15 -位
低音の音質 低音部の音質の良さ 4.54 4.14 -位
フィット感 装着したときのフィット感など 4.48 4.07 -位
外音遮断性 外の音を遮断するか 2.12 3.81 -位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 1.73 3.77 -位
携帯性 コンパクトさ 2.17 3.79 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

K712 PROのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:41人
  • ファン数:0人
満足度4
デザイン4
高音の音質4
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性1
音漏れ防止1
携帯性1

〜〜〜 最初に 〜〜〜
環境は
スマホにMOJOとK712を付けただけです。
久しぶりの試聴になります。

〜〜〜 相性の良いアプリが見つけられず 〜〜〜
以前の試聴から色々スマホアプリを見つけたので試していったのですが
低音や高音を伸ばしてくるアプリ(Shure+再生、JBL_Music、Technics Music App)とは軒並み相性が悪かったです。
特に高音のトランペットやバイオリンが誇張されすぎてパリパリと聞こえます。
又、中低音部分が不自然に聞こえてしまう事がありました。

以前使っていたどちらかと言えば素直な(おとなしい)感じのアプリ(NePLAYER、mysound等)とは相性が良かったのですが残念な結果に終わりました。

結局、以前見つけたアプリ(NePLAYER、mysound等)でコレを使うか。
最近お気に入りの音が元気になるアプリ(Shure+再生、JBL_Music、Technics Music App)で別のヘッドホンにするか、という話になるのですが私には後者の方が好みだった様です。

ただ、試聴用のヘッドホンでエージングが終わっていないと思われる段階だったので多少分離感が悪かったという可能性を考えるとコスパは悪くない(かもしれない)と思いました。

〜〜〜 音の特徴について 〜〜〜
音の鳴り方はAKGらしい(音の出始めが角ばってない、ベイヤー系と違いシンバルやバイオリンにもある程度厚みがある)鳴り方です。低音の出力がAKGの中で一番大きく、HD650を意識したのか?という位出ます。

HD650をAKG風にしたらこんな感じになるのかなって感じです。
でも高音はAKG風に刺さる直前位までは上がります。

〜〜〜 最後に 〜〜〜
余り、良くない様に書いてしまいましたが、私の好みであったりエージングの問題かなってレベルの話でした。
全ての音が元気になるヘッドホンなので環境さえ合えばしっかり良い音が出るのではないかと思います。

比較対象としては
(K712が音が凄く元気になるので、ちょっとだけ大人しいヘッドホンを挙げます。)
○予算が許すなら K812 (低音の出力はK712には負けるけど、こちらの方がクッキリハッキリ美しい)
○中古しかないけど Fidelio_X1 (こちらの方が分離感が悪いですが全体に落ち着いた感じの音がします。実売1万5千円位なので手に入れ易い。)
○高音を犠牲にしても良いなら HD650 (こちらの方が全体に落ち着いている。)

この辺が近い感じがします。
聞き比べてみてK712が良いなって思ったら行ってみても良いのではないでしょうか?

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

圭二郎さん

  • レビュー投稿数:402件
  • 累計支持数:713人
  • ファン数:81人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
9件
1658件
ヘッドホンアンプ・DAC
15件
1226件
プリメインアンプ
1件
1111件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

再生する

製品紹介・使用例

モニターリング用ヘッドフォンながらただ音にならず、音楽をちゃんと聞かしてくれるヘッドフォンだと思います。

長時間のリスニングでも苦にならない装着感と耳に刺さらず暑苦しくないスッキリする音がするヘッドフォンだと思います。

AKGヘッドフォンらしく音場が広く、包み込むように音楽を聞かせてくれます。
ボーカルの距離が程よく近く暑苦しさがなくスッキリした感じです。

高域は良く伸びると思いますが、シャリつくことなく綺麗な高音だと思います。
低域もしっかり出るようになった思いますが、低音過多でなく自然な低音な感じで全体的にバランス良い音だと思います。

リケーブル関しては、ブリスオーディオとプロケーブルから購入したモガミのリケーブルを使っています。

前者は、すっきりとした音で音像型。後者は、パンチがあり華やか。音場型だと思います。
値段も含めて音的には、モガミがお勧めです。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

彩雲幻月さん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:240人
  • ファン数:18人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
271件
レンズ
2件
113件
デジタルカメラ
3件
104件
もっと見る
満足度3
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

初の開放型ヘッドホンです。
高評価の集まるヘッドホンで、無試聴での購入でした。
買ったばかりで、まだ音が全然こなれてはいませんが、一通り聞いてみての印象です。

【デザイン】4
AKG独特の2パイプラインのフォルムですね。
軽量化を優先してでしょうか、プラスチック部材が多く、値段を考えると、あまり高級感はありませんが、機能的でよく練られた、スマートなデザインだと思います。

【高音の音質】4
音場の広さは素晴らしく、中音の解像度も抜群だと思います。
全体的にバランスが良く、間違いなく良い音です。

ですが、高音の解像度、キラキラ感は普段使っているVECLOS HPT-700(バランス接続)の方が数段、良いです。
あちらは密閉型のためか、真空エンクロージャーの為かわかりませんが、独特の響きがあるので、
抜けの良い開放型とは、音作りが異なっているので、一概には比較できないですけれど。

解像感については、リケーブルで向上するようですので、そちらにも期待しています(純正のC200はもう生産が終了しており、互換品しか入手できませんが)。

エージングでの変化にも期待していますが、エージング変化のレビューがあまりみられないので、そこまでの効果はないのかもしれません。

【低音の音質】4
みなさんおっしゃられるように、開放型と感じさせないほど、よく出ていますね。
量感的には、密閉型には及びませんが、中域・高音とのバランスがとてもよいです。

【フィット感】4
これは・・HPT-700が良すぎるんだと思いました。当機も全然悪くはないのですが、
イヤーバッド全体が優しく包み込むようなHPT-700の絶妙なフィット感と比べてしまうと、こちらは点で挟まれているような感じがあります(その代わり、あちらは密閉しすぎて、汗で蒸れてしまうのが少しマイナスですけれど。防カビのために、使用後の防湿庫保管は欠かせません。こちらは、その点は安心です。さすがオープンエアー、というところでしょうか^^)

【外音遮断性】
【音漏れ防止】
【携帯性】
これを気にしてつかうヘッドホンではないですね。

【総評】4・・3
期待が大きすぎた為かもしれません。標準ケーブルでは性能が出ていないのか、満足感があまり、ありませんでした。

オープンエアー型の抜けの良さ、抜群のバランスの良さ、そして何より、ずっと聴いていてもまったく疲れない軽妙な音が高評価に繋がっているのだろうとも思います。
優等生なヘッドホン、かな。という印象です。

客観的に4以上と思いますが、値段等を考えて、個人的に3とさせていただきました。
今後リケーブル、エージング後の良化を期待しています。

主な用途
音楽
テレビ
接続対象
PC

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ミリットブーニーさん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:71人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
12件
0件
ビール・発泡酒
10件
0件
ウイスキー
4件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

【デザイン】
初AKGですが、いかにもAKGらしいデザインです。
これを良いと取るか悪いと取るかは本当に好みが分かれるところでしょう。僕はとても好きです。
オレンジの配色もオシャレですね。

【高音の音質】
開放型らしい抜けの良い音です。
聞いていてとても気持ちがいいです。

【低音の音質】
今回も他の例に漏れず試聴をしてからの購入で、
他にもいくつかの開放型を聞きましたが思ったより出てます。量・質共に良好です。
とはいっても、重低音重視の密閉型と比較すれば当然ながら劣ります。
もっとも、この価格帯の開放型を買おうという方なら
そのあたりも折り込み済みでしょう。
開放型らしからぬ、決して高音のみ目立つ物ではないという事です。

【フィット感】
若干重さはあるように感じましたが、パッドの質が良いのでしょう。着け心地は良好でした。

【外音遮断性・音漏れ防止】
こちらは無評価です。開放型なのでね。

【携帯性】
レビューをするくらいですから、
こちらも評価をすべきなのでしょうが
有線でなおかつアンプ接続が推奨されるヘッドホンを携帯しようという考えは自分にはないので、申し訳ありませんがこちらは無評価とさせていただきます。


【総評】
価格ドットコムの先輩方のレビューをよく見ていて、
AKGのK702かK712のどちらかで迷っていたのですが、結果としてはどちらも捨てがたいという結論に至りました。
K702の方は後日購入してその際詳しくレビューしようと思っているのですが、高音の抜けの良さ、心地良さはK702の方が良かった印象です。
しかしながらこれは決してK712が劣っているという訳ではありません。低音が出るようになった分そう感じているだけかもしれません。K712もかなり高いレベルなのは間違いありません。
エージングで変わってくるのかもしれませんが、
そのあたりの微妙な違い故どちらも捨てがたいと思ったところですね。
また、当機種は能率が決して良いものではないので
パワーのあるアンプで鳴らしてあげないと実力を出し切らんところがあります。
今までのレビューはポータブルホンでしたので、
スマホと接続した時どうかを主眼に置いていたので
アンプの機種は書いていませんでしたが、
僕の普段使いはDA-310USBです。
これくらいのレベルがあれば問題なく鳴らせるかと。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Uehara課長さん 銅メダル

  • レビュー投稿数:103件
  • 累計支持数:431人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
65件
464件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
13件
103件
デジタル一眼カメラ
1件
55件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

2年前に購入。
自分の個体はスロバキア製です。
普段は有線イヤホンやTWSを使うのですが、最近1ヶ月程の間外耳道にガッツリ傷を付けてしまい、久々に防湿庫から引っ張り出しました。

約半年振りに聴くと音場の広さと装着感の良さにびっくりしますね。

あと装着感は良いのですが、髪の毛にヘッドバンドの跡が付きますから、自分的には自宅でマッタリする時専用な感じです。

【デザイン】

黒と他には無い独特なオレンジの配色は好き嫌いが別れそうですが、自分は勿論大好きですよ。
イヤーパッドの感触が良くて、かなり余裕のある大きさですからうまく側圧が分散される感じ。

【高音の音質】

綺麗に何処までも抜ける感じの高音域
開放型一番の長所ですね。

【低音の音質】

大きなドライバの恩恵か低音も素晴らしいです。
此の出音はどんな高価なイヤホンでも難しいでしょう。

【フィット感】

大きなイヤーパッドは長時間装着しても耳への負担が全く無いです。

【外音遮断性】【音漏れ防止】

開放型のヘッドホンですから此の2項目は最初から期待してはいけません。
従って無評価です。

【携帯性】

大きなヘッドホンですから自宅専用。
携帯性なんて最初から鼻にも掛けてません。
此の項目も無評価で。

【総評】

休日、自宅でノンビリ&マッタリ音楽を楽しむには最適な機材。
又は音楽の世界で御飯を食べてる方が録音時のモニターやミキシングで使う機材だと思います。

其ほど高価な機材でもありませんし、ケーブルも色々と同規格の社外品が出ているみたいなので、交換して音質の微調整も容易に出来そう。

其こそ生涯ずっと使えそうな機材の一つですね。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

夷川海星さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:41人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
6件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
ペンタブレット
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

中古で状態の良い物を購入。
Q701やK702とも迷いましたが、こちらにしました。

【デザイン】
とてもカッコよく見ているだけでも楽しめます。
やはりヘッドホンは見た目も大事ですね。
ただまぁこのタイプのヘッドホンは総じてヘッドバンドのゴムが伸びてしまう特徴があるためやや神経質になってしまいますね…
ここだけ改善してくれれば無敵だと思います。

【高音の音質】
開放型の強みですね。音の抜けが良く籠らないため、音場が広く、音が被らないです。
自然な響きと高解像度が合わさってとても素直な抜群の音です。

【低音の音質】
このヘッドホンの真価はむしろこちらですね。
開放型の弱みとして低音も抜けが良くなってしまうのは当たり前で、それ前提で聴くのですが
K712は低音に重みがあり、なかなかの重厚さです。
開放型はキックが弱くクラブサウンド等には向かないのですが、低音をこれだけしっかり出してくれるとなるとまさにオールラウンダー。
またこちらも無理に出力を上げてブーストしている感じはなく、解像度の高さと相まって量感あるキレのいい低音になっています。
あくまで開放型の為、良く出ているとはいえ音量自体は密閉型の帯域バランスの良い機種位の丁度いい音量です。

【フィット感】
装着感はとても良いです。
ベロア生地と程よい側圧、柔らかいヘッドバンドで包み込むようにホールドしてくれます。
先述のゴムが伸びてしまうとヘッドバンドが抑えてくれない為、やはり装着感はかなり落ちますし、ずり落ちます。
ヘッドホンを吊る際は絶対にヘッドバンドではなくアーム部を吊ってください。
重さは重くはないですが、300程あるので時々休憩しながらが良いですね。
【外音遮断性】
【音漏れ防止】
【携帯性】
開放型は静かな屋内で使いましょう。

【総評】
発売からそこそこ経ちますが未だ人気機種である事に納得です。
個人的には開放型はこれかATH-R70xが好みでした。
お値段も手頃ですし、見た目がカッコいいし、音がいい。
開放型の良いやつを1つ持っておきたい方には本当にオススメです。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

16台目さん

  • レビュー投稿数:254件
  • 累計支持数:1208人
  • ファン数:16人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
167件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
46件
2件
ノートパソコン
7件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性3

【デザイン】
唯一無二のデザイン。よく紐が延びきっている中古品を見かけるが、PRO使用だったらもう少し壊れづらいデザインの方が良い気もするが、そんなことはどうでも良いデザインだと思う。以前持っていた702の青っぽいのよりオレンジで明るくなったし、頭に当たるコブも無くなったし、良いことずくめ。

【高音の音質】
相変わらず中音域が澄んだ伸びる音で聞きやすい。オープンエアである事も影響してか音が抜ける分、解像度で損している気もする。定位が中央というか頭の中に溜まる印象が他のヘッドフォンより強く、苦手な人は苦手かも。また、煌びやかさではなく、伸びやかさなので、派手さが好きな人はAKG自体聞かない方が良いかも。自分は音楽に癒しを求めるので、刺激ある音も嫌いではないが、やっぱり落ち着いて聞けるこの音が好き。

【低音の音質】
K702より明らかに低音が増えたと思う。もちろん、プラス評価。相変わらず軽く叩くような低音だが、力強さが加わった。それでも最近は低音がドコドコくるヘッドフォンが多いので、物足りなく思う人もいるかもしれない。高音域とのバランスが取れていて、つくり込みの妙を感じる。

【フィット感】
このベロア素材の大きなドーナッツは相変わらず心地良い。頭も柔らかく抑えられるので、適度。K702のコブを知る人は、劇的な改善(工夫が無くなっただけだが)だと感じるかもしれない。

【外音遮断性】【音漏れ防止】
そういうヘッドフォンでないので、無評価だが、でかいパッドが音を吸うのか、意外に気にならない。

【携帯性】
このままカバンに放り込んだら、壊れても知らないよ。何かにつけデカイので携帯性は無い。PROなのは音だけ。

【総評】
発売からしばらく経っているが、PROをうたうので、モニター系の音になっているのかと思ったら、伝統の味というか、安心感のある音で、AKGの音が好きな人は安心して買えるでしょう。少々おとなしめに感じると思うので、好き嫌いは出るかもしれないが、リスニング中心でリラックスして音楽をじっくり楽しみたい人にはお勧めできます。迫力を求めたり、煌びやかな刺激を求める人にはあまり向かないと思います。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ナチュラルボーン・バイキンマンさん

  • レビュー投稿数:75件
  • 累計支持数:283人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

インク
10件
0件
レンズ
5件
0件
カメラバッグ・リュック
5件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

4年使用してみた感想です。

鳴らしきるのが難しいですがとても優秀なヘッドフォンです。
アンプはHP-A4→PMA-50→PMA-60→QUAD Venaとアップグレードした中で感じました。
HP-A4では全然鳴らしきれず、何か詰まったようで全く広がりを感じません。
たまに見るネガティブなレビューと同じ音質でした。
PMA-50/60でやっと「鳴ってる感じ」が出ますが、まだまだ小さくまとまってる感じです。
かなり無理している感じで音量を上げすぎると音割れもしました。
そして現在使用しているQUAD Venaでやっと普通に「鳴らせている」と感じられました。
あらゆる音が無理なく自然に響いているように感じられ
これがこのヘッドフォンの本当の鳴り方なんだと感動しました。
ただ、まだ伸びしろを感じるので十分なアンプではないのかもしれません。

アンプをアップグレードしていく中で本機の素晴らしさを再確認しました。
エージングに関してもやはり高出力なアンプに繋がないと本来のエージングにはならないようです。

変換プラグはFURUTECHだと高音が綺麗ですが音の線が細すぎるので
今はAudioQuestのヘッドホンプラグアダプターにしています。
このプラグの方が音に厚みが出て立体感を感じられました。
ケーブルはC200で良いと思います。
ただケーブルやプラグの音質の違いは小さなもので
パワーのあるアンプで鳴らすことの方が大事です。

名前にPROと付いているのはやはり業務用の高出力なアンプを想定して作られているのでしょう。
本機を購入するならそれなりのアンプを用意しなければいけません。
非力なアンプに繋いだら安価なイヤフォンにも劣る音質になってしまいます。
逆にしっかりとした環境を整えてやれば本機は必ずそれに答えてくれると思います。

主な用途
音楽
映画
ゲーム
テレビ
接続対象
オーディオ

参考になった21人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

REVELLIONさん

  • レビュー投稿数:102件
  • 累計支持数:377人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
4件
81件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
43件
スマートフォン
1件
34件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質3
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性3

【デザイン】
ある意味これぞAKGと言えるデザインですね。
【高音の音質】
K701と比べると高音の伸びと艶が少し落ちた印象です。
【低音の音質】
そのトレードオフか中低音が厚くなりました。
【フィット感】
とても良くフィットします。
【外音遮断性】
クッション材の違いでK701より遮断されていますね。
【音漏れ防止】
構造上漏れは仕方ないです。
【携帯性】
一応袋が着いてます
【総評】
K701とはまた違った音色を奏でるヘッドホンです。
当初は入れ換えのつもりで購入しましたが、現在もどちらも併用して使っています。
DSDを聴くならK701、PCMハイレゾを聴くならK712Proといった所でしょうか。

主な用途
音楽
ゲーム
接続対象
PC

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Bigshooterさん

  • レビュー投稿数:172件
  • 累計支持数:563人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
27件
90件
ヘッドホンアンプ・DAC
4件
111件
その他オーディオ機器
5件
16件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性1
音漏れ防止1
携帯性1

【デザイン】
一目見てAKGとわかるオーセンテイックなデザインだがさすが専業メーカーだけあって軽量化・フィット感などがデザインと音が有機的に関係しており、AKGならでわの拘り=機能美を感じる。
オレンジのワンポイントにもデザイン面だけでなく
機種ごとのセグメント化の強い主張が感じられる。
ヘッドバンドも柔らかい本革が使われており、長い
時間をかけておじさんの頭の油がほどよく浸み込む
とヴィンテージの革ジャンのようないい味が出るの
ではないだろうか・・・ 笑
どんな高いヘッドフォンでもヘッドバンドが合皮のものは加水分解で劣化してしまうので長く使うのであればヘッドバンドは本革に限る。

【高音域】
これはAKGの独壇場で言うことなし。
特にライブ録音などはリアルそのものの再現性で、
音場が広く残響音・ホールエコーの表現は鳥肌もの。
ピアノソロも刺さる一歩手前で寸止めされており、
美しくよく伸びる高音域の表現は他ではマネできないチューニングだと思う。

【中音域】
中音域の再現性がしっかりしているので音の1つ1つに実体感があり、ピアノの打鍵の重み、ベースのゴリゴリとしたアタック感も正確に再現されている。
ボーカルの音像定位もよくやや前方センターに定位
し不自然さがない。

【低音域】
バスドラの音圧感とキレがリアルに再現できるものはこの価格帯だとほとんどないが、みごとに再現されてるのは驚き。
ベースの低音弦も角を丸めず正確に再現されている。

【フィット感】
私は耳と頭が大きいのでおのずと機種も限られて
しまうが、軽くフイット感も良いので長時間のリスニングも非常に快適!
ただしイアパッドの内径が大きいのでリスニングポイントが変わりやすく、づれると音が変わってしまうので★1つ減とさせていだいたがイアパッドを含めフィット感そのものは文句なし。

【外音遮断性・音漏れ・携帯性】
音漏れは小型スピーカー並と思っていただいて差支えない。
外音遮断性はオープンとしては良好。
屋内使用を前提に作られているので携帯性を求める
こと自体ナンセンス。

【総合】
比較的機材を選ばない特性だと思うがアンプは
ある程度パワーのあるものでないと低音域のダンピングが効かずややブーミーになる傾向がある。
音場の広さを生かすには音作りがフラットな特性の
ヘッドフォンアンプとの相性が良いと感じた。
DENON301は音場表現という点で相性はイマイチ、
TEAC503ややモニターライクな表現だが悪くはない。
1792A+MUSE01(改)のEssence STX IIが
音の分離、音像表現、サウンドステージの広さ
、音域のバランスすべての面で最も相性が良かった。
MUSE01をOPA2604とOPA627に換装して聞き比べて
みたが2604はやや低音過多でバランスが悪く、
OPA627は格調高く濃厚で文句なしだが、やや濃すぎ
てAKGの音のイメージと違う感じかな・・・
モニターベースでチューニングされているだけあり
ソースを選ばない点も素晴らしい。
いづれにせよ難しいことを考えず音ではなく音楽を聴く愉しさを満喫できるという意味で傑作であることに間違いはないのではないだろうか。




主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった4人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

レオライトさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性1
音漏れ防止1
携帯性1

今までFidelio M1 Q701 A3PROを使用したことがあります
Foobar2000→UD301
PS4→UD301 の二通りでゲーム 音楽 映画を鑑賞しましたが、どれも満足です。
【デザイン】
黒とオレンジというのはとても綺麗です。写真よりはオレンジはくすんで見えます。
【高音の音質】
音の広がり方がすごく、映画の雨のシーンなどでも横で雨が降っているのかと錯覚するレベルです。Q701より解像度が高く個人的には満足です。
【低音の音質】
M1と同じかそれ以上にキレイに聞こえました。しつこくない低音なので疲れないです。
【フィット感】
アジャスタがあるわけでもないのに、とても耳にフィットします。蒸れることもなく、長時間の使用においても何の問題もありません。私は最大5時間ほどつけっぱなしで時間がたっていたこともありますが、耳はあまり疲れませんでした。
【外音遮断性】
個人の部屋で使用するので特に問題ありません。
【音漏れ防止】
個人の部屋で使用するので特に問題ありません。
【携帯性】
個人の部屋で使用するので特に問題ありません。
【総評】
とても満足です。この前k812を視聴したときには、これが音質悪く感じましたが、普通にPS4でR6S、CODをするとき、洋画の鑑賞、ハイレゾ音源の再生においては個人的には否定するところもなく、とても満足です。

比較製品
フィリップス > Fidelio M1 [ブラック]
主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

無粋男爵さん

  • レビュー投稿数:38件
  • 累計支持数:114人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
26件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
8件
0件
Bluetoothレシーバー・オーディオアダプタ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性2
音漏れ防止2
携帯性2

主にUSBDACからヘッドホンアンプでクラシック音楽を楽しんでいます。

まず、音質はもちろんクリアです。そして音場は広い印象です。

音質はフラットですが、K240mkIIと比較すればやや中高域に重心があると感じます。
中高域は透き通るような感じで見晴らしは最高です。

低域についてはボワボワ強調されず籠りもないので、私は大変気に入っています。
人によっては低音部が弱いと感じるかもしれません。
私も最初は低音少ないなあと感じたのですが、ある程度、使っていると慣れてきて「締まりのある低音」とはこのようなものなのだろうなと思うようになりました。
長い時間、着けていても聴感への疲労はほとんどありません。
AKGのStudioシリーズなどを愛用するようになってから、むしろ低音を強めに出すヘッドホンが苦手になりました。

これまでHD650を長く愛用してきて、良いものだと分かってはいるのですが飽きてしまいました。
K712PROはHD650にはない音の広がりや見通しの良さなどがあって、それが新鮮で楽しいですね。

最初は割と音を小さめで聞いてまして、そうするとあまり面白くない音でした。
音量は可能な限り大きめにする方がK712PROの良さが引き出されるような気がします。
うまく説明出来ませんが、音量が大きいほうがオーケストラが押し寄せるというのでしょうか、立体的に聴こえてくるんです。
音源によっては音割れしない程度にPCのプレイヤーアプリのゲインやヘッドホンアンプの入出力など調整してやるといい感じに鳴らしてくれます。

リスニングに関しての疲れはないのですが、着けていると若干重いかなと思います。音ではなくて重さで首が疲れるときがあります。
それとイヤーパッドが割と大きいので、側圧で顎関節を押されてしまい、顎がしんどいこともたまにあります。

それでもやはり憧れのAKGのK700シリーズではないですか?贅沢な音ですよね。買って良かったです。

比較製品
AKG > K240 MKII
ゼンハイザー > HD650
主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tosi1121さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
4件
0件
イヤホン・ヘッドホン
2件
1件
PCスピーカー
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性2
音漏れ防止2
携帯性1

K712 ProのC200リ・ケーブルをしました。さすがに6N-Cuケーブルらしく音の品位や繊細感、分解能などが一段と向上いたしました。
音質の傾向
明るい暖色系で、ヒヤリングが楽しくなります。C200リ・ケーブルでも明るい暖色系の音質は継承され、品位が一段と向上したのが好ましく感じられます。
高音の傾向
細かな音まで細部表現されますが、耳にささるような音は皆無で、あくまで耳あたりの良い高音です。
美しい艶を伴っており、このヘッドホーンの特徴と言えるかと思います。C200リ・ケーブルにより繊細感が一段と向上し、かすかに鳴っていた、ドラムスのハイハットの微音などが良く聞こえるようになりました。艶っぽくて耳あたりのよい暖色系の高音です。
中音の傾向
控えめながら、張り出し感のある豊潤な中音がここちよく響きます。C200リ・ケーブル後も音色の傾向は変わらず艶が一段と増してオリジナルケーブルへは戻れそうにありません。
低音の傾向
オープンエアタイプとしては、結構量感のある低音です。
ウッドベースのピッチカートなどは、実際のLive空間に近く、リアルだと思います。量感的にはオリジナルでしたが、C200リ・ケーブル後は本物のウッドベースを目の前で聞いているような錯覚がします、高音・中音とのバランスが最高です。
分解能
C200リ・ケーブルでちょうど良くバランスしています。ウェルバランスなのですが、各楽器の音色を良く聞かせます。(MJQ Last コンサートではヴィブラホーン・ピアノ・ウッドベース・ドラムスの4人の楽器の音色がウェルバランスで分解して聞かせます。)音を聞くというよりは音楽を聞く感じが濃厚です。
装着
大きいのですが、意外にも軽量で、耳の側圧もちょうど良い感じです。
勿論長時間のヒヤリングはストレス皆無でこなします。
C200リ・ケーブルは2mと長さとしてもちょうど良く、高級感があってしなやかなので、取り回しは便利です。
携帯性
私は携帯使用を前提に購入しておりませんので、無評価とします。
遮音性
オープンエアタイプとしては、周囲の騒音がかなりさえぎられるので、期待していなかっただけに、嬉しい誤算でした。
デザイン
好みが別れるところですが、やや古典的(オーソドックスな)デザインがProの名に恥じぬかと思います。
高級感がありますが、黒に補色のオレンジをバネバンドやコードですので、目立ちすぎします。
C200リ・ケーブル後はケーブルの色が落ち着いた濃いグレーになったので、(オリジナルはオレンジ色)デザイン的違和感がなく、好ましいと思います。
環境
試聴ソース96KHz.24bitハイレゾ。DAC/AMP KORG DAC−10 PCのPlayer−Soft=TuneBrowser
DAC/AMP KORG DS−DAC−10 はPCのスイッチング電源で作動させておりますが、電源雑音低減効果のあるAoudio用USBフィルターを介して接続しています。
このヘッドホーンで聞くと上記のフィルターの有り無しがわかりました。(1万円程度のヘッドホーンでは、判別不能でした。)
結論
音楽を聞くヘッドホーンとして、C200リ・ケーブルと組み合わせた高品位の再生音は、どなたにもお勧めできるものと思います。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった7人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

captainjapanさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
3件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

このヘッドホンは全体的にバランスが良く、苦手分野の少ないオールラウンダータイプだと思います。

一方で、何か一つに突出しているわけでもないので、攻撃的なサウンドにはなりません。どこか優しくて暖かみのあるサウンドで、流し聴きにもぴったりだと思います。

突出してるものが無いと言っても、すべてのバランスが良くて、とても完成度の高いサウンドに仕上がっています。

純正のc200でリケーブルをすると、家でのER4SRの出番が激減しました。

ER4SRは解像度が異常に高く、透き通った氷のようなサウンドが聴けますが、音場や迫力がありません。シンプルなサウンドになります。

当機種では、解像度は高いまま(少し落ちます)、よりすべての音色が調和しています。ER4SRが基準だと少しぬるいサウンドに感じますが。

音場が広大で分解能も高く、低音もER4SRより出ていて、音楽を聴く事に関してはより完成度が高く感じます。

ER4SRでは音が一つ一つ鳴っていて、結果的にミュージックを聴いている感覚で、少し平面的でのっぺりしています。当機種では一つのまとまりがあり、立体的にミュージックが鳴っている感覚です。

映像に例えると、ER4SRが高精細液晶ディスプレイでの鑑賞、当機種は映画館のスクリーンでの鑑賞くらいの感覚です。それくらいサウンドの迫力には違いを感じました。

幸せになれるのは後者です。

そもそもシングルBAと開放型ダイナミックを比較するのはナンセンスかと思いますが、少しでも参考になれば幸いです。




主な用途
音楽
接続対象
その他

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

シシノイさん

  • レビュー投稿数:121件
  • 累計支持数:1382人
  • ファン数:64人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
121件
1689件
ヘッドホンアンプ・DAC
0件
142件
AVケーブル
0件
1件
もっと見る
満足度3
デザイン3
高音の音質4
低音の音質3
フィット感4
外音遮断性1
音漏れ防止1
携帯性2

このK712はAKG伝統のオープン型K7××シリーズの最新作です。
最新といっても発売から結構経ってますので、そろそろ次出たりするのかな?

■音質■
綺麗めな高音とボリュームのある低音が特徴です。

【高音の音質】
高音はなかなかに綺麗です。AKGといえば高音ですしね。
痛い音も出しません。

【低音の音質】
低音は、結構多く出ます。決してフラットではありません。
「AKGは低音弱い」とK701時代からずーーーっと言われ続けてきたので解消を試みた感じでしょう。
質としてはモコっとした弾力のあるやや柔らかめの低音です。まあAKGに締まりのあるキレッキレの低音とか似合いそうにありませんしね。
この低音はあまり好みの方向性ではありません。

【総評】
低音を増やした事によって、満足される方はいるかもしれません。

が、私はちょっと不満でした。
低音が増えた代償なのかどうかは知りませんが、K701にあったあの素晴らしい抜け感・透明感が消え去ってしまっています。
K701の低音に不満を述べた人も、あのままの音で低音の量だけ増やせないだろうかという要望だったはずなんですが実際はそう簡単にはいかなかったのでしょう。

【リケーブル結果】
C200という公式リケーブルを試しました。
結果として、全体的に解像度が底上げされて音質がランクアップします。変に偏った変化は起こしません。
一度リケーブルしてしまうと、以前のケーブルには戻れない程度には差を感じます。

■装着感■
装着感はまあまあ良いです。
AKG伝統の頭頂部のコブが無くなっており、やや窮屈感は残っているもののそれなりに快適に使用できます。

【フィット感】
耳元のフィット感はなかなかです。パッドは丸型で広さは十分、深さは若干だけ耳先に当たるかなーといったところ。
パッドの素材はやや硬めで耳にカチッと当たります。ちょっとだけ不満。蒸れ感は特にありません。

【側圧】
側圧は適切です。特段問題はありません。

【頭頂部】
なかなか快適です。
しかし個人的にはコブが無くてもヘッドバンドが短めで若干頭頂部に窮屈感を感じます。
改善策はK701で知っているのですが、こちらでは実施しておりません。

【重量】
300g(実測)と重いです。公称値ともほとんど差が無いので今回の公称値は優秀ですね。

【装着感総評】
いくつかの不満点を考慮して70点、星3.5、表記上は4つとします。コブが無くなったK701より若干悪いかなと感じますがまあ良好な部類です。

■総評■
音の不満とリケ後の改善具合、まあまあの装着感で星3.5とします。
リケ前で星3つ、リケ後で星4つくらいの感じです。ただしリケにはわざわざ1万プラスしてますので、リケ前の評価である星3つを表示上はつけています。

リケ後なら結構良い機種ですが、総額は3.5万円です。ううむ。
リケ後と比較しても、AKGならやはり私はK701が好きです。

比較製品
AKG > K701
主な用途
音楽
映画
接続対象
PC

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

K712 PROのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

K712 PRO
AKG

K712 PRO

最安価格(税込):¥29,480発売日:2013年 9月17日 価格.comの安さの理由は?

K712 PROをお気に入り製品に追加する <745

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
qoo10
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意