シトロエン DS3 カブリオレビュー・評価

> > > > レビュー・評価
このページの先頭へ

DS3 カブリオ のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
DS3 カブリオ 2013年モデル 4.27 自動車のランキング 5人 DS3 カブリオ 2013年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

DS3 カブリオ 2013年モデルの評価

  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.27 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.27 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.00 4.12 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.36 4.20 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.36 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 3.00 3.88 -位
価格 総合的な価格の妥当性 3.55 3.87 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格5

家族5人で乗れるオープンが欲しくて試乗。
キャンバストップですが、開けると風を感じて気持ちいい。
後席は乗り込みは大変ですが、意外と広く普通に乗れます。
アイシンの6atも普通です。
外観は凝っていてカッコイイ。
高年式認定中古車があったので、購入して納車待ちです。

レビュー対象車
試乗

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

urapediaさん

  • レビュー投稿数:85件
  • 累計支持数:709人
  • ファン数:4人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3

【エクステリア】
割とオシャレ。
国産車と比べれば、デザインは格段に良い。
ソフトトップも余り違和感無い。

【インテリア】
悪くない。
あまり残念な感じも無く、それなりに満足。
最近のフランス車は良くなった。

【エンジン性能】
こんなもので充分。
コンパクトカーなので、
出力あり過ぎても怖いし。

【走行性能】
MTのフィールも悪くないし、
足回りもなかなかのもの。
楽しく走れるでしょう。

【乗り心地】
悪くないです。
ただ右ハンドルだとどうしても
クラッチペダル周りが狭いので
それがストレスになる人も
いるかも知れない。

【燃費】
こんなものでしょう。

【価格】
高くはないが、お買い得とも思えない。
熟慮と徹底的な他車比較が必要。

【総評】
コンパクトなオープンを手頃に乗りたい。
なるべくならフランス車で。
というニーズがあればオススメ。
さもなくば595など検討を。

レビュー対象車
試乗

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

森口将之さん

  • レビュー投稿数:228件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールフリーランスジャーナリストの森口将之です。自動車を中心に、モビリティ全般を守備範囲としています。自動車については、ブランドやスペックにとらわれず、ユーザー目線でのレポートを心がけています。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務め、日本自動…続きを読む

満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費無評価
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

前から見たときの印象はハッチバックとほぼ同じ

写真はソフトトップをフルオープンにした状態

ルーフ前端にポップアップ式デフレクターを装備

ルーフがブルーの車両はレザーシートも同色で統一

上にスライドするようにして開くトランクリッド

1.6Lターボエンジンはハッチバックと共通

シトロエンDS3カブリオは、いわゆるフルオープンではなく、ドアやリアクォーターウインドーのフレームは残し、ルーフとリアウインドーだけを開閉可能としたセミオープンです。日本仕様として導入された、1.6Lターボエンジンと6速MTを組み合わせたグレード、スポーツシックに、東京都内と静岡県御殿場市周辺で乗りました。

センターピラーやルーフラインがそのままなので、外観はハッチバックと大差ありません。その代わり、カラーコーディネイトで魅せてくれます。ボディがレッドとイエローの場合はルーフがブラックなのですが、ボディがホワイトの場合はブルー、ブラックの場合はDSロゴをちりばめたモノグラムが標準となっているのです。フランスならではの粋なセンスです。

畳んだトップをしまう空間が不要なので、キャビンはこのクラスのオープンカーで唯一の5人乗り。つまりハッチバックと同じ実用性を備えています。トランクも230Lと、ハッチバックにさほど劣らぬ容量を確保しています。それでいて、上にスライドしながら開くトランクリッド、点灯時に光が飛び出してくるように見える3Dタイプのリアコンビランプなど、シトロエンらしい独創性も各所にちりばめてあり、目を楽しませてくれます。

ソフトトップの開閉はもちろん電動で、スイッチを一度押すとルーフ、もう一度押すとリアウインドーまで開きます。全開までの時間は約16秒と不満のない速さです。ただしリアウインドーまで畳んだ状態では後方視界が限られるので、ルーフのみ開けるモードを多用する結果になりました。さらにウインドスクリーン上には、個別に手でポップアップさせる方式の短いウインドデフレクターが内蔵されています。

セミオープンならではの利点のひとつとして、ソフトトップの開閉が120km/hまで可能なことが挙げられます。つまり日本の法定速度内ならいつでも開け閉めできます。最近の日本は異常気象が増えているだけに、高速道路でも走りながらサッと操作できるこの方式はありがたいと感じました。

車両重量はハッチバックから20kgしか増えていません。これもセミオープンの利点です。おかげで加速感は同等です。1210kgに対して156ps/24.5kgmなので、アクセル全開ではかなり力強いダッシュが味わえる一方、2000rpmあたりからおだやかにターボが効き始め、変速回数を最小限に抑えてくれるので、MTの煩わしさは感じません。

ちなみに20kgの増加分のうち、ルーフ関連は約10kgに過ぎず、残りはボディ後半部の補強やバランスウエイト追加に費やされています。おかげで乗り心地は、もともと高いレベルにあったハッチバックを上回るほど快適です。ハンドリングについても、しっかり剛性を確保した車体のおかげもあって、素直な身のこなしと粘り強いグリップが堪能できました。

311万円という価格は、ハッチバックのスポーツシックより41万円高価です。しかしここまで書いてきたように、DS3カブリオはハッチバックから失ったものは何もないうえに、オープンエアの爽快感やお洒落なスタイリングなど、さまざまな魅力をプラスしています。それを考えると、むしろお買い得ではないかと思いました。

レビュー対象車
試乗

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

papiyoshiさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CDプレーヤー
0件
4件
ヘッドホンアンプ・DAC
0件
2件
スマートフォン
0件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格3

 ある自動車雑誌でふと見かけ一瞬で釘付けになり
 中学生以来の一目惚れでした。
 次の休日にはディーラーに足が向いていました。

【エクステリア】ボディ:白、ソフトトップ:青のモデルで
        外見のみで購入したといってもいい位です。
        
        なんといっても屋根が開くこと、フルオープンになるまでの
        過程がとても魅力的です。
        ボタン一つできれいに折りたたまれながら空が見えていく様は
        何度見てもうれしい気分にさせてくれます。
        ボディーとソフトトップの色もとても合っていて
        ソフトトップの手触りもよくいい青色してます。
        
        リアの3D/LEDランプもとてもカッコいいです。
        
        トランクの入り口は狭く使い勝手はよくありませんが
        ドアが上部にスライドして開くため後ろまたは上部に余裕がなくても
        ちょっとした荷物なら出し入れ可能という利点があります。
        

【インテリア】 シートは今までの車は全部ファブリックだったのですが
        こちらは標準でレザーシートです。
        意外と滑らずホールド感はとてもいいです。
        
        メーターは3眼でとても見易く数字の形もオシャレです。
        エンジンをかけるとタコ・スピードの針が一度振り切れる演出が
        あり気持ちが高ぶります。
        

        不満点:ウインカーとワイパーのレバーが日本車と逆
            右左折するときに左手で右左折指示、シフトチェンジ
            するので早めのウインカー点灯に気を付けなければならない

            ウインドーウオッシャーが一定量必ず出てしまい
            ワイパーで拭き取れない部分が垂れ流しになり
            乾くと痕が付き使うのをためらってしまう。

            オーディオ類の選択肢がほとんどない。
            前車に載せていた1DINオーディオをつけようと思ったが
            標準CDプレイヤーが上部インフォメーションディスプレイの
            操作も兼ねているので諦めました。

【エンジン性能】 あまり飛ばして運転することはないですが
         アクセルを踏めば気持ちよく回ってくれます。
         普通に乗れば3000回転以上回すことはあまりないです。
         意識して回せば3500回転位からさらに力強くなり
         2速ですぐに法定速度に達してしまうので
         加速はいいと思います。

【走行性能】  市街地では5速までで十分です。6速は70k以上で
        郊外にいかないとあまり使用しません。
        少しガクガクしますが2速発進も可能です。
        峠道では緩やかな登り坂(大人3名)なら5速でも
        加速してくれるのでパワーが足りないことはないと思います。

        不満点:ペダルの間隔の狭さ
            ブレーキとアクセルの間隔は問題ないですが
            シフトとブレーキの間隔が狭く、ブレーキに置いた靴を
            シフトを踏んだ時にひっかけてしまいブレーキが不意に
            効いてしまうことがあるので改善して欲しい。
        

【乗り心地】  足は少し固めですが凸凹をうまく吸収してくれています
        カーブも踏ん張らずに受け流すかんじで気持ちよく
        曲がってくれます。
        静粛性もよくオープンにしてもサイドが残るので
        人目をあまり気にせずに乗れます。

【燃費】    直近の給油で満タン法で約600k(中距離、近距離半々)、
        42.5L給油で約L14kです。
        前車がハイブリッド車なので比べるべくも無いですが
        まずまずいい方ではないかと思います。

【価格】    私には高い買い物でした。
        セミオープンということもあり他社のフルオープンカーと
        比べると割安感はあると思います。
        

【総評】    衝動買いでしたが納得して買ったので不満は上記の点
        くらいで満足いくものでした。
        FF、MT設定のみ、オープンカーと当方在住の北国では
        まず買う人はいないだろう希少性もあります。
        収納スペースが少なくダッシュボードも車検証入れすら
        入りませんが予めわかっていれば許容できる些細な事だと
        思います。

        カタログの数値だけみれば日本車の方がいい車もたくさん
        ありますが、数値には表れないエクステリア、インテリアの質感、
        運転するたのしさ、所有する喜びをを満たしてくれます。
        
        
        

        

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
レビュー対象車
新車

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

松下宏さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

シトロエンは標準系のCラインのほかにデザインに特化したDSラインを設定している。そのDSラインのエントリーモデルであるDS3にオープンボディのカブリオが追加された。

外観デザインはDS3の個性をさらに強調したもので、ツートーンのボディカラー、フローティングルーフ、シャークフィンデザインなどは基本的にDS3から受け継いでいる。ルーフの部分に電動式のソフトトップが採用される。

このモデルは名前こそカブリオだが、イメージ的にはキャンバストップに近い。時速120kmでもわずか16秒で開閉できるというルーフは、セミオープンにすると大きなサンルーフが開いたのと同じような状態になる。この状態だとキャンバストップ車だ。

さらにスイッチを押すと後部ガラスが下がり、ガラスがあった部分にたたまれた幌が下がってフルオープンになる。ただ、この状態だとルーフはフルオープンだが、リヤウインドー部分が幌でふさがれた形になるので後方視界が悪くなる。というかほとんど後ろが見えなくなるので、状況の良いときでないとフルオープンでは走りにくい。

搭載エンジンは直列4気筒1.6Lの直噴ターボ仕様で、115kW/240N・mパワー&トルクを発生する。このエンジンはさらにパワフルな仕様もあるが、DS3カブリオでは穏やかな仕様が選択されている。

といっても240N・mのトルクは1200kgほどのボディに対して十分なもので、6速MTとの組み合わせで軽快な走りを楽しめる。低回転域からフラットなトルクを発生する特性なので、軽くアクセルを踏み込むだけでどんな速度域からでも滑らかな加速が伸びていく。この気持ち良さはカブリオにふさわしいものだ。

カブリオの車両重量は、スチールルーフのDS3に対してわずか20kgほどしか増加していない。なので走りのフィールはDS3と同じと言っていい。それにオープンルーフの爽快感が追加されたモデルである。

ルーフを開けたときには、フロントウインドーの上の部分にディフレクターが立ち上がるので、後席の乗員への風の巻き込みがうまく抑えられる。定員の5名が乗車しても全員が快適にオープンエアドライブを楽しめる。

デザインと走りの気持ち良さが魅力のDS3カブリオだが、強いて言えば6速MTだけでなく6速ATの設定も欲しいところ。日本ではAT免許しか持たないユーザーも多いから、MT車だけだと買えないユーザーもいる。

レビュー対象車
試乗

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

この製品の価格を見る

DS3 カブリオ
シトロエン

DS3 カブリオ

新車価格:304〜343万円

中古車価格:130〜185万円

DS3 カブリオをお気に入り製品に追加する <8

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

DS3カブリオの中古車 (12物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

viibee
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意