日産 シルフィレビュー・評価

> > > > レビュー・評価
このページの先頭へ

シルフィ のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
シルフィ 2012年モデル 4.15 自動車のランキング 13人 シルフィ 2012年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

シルフィ 2012年モデルの評価

評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.34 4.34 -位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 3.66 3.93 -位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 3.84 4.13 -位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.02 4.21 -位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 4.17 4.05 -位 乗り心地のフィーリング
燃費 3.51 3.89 -位 燃費の満足度
価格 3.49 3.88 -位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地2
燃費3
価格3

1年落ち、走行約10000kmで購入、3年半、約90000km乗った感想です。
エクステリア・外見はまぁまぁだと思いますがフロントグリルは最近発表になっている海外仕様に変更出来たらと思います。
インテリア・ダッシュボードの質感はもっと高めて欲しいと思います。初代カローラアクシオ並みの質感です。カムリハイブリッドにはとても追い付けつません。また、運転席パワーウィンドウにオールオート機能が無いことやオートワイパーでないことも残念要因です。でも室内はとても広く満足感は得られます。
乗り心地・全体的に硬く、路面の振動を拾います。しかし高速域ではふわつき感がなく安心ですが高速域でのカーブを走行中の比較的大きな段差では大きくリアが振られます。トーションビームの宿命でしょうか?(カローラアクシオ二代目はそんな事ないんですが、セッティング次第でしょうか。)
燃費・地方都市なので市街地11km/L,高速18km/L(法定速度+10km/h以内です。(満タン法))
総合・乗ってそれなりに満足感はあり、コスパは高いと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

怪傑ズパットさん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:159人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格無評価

最近、レンタカーを運転する機会がありましたので、印象を投稿します。

利用目的:ビジネス
乗車人員:大人の男性4人、大きな荷物は無し
走行距離:133キロ(高速7、市街地2、少し荒れた山道1)
利用エリア:東北地方の某所
利用日:2017年10月下旬
その他:タイヤはスタッドレスを履いていた

【エクステリア】
最近のクルマの中では大人しいデザインで、駐車場に停めてもあまり目立たず、他のクルマにやや埋もれがち。しかし、スポーティさを強調してヘッドライトがツリ目にしたり、後方に向けて斜め上向きサイドラインを引いたデザインが多い中で、このクルマの外観は上品で高級感ある印象を受けた。

【インテリア】
後部座席には座る機会がなかったので、運転席のみの印象。インパネデザインもまた外観同様コンサバティブなもので、奇抜さの対局にある。エアコンの吹き出し口あたりは素直に良いなと思えた。長く使うにはこのようなデザインの方が好ましい。

シートは適度なホールド感があり、コシがあるため、初めて座って違和感ない。特に座面が前後に長さがあるのが好印象。シートの高さ、前後、背もたれの傾斜を合わせ、ステアリングをチルトとテレスコピックで適切な位置に調整したら、リラックスできるドライビングポジションが得られた。これなら長時間座っていても大丈夫なレベル。こうしたことはとても大切だと思う。好印象。

【エンジン性能】
1800ccでも低速からパワーに不足は感じない。むしろアクセルを深く踏みすぎると唐突に発進してしまうこともあった。低速トルク重視型か。CVTとのマッチングもメーカーの長年の経験によるものか、不自然さはかなり抑えられていて、一般道ではアクセルの踏み込みだけで速度の調整にスキルは要らない。誰にも扱いやすく出来ている。遮音がしっかりされていて、耳障りなエンジン音が室内に入り込むことは無い。

【走行性能】
万人向けに作られたクルマゆえ、ハンドリングにシャープさはない。ワインディングロードは不得意そうだが、このクルマを選ぶ人は峠を攻めたりしないだろうから、こうした日本のセダンらしいセッテイングはゆったりと安全に運転するには適している。速度が上がるとステアリングが少し重めなる設定されているのだろうか、高速道路でも安心して運転できた。小回りはきかないものの、方向転換の切り返しもさほど苦労は感じなかった。

【乗り心地】
市街地では少し道の悪いところでバタバタすることがあるものの、概ね乗り心地は良い。特に高速に乗った時に静粛性が高く、後部座席の人との会話に支障を感じなかった。

【燃費】
レンタカー返却前にガソリンを満タンにした。走行距離130キロで、7リッター給油で満タン。18.57q/L。

【総評】
全体的に好印象なクルマだった。高速運転の機会が多かったり、静かな室内で音楽を楽しんだり、同乗者との会話を楽しみければ、このクルマはとても良い選択だと思う。今回トランクを開けることは無かったが、これだけ広ければ大概の荷物は呑み込んでくれそうだ。良い意味で個性が薄く、トンがった所がないオーソドックスなセダン。運転に自信がない人にも安心に運転ができて、同乗者にとっては居住性が良く快適に移動ができる。一昔前のこのクラスのセダンに比べて燃費は良くなった。

クルマ好きが積極的に選ぶ対象でなく、最近の流行りのSUVでもエコカーでもない。若い頃はもっと個性的なクルマが好きだったが、50歳を目前にした自分には、こんなクルマも有りだな、と思えた。

レビュー対象車
試乗

参考になった33

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Catierさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費5
価格4

ブルーバードシルフィーから乗り換えました。
燃費が驚くほどよくなりました。高速では20km/lです。
車高が低くなり、車幅は広がったためスタイルは以前よりかなりよくなりました。
室内の広さはほぼ同じです。
ETCユニットがグローブボックス内にあり、とても抜き差しが不便です。
他に不満はありません。

乗車人数
1人
使用目的
その他
頻度
月数回以下
重視項目
高級感
レビュー対象車
中古車

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

タカちゃんだすさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
56件
レンズ
0件
12件
その他カメラ関連製品
0件
4件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4
   

Sツーリング

   

グレードにSツーリングがまだ入っていませんので指定なしになっています。
ティーダを9年10万km乗っての乗り換えです。以前U11、U12ブルーバードを乗っていました。

9/2に発注し、9/19に納車でした。結構早かったです。

[エクステリア]
今回、Sツーリングを選んだので、フロント、サイド、リアのエアロバンパー、リアウイング、Gルグランと同じ光輝アルミホイルなどが
装着されており、確か以前インパル仕様?を見たことがあるのですが、エアロはそれに近いと思います。
ノーマルのXグレードだと、地味な感じですが、Sツーリングはスポーティーな仕上げで良いと思います。(気に入っています)

[インテリア]
全くXグレードです。最初はグレー系の内装がほしかったのですが、Sツーリングに関してはブリリアントホワイトパールはブラック系の
内装となっています。(スポーティーなのでかな?)でもブラック系もかっこ良いです。
計器周りなど派手さはありませんが、質実剛健というかシッカリ出来ている感じです。
シートポジションも一発で決まり満足、また形状とシート地のおかげなのか体がずれません。ティーダではシートポジションが悪く、ホールド感もなく難儀でしたので、うれしいです。

[エンジン性能・走行性能・乗り心地]
ティーダ1500ccに比べると、たかが300ccのUPですが、トルク感があり、街のり、郊外、山道、高速など良く走ると思います。
ティーダで追い越しなどのとき躊躇したようなシチュエーションでもエンジン音は大きくなりますが、意外と中間からの加速も
良いと感じました。アイドリングの静粛性もかなり良いと思います。
今のところ、ヨーロッパ的な味付けなのか、硬めの足回りのようですが、ほんわかしているのは嫌いなので良かったです。
道路の継ぎ目とかは突き上げる衝撃はありますが、大分抑えられており、ロードノイズも良く抑えられていると思います。
(ブリジストン-エコピア195-60-16を履いていました)
それと、ティーダではちょっと無理してコーナー入ると傾斜が大きいのとシートのホールドが悪く今一でしたが
シルフィーは傾斜もあまりなくシートのホールドが良く、安心です。
特に、キセノンヘッドライトは非常に明るく以前のハロゲンとは比べ物になりません(ティーダは何度も明るいハロゲンに交換していたのですが・・・)
それと車速によってワイパーの速度が変わるのもとても良かったです。

[燃費]
最初の給油でリセットし忘れてしまい、満タン法で燃費が求められず、今回、無評価です。

[価格]
Sツーリングが出たばっかりで、田舎なので、結構渋く本体17万円、オプション10万円の値引きでした。
もう少し定価も安いと良いですが、エアロやホイルなど考慮すればお買い得でしょうか。

[満足感]
価格だけの価値はあると思いますし、結構上品(上質)にも見えるので、長く付き合っていこうと思います。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車

参考になった31

このレビューは参考になりましたか?参考になった

toiaさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:103人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
0件
洗濯機
1件
0件
コーヒーメーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

【エクステリア】
大きすぎず小さすぎず、派手すぎず地味すぎない外観です。
仕事でもプライベートでも使用するため、あまり目立つ車では困るのですが、かといってあまり貧弱でも困ります。
そんなニーズには最適だと思います。
「ちょっといい車」という感じです。
メインターゲットは60代のようですが、若い世代でも十分似合うデザインだと思います。
ボディサイズは3ナンバーながらもフロントノーズが短く、狭い道での走行や車庫入れなどがしやすいです。
ただ、Aピラーがかなり寝ているので、少し視界を妨げます。
また、トランクが高いので後方視界があまり良くありません。
私は付けませんでしたが、不安のある方はバックモニターを付けたほうが良いです。

【インテリア】
居住空間は広く、5名乗車でもそれほど窮屈さを感じません。
4名乗車なら遠出しても不満は出ないと思います。
内装は高級感はそれほどありませんが、貧弱な感じでもありません。
そこそこな質感を保っています。
ただ、他の方も言っておられるように、収納スペースが足りません。
センターコンソールボックスも容量が小さく、もう一工夫欲しい所です。
シフトレバー後方の窪みはガムなどを置くのに最適です。
サイドブレーキが助手席側にある事についてのレビューがありましたが、むしろ左側にあるおかげでドリンクホルダーが使いやすいです。逆では使いづらいかと。
ドリンクホルダーは深さが浅いので、紙コップを置くのには丁度良いですが、500ミリのペットボトルを置くとシフトレバーを操作する時に邪魔です。私はペットボトルはドアパネルのドリンクホルダーに入れています。
ウインカーなどスイッチ類の操作感はかなり良いです。
また、ステアリングの裏側に凹凸が無いので、ハンドル操作に違和感があるかもと思いましたが、実際はそんな事は無く、手が滑るようなこともありません。操作しやすいです。
内装色はフェザーグレーは汚れが目立つように思いブラックにしましたが、中々締まって良い雰囲気です。

【エンジン性能】
低速でもトルクがあり、運転が楽です。
高回転になると荒っぽいエンジン音になり耳障りです。

【走行性能】
エコモードで走るともっさりした感じですが、解除するときびきびと走ります。
ハンドリングは従来からの日産車らしく応答性が良いです。ただ、少しハンドルが軽いように思います。高速運転時にはもう少し重くても良いかと思います。

【乗り心地】
非常に良いと思います。
防音性が高いのと乗り心地が良いのと相まって、長距離を運転してもあまり疲れません。
シートも適度な硬さで体を適度にホールドしてくれます。
荒い路面を走っても、突き上げなど無くショックを吸収してくれます。

【燃費】
市街地メイン=14Km/l
郊外一般道=15Km/l
高速=18Km/l
いずれもエアコン使用、エコモードで走った場合で満タン法です。
燃費計はあまりあてにならないように思います。
給油してみると市街地では実際は燃費計より悪く、高速では良いように思います。
当たり前ですが、エンジン回転を上げればその分燃費は悪化しますので、走り方で相当変わってくると思います。
今の所は平均的にはカタログ値と同等かそれ以上の燃費性能だと感じています。

【価格】
車の出来具合からすると相応だと思います。
エコカー減税対象外ですが、値引きもまあまああり、私はお買い得だと思いました。

【総評】
塗装の質感やドアを閉めた時の音、車内の静粛性やスイッチ類の操作感などは1クラス上の質感があると思います。
ステーションワゴンからの乗り換えですが、荷物の積載性にも不満はありません。長尺物でも、細いものならトランクスルーですので積載出来ます。
昨今はミニバン全盛で、ステーションワゴンやセダンはモデルが限られていますが、運転のしやすさや乗り心地は圧倒的にセダンですね。
大人しいイメージの車ですが、山道や高速も軽快に走り、運転疲れの少ない良い車だと思います。

ただ、国産車でありながら65パーセントの部品がタイからの輸入だと言う事です。
部品メーカーの集約化でコスト削減と品質の維持を目指しているのでしょうが、国内経済の事を考えればもっと国産部品の比率を上げて景気に寄与してもらいたいと一国民としては思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年8月
購入地域
長野県

新車価格
215万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
0円

シルフィの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

user reportさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:159人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能無評価
走行性能無評価
乗り心地3
燃費無評価
価格無評価

送迎のため、高速道路主体に後席右側に約1時間、友人のシルフィに夜、乗せてもらった時の感想。

夜間のため、インテリアの質感はわからず。
どのセダンも後席3名乗車になると肩周りに余裕はないが幅1760mmあるシルフィでも同様。ただし、足元は、足が組めるとカタログにあるように、それなりにスペースあるので、総じて窮屈感はなかった。中央席の席着座位置だけが少し高い感じ。リアドアは大方どの国産もそうだが軽い。ロードノイズと突き上げに不快感はなく、カタログでも静粛性に気を使ってる事が書かれているので、国産同車格平均を上回っているのではないかと思った。装着タイヤは15インチ195/65だったが、この種のセダンには、底扁平率でないこの種の普通のタイヤが一番いいと思う。

リアウィンドウが寝ていて縦に短く、後方視界はあまり良くない感じ。トランクは奥行き十分でかなりの積載量がある。やや腰高感があるのとタイヤハウスのクリアランスが大きめだが、6連LEDクリアランスランプの装飾もあって値段の割には結構いい車に見えた。走り去る後姿は、リアランプがなかなか格好いいと思った。




レビュー対象車
試乗

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

いせ海老さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4

9年乗ったノートからの乗り換えです。比較はノートとの比較です。

【エクステリア】
全体的には気に入っています。

【インテリア】
小物の収納箇所が少なく、この点は不満。トランクは広くていいのですが、奥行きが有りすぎる感じです。

【エンジン性能】
普段の街乗りでは不満無し。前のノートが1500でしたので、パワーは十分です。

【走行性能】
反応良く、良いですね。

【乗り心地】
静かです。満足してます。

【燃費】
これははっきり言ってダメですね。街乗りで11~13。燃費重視なら検討から外すべきです。

【価格】
追加したのはナビのみで、他は全部そろってる感じです。値引きも大きく、満足してます。

【総評】
ノートからの乗り換えですが、満足しています。長く乗る事に成ると思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年6月
購入地域
東京都

新車価格
215万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
10万円

シルフィの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Kuu226689さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

インク
1件
0件
カーナビ
1件
0件
ミニコンポ・セットコンポ
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費3
価格4

個人リースで乗っていたTEANAリース期間(5年)満了に伴う乗り換えで、「ダウンサイジング」を念頭に車種選びをしました。
2013年3月登録で約9ケ月間の乗車レビューです。今回も個人リース契約です。

【エクステリア】日産のセダンの基本デザインに則ってフロントからリアにストレートに流れるウエストラインがキリッとして気持ち良いと思います。このラインのハイライトが良く目立つダークカラーが良く合うと思いブラックを選びました。フロント・リアのLEDコンビランプもキリッとしたデザインに一役かっています。9ケ月経っても飽きがきていません。

【インテリア】さすがにGシリーズの内装の質感は高級感を維持していて前車TEANAと比較してもそれ程劣っていません。しかし、小物入れなどの使い勝手は不足気味です。前方視界は良好ですが、TEANA同様リア視界はリアカメラの助けが必須と思います。オーディオレスの設定があるおかげで、好みの後付け市販ナビを取付出来ました。この辺りは中途半端な高級車より便利です。

【エンジン性能】さすがに前車のTEANA2.5リッターのパワフルさには劣りますが必要十分と思います。オーバー100kmの加速を除いてEcoボタン、ODボタンの使い分けで十分な加速トルクを引き出せます。結構スポーティーな走行も楽しめます。但し、エンジン音は日産DOHCとしては少し安っぽいかもしれません。

【走行性能】サスペンションのチューニングは結構スポーティーで、コーナリング時、少しのローリングを伴いますが速めの進入でもステアリングに忠実にトレースしてくれます。ブレーキはやや奥で効く感じがしますので、高速よりの急制動には気を使いますが、慣れてしまえば全く問題有りません。

【乗り心地】前車TEANAが、かなり滑らかな乗り心地でしたので道路の継ぎ目の突き上げ感を少し感じますが、かなり高いレベルの乗り心地です。音も静かですが、少しだけ安っぽいエンジン音が気になることがあります。総合的には他社と比較して問題なく優れたレベルと思います。

【燃費】アクセルワークでかなり変わります。スポーティー走行すると、3名乗車で街乗り6km、高速11km 。急加速を極力抑えたエコドライブで街乗り10-11km 高速14-15km 。今時もう少し欲張りたいところです。

【価格】妻の意見で、安全装備及び、ランプ付きバニティミラーを選択する為にGシリーズを選びましたが、他車との装備比較では当ランク(G)ではコスパはそれ程高くないと思います。トータルの満足度ではまあこんなものかな?という感じです。

【総評】車は 「Fun to drive」 が一番重要と思います。また、現実的にはこの不景気下、毎月の経費は抑えていかなくてはなりません。それにはコストパフォーマンスが優れた、よく出来たセダンは需要が高いと思うのですが、日本では過去の遺物のように扱われて残念です。その点シルフィは私のニーズにかなりフィットしています。9ケ月経って益々Fun to driveを楽しませてくれています。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2013年3月
購入地域
東京都

新車価格
245万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

シルフィの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

とと魔王さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費3
価格4

【エクステリア】
なかなか高級感があると思います。トランク容量を大きくとるためか、少しお尻が大きい感じがありますが、全体的にいい感じです。グラマラスな感じがいいです。
【インテリア】
これもいい感じです。シートは毛足が短いスエードの様な肌触りで、これがいい感じです。ただ、小物を入れるスペースが少ないのと、ヘッドレストを上下する時、上方向にずらす時は、留め金を押さないでも上がってしまうのがいやです。
【エンジン性能】
今迄、1500CCのティーダに乗っていましたので、1800CCなら当然満足です。いつもはエコモードONで走っているので少し重い感じがしますが、これもエコモードOFFと比べればの話です。
【走行性能】
これも、同上ですね。
【乗り心地】
すごくいいです。これも今迄乗っていたティーダとの比較ですが、乗っていて安定しています。室内に入るノイズも少なく、大満足です。
【燃費】
これは、ティーダに負けます。普段の平日は片道2キロ程度の往復を会社まで送迎してもらいます。よって2キロ×4回が大体、月曜日から金曜日まで。土日は少し遠出をして片道50キロ程度×2往復ぐらいの使い方で、これまでだいたい1000キロぐらい乗りました。燃費はこの様な使い方でだいたい平均11キロぐらいです。
【価格】
追加で購入したのは、フロアマットとナビ+バックモニターだけで済みました。それ以外のオプションはいらない感じで、そんな状態でも足りないものは無い感じです。ほとんどオプション無しなので、車両価格のままで済みます。まあまあ安いと思います。純正のナビは一番安いMM113D-Wです。取付費用も込みで10.8万円なので、普通に後付するのと同じぐらいだと思います。保障期間が車と同じ3年であることも考慮すると、後付するより安いと思いました。あとテレビが綺麗に映り大満足です。
【総評】
すごく満足です。大人が乗るセダンであまり高級でなく、かといってチープでもないものはあまり選択肢がありません、その様な車を探しているならお勧めできます。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
重視項目
高級感
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2013年10月
購入地域
茨城県

新車価格
215万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
0円

シルフィの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アティロムさん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
7件
スピーカー
2件
5件
イヤホン・ヘッドホン
4件
3件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費3
価格3

今年5月6日納車後1900km程走った、7月末バキュームホース交換のリコールがありちょっと驚いたが、特に問題はなく、ドライブを楽しんでいる。
フロントデザインのAピラーから前に少し無理が感じられるが、全体的にフォルムは良いと思う、特にリヤーサイドビューは好感がもて、1.8Lクラスとしては寸法的にも充分と思われる。購入に当たり今流行のハイブリッドのP車も検討したが、時には前後左右にと街に溢れている為嫌になり、車は燃費だけではない又昔から車はセダンかくーぺと決めていたので、カミサンを振り切って、この車に決めた。オプションとして、バックビューモニターとナビゲーションユニットを取り付けた。車体色はシルバー、内装は薄いベージュ色とし、明るい色で気に入っている。

良い点: 
:室内も余裕があり、安全性(リヤーはドラムブレーキだが)、静粛性/動力性も良く(1000−2500rp
 m)、小回りが良く運転しやすい。(今はもうスピードで走るつもりは無いので、高速道路で少し余裕があれば良 いと思い1.8L車とした)。乗降時、操作時、走行時と色々なシステムに電気的制御が組み込まれており、大変 便利である。(ただ、将来トラブルが無ければ良いがと思う)

悪い点:
:日産は、シルフィーの販売を国内で増やしていくつもりがあるか、少し疑問が残る。国内ユーザーの希望仕様とお もわれる需要に合わない所が多く感じられる。
:今時のハイブリッドや減税対応が無い(アイドリングストップ等エコ対策)
:燃費が悪い(最初から期待はしなかったが、1.8L車としては悪い、エアコン使用のエコ設定で市街地が7km /L前後、高速で12km/L前後でディーラーにて点検してもらったが、ハード、ソフト共異常は無いとのこ  と。エコ運転には大変気を遣っているが、この数値少しずつ改善されていくものだろうか。(現在所有のスカイラ イン33型の5−6km/L程ではないが、下取りに出したサニー最終型の8−11km/Lより悪く、又2年程 前まで乗っていたフェアレディZ32ツインターボの6−8km/Lと同じ位で驚いている。
:ワイパー操作(ボンネットデザインに因るのか、フロントグラスを拭く時のわずらわしさ)
:パワステが電動式の為か軽い(人にもよるが、高速で気になる)
:コンソールボックスの使い勝手が悪い(肘用蓋も含め、位置、高さと寸法的に)
:ヘッドレストの角度(人にもよるが、調整負荷)、サイドブレーキの位置(助手席側、慣れて問題ないが)
:オプションが少なすぎる(アルミホイール、キセノンヘッドライト、6スピーカーはGタイプのみ、リヤーワイパ
 −、オートクルーズは無い等)
:トランク(腰高)が大きいが持て余している(シニア^対応ゴルフバック4個入りとしたようだが、どれだけ必要 性があるか、リヤー腰高トランクデザインを考えたら、少し低くしてバックビューモニターも不要になるかも?)
;Gタイプのコストパフォーマンスは低い?


以上、私的判断で悪い点、不足点を多く述べたが、これ等を加えるとコストも増えると思う、しかし総体的に良く出来ている車だと思い気に入っている。  レビューの少ないシルフィー、ご参考になればと思う。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2013年5月
購入地域
山梨県

新車価格
245万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
5万円

シルフィの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kita3623さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

カーナビ
0件
5件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格3

【エクステリア】  3ナンバーになり,前回の幅の狭いシルフィに比べどっしり感が出ました。後ろのバンパーの出っ張りがいまひとつです。

【インテリア】 高級感がありしっかり作ってあります。欠点を二つ。小物入れが少なく,シフトレバーの後方にある小さな小物入れは,財布も置けない,携帯も入らないと,何を入れるための穴か不明です。もう一つは,センターの肘掛が後ろ過ぎてほとんど肘がかからない点。この辺をもう少し吟味してほしかったです。

【エンジン性能】 エコモードで走ると,坂道発進は力が足りません。また,エンジンブレーキをかけると,その振動がブレーキペダルに伝わってきます。

【走行性能】 セダンとして普通に走るには,全く問題ありません。

【乗り心地】 200万円前後のセダンとしては,十分です。

【燃費】 カタログ燃費(15.6km)より満タン法では走りました。17.7kmでした。これは,アクセルの踏み具合で大きく変わります。


【価格】 209万円のセダンとして,十分な価値があります。

【総評】 やはり,車としての乗り心地はセダンが一番だと思います。今,セダンは人気がありませんが,300万や400万もするハイブリットを買うよりは,高級感やコスパは良いのでは,と思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2013年4月
購入地域
長野県

新車価格
199万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
0円

シルフィの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

むにきちさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:10人
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費無評価
価格2

【エクステリア】
正直、可もなく不可もなしという印象。良くも悪くも普通。

【インテリア】
座高94cmですがヘッドクリアランスはこのクラスでは必要十分。
フロントウィンドウが少々寝ているせいか、やや視界が弱いかな?

【エンジン性能】
とてもスムーズ。副変速機付CVTも熟成されてきたのかトルクフルで5人乗車での試乗でしたがストレスフリーな走りが楽しめました。

【走行性能】
全体的なバランス(エンジン、ボディ、足回り)がとても良い印象でした。コーナリング時でも腰砕けする事もなくオンザレール感覚でイージードライブ。


【乗り心地】
昨今の大きめなホイール且つ薄いタイヤではなく、195/60R16タイヤのおかげかピョンピョン跳ねる事もなくサスペンションの性能も良い印象。

【燃費】
試乗なので分かりません。

【価格】
ちょっと高いかな?

【総評】
実用燃費がもっと延びれば購入対象になるかも知れません。
見た目は完全にオジサン車ですが中身はなかなか走りも楽しめるし意外性としては良いチョイスでは?
(チューニングパーツは充実しなさそうですが)

レビュー対象車
試乗

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

松下宏さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費2
価格2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ブルーバードシルフィがフルモデルチェンジを受け、単にシルフィの名前で登場した。新型車が登場したことより、ブルーバードの名前が消えたことのほうが大きな話題になったが、これも時代の流れである。

新しいシルフィも日産を代表するミドルセダンという位置づけは変わらない。ただ、2012年4月の北京ショーで発表され、日本に導入されたのが12月ということからも分かるように、日本市場よりも海外市場を意識して開発されたクルマである。

これまでは日本の5ナンバー規格に収まるクルマだったが、今回のモデルは全幅が1760mmに達する3ナンバー車になったのも世界市場での販売を考えてのことだ。

全高はやや抑え気味の1495mmで、これまでのモデルに比べるとワイド&ローの均整の取れたプロポーションになった。クルマとしてのバランスを考えたらシルフィくらいの縦横比がちょうど良いと思う。

外観デザインは端正な4ドアセダンといったイメージ。横から見ると大きなキャビンがセダンとしての居住性の高さを想像させる。全体にすっきりした感じのセダンらしい良いデザインである。

内装のデザインも広がり感を演出したインパネや明るく見やすいファインビジョンメーター、木目調パネルなどによって質感が表現されている。ソフトパッドを採用することなども含めてかなり良くできているが、どうせなら木目調パネルをもっと広範囲に使って連続感のあるものにして欲しかった。

パーキングブレーキレバーがセンターコンソールの左側の運手席から遠い位置にあるのは、左ハンドル仕様のままであることがひと目で分かる部分。日産は日本に由来する自動車メーカーなのだから、日本向けの仕様をもっと力を入れて作って欲しい。

搭載エンジンは直列4気筒1.8Lの自然吸気DOHC。MR18DE型を改良したMRA8DE型を搭載する。単なる改良ではなくボア×ストロークを変更した新しいエンジンに近いくらいの改良であるため型式名も変わったようだ。

動力性能はほぼ従来のMR18DE型並み。96kW/174N・mのパワー&トルクは1.8Lエンジンとしてまずまず平均的な実力である。シルフィの車両重量は1200kg台なので、ボディに見合った実力である。

シルフィがけっこう良くできたセダンであることは、ほんの少しの距離を走っただけですぐに分かった。静粛性や乗り心地の良さが高いレベルにあるからだ。

従来からのミドルセダンのイメージではなく、もう少し上のクラスのクルマを思わせるような静かさや乗り心地なので、走り出した当初はシルフィに乗っているのとは違うようなイメージだった。上質な走りという点で、シルフィは相当に高いレベルにあると思う。

高速レーンチェンジでの収まりの良さというか、落ち着いた感じの挙動なども好感の持てるもので、これも含めて走りの質感を感じた。

やや物足りなさが残ったのはCVTの変速フィール。副変速機付きCVTは決して悪いものではないが、アクセルワークに対するレスポンスに物足りなさが残る部分がある。また副変速機付きCVTには軽自動車やコンパクトカーのCVTというイメージがある。

燃費などの面から考えると、今やコンパクトカーからミドルセダンまではCVTが常識なのだが、残念なことにシルフィの燃費は15.6km/Lでエコカー減税の対象になっていない。今どきのクルマでエコカー減税が適用されないのでは話にならない。アイドリングストップ機構を装着するなど、もうひと頑張りが必要である。

このほか、セダンとしてけの基本性能の部分は全体に良くできていた。室内は、後席にもゆったりした広さが確保されていて居住性の高さは上々のレベルだし、シートリフターやチルト&テレスコピックステアリングによって最適の運転姿勢をとりやすい。運転席からの視界の広さも向上している。

またトランクもたっぷりの広さがあるほか、最小回転半径が5.2mで取り回しの良さにも不満はない。

試乗車は最上級グレードのGだったので快適装備の充実度も高かった。左右温度調節式のフルオートエアコンや本革巻きステアリングホイール、キセノンヘッドランプ&オートライトなどが標準。安全装備もSRSサイド&カーテンエアバッグが標準だった。

1.8L車で230万円台という価格はさすがに高めの印象があるが、それなりの満足度を感じながら乗れるクルマである。

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

この製品の価格帯を見る

シルフィ
日産

シルフィ

新車価格帯:199〜267万円

中古車価格帯:48〜176万円

シルフィをお気に入り製品に追加する <14

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意