マツダ ロードスター 1989年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > マツダ > ロードスター 1989年モデル

ロードスター 1989年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.49
(カテゴリ平均:4.29
レビュー投稿数:8人 (試乗:1人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.86 4.33 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 2.57 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 2.85 4.12 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.25 4.20 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 2.98 4.04 -位
燃費 燃費の満足度 3.13 3.88 -位
価格 総合的な価格の妥当性 4.19 3.87 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ロードスター 1989年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

ありの1222さん

  • レビュー投稿数:85件
  • 累計支持数:277人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
9件
214件
イヤホン・ヘッドホン
29件
123件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
5件
28件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地無評価
燃費3
価格5

今年11月で所有して30年になります、一昨年前には再塗装(ネオグリーン→アーモンドグリーン:旧ローバーミニのオリジナル色)に全塗装 同じグリーンですが明るくなりました、昨年はロードスター専門店にて足回り(ブッシュ交換他)とD席革シート交換を行い蘇りました、かなりお金をかけた事もありもう手放せない状況です(笑)。
走行距離は10.2万km程度と前レビュー(約4年前)から1万kmも走っていません(プライベート使用のみ)。
ボデーの後方キシミが以前より大きくなった気もしますが「古いから仕方ない」と納得しています。
愛着をもって次の10年を目指しています。
-------------------------・-----------------------・----------------------・-------
ユーノスロードスターが登場して一年後Vスぺシャル購入(H2年11月NA6)、予約して6か月待ち状態。
まさか23年半も乗り続けるとは思っていませんでした。

エクステリア:発売直後から好評のデザインで現在でも唯一無比だと思います。
インテリア :こちらは当時もシンプルですっきりしているとか古めかしいなど賛否分かれていましたが個人的には◎、但し品質は× 当時のマツダらしく?生産が追い付かず品質は後回しにされた感あります。
エンジン性能:発売時でもすでに古いファミリアのエンジンをチューンアップして使ったもので決してパワーも無くレスポンスも普通、耐久性が売りでしたが軽い車体によりロードスターとして最低限の走行性能は備えていたと思います。
乗り心地:ライトウエートスポーツカーでは評価必要無いと思います。
燃費:遠乗りで13〜14km/L 市街地中心で9〜10km/L 今となっては悪い方かもしれません。
価格:車体約210万円(値引きほとんど無)、オプションでハードトップ20万円 他入れて総額300万円をやや切る程度、1600ccとしては高かった。
満足度:すでに23年以上乗っていますが価値観/所有感は変わっていません、ローバーミニやフィアットなど少し浮気心を感じた事もありましたが大切に乗っていた事もあり内外観・ハード面好調なため乗れなくなるまで乗り続ける予定です。

追伸:走行距離は9万4千km、所有歴26年を越えました、エアコンが壊れ修理予定、ボンネットの塗装(クリアー層)の浮きが少し出てきたため再塗装予定と何かと物入りになってきましたが相変わらず元気に走っています。
とりあえず4年後の30年を目指しています。

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
月数回以下
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車

参考になった80人(再レビュー後:22人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

syusa3さんさん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:52人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格3
 

 

【エクステリア】みんな大好きリトラクタブルヘッドライト。ライト開けた時のおめめがかわいらしいです。閉めてる時の顔もGOOD。

【インテリア】Vスペのシートは明るいオレンジ色が使われていてオシャレです。
リトラ開閉のスイッチがハザードの下にあるので簡単に開け閉めできます。ライトの点灯は方向指示器のとこにあります。

【エンジン性能】発進はスムーズですがトルク不足です。高速だと追い越しが厳しいかもしれないです


【走行性能】1.6,1.8両方乗りましたが加速の差はあまりない気がします(街乗りだけだったのでよく分からない)。
当たり前のことですが軽いので下りは速いです。峠の下りではアクセル踏まずに走れます

【乗り心地】ノーマルの足は柔らかいです。

【燃費】計算はしていませんが良い方です。B6エンジンなのでレギュラー指定です。お財布に優しいです。

【価格】ここ最近、気のせいか値段が上がってきています

【総評】リトラ車の中ではかなりお手頃な車です

レビュー対象車
試乗

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

しんちゃろさん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:74人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
4件
18件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
8件
プロジェクタ
1件
7件
もっと見る
満足度3
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地2
燃費2
価格5

26歳位に購入。(NA8C Sr-U SスペシャルタイプU)
数年乗っていたのですが、仕事が忙しく、週末にドライブに使用する程度で、また、引っ越しやらで登録抹消をしたりもしていました。
数年後、実家に帰って乗り始めたのですが、何となく軽自動車に乗り換えたくなり、ワゴンRを買う時(5年前)に売ろうとしたのですが、買い取り専門店の店員さんに「今売るのは勿体ないですよ」と言われてまた登録抹消する事に。(^^;
(なんせ5万キロも乗っておらず、外観もほぼ新車状態でしたから。)
で、実家の駐車場で寝かせていたんですが、余りに動かさないのも良くないだろうと最近また車検を通しました。

数年ぶりに乗ったけど、まぁ回らないエンジン、ギシギシ軋むボディ等々、アラも思い出します。(^^;
ただ、やはりオープンの開放感とマニュアルの操作感が楽しさに変わり、いつの間にかニヤニヤと笑顔に。www

まぁ色々不便な事も有るけれど、不思議に楽しい車です。
最新のロードスターを乗ったらどんな感想なのかなぁ。w


余談ですが、車検を通して貰った整備屋さん(ロードスターを良く扱われております。)がびっくりしてました。程度の良さに。(^^
最近は中々良い出物が無いそうです。「大事に乗ってあげて下さいね。」と言われました。w

車検を通してから、ETC、ナビ、テレビ、盗難警報器など取付け、今は灯火関係をLED化しています。w
素人が手軽に弄れるのもNAならではですね。w

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

unrsportさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:137人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
7件
0件
PCスピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格4

年式は忘れましたが、2012年頃に乗っていました。
1.8Lエンジンのリトラ時代B2リミテッドだったと思います。
かなり以前の記憶から書いてますので悪しからずご了承ください。

【エクステリア】
今でも夢に出る美しさ。
どの角度から見てもウットリしてたのを覚えています。
非の打ち所はありません。

【インテリア】
夜間にオープンにして、足元を照らす車内灯を点けるだけでもかなりムードが出ます。
一方で、カーステまわり内装の浮き・ガタツキは経年のためか仕方ありませんでした。

B2リミテッドに採用されていたと思われるアルカンターラ地のシートがまた格別ですが、
夏場の炎天下では熱気がこもる一因でもありました。

純正ではどうしても車体のネジレが酷いため、
段差の度に分解しそうな内装音がスリルを増していたと覚えています。

【エンジン性能】
最初期の1.6Lから1.8Lへ増えたことで鋭さが減ったとも読んだ記憶があります。
実際は、良くも悪くも中回転型の汎用エンジンではありますが、
トルクが無いわけでもないので扱いやすい部類でしょうか。

なお社外マフラーを付けると、場合によってO2センサーがボディと干渉し
ヒューズ飛びの原因となるようですのでご注意ください。

【走行性能】
リトラモデルしか知りませんが、ボディ剛性という言葉は存在しません。
段差を乗り越える際など、Aピラーと自分が座るシートが、明らかに時間差で、別体として揺れます。
ハードトップでいくらか剛性は改善できますが、重くなります。
ソフトトップ...つまり通常の幌屋根であれば、車体がネジレますが開き直って軽さを堪能できます。

最終的には走りを優先し、ソフトトップを撤去してハードトップのみの仕様としました。

今となっては、乗る人毎に無限のカスタムベースとして、時間とお金を受け入れてくれるでしょう。

【乗り心地】
カーブを曲がる時は快感ですが、総合的な乗り心地は良くありません。
「走行性能」でも触れた、「スカットルシェイク」と呼ばれる低剛性オープンカー独特の振動が不安感を煽ります。
一方で、偶然装着したユーロ版ボルクレーシング?な「ATS」ホイールも履きこなす足回りは流石です。
好きならば乗れる。...のだと思います。

ちなみに、オープンカーといえばイメージは夏?かと思いますが、真夏昼間の屋根なし直射日光は危険です。
秋から冬のはじめにかけ、夜間にキッチリ着込んだ上で屋根を開け、足元ヒーターMAXで乗ることをおすすめします。

【燃費】
当時、信号も気にしながら本記事タイトル通りの使い方で10km/L前後でしたが、
サーモスタット交換を失念していたので、手入れすれば伸びた可能性もあります。

【価格】
走行距離は10万キロ超え?で、いわゆる限定モデルを60万円で購入。
幌はもちろん、ハードトップも付いてこの価格はいかがでしょうか。

【総評】
後輪駆動を、そして、仕事帰りに幌を開いて乗り込むワクワク感を与えてくれた一台です。

ボロ幌ながら、ワイパーも追いつかない豪雨でも助手席からちょっと漏れてきた程度で済んだ浸水や、
剛性のない車体でも日々の長距離運転に耐えたしなやかさ。

パワーも頑丈さもありませんが、
助手席に乗った人とともに日常を忘れて楽しめる、屋根のないドライブというプレミアム感。

問題があっても、笑って楽しめるこういう車はステキだと思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
仕事用
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
中古車

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ただの人間さん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:120人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
5件
1件
キーボード
1件
4件
Mac ノート(MacBook)
2件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能2
走行性能5
乗り心地2
燃費3
価格5

【エクステリア】
発売当初から欧州風のネオクルシカルを狙ったデザインは、25年経った今でも変わらない良さがあります。
HID化している個体もありますが、暖かい色のハロゲンライトがよく似合います。

リトラクタブルライトは今や絶滅種となってしまったため、物珍しそうに見られます。

【インテリア】
お世辞にも高級感はありません。
装備はとてもシンプルで内装はチープです。
運転中にどうしても必要な装備しかなく、操作や使い方で迷うことは一切ありません。

収納が少ないのは当然として、ドリンクホルダーすらありません。
また、ルーバーに付けるタイプのドリンクホルダーも特殊形状のため付かない事が多々ありとても不便です。
ドア内装は樹脂やファブリックの車が多いですが、この車は合皮で私はこちらの方が好みです。

【エンジン性能】
がさつで非力です。
ファミリアに乗っていたエンジンをチューニングしただけなので当然です。
あまり褒められたエンジンではありませんが
故障が少ない事だけはこのエンジンの良い部分だと思います。

【走行性能】
スピードが出る車ではありません。
また、コンピューター制御も殆どない車なので、荒っぽく下手くそに運転するとダイレクトに跳ね返ってきます。

この車の良い所は走る、止まる、曲がるの
基本動作が本当にスムーズに、
車というレイヤーを感じさせないほど、人間に近く出来ている事です。
車に乗せられているでもなく、車を操っているでもない、
自分と車が一体になった感覚で運転できます。
これが所謂人馬一体というやつなのでしょう。
このフィーリングを超える車が無い以上、ロードスターは唯一無二の存在です。

【乗り心地】
地面のインフォメーションを良く拾うため、
乗り心地はとても悪いです。
ミニバンの後部座席のようなふわふわした
感じが嫌いな方であれば気にいるとは思います。

【燃費】
街乗りでリッター8程度。
無理なく維持できますが、今の車と比較すれば悪い部類に入ります。
バブル崩壊前後に出た車としては燃費は良い方です。

【総評】
タイトルにも書いた通り、唯一無二の車で、替えが効きません。
乗り換え対象もありません。
不便はありますが、それ以上に楽しいです。
乗れなくなるまで乗り続けますし、乗れなくなったら同型で状態の良い車を探します。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
中古車

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Nisizakaさん

  • レビュー投稿数:48件
  • 累計支持数:580人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
24件
1995件
ゲーム機本体
13件
455件
デスクトップパソコン
0件
353件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能3
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格無評価

購入時(2002年)

雪の福島にて(2004年)

軽井沢MTGにて(2008年)

NA主査 平井さん講演会にて(2009年)

ロードスター20周年ミーティングにて(2009年)

2012年現在

【エクステリア】
 今見ると色々と古さを感じる所がありますが、良く出来たデザインと思います。
 当時のマツダ車は、ボディ下半分にピッチング塗装がされていますが、個人的にはこれが好みではないです。

【インテリア】
 シンプルさをこだわったと言え、チープ過ぎる感じがします。
 前がトヨタ車だっただけに衝撃大。トヨタ的には10年遅れぐらい?
 まあ、チープですがそれでロードスターの魅力が下がる訳では無いので。
 NA8 前期までは、ルームランプはが足元しかなく、夜中の暗いときは苦労していました。
 あと、NA6ではドアポケットも無い。使い勝手の意味では良くありません。
 NA8 Sr.2(後期)でインテリアの使い勝手は改善しています。

【エンジン性能】
 1600のB6-ZEエンジンも、トヨタの4A-GE、ホンダのZC、B16Aと比較するとトルク型でエンジンフィーリング自体は一歩劣る感じでした。
 しかしエンジンが主張しておらず、突出したパワーでも無いのでノーマル構成では上手くバランスされています。
 この辺りは、トヨタやホンダのエンジンとは異なっています。
 欠点としては、材質的な耐久性が弱い事です。自分も一度エンジンが壊れ、載せ替えとなりました。

【走行性能】
 NA型のユーノスロードスターは、基本的にアンダーパワーです。
 曲がる、止まるを駆使して走る要素が大きいです。

 4輪ダブルウィッシュボーンが採用されていて、この足回りがあって、ロードスターありと思います。
 フロントの接地性が良くハンドルを切っても素直に曲がるのは乗り手に安心感を与えます。
 特にサスペンションチューニングによるヒラリ感は、安定性が悪いですが走っていて楽しく感じます。
 欠点としてリアのストローク不足があります。すぐにバンプラバーに当り(底打ち)、テールスライドが発生する要因になります。
 これは、ショックのアッパーマウントを交換する事によって解決出来ます。
 またヒラリ感も速度が増すと怖く感じる。これはアッパーマウントとショック交換でフィーリングが変わります。
 自分は、NBのRS用ビルシュタイン+15インチを付けていますがこれだけで別物というぐらいの乗り味が変わっています。
 足回りの奥の深さがあるので、いじりがいのある足回りと言えます。
 経年劣化といえばプッシュですね。サスペンションの動きで重要な要素なので、硬化するとボディに直接伝わる事になります。
 ロードスターでゴム系のパーツは定期的に交換するのが望ましいです。
 ブレーキに関しては、NA6だと容量が小さいですが、街乗りやワインディングロードレベルでは定期的にオーバーホールしていれば必要十分です。

【乗り心地】
 ノーマルのロードスターは、今の時代となると柔らかいです。
 いかにも1990年前後の足回りの乗り心地ですね。
 硬めのサスペンション交換するとボディの弱さが出てくるのでバランスが重要です。

【燃費】
 以前は11km/L、最近は調子が悪い事もあって9.5km/L程度。
 エンジンのメンテナンスは重要です。

【価格】
 2002年に個人売買にて7万円で手に入れました。
 この10年で修理代はエンジン載せ替え等で100万円オーバーですが。

【総評】
 良く出来た車です。この車がエポックメイキングなモデルと言うのも納得出来ます。
 適度なバランスで、走っていて本当に楽しい。オープンの楽しさも感じられます。
 デザインも今の車では出来ない魅力があります。

 しかし、初期型は既に20年以上の車です。
 経年劣化のパーツも多く、登場時のフィーリングを保っている車体は少数です。
 またアクティブセーフティ、パッシブセーフティに関しては流石に辛い。
 NA型にこだわりが無いのであれば、NAを熟成したNB型に乗った方が良いでしょうね。

 ロードスターの乗って変わったと思うのは、コミュニティの盛り上がりですね。
 メーカーの開発者と会える機会も多いですし、全国各地で毎年色々とイベントも開催されています。
 これほどコミュティが盛り上がっている日本国内の自動車は少ないと思います。
 その意味でもロードスターに乗る価値はあります。

使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kenta_fdm3さん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:521人
  • ファン数:87人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
12件
3022件
レンズ
10件
671件
デジタルカメラ
0件
55件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能2
走行性能5
乗り心地3
燃費3
価格3

標題どおり、日本が世界に誇る事ができる数少ない名車の1台です。

昔は子供っぽいと思っていたデザインも、かっこいいというよりも美しいという表現が
ぴったりです。

乗ってよし、走ってよし、見てよし、幌を開けてよしという理想的な車で、同時所有しているE92型M3よりも、FD RX-7よりも楽しい。

今一番のお気に入りの車です。

友人から2年前に譲ってもらいましたが、実は2台目です。

以前は家族構成の変化から手放してしまいましたが、手放した直後から後悔。

いつかもう一度乗るのだと思い続けてきたところ、2年前にものすごく程度の良いNA6を手に入れる事ができました。
燃費の悪い2台とは違って、そこそこ走ってくれるので(リッター8〜10)通勤車として活躍しております。
残念ながらスーパーチャージャーつきということで、ハイオク指定となっており、財布にはそんなにやさしくはないのですが、他の2台よりはずっとましです。

すでにスーパーチャージャーやオーリンズ、オールペン、レカロシート、4ポッドキャリパーなどなど一通り手を入れられていた固体にさらに2年間お金も時間もかけて理想的な姿にしました。

平成4年車ということで、20年目を迎えた車ですが、まだまだ現役で乗ってあげたいと思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ペンペン7さん

  • レビュー投稿数:249件
  • 累計支持数:782人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
10件
51件
自動車(本体)
36件
23件
レンズ
24件
6件
もっと見る
満足度4
エクステリア無評価
インテリア無評価
エンジン性能無評価
走行性能無評価
乗り心地無評価
燃費無評価
価格無評価

【エクステリア】
デザインは、クラシックなラインが、たまらない魅力です。斜め後ろから見たラインは、素敵です。品があります。ソリッドカラーが格好イイ。白に乗っていましたが、ハードトップを装着した姿も、格好が良い。取り外しを、1人でする際は、バスタオルでボディをカバーしつつ、何とか脱着できました。が、なるべく2人で作業することをオススメします。
【インテリア】
質感は、70年代のサバンナか!?と思うくらい、低い(笑)が!それがまた格好よく見える不思議な車。デザインと質感が、車の雰囲気にマッチしていて、素敵です。ハードトップの内装は、黒で、室内色とも違和感なし。
【エンジン性能】
スムーズではありますが、感覚として、トルク感、力感を感じさせながら回転が上昇します。これまた、車体全体とのイメージとマッチしてます。パワーはコンパクトカーと変わらないですが、存在感があります。
【走行性能】
軽さを生かして、ヒラリとコーナーを抜けて行きます。まさにヒラリ。ビートが意外にも、ドッシリな感覚でコーナーを抜けるのとは対照的。ステアリングから感じるのは、軽さと剛性感のなさ。これまた不思議に、剛性感の無さが、マッチしちゃうのは、この車 ならでは。加速時のリアサスの沈み込みが気になりますが、全体のバランスは良いです。もう少し、剛性の高い走り味だと、更に良いかなと感じますが、ヒラリ感とのバランスを取るには、この位で良いのかも。ブレーキも充分な能力あります。アクセルOFFで、簡単にテールがアウトしますが、ビートのような、スライド時のコントロールの難しさはなく、唐突な動きが少ないので、誰が乗っても安心な車です。
【乗り心地】
足廻りは、柔らかめ。もっと締まっていても良いと感じます。が、クラシックな味わいと言う点においては、この足廻りは、良いですし、突き上げが少なく、ボディ剛性がおちるオープンカーには、このバランスが、よい時もあります。
【燃費】
11〜12km/L
【価格】
お安い。マツダがんばりました。
【総評】
今なお、色褪せない魅力があります。世界に誇れる日本車のひとつであると思います。一度は経験して損はない名車だと感じました。トランクも実用性がそこそこあるので、普段使いにも、十分に応えるオープンカーです。※ただし、二名乗車まで(笑)

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

ロードスター 1989年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

ロードスター 1989年モデル
マツダ

ロードスター 1989年モデル

新車価格:

中古車価格:39〜309万円

ロードスター 1989年モデルをお気に入り製品に追加する <488

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意