マセラティ グランカブリオ 2010年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > マセラティ > グランカブリオ 2010年モデル

グランカブリオ 2010年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:グランカブリオ 2010年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
スポーツ 2012年3月31日 マイナーチェンジ 1人
満足度:
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:1人 (プロ:1人)
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 無評価 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 無評価 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 無評価 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 無評価 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 無評価 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 無評価 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 無評価 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

グランカブリオ 2010年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:229件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール神奈川県藤沢市生まれ、現在茅ヶ崎市在住の湘南中年。少年期に5年間イギリス・ロンドンに在住していた事から、欧州車に興味を抱いたきっかけになった。慶応義塾大学卒業後、輸入車専門誌にてライターを始める。その後、育った英国に渡りレース活動などを経…続きを読む

満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

威圧感満点の顔つきはスーパーカーのよう。

大人4人がオープンエアクルージングを楽しめるマセラティ初のカブリオレ。

いかなる角度から見てもスペシャリティカーそのもの。

ブルーに塗られた地元ブレンボ社の6ピストン対向キャリパーを装備。

本革とウッドに囲まれた甘美な空間はマセラティの専売特許。

最高出力440ps(323kW)/7000rpmと最大トルク50.0kgm(490Nm)/4750rpm

ピニンファリーナの手による「マセラティ・グランカブリオ」。大人4人がオープンエアクルージングを楽しめる世界一甘美なカブリオレはいかなるものか?メーカーの広報車両を借り受け、取材を敢行しました。

●甘美のカブリオレは痛いほどの視線を感じる●

オープンカー(カブリオレ)に試乗した経験は数え切れませんが、この「マセラティ・グランカブリオ」は少々、筆者には気恥ずかしいほどでした。
日本人には、到底デザインできないであろう肉体的なエクステリアに、スーパーカールック、ホワイトの本革張りインテリアに、常に乗用車の域を超越したエキゾーストノート。40代前半の筆者が、こんな格好のクルマで信号に停まれば、周囲の目は刺さるほど感じます。クルマがあまりに美しいだけに私のようなドライバーが運転していることが、クルマそのものを格を落とすのでは?と心配してしまいました。

●インテリアは工芸品●

渋滞にはまり、周囲から痛いほどの視線を感じる中、インテリア細部を観察すると、動物愛護団体からクレームがきそうなほど細部にまで本革があしらわれ、ベージュのレザーシートは、腰を下ろしていることが申し訳ない程。磨きこまれたウッドステアリングもベージュで統一され、ダッシュボード上部は、ブラック仕上げ。ベージュとのツートンカラーが、自動車のインテリアとして、これ以上ない程の上質な空間を演出しています。
各種スイッチ類も他社からの流用は皆無。ライトスイッチ一つとっても、このクルマの専用設計で、それは、操作系、計器類全てに該当します。
また、伝統の棗型(なつめ)アナログ時計は、近代的な装備であるマルチナビゲーションの上部に設置されますが、違和感はなく、デザイン性の高さを感じます。
フルオープンでこの官能的な空間に腰を下ろしている事がやはり場違いに感じてしまいました。

●スーパーカーが潜んでいる●

V8 4.7Lエンジンを始動させると、「ファウォーン!」というエキサイティングなサウンドで一咆えし、4本出しのエキゾーストエンドからは、ややばらついた野太いサウンドがアスファルトを振動させるように響きます。この音圧は、早朝の住宅地から郊外に抜け出す際や、深夜に帰宅する際には、ご近所の理解が必要なほどです。無論、空ぶかしなどご法度です。

●市街地でも快適●

スーパーカースタイリングと、最高出力440psを発生するこのクルマは、気難しい?と思われるかもしれませんが、運転そのものは、極めて安楽。なぜなら、トランスミッションは骨っぽい駆動の2ペタルMTではなく、一般の乗用車と基本構造が同じトルクコンバーター式を採用。そのため、1915mmという全幅させ気をつければ、あっけなく動かす事が可能です。
トルクコンバーター式のオートマチックをDレンジにシフトして、アクセルを普通に踏んでも、ギューンと過激な加速をすることはなく、ややスリップの大きなミッションと豊かな低速トルクが相まり、滑るように流す事が可能です。
ただし、刺激的なサウンドは容赦なくドライバーに届き、その音は周囲にも木霊すほどの音量です。

●ハイウェイではメロメロ●

ドライバー正面に設置された工芸品のようなメーターには、320km/hまでの速度、8000rpmからレッドゾーンが刻まれ、ステージはハイウェイであるとクルマが教えてくれます。
ややスリップの大きなトルクコンバーターですが、ステアリングには、“フェラーリ張り”のパドルシフトが設置されています。
シフトダウンを行い、2000、3000・・・と回転の上昇と共に、湿った野太いサウンドが、澄んだ乾いたサウンドに変わり、まさにイタリアンスーパーマシン。そのサウンドは、全身に鳥肌が立つほど官能的です。回転にリンクするようにトルクが盛り上がり、4.7リッターもあるエンジンが8000rpmmまで吹け上がる様は、もう骨抜きにさせるほどです。無論、その際の速度はここでは書く事が出来ませんが・・・。



世の中、このようなクルマが今後増える事は、皆無といえますが、絶対的な生産台数が少ないクルマだけに、一部のマニアのために、内燃機関の存在を明確にさせる官能的なクルマを造り続けて欲しいと思いました。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

グランカブリオ 2010年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

グランカブリオ
マセラティ

グランカブリオ

新車価格帯:2037〜2215万円

中古車価格帯:658〜1980万円

グランカブリオ 2010年モデルをお気に入り製品に追加する <6

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意