MDR-EX800ST レビュー・評価

MDR-EX800ST 製品画像

画像提供:Qoo10 EVENT

画像一覧を見る

最安価格(税込):¥19,224 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 登録日:2010年10月19日

店頭参考価格帯:¥19,224 〜 ¥22,680 (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

装着方式:両耳 MDR-EX800STのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MDR-EX800STの価格比較
  • MDR-EX800STの店頭購入
  • MDR-EX800STのスペック・仕様
  • MDR-EX800STのレビュー
  • MDR-EX800STのクチコミ
  • MDR-EX800STの画像・動画
  • MDR-EX800STのピックアップリスト
  • MDR-EX800STのオークション

MDR-EX800STSONY

最安価格(税込):¥19,224 (前週比:±0 ) 登録日:2010年10月19日

  • MDR-EX800STの価格比較
  • MDR-EX800STの店頭購入
  • MDR-EX800STのスペック・仕様
  • MDR-EX800STのレビュー
  • MDR-EX800STのクチコミ
  • MDR-EX800STの画像・動画
  • MDR-EX800STのピックアップリスト
  • MDR-EX800STのオークション

MDR-EX800ST のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.49
(カテゴリ平均:4.28
レビュー投稿数:53人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 4.41 4.16 -位 見た目のよさ、質感
高音の音質 4.58 4.15 -位 高音部の音質の良さ
低音の音質 4.65 4.14 -位 低音部の音質の良さ
フィット感 3.78 4.08 -位 装着したときのフィット感など
外音遮断性 2.75 3.81 -位 外の音を遮断するか
音漏れ防止 3.14 3.76 -位 音漏れを防止するか
携帯性 3.55 3.77 -位 コンパクトさ
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

MDR-EX800ST

MDR-EX800STのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:104人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
26件
22件
マウス
3件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン無評価
高音の音質4
低音の音質4
フィット感3
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性3

音質や装着感は語り尽くされているので詳細は割愛

SE535やER-4Sと並んで、
イヤホンでレビューや試聴する際のリファレンスとして主に使用

(リファレンスとは、バランスがよくフラットでニュートラルな音という意味ではなく、
単に聞き慣れているとか、レビューが豊富で定番だったり、
みんなが持ってるので話が通じやすいとか、その程度の意味)

手持ちのj-phonic k2と同様に、ステージモニターを意識したような音作り
音の質感や帯域バランスなど両者は全く異なるが、
根底にある音質の設計コンセプトは共通
両者とも、大きい音が潰れることもなく、微弱な音が聞こえづらいってこともない

ただ、全ての音が満遍なく聞こえることは、果たして自然なことなのか、
はたまた、そういう音を原音と呼んでいいのか、というと、議論の余地有り
個人的には、DTMを趣味でやってることもあり、
仮に原音というものがあったとすれば、
究極的には、音源を編集した本人以外はわかりえない、と感じている

あくまで持論だが、モニターとかリファレンス、
原音再生or原音忠実などは、すべてメーカーの謳い文句というスタンス
民生用/業務用を区別してるのは、流通や販路などビジネス的観点から
そうしたほうが色々と都合が良く便利なため
「迫力の重低音」も「原音忠実」も、言い換えると
「(意図的に)低音いじりました」/「(意図的に)どこもいじりませんでした」
どちらもメーカーの意図が働いてるのは変わらない
別に意図をポリシーとか思想、哲学など高尚な言葉に置き換えても構わないが、
スピーカーであれヘッドホンであれ、
モニターと名のつく製品が、メーカーによって音が全く異なるのはこの意図のせい

巷にあるリスニング用のイヤホンの音に慣れていたら、
本機は地味に聞こえるかもしれない
オーディオは個人の音の好みに左右されるところが少なからずあるため、
フィット感も含め、試聴は必須

比較製品
j-phonic > k2 SP
主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

emui-さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
1件
22件
スマートフォン
0件
12件
タブレットPC
0件
10件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性5

【デザイン】
 Sonyでは珍しいShure掛け。ステージで外れないように、頭の後ろでコードスライダーで固定します。
【高音の音質】
 フラットだと思います。ただ、MDR-CD900STほどの解像度はありません。
【低音の音質】
 MDR-CD900STよりちゃんと低音が出ます。
【フィット感】
 MDR-CD900STのように、蒸れないので快適です。
【外音遮断性】
 室内でしか使用しないので、分かりません。
【音漏れ防止】
 室内でしか使用しないので、分かりません。
【携帯性】
 専用ケースがついているので、きれいに片付けられます。
【総評】
 MDR-CD900STだと低音が弱くてベースやバスドラの音量が強くなりがちだけれど、これだと
全体のバランスが取りやすい。ただし、ステージモニターなので、大きな音でも小さな音でも
無難に鳴らすので、その分ダイナミックレンジが狭く分解能が低い感じがする。
音の作り込みは、MDR-CD900STで、作業時と楽器間のバランスをとるときはMDR-EX800STと
用途に合わせて使い分けるのが、ベターだと思います。
コストパフォーマンスや、ミキシング時のモニターとしてならMDR-CD900STを選択すべきでしょう。

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

RN.チャリボーイさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感3
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性3

*2018年12月現在16mmドライバーを積んでいるイヤホンは他にXBA-Z5がありますがハイブリッドのため省かせていただきます。
DAPはウォークマンA45で直差しで使っています。
音質系のエフェクトはDSEE-HXのみを使用しています。
【デザイン】
少し前のソニーならではの音質最優先のデザインといった感じです。
業務用らしく本体側コネクター周りが金属になっています(EX-1000はプラスチック)。

【高音の音質】
刺さることもなく、かといって伸びがないわけでもなくとても心地いい音質です。
曲によってBA型イヤホンのようなクールさとダイナミック型イヤホン特有の温かさが味わえます。
モニターイヤホンらしく曲の特徴を引き出してくれます。

【低音の音質】
16mmドライバーの良さが出てます。
量感はそこまででもないですが深く沈む質の高い音が出ます。
レスポンスはいいものの流石にBA型には勝てないです。
ただ後述の遮音性が低いので電車や外の騒音でかき消されることがあります。

【フィット感】
イヤーハンガーをうまく使って固定すれば問題ないです。ただドライバーが大きいので人によってはうまく入らないかもしれません。

【外音遮断性】
音質調整用にダクトが空いていることとバーティカル・ザ・インイヤー方式(普通のカナル型と違って耳のくぼみ?全体をハウジングで塞げてない)によることでカナル型イヤホンの中ではかなり悪いです。
ただ音が良く、音に対して集中できるので個人的にはそこまで気になりません。
イヤーピースを変えると少し改善しますが、根本的に構造がアウトなのでイヤーピースに掛けた費用分の効果は期待出来ないと思って下さい。
(音質のチューニングに使うのであれば効果はあります。ちなみに私はソニーのトリプルコンフォートを使っています。)

【音漏れ防止】
ダクトの影響で多少ありますが常識の範囲内の音量であれば問題ないです。iPhone付属イヤホン程は漏れないのでご安心を(カナル型だから当たり前か笑)

【携帯性】
イヤーハンガーがあるため普通のイヤホンほど良くは無いですがとくに不満はありません。

【総評】
16mmドライバーならではの質のいい低音、広ダイナミックレンジ、BA型には勝てない高音の自然さ、どれも今のソニーの製品には無い音だと思います。
初めてモニターイヤホンを買う方、音の自然さを楽しみたい方にオススメです。
EX-1000が廃番となり16mmドライバー一基のイヤホンはこのEX-800STが最後です。
CD-900STのイヤホン版(厳密に言うと違いますが)で業務用という立場から長く作られるとは思いますが、イヤホンである以上ヘッドホン程長くはないと思うので早めに買った方がいいかもしれませんね。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

くらじぇーさん

  • レビュー投稿数:129件
  • 累計支持数:374人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
7件
60件
イヤホン・ヘッドホン
10件
0件
SDメモリーカード
9件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性5

小さくて真っ白なボール紙の箱。開封すると何の飾り気もない機材が出てくる。徹底して無駄を省いた内容物は本体とケースと交換用のイヤーピース3種類のみ。

音質は業務モニターということで、期待したとおりの、妙な味付けのない、明瞭でいてパワフルな出音に満足です。

携帯プレーヤー用に検討している人は、音源がMP3では、このイヤホンの能力を半分も発揮出来ませんので、過剰投資を納得した上で買った方がいいですね。
最後に一つだけ注意ですが、プロ用商品ですので一般用のメーカー一年間保証はありません。念のため…

主な用途
音楽

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tonneちゃんさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
3件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
腕時計
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
高音の音質5
低音の音質4
フィット感3
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性3

リファレンスは某カスタムイヤホンです。ダイナミック型は、EX90LP、EX1000、ゼンハイザーIE800を
使ってきました。このイヤホンは結論から言うと、いいです。
ただし、付属のイヤーチップは、最低です。耳穴に沿って入らない、堅すぎる。
結果、何度も落ちてストレスたまる。
追加、Mサイズの純正チップは合わないと判明。
コンプライは体温で耳穴に適した形に変形してくれ、交換後は快適になりました。
再レビュー。普段用に購入したプレイヤー、家電屋での新製品プレイヤー試聴続けておかしいと思い、
イヤーチップを純正のSにケーブルも純正に戻してみました。
結局、コンプライもこのイヤホンに合わない。
現在使用のチップはSONYのトリプル・コンフォート、ケーブルは800ST純正。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

16mt19さん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:180人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
172件
スマートフォン
2件
110件
イヤホン・ヘッドホン
12件
91件
もっと見る
満足度5
デザイン無評価
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性2
音漏れ防止2
携帯性2

【デザイン】
無評価
【高音の音質】
そこまで強くはありませんが、量感は十分ですね。
EX1000の方が出ています。
【低音の音質】
モニターイヤホンとしては少し多めですが、クリアでバランスがとれています。
ただ最近のソニーのようなドンドンくるタイプではありません。
【フィット感】
16mmドライバーなので少し特殊です。
【外音遮断性】
低音を逃がすための穴があるのであまり良いとは言えないです。
そのおかげかカナル型にありがちな鼻をつまんだような変な感じが少なく、イヤホンを敬遠している人でも受け入れやすでしょう。
【音漏れ防止】
遮音性と同じく
【携帯性】
イヤーハンガーがあるのでコンパクトには収納できません。
専用のセミハードケースもついてきますが、EX1000のケーブルに交換すると入れにくさ倍増です。
【総評】
外では使いにくいデメリットもありますが、ポテンシャルは高く2万円と考えるとかなりハイコストパフォーマンスと言えます。
メーカー保証はありませんが、MDR-EX1000と同じく国内生産であり、ハンドメイドで作られています。

詳しい音質については他の方の意見を参考にしてもらいたいと思いますが、私はEX1000のケーブルを使ったときの変化について書きたいと思います。

このMDR-EXのフラグシップモデルたちはそれぞれドライバーユニットとケーブルがセットで音質設計されています。
しかしそれでもEX800STにはEX1000のケーブルの方が好みでした。
大きな変化というわけではありませんが、EX1000のケーブルはプラグまでの電線のGNDが分離しており、EX800STのケーブルよりもクロストークが少ないため、左右の音の分離が良いです。
またEX800STのケーブルのイヤーハンガーは短いため、EX1000の方が使いやすいです。

ちなみに今はZX300でバランス接続していますが、好みはバランス接続>>>>アンバランス接続(EX1000ケーブル)>アンバランス接続(EX800STケーブル)といった感じです。
バランス接続だと低音の打ち込みがより鋭く爽快感が増し、音場がより広くなります。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

烈風(A7M1)さん

  • レビュー投稿数:37件
  • 累計支持数:184人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
6件
47件
イヤホン・ヘッドホン
21件
24件
スマートフォン
2件
8件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性1
音漏れ防止4
携帯性4

前提として、DAPはZX300でex800stの純正ケーブルでのアンバランス接続で比較対象は同社EX1000とshureのse425です。

【デザイン】
ソニーのEXシリーズと言えばこの形状。
600,800st,1000と皆同じ形状で個人的には好きです。

【高音の音質】
EX1000と比べて、さ行の刺さりが無く気持ち良く聞けます。
音は硬質なので聞き疲れしやすいかもしれません

【低音の音質】
se425の用に極端に弱い訳でもなく個人的には丁度良い感じでモニター機の中では平凡感じです。

【中音の音質】
Vo.も聞き取りやすいですが、Vo.の色っぽさまで求めるなら他のイヤホンを探した方が良いですよ
ですが、Vo.の息遣いや掠れは普通に聞き取れます

【フィット感】
shureの用な耳からはみ出ない形状では無いですが、筐体が軽いのとshure掛けのお陰でイヤホン本体の装着感はかなり良く良い感じですね

【外音遮断性】
普通のイヤホン以下ですね....
しかし、電車の中でアナウンスが聞こえるので良いですね

【音漏れ防止】
常識の範囲内での音量で聞けば耳を澄まして聞かない限りは音漏れはしないかと思いますよ

【携帯性】
一応ポーチも付いてくるので、携帯性は良いですね。
EX1000の用な豪華なケースとは逆でチープですが、型崩れしないセミハードケースですので対衝撃性もありカバンの中でも安心して入れられます。

【総評】
現Justearの松尾先生が手掛けたEX Monitorシリーズ?だけあって音質は解像度高めでソニーのDAPとの相性は良いです。
7年前からこの機種が発売されていた事を考えるとレベルは高いです。
逆に今のXBAシリーズやEX X50番台のイヤホンは低音がXBシリーズ並みに多くて失望してます。
近い内にEX1000のケーブルを購入してバランス化して再度レビューをしたいと思います。

主な用途
音楽
ゲーム
接続対象
オーディオ

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

masanexidさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
10件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
5件
タブレットPC
0件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感2
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性5

【デザイン】
かっこいい
【高音の音質】
自分が望んでいた味付けの無い高音です。
【低音の音質】
自分が望んでいた味付けの無い低音です。
【フィット感】
正直良くありません。短時間でも耳が痒くなります。
【外音遮断性】
高い
【音漏れ防止】
高い
【携帯性】
外でも使えるくらいには
【総評】
psvr用途で購入しました。
味付けの無い音で、尚且つ解像度が高く、インピーダンスが低いイヤホンを探した結果これにたどり着きました。
psvrでヘッドホンはすごく臨場感が出るのですが、如何せん音の方角が曖昧になります。
どうしても音の方角に我慢が出来なくなり、この業務用モニターイヤホンと言う、究極の「ただひたすらに忠実に音を鳴らす」と言う用途のイヤホンを購入しました。
解像度が高くなったので、バイオハザード7のVRモード等で様々な音が同時に多方向から聞こえてくるシーンでも、一つ一つが綺麗に、輪郭がくっきりしながら聞こえてきます。
ただ、モニターイヤホンだからこそ、残念な所もあります。
基本的にモニター用途なので、知る必要が無い要素を発見したりしてしまいます。
バイオハザード7のVRモードで言えば、音の距離が三段階の固定距離から聞こえてくるのが分かってしまったりします。
他には、録音のままの音声が聞こえてくるので、マイク越しにこのセリフを聞いてるのだなと察して、少し・・・没入感が削がれます。

総評としては、ゲームによっては最高の没入感が得られると思います。

主な用途
ゲーム
接続対象
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

zukakazuさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ホームシアター スピーカー
0件
18件
ビデオカメラ
0件
16件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
12件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性5

【デザイン】
カッコいい。
耳の後ろから掛けるので、コードの擦れ音が無く
快適です。

【高音の音質】
疲れが少ないキンキンしない音。

【低音の音質】
カナル型なので、900STに比べて
豊かです。
これ以上の低音は、要りません。
【フィット感】
ぴったりです。

【外音遮断性】
そこそこです。

【音漏れ防止】
漏れます。
【携帯性】
ポーチが付いてるのでgood!
【総評】
1つは持っておくべきでしょう。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

さっちーさっちーさん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:101人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
14件
イヤホン・ヘッドホン
5件
7件
デジタルカメラ
2件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感2
外音遮断性3
音漏れ防止無評価
携帯性4

優れたレビューが多いのでかいつまんでレビューします。

【デザイン】装着していない際の見た目は艶のある黒地に金属部の金がアクセントとなり、左右で赤、青の使い分けデザインが格好よい。
装着してる人を他人がみたらどう映るのかは?
【音質】とにかく解像度が高い。
SHURE215無印の4倍は細かく音が見えます。
高音、低音ともに見えなかった音がみえ、音のいり、余韻が聞き取れます。
逆に低音質な録音は粗がみえます。

【フィット感】私の耳にはぴったりしません。SHUREのようにピタリとはあいませんが、これは仕方ないかと思います。

【外音遮断性】私の場合は通勤ではつかえません。静かな環境で使うのがよいとおもいます。

【携帯性】日常生活でつかうにはコードがながめですが、良好です。
ケースが程よい大きさ厚さで、使いやすいです。

【総評】原音忠実再生はオーディオの基本です。音にこだわるなら持っておいて基準とすべきイヤホンです。フラットな周波数特性をもち高い解像度をほこる本機で音の違いがはっきりわからない場合は、イヤホン以外のところにお金を使った方が幸せになれます。
なんか高音と低音が足りないとか思った場合はそういう音に慣れてしまってると自覚したほうがよいです(音響を生業としないのであればそれが悪い訳ではありません)。
また800st以上のイヤホンは、味付けの違い、好みの世界だと心得ておくべきでしょう。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

new3さん

  • レビュー投稿数:95件
  • 累計支持数:733人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
68件
28件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
13件
33件
ヘッドホンアンプ・DAC
6件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性4
   

EX800STとEX1000 使い分け可能!

   

解像度の高さ、原音忠実性はヘッドホンの
CD900STより上であると思われる。
EX1000とよく比較される同機ではあるが、
開発の経緯も含めテイストは全く異なると
言っても過言ではない。
それは『使い分け可能』を意味する。
ハイクオリティーの音源をそのまま味わい
たいのであれば同機は一押しの存在である。
言われ尽くされていることだが、解像度の
高いモニター系は音源の粗がストレートに
反映されてしまう。オールラウンドに
如何なる音源も楽しみたいのならばEX
1000を選ぶべきだろう。
耐久性、コスパ共に抜群であるEX800STは
リファレンスとして保有する価値があると
断言出来る。
EX1000と共に間違い無くSONY、そして
Dタイプの名機だ!

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Kumasan@G+Vさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイプレーヤー
0件
4件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性2
音漏れ防止4
携帯性5
   

本体写真(汚いですが...)

   

【筆者の環境】
外出時は同社製PCM-D100直挿し、据え置きではヘッドホン/イヤホン専用機としてOBJECTIVE2+ODAC REV Bを使用しています。普段メインで使用しているイヤホンはER-4Sです。要するにこの環境に慣れた耳でレビューをしています。

【デザイン】
これはもう好みではないでしょうか。
私はこの赤と青のデザインが大好きです。
ですが万人受けするかはわかりません笑

【高音の音質】
とにかく抜けがよく、解像度が高いです。
ジャンルは特に問いませんが、解像度が高いため、少し楽器がゴチャっとした印象を持つ方もいらっしゃるかもしれません。
基本的に味付けが少なく、ある意味究極の無難ともいえると思います。

【ボーカル域の音質】
よく業務用機は艶がないだとか言われますが、そんな事はありません。確かに「作り出された艶」はありませんが、「元々歌手が持っている艶」はあると思います。
Liaの鳥の詩等聴きましたが、実に滑らかで好感が持てました。ですがやはりここは好みの問題ですね。
ボーカルに極限の艶を求めていられる方はオルトフォン等にいかれた方が幸せになれます。


【低音の音質】
私が一番評価したいのは低音域です。
高音域の解像度が高いので埋もれていると思いきや、かなり深い部分まで質の良い低音域が出ています。
これで「量が少ない」と言っておられる方もいますが、ER4XRよりも出ていますし、原音再現の観点からすれば必要十分なのでは?と思いました。

【フィット感】
これはどうなんでしょうか笑
私はメイン使いのER-4Sのおかげで耳穴調教されてしまっていますし、かなりフィット感は上々だと感じています。
装着方法はかなり特殊ですけどね笑

【外音遮断性】
ER-4Sと比べると酷ですが、外の音丸聞こえです笑
1度電車にて使用してみました。すると、解像度が高いからか以外にも音楽には集中できました。

【音漏れ防止】
これはかなりイイと思います。
私はかなり音量を上げますが、周りに注意されたことはありませんし、友人を使って実験しましたが、音はほとんど漏れませんでした。

【携帯性】
とくに携帯しやすいわけでもありませんが、しにくい訳でもありません。では何故☆5をつけたかというと、ズバリ外出時に気を使わなくて済むからです。ER-4Sとは違いこの機種はリケーブルが出来るので、万が一ケーブルが引っかかるような事があっても問題が生じません。

【総評】
良いものを、安い値段で、長く使える。
そんな三拍子が揃った商品だと感じました。
末永く愛用していきたいと思います。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

gykhjkさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:77人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
2件
10件
サウンドカード・ユニット
0件
9件
イヤホン・ヘッドホン
6件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

タイトルの通りです。原音と再生音の物理的な違いの程度を音質とするなら、本機はオーディオトランスデューサとしての完成度が極めて高く、EX1000と比べても分解能が2割劣る以外は本機が優れます。但し上流(DAC/HPA等)が無色透明でないと上流の色が出て折角のモニターサウンドが台無しになるので、上流はオーディオ系はNGで録音機や制作系ならOKです。

以下、本題です。

本機に限らずヘッドホン/イヤホン(以下、まとめてヘッドホンと表記)をアンプにつないだときの音の「厚み」「丸み」の正体がだんだん見えてきました。(帰還回路の位相補償による過渡応答の劣化。「アンプ 位相補償 過渡応答」で検索)
箇条書きでざっとまとめました。

※主にヘッドホンアンプの話となります。スピーカーアンプは負荷インピーダンス(以下、負荷と表記)の範囲が狭いため事情が少し異なります。
※電子回路は素人なので一部不正確な点があるとは思います。

1.実は負帰還だけでは過渡応答はそれほど劣化しない(*1-1の最初の例。位相余裕が少ないためオーバーシュートがあるが、可聴域内の位相遅れが小さいので立ち上がりは早い)。
 →ただしヘッドホンは負荷が8〜300Ωと広範囲。負荷が変わればポールが移動して過渡応答が変わり(*3-1)、容量性負荷の影響で最悪の場合不安定化(発振)する(*1-A)。
 →どんな負荷でも発振しないよう、帰還回路に位相補償が必要。
 →その代償で過渡応答が劣化する(*1-1〜1-3)。
 →分解能が低下し、音色も変わる(耳ではっきり分かる)。

 ※(*1-1)の可聴域内の位相の遅れに注目。これが矩形波応答の劣化に直結する。
 ※(*1-2,1-3)の実機の例は振幅があるのでF特は100kHzまで伸びているが、高域の位相遅れ(カタログには書いてないはず)が顕著なので矩形波を再現できない。

2.(*1-1)が示す通り、劣化の程度は帰還回路の配線パターンとコンデンサ容量等(=位相補償の方式と強さ)で殆ど決まる。部品のグレードやOPアンプの型番や値段は殆ど無関係(設計の自由度が変わるだけ)。
 →アンプの価格差がブラインドテストで分からず、低価格品と高価格品に二極化して高価格品同士の音の差が好みの問題と言われる理由。
 →アンプを自作する人がいる理由(自分のヘッドホンに回路を最適化)。

 (メモ)過渡応答のなまり具合(Q値)は複数ポールの位置関係(スタガ比)等で決まる。PRO CABLEの言う「音の焦点が合う」はQ値が最適値0.707に近い状態と思われる。スピーカならケーブル長(=抵抗と寄生容量)でQ値を少しなら動かせるので。

3.大手メーカー製は発振を絶対避けるため位相補償をかなり強めにするはず(多種多様なヘッドホンだけでなく、ユーザーによる勝手なOPアンプ交換まで想定するなら尚更)。
 →過剰な安定性の代償で過渡応答がかなり劣化する(*1-2)(*1-3)。
 →音が丸く滑らかになる理由。音に厚みが出る理由。(音を時間軸上で重ねる(*2-1)、音を歪ませる(*2-2)等で厚みが出るらしい。アンプの過渡応答が劣化しても同じ結果になる。「音 厚み」で検索)

 (メモ)Fiio E12AがマルチBA機ロクサーヌで発振するとの価格.comクチコミがある。大手メーカーなら絶対避けたい事態。

4.安定性優先でどうしても音が丸くなるなら、いっそメーカー独自の音色に加工して他社と「差別化」しようと考えても不思議はない。
 →民生機の味付の正体は過渡応答の意図的な劣化か。(*1-3)
 →広告で「音楽性」「ニュアンス」「空気感」等の苦しい表現を使う理由。(音に特徴があるのは欠点なのに、それが言えない。「艶」「暖かみ」等も同じ)

 ※EX1000/HD800等のリスニング系ヘッドホンで高域の位相が進んでいる一因は、オーディオ系アンプの高域の位相遅れを打ち消すためか。

5.その他
 1) Fireface UFXのLINE出力のOPアンプは1個20円のJRC4580(*2-3)だが高音質と評判。
 2) Behringer UCA202は低出力で出力端の抵抗もあるのでゲイン余裕と位相余裕が稼げ、位相補償を控え目にできて性能が良いのか。(4000円とは思えない高分解能)

【まとめ】
1) 帰還後のポールの位置と位相特性(できればボード線図も)、2) 位相補償の方式と強さ、3) 最適な性能が得られる負荷の大きさ、が音に大きく影響するがカタログにはまず書いていない。部品のグレードや実装精度が上がっても回路の巨視的な特性は変わらないので、値段の効果は限定的。大手メーカー製の高出力品は安定性優先の代償で過渡応答は不利と思われる。「ハイレゾ」アンプは広帯域化のための強い負帰還の代償で位相補償を強めざるを得ず、尚更不利。電力増幅段もOPアンプやバッファアンプをゲイン1で使うなら負帰還が強いため同様(かといって負帰還無しのエミッタフォロワだと線形性が劣る)。多段増幅の設計の難しさは例えば(*3-1,3-2)を参照。

(*1-A) http://leijine.com/strage/output_setting.pdf
(*1-1) http://ayumi.cava.jp/audio/ac/node11.html
(*1-2) http://audiodesign.co.jp/blog/?p=27
(*1-3) http://audiodesign.co.jp/blog/?p=119&

(*2-1) http://nanamusic.hatenablog.com/entry/2013/09/21/135917
(*2-2) http://eat-the.com/bass/soundmake/
(*2-3) http://puredigital.jp/blog-category-24.html

(*3-1) http://www7b.biglobe.ne.jp/~konton/Headphon%20simulation.html
(*3-2) http://www.gem.hi-ho.ne.jp/katsu-san/audio/nfb_margin.html

(参考文献)
・定本 OPアンプ回路の設計(CQ出版)

P.S.
NwAvGuy Objective2/ODACは過渡応答が負荷によらずほぼ理想的(*4-1)。HD650やER-4S等ではBenchmark DAC1とブライドテストで違いが分からないらしい(*4-1)。EX800STでは音の厚みはあるもののほぼ完璧なモニターサウンド(私の感想)。

(*4-1) 中段付近(CAPACITIVE LOAD STABILITY)、先頭付近(LISTENING TEST)
http://nwavguy.blogspot.jp/2011/07/o2-headphone-amp.html

※前回分は字数制限で過去レビューに移動。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった15人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

むらさきパパさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:55人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
5件
0件
薄型テレビ・液晶テレビ
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感3
外音遮断性2
音漏れ防止3
携帯性2

MDR-EX800STは購入して3年が経ちましたが、最近XBA-300とXBA-N3を購入しましたので改めて比較レビューをします。DAPはNW-ZX100です。

【デザイン】
黒のボディに赤、青のラインがシンプルな中にも機能美があり、SONYらしくて好きです。

【高音の音質】
さすがにソニーのモニターらしく一つ一つの音が正確に出ています。
XBA-300やXBA-N3のBAの高音ほどの艶やかさはありませんが聞き疲れのしない音です。

【低音の音質】
ぼわつかず締まり、量感もほどほどでボーカルを邪魔することが無い良質な低音です。低音の質はXBA-300、XBA-N3よりも良いかもしれません。

【フィット感】
耳掛け形式ですがXBA-300、XBA-N3と比較するとイヤピースの入りが浅く不安定な感じが常にあります。イヤーピースは純正の他、色々なメーカーのものを試してみましたが不安定さは変わりません。この状態でも音はしっかり聞こえるのでこのような仕様なのかもしれません。

【外音遮断性】
これはだめですね。地下鉄などの電車に乗ることが多いのですが、騒音がそのまま入って来ます。結局外で使うのはあきらめました。

【音漏れ防止】
オープンエアではないので音漏れはほどほどです。周りの人に迷惑を掛けるほどではないと思います。

【携帯性】
専用ケースが優秀ですっきり収まります。形状が形状だけにケースなしでの持ち歩きはNGです。

【総評】
音のバランスが良く、どんな音楽もそつなく鳴らすため自分自身のリファレンス機になっています。但しモニター機だけに最近のXBA-300、XBA-N3に比べると音に特徴が無く面白みに欠けるのも事実です。女性ボーカルなどの艶やかな声を楽しみたいのであればXBA-300、XBA-N3をお勧めします。ちなみにMDR-EX1000用のケーブルに変えると高音の伸びは出ますが音の定位やバランスが崩れてしまいモニター本来の良さが無くなってしまいます。MDR-EX800STは本体、イヤーピース、純正ケーブルでの使用を前提に作られていることを実感しました。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

lulunickさん

  • レビュー投稿数:36件
  • 累計支持数:195人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
218件
レンズ
8件
198件
タブレットPC
4件
43件
もっと見る
満足度5
デザイン3
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性3

【デザイン】 でかいですが、スピーカーが16oですからしかたないです。 3点

【高音の音質】 文句なし。ドンシャリではない繊細な音。弦楽器の音がはっきり。楽器の種類が手にとるよう。

【低音の音質】  ふくよかで自然です。たらないときは少しだけイコライジング。それでOKです 5点

【フィット感】  普通。 3点

【外音遮断性】 他のソニー製より強い感じ。町では危ないほど。  4点

【音漏れ防止】 普通                             3点

【携帯性】   悪いですが覚悟の上。               3点

【総評】    再評価です。何でも聞きますが、どんな昔楽でもOKです。欠点はケーブエが細く絡むこと。でも音がいいの
ですべてOKです。5点

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった2人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

MDR-EX800ST
SONY

MDR-EX800ST

最安価格(税込):¥19,224登録日:2010年10月19日 価格.comの安さの理由は?

MDR-EX800STをお気に入り製品に追加する <320

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホン・イヤホン]

ヘッドホン・イヤホンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意