O11 Dynamic EVO レビュー・評価

O11 Dynamic EVO 製品画像

拡大

O11 Dynamic EVO [White] O11 Dynamic EVO [Black] O11 Dynamic EVO [Harbor Grey]

プロダクトアワード2022

最安価格(税込):

¥23,980 Black[Black]

(前週比:+2,027円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥23,980 Black[Black]

PCワンズ

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥23,980¥27,867 (5店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥23,980 〜 ¥24,980 (全国8店舗)最寄りのショップ一覧

対応マザーボード:ATX/MicroATX/Extended ATX(幅280mm以下)/Mini-ITX 3.5インチベイ:0個 3.5インチシャドウベイ:6個 5.25インチベイ:0個 O11 Dynamic EVOのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • O11 Dynamic EVOの価格比較
  • O11 Dynamic EVOの店頭購入
  • O11 Dynamic EVOのスペック・仕様
  • O11 Dynamic EVOのレビュー
  • O11 Dynamic EVOのクチコミ
  • O11 Dynamic EVOの画像・動画
  • O11 Dynamic EVOのピックアップリスト
  • O11 Dynamic EVOのオークション

O11 Dynamic EVOLIAN LI

最安価格(税込):¥23,980 [Black] (前週比:+2,027円↑) 発売日:2022年 2月17日

  • O11 Dynamic EVOの価格比較
  • O11 Dynamic EVOの店頭購入
  • O11 Dynamic EVOのスペック・仕様
  • O11 Dynamic EVOのレビュー
  • O11 Dynamic EVOのクチコミ
  • O11 Dynamic EVOの画像・動画
  • O11 Dynamic EVOのピックアップリスト
  • O11 Dynamic EVOのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > PCケース > LIAN LI > O11 Dynamic EVO

O11 Dynamic EVO のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.32
レビュー投稿数:4人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 5.00 4.53 4位
拡張性 スロットやベイ、ポートの数など 4.68 4.04 5位
メンテナンス性 メンテナンスはしやすいか 4.35 3.97 23位
作りのよさ ケース自体の品質はよいか 4.35 3.90 18位
静音性 静音設計がとられているか 2.80 3.67 42位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

O11 Dynamic EVOのレビューを書く

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

alphant9さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:119人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
2件
1件
マザーボード
1件
0件
PCケース
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
拡張性5
メンテナンス性5
作りのよさ5
静音性2
 

 

【デザイン】
ガラス面が広く、中を魅せるデザインになっている。

【拡張性】
オプションパーツが豊富で拡張性は抜群。
・標準で倒立が可能
・フロントメッシュ化が可能(これにより最大13基のファンが搭載可能)
・グラボの縦置きが可能
・グラボの横置きが可能
・デュアル電源が可能

倒立に関しては結構工夫されていて、サイドパネルの向きが正立時と変わらないようになっている。たとえば私みたいにガラスへ彫刻しても、正立時と倒立時で同じ向きを保つことができる。またフロントメッシュキットは、O11シリーズの難点だったエアフロ―を一気に解決。フロントから吸気が可能になったことで、ボトム・トップ・サイドにラジエーターを設置しても、最適なエアフロ―を確保することができる。

【メンテナンス性】
こちらも抜群。トップとボトムはファン/ラジエーター用のフレームが取り外し可能になっており、清掃時や換装時にとても便利。裏配線スペースが広く、HDDベイはサイドパネルを外さなくても取り外しが可能。

【作りのよさ】
価格相応といったところ。FractalのDefine7と大差ない印象。

【静音性】
スケスケなので各パーツごとの静音性に強く依存。

【総評】
私のやりたいことを全て実現させてくれたケース。冷却性能を保ちつつ、フィギュアをたくさん飾れるのは最高。これからもずっと使い続けていきたい。

【構成】
RYZEN 5 5600X
DDR4-3800 16GB×2
ZOTAC RTX 3080 10GB
SN770 1TB, SN570 1TB, SA510 500GB
BarraCuda ST2000M08
B550 AORUS ELITE
DQ850-M-V2L 850W GOLD

ラジエーター
360mm 30mm厚 ×2(トップ,ボトム)
360mm 40mm厚 ×1(サイド)

水冷ブロック
Bykski Granzon GAM0.1
Bykski N-GV3090GMOC-X

参考
室温27℃にてAPEX長時間プレイ時のGPU温度:最大44℃
OCにてFFベンチ実行後の最大温度:43℃
ファン回転数は13基全て900rpm前後になるよう調整済

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

sirohama3さん

  • レビュー投稿数:44件
  • 累計支持数:49人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

メモリー
6件
0件
CPU
5件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
5件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
拡張性5
メンテナンス性5
作りのよさ5
静音性無評価

【デザイン】
2面ガラス採用で、PCの中を見せるケースです。
モニターを中心に通常右側へPCを置くのと、ケースの天地を反転させて左側へ置く事が出来ます。
今までに無かったアイデアではないでしょうか。
また前面ポート(Type-C、Audio、USB3.0)の位置も、前(通常)、横、横後側、上部(オプション)へ変更出来るので便利です。

【拡張性】
5inchベイは有りません。最近は内蔵ドライブではなく外付けで十分なのではと思います。
3.5inchと2.5inchは有ります。(個数についてはHP等で参照願います)
上部、下部、サイドに360mmのFANおよびラジエターが搭載でき冷却も良さそうです。

【メンテナンス性】
上部、両サイド、前面パネルも外し易く、メンテナンスしやすいです。
(前面とサイドガラスパネルは小さいネジが有ります)

【作りのよさ】
ダブルチャンバーになってるので、裏配線スペースも十分有ります。
また電源は背面側に縦置き?になります。
上部や下部やサイドのFAN取付個所は取外しが可能なので組み立てもしやすいです。

【静音性】
余り気にするタイプではないので、ここは無評価とさせていただきます。
CPUクーラーやケースFANに左右されると思います。

【総評】
一度使ってみたかったケースだったので、実際手にして色々な所に工夫がされてるケースだなと思います。
組み易さ、メンテナンス等十分満足出来るケースの一つではないでしょうか。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tom1222さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
0件
2件
PCケース
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
拡張性4
メンテナンス性4
作りのよさ4
静音性3

Intel i7-10700k
MAG Z590 TOMAHAWK WIFI
Kingston 16GBx2
Geforce RTX 3080
M.2 SSD 1TB
HDD 2TBx1 8TBx1
ファンMasterFan MF120 Halo White Edition MFL-B2DW-18NPA-R1
底面x3(給気) 天面x3(排気) 背面x1(排気) 側面x2(給気)
CPUファン AS500 PLUS WH R-AS500-WHNLMP-G

PC本体の配置上、右側面で中が見えるケース(リバースモード)を探していたので購入しました。
リバースモードは天板と底板を入れ替えて反転させるだけなのでそれ程複雑ではありません。
気になる点があるとすれば反転させるのでマザーボードやグラボの文字表記が逆さまになります。
その為、マザーボードは文字が少ないものや、グラボの垂直置きオプションのUPRIGHT GPU KITを購入し対応しました。
ライザーケーブルは600mmにし背面からケーブルを通しました。
また、UPRIGHT GPU KITは通常ですと上部からネジ止めするのでリバースモードで利用する場合はあらかじめKITを取り付ける必要があります。
CPUファンは簡易水冷を考えていましたが値段が合わず空冷にしました。
白色になるべく統一してみたかった&LED照明で遊びたかった為、ホワイト延長コードやらLEDコムの配線やらで余計な事をしたので裏の配線スペースがパンパンになってしまいました。
またLED対応のマザーボードでしたらLEDファンとケース前面にあるLEDバーを繋げれば連動して光ります。
総評としては今後のHDDの拡張性等もありリバースモードもできたりと大変満足してます。
何より自作の楽しさを久々に体験できました。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

MMNNOONNMMさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PCケース
1件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
拡張性5
メンテナンス性4
作りのよさ4
静音性3
 

 

12900K
ROG STRIX Z690 GAMING-F
DDR5 CL36 5600 16x2GB
MSI 3080Ti Suprim
SSD サムスン500GBx1個 2TBx2個 WD 4TBx1個
HDD 6TBx1個
MSI CORELIQUID K360 (ファンはSilent Gale P12に替えた)
ROG-THOR-1000P2-GAMING

上記を、EVO BLACK、UPRIGHT GPU KIT、FRONT MESH KIT、TOP I/O KITのオプションパーツで組み上げた。ピカピカ光るの好きくないので真っ黒です。

フロント MSI Silent Gale P12 x3個吸気
サイドにグラボたてて、裏にArctic BioniX P140 x2個排気
ボトム Silent Gale P12 x3個吸気
トップ 360ラジエーター排気
リア Silent Gale P12 x1個排気

【デザイン 拡張性 メンテンナンス性 作りのよさ】
いわゆる普通のケースとは構造が違うので組み上げるのに9時間ぐらいかかった。
電源がM/Bの裏側に設置するため、その幅の裏配線スペースもあり、配線は楽だと思う。
ラクラクというほどではないが、普通のケースのようにもう無理やり突っ込んでというのはない。
ファンはブラケットに2個なり3個なり、固定してからケースに装着する仕様のため、取り外しが非常に楽。
ラジエーター装着とか、従来のケースみたくずれないように全部抑えながらネジ止めとかめんどくさいことしなくていいのはとてもグッド。

TOP I/O KITは付けたはいいが、差込口がど真ん中にあるためなんか微妙に遠い感じがする。ケースを机の下においてコードの長さ的に厳しいなどの理由でもなければ不要だと思う。

UPRIGHT GPU KITで、グラボをサイドにたて、M/Bの正面を吹き抜けにしてエアフローの改善を図った。
グラボはフロントからの風を吸い込ませ、同時に排熱を裏のファンによって極力M/B側にいかないようにした。裏にファンをつけるために、サイドグラボ用のパネルじゃなく、デフォルトのファン用のパネルのままで、固定具もネジで無理やりとめてつけた。


組み上げ時の欠点として、
グラボをサイドに立てると、干渉してボトムには140角ファンは一つしか付けられなかった。これすらも、M/Bにつけたコネクタにぎりぎり干渉しないか接触してるほどの隙間しかないため、実際のところボトムは120角しか付けれないと思う。MiniATXなどなら問題はないのだろうか。
同様に、フロントも、サイドグラボだと140角は無理。
せっかくかったBioniX P140が2つ無駄になった。
山程ファンつけたため、4ピン分岐ケーブルが別途必要になるほど配線が面倒だった。

そして一番の問題が、購入時はまったく考慮外だったモニターケーブル、
サイドグラボになってると、どこにケーブル挿すかっていうと当然グラボに挿すわけで。
サイドにたてたグラボにケーブルが挿さって、そこからケース内を通して外に出してからモニターに接続することになる。
そのためPCのメンテをするときは、まず最初にモニターからケーブルをはずす、とかいう手間が増えた。
さらに、そのケーブルをグラボからはずすために、ケースのカバーははずし、トップラジエーター、フロントファン、ボトムファンをはずし、グラボを固定しているブラケットをUPRIGHT KITから外して、やっとこ外すことができるという、尋常じゃない手間がかかるようになった。
前述のファンの取り外しが容易なため、そこまでの苦労ではないが、通常ケースの裏に回って引っこ抜くだけに比べて、深刻な面倒くささが存在する。


とまれ、四苦八苦して組み上げた結果
CPU周り、SSD、メモリが、通常ケース時に比べアイドル時で、-3度ほどの効果。
3DmarkやシネベンR23を10分回す程度では一切SSD、メモリへの熱の影響無し。
APEXなどのゲームを数時間やるとさすがに5度程度は上がるが、通常ケース時と比較すると、-10~15度ほどの効果があったのは嬉しい結果だった。

グラボ自体も3Dmark後でGPU、Hotspotは然程変化はないが、メモリーが-10度の効果があった。
ライザーケーブルによるスコアの低下はない。
昔はあったらしいが、今のPCIE4ケーブルなら問題ないと思う。

静音仕様ではないが、多数のファンを搭載できるため、結果的に全体の回転数が下がり非常に静かな状態を保てている。

【総評】
本体22000 オプションパーツで+18000の計40000円ほどと、けして安くはないケースだが、
HDDから脱却してSSDへ移行し、気になっていた熱の問題が解消されたのは大きい。
冬はともかく夏が心配だったがもう大丈夫だろう。
サイドグラボなどほかではできない配置を楽しめるし、組み替えてリバースにしたり、
ストレージBOXをはずして電源二個目搭載して、きたる40XXシリーズに備えるのもあり(違う部屋からコンセントとらんと意味ないだろうけど)。

欲を言えば、もうちょっと大きくして140ファンをしっかり積めるようにして欲しかったが、
本格水冷はメンテめんどすぎてやる気しない人には最終解なケースじゃなかろうか

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

O11 Dynamic EVOのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

O11 Dynamic EVO
LIAN LI

O11 Dynamic EVO

最安価格(税込):¥23,980発売日:2022年 2月17日 価格.comの安さの理由は?

O11 Dynamic EVOをお気に入り製品に追加する <179

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(PCケース)

ご注意

O11 Dynamic EVOの評価対象製品を選択してください。(全3件)

O11 Dynamic EVO [Black] Black

O11 Dynamic EVO [Black]

O11 Dynamic EVO [Black]のレビューを書く
O11 Dynamic EVO [Harbor Grey] Harbor Grey

O11 Dynamic EVO [Harbor Grey]

O11 Dynamic EVO [Harbor Grey]のレビューを書く
O11 Dynamic EVO [White] White

O11 Dynamic EVO [White]

O11 Dynamic EVO [White]のレビューを書く

閉じる