真空圧力IH RC-10VXR レビュー・評価

2021年 6月上旬 発売

真空圧力IH RC-10VXR

  • 大火力で粒が立つ「炎 匠炊き」採用の真空圧力IH炊飯器(5.5合)。1420Wの大火力が粒を立たせ、多段階火力調節がおいしさを引き出す。
  • 銘柄に合わせておいしく炊き上げる「銘柄炊き」(7銘柄)や、最短25分で炊き上がり可能な「ねらい炊き」コースを搭載。
  • 「真空圧力」により、0.5〜1.2気圧で最適な圧力を調整し、粘りや甘さが増したご飯が炊ける。独自の「鍛造かまど備長炭釜」を採用。
真空圧力IH RC-10VXR 製品画像

拡大

真空圧力IH RC-10VXR(K) [グランブラック] 真空圧力IH RC-10VXR(W) [ホワイト]
最安価格(税込):

¥51,800 ホワイト[ホワイト]

(前週比:+715円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥52,900 グランブラック[グランブラック]

ポパイネット

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥51,800¥69,630 (5店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国38店舗)最寄りのショップ一覧

炊飯量

タイプ : 圧力IH炊飯器 内釜:鍛造かまど備長炭釜 保温時間:40時間 年間電気代:2354.4円 真空圧力IH RC-10VXRのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

真空圧力IH RC-10VXR の後に発売された製品真空圧力IH RC-10VXRと真空圧力IH RC-10VXTを比較する

真空圧力IH RC-10VXT
真空圧力IH RC-10VXT真空圧力IH RC-10VXT

真空圧力IH RC-10VXT

最安価格(税込): ¥37,390 発売日:2022年 6月

タイプ:圧力IH炊飯器 炊飯量:5.5合 内釜:鍛造かまど備長炭釜 保温時間:40時間 年間電気代:2354.4円
  • 真空圧力IH RC-10VXRの価格比較
  • 真空圧力IH RC-10VXRの店頭購入
  • 真空圧力IH RC-10VXRのスペック・仕様
  • 真空圧力IH RC-10VXRのレビュー
  • 真空圧力IH RC-10VXRのクチコミ
  • 真空圧力IH RC-10VXRの画像・動画
  • 真空圧力IH RC-10VXRのピックアップリスト
  • 真空圧力IH RC-10VXRのオークション

真空圧力IH RC-10VXR東芝

最安価格(税込):¥51,800 [ホワイト] (前週比:+715円↑) 発売日:2021年 6月上旬

  • 真空圧力IH RC-10VXRの価格比較
  • 真空圧力IH RC-10VXRの店頭購入
  • 真空圧力IH RC-10VXRのスペック・仕様
  • 真空圧力IH RC-10VXRのレビュー
  • 真空圧力IH RC-10VXRのクチコミ
  • 真空圧力IH RC-10VXRの画像・動画
  • 真空圧力IH RC-10VXRのピックアップリスト
  • 真空圧力IH RC-10VXRのオークション

真空圧力IH RC-10VXR のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.67
(カテゴリ平均:4.24
レビュー投稿数:7人 (プロ:2人)
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.80 4.31 6位
使いやすさ ボタンの配置や、取っ手などの使いやすさ 4.16 4.24 29位
炊き上がり ふっくらしたお米が炊けるか 5.00 4.30 2位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 4.51 4.11 9位
手入れのしやすさ 掃除のしやすさ 3.99 4.11 34位
機能・メニュー 機能やメニューの豊富さ 4.51 4.21 10位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

真空圧力IH RC-10VXRのレビューを書く

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
プロフェッショナルレビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

バートパパさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

液晶テレビ・有機ELテレビ
2件
13件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
6件
デジタルカメラ
0件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
使いやすさ4
炊き上がり5
サイズ4
手入れのしやすさ3
機能・メニュー4

【デザイン】ワートリのレプリカみたいで愛着が持てます。(例えがわからない方、すみません)

【使いやすさ】炊き方を選ぶ、予約するなどの操作はパネルを見れば簡単にできます。

【炊き上がり】これまでの他社炊飯器(3万円クラス)よりずっと美味しく炊けます。少し奮発した甲斐がありました。

【サイズ】奥行きは短めですが、蓋が分厚いので、開けたとき後ろにスペースが必要です。

【手入れのしやすさ】ボタンがタッチ式ですが、感度が良すぎて、布巾で拭くだけで反応します。また、内蓋を外すともう1つ手入れの必要な部品があり、手入れに一手間余分にかかります。


【機能・メニュー】お米の銘柄毎の炊きメニューが7種類あります。真空保温のせいか、炊きあがりから時間が経っても美味しくいただけます。

【総評】手入れに一手間かかりますが、何しろ美味しく炊けるので気に入っています。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Poomsakさん

  • レビュー投稿数:74件
  • 累計支持数:307人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

SoftBank(ソフトバンク) モバイルデータ通信
2件
66件
液晶テレビ・有機ELテレビ
3件
48件
ノートパソコン
5件
43件
もっと見る
満足度5
デザイン5
使いやすさ5
炊き上がり5
サイズ5
手入れのしやすさ4
機能・メニュー5

昨夜、約4年半使った東芝の炊飯器RC-10VXKの液晶表示が、うんともすんとも言わず、どのボタンを押しても動作しなくなりました(突然死?)。
予兆現象?かは不明ですが、2回連続炊いたご飯がこげました。

即、後継機種をネットで探し、昨年モデルRC-10VXRが、Amazonで残り一個を見つけ、オーダーしました。販売は、オノデンネットショップ(43,500円)です。

早速、1年半前の古米を、白米、本かまど もちもち で炊きました。結果は、炊きあがりのご飯は艶があり、ふっくら・もともちです。当然、食べた感想は、美味しいの一言です。

期待通りのご飯に炊きあがりました。炊飯器の進化は素晴らしいです。

奥さんの感想は、慣れるまでは蒸気口の清掃が大変そうとの事です。

炊飯量
2人分

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yoooh1さん

  • レビュー投稿数:115件
  • 累計支持数:238人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ウイスキー
16件
0件
自動車(本体)
0件
8件
液晶テレビ・有機ELテレビ
2件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン4
使いやすさ4
炊き上がり5
サイズ5
手入れのしやすさ4
機能・メニュー5

謳い文句のとおり、大火力で粒が立つ「炎 匠炊き」採用の真空圧力IH炊飯器、大火力が粒を立たせ、多段階火力調節がおいしさを引きしてくれます。
7種の銘柄炊きや、独自の「鍛造かまど備長炭釜」を採用したことで、前使用機種、同社の真空かまど炊き RC-10VREより、一層おいしさを感じることが出来ました。
とくに、昨年は限定販売だった「サキホコレ」もソコソコに炊いてくれましたが、秋田県内陸南部産100%の「あきたこまち」を食べると、炊飯器をこれに換えた効果を体感する事がで来ました。炊飯器の偉大さと本場「あきたこまち」の底力を目の当たりにし、言葉を失うほどの感動でした。
蛇足ですが、前の真空かまど炊き RC-10VREは、黒にんにく製造器として第二の人生を歩んでいます、コレはコレで良い仕事をしてくれていますv(^^)

炊飯量
5人分

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Kekeke123さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

炊飯器
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
使いやすさ4
炊き上がり5
サイズ4
手入れのしやすさ4
機能・メニュー4

【デザイン】シンプルでよい

【使いやすさ】タッチパネルのように
操作がスムーズ

【炊き上がり】銘柄炊きでおいしく炊ける

【サイズ】ちょうどよい

【手入れのしやすさ】蓋が洗いやすい

【機能・メニュー】炊けるのが早い

【総評】インテリアをじゃましないシンプルなデザインが気に入りました。

炊飯量
4人分

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

なまどらさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:109人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ホームシアター スピーカー
2件
0件
電気ポット・電気ケトル
2件
0件
掃除機
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
使いやすさ4
炊き上がり5
サイズ5
手入れのしやすさ5
機能・メニュー5

【デザイン】初めて白以外の色を買いました。黒はスタイリッシュでカッコいいです

【使いやすさ】特に不便はありません。タッチパネルの配置にまだ慣れてないので探してしまうけど慣れれば問題ないかと。

【炊き上がり】本かまどおすすめコース(38分)で炊いてますが早く出来て美味しいのでありがたいです。
以前はパナソニックのそこそこ良い機種の炊飯器を使用していましたが、美味しく炊けるコースは炊けるまでの時間が長く、美味しいご飯が食べたくて買ったのに毎回早炊きコースばかり使ってました。(ご飯をギリギリに炊く自分がダメなんだけど)
こちらは早く炊けてちゃんと美味しい!

【サイズ】普通です

【手入れのしやすさ】以前使ってたものが圧力ではなかったので洗うパーツは増えましたが特に難しいこともないです。

【機能・メニュー】まだ買ったばかりで色々なコースを使って炊いてはいないけどおすすめコースで満足してるので他はあんまり使わないかも?
この機種を選んだ決め手は真空保温でしたが、いい感じです。さすがに一日たったご飯が炊きたてみたい!とかはないけど、普通に美味しい。
長い時間保温した時のご飯の味が前使ってたものより美味しいです。パナソニックのもスチーム保温で充分と思ってたけどそれ以上でした。(ただ早炊きコースばかり使ってたので性能をきちんと発揮出来てなかった部分も大きいかもしれない…)

【総評】我が家は多めに炊いて保温が長くなる傾向があるので保温重視で購入しましたが良かったです。
早く炊けるのも嬉しいし満足しています。

炊飯量
4人分

参考になった17人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

多賀一晃さん

  • レビュー投稿数:374件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール家電評論家。スマート家電グランプリ審査員。

主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。
過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。
また米・食味鑑定士の…続きを読む

満足度5
デザイン5
使いやすさ5
炊き上がり5
サイズ5
手入れのしやすさ5
機能・メニュー5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

本体側面。分厚いフタが特徴であることが分かる。

フタを開けたところ。フタの内側は「ツルん」としている。東芝ならではの特徴。

内釜。銘は「鍛造かまど 備長炭釜」。

内釜内側。丸底と側面が60°の角度のスロープで接続されているのがポイント。

コンソール。表示は「炊き方 / 調理」ボタンを押した時。

コンソール。表示は「お米 / 銘柄」ボタンを押した時。

テレビを除く家電が、中国「美白グループ」の傘下になり、ちょっと時間が経ちました。
そんな中、ウルトラファインバブルにより、洗浄力をあげた洗濯機、プラズマ空清を導入、空気清浄機いらずを実現させたエアコンなど、独自技術を前面に出した商品展開で、頑張っています。
炊飯器もその一つ。炭かまどの内釜と、真空技術を組み合わせた独自技術です。

高級炊飯器は、第一に美味しくなければなりません。多くのモデルは、そこだけに全勢力を集中させます。しかし、東芝はそに「時短」をプラスします。おいしいものを早く作る。東芝は、その2つ、おいしさと速さにこだわります。

お米を炊くと言うのは、大きくは「研ぎ」と「炊き」に別れます。江戸時代、お米炊きのプロは、「研師」「炊師」に分かれ組んで炊いていたとのこと。給金は研師の方が高かったそうです。つまり、それ位「研ぎ」と言うのは大切な工程なのです。具体的には、炊く前のお米の水分調整。米糠をチャチャと落すことではなく、お米の中に、どれほどの水分を入れるのかが問われます。この水分が的確かどうかで、甘味がかなり違ってきます。

真空技術は、この時に使われます。減圧によりお米の中の空気を外に放出させることにより、お米の中まで上手に水を入れ込みます。通常は、研ぎでは「浸透」が使われるので、真空技術を使うと、かなり短期で十分な水分をお米に含ませることができます。

炊きの技術は「IH」で対応。しかし、火の何でも燃やし尽くすほどの高温を作り出すことはできません。このため、火=かまどに比べると少ない熱をどううまく使うのかが、ポイントになります。そのサポートパーツが「内釜」です。ここは全メーカー、主張しまくってます。RC-10VXRは、「鍛造かまど 備長炭釜」と言う4層構造の内釜を使われていますが、

「あきたこまち」でテストしてみましたが、標準での炊き上がりは、粒立ちが極めてよく、いわゆるお米が立った炊き上がり。お米特有の甘み、旨味が感じられる炊き上がりです。

そして保温ですが、これが実にいい感じで保温されます。保温の時の問題は、酸化により風味がなくなることと、中から水分が抜けることですが、軽く減圧することで、酸素との接触を制限します。減圧で水分は飛ぶのではと思いましたが、そちらの方は杞憂。この真空保存は、炊き上がり後、約1〜3時間でスタートし、保温後41時間まで適用されます。
私は、36時間後にチェック、美味しく食べられることを確認しました。

価格では5万円を切るモデルですが、最上位機種に劣らない美味しさです。ほとんどの人は満足されるのではないでしょうか?

2021年モデル:RC-10VXR(K) で追加された機能は、「銘柄炊き分けコース」が追加されたことです。と言うっても、全ての銘柄に対応しているわけではありません。コシヒカリ、ひとめぼれ、ヒノヒカリ、あきたこまち、ななつぼし、ゆめぴりか、つや姫。

あきたこまちでは、より甘味が感じられる感じでした。

お米は、炊飯という行為を、きちんとすると美味しく食べられます。個人的には、RC-10VXRほど美味しければ、多くの人が満足できるレベルではと思います。差額で、お米のグレードをあげるとか、お米は生鮮食料品ですから。

参考になった42

このレビューは参考になりましたか?参考になった

コヤマタカヒロさん

  • レビュー投稿数:137件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールフリーランスライターのコヤマタカヒロです。現在、PC、AV機器、白物家電をフィールドに雑誌やWeb媒体で記事を書いています。現在、モノ・マガジンに置いて「コヤマタカヒロのマニア道」「気になるシロモノ家電使ってみました」を交互連載中。このほ…続きを読む

満足度4
デザイン5
使いやすさ5
炊き上がり4
サイズ5
手入れのしやすさ5
機能・メニュー4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

本かまど・おすすめコースの炊飯時間は38分と早い

内釜の60°の丸底でお米の対流を促進する仕組み

内釜まわりはメンテナンスしやすいステンレスを採用

   

わずか38分でしっかり吸水したシャッキリご飯が炊き上がった

   

1420Wの大火力と浸水時に内釜の中を真空にして圧力差を生み出してお米の芯まで吸水させる「真空αテクノロジー」を採用する炊飯器。この真空機能を保温時にも使うことで、保温によるお米の劣化を防ぐことができる。

同社のラインナップの中では上から2番目となるモデルで、最上位モデルとの大きな違いは内釜の形状など。6万円前後から購入できるなどコストパフォーマンスに優れたモデル。実機をお借りすることができたので早速、炊飯してみた。

【デザイン】
カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色を用意フラット天板と、本体と蓋の隙間にステンレスを配置した最近流行りのスタンダードなデザインを採用。あまり個性は強くなくキッチンに自然に溶け込むデザインだ。

【使いやすさ】
各種操作ボタンおよびディスプレイは天板に配置。ディスプレイはタッチパネルではなく左上の上下ボタンでメニューを移動する仕組み。最初はボタンが多くどこで操作するのか分かりにくかったが慣れると、ボタンが多いため、素早く操作ができるようになった。

最大の特徴の一つが、炊飯時間が非常に速いこと。標準の炊飯モード(本かまど・おすすめ)では38分で炊くことができるため、おいしさと速さを両立したいニーズに答えられる。

【炊き上がり】
標準の炊飯モード(本かまど・おすすめ)であきたこまちを炊いてみたところ、しゃっきり食感でさっぱりした炊きあがりになった。粒感と噛みごたえ、弾力のバランスが良く、おかずを選ばずに食べられそうだ。

ただし、甘さやお米の香りが強く出る炊飯器のご飯に慣れていると、物足りなく感じるかもしれない。その場合はねらい炊きモードや甘み炊きモードを利用したい。

【サイズ】
本体サイズは幅269×奥行き330×高さ226mmで、5.5合炊きの炊飯器としては一般的。質量は約5.8kgでやや重いといったところ。

【手入れのしやすさ】
天板は凹凸のないフラットタイプなので、フキンなどで拭くだけでいい。ややわかりにくかったのは、内ふたを外したあと、さらに蒸気口を引き抜く必要があること。デザイン的にも忘れがちなので注意が必要に感じた。

【機能・メニュー】
東芝製の炊飯器では初めてとなる、銘柄炊き分け機能を搭載。対応しているのは作付け面積の多い、「コシヒカリ」「ひとめぼれ」「ヒノヒカリ」「あきたこまち」「ななつぼし」「ゆめぴりか」「つや姫」の7品種。最近の炊飯器では銘柄の数としては少ない方にはなるがメジャーどころはしっかり押さえているという印象だ。

この他、食感設定できる「ねらい炊き」機能や少量でも美味しくなる少量コース、お弁当コースとして東芝ならではの玄米混合コースを用意。玄米と白米の比率は3種類から選べるので、最初は玄米を少なめにして、慣れてきたらだんだんと増やしていくと言った炊き方ができる。

【総評】
ふっくらしゃっきりとしたご飯が炊けるモデル。他社の10万円越えの炊飯器と比べるとインパクトに欠ける部分があるのは否めないが、炊き上がったご飯のバランスは非常に良い。甘みの強いご飯を食べたい場合に向けて、「甘み炊き」コースも用意している。

さらに評価したいのは38分で炊ける炊飯の速さと、保温性能の高さだ。最長保温時間は白米40時間。さらに真空機能を利用することで最大12時間美味しく保温できる。

派手さはないが、確実に美味しくご飯が炊けて、さらに多数の便利な機能を搭載している。そんな炊飯器だ

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

真空圧力IH RC-10VXRのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

真空圧力IH RC-10VXR
東芝

真空圧力IH RC-10VXR

最安価格(税込):¥51,800発売日:2021年 6月上旬 価格.comの安さの理由は?

真空圧力IH RC-10VXRをお気に入り製品に追加する <226

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(炊飯器)

ご注意

真空圧力IH RC-10VXRの評価対象製品を選択してください。(全2件)

真空圧力IH RC-10VXR(W) [ホワイト] ホワイト

真空圧力IH RC-10VXR(W) [ホワイト]

真空圧力IH RC-10VXR(W) [ホワイト]のレビューを書く
真空圧力IH RC-10VXR(K) [グランブラック] グランブラック

真空圧力IH RC-10VXR(K) [グランブラック]

真空圧力IH RC-10VXR(K) [グランブラック]のレビューを書く

閉じる