Soundcore Liberty Air 2 Pro レビュー・評価

2021年 1月20日 発売

Soundcore Liberty Air 2 Pro

  • 独自の「ウルトラノイズキャンセリング」を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。外側と内側に配置した2つのマイクで周囲の音を検知し雑音を除去する。
  • 「HearID 2.0」を採用。従来の「Hearing Profile」の自動作成に加えて、ロックやポップなどの音楽ジャンルを掛け合わせて設定することが可能。
  • 「外音取り込み機能」により、音楽を聞いていても、イヤホンを付けたまま会話や公共施設のアナウンスなどの外音を取り込んで聴くことができる。
Soundcore Liberty Air 2 Pro 製品画像

画像提供:Joshin

最安価格(税込):

¥12,980 ブラック[ブラック]

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥12,980 ブラック[ブラック]

ヨドバシ.com

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥12,980¥14,280 (7店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥12,980 〜 ¥12,980 (全国39店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:完全ワイヤレス(左右分離型) 再生周波数帯域:20Hz〜20kHz Soundcore Liberty Air 2 Proのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

※正規取扱店以外で購入された場合、メーカー保証が受けられない可能性がございます。保証に関しては購入ショップへお問い合わせください。

ご利用の前にお読みください

  • Soundcore Liberty Air 2 Proの価格比較
  • Soundcore Liberty Air 2 Proの店頭購入
  • Soundcore Liberty Air 2 Proのスペック・仕様
  • Soundcore Liberty Air 2 Proのレビュー
  • Soundcore Liberty Air 2 Proのクチコミ
  • Soundcore Liberty Air 2 Proの画像・動画
  • Soundcore Liberty Air 2 Proのピックアップリスト
  • Soundcore Liberty Air 2 Proのオークション

Soundcore Liberty Air 2 ProANKER

最安価格(税込):¥12,980 [ブラック] (前週比:±0 ) 発売日:2021年 1月20日

  • Soundcore Liberty Air 2 Proの価格比較
  • Soundcore Liberty Air 2 Proの店頭購入
  • Soundcore Liberty Air 2 Proのスペック・仕様
  • Soundcore Liberty Air 2 Proのレビュー
  • Soundcore Liberty Air 2 Proのクチコミ
  • Soundcore Liberty Air 2 Proの画像・動画
  • Soundcore Liberty Air 2 Proのピックアップリスト
  • Soundcore Liberty Air 2 Proのオークション

満足度:4.39
(カテゴリ平均:4.27
レビュー投稿数:12人 (プロ:1人)
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.11 4.17 273位
高音の音質 高音部の音質の良さ 4.13 4.15 225位
低音の音質 低音部の音質の良さ 4.13 4.14 211位
フィット感 装着したときのフィット感など 3.63 4.08 338位
外音遮断性 外の音を遮断するか 4.19 3.81 119位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 3.86 3.78 249位
携帯性 コンパクトさ 4.38 3.80 135位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Soundcore Liberty Air 2 Proのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
プロフェッショナルレビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

socuteさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン3
高音の音質2
低音の音質2
フィット感2
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性4

【デザイン】
うどん型で、デザイン的にはあまりポジティブな印象を受けません。

【高音の音質】
【低音の音質】
高音と低音が分離したような不思議な聞こえ方をします。
高音と低音それぞれはそれなりに良い音なのかもしれませんがマリアージュが出来ていないのでは。

【フィット感】
なかなか上手にハマらないですね。
座ってれば安定しますが、歩きとなるとちょっと…。

【外音遮断性】
それなりに。
ノイズキャンセリングがありますが、性能はあまり高くない気がします。

【音漏れ防止】
漏れ漏れではありませんが、シャリシャリ音は出ているようです。

【携帯性】
十分ミニマムですね。

【総評】
ANKER Soundcoreと言えば、安くてコスパがいいという印象でしたが、この製品からはそのような印象を受けませんでしたね。
定価で1万円以上というのはなかなか挑戦的だと思いました…。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Jr.Bondさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:37人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
0件
136件
スマートフォン
0件
135件
デジタル一眼カメラ
0件
43件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性4

【デザイン】
本体はいわゆる“うどん”形。個人的には、こちらの方が耳から外れにくいように感じています。
色味などの仕上げは、とても1万円クラスのものとは思えない隙のなさを感じました。
少し青みがかったマットブラックのケースは、蓋がスライドしてBluetoothのスイッチが入るスタイル。「シャキッ!」とした動作が心地よく、これまで持っていた完全ワイヤレスイヤホン(5,000〜1万円)とは明らかにクラスの違いを感じます。

【高音の音質】
昨日届いたところですので、「エージング」など全くしていないのですが、そんなことは全く感じさせない伸びのある高音を聴かせてくれます。これでエージングが進んだらどんな音になるのか(あるいはならないのか)、楽しみです。
解像度も高く、楽器の色艶やステージの照明の色が目の前に浮かんでくるような、そんな印象です。
さらに、高音から低音まで全体のバランスの良さはこれまでのワイヤレスイヤホンでは得られなかったものでした。
これが1万円台とは…クラスを超えた「リッチな音」のイヤホンです。

【低音の音質】
引き締まった音を届けてくれるのですが、決してうるさく感じることはない品のいい音です。
もちろん、さらに上のクラスのものやヘッドホンには敵わないのかと思いますが、もっぱら屋外や電車の中で聴くには十分すぎる音ではないでしょうか。

【フィット感】
イヤーチップが9サイズありますので、フィットしそうなものを選び、アプリの「装着テスト」で確認することで最適なものが見つかります。ただ、アプリが判定するものと、自分の耳の感触は微妙にズレがあるかもしれません。ちなみに、私はアプリの判定ではL+でしたが、ちょっと大きめなのか、ずっとはめていると痛くなるかも…と思っています。このあたり、他のサイズも試しながら心地よいフィット感のものを絞り込んでいきたいと思います。
ただ、本体が約10.7gありますので、これまで使っていたワイヤレスイヤホンよりも重いところが、フィット感にも微妙に影響を与えることになると思っています。

【外音遮断性】
ノイズキャンセリングイヤホンといっても、外音が全く聞こえないわけではなくそれなりに聞こえます。でも、音楽を聴くのに邪魔な音はイヤーチップとノイキャンでほぼほぼ遮断することができていると思います。

【音漏れ防止】
自分では分かりませんが、家族からは特に指摘されることもありませんので、防止できていると思ってよいでしょう。

【携帯性】
ケース込みで約60.4g。携帯性を損なうほどではないと思いますが、これまで使っていたTaoTronicsのSopundLiberty 94の48.5gと比べると慣れるまでは「あ、重くなったな」と感じます。
とはいえ、その前に使っていた同じAnkerのSoundcore Life P2よりも全体としては軽く仕上がっているのですから、1年ちょっとでこんなにも違うものかと驚いています。

【総評】
クラスが違うから当然とはいえ、これまで使ってきたワイヤレスイヤホンの中では文句なしにNo.1!
タイトルにも書きましたように「最初からこれにしておけばよかった!」の思いでいます。
操作性の点でも、当初はどうやらワンタップがメニューになかったものが、ファームアップで音量調節ができるようになったりと、「改善」がされていることもプラスとなるポイントです。
これといって欠点もないのですが、ケースのLED表示がUSBケーブルを繋いでいる間はずっと点灯しっぱなしなので、満充電になったら消えてもいいのにな?とは思います。
この価格帯でANCのワイヤレスイヤホンを探しておられる方には、ぜひお試しいただきたい良品です!

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

矢山耳なんたらさん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:181人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
2件
0件
プリンタ
2件
0件
テンキー
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質無評価
低音の音質無評価
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止無評価
携帯性4

今までソニーのノイキャンワイヤレスイヤホンを使っていて満足度は高かったです。 でも左右がワイヤーで繋がってるタイプだったので引っかかるのが難点でした。 このLiberty Air 2 Proが発売されてすぐにAnkerさんに確認しました。 「Bluetooth接続しただけでノイキャン作動しますか?」 実は耳栓代わりにノイキャンを使う事が多いので常時ノイキャンが作動するのが自分には重要です。 回答は「ウルトラノイズキャンセリング機能をオンに設定いただくと、音楽再生に関わらずノイズキャンセリングモードとなります」でした。 いいね! ということでAmazonのポイントバックが高い時を狙って購入しました。

ウルトラノイキャンが搭載されているイヤホンは2種類のデザインがあり自分はこのデザインが良いと思って選びました。

音質が分かる人ではないので高音・低音の評価はしません。 でもクリアに音を再生してくれる商品だと思います。

ソニーのイヤホンには大きさ違いで3セットのイヤーピースが付属していましたが、この商品には大きさ違いで9セット付属しているので子供から大人までフィットするイヤーピースが選べると思います。

専用アプリに装着テスト機能があるのでしっかり密着しているかがわかります。

自分では音漏れしているかわからないので無評価です。

再充電や紛失を考えるとケースを持ち歩いたほうが良いと思います。 かなりコンパクトなケースですが厚みがあるのでズボンのポケットに入れるといまいちでしょう。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度4
デザイン4
高音の音質4
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

iPhoneXと大きさ比較

デザインと質感のご参考に。

充電器兼用ケースに収めた様子

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
iPhoneXと組み合わせ、主に配信音楽で試聴しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
質感ですが、ケースは玉虫色のマット調塗装で深みが、イヤホン本体も表面の状態が良いです。価格帯を意識して、見映えにも注力したようです。

【高音の音質】
コーデックはSBCに加えAACにも対応しています。(aptXには非対応)
ややドライな印象を受けますが、微小音やテクスチャの再現が濃く、解像度が高い印象です。
アプリでHearIDを使うと、聴覚に応じた補正が行われ、当方の場合は高域がかなり持ち上げられてしまう感があるものの、密度とボーカルの明瞭度が増して好ましく感じる方も多いと思います。HearIDテストの際、テストトーンが聞こえるか聞こえないか判断に迷う際は、「聞こえる」を選択しておくと、補正が過剰にならずより良い結果が得られると思います。(後からカスタムHearID画面でEQ手動調整も可能です。)

【低音の音質】
質感と量感を両立した良質な低音が得られます。HearIDを利用すると、当方の場合、量感が盛り過ぎに感じましたが、より重厚で空気感も感じられるようになり、音楽に躍動感も加わって、聞き映えするサウンドに変化しました。完全ワイヤレスイヤホンとしては潜在能力が高く、調整の使いこなしで、満足度を高められると思います。

【フィット感】
ノイズキャンセリングタイプで、耳穴の比較的浅い位置に装着します。アプリには装着テスト(密閉性の確認テスト)があるので、浅めの装着でも不安感がありません。
耳穴にギュッと押し込まないので、装着による負担感が少なく、フィット感は良好に感じます。

【外音遮断性】【音漏れ防止】
本製品は、イヤホンの外側と内側に配置した2つのマイクによる「ウルトラノイズキャンセリング」機能を搭載しています。一般的にハイブリッド(フィード・フォワード方式とフィードバック方式を組み合わせたもの)と呼んでいるタイプだと思います。
大型スピーカーから各種の騒音を再生してノイズキャンセリング効果を確認しました。再生音質に影響を感じず、閉塞感のような違和感もなく、航空機内のような重低音騒音から、カフェ内の話し声などまで、低減効果が体感できました。ナチュラルでバランスの良い設定だと思います。

【携帯性】
ノイズキャンセリング機能利用時、イヤホンのみで6時間、ケースで継ぎ足し充電すると最大21時間再生できます。Qi充電に対応しているのも良いと思います。

【総評】
見た目、音質、高度なノイズキャンセリング機能、アプリと付加機能など、非常に充実している製品ですが、価格も12,980円と立派。Ankerにはさらに身近な価格を期待したく、満足度は「4」としました。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

わかアットさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:76人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
5件
3件
スマートフォン
4件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止無評価
携帯性4

【デザイン】
いわゆるうどん型を初めて使ってみましたがカッコいいです。
ケースが薄く紺色がかっているのも良いですね

【高音の音質】
低音に比べたら控えめな印象ですが細かい音まで鳴ってます

【低音の音質】
ズンズン響きます。ただ音がこもったような印象ではない辺り、Anker音だなという印象

【フィット感】
形状的にちょっと浮いたような感じですが落ちるようなことはありません。
イヤーピースの種類が豊富ですが、以前から使い続けているコンプライの物に交換しました。

【外音遮断性】
ノイキャン次第で化けます。交通機関モードにして電車に乗るとものすごく静かです。
屋外モードはそれなりに外音を拾いますが、これくらいの方が安全ですね。
逆に外音取り込みモードはおまけ程度という感じでしょうか。
買い物などをする時には片方を外した方がスムーズです。

【音漏れ防止】
無評価ですがしっかりフィットしているので問題ないかと。
アプリで行えるイヤーピースのテストでおそらくチェックされているものと認識しています。

【携帯性】
他のメーカーに比べるとケースは大きめかなという印象
そこまで重くて持ち運びに困るというほどではないですが

【バッテリー】
まだ馴染んでいないのか思ったよりケース側のバッテリーがもたないなという印象です。

【総評】
この価格帯ならばピカイチの性能だと思います。
1つ要望があるとすればタッチ操作でシングルタップに機能を割り当ててほしかったかなというところです。
↑↑
今回のアップデートでシングルタップが使えるようになりました。
これでかなり便利になったと思います。

参考になった4人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

立花22さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

キーボード
1件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン3
高音の音質3
低音の音質3
フィット感3
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性4

肝心の音質は悪くはないのですが、価格を考えるともうちょっとクオリティが高くてもいいんじゃないでしょうか?
2万円超えないくらいの価格帯でもっとコスパがいいアイテムがいくらでもある気がします。(より高いのにコスパがいいというのも謎な表現ですが・・・。)
フィット感や質感も及第点ではありますが、飛びぬけた印象はありません。
なんとも微妙な印象でした。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Maidyさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
2件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
ゲーム周辺機器
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止5
携帯性5

【デザイン】
うどん型ではありますが、外観が落ち着いたカラーで、
使い勝手は良いと思います。

【高音の音質】
少し堅いような鳴り方をする印象ですが、クリアでボーカルはくっきり聞こえます。

【低音の音質】
低音もしっかり聞こえます。
ブンブンとなるような低音ではありませんが、存在感はある鳴り方で、
弱ドンシャリ気味に感じました。

【フィット感】
付属のイヤーピースの種類が多いので幅広いユーザーに合うのではと思います。
ただ、フィットすると感じるまで選定にかなり時間がかかりました。
うどん型のため、耳のポケットで保持がある程度できてしまうので、
その場合低音が抜けたような音となるため、密閉感がしっかり感じられるか
確認したほうが良いと思います。

【外音遮断性】
ノイズキャンセリング機能が搭載されており、効きもしっかりしています。
しかし、風が強い日などでは風切り音が耳に響く感じがあり、
そこだけが唯一気になっています。
対策があれば教えて欲しいです。

【音漏れ防止】
一般的なイヤホンの範疇ではないかと思います。

【携帯性】
スライド型ケースが思いのほか使いやすく、携帯性も高く感じました。
また、質感も良く、ケースの出来は高いと思います。

【総評】
メインでAirPods Proを使用しておりましたが、リモートワークが増えたため、
本製品をサブ機として購入しました。
アプリもあり、値段からするとかなりしっかり作られているという印象で、
全体的に完成度、満足度も高くこの価格帯であれば1強ではないかなと思います。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

まこざいるさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:92人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
4件
253件
イヤホン・ヘッドホン
3件
107件
スマートフォン
0件
54件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止無評価
携帯性5

【デザイン】
良くも悪くもなく普通でしょうか。
価格を考えると頑張ってるかも。
【高音の音質】
素人なので良くは分かりませんが悪くはないと思います。
【低音の音質】
自分的にはAirPods Proより出てるかも。
【フィット感】
AirPods Proの方がフィットします。
イヤピース次第ですかね。
【外音遮断性】
普通に遮断してくれます。

【音漏れ防止】
多分、漏れてはいないかと。
【携帯性】
ケースはコンパクトで100均のケースに入れています。
【総評】
1万円台の完全ワイヤレスイヤホンを初めて購入しました。
目隠しをされてどれが1番良い音質のイヤホンかと聞かれたらこのイヤホンを選択してしまいそうなイヤホンです。
かなり、コスパと音のバランスが優れているイヤホンだと思います。
まさか1万円台でこのレベルまで出せるとは天晴れです。

ただ、残念な点が一点、外音取り込み機能が弱くあまり、周りの音を拾ってくれません。
全体的な音を拾うモードもあるのですがノイズが目立ち、あまり使用していません。
人の声だけだけのモードにしてますがよく聞こえません。
この点についてはハイエンドクラスのイヤホンには敵わないと思いました。
逆にコンビニのレジで会話する時は外した方が早いかも。
しかーし、この点が気にならないなら購入しても満足出来ると思います。

アプリで色々と設定出来ますがプリセットのアコースティックに設定して使用してます。他のモードは良くは分かりませんでした。

と長々と素人目線でのレビューになりましたが皆様の参考になれば幸いです。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

xuqnkhebさん 銅メダル

  • レビュー投稿数:124件
  • 累計支持数:648人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
109件
29件
イヤホン・ヘッドホン用リケーブル
10件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感3
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性4
 

100円ショップのソフトケースにピッタリ入ります。

黒系ですのでウドン感はあまりありません。

 

1万円台前半でノイズキャンセリングがちゃんと効きます。元気でクリアな音質でアプリも多彩で優れています。

【デザイン】
いわゆるウドン型ですがグレー色なので特に変ではありません。

【音質】
曇りなく明瞭に鳴るので充分ではないでしょうか。多少低音域が強い気もしますが響きも悪くありません。また、アプリで色々と弄れるので自由度もあります。なお、Hear IDによる聴力検査と左右それぞれの音質調整は高音域の感度が衰えたオヤジには有難い機能です。

【フィット感】
これが微妙です。落下のリスクはありませんが、ピタッとハマるかと言われると微妙で、装着度合いで音に影響があります。上手くハマらないと抜けた感じになります。イヤーピース選びが大切で装着テストができます。

【外音遮断性、音漏れ防止】
特に問題はありません。オンオフが実感できるノイズキャンセリング機能がついていますので、ある程度の静寂が得られます。

【携帯性】
普通にポケットに入れて持ち運びできます。

【総評】
基本性能に優れ、価格とのバランスが合っていないコスパの良い製品です。1万円ちょっとでノイキャン付のワイヤレスイヤホンをお探しならばお勧めです。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

* うなさん *さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:34人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
7件
スマートフォン
2件
5件
Bluetoothスピーカー
0件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感2
外音遮断性4
音漏れ防止無評価
携帯性5

地下鉄通勤族なので、ノイキャン目当てで買いました。
電車の低周波音だけでなく、人の話し声や車内アナウンスなども低減してくれる印象。
ノイキャンの「交通機関」モードで屋外を歩いていると、車の通過音も低減してくれるのでちょっと危険。
3年前に3万円で買ったSONY WI-1000X(首掛け式)のノイキャンと比べて遜色ないし、音の帯域によってはさらに上回る性能を持ってます。

【デザイン】
耳うどんは個人的にNGだけど、これはアリかな!
黒とグレーメタのツートンカラーを基調に、光沢ロゴがもたらすサイバー感がそそる。

【音質】
デフォルトではやや低音が強調されている印象ですが、専用アプリで好きなように調整可。
音のメリハリ・切れ味の良さには、心動かされます。
音場が狭い(きゅうくつな音)のは気になるような気にならないような。

あと、Hear IDで自分の聴こえ方の特性を知れたのは、面白い発見でした。それを知った上でイコライザ―で調整すれば良い結果が得られやすいですね。

【フィット感・外音遮断性】
耳のくぼみに、本体上部の丸い部分ごと入れ込むタイプのため、圧迫感がある。長時間の着用は違和感、軽い痛みが出ます(私の耳には)。この点は短時間の試聴では気づけなかった。
本体ごと耳のくぼみに密着させるため、外音遮断性の向上・ノイズキャンセリング効果向上には一役買ってます。

やや余談ですが、NOBLE FALCONなどは細長いノズルを耳に差し込むタイプ。イヤーピースが比較的奥のほうで強くグリップします。
SONY WF-1000XM3は、イヤーピースで保持させつつ、本体の形状で外側から軽くサポートするタイプ。
同じ完全ワイヤレスイヤホンと言えど、比べると全然違うんですね!
当然人それぞれ合う合わないが出てくるし、それが長時間リスニングの快適性や、安定感(抜け落ちにくさ)にも直結します。
イヤピ交換による調整はあくまで補助的な手段であって、根本的なものは本体の形状で、それが選ぶ際の超重要ポイントになるかと。

【その他】
ここ数年間でいくつかBlootoothイヤホンを買って、用途で使い分けることなってきました。プチ沼(笑)
短時間の電車通勤には当機種。
新幹線などの長時間移動にはまた別の選択肢があるし、家で使う分にはまた別の……みたいな。

【総評】
ノイキャン付きでこの価格は、衝撃的なコスパと言えます。全体のバランスも良し。
装着感が個人的に気になるので、当機種はサブ機的な位置づけになります。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ぽんちもさん

  • レビュー投稿数:93件
  • 累計支持数:423人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
10件
0件
スマートフォン
6件
0件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
4件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止無評価
携帯性5

【デザイン】
可もなく不可もなく。充電器のスライド式マグネットはいい感じ。
【高音の音質】
無線で飛ばしている割にはクリアに聴こえる。
【低音の音質】
ノイズキャンセルだと外部の低音を打ち消すため、音楽そのものの低音を増幅するのでその増幅感が逆にいい。
【フィット感】
イヤーパッドが9つあり、どれかしら万人に合う配慮は、なされてあり良い。
【外音遮断性】
ノイズキャンセル時、低音は結構打ち消してくれる。そこそこ。
【音漏れ防止】
自分で音漏れを確認しようとすると接続が切れるので何とも?そんなに漏れていない気もするが。
【携帯性】
スライド式の受電ケースの質感がよく、触っていて気持ちいい。(笑)片方のイヤーを少しの距離外すだけで接続が止まるので、急な応対はとりあえず外すといい。
【総評】
思った通りの低音が出ないので、ワイヤレスから有線に変える生活を3年くらいしていた。その有線もご臨終を迎え、新しいイヤフォンを探しているとトーマスガジェマガ君のレビューに触れ、数多くある目眩のする商品からこれを選んでみた。
結果は望んでいたレベル以上の商品で非常に満足している。価格も手に届く範囲もグッド。


ー蛇足ー
「ケース」
スライド式携帯ケースはなかなか使い勝手がいい。マグネットにきちんと収まる形もいい。また、無線充電にも対応しているので、USBコードの抜き差しがないものいい。
「聴力検査」
その人に合った耳の特性を測り、グライコを調整する聴力検査があり、健康診断の聴力検査以上にいろんな周波数の音が聴こえるか検査されて面白い。低音、高音の限界値が自分で確認できる。そしてその聴力情報から左右独立したグライコが作成登録できる。音質がいいハイレゾ音源ではこのやり方が一番いい音で聴こえる。圧縮音源は22のプリセットから選べばまず好きな波長は選べる。また更に自分の音が欲しい人はカスタムで自分で調整すればいい。
「アプリ」
聴力検査、グライコはアプリからコントロールできる為、初期設定ではダウンロードが必要になる。
「タッチ操作」
これが一番良くできていないとこ。2秒長押しとダブルタップの2パターンで左右独立して操作できるので、可能操作は4種類になる。指令がいくタップに慣れるまで多少の時間がかかる。
「マイタッチ操作」
ダブルタップ 左 戻る 右 次へ
2秒長押し 左 音量小 右 音量大
いろんなパターンを試したがこれがベスト。設定を変えていく過程で何が何だか分からなくなる時もある。
「フィット感」
これも検査があり、先端のマイクから漏れを測定し、漏れているようだと改善を促されるが、結局、自分の耳の構造が悪いのか、どのパッドでも改善を求められ、結局最初につけたパッドに落ち着いた。
「カスタマーサービス」
フィット感でのエラーでアプリから合わないよと伝えたとこ。翌日、サポートセンターから詫びと具体的なお買い物情報をお知らせくださいとあった。別に商品を交換するようなことではないので様子見であるが、まずまずの対応がある。
「値段」
販売価格自体、最近の高額イヤフォンでないのでリーズナブルである。また、僕はビックカメラから14420円で買ったのだが、メーカー公式の値段は12980円であり、ビックカメラに問い合わせたが、アマゾン価格がそれであると説明された。1442円のポイントがつくので、ポイントを使い切ればたいして違いはないが、一応報告しておく。
「総括」
久しぶりに完全ワイヤレスを楽しんでいるが、時代の進歩と共に接続状態の改善、音質向上があり満足している。確かにこのパフォーマンスだとAirPods Proなんか要らない。


参考になった4人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

しおせんべいさん

  • レビュー投稿数:41件
  • 累計支持数:261人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
1件
116件
バックアップソフト
2件
53件
タブレットPC
1件
41件
もっと見る
満足度5
デザイン3
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

いま東海道新幹線に乗車中です。

トンネルでの副作用は全くありませんでした。新丹那トンネルでも
目を閉じると、かすかに風切り音が聴こえるものの全く問題なし。
日本坂トンネルも同様でした。某社さんのノイズキャンセリングのように
トンネル内ではボーカルが背中を向けて歌い始める(わかりますよね)
ことは全くありませんでした。

また、時速270km同士でのすれ違いの瞬間の大きな気圧変化も
全く感じませんでした。

ノイズキャンセルの設定は「交通機関」でも静かになりますが、
カスタムにし、表示される調整円の一番上にすると最も静かになりました。
その状態でも全く副作用はありませんでした。

以上から本機は本当にコスパに優れた製品だと感じました。

---------------------------------------------------------------

私のレビューを他で見られている方は、東海道新幹線での使用感を
お待ちかもしれませね。それは後日報告いたします。
今回は室内で使った感想です。

【デザイン】
ノーズが短いので耳から出っ張りません。目立たないですね。
【高音の音質】
室内で聴くとドンシャリ気味ではありますが、屋外ならこれくらいでいいでしょう。
【低音の音質】
高音と同じ印象です。

【フィット感】
9種類ものイヤーピースが付いていて、アプリで密着性が確保されているか
テストしてくれます。Mから順番に試していき、L+が最適となりました。
物理的耳栓効果が充分得られました。

【外音遮断性】
ノイズキャンセルをONにすると、鼓膜が吸い込まれる感じがします。
耳栓効果と合わせ、キャンセリング効果は大きいです。
人の話し声もかなり小さくなり、よほどのピアニシモにならないと
聴こえません。

キャンセリングは交通機関、屋内、屋外、マニュアルと4モードあります。
室内で使っていると確かに「屋内」にセットすると最も雑音が小さくなりました。
マニュアルはキャンセリングの周波数帯を可変しているようで、
FMラジオのホワイトノイズで試すと漏れ聞こえる成分が変わっていきます。
いま手元にあるオーディオテクニカのノイキャン機と比較しても、
やや強めのノイキャンだと感じます。
室内で使う限り副作用は感じません。

これは新幹線でトンネルに突入した時や、トンネル内での副作用が
後日の注目点でしょう。
大きな気圧変化で鼓膜が痛むのではないかというメーカーも過去にありました。

【総評】
まずは1万円強でノイキャンを出してくれたことに感謝します。
強めのノイキャンなので、前述しましたが新幹線での副作用が
私にとって今後のキーポイントになるでしょう。
自分の耳の周波数特性を測ってキャンセリング?するアプリ機能が
ついていますが、試したところ案の定、高音ばかりを強調する
イコライザとなって不自然でした。
その他、さまざまな音楽向けのイコライザーが付いているほか、
当然ですがマニュアルのイコライザーもあります。

今後もノイキャンの副作用が出るシーンが無ければ、
コスパは非常に高いと思います。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Soundcore Liberty Air 2 Proのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Soundcore Liberty Air 2 Pro
ANKER

Soundcore Liberty Air 2 Pro

最安価格(税込):¥12,980発売日:2021年 1月20日 価格.comの安さの理由は?

Soundcore Liberty Air 2 Proをお気に入り製品に追加する <148

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意

Soundcore Liberty Air 2 Proの評価対象製品を選択してください。(全2件)

Soundcore Liberty Air 2 Pro A3951N11 [ブラック] ブラック

Soundcore Liberty Air 2 Pro A3951N11 [ブラック]

Soundcore Liberty Air 2 Pro A3951N11 [ブラック]のレビューを書く
Soundcore Liberty Air 2 Pro A3951N21 [ホワイト] ホワイト

Soundcore Liberty Air 2 Pro A3951N21 [ホワイト]

Soundcore Liberty Air 2 Pro A3951N21 [ホワイト]のレビューを書く

閉じる