BALMUDA The Cleaner C01A レビュー・評価

2020年11月17日 発売

BALMUDA The Cleaner C01A

  • 独自の「ホバーテクノロジー」により、まるで浮いているような操作性を実現したコードレスクリーナー。パワフルなサイクロン方式。
  • 2つのブラシをそれぞれ内側に回転させ、床面との摩擦を低減する「デュアルブラシヘッド」を搭載。付属アタッチメントでハンディタイプにも早変わり。
  • ほうきのように両手で持ち、左右に大きく動かすことで、広い床面を素早くきれいにすることができる。コードレスで30分連続使用が可能。
BALMUDA The Cleaner C01A 製品画像

拡大

BALMUDA The Cleaner C01A-BK [ブラック] BALMUDA The Cleaner C01A-WH [ホワイト]
最安価格(税込):

¥46,380 ブラック[ブラック]

(前週比:-35円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥46,844 ブラック[ブラック]

WiNK PREMIUM

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥46,380¥59,400 (31店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥46,380 〜 ¥51,290 (全国39店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:スティック/ハンディ 集じん容積:0.13L コードレス(充電式):○ BALMUDA The Cleaner C01Aのスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • BALMUDA The Cleaner C01Aの価格比較
  • BALMUDA The Cleaner C01Aの店頭購入
  • BALMUDA The Cleaner C01Aのスペック・仕様
  • BALMUDA The Cleaner C01Aのレビュー
  • BALMUDA The Cleaner C01Aのクチコミ
  • BALMUDA The Cleaner C01Aの画像・動画
  • BALMUDA The Cleaner C01Aのピックアップリスト
  • BALMUDA The Cleaner C01Aのオークション

BALMUDA The Cleaner C01Aバルミューダ

最安価格(税込):¥46,380 [ブラック] (前週比:-35円↓) 発売日:2020年11月17日

  • BALMUDA The Cleaner C01Aの価格比較
  • BALMUDA The Cleaner C01Aの店頭購入
  • BALMUDA The Cleaner C01Aのスペック・仕様
  • BALMUDA The Cleaner C01Aのレビュー
  • BALMUDA The Cleaner C01Aのクチコミ
  • BALMUDA The Cleaner C01Aの画像・動画
  • BALMUDA The Cleaner C01Aのピックアップリスト
  • BALMUDA The Cleaner C01Aのオークション

満足度:2.41
(カテゴリ平均:4.19
レビュー投稿数:7人 (プロ:3人 試用:2人)
  1. 5 0%
  2. 2 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.09 4.28 -位
使いやすさ ボタンの配置や、機能など 2.64 4.19 -位
吸引力・パワー ゴミを吸い取るパワー 2.64 4.24 -位
静音性 運転時の騒音 3.32 3.47 -位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 2.23 4.12 -位
手入れのしやすさ 掃除のしやすさ 2.41 4.01 -位
取り回し 取り回しのしやすさ 2.32 4.09 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

BALMUDA The Cleaner C01Aのレビューを書く

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェッショナルレビュー
画像付き
動画付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

ヒゲキング100さん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:0人
満足度3
デザイン4
使いやすさ3
吸引力・パワー4
静音性4
サイズ4
手入れのしやすさ無評価
取り回し3
   

ローラーに糸くず

   

店内試用の感想です。

【デザイン】
良くも悪くもない。高級感を求める人には向いてないかもです。

【使いやすさ】
電源ボタンが柄の先(上)にあるため、電源入れるのに両手。
ハンディにするために柄を外して、持ち手を交換するわけですが、本体は自立しないので支えながらだとやりにくい。
店内だったのでやりませんでしたが、床に寝かせてやる方がいいかと。

【吸引力・パワー】
普通に感じました。
弱すぎることもないし、「こいつは凄い」と思うほどの強さもない感じ。

【静音性】
普通。うるさいという感じはないです。

【サイズ】
まぁ、ちょうどいいのかなと。自分は166cmですが、本体の長さもよく、腰が曲がって疲れるようなサイズではないと思いました。

【手入れのしやすさ】
店内試用なので無評価です。

【取り回し】
持つと少し重い感じはしましたが、電源入れると少し動きはスムーズになる気がしました。
手首を返すとヘッドも回転する感じで使いやすさはある。
ただ、少々重い。もうちょっと軽量化されてると助かる感じです。

【総評】
電源入れると少し動きはスムーズとは書きましたが、もう少しヘッドが軽く動いて欲しいなという感じはありますね。また、ブラシ部(ヘッド)のローラーに糸くずが絡んでいました。
ローラーに糸が絡むとなると、動きは鈍くなりますし、故障の原因にもなり得るのかなと。
もうちょっとこの辺の作りがしっかりするといいかなと思いました。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

最近ねむいさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
0件
2件
掃除機
1件
0件
加湿器
1件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン4
使いやすさ1
吸引力・パワー1
静音性3
サイズ1
手入れのしやすさ2
取り回し1

バルミューダお得意の高額商品による認知的不協和(自分の高額な買い物を肯定する心理)を狙った商品だと思う。シンプルな見た目と、なんとなく「あー!自動で動いてる!不思議!未来だ!」と思わせるような機能がウリ。しかし、ただそれだけです。

まず重い。そして大きい。階段掃除は絶望的。
仮にあなたが超絶ムキムキマンでも、あの大きなヘッドが邪魔して結局掃除は難しいでしょう。勝手に動いちゃう不思議機能も邪魔ですし。

さらに吸わない。
弱で吸えないものは、なぜか強でも吸えない。不思議です。
ペットの毛や髪の毛にも注意。タイヤが吸引口より前についてますので、確実に毛が絡みます。
音は普通だと思います。(プラスマイナスの掃除機よりは全然ウルサイけど)

あんなに見た目にこだわってる割に、付属品の収納エリアは用意されていません。普段はどこかに収納しておいて、いざとなったら付け替えて使うことになりますが当然面倒なので、ウチでは替えノズルやハンディにして使うことは皆無でした。

替えのバッテリーは今のところ公式ストアでしか購入できないようです。価格は8000円以上。

掃除面積
20m2未満
40〜59m2
頻度
週1〜2回

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

多賀一晃さん

  • レビュー投稿数:297件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール家電評論家。スマート家電グランプリ審査員。

主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。
過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。
また米・食味鑑定士の…続きを読む

満足度3
デザイン5
使いやすさ3
吸引力・パワー3
静音性4
サイズ2
手入れのしやすさ4
取り回し4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

全長:124cm。小型化が進む現在では、高さのあるモデルとなる。

本体。重い。持ち手もノズルもなく、これ単独では使えない。

360°スワイプ構造。出来が良く、バルミューダらしさに溢れる。

2つの逆回転するローラーで摩擦は下がる。3つの車輪は自在に動く。

トップにあるスィッチ。シンプルな構成。

ハンドルとアタッチメントを付けた本体。大きい、重い、扱いにくい。

スティック型掃除機は大きく2通りにわけられる。本体であるハンディ掃除機を手に持ち、それにポールとヘッドを装着した「手持ち式」と本体にヘッドをつけ、逆側に柄を付けた「自立型」だ。日本市場では、ダイソンがトップを走っており、ダイソンは、最新型のDyson Omni-glideを除き、手持ち型だ。手持ち式は、掃除機は手の延長なので、掃除に機動力が出てくる。道具を扱うのではなく、ゴミ、ホコリに手を差しのべる感覚だ。しかし、掃除機本体の重さは手にかなりの負担を与える。一方、自立式はほとんどの重さを床で支えるのが特徴だ。要するに手には軽く感じるのだ。このため、多少重くても扱いやすく、スティック型掃除機の元祖は、こちらを採用している。どちらが、良い、悪いではなく、2つのタイプがあるとご承知いただきたい。

先ほど、「ダイソンは、最新型のDyson Omni-glideを除き、手持ち型」と書いたが、最新型のDyson Omni-glideは、2つのタイプのハイブリッドだ。ヘッドが自在に動く掃除機を目指した結果だが、ちょっと興味深い。

さて、完全な自立型で、ヘッドの自在さを目指したのが、バルミューダのThe Cleaner C01A(以下 C01A)だ。ダブルブラシを有するヘッドは、ブラシが逆に回ることで摩擦を下げる。そして自在に動く3つの車輪で安定して動く。だが、動きは少々重い。理由は簡単。全体重量が重すぎるのだ。カタログには3.1kgとある。確かに、自立式は、ほとんどの重量を床で支える。しかし動かすには、手持ち式ほどではないにせよ、力が必要だ。どこが重いかというと、本体。モーターとバッテリーが収められている部分が重いのだ。

スティック型掃除機のメリットに、ハンディ掃除機に切り替え掃除をスムーズにできることが挙げられる。手持ち式は、ポールを外し、アタッチメントを付ける2動作でOK。自立式掃除機の雄、スウェーデンのエレクトロラックス社は、本体に直接ヘッドと柄を付けるのではなく、ヘッド、フレーム+柄。そのフレームにハンディ掃除機(本体)をはめ込む構成を取っている。こうすることによりワンタッチで、ハンディ掃除機が取り出せるので甚だ便利だ。しかもハンディ掃除機はアタッチメントを付けなくても使える形状のノズルを持っているので、それで用が足りるときは、1動作だ。

しかし、C01Aは違う。ヘッドを外し、柄を外し、ハンドルを装着し、アタッチメントを付けて初めて使える。4動作。しかも重い。私は挫折しましたね。ちなみにハンドル操作性もイマイチです。

要するに、通常使いはそれなりの点をあげられても、ハンディ掃除機としての完成度は低いとしかいえません。ちなみに、これで動作時間がよければ、まだ救いようもあるのですが、標準モードで30分、強モードで10分は重さの割にプアです。

まとめると、コンセプトはいいのだけど、それを活かす技術がなかったという感じですね。特に、ここ10年、掃除機メーカーは、バッテリー、モーター、重量バランスを、あーでもない、こーでもないと開発しまくっているわけですから、全メーカー、かなりの修羅場をくぐっています。残念ながら、バルミューダはその域に達していません。

また、今のハンディ掃除機には必須の布団用アタッチメントもありません。

素性は、それなりにイイので、重量バランスをもう一度取り直して、捲土重来を期していただければと思います。

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

コヤマタカヒロさん

  • レビュー投稿数:91件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールフリーランスライターのコヤマタカヒロです。現在、PC、AV機器、白物家電をフィールドに雑誌やWeb媒体で記事を書いています。現在、モノ・マガジンに置いて「コヤマタカヒロのマニア道」「気になるシロモノ家電使ってみました」を交互連載中。このほ…続きを読む

満足度4
デザイン5
使いやすさ4
吸引力・パワー4
静音性4
サイズ3
手入れのしやすさ4
取り回し4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

幅30cmの非常に大きなヘッドを採用するのが一番の特徴

本体背面に搭載するダストボックス。 両サイドの爪を抑えるだけで片手で外せる

ハンディというにはちょっと本体が長いのが気になるところ

 

ヘッドが大きいので広い幅のゴミが一度に吸引できた

柄の部分が長いので掃除機としては非常に大きいサイズに入る。

 

製品をお借りして長期テストを行っています。

ヘッドに向かい合った2つのローラーを配置した(バルミューダ曰く、)ホバー式のスティック掃除機。電源を入れると浮いたような感覚があり、両手でほうきのように持つとふわっとした感覚で掃除ができる。

【デザイン】
モノトーンのカラーと、専用のスタンドに立てかけるだけでいいにあるデザインはさすが。リビングの片隅に置いていても違和感はない。空間との調和性やデザインを重視したいならそれだけでも選択肢に入る。

【使いやすさ】
通常のスティック掃除機のように持つと重さを感じ使いにくい。スティックの上部と真ん中らへんを両手で持ち方起動ように左右に動かすと、黒使いやすさがわかる。

後は家具や障害物を避けながらくるくると回しながら掃除ができる。ヘッドが大きいため広い面の掃除は楽。そして狭い場所はヘッドを横向きにすることで、すっと入れることができる。スティック掃除機としては慣れさえすれば非常に快適に使えた。

ただし、ハンディ掃除機として使う場合、ヘッドと柄の部分を両方外す必要があり、それでも本体部分がやや長くコンパクトは言えないサイズとなる点に注意。付属のアタッチメントが隙間ノズルだけなのもやや残念。小型の布団ブラシなどが付いていると良かった。

【吸引力・パワー】
床に重曹を撒いて通常モードで吸引テストをしてみたが、十分な吸引力だった。ただし、一歩通行だけ止めてしまうと、大きなヘッドの下に吸引しきれていないゴミが残ることがあるため、前後左右に動かして、しっかりとゴミを吸い込んであげる必要がある。バルミューダ独特の使い方に慣れる必要がありそうだ。

【静音性】
標準モードでの動作音は本体から約1mの位置で約75.0dB。ダイソン(V11)と比べても音の大きさはほとんど同じだった。電源ボタンを長押しして強モードにしてみたがモーター音が高音になり、少し早い音になって人の耳ではややうるささを感じたが、音量自体はほとんど変わらなかった。

【サイズ】
ヘッドの幅は約30cmと非常に大きく、また本体も長い。ただし、本体が低い位置にある低重心タイプとなっているため、スティックとして使う分にはあまり大きさは感じない。

ただし、ハンディスタイルに切り替えると大きいため、ハンディで使うことが多い場合は注意が必要だ。

【手入れのしやすさ】
本体背面のダストボックスは片手で取り外すことができ、フィルター部を回してロックを解除するだけで中のゴミが捨てられた。ワンタッチでポンとはいかないが、手軽ではあった。

またヘッドのローラーも手軽に取り外せるため、髪の毛が巻き付いてもさっとメンテナンスができる。

【取り回し】
前述の通り、独自の動かし方をするため、取り回しには慣れが必要。ただし、ホウキやモップを使うように動かすことを心がければすぐに慣れる。長い柄を生かして広い範囲をくるくると掃除できるのも非常にスムーズだった。

【総評】
一般的な掃除機とは異なる構造を採用しているため、慣れが必要なのは注意点。また、向かい合ったローラーの回転によって浮かび上がったような使い勝手になっているため、フローリング環境で使うのが前提。カーペットやマット部分の掃除には向かない点に注意したい。

動きに慣れれば狭い場所もスイスイと掃除できる。スタンドから片手でひょいと取り外して、くるくると掃除できるのは非常に快適。広いリビングを備えたファミリー向けマンションなどに向いたスティック掃除機だといる

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

exige612さん

  • レビュー投稿数:101件
  • 累計支持数:427人
  • ファン数:1人
満足度1
デザイン3
使いやすさ2
吸引力・パワー1
静音性2
サイズ2
手入れのしやすさ2
取り回し2

【デザイン】
どことなく掃除機感のないデザインといえばそうだが、プラスチック感があり個人的には価格相応の質感とは思えない。ダイソンのようにいかにも高性能なメカメカしい感じのデザインが嫌いならおすすめする

【使いやすさ】
意外と使いにくい。ヘッドが大きく狭いところには入らない。本体が長い

【吸引力・パワー】
ハンディ掃除機の一般的なレベル。ダイソンには全く及ばない。掃除機としての吸い込むという単純な機能でいえば残念。

【静音性】
吸わない割にうるさい

【サイズ】
前述のとおり意外に大きい。寸法を確認してからの購入を勧める

【手入れのしやすさ】
特段いいものではない

【取り回し】
前述のとおりいまいち

【総評】
ブラシが前後についていて新しいという意見があるが、結構前にテレビショッピングで同じ発想のものがあったように思う。ただ、その当時の商品よりは吸引力があるが。。。実際にちゃんと掃除をするということに期待するならこの商品は勧めない。ちょっとしたホコリを取るのにもカッコをつけたい!みたいな人にはいいかも。個人的にはしっかり吸引力のある掃除機がいいと改めて思った。返金してもらおうかな・・・

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

神野恵美さん

  • レビュー投稿数:878件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールライター・編集者。
書籍編集者、雑誌記者・編集者を経て、2004年にセミリタイアと称して渡仏。以降、現地にて言語を学ぶ傍ら、フリーランスで日本のメディア向けの取材活動、現地邦人向けのメディアなどにも関わる。帰国後は、新聞、雑誌、ウェブ媒…続きを読む

満足度4
デザイン5
使いやすさ4
吸引力・パワー4
静音性3
サイズ4
手入れのしやすさ3
取り回し4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

自宅のリビングにセット。確かにこれほどまでに空間と調和する掃除機は初めて

ヘッドの裏面

360°クルクル回るヘッドが快適&楽しい!

ハンディにするときはスティックを外してハンドルをスライドさせてガチャっとはめる

ダストカップ

余分なコードをスッキリと収めておける充電台の裏面も秀逸

洗練されたデザインと、世の中にはない発想や仕掛けが込められた家電製品を多数展開し、いまや"信者"と言ってもいいほどの支持層を持つ「バルミューダ」から登場した初の掃除機。10月中旬に行われた記者発表会でチェックした後、実機を借りて自宅でも試した。

バルミューダ初のクリーナーが発売になると聞き、発表前から期待と想像を膨らませていたが、目の前に現れたのは、予想していたよりも見た目はごくごくふつうの掃除機。パーツの付け替えで、スティックにもハンディにもなる2Wayのコードレスクリーナーで、パッと見だけでは正直期待外れだった。

しかし、ベールを脱いだそれは、まるで"クイックルワイパー"のような掃除機。詳細がわかるにつれて、やっぱり"ふつうではない"ことがわかった。

ユニークなのは操作性だ。前述のとおり、クイックルワイパーのようにヘッドを滑らせながら吸い取るクリーナーなのだ。掃除機は前後にヘッドを操作するのが通常だが、前後だけでなく、左右、斜めなど自由自在な方向にヘッドを動かすことができる。

このユニークな操作性を実現したのは、2つのテクノロジーがカギとなっている。まずは、ヘッドに搭載された2本の回転ブラシ。それぞれを内側に回転させることで床面との摩擦が相殺されて、キャスターが全方向にスムーズに動くという仕組みだ。また、本体とヘッドの接続部は「360°スワイプ構造」と呼ぶ前後左右に動く機構を採用している。

この特殊な機構のヘッドを動かすのは初めのうちは慣れなかったが、持ち方を"ほうき"で掃除をする時のように、両手で両側から握るようにして持つと、まるでほうきで掃いているような不思議な感覚が体験としてもとても楽しかった。全方向にスムーズに稼動するヘッドの動きは少し浮いているように軽快だ。ヘッドの両サイドにはスリットを設けて、壁際や隅のゴミの吸い込み能力を補強している。

掃除機の重量自体は約3.1キロと決して軽くはないが、体感上は不思議とそれほど重さを感じない。ただ、ヘッドのサイズが大きく、高さもそれなりにあるため、狭いすき間の掃除には向かない。小回りに関しては、クルクルと360°回転するヘッドの快適な操作性が上回り、意外と悪くはない。

集じん方式はサイクロン式を採用。遠心分離で空気とゴミを分離して、排気中にゴミを漏らしにくい。ダストボックスの容量は0.13L。ゴミを捨てる際は、本体からダストボックスを取り外してフタを取って捨てる一般的な仕様だ。

運転モードは「強」と「標準」の2通り。運転時間は「標準」モードが30分、「強」モードが10分と標準的な仕様。

ハンディとして使用するには、付属のハンディハンドルを取り付け、ヘッドを外して、すきま用ノズルに付け替える必要がある。すき間用ノズルだけだと、正直物足りない感じはあるものの、拡張用のノズルセットを2021年春頃にも改めて追加で発売するとのことなので、期待して待ちたい。

昨今のコードレスクリーナーと言えば、充電台にもひと個性があるもの。本製品では、使っていない部屋に設置した状態の時の佇まいにこだわったスタンドが用意されている。掃除機を立てかけた際に、ハンドルの先端部分が壁に触れるか触れないかくらいの位置になるように充電台に傾斜が設けられているのだ。部屋に置かれた時の空間との調和を意識して、"自然に見える"佇まいが検討されたという。確かに今まで我が家にやってきたどんなクリーナーよりも空間に自然になじむ。壁にもたれかかっているようなその姿もほうきが壁にそっと立てかけられている様子に似ていおり、アナログちっくでどこか温かみがあり、サニタリールームや廊下など家のどの場所にあってもしっくりとくる。

実際に操作をしてみて全体を通しての印象は、確かに面白いし、カッコいいし、楽しくもあり、独特の操作性のために最初は違和感があるものの、慣れるととても快適。だが、やはりヘッドの大きさは掃除する場所をある程度限定してしまうので、1台でいろんな場所を掃除するというのは現状は向かない。

とはいえ、インテリアとしてもカッコいいし、ギミック的な部分でも面白いし、持っているだけでも所有欲を満たしてくれる。特に、バルミューダファンであれば"コレクション"としてもやはり欲しくなってしまう1台だろう。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

いぐいぐらぷたさん

  • レビュー投稿数:234件
  • 累計支持数:1241人
  • ファン数:13人

よく投稿するカテゴリ

扇風機・サーキュレーター
25件
56件
掃除機
5件
44件
CPU
2件
36件
もっと見る
満足度4
デザイン5
使いやすさ4
吸引力・パワー4
静音性4
サイズ2
手入れのしやすさ3
取り回し3

再生する

製品紹介・使用例
ヘッドの動き参考

 

大きさ全体

大きさヘッド部分

 

【総評】

総評から先に

回るもの系の家電好き、新機構好き・・なこともあり三菱のフラグシップエアコンFZ依頼発表即買うことを決めた製品です。

正直良い製品なのか おすすめ製品か? と聞かれれば ちゃんとお店で試してみてそれでも良しとするなら止めはしないが、いきなり(私の様に)ネットでポチっとしない方が良いかと思います。

又、すでに海外ではダイソンより似たような構造の製品が発表されており、「The Dyson Omni glide」などで検索してもらうダイソンのサイトをはじめいくつか商品紹介を見ることができるはずです。本製品は3.1kgという重量級に対し、Omni glideは1.9kgと シャープの新型のRactive Airの1.3Kg Air Powerの1.6kgと比べても極端に重いわけではなく両方でそろってから比較して購入するのも良いかと思います。(ダイソンが日本で出すかは知りませんが)

等といきなりネガティブなことばかり書きましたが、床に物が少ない広いリビングなどでは極めて使いやすく基本的に持ち上げる必要が無い。特に強運転のフローリングでは前後左右どの方向にも抵抗なく浮いているような新感覚で利用でき、くるくると隙に回すことができるヒンジ構造は見事であり正しく「他にはない」製品だと思います。

【デザイン】

いわゆる「バルミューダ」なデザインなので好き嫌いは出るでしょう。ですが、掃除機としては今までに無いデザインだと思います。
掃除機でない「電動ほうき/モップ」〜スイーパーみたいなブラシの回転だけでごみを集め、吸引が無い製品には似たような形状のものはいくつもありますが、私の知る限りなぜか普通の掃除機のヘッドに近いデザインや配色なので本製品には新鮮味があります。

【使いやすさ】
柄の頂点にボタンがありそれを押すだけで非常にシンプルですが、普通に使うと使っているときにつかむ場所から離れており頻繁なオンオフはしにくい構造です。

【吸引力・パワー】
吸引力を何かしら数値化できる機材は持っていませんが、1週間ほど弱モードを多めに 時々強モードを使ってリビングで使った限りでは、ダストカップ内にRactiveAirPowerやダイソンV11等を同期間使った時と大差ないゴミの量を集塵しているのでデュアルブラシを含め十分な集塵性能かと思います。

【静音性】
静かではありませんが、直近で弱78dB/強82dB程度と、スティック型としては比較的静かなV11の中モードと本製品の強モードがちょうど同じ値であり、ラクティブ系は強で86dB程度(SR5/AR3/VR3など)なので比べるまでもなくラクティブよりは静かです。

【サイズ】

本製品の一番の特徴であるヘッド部の大きさもさることながら全体として大きすぎると思います。
本製品とダイソンの大きすぎて特に女性には不評な超大型機V11、計量器であるRactive AirのVR3と並べて写真を撮ってみましたが大きさがよくわかると思います。

【手入れのしやすさ】

まだ何度もゴミ捨てをしてはいませんが、日立やシャープの製品と大差ないイメージです。
実際構造も大きな差はありません。

【取り回し】

取り回しについては、素晴らしい長所と大きな欠点が存在します。

長所は独特のホバリングしているようなヘッドの動きとその動きの自由度です。動画をアップしていますがきわめて自由度が高く、自走式ヘッドの完全上位互換で特にフローリングでは全方向に自走するというか浮いているというかうまく表現できませんが新感覚です。絨毯などでは特に弱モードでは抵抗が増しますが、ダイソンのヘッドのようなあからさまに動きが重くなるようなことはありません。

これにより掃除する位置や向きを大きくずらす際に普通は必要となる「ヘッドを持ち上げるという操作が不要になります」なので重量級ですがのんびり広い範囲を掃除する際に非常に楽です。

ヘッドと本体の間のヒンジ構造は正直感心しました。これはモップや電動ほうきではなく 吸引したごみを本体のサイクロンユニットにパイプで吸い上げないといけない(掃除機なので当たり前ですが)のですが左右どちらにも全く引っ掛かりもなくどんな角度でも制限なくクルクル回せる構造に買ってしばらく回るときのパーツの動きをずっと観察し続けてしまいました。わかりにくいかもしれませんが動画にもとっているのでご参考までに



欠点はやはりどう考えても大きくそして重すぎます。
(歳がばれそうですが重装甲のドムみたいです。)

浮いているようなら前後左右に素早く動きを変えるのもスイスイとなりそうですが、浮いていて且つ重いので勢いよく動かすと3kgの掃除機を自分の力で止めないといけません。抵抗が少ない分床でブレーキがかからず、それでいながら簡単にスピードが乗ってしまう。慣性が付いていると私のような65kgの体重の成人男性でも気合を入れて止めないと体がふらつきます。又、ヘッドが大きいので普通の掃除機の感覚ではあちこちに引っかかりやすく上手に扱うのに慣れがいります。四隅にローラがありますが壁に沿って使うには良いですが小さいため何かに引っ掛けてしまうようなときには全く効果はありません。
持ち上げる必要のある階段では扱いにくく、物の多い狭い部屋なども使いにくいです。



最後に
総評で4点です。結構不満点を書いた気がしますが、それでも「あっ・・これちょっと違う。むしろ全然違う。これからが楽しみ」と掃除機ではDC35以来感じた製品です。とりあえず40%軽く 20%小さくしてくれるとものすごく良い製品になると思います。最初にダイソンのオムニグライドについて触れましたが、昨今のダイソンのモータヘッドを見る限り、形は同じでも同じ浮遊感は実現できていない可能性が高い気がしますがどうなのでしょうね。

比較製品
ダイソン > Dyson V11 Absolutepro
シャープ > RACTIVE Air POWER EC-SR5-P [ピンク系]
シャープ > RACTIVE Air EC-VR3SX
掃除面積
60m2〜79m2
頻度
週3〜4回

参考になった25

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

BALMUDA The Cleaner C01Aのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

BALMUDA The Cleaner C01A
バルミューダ

BALMUDA The Cleaner C01A

最安価格(税込):¥46,380発売日:2020年11月17日 価格.comの安さの理由は?

BALMUDA The Cleaner C01Aをお気に入り製品に追加する <94

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(掃除機)

ご注意

BALMUDA The Cleaner C01Aの評価対象製品を選択してください。(全2件)

BALMUDA The Cleaner C01A-BK [ブラック] ブラック

BALMUDA The Cleaner C01A-BK [ブラック]

BALMUDA The Cleaner C01A-BK [ブラック]のレビューを書く
BALMUDA The Cleaner C01A-WH [ホワイト] ホワイト

BALMUDA The Cleaner C01A-WH [ホワイト]

BALMUDA The Cleaner C01A-WH [ホワイト]のレビューを書く

閉じる