SHANLING Q1 レビュー・評価

2020年 4月17日 発売

SHANLING Q1

  • 本体サイズ75×62×16.5mmの小型デジタルオーディオプレーヤー。1940〜1950年代のデザインにインスピレーションを受けたレトロな外観が特徴。
  • DACチップに「ESS Sabre ES9218P」を採用し、ハイレゾ再生に対応。また、最大2TBまでのMicroSDカードに対応し、容量を拡大することもできる。
  • 電力効率の高さを重視して設計されており、最大21時間の連続再生と最長25日間の待機が可能。外出時などにも充電を気にせず使用可能。
SHANLING Q1 製品画像

拡大

SHANLING Q1 [FireRed] SHANLING Q1 [TurquoiseBlue]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

記憶媒体:microSDカード 再生時間:21時間 インターフェイス:USB Type-C SHANLING Q1のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SHANLING Q1の価格比較
  • SHANLING Q1の店頭購入
  • SHANLING Q1のスペック・仕様
  • SHANLING Q1のレビュー
  • SHANLING Q1のクチコミ
  • SHANLING Q1の画像・動画
  • SHANLING Q1のピックアップリスト
  • SHANLING Q1のオークション

SHANLING Q1Shanling

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください [ForestGreen] 発売日:2020年 4月17日

  • SHANLING Q1の価格比較
  • SHANLING Q1の店頭購入
  • SHANLING Q1のスペック・仕様
  • SHANLING Q1のレビュー
  • SHANLING Q1のクチコミ
  • SHANLING Q1の画像・動画
  • SHANLING Q1のピックアップリスト
  • SHANLING Q1のオークション

SHANLING Q1 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:3.83
(カテゴリ平均:4.24
レビュー投稿数:5人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.21 4.37 -位
携帯性 軽さ・コンパクトさ 4.05 4.35 -位
バッテリ バッテリの持ちはよいか 5.00 3.90 -位
音質 音質のよさ 3.64 4.24 -位
操作性 操作性のよさ 2.83 3.77 -位
付属ソフト 付属ソフトは使いやすいか 2.57 3.36 -位
拡張性 対応オプション・アクセサリなどの充実度 3.87 3.57 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

SHANLING Q1のレビューを書く

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

無粋男爵さん

  • レビュー投稿数:54件
  • 累計支持数:246人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
28件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
13件
0件
ノートパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
携帯性5
バッテリ5
音質5
操作性3
付属ソフト4
拡張性5

以下は、Q1に挿入したSDカードから、主にヘッドホン(AKG K240St)を用いてクラシック音楽全般をリスニングした上での評価です。

【デザイン】
かわいいですね。私はターコイズブルーを購入しました。
私のような中年が持つにはかわいらし過ぎるので、家の中で使っています。

【携帯性】
私は家の中で使っていますので、さほど気にはならないのですが、昨今のBluetoothレシーバなどに比べるとやや重いような気がします。

【バッテリ】
バッテリーは、かなり持ちます。
再生中の画面をOffにすれば、さらに伸びると思います。
このあたりは音楽再生専用機の強みだと感じました。
私の体感なので曖昧な伝え方になりますが、スマホと比較してスリープ状態での減りが少なくて驚いています。

【音質】
クリアに聴こえます。
味付けは薄く、高域の見晴らしが良いモニター的なサウンドだと思います。

【操作性】
これはどなたも指摘されていることなのですが、正面左側の3つのボタンに予期せず触れてしまい、リスニング中に楽曲がスキップするので興ざめです。
画面Off時ならOSでこれらのボタンが利かないようにできるのですが、画面On時でも、これができるようになれば最高ですね。
あるいは、ボタンには別の役割を与えたいです。
音量のダイヤルも回しにくいです。
むしろ音量操作がボタンの方が私には都合が良いです。

それから、私はヘッドホンで聞きたいので、駆動力稼ぎのためにQ1をアナログポタアンに繋いでいます。
そのようなわけでラバーループでQ1とアナログポタアンを結わえています。
そうするとQ1の正面は画面でいっぱいなので、ラバーループで画面の一部が隠れてしまい、操作しづらいのです。
まあ、私の場合は家の中での使用なので、わざわざ結わえなくてもいいわけですが…。

【付属ソフト】
Q1はPCやスマホに繋ぐとUSBDACにもなります。
こちらもいい音していますし、現在再生している音源のビット深度やサンプリングレートがQ1の正面スクリーンに表示されます。
この機能は便利ですね。
USBDAC機能使用時のPC用ASIOドライバーも用意されているのですが、これがどういうわけかFoobar2000で再生したDSDを受け付けてくれないのです。
Q1のSDカードに入れたDSDは再生してくれるのに不思議です。
しかしながら、今のところSDカードにいれたDSDのギャップレス再生は不可のようです。

【拡張性】
Q1にひとつだけある3.5ミリ出力は、OSでヘッドホンアウトかLINEアウトを選ぶことができます。
LINEアウトはフルヴォリュームになります。
この選択もサッとできますので、このあたりはありがたいです。
音量ダイヤルのあるポタアンにはLINEアウトで繋ぎ、音量ダイヤルのないポタアンにはヘッドホンアウトで繋いで音量調整をQ1で行っています。
また、USBTypeC端子から他のUSBDACに繋ぐことも可能です。
BluetoothレシーバとしてもLDACで受信可能で、スマホとの連携でサブスクサービスも楽しめますが、Apt-Xに対応していません。
LDACを持たないApt-X対応スマホならAACで接続となります。
この点がほんの少しだけ不満です。
Apt-Xも欲しかった…。
そのようなわけで拡張性に関しては、コーデックの件があるにせよ、かなりイイ線行ってると思います。

【総評】
最近はもっぱらサブスクサービスで音楽鑑賞しており、これまでのCDコレクションに向き合えてないことから、何か変わったガジェットを導入したら、手持ちCDが聴きたくなるのではないかと思い購入しました。
OSがAndroidではないために、Q1単体でサブスクサービスを使うことができませんから、人によっては不満があるかもしれませんが、手持ち音源の多い方には、かなり楽しいガジェットになると思います。

先述しましたように、私はQ1をアナログポタアンに繋いでいます。
ちょっと前は、ポタアンにBluetoothレシーバを繋いで、スマホからAmazonMusicHDなどを聴いていたのですが、スマホが4G電波を送受信するタイミングで「ジジジ」といったノイズを拾ってしまうのでイラっとしました。
Q1のローカル音源とポタアンだと、こうした通信ノイズからも解放されるので集中して音楽を楽しめるようになりました。
これは私の環境なのですが、Q1をBluetoothレシーバにしてスマホのサブスク使う際は、あらかじめ聴きたい音源をダウンロードして、リスニング最中だけスマホを機内モードにして4G通信をカットすれば、「ジジジ」ノイズは少なくなります。
そうはいってもストリーミングで楽しみたい時も出てきます。
そんな時はスマホの4Gは使わずWiFi電波のみで通信すれば、ストリーミングでもノイズは控えめになります。
お出かけの際は、あらかじめダウンロードしておいたほうが無難です。

カワイイだけでなく、音もクリアで拡張性も高いQ1をお試しあれ!

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Moto-yaさん

  • レビュー投稿数:160件
  • 累計支持数:736人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
83件
30件
ヘッドホンアンプ・DAC
17件
13件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
16件
9件
もっと見る
満足度4
デザイン5
携帯性5
バッテリ5
音質4
操作性3
付属ソフト無評価
拡張性5

最近のShanlingに共通したパッケージデザイン

同色シリコンケースは外した方が筐体の質感を楽しめますが、傷防止で装着必須かなぁ

USBトラポとしても安定した接続で使いやすいです

【購入経緯など】
 バランス出力不要でコンパクトに携行できるDAPが欲しくなり、デザインのユニークさやTwitterで交流のある方が所有していらっしゃり満足度が高そうな雰囲気だったので、購入しました。

【デザイン】
 レトロ調で筐体の質感も良く、愛着が湧くデザインですね。深緑色が好きなので、フォレストグリーンを選択しました。欧州車を思わせるような、深みのある色合いです。

【携帯性】
 コンパクトなので携帯性は良好です。質感と反比例してしまうので仕方ないのですが、大きさの割りに重さがあります。あと、FiiO M5 や Shanling M0 と比較すると、二回りぐらい大きいです。M5が小さすぎると感じているのでしたら、程良い大きさと思えるかもしれません。

【バッテリ】
 どれくらい持つのか試したことはないですが、1時間の使用では10%も減らない感じです。状況に拠るのでしょうけど。例えば FiiO X5III や Cayin N3 Pro、NW-ZX300あたりの旧型中級機よりは随分とバッテリー持ちは良いと感じています。

【音質】
 このコンパクトさから軽めの音を想像してしまうかもしれませんが、濃厚で豊かな音を出してくれます。筐体の質感にマッチ。中級機に比べれば解像感は落ちる感じですが、聞き応えがあって聴き疲れしない、心地良い音です。

【操作性】
 画面サイズからして仕方ないとは思うのですが、やはり操作性はイマイチです。でも、FiiO M5 や Shanling M0と比べれば、やや使いやすいと思います。まぁ、慣れれば問題無いレベル。あと、タッチ感度が暴れる感じもあって、意図せぬ動きをしてしまうこともある感じです。
 ちょっと使いにくいのは、左側面に配置された再生・停止・送り・戻しの物理スイッチ。側面前面を3つのボタンが埋めているため、右側面にあるボリューム兼メインスイッチの押し込み操作時に誤って押し込んでしまうことがしばしばあります。ソフト的に画面消灯時は物理スイッチをオフにすることはできるのですが、画面点灯させるためにメインスイッチ押すと同時に送りボタン押しちゃって、あらあら、なんてこともあります。

【拡張性】
 1万円台半ばのコンパクトなDAPとしては、豊富な機能。いや、このクラスのDAPは、最近はみんなそうですかね。USB DAC にもなるし、トランスミッターとしても使えるし。最近は aune BU1 へのトラポとしても活躍してくれてます。USB出力の接続安定性が良いです。LDAC対応も良いのですが、自分としては送信側は aptX-HD に対応してくれてたら最高でした。ヘッドホンがLDAC対応は少ない(今は不所持)ので。

【総評】
 使いにくい部分もありますが、ガジェットとしての魅力や拡張性、電池保ちなど、かなり優秀なDAPです。夏になって上着を着ない季節でも、ワイシャツの胸ポケットに入れて使えそうで、重宝しそうです。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

グラハルドさん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:189人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ホームシアター スピーカー
4件
29件
イヤホン・ヘッドホン
1件
6件
液晶テレビ・有機ELテレビ
1件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン3
携帯性無評価
バッテリ無評価
音質4
操作性4
付属ソフト無評価
拡張性5

HT-Z9F側での確認

SHANLING Q1側の確認

PC側の確認

PC→本機(SHANLING Q1)〜Bluetooth〜HT-Z9F
というLDACの送信機としての使用のみでの感想です。
(なので、携帯性・バッテリー・ソフトは無評価です)

HT-Z9FがLDACに対応しているとのことで、
LDACの送信機を探していたところネットでこれが可能だというのを見つけて購入しました。

PC側では、公式から専用のドライバをダウンロードしてインストール
SHANLING Q1側では、DACモードにして、USB Cケーブルでつなぐだけ
(この際にBluetoothのLDACのモードを音質重視に)

PC側で選択できる最大は、32bit 192000Hz
Amazon music HDの最大が、24bit 192000Hz
LDACの最大が、990Kbps


ただ、無線化したいといいつつ、SHANLING Q1にはUSBを指しているので、
結局有線があるという

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

さと7878さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ネットワークオーディオプレーヤー
0件
2件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン3
携帯性1
バッテリ5
音質1
操作性1
付属ソフト1
拡張性1

良い点はデザインとバッテリーのもち、そしてメモリ容量の大きさくらいですかね。でも市販マイクロSDは1tbまでしかないのに最大2tbをうたってる意味が不明。ボディの大きさの割には重く感じます(落としたとき恐い)。

操作性は最悪。ツマミ式のボリュームはとても操作しづらく、逆側面にある再生等のボタンはほんの少し触れただけでも押されてしまうので本体を手に取るだけで反応(汗)・・これはヤバいレベルですかね。

タッチパネルは上下に行う画面切替が反応が悪すぎます。他に関しては逆に反応が良すぎて要らないものを気がつく間もなく押してしまう最低レベル。外で持ち歩いて操作するのは結構辛いです。

そして日本製ではないので覚悟をしていましたが、アルバム・アーティスト・曲等は何の法則もなく並べられますのでご了承を(探しづらい)。音質は値段相応ですね、ヘッドフォンでは音のビビりも良くおきます。

曲の追加や削除についてはマイクロSDカードをその都度抜き差ししてスマホやパソコンでやらなければいけません。この回数をこなせば手間はかかる&故障のリスクは上がります。


上でも書きましたが値段相応かそれ以下でした。曲をたくさん入れる人や音質に拘る人にはもちろん不向き。超ライトユーザー向けですかね・・だったらスマホのままか安いウォークマンを奨めます。



参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アキネムさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性5
バッテリ5
音質4
操作性3
付属ソフト無評価
拡張性3

音質は申し分なく、若干音場が狭いかな、くらい。
バッテリーは21時間と長い。
ラインアウトモード搭載でアンプと繋いでみたが、3時間くらいではバッテリーはビクともしなかった。
Bluetoothは4.2、レシーバーとしても機能する。
内部ストレージはない代わりに2TBまでのmicroSDに対応。

それでいて、手のひらに収まる大きさとこのデザイン。素晴らしいです
ただ、操作性はイマイチ...
日本語にも対応しているが内蔵の漢字がところどころ違う...笑
分かるからいいんだけどね!笑

あと、地味にロック画面の画像が内部に保存した画像に変えられる所はいい!

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

SHANLING Q1のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

SHANLING Q1
Shanling

SHANLING Q1

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2020年 4月17日

SHANLING Q1をお気に入り製品に追加する <45

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルオーディオプレーヤー(DAP))

ご注意

SHANLING Q1の評価対象製品を選択してください。(全4件)

SHANLING Q1 [ForestGreen] ForestGreen

SHANLING Q1 [ForestGreen]

SHANLING Q1 [ForestGreen]のレビューを書く
SHANLING Q1 [FireRed] FireRed

SHANLING Q1 [FireRed]

SHANLING Q1 [FireRed]のレビューを書く
SHANLING Q1 [CreamyWhite] CreamyWhite

SHANLING Q1 [CreamyWhite]

SHANLING Q1 [CreamyWhite]のレビューを書く
SHANLING Q1 [TurquoiseBlue] TurquoiseBlue

SHANLING Q1 [TurquoiseBlue]

SHANLING Q1 [TurquoiseBlue]のレビューを書く

閉じる