SE846 レビュー・評価

SE846 製品画像

拡大

SE846CL-A SE846K-A [ブラック] SE846BNZ-A [ブロンズ] SE846BLU-A [ブルー]

最安価格(税込):¥98,913 [クリスタルクリアー] (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2013年 8月上旬

店頭参考価格帯:¥98,949 〜 ¥133,380 (全国33店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:両耳 駆動方式:バランスド・アーマチュア型 再生周波数帯域:15Hz〜20kHz SE846のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SE846の価格比較
  • SE846の店頭購入
  • SE846のスペック・仕様
  • SE846のレビュー
  • SE846のクチコミ
  • SE846の画像・動画
  • SE846のピックアップリスト
  • SE846のオークション

SE846SHURE

最安価格(税込):¥98,913 [クリスタルクリアー] (前週比:±0 ) 発売日:2013年 8月上旬

  • SE846の価格比較
  • SE846の店頭購入
  • SE846のスペック・仕様
  • SE846のレビュー
  • SE846のクチコミ
  • SE846の画像・動画
  • SE846のピックアップリスト
  • SE846のオークション

満足度:4.78
(カテゴリ平均:4.28
レビュー投稿数:88人 (プロ:1人 試用:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 4.60 4.16 -位 見た目のよさ、質感
高音の音質 4.71 4.15 -位 高音部の音質の良さ
低音の音質 4.76 4.14 -位 低音部の音質の良さ
フィット感 4.76 4.08 -位 装着したときのフィット感など
外音遮断性 4.92 3.80 -位 外の音を遮断するか
音漏れ防止 4.93 3.76 -位 音漏れを防止するか
携帯性 4.60 3.77 -位 コンパクトさ
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

SE846

SE846のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:65件
  • 累計支持数:117人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
55件
303件
スマートフォン
0件
14件
ヘッドホンアンプ・DAC
6件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

【デザイン】
内部構造が丸見えのクリスタルクリアー!
素晴らし過ぎる!
このハウジングいつまででも見ていたい、それだけでも購入してしまいそう!(購入済みですが、すみません)

【高音の音質】
極めて高クリアー、解像度の高さ、全てにおいてため息しか出ないほど素晴らしい!
(個人的にSE846の大ファンですので主観的感想が多分に入ってます。)

【低音の音質】
低域BAドライバーのために開発されたローパスフィルター、素晴らしい出来です。
開発に相当時間をかけたと推測できますね。

【フィット感】
ハウジングが少し大きくなってますが個人的にベストフィットです。

【外音遮断性】
電気的ノイズキャンセリングを搭載しないならば、エティモティックリサーチのER4Sには敵いませんが装着感を含めた総合点ではトップかと。

【音漏れ防止】
こちらも同意見で装着感を考慮した場合トップですね。
【携帯性】
持ち出すのも特に不便を感じません。

【総評】
直近でIER-Z1Rも購入してますがSE846への愛着は薄れる事無く今現在最も好きなイヤホンですね。
全てにおいて完璧だとは思っておりません。
まず、良く言われるのが無味無臭的な面白みに欠ける音、人工的な音。
極めて高クリアー、透明度の高い音が好みですので批判的意見に聞こえないです。
人工的な音、メーカーサイドで本物のサブウーファー搭載とうたってるので人工的な音になって当然かと。
真面目な話、音像のバランスという事を考えますとマルチBAドライバーイヤホンではWestoneが模範的イヤホンだと思っております。(Westoneはクロスオーバー処理の神的存在だと認識しております)
SE846は3way4ドライバーというスペックになってますが、個人的には2way+ウーハー2基という構成と考えてますので、音像のバランスが崩れて当たり前という認識でいます。
音像のバランスだけを追求するならばWestoneのイヤホンを購入してるでしょう。(UM-PRO50は所有しておりますが)
例えるならばWestoneのイヤホンはモーツァルト、SE846はベートーヴェンです。
とにかくあちこちに試行錯誤を繰り返した痕跡が感じられるので、そこがまたいいのです。
ノロケ話はここ迄にして極めて真面目に素晴らしいところを語ります。
まず、クロスオーバー処理ですが、Westoneに次に素晴らしい完成度です。特筆すべきはクロスオーバー処理が施されるSE425、SE535、SE846の全てにおいて電気的処理は僅か一箇所にとどめてあります。
SE846はローパスフィルターという極めて原始的方法で処理してるので。
それと初期ロットからそうであったかはわからないですが、イヤホン側MMCX端子ではロジウムメッキが施されている事。
製造時期を考えるとちょっとびっくりしますね。
そしてこれが最近改めて知って驚愕したのですが付属ケーブルのMMCX端子が銀メッキコーティングである事。
これはハイエンドケーブルでもこういった処置をされたケーブルが無い事を考えると制作された時期を考えると如何にあらゆる面において高音質化が図られているか製作者の凄まじい執念が感じられます!
ノズルインサートによる高域のカスタマイズがユーザー側で可能である極めて画期的製品である事。
これらの事実を考慮するとこのイヤホンが他メーカーに与えたインパクトは極めて大きくどのメーカーも決して無視出来ない存在だったと思われます。
実際、発売から実に6年の歳月が経っていますが同価格帯でこのイヤホンを圧倒してる製品も未だに無く、発売された時期においてはまさに凄まじいイヤホンが登場した!という感じだと思います。
一度はBluetoothケーブル付属パッケージにリニューアルされましたが、プロフェッショナルユーザーの方のリクエストをもってオリジナルクリアケーブル付属のパッケージが再発売される辺りまさにモンスター級イヤホンと言わざるを得ないでしょう。
発売から相当な年数が経過してるにも関わらず相変わらずプロフェッショナルの方からリクエストがあるという事は同価格帯にこれ以上の製品が無い事を意味していますから。
私の様な一部の熱狂的ファンで無くプロフェッショナルの方がリスペクトしてるという事がどれだけの意味を持つか再考されて然るべきですね。

追記:この旧パッケージに付属されているオリジナルクリアケーブルは極めて優秀、MMCX端子が銀メッキコーティングなので3~5万クラスのケーブルでリケーブルしても極めて微妙な変化にとどまります。それでもまだ音質向上すれば良いですが。有名な某メーカーの6万クラスのケーブルを使用した事がありますが音質向上どころか返ってSe846の長所がなくなってしまった事があります。付属ケーブルは音質は良いですが取り回しが悪いです。
取り回し改善が目的でリケーブルするなら良いですが、基本的に純正付属ケーブルでの使用を推奨します。
ブライトノズル使用でもまだ高域を強くしたい、又はレスポンス向上を望まれるのであればnobunaga labsの鬼丸改sを推薦ケーブルとして紹介しておきます。こちらはMMCX端子側だけでなくステレオプラグ端子にも銀メッキが施されておりさらに切れ味が増します。レスポンス向上半端無いです!アニソンなど刺激的な音源が好みの方、おススメです!(2.5mm、4.4mmのバランス接続で使用したい方にも雷切改s、景光sが同仕様で出ています。刺激が強すぎると感じる方はバランスノズルにするか、またはフォームタイプのイヤーピースで調整して下さい。)

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった3人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

PC−9801BX2さん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:90人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
0件
8件
スマートフォン
4件
4件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
4件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4

eイヤホンの週末セールにて新品を6万円で購入しました。
箱が多少汚れていましたが、中身は問題ありませんでした。
GRANBEAT直挿しで聞いています。
【デザイン】
普通にカッコいいです。

【高音の音質】
クリアな聴きやすい音です。

【低音の音質】
HS1551、HA-FX1100と聞いてきましたが全く質が違う低音で最初は戸惑いました。
慣れれば、低音がはっきりとした音として聞こえいつまでも聞いていられます。

【フィット感】
付属のイヤーピースは合わなかったのでSpin fitに変えて今は満足しています。

【外音遮断性】
デフォルトのイヤーピースは遮音性が高すぎ外を歩くのが怖かったですがSpin fitに変えてからはちょうどいい塩梅です。

【音漏れ防止】
多少大きくしても漏れないようです。

【携帯性】
イヤホンですのでいいですが、高いので気を使ってしまいます。

【総評】
このイヤホンを買ってから他のイヤホンを欲しいと思うことがなくなりました。
高いですが、満足が得られる品だと思います。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tubuann555さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性4

試聴レビューです。一応他のshureイヤホンと同時に試聴したので比較もしていきたいと思います。
まず、試聴とか言いながら1時間近く聴いちゃいましたお店の人ごめんなさい。
まずは見た目、装着感など音楽ソースの影響を受けない所から。
装着感はさすがshure。首をブンブン振り回そうが何しようが外れる気配もしないのに、締め付け感などはほとんどありません。耳にすっぽりはまっている感じです。shure掛けについては他の方も散々レビューされてますが、タッチノイズの軽減と前述の通り装着感の向上に役立っています。
イヤーチップはフォームタイプ(コンプライタイプ)で試しましたが、コンプライよりも耳を締め付ける感じがしなくてとても良かったです。また、外からの騒音の遮断はWH-1000XM3などにはさすがに負けますが、ノイキャンの最低クラスの物には勝ってしまうくらいの外音遮断性能があります。またアクティブノイキャンと違い、ホワイトノイズがないのもいいところですね。
各色見させていただきましたが、いずれも高級感あふれる、首にかけてるだけでも所有欲を満たしてくれるような良い見た目です。特にクリア色は中のドライバーなどが見えるのでそれもまた良いです。
音漏れはカナル型なのでしていないはずです。
見た目や装着感は、見た目や装着感重視で作った物には負けるでしょうが、機能重視なら十分でしょう。

次に音質。まずはワイヤレスのBT-1経由から。
SBCコーデックじゃんとか舐めてはいけません。
順を追って説明すると、まず、電源を入れるてしばらくすると、バッテリーの残量をおおよその再生可能時間で、英語ですが教えてくれます
例)「Battery more than 4 hours」
これは大変便利な機能だと思います。また、SBCコーデックなので接続に少々時間がかかるのは我慢です。そもそも製品のコンセプトからして、airpodsとかのようにサッと出してすぐに再生できることは考えてないと思うので。
そして再生開始。ここから僕の耳に革命が起きる。ソースはiPhone 7の標準ミュージックアプリ、EQはなし。音源はかの有名なQueenの「Bohemian Rhapsody」。
まず感じたのはボーカルの声の解像度の高さ。冗談抜きで息継ぎまでも伝わってくる。楽器の音も音域を問わず解像度が高く、低音は篭らずにはっきり出ている。だが決して前に出過ぎではない。ドラムの音はバシバシ飛んでくる感じ。上から乗ってくるギターも決して低音域に干渉しない。それに限らずとにかく全ての音がそれぞれに潰されずに耳に飛び込んでくる。決して大音量ではないのに全ての音が聴こえる...これはなんだ?
といった感じだ。ちなみに音場は広い部類のヘッドホンよりかは狭いが、イヤホンの中では広い部類に入ると思う。とにかく解像度がヤバイ。決して音量でごり押して無理やり細かい音も聴こうとしているわけではない。やはりBA4基搭載は格が違う。直後に聴いたWH-1000XM3がアンダー1万のヘッドホンかと思ってしまうようなレベルだ。
まとめると、どの音域を取っても解像度の高い音で、お互いがお互いの音域に干渉しない。モニターイヤホン初の筆者はこれまでの音質に関する見解を改める必要があるレベルである。もちろんモニターイヤホンの部類に入るのでリケーブルやアンプなどを考えないイヤホン自体の音質はフラットである。だが、今までの「音域に特性がないバランスが良いという意味でのフラット」とは違う、「全ての音が聴こえてくるフラット」である。

次にiPhone直挿し。
ワイヤレスと比べると少し高音域寄りになったくらいだ。(レビューの文字数がギリなので細かいことは割愛)

また、shure se535との比較を軽く載せておく。
まずは試聴した順番が悪かった。se846を先に試聴してしまったのだが、その後でse535を試聴したのでse535の悪いところばかりが見えてしまった。まずは解像度が比べ物にならない。se425とse535の解像度の差は気にはなるがそこまででもない程度だったが、se535とse846の差は歴然としている。例えるなら音の粒がse535は納豆の大粒くらいだとすると、se846はひき割り納豆くらいである。また、se535は若干低音が前に出ているように感じた。とにかく解像度の差がすべてであった。

また、今自分が愛用しているヘッドホンとも比較する意味もないがしておく。WH-1000XM3とは、操作性などは当然WH-1000XM3に軍配があがるが、音質の差が歴然としている。高いと思っていたWH-1000XM3の音の解像度を低いと感じてしまうレベルである。
また、beats xと音質で比較すると、音域特性が似ているように感じるが、beats xは普段あまり目立つことのない中音域を削っているからだろう。また解像度の差はもはや比べる必要もない。
開放型代表のairpodsとも比べてみたが、どっちが開放型だかわからなくなった。もちろん開放型のairpodsの方が装着感は軽いし、開放型だけあって音の鮮やかさや良い意味での音の抜けはさすがだが、se846はairpodsをはるかに上回っていた。まず解像度から来る音の鮮やかさは圧倒的。また音の粒が細かいので音の抜けというか余韻なども感じやすい。前述の通りボーカルの息継ぎすらも聞こえるし、フェードアウトの曲なんかはもう最高だ。

se846が圧倒的すぎてグダグダなレビューになってしまったが、まとめると、今まで僕が使ってきた全てのイヤホン、ヘッドホンが安物のように感じられてしまう圧倒的音質である。今までは各音域のバランスが大切な要素だと思ってきたが、se846を聴いて、音の解像度の大切さを知ることができた。

そして試聴のつもりだったのに無事筆者の財布が死亡したので(察してください。)、また後日日常的な使用感なども含めたレビューをしたいと思う。

長文乱文失礼しました。皆さんの参考になれば幸いです。お読みいただきありがとうございました!

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

藤本健さん

  • レビュー投稿数:58件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールDTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をす…続きを読む

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

SHURE SEシリーズのフラグシップモデル SE846

SE846はケーブルを簡単に取り外すことができる

接続部はMMCXという1ピン端子

SE846は、BAドライバーを4基搭載したShureSEシリーズのフラグシップモデル。BAドライバーとは、バランスド・アーマチュアドライバーの略で、補聴器のユニットをオーディオ向けに改良したドライバーだ。繊細な音も表現できる一方、再生周波数帯域が狭く低音域に弱いという原理上の欠点も存在するため、BA型のイヤホンでは欠点を補うために複数の専用ドライバーが搭載されている。そのBAドライバーがSE846には、高域用が1つ、中域用が1つ、低域用が2つ搭載されている。

このイヤホンの特徴ともいえるのが、ノズルインサートだろう。ステンレス製ノズルの中に、フィルタが入っており、これをユーザー自身で交換できるようになっている。ノーマル状態のバランスに加えて、ブライトという1kHz〜8kHzの間を+2.5dBするフィルタ、ウォームという1kHz〜8kHzの間を-2.5dBするフィルタが付属している。これらを付け替えることによって、自分好みの音にカスタマイズできるという仕様になっているだ。

基本的には、バランスで音楽を聴くことが多いが、音質的にはかなり満足している。音の解像度が高く、音の分離がいいため、音楽制作に使うモニターイヤホンとしても耐える作りだといえるだろう。モニター用としても使えるというと、低音域があまり出ていなくて、高音域が強調された作りをしているのかと誤解されるかもしれない。が、そんなことはなく、低音域はとても芯があり、中低域に掛けても無理にブーストしている感がない、かなり上手く全体のバランスがとれたサウンドをしている。

また、イヤホンだとどうしても苦手な空間の表現もしっかりと再現されていて、ヘッドホン並の音場の広さを感じることができる。まさに、プロ仕様のクオリティを備えた、どの音楽ジャンルでも合う、万能モデルといえる。

リケーブルについては、他のShureSEシリーズと同様に簡単に行うことができるため、断線時などにはすぐに対応できる。また、最初から114cmと162cmのケーブル2本が付属しており、使用用途に合わせてケーブルの長さを選ぶことができるのは嬉しいところだ。他にも、ShureSEシリーズ対応のMMCXという1ピンの端子のケーブルが色々な企業から発売されているので、音質を含めカスタマイズを楽しめるのもメリットだと思う。

イヤーチップやステレオ標準変換プラグ、キャリングケースなど、ケーブルやノズルの他にも付属品が充実しているため、特に後から何か必要なものを揃えなくてはいけないということもなく、製品のパッケージとしてもしっかりしている。

SE846は、それなりの値段はするものの、価格相応の実力を備えているため、高過ぎるという印象はない。むしろ、他の高級なイヤホンと比べても高いクオリティを誇っていて、Shureというプロの中では定番ブランドであるため、耐久性を含め長く使っていけるものだと思うので、コストパフォーマンスの高いイヤホンの1つだと認識している。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tomy-aさん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:71人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
15件
腕時計
0件
4件
イヤホン・ヘッドホン用リケーブル
1件
2件
もっと見る
満足度3
デザイン3
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性3

現行パッケージの在庫処分品として大手量販店で新品購入。無線接続には興味なし。
ポイントなしで、80,000円を少し下回る税込価格でした。値切りに値切った結果です。これ以上は気の毒な気がして折り合いをつけました。
元々W80でイヤホン沼から足を洗ったつもりでしたが、W80とSE846では真逆の個性で両方を使い分けている方もいるとのネットの情報と、今は最安値と踏んで購入。
大きさと重さと高級感はSE846。W80がオモチャに見えます。どちらも装着感は良好だが、より小さくて軽いW80が若干上手。
肝心な出音だが、硬質な音が第一印象。高音もW80を聞きなじんでいる耳には、刺さるように痛い。評判の低域もやはりW80を聞き込んでいる耳には特筆するほどではない。
音場も、W80の3次元的ではなく、あくまで2次元。
W80はリスニング用、SE846はモニターよりはもとより想定していたが、W80を聞き込んでいる耳には想定の範囲を超えていた。

一週間ぶりに、W80を聞いたところ、SE846の脳内補正が進んだのか籠もった感じを受けましたが、聞き進むにつれやっぱりW80は良く出来てるなと感じました。
オーディオ的正義はW80でしょう。

DAPは、AK320です

やっぱり、だめでした。

購入した方は、この製品の品質には何とも思ってないのでしょうか?
あまりにも評価が高過ぎるのは不自然でなりません。

【追記】
故障を自腹でなんとかし、聞き直していますが、概ね満足はしていますので、今一度冷静な判断のもと再レビューします。

主な用途
音楽
接続対象
その他

参考になった18人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

トゥウェンティ20さん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:83人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

ホームシアター スピーカー
2件
18件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
5件
イヤホン・ヘッドホン
6件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性4

このクラスでは、発売から既に5年が経つが、後継機種が出ない程、素晴らしい仕上がり。
BEAT AUDIO のcable遂にMMC 4.4 signalを装着。更に化けた!!

銅より銀と言う感じではなく、ハイレゾのポテンシャル(engine)を載せ変えた感覚。

本日SONYショップで、今週末でるZX300とWI-1000
を聞きに持参。関係ないがWI-1000は、予約してしまうほど、ワイヤレスとしては完成した代物。

好みのイヤホンで、久しぶりにソニーから購入意欲を掻き立てるIER-M9がでます。聞いてはいませんがおそらく購入するでしょう。リケーブルもそのままさせるので、外持ちするのは遮音性にはイマイチかけるシュアは、内聞き便携となりせう。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった3人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Kassi1000さん

  • レビュー投稿数:33件
  • 累計支持数:160人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
23件
68件
スマートフォン
3件
9件
タブレットPC
3件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

「SE846の音が私の基準」・・・と、いつの間にか脳に刷り込まれます!
絶対に刺さることの無い高音はブライトノズルでも変わらず丸みがあり当初は物足りなさを感じましたが、いつしか洗脳されどのイヤホンの高音より心地良くなりました。

よくレビューにある「特徴が無い」について。
そう思う人は何らかの理由でSE846の音が出ていないですね・・・。
「絶対に刺さらない高音」「絶妙極まりない音場」「曇りの無いダイレクト感」「不快なボワつきを出さない沈み込む低音」と特徴ありありです!

フィット感と遮音性については、私にはまるでカスタムで自分の耳型を取ったかのようにjustです。
215 535と全く異なる高フィットです。
デカいとか合わないとか言う人はイヤーピースが合っていないのではないかと思います!

とにかくルックス〜実用性まで高い次元でバランスの良いイヤホンでした!

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった8人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

MyMusic8さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:117人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
5件
41件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
5件
35件
ICレコーダー
0件
8件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

圧倒的な解像感です。音源に録音されているすべての音、全てのフレーズを余すところなく再現する。
全ての音が聞こえるという体験は一定以上の金額のイヤホンでは珍しいことではないですが、その次元が違います。
イヤホンのみならずヘッドホンと比較してもここまでの解像感はありませんでした。
こんなフレーズだったんだという発見はもちろんですが、フォルテで演奏されてるサビにほんの小さく録音されているリードフレーズなど、なんでこの音が聴こえるんだろうと不思議にすらなります(笑)

【デザイン】
まあ、補聴器って感じですよね。右左が分かりやすかったり、中の機構が見えたりする点は自分は好きです。
【高音の音質】
ブライトで聞くと非常に爽快感のある明瞭な音を鳴らしてくれます。キラキラとした非常に魅力的な広域です。
【低音の音質】
量感は音源によります。基本的にエンジニアが想定した量感通りに鳴らしている感があります。EDMなんかはEQ無しでも滅茶苦茶凄い低音を鳴らしますよ。
質感は非常に良く、バスドラは締まっています。またアタックや皮の感じもよく再生してくれています。
【フィット感】
自分の耳には不満がない位すっぽりとはまりました。ズレや違和感も無いですね。
【外音遮断性】
装着時点でかなり聴こえなくなります。音楽を再生していたら殆ど外の音は聞こえないですね。
【音漏れ防止】
問題ないレベルです。ほぼ漏れません。
【携帯性】
イヤホンなので。
【総評】
この値段を払って購入しても、後悔をしないだけの体験を約束してくれる機種でしょう。
全てがバランスよく纏まっていて、オールジャンルどんな音源でも生々しさを伴って再生してくれます。
何より、聴いていて楽しいですよね。どれだけ拘りを持って音楽を作っているか、そんなクリエイターの想いまで汲み取って自分たちの耳に届けてくれるので。
イヤホンはこれ一本あれば良いと思わせてくれる懐の広さがあります。自分のイヤホンスパイラルもこの機種でひとまず終焉です。

使用DAP zx300 アンバランス接続 イヤーチップ spinfit twin blade

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

dante8603さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

過去様々なハイエンドカスタム(20万〜40万)やユニバーサル(数万〜30万程度)、DAPもak380cp+amp、wm1z、wm1a、dx200等いくら使ったか分からないぐらいオーディオに投資しておりました。
諸事情ありオーディオをやめる事になりましたが、最近また始める事となり解像度と情報量が高く全域癖のないフラット傾向のイヤホンを探していたところ、某電気屋で売れ残っていた最後の1個を購入するに至りました。
運良く対応頂いた店員さんのおかげで新品を約15000円程値引いてもらい7万程度で購入出来ました。

以下感想です。

発売当初から本機種を知ってはいましたが特別興味もなく、購入しようと思った事はありませんでした。
今回たまたま試聴したところ、高域から低域まで非常に質が高く、特に低域の量感と迫力に圧倒されました。
音源の全てを曝け出す凄まじい解像度と情報量です。
xelento remoteと悩みましたが、低域の空気感、音場の広さ、音の自然さはxelento remoteに軍配が上がると感じましたが、それ以外は全てse846の圧勝です。
今回イヤホンに求める条件と合致したのは本機だったため購入に至りました。

DAPはzishan dsd ak4497eq ver.(muses01換装)mk2になります。
イヤーピースは不要な細軸イヤーピースの軸をカットし、その上からspinfit twinbladeを装着しております。
こちらのイヤーピースにすると全域のクリア感とキレが増し、ブライトノズルの相乗効果も相俟って一切の曇りのないキレッキレのクリアサウンドに変貌します(笑)
本当に素晴らしいイヤホンに巡り合えました。1日でも長く大切に使用したいと思います。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

リスニングマさん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:105人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
15件
7件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
1件
腕時計
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

最初、購入した時、あまりにつまらない音でビックリしました。これが、あのシュアのハイエンドのイヤホンなのかと。確かに解像度はそこそこ高いけど、声の音色はなんか暗いし、音場は小ぢんまりと狭いし。また、付属のイヤーピースはイエローのスポンヂの物とトリプルフランヂしか当方の耳には合いませんでした。DAPはオンキョーのDP-S1です。
ノズルをブライトに変えるとだいぶんマシになりました。(日本人の聴覚向きのようです)
onsoのバランスケーブルに変えるとかなり、音場が開け、だいぶん聴けるようになりました。それでもなんか物足りない。なんかこれといった特筆すべき音色を感じない。平凡すぎるんです。

なんか痒い場所に手が届かない音色にノイローゼになりながら、トリプルフランヂのイヤーピースで耳の最も鼓膜に近い奥で完全密閉させて、オーグラインのケーブルで聴いてみました。オーグラインは銀と金の混合のケーブルで、まるで宝石のようです。ボクはオーグラインの回し者ではありません。

すると、今まで他のハイエンドイヤホン(同じ価格帯)でも聴いたことがないような生々しい音色が聴けました。ノイズ、雑味の全く無い、澄みきった透明感。そして、耳元、というより脳内でベッタリ息づかいを感じます。なんていやらしい。
当分の間、この組み合わせで聴こうと思っています。

主な用途
音楽
その他
接続対象
オーディオ

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Big?Pig?さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

【デザイン】
青が好きなので青良いと思います。
【高音の音質】
リケーブルしてるので文句なしYouTubeの超高音質音源素晴らしかった。寒気
【低音の音質】
質の良い低音
【フィット感】
文句なし
【外音遮断性】
文句なし
【音漏れ防止】
文句なし
【携帯性】
携帯はしない
【総評】
先日新製品発表会ではコンデンサしかでないということはse846がフラッグシップなんでしょう。se846で満足出来ない方はsha900でも試して下さいとメーカーは言いたいのでは?後、ここの素人意見よりネットでプロの評価を見た方がためになると思いますよ。phile webとかね
追記ブライトノズルでは解像度が高い為聞き疲れあり、バランスノズル音楽的、低音を楽しむならウォーム。
音楽を生業としてる者としてはモニターイヤホンとしてはこれで十分。原音忠実性がYou Tubeなどの超高音質音源などを聞けば分かる。

主な用途
音楽
ゲーム
接続対象
その他

参考になった3人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tosamaruさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:74人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
1件
スマートフォン
1件
1件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

もはや語り尽くされてる感のあるこの機種ですが
新フラッグシップの噂もあるようですし、今のうちに一応レビューらしきことをしておこうかと
購入後1年程です。

現在の主な環境は、ブライトノズル・純正フォームチップ、Fiio X5iiiに、AKGのケーブルCN120-2.5でバランス接続しています(ちなみにCN120はデザインと取り回しがとても気に入っているので2本買いました。1本はAKG N40で使っています)。ただ、元々のケーブルの質が高いのか、バランスにしたからといってN40の時ほど大きな変化は感じませんでした。音質と言うよりデザインと装着感(ワイヤーが苦手なので)でのリケーブルです。

【デザイン】
Shureの他機種と異なるやや太っちょ気味の丸みを帯びたフォルムが良いと思います
そしてこのよく考えられた形状が装着感にも大いに貢献しています
当初の透明デザインは、かっこいいとは思いますが自分が付けるのはちょっとなぁと思っていました
スーツに合うのはやはり黒です
やや紫がかったいい色で、決して一部ネットで言われているような某「昆虫」っぽさは感じません(笑)

【高音(中音含む)の音質】
上記のとおりブライトノズル使用ですが、全然きつくはありません
「細かい音が聞き取れる」という意味での解像度は非常に高いです
例えばジャズドラムのブラシプレイではワイヤーの本数が数えられそうな気がするほどです

ただ、【総評】でも触れますが若干の篭りというか歪み感というか、そういうものは感じます。
オーディオの用語でどういうのが正しいのか分かりませんが、ボーカルやピアノには少し付帯音が乗り、フルートなどの木管やピアのノ高い音域のあたりはピーキーな反響音が若干キンキンする感じ(密閉型ヘッドホンの、あるいは「風呂場の」篭り感)
試聴したSE535はさらにこの傾向が強いと感じましたし、Westone社のW60や新興メーカーのマルチドライバの高級機種を試聴したときも、SE846ほどではないですがそう感じるものが結構あったので、おそらくこれがBA(あるいはマルチBA)の音なんでしょう
好みはあるかと思いますが、中高音(特に中音域)のリアルさ自然さはハイエンドのダイナミック型には敵わないと思います
(もちろんそんじょそこらのDD型では勝負にならないハイレベルでの話ですが)

なお、これが各所のレビューで時々指摘されている「篭り」と同じものなのかはよく分かりません
「バランスノズルで篭もった→ブライトに替えたら良くなった」という報告が多いように思いますが、上記の「篭り・歪み」はむしろブライトにすると強調される感じです。(ちなみにウォームだと、中高域が低音に負けてもこもこする感じの別の種類の「(篭りというよりは)曇り」が出てきます)
試行錯誤したところによると、後述のように密閉度が一番大事な感じがします。

【低音の音質】
素晴らしいです。これほど「解像」する低音はちょっと他にないと思います。音楽を下支えして雰囲気を作るという低音の役割を果たすのはもちろん、「低音楽器の音色」自体を極めて正確に描き出しています。
量はブライトノズルでも多めだと思いますが、ボワつきボンつきは一切なく、普通の低音強調型のイヤホンのような「うるささ」は全くありません。

【フィット感】
「デザイン」の項でも書いたとおり、4ドライバの入った大きめの筐体なのに耳の形に沿った極めて合理的な形なので、イヤホン自体が耳に吸い付くような完璧なフィット感です。さすが「Shure掛けの元祖」という感じ。形状・装着方法が似ているイヤホンの中でも頭一つ抜けた装着感です。
ただ、私はワイヤー入りのケーブルが苦手なので、一時期XBA-N1の付属ケーブルを使っていました

【外音遮断性】
市販のイヤホンの中では最高峰でしょう。最終的な購入の決め手はこれでした。

【音漏れ防止】
全く漏れません。

【携帯性】
まあイヤホンですし。

【総評】
その他の部分として、音場感はかなりこぢんまりした感じ。ただしその中での分離や定位は極めて明確です。

上述のとおり、装着感が極めて良いため、多少いい加減な装着でも耳に収まってしまうのですが、音質的には相当装着がシビアな印象です。
一言で言うと、「完璧な密閉」と耳道への角度が極めて重要です。
どんなイヤホンでも密閉度が低いと低音が抜けてスカスカになるものですが、このイヤホンの場合、正しく装着できていないと低音だけでなく中高音も極端に劣化します。
サイズの合っていないシリコンイヤピなんて付けたときには「ラジオ音質」以下、電車で音漏れさせてる迷惑な人の「シャカシャカ音」のような音になってしまいます。
大事な音が全部抜けて、上記【高音】のところで触れた不快な音「だけ」が残る感じ。
しかし、しっかり密閉し、耳道にまっすぐ嵌めてやると、理屈はわからないのですが上記の「篭もり・歪み」が抑えられ(ゼロにはなりませんが許容範囲)、不快さはではなく「音の厚み」や「艶」のように感じられるようになっていきます。
私の場合、この域にまでしっかり装着できるイヤーピースは、純正フォーム(いわゆる弾丸)のMサイズだけでした。純正シリコンやフランジはもちろん、フォームでもコンプライではダメでした(もちろんあくまで私の場合であり合うイヤピは人によると思います)
ただ、この状態だと、フォームの素材の影響なのか耳垢ガードの影響なのか、バランスノズルだと少し「高音不足による曇り」が感じられたので、ブライトノズルでちょうどいいと思いました。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった5人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ゆうやん1122さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:59人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
0件
スマートフォン
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

wm1a直挿しで使用です
アンバランスは素晴らしいですね。クラシック以外はなんでも来いやといった感じです。
クラシックになるとfinalのFI-BA-SSTに軍配が上がります

バランスは微妙ですかね。
ケーブルはBEAT AUDIO VERMILION MMCX 2.5mmです。
se846の最大の良さである低音の存在感が弱くなります。
悪くはないんですが、わざわざ追加で金使ってまでやる必要もないかなといった印象です

主な用途
音楽

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sr-lolさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:43人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

Mac ノート(MacBook)
1件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
キーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
高音の音質4
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性3
 

金属製のステム

速攻でつけちゃった傷

 

購入して2週間利用したレビューです。
結論から言うと、低音がすごいについきます。
低音が凄すぎてライブラリを聴き直したほどです。
ちなみに主に利用していたイヤホンはw4->w40->SE846です。
そのほかはUE10pro、SE535、SE535LTD、UE900等、色々買いましたが結局気に入ったのはWestoneの4ドライバ機とSE846だけです。

もともとSHUREの音が嫌いだったので、SE846は視聴すらしてませんでした。(2回ハズしてるし)
たまたま機会があり試したら、なんと気づいたら買ってました。

【デザイン】
ブラックを購入しました。
メタリックなブラックなのでカッコイイんですが、傷つきやすいです。
売却する可能性があるならばやめといたほうが無難です。

【ノズルが交換できる】
ブライトノズル(高音特化)、バランスノズル、ウォームノズル(高音控えめ)が付属してます。
簡単に交換できる上、このてのカスタマイズにありがちな違いがわからんということはなく、
明確にちがいます。
SE846の音質を調整できるというよりは、DAPなどの再生機との相性を合わせられるという点がいいです。
例えば、
iPod touch直差しの場合は高音が刺さるのでバランスノズルですが、PC+DA300USBで聞く場合は高音が欲しくなるのでブライトノズルです。
再生機にかかわらず好みのバランスを再現できるのは嬉しいです。さすがモニター。

ただ、ブライトノズルではソースによっては高音が刺さります。
ウォームノズルは全体がこもってしまうのでナシでした。多分今後も利用しません。

補足ですが、ノズルが交換できるためステムが金属製です。(かっこいい)

【低音がすごい】
SE846がすごいのは何と言っても低音です。
量、質ともに素晴らしいものがあり、今回、購入に至ったのもこの低音に感動したからです。
低音がすごいだけで、曲が変わります。
・コントラバスですら手の動きがわかるくらい鮮明
・ロックのバスドラのスピード感が増して迫力UP
・よりノれる打ち込み
などなど、幅広いジャンル聴くのでとても気に入ってます。
いろいろ視聴しましたが、この楽しさはSE846以外にはなかったです。

かなりの量の低音が出ていますが、他の音を覆ってしまうことはないです。
なので、低音マシマシでもSHURE特有の弦楽器が空気を震わせるような細かい表現は健在です。
録音がいいソースだとアコギのボディに手を置いた音も再生するので、曲に浸れます。
どの楽器がどこらへんにあるか想像できてしまうレベルなのはSE535と同じです。
これからも新しい発見がたくさんあると思います。
ただ、低音が強いソースでは結構しつこいと感じる時もあります。

悪い点↓
あまり音質が良くないソースや強めの圧縮かけた音源では、SHURE特有のキンキンする感じが健在です。。。
SHUREのイヤホンはソースや環境に左右されやすいからあまり好きじゃなかったんですが、SE535に比べればマシです。
ノズルも変えられるし。

【基本性能が高い】
フィット感や遮音性、取り回しはイヤホンの基本性能と思ってます。これが低いと聴けません。。。
最近は10万越えやそれにちかい高級機がたくさん発売されていますが、基本性能が価格に見合ってないものが散見されて残念です。。。
その分、SE846はフィットするし、遮音性高いし、取り回しも良いです。
付属のイヤピも使いやすいです。(これ誰が使うの??っていう付属品まで入ってます。)
音質以外もしっかりできてるのはSHUREのいいところですよね。
ただ、ケーブルはちょうどいい長さのものが付属していないので適当な長さのものを買おうかなと思ってます。

【携帯性】
キャリーケースがついています。

【総評】
最近はいろいろなメーカーがイヤホンを作っているので、聴き比べが楽しいですね。
ただ、いい音なイヤホンはたくさんあるけども感動したのはSE846だけです。
これを使ってから他のイヤホンをつけるとなんか足りないな〜と感じるし、
ポップスもノレないし、新しい音の発見もないし、、、と色々と不満が。。。

キンキンする時もあるけれど、SE846じゃないと気づけないような音や表現がたくさんあります。
ローパスフィルターを作るような技術もあり、SHUREは他のメーカーにはない技術があるなーと感じます。
ただドライバ増やしただけのイヤホンとは作りも音も別でした。
SE846を超えるようなイヤホンが出てくるまではずっと大切に使います。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

チョンボ君さん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:97人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
74件
イヤホン・ヘッドホン
4件
10件
動画編集ソフト
0件
11件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性無評価
   

   

あまり派手なのは好みではないので、ブラックを選択しました。
リケーブルで「onso iect_04_bl4m」を選び4.4mmバランス接続でNW-WM1Aに接続しています。
またノズルは「ブライト」で、イヤーピースに「茶楽音人 SHURE用 SpinFit(Lサイズ)」を使っています。

見た目は地味系で、ケーブルの取り回しが良くタッチノイズもほとんどありません。
(メガネをかけると多少の「こすれ音」が出ますが)


【デザイン】:☆5
「シュア掛け」という呼び名があるくらい、この方式としてはとてもカッコ良い。
質感も高く工業製品としての品質も高いですね。


【高音の品質】:☆5
【低音の品質】:☆5
ノズルを変えて調整できるので、自分の場合は「ブライト」ノズルでの評価です。
ブライトは高音寄りになるとのことですが、そのとおりで高音については文句の付けようがありません。
低音は若干抑え気味になりますが、イコライザでチョッと上げれば十分満足できるレベルに戻ります。
バランスノズルが悪いわけではなく、面白みが足りないかな?という感じだったのでブライトノズルにしました。
ウォームノズルは音が籠った感じに聴こえたので、使うことは無いでしょう。

イヤーピースは、純正では購入時装着のフォーム(Mサイズ)が一番フィットしましたが、少し低音が抜けるように感じたので、シリコン系でフィット感の高い「茶楽音人 SHURE用 SpinFit(Lサイズ)」を選んでいます。
装着は、イヤーピースを耳穴に入れるのではなく、耳穴の手前に置いて耳穴を塞ぐ感じです。
圧迫感もなく、音漏れもしないので自分的にベストフィットです。

ケーブルは取り回しとバランス化優先で選んでいます。
(あと、なるべく地味な外観)
高額ケーブルに比べて、音質への影響はあまり無いように思います。


【フィット感】:☆5
ピッタリと耳に納まり、耳の一部のようです。
全く違和感がなく、ユニバーサルイヤホンでも十分だと思わせてくれます。


【外音遮断性】:☆5
【音漏れ防止】:☆5
イヤーピースを交換しましたが、遮音性は純正でも同様です。
DAPを停止させると外の音が少しは聞こえますが、試聴中は全然聞こえません。
外からも入ってこないし、外にも漏れない、優秀な遮音性です。


【携帯性】:無評価
onso のケーブルは最初「なんじゃコレ?」と思うほど細く、やわらかいので、リケーブルで収納性が向上しています。
ツールキットのケースに余裕で入るので、ツールキットケースをイヤホンケースにしました。
もともとツールキットはパンパン状態で詰まっていたので、約2倍の大きさのケースに移し替えています。
純正状態の携帯性は無評価としましたが、現状では☆5の状態です。


イヤホンは他にソニーのMDR-EX1000も所有してバランス化しており、これもなかなか優秀なイヤホンです。
SE846とは「外音遮断性の要否」で使い分けています。
ただ音楽を聴くこと「だけ」に関しては、MDR-EX1000よりSE846の方が優れていると感じます。
しかし、外を歩き回るなら遮音性の高さはチョッと危険かな。
SE846は「安全な場所で」音楽を聴くには最高で、とても満足しています。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

SE846
SHURE

SE846

最安価格(税込):¥98,913発売日:2013年 8月上旬 価格.comの安さの理由は?

SE846をお気に入り製品に追加する <714

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホン・イヤホン]

ヘッドホン・イヤホンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意

SE846の評価対象製品を選択してください。(全4件)

SE846CL-A クリスタルクリアー

SE846CL-A

SE846CL-Aのレビューを書く
SE846K-A [ブラック] ブラック

SE846K-A [ブラック]

SE846K-A [ブラック]のレビューを書く
SE846BNZ-A [ブロンズ] ブロンズ

SE846BNZ-A [ブロンズ]

SE846BNZ-A [ブロンズ]のレビューを書く
SE846BLU-A [ブルー] ブルー

SE846BLU-A [ブルー]

SE846BLU-A [ブルー]のレビューを書く

閉じる