フォルクスワーゲン パサートレビュー・評価

このページの先頭へ

パサート のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
パサート 2015年モデル 4.23 自動車のランキング 12人 パサート 2015年モデルのレビューを書く
パサート 2011年モデル 4.69 自動車のランキング 15人 パサート 2011年モデルのレビューを書く
パサート 2006年モデル 自動車のランキング 0人 パサート 2006年モデルのレビューを書く
パサート 1997年モデル 自動車のランキング 0人 パサート 1997年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 13人 -

パサート 2015年モデルの評価

  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.56 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.68 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.10 4.12 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 3.77 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.00 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 4.56 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 3.67 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
8件
腕時計
3件
3件
デジタルカメラ
0件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費4
価格4

【エクステリア】
角張ったデザインで、オーソドックスなセダンという感じです。ショートノーズでビッグキャビン。死角が少ない点も素晴らしいと思います。

【インテリア】
185cmの自分が運転ポジションを取り、その後席も余裕があります。このサイズのセダンとしては最大級の広さでしょう。しかもトランクも広大です!
シートも大ぶりで長距離も疲れにくいです。
インパネからダッシュボード周りのシンプルかつ高級感の漂うデザインも気に入っています。

【エンジン性能】
実用域のトルクが太く使いやすいです。7速GSDと相まって小気味の良い走りを可能としています。ただし高回転域は苦手で、エンジンブレーキも全然効きません。

【走行性能】
基本に忠実な、いかにもフォルクスワーゲンらしい真面目なセッティングです。発進時・ブレーキ時も常時フラット感を保ちます。

【乗り心地】
タイヤも55偏平なので、まずまず良好です。
重厚感と軽快感を両立し、とても静かです。

【燃費】
おとなしく乗ると街中12キロ、高速20キロを記録します。とても優秀だと思います。
東京・盛岡往復1100キロを無給油で走りました。

【価格】
車格や丁寧な造り込み、高級感ある外観からするとコストパフォーマンスは良いと言えます。

【総評】
地味ながら良いクルマです。前車がディーゼルでしたので、乗り換えた時はハイブリッド車かと思う程の静けさでした。
唯一の不満は全く使い物にならないナビゲーションくらいでしょうか。
もっと評価されても良い素晴らしいクルマだと感じています。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年10月
購入地域
東京都

新車価格
379万円
本体値引き額
45万円
オプション値引き額
0円

パサートの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

クルモモパさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:65人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
2件
2件
スマートフォン
1件
2件
ノートパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

【エクステリア】
フルモデルチェンジの外観に惚れ購入
2016年当時、今では普通になっているレーダークルーズや
衝突防止装置など安全装備がフル装備で備わっているのも魅力の一つでした。

【インテリア】
インテリアは少し地味ですが高級感はあります。
ナビはダメかな(グーグルマップと比較して)
今後スマホ連動が標準になればよいかと思います。

【エンジン性能】
エンジン性能は、皆さん2000回転以下では使えないと書いてますが
急発信、急加速しないような運転では問題ありません。
アイドリングストップは介入しすぎるので、普段街中ではオフにしてます。
ウインカー連動で切れればいいのですが。
高速は、かなり伸びます。1.4lですが以前の2.4lより早いです。
ちなみに数十年ぶりのターボですが
最近のターボ車は暖機運転が必要がないとのことに驚き
(もちろんすぐには回しませんが)

【走行性能】
とにかく車重が軽い(クラウンに比べ約200kg軽い)ので扱いやすいです。
ブレーキもよく効きます。
長く乗るうえでのタイヤやブレーキへの負荷が低いことが保証されます。
大きいですが見切りもよく小回りが利きます。高速でもかなり安定しています。
DSGは昔マニュアルに載っていた人であればかなり懐かしいフィーリングに
感じると思います。私は好きです。

【乗り心地】
国産に比べて少し硬いですが
気になりません。
家族曰く、後部座席は広くかなり快適だそうです。

【燃費】
通勤(片道10km渋滞あり) 12km/l 高速 18km/l 
エコ運転で20km/lでました。

【価格】
ベンチマークに、クラウン、アウディA3,、ベンツCLA、プリウスと比べましたが
安全装備を含めるとコスパは1番 
オイル交換も15000km毎に交換ということ関心しました。

【総評】
11年ぶりの買い替えでかなりテクノロジーの進化を感じました。
せっかくの新車で今後10年乗るのであれば
最新のテクノロジー搭載のものを買いたかったので満足です。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年2月
購入地域
愛知県

新車価格
414万円
本体値引き額
65万円
オプション値引き額
15万円

パサートの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぐーひぃさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:47人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デスクトップパソコン
0件
7件
自動車(本体)
3件
0件
冷蔵庫・冷凍庫
0件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格4

【エクステリア】 
可もなく不可もなく無難な落ち着いたデザインです。意外とテールのデザインが好き。

【インテリア】 特に高級感はなくいたって普通の印象。シート生地があまり好きではなかったのでシートカバーを装着しました。

【エンジン性能】 
低速〜中速域では1400ccとは思えない加速ですが、高回転まで回すとイマイチでした。
普通に乗る分には十分な性能です。

【走行性能】 
ハンドリングも良く加速も良いのでついついスピードが出がちでした。

【乗り心地】 
多少硬めの乗り心地ですが、至って快適でした。

【燃費】 
街乗り10km/l前後、高速15〜16km/l、通勤では郊外メインで13〜14km/lでした。

【価格】 
3年落ち総額170万円で購入。安いと思います。

【総評】 
日本ではイマイチ人気がないらしく、ほとんど同じ車とすれ違うことはありません(笑)。でも基本性能も良く室内も広くとても乗りやすい良い車だと思います。
3年半ほど乗りましたが故障がなければもっと長く乗りたかったクルマです。

ただ、この3年で故障が3回。
@リアブレーキの辺りのセンサーが故障。18,000円くらいで修理。
Aラジエーターからの液漏れ。38,000円くらいで修理。
Bミッション交換。見積もり100万円前後、中古部品を自身で手配し26万円くらいで修理。
とても100万円もかけて修理する気になれなかったので、中古部品で修理を依頼するも、ディーラーでは中古部品がないとのことで自身で部品を探し出し、修理してもらった。
もともと壊れやすい部品で、5万km前後で壊れる場合も多々あるとのこと。
今回の中古部品も4万km強の走行距離の物だったため、次壊れたら中古部品がなく、修理費用100万円の可能性も高いため、今回売却に至りました。
クルマ自体には大変満足していて長く乗り続けたかっただけに残念でした。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった17人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

船っしーさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:59人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
2件
17件
自動車(本体)
2件
10件
掃除機
2件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格5

《エクステリア》
顔→横の直線基調が幅広く車体を低く演出
サイド→こちらも触ったら切れちゃうじゃないとい思わせる鋭い出っ張りから出来る陰が車のシャープさを演出
リア→派手なテールではなく捻りのない感もありますが、Rラインに設定されているなんちゃってデュアルマフラーがボリューム感とスポーティー感を演出。一番きにいっています。
《インテリア》
室内は、スイッチ類すべてLED,視認性がいいです。
ドア内側のラインがヘッドライトと連動して点灯。優しい優雅な空間を演出しています。
メーター類も見やすく、メーターインフォメーション画面には、速度をデジタル表示に変えられ◎。
リアシートのアームレストは、ドリンクホルダーのみと以前乗っていた車から比べますと見劣りしますが、前車に乗っていた時は、殆ど使ってないので問題無し。
《エンジン性能》
アイドリングストップ。ギアをDにしたままでも自動的にパーキングブレーキが作動。アクセルオンでスムーズに発信します。
1.4Lエンジンは、非力かと思いきや車体の軽量化も有、問題無し。軽く踏んでストレス無くトップスピードに到達します。
《走行性能》
ブレーキの利きは、非常にいいです。流石アウトバーンで育ったメーカーです。但しハンドルのキレは今ひとつで、意外と小回りは、厳しい感じがしました。
ACCの機能は、素晴らしい。ミリ波レーダー+カメラ探知は、一般道でも車線を感知しハンドルを自動で調整してくれます。
ナビには、オービス通知の機能有。
《乗り心地》
シートは、硬すぎず柔らか過ぎずやっぱりドイツ車のシートは、良いです。腰痛持ちの私には最高。又クローズBOX内は冷気が、入るため飲み物を冷やすのに役立ちます。
全席のセンターアームレストは、高さ・前後の調整が出来るので自分のドライビングポジションに合わせる事が可能です。
前車エアサスを乗り継いできた為、若干硬いイメージですが、17インチならばそれも感じないと思います。遮音性は、抜群です。
《燃費》
街中14〜15km
《価格》
安くは、ありませんが、同等の安全性能、燃費等を考えると他にライバルはいない価格帯かと思います。
《総括》
1.安全性
2.居住性
3.燃費
4.多機能性
5.遮音性
等、個人的には、大型サルーンに乗っており
主に夫婦2人で乗る方
若い時みたいにスポーツカーに乗りたいけど車の乗り降り、快適性が損なわれるのはちょっと!という方には、おすすめの車かと思います。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年5月
購入地域
東京都

新車価格
460万円
本体値引き額
40万円
オプション値引き額
0円

パサートの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

fuku1020さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:84人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
66件
スマートフォン
1件
11件
タブレットPC
0件
8件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費5
価格4

いまパサートセダン以上にかっこいいと思える車は日本車、外車含めてありませんでした。
端正なデザインはとても気に入っています。
トレンドラインなので、シャークフィンアンテナはついていません。トヨタクラウンと並べてとめていますが、ルーフラインだけでも勝ってます。

インテリアは不満はありません。
木目とか合皮とかが嫌いなので、アルミパネル?の無機質な感じが気に入ってます。ごく一部ですが、ピアノブラックの部分が不満といえば不満です。

乗りあじは、まあまあです。クラウンと比べて不満は感じません。一点、出だしのトルクなさ加減は気になります。改善されるといいですね。

燃費は街乗りで15kmくらいでてます。全く不満はありません。

AppleCarPlayは使えます。iphoneつなぐとすぐナビ画面になるし他の操作も含めてストレスなく反応も速いです。ナビはマップアプリなので地図が味気ないですが、実用上はこれで十分です。これからどう発展していくかも楽しみです。

僕にとってのベストグレードは、「ナビなしコンフォートライン」だったのですが、在庫どころか「見たことがない」との事でトレンドラインにしました。

正直いうと、経年劣化という面でフォルクスワーゲンはトヨタ日産に及ばないと思っているので、こういうデザインの国産車が出てくる事を願っています。
最近は韓国車の方がかっこよく見えます。

以下、1ヶ月乗った再レビューです
乗り心地と走行性能について星ひとつ落としました
ミドルクラスセダンとしてふつうです
クラウンと比べると静粛性やしなやかさは劣ります
もちろん満足はしています

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車

参考になった20人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

松下宏さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

パサートはフォルクスワーゲンの力作ともいえるアッパーミドルセダンである。ゴルフに次いでMQBと呼ぶ開発手法を採用した第二弾のモデルで、いろいろな意味で進化を見せている。

本来なら、メルセデス・ベンツがAクラスやBクラスなどによってコンパクトカーの市場で勢いを得ているのに対し、反攻ののろしを上げるのがパサートであるはずだった。残念ながらフォルクスワーゲンは、2015年にディーゼル問題でミソを付けてしまったため、メルセデス・ベンツに対する反攻どころか、パサートの本命であるディーゼル車の投入も当面は見送らざるを得ない状態になっている。当然ながら売れ行きも低迷している状態だ。

そんなパサートにはフォルクスワーゲングループジャパンが富津市のゴルフ場をベースに開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗車はTSIハイラインだ。なおパサートヴァリアントについては別にレポートしているので参照されたい。

外観デザインはすっきりした印象を強めながらも、基本はフォルクスワーゲンらしいオーソドックスなセダンデザインとされている。ボディサイドに入った水平基調の明確なプレスラインが伸び伸びとした印象を与えている。インテリアも同様に機能性を追求したフォルクスワーゲンらしいデザインに加え、上級車のパサートらしい質感が付与されている。

ボディサイズは全幅を少し拡大し、全高を少し低くしたものの、全長は変わらず全体的にもほぼ同じサイズである。それでいながらホイールベースは80mmも延長されていて、これが居住性などに貢献する。全長を変えずにホイールベースを延長するのは、MQBの成果のひとつともいえるだろう。逆にボディサイズが1800mmを超えているのにさらに拡大されたのは、日本市場に対する配慮がなされていないことを意味している。

試乗車に搭載されるのは直列4気筒1.4LのTSI(直噴ターボ)仕様エンジンだ。従来のモデルにも同じ1.4L直噴ターボが搭載されていたが、今回のエンジンは新開発のエンジンで、動力性能は90kWから110kWへと大きく向上している。同様にトルクも200N・mから250N・mへと向上した。組み合わされるトランスミッションは7速DSGで、パドルシフトによる操作も可能だ。

新エンジンの動力性能は少し軽くなったボディに対して余裕十分の実力を持ち、市街地でも高速クルージングでも、何のストレスも感じさせることのない滑らかな走りを実現する。今回は高速でも一定以上の距離を走らせたが、乗り心地や静粛性のレベルも高く、満足度の高い走りが得られた。コンフォートラインを選べばタイヤサイズが17インチになるので、さらに乗り心地が良くなると思う。

高速クルージング中には燃費表示も常にJC08モード燃費の20.0km/Lを超える数字が表示されていて、燃費の良さも相当なレベルにあると感じられた。

装備や仕様も充実していて、安全装備もミリ波レーダー方式の自動ブレーキを採用するなど、最新の仕様が用意されている。快適装備も充実したものが用意されて414万円の価格は、絶対的には安くないが、納得できる水準にあるといえるだろう。

パサートは、乗っていてとても良いクルマであると感じられる一方で、華が感じられなかったのもまたひとつの特徴である。内外装の質感向上が図られているとはいえ、パサートを買いたい!! と強く感じさせるものに欠けている。このままでは、今回のパサートも“乗るといいクルマなんだけどねぇ”というだけで終わってしまうのではないか。

ディーゼル問題で“派手ではないがまじめな自動車メーカー”というフォルクスワーゲンの企業イメージ大きく毀損してしまった今、なおさらにパサートの売れ行きに不安を感じる。

レビュー対象車
試乗

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

dysphylaxiaさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:338人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費無評価
価格3

コンフォートラインのセダンを半日お借りして試乗した感想です。ゴルフ6が以前のマイカーでした。日本車なら内装にかけるコストを運転支援システムにまわし、結果的に価格と内装の質感が釣り合わない、そんな感想を持ちました。B7時代のパサートと比べて価格も内装も見劣りするということではないので、あくまでも同価格帯の日本車と比較した観点です。

【エクステリア】
心躍るような外観です。直線が主体で、かつ、セクシーさも感じる素晴らしいデザイン。お尻は見劣りするのですが、ワーゲンだと思えば押しが強いテールは似合わない。これで良いと思いました。格納すると上を向くドアミラーも格好いい。駐車場に停めていると、通りすがりの家族が振り返りながらパサートを見ていました。知名度の低い車なので、「あれが排ガス問題で話題のワーゲンだよ」ということではなく、単純にデザインに惹かれていたのではと想像します。

【インテリア】
Cセグメントのゴルフと代わり映えしません。同じコンフォートラインで比べて約70万円の価格差は内装には使われていないようです。細かく見れば、簡易的なパワーシートの採用だとか機能面の差はあるのですが、ゴルフと同じクラスの車だと諦めるべき質感です。ゴルフを大きくして薄めたような、そんな印象でした。

センターコンソールの質感は、まさしくプラスチック。純正ナビとLEDヘッドランプのセットオプションを付けて400万円近い車とは思えません。コンフォートラインの場合、ドアの取っ手の内側もプラスチック。触ると手と心が冷えます。他に残念だった点をあげると、シートの角の処理、ドアを開けたときに見えるダッシュボードのわき腹、そのダッシュボードはメーターの上を軽く叩くと、ぶるぶると振動します。内装の各部を軽く押すと、隙間が出来るような組み付けはドイツ製らしくない。

内装ではないですが、ドア・ヒンジが小さくなって頼りなさげな印象。従来と同様に鍛造品なのですが細くなった。見えにくいところにコストをかけているところがドイツ車らしかったのになぁ。

ハイラインの展示車も見ましたが、日本車のような合成皮革の内張りはなく、縫い目も作り物。

【エンジン性能】
必要充分なのですが、7速DSGとの相性は良くないと感じました。プログラムの書き換えで改善されるのかもですが、今のままでは未完成だと思います。具体的には、回転数が落ちている状態からの加速の鈍さ。たとえば、前を走る車が左折のために減速した後に、前が空いたので再加速するようなケース。あまりにもじれったい。そして、上り坂での低速からの加速。エンジン音だけが響き、速度はあがらない。これらの場合は、アクセルを踏む前にパドルでシフトダウンするなどのドライバーの小技が必要なのかもですね。

おそらく、最大トルクが2000回転弱から発生し、それ以下の回転数では極端にトルクが小さいのだと思います。その状態では、直噴ターボではない普通の1.4リッターのエンジンの実力なのではないでしょうか。

一方で、回転数を5千回転くらいに上げれば、後ろのほうから、小さいながらも気持ちのよい排気音を聞く事ができます。上品で良い音です。

【走行性能】
前方の道路が空いたので、加速しながら車線変更をしてみました。軽いロールとフロントが僅かに浮く感触を予想していたのですが、感覚的には完全な水平を保ち、予想外の乗り味でした。まるで、路面から1センチ浮き上がって走っているような、不思議な感触です。実に品が良い。

しかし、カーブでは、ゴルフで感じられるような路面に吸い付く感触はありませんでした。ちゃんと曲がるけど、四輪ではなく前輪だけで曲がっていくような。少々、楽しさに欠ける乗り味です。

【乗り心地】
良いです。坂道のスピード警告用の横線を乗り越えるのが苦になりません。警告の意味がないかも。(笑)

【総評】
内装ではなく運転支援システムに価値を見出すなら買いなんでしょうね。でも、まだ未完成なのではないかなぁ。横をバイクが走り過ぎていく際に、ドアミラーの警告等が点灯しませんでしたし、街中でのインテリジェント・クルコンは、突然に前車が車線変更した際など、ちょっと怖いケースもありました。前方が赤信号の時でした。全車速対応と言っても、あくまでも高速道路用なんですよね。運転支援機能は、信頼できないなら使えないと個人的には考えます。不安を感じながら頼る?運転支援ではなく、万一の保険と考えればよいのか。そして、DSG。低トルクの低回転域での対応策を組み込んで欲しい。

レビュー対象車
試乗

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

くらっち33さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:401人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4

【エクステリア】
ゴルフよりも高級車っぽくワイド&ローなエクステリアがカッコイイです。
ドアハンドルに重なるサイドのプレスラインが質の高さを感じさせます。

【インテリア】
VW定番の質感が高く機能的なインテリアは好感が持てます。

【エンジン性能】
1.4Lのダウンサイジングターボは想像以上にパワフルです。
自分の車が1.2Lのダウンサイジングターボなのでその感覚でアクセルを踏み込んだら背中を蹴飛ばすようなトルクが発生してちょっとビックリしました。高速での合流や追い越し等の場面では素晴らしい性能を発揮しそうです。

【走行性能】
街中での試乗でしたので、直進安定性とかはよく分かりませんでしたが、静粛性が高く、足回りもしっかりしていた印象です。
斜め後ろの死角に車がある際に、サイドミラーの内側のランプでそれを知らせてくれるので、車線変更時に目視の必要が無いくらいです。
この装備は自分の車にも欲しいと思いました。

【乗り心地】
試乗中に渋滞になり、ストップ&ゴーを繰り返す場面でDSGのギクシャク感がありました。
ACCを使えばギクシャク感は無いかもしれませんが、同乗した営業さんがACCの設定方法が分からず試す事が出来ませんでした。
車幅が1830mmありますが、それを感じさせない取り回し易さがありました。

【燃費】
試乗なので評価できませんでした。

【価格】
下位グレードでも安全装備が標準で付いていて価格的にも攻めていると思います。

【総評】
先代と比較すると洗練されたエクステリアと先進安全装備が売りでしょうか。
性能と装備と価格のバランスが良く大変良い買い物になると思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

外川 信太郎さん

  • レビュー投稿数:235件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール神奈川県藤沢市生まれ、現在茅ヶ崎市在住の湘南中年。少年期に5年間イギリス・ロンドン、スコットランド・エディンバラに在住していた事から、欧州車に興味を抱いたきっかけになった。慶応義塾大学卒業後、出版社に入社。輸入車専門誌にて執筆、編集を担当…続きを読む

満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

直線を基調としたマスクはRラインではさらに際立つ。

全長4785×全幅1830×全高1470mmの堂々たるボディサイズ。

ヒップラインもスタイリッシュでクリーンな印象。

試乗車には19インチホイールが装備されていた。

水平基調のインテリア。シートにはRの刺繍が入る。

大きなノーズがヒラリと向きを変えてくれる。

前回のレビューでは、パサート ヴァリアントハイラインを記しましたが、今回はパサートの中では最上級グレードとなる「パサートRライン」をメーカー主催の試乗会にて、高速道路を中心に試乗を敢行してきました。

フォルクスワーゲンの次世代プラットフォーム「MQB」についての説明は今回割愛し、実車そのものについて述べたいと思います。

初対面の「パサートRライン」は、水平ラインを特徴としたフロントグリルがプレミアム感を演出しており、「Rライン」ではフロント・リアバンパー、サイドスカートなど専用品で纏い、よりスポーティ感を醸し出しています。価格は460万9800円。この存在感には、もっと高いクルマに見えることでしょう。

インテリアは、水平基調のデザインにアルミニウムデコラティブパネル、ドアシルプレートが装飾され、硬派な印象。「Rライン専用」では他に、小径のレザー3本ステアリング、Rのステッチ入り専用スポーツシートなど多岐に渡ります。メーターデザインは全車共通で独VDO社製。260km/hまで刻まれています。

スタート/ストップボタンを押しエンジンを始動させると、想像していたより、威勢のよいサウンドがキャビンに届きます。
走り出しはいたって滑らか。街中でもトルクフルで、アクセルに軽く足を乗せているだけで十分な加速が得られます。先代でも「1.4リッターでここまで走るのか、」と驚いたものですが、28psの出力向上は顕著で、どこから踏んでも、俊敏に速度を上げてくれます。

直列4気筒DOHC 1.4リッター直噴ターボエンジンに7速DSGを組み合わせ、最高出力150PS/5000-6000rpm、最大トルクは250Nm(25.5kgm)/1500-3500rpmを発生するエンジンは、高速道路に乗っても十分速く、アクセルを踏み込むと、なかなかの快音と共に、力強く加速していき、気がつけば日本離れした速度域まで極めてフラットな姿勢を保ちながら、誘います。
先代の122psでは、ここぞ!という時に思ったような加速が得られずアクセルを底まで踏みつけるようなシーンもありましたが、新型パサートにはそのようなことは皆無でした。

また、低負荷時などには、頻繁に2気筒運転に切り替わりますが、一体いつ切り替わったのかわからないほどで、計器類の中に表示されるインジケーターをみて始めて現在の燃焼状態を確認するほど滑らかです。アクセルを踏み、4気筒運転に回復した際ももたつきなどもなく、スムーズ。このあたりは、大きく進化していると感じました。

今まで地味な存在のパサートでしたが、この8代目からは違います。押しの強いフロントマスク、エッジの効いたボディライン、先進の安全装備・・・・。そして、JC08モード燃費は全車20.4km/Lという経済性。

ミディアムセダンをご検討している方、国産ハイブリッドも素晴らしいですが、元祖ダウンサイジング化に成功した同車も候補に入れてみてはいかがでしょうか。




レビュー対象車
試乗

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マグワイヤさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:831人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格3

試乗という事にはなりますがディーラーさんから丸一週間お借りし500`ほど走行した感想です。

【エクステリア】
とにかくカッコいい。ギラッとはしているけど下品ではない。これだけでも買う価値はあると思います。離れて斜めからの眺めが前も後ろも良い。つい見いってしまう美しさです。

【インテリア】
乗りだし400万越える値段の割には普通すぎるかなとは思います。フォルクスワーゲンブランドだから機能性重視なんだなと思えば納得はいきます。シートを最大まで下げてもアイポイントが高いのは個人的には大きなマイナスでした。ただ後から少しだけ乗らせてもらったコンフォートラインは下げるのは手動ですがもうあと2pほど下がったのであれなら良いかなと思います。見きりが良く非常に運転がしやすい。何もストレスなく違和感もなしにすぐ乗れてしまうのは何気にすごい。

【エンジン性能】
極低速だとまだDSGのギクシャクは若干ありますね。流れに乗れば非常にスムーズで静かで快適。TSIエンジンはやはり素晴らしい。上り坂ではゴルフより重い上1.4Lなので余裕綽々とはいきませんがストレスは皆無です。

【走行性能】
走り味はゴルフ的な感じですが重さがあるぶん重厚で紛れもなく高級車な感じです。足は固くもなく柔らかくもなく絶妙。どの場面でも不満は感じないと思います。ハンドルはゴルフよりも重めで個人的には好み。

【乗り心地】
これで不満を感じるようでは車には乗れないと思うくらい快適。うちの先代Cクラスより乗り心地は間違いなく良いです。ほとんどの衝撃はボディの下で収まってる感じ。静粛性と乗り心地は400万以下ではおそらく最高。

【燃費】
試乗期間ではリッター17`あたりをいったりきたり。20`を越えることもしばしばあったので良いほうかと思います。

【価格】
安全面を考えればすごく安いとは思いますが実質買う人はコンフォートライン以上のグレードでLEDにナビは付けるとしてトータル450万あたりにはなると思います。ここまでくると3シリーズやCクラスにも手が届きますのでどこに価値をみるかでかわりますね。トレンドラインでも満足できるのであればお買得だと思います。

【総評】
素晴らしく良くできた車でフォルクスワーゲンが本気で力を入れて作ったのが伝わります。乗り心地が良く静粛性も非常に高いのですが他のプレミアDセグと比べれば楽しさでいえばあと一歩なのかなとは思います。ただそれぐらいしか欠点が見つけられないほど完璧に近い車だとは思います。来年出ると噂されるディーゼル仕様が出れば購入を検討しようと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

urapediaさん

  • レビュー投稿数:85件
  • 累計支持数:707人
  • ファン数:4人
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格4

【エクステリア】
スッキリきれいで、
八方美人なエクステリア。

クセの無さが特徴。

【インテリア】
これまたクセの無い、
嫌われない内装。

【エンジン性能】
本当に1.4か⁉︎と疑ってしまう。
3リッターV6と互角以上だ。

【走行性能】
なかなか素晴らしい。
ステアリングも軽すぎず、
運転しやすい。

【乗り心地】
足回りもなかなか優秀で、
軽快な走りと相まって、
長距離移動も楽々でしょう。

【燃費】
リッター20kmだって。
走りもなかなか良いし、
ダウンサイジングターボを選ばない理由が
こうなると見つけにくい。

【価格】
納得感の高い価格設定。

【総評】
時代は変わったんだな、
と思わずにいられない。

ディーゼルとダウンサイジングターボが
これからは主流だ。

レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

児童運転さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:180人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能3
乗り心地3
燃費4
価格2

パサートセダン・ハイラインを、市街地、山道、高速(山岳地帯)を計100km程度、試乗しました。
高速道路(100+α)での燃費は、ほぼACCを使い、登坂車線で少し頑張ったのを含めて、17.7km/Lでした。おそらく高速だけならこの燃費以上になると思います。

【エクステリア】好き嫌いはあると思いますが、クリーンでスッキリしていると思います。

【インテリア】同程度の金額の国産車よりおしゃれな感じですが、建て付け等の精度がよいか?と言われれば、国産車と同程度で、見せ方を工夫しているぐらいです。シート等は180cm程度の中肉中背体型でちょうど良い感じです(少なくとも身長が150cm台の女性では大きく感じる)。後席も前席を180cmで合わせて、後席に180cmが乗っても狭く感じないため、必要十分だろうと思います。
ハンドルやペダルの位置関係も、ゴルフではハンドルが左に寄っていますが、パサートはほぼ正中にあるため、体をよじった感じにならなくて良いです。ただ、右足は若干窮屈です。
トランクは容量が大きいですが、意外に開口部があまり大きくないため、大きなもの(折りたたみ自転車等)を積む際には気を使いますので、使用スタイルに応じて要確認です!

【エンジン性能】エンジンに何を求めるかですが、必要な出力を必要な程度出すという点ではよいと思います。エンジン音とか排気音とかの官能性はありませんが、実用十分なパワープラントです。登坂車線のある高速道路(4%登り勾配)でも、追い抜きをかけて120程度までなら、変なうなり音を出さずに加速できます(国産車は平坦路巡航は静かでも加速時に音が大きめになる車も多い)。なお、2気筒と4気筒の切り替えは表示を見なければ、ほとんど分かりません(気にしなければまず気付かないと思う)。

【ミッション】DSGは発進時も含めてスムーズで、通常のトルコンATと遜色ないところまで来ています。ただ、アイドリングストップに関しては、ブレーキホールドをしていると、発進しようと思ってアクセルを踏んだ際に、エンジン始動と同時にブレーキホールド解除となり、唐突にトンという感じで発進するため、スムーズさに欠けます(ブレーキホールドをしていないと、フットブレーキを緩めるとエンジン始動、その後アクセルを踏んで発進という感じで違和感はほぼありませんので、0.1〜0.3秒程度のタイミングの問題)。

【走行性能】サスペンションの伸び側が固めのため、走行時に段差や橋のつなぎ目や、高速道路でもうねりで揺さぶられます。本国でどの程度の速度での巡航をターゲットとした味付けなのか分かりませんが、エンジン性能から考えると140km/h程度でないかと想像すると、もう少し伸び側をスムーズ(柔らかめ)にしてもよいのではと思います。
カーブに関しては山道や高速のインターから料金所までの下りカーブなどでは、基本的に弱アンダーでどちらかというと鷹揚な印象で、目くじら立てて走らせるのを目標としていない、実用車として穏やかで良いハンドリングです。また、高速道路でも穏和な性格です。ただ、こういったハンドリングであれば、少なくとも日本の法定速度100+αで考えた場合、もう少しスムーズな味付けもできると思います。

【乗り心地】車内音は、100を超えても急激に車内音が増えないものの、それまでの音は国産同価格セダンと比べても大きめ。路面がざらついた高速道路では、フロアコンソールやドア内張あたりからミシミシキシキシと盛大な音が発生(ざらついた路面の間、ずっと)。ランフラットタイヤが悪い影響をしている可能性や、車の個体差の可能性があるものの、このあたりは要注意!
走行性能にも関係するが、この程度の走安性であれば、市街地ではもう少しスムーズな乗り味でも良いように思います。

【装備】レーンキープアシスト、ACCは、高速ではほぼ十分だろうと思います。基本的に手を添えて運転しますが、細かい進路修正は機械に任せて、人間は監視業務的な役割をするという感じで、かなり省力運転ができます。
トラフィックアシストについては、進路修正はあまり体感しにくいですが、全車速追従については、機械の特性を掴めば自動でストップすることを任せることができます。自動でストップした後に、クリープで進み始める車(日産の全車種、スバルの低価格車?)も多いですが、プログラミングの方向性としては、ストップしたらストップしたままを保持してくれない意味が理解できませんので、パサートのようにストップを保持してくれるのは便利ですし、止まった後は人間の指示がない限り止まり続けるという安全の方向に振った姿勢として良いと思います。

【総評】全体として、高速道路の長距離を疲れにくく走れる実用車の位置づけで、峠などを目くじらを立てて走る車ではないと思います。
峠を早いペースで走る時に気持ちの良い車はそれ以外の時には疲れやすいため、何を求めるかによると思います。
ただ、走安性に関して言えば、この程度の走安性であれば、同程度の疲れにくさを持った国産車もいくつかあり、ハイラインの車体本体価格で言えば、国産の同価格帯でもそれなりのセダンがあり、パサートのコストパフォーマンスが良いとは言えないです。
メーカーによって色々なこだわりがありますので、もろてを挙げてパサート(ハイライン)はすばらしいと言いにくいですが、走安性のこだわりではなく、欲しい装備とかに興味があれば買いなのかと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

森口将之さん

  • レビュー投稿数:228件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールフリーランスジャーナリストの森口将之です。自動車を中心に、モビリティ全般を守備範囲としています。自動車については、ブランドやスペックにとらわれず、ユーザー目線でのレポートを心がけています。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務め、日本自動…続きを読む

満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地4
燃費無評価
価格4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ワイドなボディを強調するフロントマスク

リアコンビランプもゴルフと似た造形

モノトーンで統一されたRラインのインパネ

Rラインの前席は本革張りスポーツシートが標準

シートの座り心地は前後とも固め

ゴルフより性能向上を果たした1.4Lターボ

千葉県富津市で行われた試乗会で、通算8代目となったフォルクスワーゲン・パサートの最上級グレード、Rラインに乗りました。

新型のボディサイズは全長4785mm、全幅1830mm、全高1465mmで、先代と比較すると全長は変わらず、全幅は10mm広くなり、全高は25mm低くなっています。ホイールベースは2710mmから2790mmへと80mm延長されました。スタイリングは現行ゴルフ同様、エッジを効かせたシャープな造形で、先代より低く幅広い外寸を強調しています。

運転席に着いてまず感じるのは、横方向の広がりです。助手席側まで伸びるルーバーがその印象を強調します。対照的にウィンドスクリーンまでの距離は短めです。新型パサートは現行ゴルフと共通のMQBプラットフォームを採用しており、前輪とペダルの距離はMQB全車で共通となっています。それがビッグセダンなりのゆとりを感じられない理由になっているようです。
  
シートはRラインでは本革張りで、前後ともカチッとした着座感です。後席は、身長170cmの僕が座ると、足は組めないものの、ひざの前は20cmぐらいの空間が残り、頭上も余裕があります。オートエアコンは前席左右だけでなく、この後席も独立して温度調節が可能です。トランクは先代より広い586Lという大容量を確保していて、実際にも深くて奥行きがあって広大でした。

車両重量は、先代の同等グレードと比べると30kgほど重くなっています。一方1.4Lターボエンジンは最高出力が122psから150ps、最大トルクが20.4kgmから25.5kgmへとアップしており、7速デュアルクラッチ・トランスミッションを介しての加速はまったく問題ありません。静粛性も高いレベルでした。

乗り心地は硬めで、段差が続く路面では跳ね気味になることもありました。しかしペースを上げると強固なボディと豊富なストロークを持つサスペンションのコンビが、しっとりしたフィーリングを伝えてきます。操舵に対する車体の反応がこのサイズとしては鋭いのは、ドライバーと前輪の距離が近いことも関係しているのでしょう。個人的にはサイズなりの落ち着きを望みたいところです。

300万円台前半からという価格は、このクラスの輸入セダンとしてはお買い得です。しかし全般的に機能を重視した設計ゆえ、味わいを感じられないのも事実です。機能主義こそフォルクスワーゲンの味だと理解できるユーザーには魅力的な選択肢に映るでしょう。

レビュー対象車
試乗

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

toutou2さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
0件
17件
自動車(本体)
2件
7件
デジタル一眼カメラ
0件
6件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格4

購入から2年間経過、その印象を記載します。運転が楽、静か、広いをメインにVW-NBから買い替えました。

【エクステリア】
押し出しの強い外観では有りません。このため外車に乗っているぞ、ということを敬遠されるのであれば、目的に叶う外観です。ただ、タイヤハウスの空間をもう少し狭めて頂きたいと思います。
【インテリア]
さらっとしていて、飽きのこない空間です。室内は広々していて後部座席もゆとりが有ります。シートの出来が良いため長時間の移動でも苦になりません。
【エンジン性能】
小排気量の印象を全て覆されます。1.4Lと小排気量なんですが、町中から高速まで必要十分です。DCTの1速目はもう少し熟成が必要です。
【走行性能】
雨・風でも終始安定しております。
【乗り心地】
前部・後部座席共にとても良く、室内はとても静か。標準タイヤはTRANZAのER300。町中でのロードノイズが大きいため変更後、改善されました。
【燃費】
運転の仕方・場所にもよりますが、私の場合は積極的にアクセルを踏むため、信号の多い都心部は8〜10km/l, 高速では14km/lです。
【価格】
適正ではないでしょうか。欲を言えばナビ・etc込みの価格にして頂ければと思います。
【総評】
当初考えていた目的の「運転が楽、静か、広い」は十分達成しました。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2012年5月
購入地域
東京都

新車価格
324万円
本体値引き額
40万円
オプション値引き額
10万円

パサートの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Con.さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
3件
0件
タブレットPC
0件
2件
スキャナ
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格4

【エクステリア】
落ち着いたラインで高級感も有り良いと思います。
ただコストダウン・軽量化の跡がかなり気になりました。
ドアや特にトランクの薄さ、リアウィンカーが電球になっている等…
前モデルのクオリティは維持して欲しかった。

【インテリア】
エクステリア同様コストダウンの影はあっても
内装全体的な仕上げはグッと良くなったと感じます。
センターアームレストがちょっとチープ。
革シートは滑らかで良いのですが、表皮が少し薄い感じがします。

【エンジン性能】
出だしからトルクフルで1.4とは思えない走りです。
100km近くからの加速ではさすがにもたつきます。
高回転から伸びてくるような感じは得られませんが日常使用では
十分すぎます。

【走行性能】
高速道路での巡航が非常に楽。
カーブでも意図した通りに曲がってくれる。

【乗り心地】
段差での突き上げは結構あります。
VWの足回りは硬めなのが売りだと思っているので、良く試乗してから買われるのが良いかと。
風きり音や外からの騒音は非常に抑えられていますが、タイヤのせいか荒れた路面でのロードノイズはかなり感じられます。

【燃費】
2.0Tエンジンよりパワーの余裕が無くなったからなのか、高速域での燃費の落ちが激しいです。
以前は60kmでも100km巡航でもそう変わらなかったのですが。
かなり意識しなければカタログ通りには行かないですね。

【価格】
高くは無いが、ハイラインでOP付けると結構良い値段になります。
メルセデスのCやGLAと価格での優位差はあまり感じられない。

【総評】
良い車であると言えますが、VWはこのクラスの車はあまり得意では無いのかなと思います。
実際売れてるとは言えませんし、ゴルフやビートル、シャランなどがブランドイメージに合ってるのではないでしょうか。
ステイタスは求めず、純粋に良い道具としての車が欲しい方に勧めたい。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2011年3月
購入地域
三重県

新車価格
374万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

パサートの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

この製品の価格を見る

パサート
フォルクスワーゲン

パサート

新車価格:441〜532万円

中古車価格:19〜449万円

パサートをお気に入り製品に追加する <74

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

パサートの中古車 (全4モデル/164物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

qoo10
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意