2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EX レビュー・評価

2008年 6月24日 発売

2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EX

2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EX 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥88,000

タイプ:三脚 全高:30〜1640mm 段数:4段 本体重量:1840g 2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • 2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXの価格比較
  • 2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXの店頭購入
  • 2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXのスペック・仕様
  • 2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXのレビュー
  • 2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXのクチコミ
  • 2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXの画像・動画
  • 2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXのピックアップリスト
  • 2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXのオークション

2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXGITZO

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2008年 6月24日

  • 2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXの価格比較
  • 2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXの店頭購入
  • 2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXのスペック・仕様
  • 2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXのレビュー
  • 2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXのクチコミ
  • 2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXの画像・動画
  • 2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXのピックアップリスト
  • 2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXのオークション
ユーザーレビュー > カメラ > 三脚・一脚 > GITZO > 2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EX

2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EX のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.48
レビュー投稿数:3人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 5.00 4.49 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.67 4.23 -位
収納性 収納のしやすさ 5.00 4.22 -位
操作性 取り扱いは簡単か 4.33 4.32 -位
安定性 安定性は良いか 4.00 4.24 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:32件
  • 累計支持数:119人
  • ファン数:70人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
4件
826件
デジタル一眼カメラ
2件
730件
三脚・一脚
2件
145件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
収納性5
操作性5
安定性4

【デザイン】
 旧タイプのアルミは持っていますが、カーボンは初めての購入となります。
 センターポールがセンターにない構造がほかの三脚と違って目を引きます。
特にセンターポールを倒したときは面白い形だと思って気に入っています。

【携帯性】
 他メーカーの同じくらいのクラスの三脚と比べて特に変わったところはありません。
エルカルマーニュ645との比較では、ほとんど違いは感じません。

【収納性】
 脚の付け根のロック方式がほかの三脚と違うため、その部分が収納時に他の同シリーズの三脚より太くなります。

【操作性】
 脚の開閉とロックの仕方が独特で最初戸惑いました。
脚の開脚角度が自由にセットできるので、風景などでさっと設置、さっと撤収みたいな使い方には向きません。ただ、水平出しは脚の長さで調整ではなく、開脚の角度で調整すれば微調整が楽なことに気づきました。
 マクロ撮影時に今までマクロスライダーを使っていましたが、この三脚ではセンターポールが90度倒せるので必要なくなりました。前後の調整はセンターポールの出し入れで対応できます。
 地面すれすれのローポジションも、センターポールを倒せば後は脚を広げるだけで済みます。

【安定性】
 エルカルマーニュ645との比較では同等もしくはエルカルのほうが少し上です。
これはエルカルのほうが足の太さがわずかに太いからですが。
 センターポールを90度回転させると安定度は非常に悪くなりますが、脚の開脚角度の調整で改善します。

【総評】
 操作に少し慣れが必要ですが、1日使っていれば慣れてきます。
花などのマクロ撮影に特化して使うには、使いやすいです。

 70-200F2.8等の重量級の望遠レンズや180マクロなど望遠マクロで使うのに、この三脚で脚をすべて伸ばしてしまうと少し不安があります。

 当初はエルカルマーニュ645と入れ替えるつもりで購入しましたが、剛性がエルカルの方が上に感じたため、旅行用のULTRA Luxi Fと入れ替えました。

主な被写体
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

forcecrossさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

三脚・一脚
1件
4件
デジタル一眼カメラ
0件
1件
雲台
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性5
収納性5
操作性4
安定性4

携帯性及び狭い限られたスペースでのローポーション撮りが多いならこの4段、
安定性やスピーディなセッティングを求めたい方は3段ということになろうか。

センターポールが長く三脚中心に配置されていないため、
特殊用途向きの意向が強いが、脚が90度まで開脚フリーで、三脚そのもので
水平が取りやすく、ロックレバーもしっかりしているため、構図が崩れない。

カーボン製センターポールの強度については手に取るまで半信半疑であったが、
以外としっかりしており合格点で、上下左右と基本的にカメラ配置は自由自在に配置できるが、雲台もヘッド部分がそれなりにセンターポール台座に干渉しないような
自由に回転可能なものをチョイスしたい。

センターポールを地面に対して平行にして、台座が三脚中心から離すような配置では、
カメラとレンズがヘビー級であれば、重量バランスから絶対に錘が必須なのが、面倒な
ところだ。

プラスティック製のロックレバーの締め付け調整はなく、
経年劣化等により緩んでこないか心配だ。

また細かい点だが、撮影現場でのセッティングや撤収も一般的な三脚に比較すると、
時間がかかる点も見逃せない。

一眼レフボディと70-200F2.8クラスレンズであれば、
配置に気を付けさえすれば許容重量。

それ以外は、機能的に万能なバランスのよい2型4段三脚といったところ。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ゾウチョウチンさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

三脚・一脚
4件
0件
デジタル一眼カメラ
0件
3件
雲台
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性5
収納性5
操作性4
安定性4

静物マクロを撮影の際に、通常の三脚だと思ったようにローポーションが取れない場合
があり、妥協して構図変更を余儀なくする場面が多々ある。

そういった用途には、このエクスプローラーのようなセンターポールの
位置を自由に変えられ、脚の角度を調節する際のロック機能を備えており、
無理な角度での脚の緩みを絶対発生させない三脚が必須である。

ラインナップは3段と4段があり、安定性で3段だが、
携帯性とローアングルの撮影が多く、脚を全て収納した撮影に有利な
縮長が短い4段を選んだ。

一例だが、立ち入り禁止区域内のすぐ近くに被写体である花をマクロで撮りたい場合、
脚を被写体全高付近までローアングルにしてロックし、
センターポールを限度まで被写体まで伸ばし、AFでピントを合わせてレリーズするとか、
地面に生えた草花から空に見上げた構図を撮りたい場合、
センターポール(雲台)を地面擦れ擦れまで下げ、
雲台のカメラ台座を中心部に対し180度配置変更して撮影も出来る。

しかし、それらの撮影を可能にするには、雲台選びも重要だ。
基本的にどの雲台でも装着はできるが、ジッツォGH2750や3750のようなオフセンターボールや、マンフ322RC2みたいな雲台中心に対しカメラ台座部分が180度以上配置転換可能な雲台でないと、この三脚を100%使い切ることは出来ない。

カタログ仕様では、耐荷重12kgとなっているが、
パイプ径が目測で28mm程度とあまり太くなく
使用用途から、限度はハイアマ用一眼(グリップ無)+200mmマクロ程度までだろう。

特殊用途ばかりを述べたが当然通常の三脚として使用しても差し支えないが、
センターポールの配置が、三脚中心からずれているので重量バランスに配慮が必要となる。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EX
GITZO

2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EX

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2008年 6月24日

2シリーズ 4段 エクスプローラー 6Xカーボン GT2541EXをお気に入り製品に追加する <23

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[三脚・一脚]

三脚・一脚の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(三脚・一脚)

ご注意