新着ユーザーレビュー・評価

 > すべて

ユーザーレビュー > すべて

新着ユーザーレビュー・評価

(5691件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
モニタレビュー
ショップスタッフレビュー
ビデオキャプチャ > AVERMEDIA > Live Gamer 4K GC573

西川善司さん

  • レビュー投稿数:16件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールテクニカルジャーナリストの西川善司です。
パソコン、IT全般、半導体技術、グラフィックス技術、ゲーム開発技術、ゲームそのもの、映像技術、映画コンテンツ、自動車とその関連技術、家電製品など、幅広く取材して各メディアに記事を寄稿しています。…続きを読む

満足度5
安定性5
画質5
機能性5
入出力端子4
付属ソフト4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

再生する

作例
本機でFORZA HORIZON4を3840×1080ピクセル/HDR/60fpsで録画した作例

製品パッケージ

PCI-Express x8スロットに挿して運用中の様子

グラフィックスカードがちゃんとx16接続できているかをチェックしよう

【総評】
いろんなビデオキャプチャー製品が出ている中で4K/HDR映像を60fpsで録画できる民生向け製品はまだまだ数少ない。
 そんな中にあって、価格も3万円中盤で買えるこの製品は、このランクの製品ではほぼ決定版とも言える製品だ。

 まず、便利なのは看板機能となっている4K/HDR/60fps映像の録画に対応しているところ。これは、まだ登場して間もない8K映像を除けば現状最上位の映像を録画できることに相当する。とりあえず、一番高機能の製品を買っておこうという人には、選択肢の筆頭に上がる製品となろう。

 まだ、公式に4K/HDR/60fpsの録画に対応したサードパーティ製のキャプチャソフトがないなかで、本製品の標準ソフト「RECentral4」はちゃんと対応できているのが立派だ。
 さらに補足すると、このソフトを使う限りではフルHD(1080p)の240fpsの録画も可能である。これも「RECentral4」の特徴の1つとして評価すべきポイントである。

 本製品にはハードウェアエンコーダは非搭載である。
 なのでライブ配信時にはGPUやCPUのほうにエンコードアクセラレーション機構が搭載されていることが望まれる。

 そしれ本製品はカードスロット接続タイプなのでPCI-Express x4スロットへの装着が想定される。
 マザーボード等によってはx4スロットがない場合もあるが、その際には、あいているx8ないしはx16スロットに挿しても動作ができる。

 注意したいのは本機とグラフィックスカードとの挿すスロットの組み合わせ問題。

 PCI-Expressレーン数の奪い合いによってはグラフィックスカードが本来割り当てられるべきx16レーンを割り当てられていないケースがありうる。もし、グラフィックスカードがx16接続されていない場合は、本機とグラフィックスカードの刺す場所をいろいろ変えて試す必要があるだろう。

 本機の2つあるHDMI端子は1つが録画入力用で、もう一つがパススルー端子になる。
 パススルー端子は事実上の分配器であるため、遅延等は発生しない。
 よってゲームなどはこのパススルー端子とテレビとを接続してプレイすることが奨励される。もちろんこのパススルー端子は4K/HDRに対応する。
 HDMI経由のサラウンドサウンドについてはLPCMをパススルーできる。

 最後にこの製品導入に当たって、もっとも留意したいポイントを記しておこう。

 この製品の最大の魅力であるはずの4K/HDR/60fpsの録画は、4K/HDRのエンコーダーを利用できる環境でないと行えない。そうでない環境の場合は「非HDR」になってしまう。

 この製品はハードウエアエンコーダーを搭載しない製品のため、録画時のエンコード処理は、この製品外のエンコーダーを利用することになる。その際、エンコーダー側に求められるのが4K/HDRおよびH.265(HEVC)に対応したエンコード処理能力だ。
 これを有するのは、現状、NVIDIA系GPUではPASCAL世代コア以降のGeForce/Quadroになる。具体的にいえば、GeForce系だとGeforce GTX 1xx0シリーズ、Geforce RTX 20x0シリーズが該当する。

 この条件を満たしていないと4K録画はできたとしても非HDR映像として録画されてしまう可能性が高い。

【安定性】
 筆者は、正式発売直後から利用してそろそろ1年近くになるが「仕事の関係で別の製品を使わなければいけない」という特別な事情がない限りは常用している。
 また、筆者は比較的、頻繁にゲーム実況もやっているだが、この製品を長らく使っているが、使っていて大きなトラブルには遭遇していない。
 総じて安定性は高いと思う。

【画質】
 ハードウェアエンコーダーを搭載しないタイプのビデオキャプチャカードであるため、基本的に、ほぼ生フレームが取得される。よって画質は、録画時や配信時のエンコード品質に依存する。
 なお、上でも述べたが4K/HDR録画には対応エンコーダー搭載のグラフィックスカードが必要な点にも留意したい。

【機能性】
 本製品はハードウエアエンコーダーが非搭載だが、これは非搭載で不満はない。
 ここはむしろほぼ生フレームでキャプチャできることの方をありがたがりたい。
 というのは、エンコーダーはGPU側の方を活用したり、こだわりのソフトウェアエンコーダーを使えた方が上級ユーザーにはこだわりの映像製作ができるため。

【入出力端子】
2つあるHDMI端子のどちらが入力なのか、どちらがパススルーなのかがパッと見分かりづらい。
端子の色分け、あるいは端子の周り、ブラケット側に差し色を添えるなどの配慮が欲しかった気はする

【付属ソフト】
 録画配信用途の付属ソフト「RECentral」の最近のバージョンは機能性も高く、安定性も高い。
 基本的にサードパーティの録画ソフトが4K/HDRフォーマットの録画に対応していないこともあり、4K/HDR録画を行う用途ではこのRECentralを使っての運用が必至となる。

 録画した4K/HDR/60fps動画は、そのまま4K/HDR/60fps映像に対応しているYouTubeへのアップロードが可能だ。

 さて、ソフト関連で注意すべきは2つある。

 まず1つめは本製品に付属するPowerDirectorは、HDR出力には対応していないこと。
 HDR映像の編集には「TMPGEnc Video Mastering Works 7」などを使う必要がある。

 2つ目は、録画配信用途の付属ソフトの「RECentral」はHDR映像のライブ配信には対応していないこと。
 これは現状、主流の動画配信サービスではHDR映像のライブ配信には対応していないため。
 HDR映像の公開は、基本「録画してから動画配信サービスへアップロードする」という手順を踏むしかない。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ニンテンドー3DS ソフト > タカラトミーアーツ > アイドルタイムプリパラ 夢オールスターライブ! ゴージャスパック

酒缶さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1996年より某玩具会社のゲーム部門に所属し、コンシューマゲームのディレクション、企画、シナリオ・クイズ・マップ・スクリプト作成などをこなすが、ゲーム関係の仕事を幅広くしたくなり、2007年に独立。

1万本以上のゲームソフトを所有す…続きを読む

満足度4
操作性5
グラフィック5
サウンド5
熱中度5
継続性4
ゲームバランス4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

パッケージ表

パッケージ裏&中身

ゲームパッケージ

 

バッジ

台紙からバッジを外してみた

 

【概要】
・マイ☆ドレスをデザインして、色々な衣装でライブを楽しむおしゃれデザイン&リズムアクションゲーム。

・ゴージャスパックの内容は以下の通り。
「通常版ゲームパッケージ」
「プリパラアイドル缶バッジ8コセット」
「ゴージャスパック用外箱」


【評価】
・ゲームソフトの内容については、通常版と同じなので、通常版のレビューを参考にしてください。
https://review.kakaku.com/review/K0000995167/ReviewCD=1167176/


・ゴージャスパックの外箱の裏面を見ると、「限定1 描きおろしイラスト使用!プリパラアイドル缶バッジ8コセット」、「限定2 ユメ豪華!!限定の夢レアコーデ」とあるが、「限定2」に関しては通常版パッケージの中に入っているため、通常版と同じ内容。

・「プリパラアイドル缶バッジ8コセット」のバッジは直径約5cm。台紙の絵柄の一部がバッジになっているようなつくり。台紙に切り込みが入っていて、バッジのピン部分を引っ掛けるようになっているため、強引に取り外そうとするとすぐに台紙が折れ曲がってしまう心配がある。


【まとめ】
・通常版が5500円(税抜き)なのに対してゴージャスパックは7800円(税抜き)なので、外箱とバッジ8コに2300円かかっていることに納得できるかどうかで判断することになりますが、個人的には割高に感じてしまいました。「ユメ豪華!!限定の夢レアコーデ」のプリチケが欲しい人は通常版でも問題ないことを忘れずに。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Nintendo Switch ソフト > フライハイワークス > OPUSコレクション 地球計画+魂の架け橋 [Nintendo Switch]

酒缶さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1996年より某玩具会社のゲーム部門に所属し、コンシューマゲームのディレクション、企画、シナリオ・クイズ・マップ・スクリプト作成などをこなすが、ゲーム関係の仕事を幅広くしたくなり、2007年に独立。

1万本以上のゲームソフトを所有す…続きを読む

満足度4
操作性3
グラフィック4
サウンド4
熱中度3
継続性4
ゲームバランス4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

パッケージ表

パッケージ裏&中身

パッケージ中面

【概要】
・宇宙をテーマにしたアドベンチャーゲーム「OPUS」シリーズのタイトルを2作収録したゲーム集。

・タイトルメニューから2種類のゲームを選べる。
「OPUS 地球計画」
「OPUS 魂の架け橋」


【評価】
・ダウンロードタイトルとして配信されている2つのタイトルがパッケージ化されたタイトルだが、現在、「地球計画」が500円、「魂の架け橋」が999円で販売されているため、価格的にはあまりメリットがない。パッケージ版限定特典の「2つの作品から厳選された36曲の楽曲がダウンロードできるシリアルコード」はPC環境で1階だけダウンロードすることができ、有効期限は2021年12月31日。


・「OPUS 地球計画」は、「地球」の存在が伝説になってしまった宇宙を舞台に、ハカセとの約束を守るためにロボットの「エム」が地球を探すアドベンチャーゲーム。宇宙にカーソルを合わせて、ヒントに従って星を選び、地球に近い星を見つけることでストーリーが進行。正しい星を選ぶとストーリーが進行するため、アドベンチャーゲームをプレイしている、というよりは、星探しのおまけでストーリーが進行するような印象。

・「OPUS 魂の架け橋」は、トップビューのマップを探索し、いろいろな素材を集めて探索範囲を広げながら、ロケットを完成させていくアドベンチャーゲーム。こちらも積極的にストーリーを進めるというよりは、素材集めやロケットの完成などを起点にストーリーが展開するが、自分でマップを切り開いていく楽しみがあり、達成感は強め。


・全体的にゲーム慣れしている人向けのつくり。チュートリアル的な要素がなく、システム側で強制的に進行する際にも音があまり使われることがなく、何をすればいいか戸惑っていると、やっとボタン入力が効くようになるなど、クセが強い。


【まとめ】
・目的を達成してストーリーを進める、というよりは、目的を達成したらご褒美でストーリーを進めてもらえる、というような、ストーリーとシステムが若干かみ合っていないような印象を受けました。2種類の探索ゲームを楽しむ、という気持ちでプレイすると遊び甲斐のあるゲームだと思います。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

タブレットPC > APPLE > iPad mini 7.9インチ 第5世代 Wi-Fi+Cellular 256GB 2019年春モデル SIMフリー > iPad mini 7.9インチ 第5世代 Wi-Fi+Cellular 256GB 2019年春モデル MUXC2J/A SIMフリー [スペースグレイ]

ジャイアン鈴木さん

  • レビュー投稿数:52件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールEYE-COM、TECH Win、TECH GIAN、PDA Magazine、DIGITAL CHOICE、ログイン、週刊アスキー、週アスPLUSと主にPC系メディアで編集兼ライターとして勤務。2015年1月よりフリーの編集兼ライターと…続きを読む

満足度4
デザイン3
処理速度5
入力機能4
携帯性4
バッテリ5
液晶4
付属ソフト4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

このとおり片手でわし掴みできるサイズ感が絶妙です

iPhone XS/XS Max/XRと同じパフォーマンスなのですから不満はありません

カメラ画質はちょっと見劣りします。夜景は苦手ですね

個人的に購入した製品でレビューします。

【デザイン】
Touch IDを継承していること自体は大歓迎です。ただデザインがまったく同じ(細かく変更されているとしても)というのは、いくらなんでも退屈すぎです。2019年のタブレット端末として、新たなデザインを提案してほしかったと思います。

【処理速度】
まったく不満はありません。12.9インチiPad Proも持っていますが、ゲームはもっぱら手頃なサイズのiPad miniで楽しんでいます。

【入力機能】
操作性自体は実に快適なのですが、第2世代のApple Pencilに対応していないのが不満です。iPad ProとiPad miniの2台を持っていて、スタイラスを2本用意しなければならないのはもったいないなあと思います。

【携帯性】
文句なしです。ただ狭額縁化すれば、もっと携帯性が向上していただろうと考えると残念感はあります。

【バッテリ】
iPad miniではウェブ、メール、SNS、読書などが屋外での主な用途で、あまり動画を見ないせいか、外出先で継ぎ足し充電したことはありません。適度なディスプレー輝度に調整すれば、スペックどおりにバッテリーはもつという印象です。

【液晶】
画質面はまったく不満なし。リフレッシュレートはiPad miniよりスペック上は劣りますが、スワイプ操作などで極端に画面を連続スライドさせないかぎりはわからないレベルです。

【付属ソフト】
Pages、Numbers、Keynoteなどのオフィス系アプリ、GarageBand、iMovieなどのクリエイティブ系アプリが無償で使えるのは助かります。ただiPad Proではあまり気にならないのですが、iPad miniは携帯性がよいゆえにスマホ的に使うこともあるので、「天気」や「電卓」などiPhoneに搭載されているアプリが使えないのは不満です。サードパーティー製アプリを入れれば解決しますが……。

【総評】
本当に待ちに待っていたiPad miniの最新モデルということで、非常に便利に活用しています。iPhoneとiPad Proの間を埋める端末として、私にはiPad miniは必須の存在です。ただ前述の通り外観がほとんど変わらなかったことは残念。またそれ以上に正直ガッカリさせられたのが、Touch IDが物理式だったこと。物理式のホームボタンは経年劣化で反応が悪くなったり、動作しなくなる可能性があります。従来の物理式ホームボタンと構造が変わったという情報はないので、数年後万が一反応が悪くなったときのためにAppleCare+に入りました。次回は本気で最新デザイン、技術を盛り込んだ新型iPad miniを作ってほしいですね。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライバー > テーラーメイド > M5 TOUR ドライバー [KUROKAGE TM5 2019 フレックス:SR ロフト:10.5]

マイスター荒井さん

  • レビュー投稿数:24件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール中古ショップ”ゴルフエフォート”のマイスターです。
輸入品のバイングやメーカー・雑誌の試打、HOT LIST選考委員などやっています。
ゴルフクラブのことはお任せください!続きを読む

満足度3
デザイン5
打感5
飛距離3
弾道3
方向性4
球の捕まり3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

【デザイン】
テーラーメイドの新テクノロジー「スピードインジェクション」&「ツィストフェース」を搭載。
進化したアジャスタブル機能と、さらなる飛距離性能が両立された”M5 ドライバー”のヘッド体積435cc”ツアーモデル”です。
460ccの"M5"の飛距離性能はそのままで操作性を向上させた”M5 TOUR"はアスリート向けモデルといっていいでしょう。

【打感】
しっとり感すら感じさせる心地いい打感です。打音も大人しいので物足りなさを感じる方もいるかと思います。
フェースに乗る感じはとても気持ちよく、俗に言う”分厚いインパクト”を体感出来ます。

【飛距離】
このモデルは"TOUR"と命名されている通り、ハードヒッターでなければヘッドのポテンシャルは引き出すことが出来ません。
私の場合、ヘッドスピードは41m/sほどですが460ccと比較すると飛距離ロスしています。”小顔”が好みなので残念ですが。。。

【弾道】 
ヘッドスピードが足りないせいなのか、イメージより低弾道になってしまいます。中弾道より少し低い感じでしょうか。。。
しっかり振っていかないとという気持ちが先行してしまい、思い通りの弾道が出ませんでした。

【方向性】
ヘッド体積の割に重心距離が長めなので、パワーヒッターが叩きにいっても左へのミスはないでしょう。
小振りヘッドの特性は”曲げやすい”なので方向性を作れるモデルということが言えますね。クラブを操る腕前も必要ですけどね。

【球の捕まり】
捕まりはズバリ良くないです。捕まえられる人が逃がし気味に打てばメッチャいいハイフェードが出ます。

【総評】
Mシリーズドライバーの中にあっていちばん難しいモデルがこの"M5 TOUR"です。オートマチックで低深重心のM6とは相反するアスリートゴルファーをターゲットにしたドライバーです。最低でもヘッドスピードは44m/s以上欲しいところですね。
どうしても使いたいなら、ロフト10.5度でT字トラックを捕まり仕様、更に可変スリーブでHIGHER方向へセットしてシャフトフレックスも無理をしないことです。まぁ、ここまで無理することはおすすめしませんけど。。。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

イヤホン・ヘッドホン > Plantronics > BackBeat FIT 2100 > BackBeat FIT 2100 [ブラック]

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

デザインと質感のご参考に

デザインと質感のご参考に

ノズルで音を導く構造

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
音質は、iPhoneXと組み合わせ、配信音楽で確認しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
質感はまずまず良好で、価格を考えるとどなたも大きな不満はないと思います。

【高音の音質】
楽曲中の無音あるいはそれに近い小音量時、サーというノイズ音が聞こえますが、変調のような揺らぎは無く、音楽が鳴っている間は気になりません。また、静かな屋内で音楽を鑑賞する用途ではなく、周囲に騒音がある用途なら気づかないレベルで、実質問題ないでしょう。
音質は解像度が充分で明瞭。ボーカルがクリアに聞こえ、また、刺さりや歪を感じさせず、その上、滑らかで温かみも感じられ、なかなかの高音質です。

【低音の音質】
カナル型のように耳穴に深く挿入しませんが、安定した重厚な低音が楽しめます。大型ドライバーを用いてノズルで導く構造の利点ですね。
構造上解放感があり、質感と量感を両立。聴いていて楽しくなる音調(チューニング)も魅力です。

【フィット感】
バンド部分は柔らかなシリコン素材で、耳回りの触感が良いです。
大口径のダイナミックドライバで鳴らした音を、シリコン素材のノズルで耳穴に導く構造なので、カナル型のように固定される感はありませんが、耳掛け式なので脱落の心配は無く、総じてフィット感は良好です。

【外音遮断性】【音漏れ防止】
周囲の音が聞こえ易いよう設計されています。遮音性能としては低めと言えます。
実際に装着すると、カナル型のような閉塞感がなく、周囲の音が自然に聞こえます。

【携帯性】
ネックバンド部はシリコン素材で変形自由。まるめると小さくなり、携帯性は良好です。

【総評】
あまり馴染みのないブランドですが、価格を考えると音質は優秀でお買い得に感じます。
IP57(防塵/防水)でスポーツ用途としても安心して利用でき、お勧めできる好製品です。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライバー > キャロウェイ > EPIC FLASH STAR ドライバー [Speeder EVOLUTION for CW フレックス:SR ロフト:10.5]

マイスター荒井さん

  • レビュー投稿数:24件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール中古ショップ”ゴルフエフォート”のマイスターです。
輸入品のバイングやメーカー・雑誌の試打、HOT LIST選考委員などやっています。
ゴルフクラブのことはお任せください!続きを読む

満足度4
デザイン4
打感3
飛距離4
弾道4
方向性4
球の捕まり5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

【デザイン】
エピックフラッシュ、サブゼロともデザインは一緒です。2モデルとの大きな違いは可変式(ヘッドとシャフトが脱着できる)ではなく、ペンシルネックな点でしょう。見た目にもすっきりしてますし、ネック側に比重がこないので捕まりがいいのです。
アベレージクラスにおすすめするなら絶対にこのエピックフラッシュスターです。クラウンがより後部に長いストレッチバック形状になっていますから、より重心深度が深くなっている点もおすすめする理由のひとつです。
純正シャフトのスピーダーエボリューションfor CWもグレーからブラックのマットグラデコスメでヘッドとのコーデに好印象です。

【打感】
弾き系の打感です。打音と相まって金属的というか、今時の硬めな感じです。芯を食った時はそうでもないですが、オフセンターヒットすると高い音がします。

【飛距離】
気負わず楽に飛ばせるモデルです。高打ち出しでドーンと飛んでいく感じです。
オリジナルシャフトの出来もよく、ヘッドとのマッチングがいいので万人が合うドライバーではないでしょうか。

【弾道】
間違いなく高弾道です。ボール初速も早いので強い飛び方しますね。打ち出した方向に高弾道かつロースピンの棒球でドーンと大きな弾道が誰でも得られそうです。

【方向性】
非常にオートマチックなモデルなので方向性はすこぶるイイ感じです。スライサーが打っても少しドロー気味になる感じで狭いコースでも気持ちよくティーショット出来ると思います。

【球の捕まり】
良過ぎるくらい捕まります(笑)ヘッドが自然と捕まえてくれるので、いつもよりシャフト硬度をワンフレックスあげてもいいかもしれません。ただ無理は禁物ですよ〜

【総評】
このスペックはヘッドスピード36m/sから38m/sあたりにおすすめです。一言で言うなら”曲がりの少ないドライバー”です。
これは、我々アマチュアゴルファーにとってはうれしい1本ですよね。この組み合わせは使い手を選ばない間口の広さを感じましたが、タメて叩くタイプだと若干ヘッドが返りたがる動きが気になるかもしれません。
つまりコックが早めにほどけてしまうタイプに合うドライバーということです。持ち球がフェードやスライスの方におすすめなモデルです!

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ノートパソコン > LGエレクトロニクス > LG gram 17Z990-VA76J

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度5
デザイン5
処理速度5
グラフィック性能5
拡張性4
使いやすさ5
持ち運びやすさ5
バッテリ5
液晶5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

マグネシウム合金製。美しさ、軽量性、堅牢性を兼備

フォントが目に馴染まないキーボード。慣れの問題?!

液晶の見え方比較。斜めから見ても変質は極小。

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
質感は非常に良好。シェルはマグネシウム合金製で、金属ならではのソリッドな素材感が、上質な雰囲気を醸し出しています。

【処理速度】【グラフィック性能】
Core i7 8565U(Whiskey Lake)/1.8GHz/4コア。ノートタイプとしては文句無しで、デスクトップ用途でもハイスペックです。
実際に触ってみると、すべての操作においてタイムラグを感じず、ストレスフリーです。
動画再生はYouTube(Microsoft Edge上)で確認しました。8K/60p映像もスムーズに再生可能。全てのコンテンツを試していませんが、少なくとも4K/60pは楽々再生できるでしょう。

【拡張性】
HDMI、USB3.0(3つ)、USB Type-C(Thunderbolt 3)と豊富かつハイスペックです。
一点、SDカードスロットがMicroSDなのが難点です。(デジカメの画像取り込みが厄介)

【使いやすさ】
キーボードは広くテンキー付き。タッチのフィーリングは凡庸で、僅かながら軋みも感じますが、充分に良好です。バックライト機能付きで、暗い環境でもタイプできます。
一点、キートップに印刷されているアルファベットのフォントが特殊なのか、どうも目に馴染みません。慣れの問題かもしれませんが、少し気になりました。タッチタイプが完璧な方なら、全く問題ないのでしょうが!

【持ち運びやすさ】
持った瞬間、「中身が入っているの??」と疑うくらい軽量。
17インチ画面を備えつつ1.34kgで、13インチのMacBook Airと同等ですから、驚異的です。
なお、当たり前ですが、17インチなので面積は広く、一般的なカバンには入らないケースが多いと思います。この点、ご注意を。

【バッテリ】
YouTubeで4Kや8K映像を3時間程度試聴しましたが、バッテリーの残量は70%程度と余裕。バッテリーの持ちは素晴らしく、これくらいのレベルになると、AC/DCアダプターを携行することなく、1日安心して作業できると思います。(もちろん使い方によりますが)
バッテリーもLGグループ製で、非常に高品質・高性能とのことです。

【液晶】
17インチでWQXGA「2560×1600」。面積が広くかつ高精細です。グレア(光沢)タイプで、写真や動画の精細感がさらに引き立ちます。
IPSパネルを採用し、添付の写真のとおり、斜めから見ても、映像の見え方が殆ど変わりません。
写真や映像を扱われる方にも適します。

【総評】
高性能でありながら、軽量でバッテリーの持ちが良く、さらに質感も上々。インターフェイスも豊富で、仕事の道具としては文句無しです。LGの総合力の高さを感じます。
モバイルでもデスクトップ並みのパワフルな環境を求める方に大変お勧めできます。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

イヤホン・ヘッドホン > ソフトバンクC&S > GLIDiC Sound Air TW-7000 SB-WS72-MRTW

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度4
デザイン4
高音の音質4
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

iPhoneXとサイズ比較

形状と質感のご参考に

充電器兼用ケースはスリム形状

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
音質は、iPhoneXと組み合わせ、配信音楽で確認しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
フィット感を重視してのことか、本体は耳の形を想起させる個性派です。
質感ですが、イヤホンの外側は透明のプレートが貼り付けられ、艶感で見映えが良いです。因みに、イヤホンの内側(肌に触れる側)や、充電器兼用ケースは、一目で樹脂素材と分かるもので、テカリや継ぎ目も少し目立ちます。価格を考えると許容範囲ですが、ご参考までに。

【高音の音質】
特段の伸びや透明感を感じませんが、刺さり感や音色の変化といった問題はなく、音楽鑑賞に充分なクオリティーです。
良さを感じるのは、低域の処理が巧く、中高域が相対的にスッキリと浮かび上がることです。ボーカルは明瞭で、質感の再現性も好印象です。

【低音の音質】
スッキリとして質感再現が優秀でありながら、重低音も心地よく響きます。残響音がきちんとコントロールされているようで、ブーミーにならず、また、上述のように中高域に被らず、トータルでバランスの良い音調は好感が持てます。
総じてスケールの大きな低音で、ライブコンテンツや映画も、臨場感豊かに楽しめます。

【フィット感】
カスタムイヤホンメーカー「カナルワークス」監修と、フィット感にこだわった製品です。
本体は少々大柄ですが、自然に耳穴に収まり、捻じ込むようにもう一押しすると、がっちりロックしたように固定できます。
フィット感は大変良好です。

【外音遮断性】【音漏れ防止】
カナル型としては一般的な範疇ですが、フィット感が良い分、遮音性は少し高めに感じます。
外音取り込み機能があり、L側ボタンを一回押すと、マイクで周囲の音を拾ってイヤホンから聞こえます。この際、音楽の音量は自動で下がらない仕様です。
周囲の音の聞こえ方は自然で、イヤホンを外した時に近い印象です。敢えて言えば、自分の声も大きく聞こえるのは、少々違和感を覚えます。風がある環境では、風切り音が聞こえますが、不快な感はありません。

【携帯性】
付属の充電器兼用ケースは、細長タイプで、ポケットや小さいカバンへも収納し易いでしょう。

【総評】
本体は少し大柄ですが、フィット感が良く、また、アンテナも余裕があるのか、音切れにも強い方向に貢献しているようです。
加えて多機能で音質も良く、価格もリーズナブル。デザインやサイズ感が気に入られれば、お勧めできる好製品です。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

タブレットPC > APPLE > iPad Pro 12.9インチ 第3世代 Wi-Fi+Cellular 1TB 2018年秋モデル SIMフリー > iPad Pro 12.9インチ Wi-Fi+Cellular 1TB MTJP2J/A SIMフリー [スペースグレイ]

ジャイアン鈴木さん

  • レビュー投稿数:52件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールEYE-COM、TECH Win、TECH GIAN、PDA Magazine、DIGITAL CHOICE、ログイン、週刊アスキー、週アスPLUSと主にPC系メディアで編集兼ライターとして勤務。2015年1月よりフリーの編集兼ライターと…続きを読む

満足度4
デザイン4
処理速度5
入力機能5
携帯性4
バッテリ3
液晶5
付属ソフト5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ベゼルが細くなったおかげでサイズは小さく感じられます

携帯ゲーム機として最高性能、最大画面を備えています

細部を確認しながら撮影できるのは12.9インチならでは

個人的に購入した製品でレビューします

【デザイン】
ベゼルが細く、全画面感の強い端末です。材質の質感も高いですね。ただ微妙にボディーが歪んでおり、ちょっと所有感が萎えます。

【処理速度】
現時点(2019年5月21日)のAndroid最速の「Mi 9」のAnTuTu Benchmarkのスコアが371423、iPad Proのスコアが552637。OS、アプリが違うので単純比較はできませんが、処理速度が足らないと思ったことは一度もありません。

【入力機能】
Smart Keyboard Folio、Apple Pencil、そしてソフトウェアキーボードと、各入力デバイスの使い勝手に不満はありません。Smart Keyboard Folioのキーストロークはたしかにすごく浅いですが、個人的には慣れれば打ちやすいと思います。

【携帯性】
12.9インチという画面サイズを考慮すれば携帯性はよいです。Cellularモデルで633gなので単体で持ち歩いている場合は軽く感じます。11インチならもっと携帯性はよいのでしょうが、画面サイズと天秤にかけて、あえて12.9インチを選びました。

【バッテリ】
最大輝度で利用することが多いせいもあり、バッテリー駆動時間はやや物足りません。個人的には多少厚く、重くなってもよいので、1.5倍のバッテリー駆動時間を確保してほしいなと思います。

【液晶】
輝度、発色、レイテンシーなどにはまったく不満はないですが、有機ELを搭載しているiPhoneなどと比べると、黒が黒でないのが物足りなくなりますね。そろそろ有機EL搭載iPad Proの登場に期待したいところです。

【付属ソフト】
Pages、Numbers、Keynote、GarageBand、iMovieなどなど無料で使えるアプリが充実し、それぞれの機能性も非常に高いです。文句なしのラインナップですね。

【総評】
2 in 1 PC的に使うことを考慮して1TBモデルを購入したのですが、現在使っている容量は62.3GB。256GBモデルを購入するべきだったと、かなり後悔しています。とは言えそれはワタシの目算が愚かだっただけで、プロダクトとしては素晴らしいです。仕事以外ではそれほどキーボードを使わないので、結果、プライベートで最も使っているデジタルデバイスはこの12.9インチiPad Proとなっています。バッテリー駆動時間以外の不満は防水に対応していないこと。お風呂でも使いたいので、次期モデルでは絶対に対応してほしいですね。というか防水対応iPadが発売されるまで、買い換えないかもしれません。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スマートフォン・携帯電話 > PALM > Palm Phone SIMフリー

ジャイアン鈴木さん

  • レビュー投稿数:52件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールEYE-COM、TECH Win、TECH GIAN、PDA Magazine、DIGITAL CHOICE、ログイン、週刊アスキー、週アスPLUSと主にPC系メディアで編集兼ライターとして勤務。2015年1月よりフリーの編集兼ライターと…続きを読む

満足度5
デザイン4
携帯性5
レスポンス4
画面表示4
バッテリー2
カメラ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

別機種アイコンの大きな独自ホーム画面を採用。起動しやすいです
機種不明発色が素直なカメラ。旅行用カメラとしても十分活用できます
機種不明スコアはそれほど高くないですが動作は機敏です

アイコンの大きな独自ホーム画面を採用。起動しやすいです

発色が素直なカメラ。旅行用カメラとしても十分活用できます

スコアはそれほど高くないですが動作は機敏です

個人的に購入した端末でレビューします

【デザイン】
非常に質感の高いボディーです。前面と背面がブラック、側面とカメラ周囲がシルバーとなっており、締まった印象を与えます。でも往年の「Palm」っぽいかなというと、そんなことはないですね。昔からのPDAマニアとしてはPalmっぽさがほしかったです。

【携帯性】
本体サイズは約 50.6(W)×96.6(D)×7.4(H)mm。身近なもので例を挙げると、「MINTIA」のケースより小さいです。ズボンのポケットに入れっぱなしにして、洗ってしまわないようにご注意ください。以前ワタシは「ストラップフォン」をズボンごと洗って壊してしまいました。

【レスポンス】
プロセッサーは「Qualcomm Snapdragon 435(MSM8940)」を搭載。ベンチマークスコア的にはフラッグシップに遠く及びませんが、動作は機敏です。ただプログラムのロードがやや遅いですね。でも起動してしまえばあとは速いので、ちょい気長に待ちましょう。

【画面表示】
3.3インチHD液晶(1280×720ドット)というスペックですが精細さは十二分。明るさも特に不満はありません。まあ絶対的に画面が小さいので文字などは読みづらいですが、そんなに長く画面を見つめない使い方をする端末だと割り切っています。

【バッテリー】
バッテリー容量は800mAhなのでたしかに連続駆動時間は短いのですが、かかってきた電話を受ける、到着したメールを読む、TwitterのDMやFacebook Messengerの重要な用件だけに答える、心が震えた光景だけ撮影する……という使い方であれば、継ぎ足し充電しなくても半日バッテリーはもちます。

【カメラ】
ちょっとビックリするぐらい綺麗です。メモ代わりどころか、思い出に残したい撮影にも耐えるクオリティーです。発色も実際の色に忠実。カメラ画質がしっかりしているので、Palm Phoneをメイン端末として使えました。

【総評】
これまで超小型スマホはいくつか使ってきましたが、メイン端末として使ってストレスがなかったのは初めて。おサイフケータイが使えればこれからもずっとメイン端末として使ってもよいと思ったぐらいです。欠点……というか弱点はバッテリー駆動時間ですが、Palm Phoneは画面が小さくてあまり長時間ウェブや動画を見たりする気になれないので、結果的に意外とバッテリーがもちました。このぐらい尖った端末がキャリアから発売されればなーと思います。価格が高いというご意見もあるようですが、小さく作るほうがコストはかかるので、ワタシは決して高くはないと思います。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

保存容器・キャニスター > TAKEYA > フレッシュロック 角型 500

mujikko-rieさん

  • レビュー投稿数:29件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール収納、雑貨、家電など、暮らし全般を紹介するブログ「良品生活」を毎日更新中!
整理収納コンサルタント、整理収納アドバイザー1級を取得。
日々、シンプルで機能的な暮らしを追求しています。

出版書籍:長く使えるずっと愛せる「無印良品」…続きを読む

満足度5
デザイン4
手入れのしやすさ5
耐久性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

緑のパッキンは目立ちますね・・・

最近、ホワイトバージョンが出ました!

片栗粉がぴったり入る

   

ケースへの収まりもいいです

   

もう説明のいらないくらい大人気の詰め替え容器ですね。
乾物や粉物の詰め替えに便利です。ニトリやホームセンター、Amazonや楽天でも簡単に手に入ります。
サイズ違いのセットもあるので、容量にいまいちピンとこない人はセットで買うのをオススメします。

フレッシュロックはとにかくサイズが豊富。でも個人的にはこの角形500が一番好きですね。
片栗粉も一袋がぴったり入りますし、乾燥ワカメやすりごまにもちょうどいいです。
片栗粉にはスプーンを入れてますが、ちゃんと入ります。
ただ、粉物はパッキンや蓋に挟まりやすいですね。パッキンが緑なので目立ちます。
粉がついても蓋が閉まりにくいということはないので、完全に見た目の問題ですが。

【デザイン】
透明なので中身がよく見えます。残量も分かりやすいです。蓋も透明なので、上からでも分かりやすいのがいいですね。
本体が四角形なので引き出しへの収まりもいいです。また、倒して置いても転げません。
冷蔵庫の最上段に置いてますが無駄がなくスッキリしてますよ。

最近はパッキンがホワイトバージョンも出てました。もし選べるならホワイトの方が断然おすすめです。
ホワイトは清潔感があるし、粉物が挟まっても目立ちませんからね。
ネットではパッキンだけでも売ってますが、これから購入する人は最初から白いパッキンがついたものが買えますので、チェックしてみてください。


【手入れのしやすさ】
蓋もパッキンも全て外せるので洗いやすいです。取り付けも簡単です。
ただ、この500サイズは口が小さくて手が入らないので、柄の付いたブラシなどで洗ったほうがいいかも。

最近人気のOXOのポップコンテナなどは密封できるのはいいけど、その分フタが複雑で分解できないのがネックです。
中が見えないので、実際のところキレイなのか乾いたのか、どうなってるか分かりません。
一方で、このフレッシュロックは作りがシンプルで全て分解できます。隅まで洗えるししっかり乾かせます。
手入れのラクさを取るなら断然フレッシュロックですね。密封だけを考えるとOXOかもしれませんが・・・。


【耐久性】
プラスチック製で丈夫です。5年以上使ってますが、まだまだ現役!閉まりにくいということもないです。
プラスチックなので不注意で落としても問題なし。想像以上に長く使えます。
劣化してくるとしたら、蓋の閉まりにくさかな〜と思いますが、今の所大丈夫ですよ。


【総評】
値段も手頃だし、手入れもしやすい◎
数を揃えるにはもってこいだと思います。
収納の収まりもいいので、迷ったらとりあえずフレッシュロックでいいと思います。
あとはサイズ問題ですね。これは実際に手にとって見るのをオススメします。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライバー > タイトリスト > TS2 ドライバー [Titleist Speeder 519 EVOLUTION フレックス:S ロフト:10.5]

マイスター荒井さん

  • レビュー投稿数:24件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール中古ショップ”ゴルフエフォート”のマイスターです。
輸入品のバイングやメーカー・雑誌の試打、HOT LIST選考委員などやっています。
ゴルフクラブのことはお任せください!続きを読む

満足度3
デザイン4
打感3
飛距離3
弾道3
方向性3
球の捕まり3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

【デザイン】
タイトリストはデザイン面がいつも好ましいですね〜ゴルフ男子は嫌いな方はいないのではないでしょうか。
上級者志向で憧れのブランドですから「いつかはタイトリスト」的な気持ちをお持ちの方が多いはずです。
全体がブラック塗装で引き締まり、ソールの挿し色がシルバーオンリーで高級感もあります。

【打感】
硬いと感じました。タイトリストはいつも打感がいいので微妙な硬さもそう感じてしまうのかもしれませんが、自分が求める打感ではありませんでした。

【飛距離】
初速は前作の917より上がっていると思いますが、飛んでるな!って感じは正直しません。TS3の方が自分は好印象でしたね〜
でもタイトリストに「飛距離」を求めているかと聞かれれば私は違いますから、あまり気になりませんが。。。

【弾道】
TS3と比較すると当たり前ですが高弾道です。

【方向性】
本来こちらのモデルの方がいいはずですが、私には決して方向性良し!ではありませんでした。重心距離が私には長過ぎなのか、どうもしっくり捕まらないんですね。アドレスして見える”顔”もバックフェースのヒール側の大きな膨らみも好みではなく気になってしまう感じです。

【球の捕まり】
方向性でいい印象が得られないのですから捕まりもイマイチでした。強いて言えば純正シャフトの仕上がりはいいなと感じました。

【総評】
TS3でなかなかいいな〜と思ったのでTS2にも別な期待があったのですが、どうにも扱いづらいモデルでした。
打感・打音ともしっくりこない、ボールの捕まりもイマイチではおすすめするには程遠いですね。
クラブ全体重量が軽くなったので、今までより振りやすくなっています。タイトリストは難しいばかりではなくなりました!
ひとつ言えるのは。。。タイトリストが好きだから使ってみたい方はTS2から入ってください。シャフトバリエーションが豊富なのでじっくり試打してみるといいでしょう。
純正シャフトはこのスピーダーのほかにFUBUKIがありますが、捕まり系で選ぶならこちらのシャフトがあすすめです。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライバー > ピン > G410 SFT ドライバー [ALTA J CB RED フレックス:SR ロフト:10.5]

マイスター荒井さん

  • レビュー投稿数:24件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール中古ショップ”ゴルフエフォート”のマイスターです。
輸入品のバイングやメーカー・雑誌の試打、HOT LIST選考委員などやっています。
ゴルフクラブのことはお任せください!続きを読む

満足度4
デザイン5
打感5
飛距離4
弾道5
方向性4
球の捕まり5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

【デザイン】
デザインはG410 PLUSと同様、マットブラックに挿し色のレッドがかっこいい。
PLUSと比較するとSFTの方がシャローバックデザインになっており、一見してアベレージゴルファーがターゲットだなと分かる。
ロフト設定も10.5度のみというところもユーザーセグメントが分かりやすく、こうしたところはPING独自の路線で評価出来る。

【打感】
G410 PLUSとほぼ同じでピン独特な打ち心地です。キャロウェイEPIC FLASHより軟らかい打感、テーラーメイドM5やM6よりやや硬めの打感という感じです。
打音はPING特有の金属的なサウンドです。決して気になる音ではありません。

【飛距離】
ヘッドが十分にボールを捕まえてくれますから飛距離は問題なく飛んでます。
インパクトでしっかりフェースに乗ってくれるフィーリングはアベレージゴルファーでも体感出来るはず。スピンも程よく入りますから、気持ちよくキャリーしてくれます。

【弾道】
言うまでもなく高飛び出し・高弾道です。リアルロフトは表示ロフトよりありますから、10.5度で12度のようなイメージです。
構えても非常に安心感がありますからリラックスしてティーショットに望めます。

【方向性】
私がフッカーという事もあり、右はほぼありませんでした。ストレートからドローになる感じなので、ある意味で方向性に優れたドライバーです。方向性からもアベレージ向けなモデルということが分かります。

【球の捕まり】
よく捕まります。純正シャフトのALTA J CBも”球の捕まり”に大きく貢献しています。

【総評】
直進性が抜群で曲がりにくく、高弾道のボールが打てる初心者から中級者向けのドライバーだなと感じました。
非常に扱いやすくOBの回数が一気に減るのでないかと思わせてくれるドライバーなので、方向性が定まらないとかあまり練習しない方、ドライバーに悩んでいる方は是非とも試打してください。
私の回りでもPINGのドライバーに替えてティーショットが安定したという人がたくさんいますからね!
今回試打したシャフト"ALTA J CB"のSRは50グラムで中元調子なのでヘッドスピードが40m/sあれば十分使いこなせますし、プラス10ヤードくらいは楽に飛ばせるはずです。ちなみに私にはスピン量が若干多く飛距離ロスになりました。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Bluetoothスピーカー > JBL > SOUNDGEAR BTA > SOUNDGEAR BTA [グレー]

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度4
デザイン4
品質4
音質5
通信の安定性3
操作性5
サイズ・携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

装着イメージ

布張りでファッション性も考慮した外観

aptX Low Latency対応トランスミッター同梱

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
付属のBTA(Bluetoothトランスミッター)と組み合わせてテレビ放送を、iPhoneと組み合わせて配信音楽/映像など、各種視聴して音質を確認しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
表面は布張りで、スピーカーよりも衣服や小物に近く、違和感がないのは好感が持てます。

【品質】
頑丈なつくりで不安は感じません。

【音質】
無音時や小音量時に、「サー」というノイズ音が聞こえます。静かな環境だと気になりますが、周囲に騒音がある状態や、スピーカーから音が鳴っているときは気にならないレベルで、実用上問題ないでしょう。
音質は良好で、金属の衝突するような効果音が鮮明、セリフやボーカルは明瞭でボディーも感じられる肉厚さ、量感はほどほどながらキレと迫力のある低音など、ニュース番組、ドラマ、映画、音楽など、幅広いソースを高音質で楽しむことができます。
一般的な薄型テレビは、小口径のスピーカーを下向きに配置するなどして、音質は芳しくありません。本機で聴くと、テレビのスピーカーで聴く以上の高音質が得られ、音量や迫力を増す以上のメリットに感じます。

【通信の安定性】
付属のBTA(Bluetoothトランスミッター)と組み合わせで、5mくらいの距離でノイズ(バリバリ音)が発生し、いったん発生すると、再び距離を縮めても元の状態に戻りません。(本機の電源を再びOff/Onするとノイズの無い状態に)
見通しの良い5m程度以内なら全く問題はありませんが、それ以上の距離を想定している方はご注意を。

【操作性】
機能はシンプルで、操作も簡単です。
BTA部にテレビの音声を入力する場合は、テレビ側の出力がPCMになっていることを確認しましょう。説明書にも記載されていますが、設定を間違えると音が聞こえません。ありがちなトラブルです。

【サイズ・携帯性】
薄型で装着による負担感は少ないです。
一点、首を通す部分の幅が9cmしかなく、多くの方はギリギリだと思います。また、柔軟性の無い構造で、無理に広げても1cm程度。首が太い方は購入前に試着などでご確認をお勧めします。

【総評】
ネックスピーカーは、メジャーメーカー全ての製品を試しましたが、音質的は本機が最高峰に思います。高域が耳に付かず、声にボディーが感じられる豊かさは特筆に値し、幅広いコンテンツを長時間視聴するのにもお勧めできます。
柔軟性のない本体と、少し頼りない通信安定性が気にならなければ、大変良い選択に思います。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(すべてのカテゴリ)

ご注意