ミラーレス一眼すべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > カメラ > ミラーレス一眼 > すべて

ミラーレス一眼 のユーザーレビュー

(69件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
デジタル一眼カメラ > 富士フイルム > FUJIFILM X-A7 レンズキット > FUJIFILM X-A7 レンズキット [シルバー]

すー.jpさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:13人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
189件
デジタル一眼カメラ
1件
120件
デジタルカメラ
1件
58件
もっと見る
満足度2
デザイン3
画質3
操作性2
バッテリー1
携帯性3
機能性3
液晶3
ホールド感3

再生する

作例
davinchi_resolveでホワイトバランス調整後tmpg_smartrendererでカット編集

猫の撮りっぱ動画撮影用として購入しました、A7以前はT100を使用してましたので基本的にT100との比較になります。
まだA7では撮影したので使用感のインプレッションです。
なので、満足度はほぼ確定です。

T100と比べて良かった点
AFの位相差付き測距点が全面になっている。
AFが粘る?撮影中に被写体前に別の物体が出てきてもピントを合わせない(単にカメラが反応できないだけかもしれませんが)
バリアングルは動画撮影には必須だと思います*外部マイクを使用するとマイクの端子が邪魔になりモニターを上下に向けにくいので端子位置の変更かパナのS1Hの様なモニターの支持・可動方法がいいと思います
フォーカスセレクターがレバーになっている(4方向ボタンより便利)*設置位置が微妙でフォールディング中に誤動作するかも
4K30Pをクロップ無しで撮影できる。*露出が安定しない時がある
ドライブメニュー内に動画モードがある。
動画モードにすると、設定メニューが動画で出来る項目しか選択できなくなる(動画で何が出来て何が出来ないかハッキリ判るので意外と便利)
ドライブモードが電源を切っても保持されるので動画にしておくと次回起動時にビデオカメラの様な挙動になる。

T100と比べて悪い点
メニュー呼び出し時にフリーズしたかと思うほどレスポンスが悪い時がある。*今回訂正メニュー含むボタンを使った操作(電源の入り切り/シャッター/録画など) 5〜10s程度待たされるのでストレスフルになります。
動画モード時にコンティニュアスAFのゾーンAFしか選べない
動画モード時にコンティニュアスAFのゾーンのエリアサイズが変更できない(静止画では中のサイズ)
バッテリーの減りが早い(4K30P撮影で30分位)
以上です。
A7を買ったらT100をドナドナしようと考えてましたが、状況次第ではA7ドナドナの可能性が高いです。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
子供・動物

参考になった8人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタル一眼カメラ > パナソニック > LUMIX DC-G99H 標準ズームレンズキット

マッピーNさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
2件
SSD
1件
1件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性5
バッテリー3
携帯性2
機能性4
液晶3
ホールド感4

再生する

製品紹介・使用例
4Kライブクロップの動画

当機種Aモードその他Auto露出補正0
当機種Aモード露出補正+0.7
当機種手持ちAモード露出補正-1.0

Aモードその他Auto露出補正0

Aモード露出補正+0.7

手持ちAモード露出補正-1.0

当機種手持ちAモード露出補正0
   

手持ちAモード露出補正0

   

■再レビュー3
撮影した静止画の写真がアンダー(暗く)になる現象で
2度目のPanasonicさんへ修理を出しました。
今度は修理部門ではなく製造工場での
検査を行ってもらいました。
結果は
各部点検動作テスト、
お客様撮影画像データ確認等実施しましたが、
性能範囲内となります。と回答がありました。

問題がないということで、
ではどうしたらアンダーにならない写真が撮れるのかと
修理受付の方と話し合いました。

測光モードをマルチ測光から中央重点測光に変えてみる。
露出補正で明るくする。
露出ブラケット撮影でHDR合成する。
iDレンジコントロールを強にする。
ハイライトシャドーで暗部を明るくする。
iAインテリジェントオートモードで撮る。など

iDレンジコントロールを強にして
ハイライトシャドーで暗部を明るくして
必要に応じて露出補正で+0.3から+0.7にするのがいい感じになりました。
これに近いのがiAインテリジェントオートモードみたいな感じです。
しかし、繁華街などの明るい看板やライトがあると
測光がシャッターを押す瞬間までふらつくので
注意が必要です。

しっかりと撮れると手ぶれ補正も効いてよい画質です。
夜景をバランス良く撮れるフィルターモードを作って欲しいです。
現在はカスタムセット登録しています。

やっと撮れるようになりましたので
評価を1から4に変更します。

4Kライブクロップの動画も
iDレンジコントロールを強にして
ハイライトシャドーで暗部を明るくしています。




■再レビュー2
修理から帰ってきました。
撮影した写真がアンダー(暗く)になる現象は再現されなかったということです。
こちらで再度、撮影テストを行い、アンダー(暗く)になる条件が分かってきましたので
記録しておきます。
繁華街などの明るい看板やライトがあると
撮影した静止画の写真がアンダー(暗く)になる現象が確認できました。
どうも測光に問題があり、露出が上がったり下がったりふらつきが激しいです。
写真も上げておきます。
これでは特に夜景では使えないですね。
原因が分かったので満足度の評価を2から1へ下げておきます。
Panasonicさんバグの修正よろしくお願いします。

新しいファームVer1.1が2019年7月9日に出ているみたいですが、直っているのかなぁ?


■レビュー1
いろいろテスト撮影しましたが、すべてがアンダー暗くなってしまいます。
ちょっと使えないかなぁ
露出がずれいている感じです。
液晶とファインダーでの画像は明かるいのですが、
撮影後の画像(JPG)に差異があり
家でパソコンで確認するとすべて暗くなっている感じです。
露出を意識してあげないと他の所持しているカメラやスマフォ、タブレットの写真とあいません。
他のソニーのα持ちの人に見てもらいましたが、暗いねーと評価です。

画像もパナさんに画像解析してもらった方がよいかなぁ?
現在 Ver1.0なのでバージョンアップしたらよくなるのかなぁ?
現在、修理に出しております。
また戻ってきたら再評価したいとおもいます。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景

参考になった17人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタル一眼カメラ > CANON > EOS R ボディ

ariニャンさん

  • レビュー投稿数:57件
  • 累計支持数:1251人
  • ファン数:25人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
13件
25件
レンズ
25件
6件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

再生する

作例
約10000秒の撮影時間でもバッテリー残量43%

機種不明@DP-EF-EOSRND レンズ交換するだけで可変ND効果を引き継げます
機種不明ADP-EF-EOSRND ハーフNDも気軽に使えるのとND500でカラーバランスを崩しても面白い
機種不明B-22℃の極寒の環境で約3時間の撮影でもバッテリー残量は40%

@DP-EF-EOSRND レンズ交換するだけで可変ND効果を引き継げます

ADP-EF-EOSRND ハーフNDも気軽に使えるのとND500でカラーバランスを崩しても面白い

B-22℃の極寒の環境で約3時間の撮影でもバッテリー残量は40%

機種不明CDP-EF-EOSRND 露光をコントロールできると時の流れが見える
機種不明D虹色に輝くダイヤモンドとノルウェージャンフォレストキャット
機種不明E小型で軽量 バリアングルモニターで快適に星空撮影

CDP-EF-EOSRND 露光をコントロールできると時の流れが見える

D虹色に輝くダイヤモンドとノルウェージャンフォレストキャット

E小型で軽量 バリアングルモニターで快適に星空撮影

※作例を載せ忘れたので再レビューさせていただきます。
ついでなので、作例の簡単な解説も追加です。


ちょっと早いのですが一年間使ってみてのレビューを掲載させていただきます。



【画質】
普通にきれいです。これでも他社のセンサーから比べると遅れているのかな…。
私の撮影技術程度では十分に満足する画質が得られます。


【バッテリー】
持たないという意見が圧倒的ですが、半分は本当で半分は本当?という私の感想です。

ディズニーランド&シーでオープンからクローズまで写真と動画撮影を約40GBほどこなしましたが、バッテリー二個でギリギリな感じでしょうか。三個あると精神的余裕が生まれます。
-22℃の極寒の中で約3時間の撮影でもバッテリー残量は40%代なので、バッテリーが限界に来る前に撮影者が寒さで限界に来てしまうほどよく持ちます。
タイムラプス動画は午後9時半過ぎから撮影を開始して、約三時間の午前0時を過ぎてもまだ撮影し続けるので、眠気に負けて撮影をいったん終了して残量を確認すると43%残、二時間ほどは余裕でまだまだいけそうな感じでだったので、カメラより撮影者のスタミナが切れたテスト結果です。
※テスト環境 EOS R+EF11-24F4L ISO12800 F4
シャッター速度35秒、インターバル3秒、×266枚以上撮影 背面モニター消灯

USB充電は実現しているので、USB給電で劣っているのかなとは思ったのですが野外だと防塵防滴の面で不安が残るので、枯れた技術ですがカプラー式の今まで通りの接続に歴史的な信頼感があるので現状で十分かなと思います。



【機能性】
電子ファインダーが魅力であって、違和感の一つにもなります。
将来、光学と電子の良いとこ取りのハイブリッドタイプのファインダーが出てほしいです。
EOS Rの最大のメリットが、EFマウントアダプター内蔵の可変式NDフィルター「ドロップインフィルター マウントアダプター 可変式NDフィルター」DP-EF-EOSRND(EOSRND)の存在が大きな魅力の一つです。
写真の基本は露光、光の量をコントロールすることだと思っております。光をコントロールするとは抽象的と言って良いのか分かりませんが…時を統べるのと同じことになります。
人の時とは違う次元の光景を写せるのがカメラなので、EOSRNDを使うことで特に低速域のシャッター速度のコントロールが容易となります。自然の風景撮影だと人の時より遙かに悠久な次元にあるので、長秒時撮影でないとわからない淡い朝霧や水と雲の流れ、星の時も同じで微妙な光のコントロールで自然の時間軸まで近づくことで、人の目では見られない時の次元を見せられる写真は感動を与えると思います。



【作例解説】
@摩周湖
人の時では摩周湖に佇む存在が見えませんが、EOSRNDで長秒時撮影をすることで自然の時に近づくことで朝霧の存在が写真で見ることができます。ハーフNDも隠れてしまう美しさを写真で蘇らせる技法の一つ。よりハイレベルな方は布きれなどで再現させるとか。
EOSRNDのおかげで超広角から望遠レンズへレンズ交換だけで、ND効果が引き継げます。他の撮影者より早く撮影が開始できるのと被写体がとても淡いのでAFの挙動が怪しくなるので、可変式NDの濃度を薄くしてAFを合わせてから濃度を濃くして撮影もできるので、撮影はとても楽です。


Aオンネトー
EOSRNDでリアにNDフィルターを装着しているので、レンズ前面がフリーとなるのでハーフNDも気軽に使えますし、保護フィルターをつけたままというのも安心感につながります。バリアングルモニターのおかげでハーフNDを操作しながらカメラ横からの撮影も可能となるので、撮影が楽になります。
ND500相当ではカラーバランスが崩れますがそれもまた味なので楽しいのと、将来性を見込んでEF70-200F4LISUを買っちゃいました。結果は大満足、ここでも長秒時撮影で人の時の流れを超越することで、朝霧の存在が確認できる写真が。
※EOSRNDがあるので、レンズ前面またはリアフォルダーにNDフィルターのおかわりが気軽にできるのも大きなメリットです。


B糠平湖
氷は寒さで膨張して氷の割れる音と振動と水と空気が出てくる音…本能がヤバいと思いつつ楽しく撮影。-22℃の極寒だと撮影者もカメラもカチカチになりますが、とりあえずは両方とも無事だったのとバッテリーは5DWより持つ感じです。超極寒テストでしたがEOS Rの動作に問題がないことと、すべてのボタンとバーとタッチパネルが手袋の上から操作が可能です。


Cジュエリーアイス
星空写真は合成写真(天の川は120秒、ジュエリーアイスがND減光で数秒)ですが、時の流れを応用すると合成写真も楽しめます。
2.の写真も三日月だけは合成ですがやらなくとも、十分に美しいです。
3.は大波が来ると三脚ごとカメラを持ち上げて潮かぶりを防ぎつつ、引浪前に戻して撮影するというアクロバティックな技法が実現できたのも、軽量ボディとAF速度と精度が高まったのが一因です。
1.EOSRNDで光の操ることで撮影不可能だった光景が写せるように。


Dダイアモンド
七色に輝いていた光景を現像と修整で、再現しています。


E天の川
ISO12800までなら普通に使えます。小型軽量でバリアングルモニター、天体撮影用カメラはまだですかCanon。


【総評】
5DWと比べちゃうと…という思いがありましたがDP-EF-EOSRNDの存在が気になったので、購入してみましたが買って正解です。
露光を自由にコントロール可能になったので、時のコントロールも容易となり5DWでは撮影が難しかった光景が写せるようになっただけでも、本当に買って良かったなと思います。
EF11-24F4L+NiSi180mmシステムを装着した重量でも、特にマウントアダプターやカメラに不都合は見られません。
頻繁に野外でレンズ交換をするので、ミラーレスカメラはセンサーが近くにあるのでシャッターが閉じる構造は大きなメリットを感じます。

EOS RでRFレンズも気になりますが、EOSRNDの存在からEFレンズの魅力もアップするのでRシリーズはレンズの生きるカメラです。


レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった187人(再レビュー後:45人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタル一眼カメラ > パナソニック > LUMIX DC-G9 ボディ

6084さん

  • レビュー投稿数:138件
  • 累計支持数:990人
  • ファン数:66人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
13件
7587件
レンズ
19件
459件
フラッシュ・ストロボ
5件
99件
もっと見る
満足度3
デザイン1
画質3
操作性4
バッテリー1
携帯性2
機能性3
液晶3
ホールド感4

再生する

その他
暗所AFテスト

当機種ポゴスティック、昔のホッピングの現代版、もっと過激!
当機種フリースタイルモトクロス
当機種フリースタイルモトクロス

ポゴスティック、昔のホッピングの現代版、もっと過激!

フリースタイルモトクロス

フリースタイルモトクロス

当機種インラインスケート
当機種インラインスケート
当機種BMXフリースタイル

インラインスケート

インラインスケート

BMXフリースタイル

前回レビューも是非ご参照下さい。作例は女性ポートレートです。

https://review.kakaku.com/review/K0001014251/#1213013

デザイン1
α9、EOSRと同様、最低最悪。

各社共ミラーレスでは一眼レフを模したデザインは放棄すべき。GX7のデザインは好きです。

画質3
「1ピクセル当たりのシリコンフォトダイオードの面積が小さくなりS/Nが悪化するので1600万画素程度に抑えて欲しい」という知人の意見があります。

操作性4
EOSRよりは使いやすい。

α9と違いシャッターと連写の動作モードの選択肢が多いのは良いが、その切り替えが少しやり難い。

電池1
端子形状に難(前回レビューの写真参照)

端子が剥き出しで、端子カバーもポリ袋もボディ添付品には附属しません。

例えこれらを付属していても、ユーザーがそれらを何時でも適切に使用する保証は無く、電池を鍵束等と一緒にポケットに入れショートする可能性が有ります。

ソニーのミラーレス機全機種、キヤノンの一部の機種では電池の端子はショート防止構造で、電池単体で持ち歩く事が考慮されている。

また、信頼性が指摘される互換電池に、ガスケットを装備する防滴に考慮した電池ケースを附属する純正電池よりも安全性等に考慮された製品がある。

縦グリップ
グリップ側に電池は1個しか入らず、本体側と合わせて2個。全部交換するには縦グリップを外す必要がある。

こんな実践的で無いデザインは止めて欲しい。私はこの縦グリップは買わず、電池代に回します。

私が愛用するキヤノンEOS1D系は電池、電池トレー、電池室フタが一体化され、電池そのものは大型で交換の頻度は少ないのに交換は一瞬で終わります。こうしたデザインは真似すべき。

携帯性2
軍艦部の突き出したファインダーが問題。防水プラスチックトランクに収納する場合大変邪魔。

機能性3
AFは明るい所では動作は早く、機能も多いのですが、暗所では基本性能としてあまり良好とは思えない。


添付動画:夜間屋外にて、撮影者から3、5、7、9mの位置にターゲットを置き、夫々のターゲットに合焦後撮影。その時の背面液晶を別のカメラで動画撮影。

各カメラ共通設定:AF−S、半押し以前にAFを開始している「プリAF」の類は全機種OFF、ISO感度25600、絞値:F4(開放、F2.8のレンズはF4に絞る)

サンプル1:ボディG9、レンズオリ12−100

サンプル2:ボディEOSR、レンズEF70−200F2.8ISL(T)

サンプル3:ボディα9、レンズSEL70200G(F4)





AF/連写/シャッター方式の組み合わせによりファインダーの見え方等が大きく変わります。使いこなすには撮影用途に有った動作モードを良く理解して見つける必要があります。

電子シャッター&AF−C時にファインダーがブラックアウトフリーにならず、レフ機のそれより気になるブラックアウトを盛大に発生し、期待していただけに残念。

SH2(電子シャッター、毎秒20コマ)ではファインダーはブラックアウトフリーで、AF−C動作可能。液晶の動画風再生は不便。

6Kフォトは撮影直後、液晶画面で採用コマを選択するのは普通のスポーツ撮りでは全くナンセンス。ミルクスプラッシュ等の撮影には有効。

液晶3
他社機も同様、複雑な構造で華奢な蝶番は廃止し、本体と一体化して欲しい。

タッチパネルは身体や衣服に触れて設定が不用意に変わるので廃止すべき。

EOSRでも同様ですが、再生画像確認時にうっかりパトローネ室跡を左手で掴むと左手親指で液晶画面に触れてしまい、測距枠が行方不明になります。

本機は「お鼻AF」と言われる様に鼻が液晶画面に接触して不用意に測距枠が動く。

ファインダー(3)
僅かに青いが表示の色味としては大変良好。

ソニーのα9等はどうでも良い家具の縁等で盛大にモアレを発生するが本機のファインダーにそれは殆どない。

しかし、ファインダーの光学系の問題か、表示の4辺には糸巻き状の歪曲がある。

ホールド感4
単体で良好。

総評
今はフルサイズミラーレスブームで、私も他社フルサイズ機を有り難がって使っているクチですが、これは画質的な性能を期待しての事では無くて、手持ちのレンズがそのままの画角で使えるとか、他社レンズをマウントアダプタで利用できると言う点で重宝しているのです。

私はフルサイズ機を否定する立場でもありませんが、フイルムカメラに経験の少ないならば、フルサイズに拘る必要も無く、m4/3機やAPS−C機、更にはレフ機を見直しても良い時代と思います。

作例
今回は動体撮影の作例です。本機は添付動画の様に暗所のAFには若干不安が残りますが、明るい所でのAFは良好で動体撮影にも対応可能です。

作例はAF−C&メカシャッターで撮影。トラッキング不使用。

モデル:キメラゲームvol.7の選手の皆様。主催団体様にメールで問い合わせ、選手は未成年者も含め掲載可能な事を確認しました。

ボディ:G9、レンズ:オリ12−100F4

Rev2.0:20190521:文言の一部修正、作例入れ替え。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
スポーツ
その他

参考になった17人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタル一眼カメラ > パナソニック > LUMIX DC-G9 ボディ

餃子定食さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:212人
  • ファン数:107人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
0件
4326件
デジタル一眼カメラ
7件
3684件
デジタルカメラ
1件
1132件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質4
操作性5
バッテリー3
携帯性3
機能性4
液晶4
ホールド感4

再生する

製品紹介・使用例
暗所でのE-M1mk2との比較

別機種E-M1mk2と比較
   

E-M1mk2と比較

   

【デザイン】 好みの問題なので評価は分かれると思いますがGH5に比べてシャープなデザインで個人的には男前だと思います。

【画質  画質はもはや今は何処のメーカーもほとんど変わらないですしRAWで撮影して調節していますので現在のデジカメのレベル      だと思います

【操作性】 ここの部分が多分ミラーレス機で最も使いやすいと感じます。
       ミラーレスカメラのほとんどがサブ液晶が付いていないので正直他の製品の操作性は一眼レフならばエントリークラス
       一眼レフの中級機以上を普段使っている人はこのカメラ意外は使い難いと思います。

【バッテリー】 ミラーレス機としては平均的ですが一眼レフと比べれば持たないです。
         ただしモバイルバッテリーからUSBで充電出来るのが便利です。

【携帯性】  このファインダー付きデザインですからカバンに入れておく等の使い方は出来ません。
        もはたこのクラスのカメラに携帯性は必要ないと思います。

【機能性】  十分だと感じます。

【液晶】    良いです。

【ホールド感】 良いです。

【総評】

このカメラの最大の特徴がカメラ上部にあるサブ液晶画面だと思います。
他のミラーレスカメラにはこのサブ液晶画面が無いので操作性は一眼レフのエントリークラスレベルですが
このカメラは普段一眼レフの中級機以上を使っている人でも簡単に操作できます。

多分このカメラを購入しようと思っている人はオリンパスOM-D E-M1MK2と比較すると思いますが
静止画の手振れ防止機能に若干E-M1mk2の方が優れていますがピント追従性や動画性能において圧倒しています。
もちろん操作性に関しては今もE-M1mk2を使っていますが慣れたE-M1よりも購入して1日でG9の方が使いやすく感じています。
暗所でのE-M1mk2と動画性能にどの程度差があるかテストしましたがE-M1mk2が数世代前のカメラに感じるほど圧倒しています。

ユーチューバーを使ったステルスマーケットのおかげでGH5の方が人気も価格も高いですがG9の方が優れていると感じています。

写真撮影において重要だと感じるのが操作性ですがこのカメラはミラーレスカメラの中でトップの操作性だと思います。
正直このカメラ以外のミラーレスカメラの操作性は一眼レフのエントリークラスレベルだと言えます。

さて気になる所が実質的なライバル機であるオリンパスOM-D E-M1mk2との比較ですが
ユーチューブ等にも出ている様にピントの速さや追従性は発売時期を考えても圧倒的のG9の方が良いです。

ではE-M1mk2よりも何処が劣るのかと言うとファインダーがやや糸巻き状に歪んでいてファンダー内部の反射が目立ちます。

両機使ってみてE-M1mk2は1年以上使っていますが購入したばかりのG9の方が慣れとか関係なく使いやすいです。

特にピントゾーンの移動バーがありますのでそこも使い買ってがよくE-M1mk2だとピントゾーンの切り替えダイヤルをいつの間のカ触ってしまって変な所にピントゾーンがあったりしますがそれが無いです。

ちなみに動画機能はg9の方が優れていて暗所での撮影だと同じクラスのカメラとは思えないほど差があります。
そちらは動画にしています。
ちなみに価格が倍以上する後発のE-M1Xより動画でのも暗所性能は上です。

耐久性については10万回以上使ってみないと分からないので何とも言えません。

比較製品
オリンパス > OM-D E-M1 Mark II ボディ
レベル
プロ
主な被写体
人物

参考になった40人(再レビュー後:37人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタル一眼カメラ > SONY > α6400 ILCE-6400 ボディ > α6400 ILCE-6400 ボディ [ブラック]

iBoxさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
18件
デジタルカメラ
1件
7件
レンズ
0件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質5
操作性3
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感3

再生する

製品紹介・使用例
XAVC S 4K/30p、100Mbps

「室内温度23℃」のテスト条件で、連続記録5時間をクリアされた方のレビューを見てびっくり。(レビューありがとうございました)
早速ステージ撮影の長時間置き撮り用として購入、連続記録テスト実施しました。

メモリーカードはTranscend UHS-I Class10 256GB
XAVC S 4K/30p、100Mbps
自動電源off温度 高
液晶パネルは本体から離す
ACアダプター給電
窓を開けた室内で撮影
気温は17℃〜13℃

結果
温度警告もなくメモリーの最後まで完走しましたが、気温が低かったので新しい情報にはなりませんでした。
当前ですが「連続何分記録できるかは、気温などの条件次第」と考えておくべきでしょう。
ゴールデンウィークで常夏の国に行かれる方、深夜の暇つぶしに長時間記録テストいかがですか?

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった4人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタル一眼カメラ > SONY > α6400 ILCE-6400 ボディ > α6400 ILCE-6400 ボディ [ブラック]

tokyocameraさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:71人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5

再生する

製品紹介・使用例
α6400 + タムロン60mmF2マクロ + MC-11による瞳AF作動状況です。

機種不明α6400 + タムロン60mmF2マクロ + MC-11でのAF作動状況です。
機種不明α6400 + FE 85mm F1.8による撮影画像。瞳の拡大画像は次に。
機種不明等倍切り出し画像。横顔の瞳によくピントが合います。

α6400 + タムロン60mmF2マクロ + MC-11でのAF作動状況です。

α6400 + FE 85mm F1.8による撮影画像。瞳の拡大画像は次に。

等倍切り出し画像。横顔の瞳によくピントが合います。

α6400の予告動画に衝撃を受け、発売日の2019年2月22日に入手しました。2年間使用してきたα6500と比較しながらレビューします。

結論:
1■リアルタイムトラッキングと瞳AFが凄すぎる(ミノルタα-7000以上の衝撃です。「未来」がここにある!)
2■結果的にカメラとしての操作性がかなり向上している。
3■手ブレ補正は必要であると再認識しました(動きまわって撮る私の撮影スタイルでは)。
4■録画の30分制限が無くなり用途が広がりました(イベント等の長時間撮影)。

詳しく書くと、
1■AF性能の圧倒的な向上。α6500は意外やピンボケがわりとありましたが、α6400のAFは別物です。シャッターボタンを半押しするだけ! 顔(瞳)に限らす、室内や景色など空間にカメラを向けても外すことがきわめて少なくなりました。被写体の識別能力&合焦能力が格段に向上しています。

純正FE・Eレンズはもちろん、10年前のAFレンズも瞳AFが使え、生き返ったのにはびっくり! タムロン SP AF 60mm F2マクロ + MC-11の瞳AF動画を載せておきますが、ほかにもシグマ50mm F1.4 EX DG HSM(アートが出る前の人気レンズ)+ LA-EA3、SONY DT 50mm F1.8 + LA-EA3でも作動を確認しました。α6500では瞳AFが無効だったレンズ3本です。できれば今後、レンズごとに使用感をレビューしたいと思います。

2■AF性能の圧倒的な向上により、カメラとしての総合的な操作性が向上しています。
これまで使いにくいと感じていたことの多くが、AF性能&AF機能が発展途上だったことに起因することがわかりました。

たとえば、拡張フレキシブルスポットに設定し、タッチパッドでAFポイントを移動させるのが、私のα6500の基本操作でした。しかし液晶の反応がいまひとつだったり、気づかぬうちに液晶に触れてAFポイントが移動したりします。使いにくいと感じ、物理的なフォーカスセレクター(ジョグダイヤル)が欲しくなります。実際にフォーカスセレクターが搭載されれば、操作フィーリングがどうとか、きっと注文をつけたくなるのです。

ところがα6400では、ホントに「シャッターを押すだけ」です。
まず、AF-C + AFエリア全画面でカメラに合焦ポイントの選定をまかせる撮影方法ですが、以前は見当違いの物をとらえることが多かったのが、α6400では適確に被写体をとらえるようになっています。50パーセント⇒80パーセントくらいの向上でしょうか。

新設された「トラッキング:拡張フレキシブルスポット」も秀逸です。ピントを合わせたいものに向けてシャッターを半押しすれば、緑色のAFエリア表示がぴたりと張り付いて追い続けます。α6500の「ロックオンAF:フレキシブルスポット」とは別次元です。

人物撮影も画面内に人がいれば、シャッターを半押ししなくてもファインダー内にグレーの枠で顔をとらえます。シャッター半押しで緑の小さなAF枠が瞳をとらえて離しません。瞳が隠れた後の復帰もスムースで、左右の瞳の切替もできます。
対抗手段はMF&ピント拡大でピント合わせするしかなく(タイミングを逃します)、α6400にまかせておくのがベストな選択。普通のスナップならばシャッターを1回切っておけば十分。

プロのグラビアカメラマン並みのピント精度をカメラが持った、という感じでしょうか。彼らも百発百中ではなく、たくさんシャッターを切った中からベストな1枚を選んでいます。

3■手ブレ補正は必要
今回、50mm〜85mmレンズを新旧5本まとめてテストし(FE55mm F1.8、FE85mm F1.8、前述の3本すべて手ブレ補正機能無し)、恥ずかしながら微ブレを量産しました。ネット使用では気づかないレベルですが、等倍で見ると……。動きまわって撮ることが多く、α6500の手ブレ補正に助けられてきたことを再認識。

4■動画の30分制限が無くなった
ネット情報を総合すると、EUの関税は関係なく、SONYの商品企画として30分以上連続撮影できるようにした、とのこと。また、手ブレ補正ユニットが無いことで放熱性がよくなっている、とのこと。

以下、価格コムの評価項目に沿ったコメントです。

【デザイン】★★★★★
カメラが存在を主張しすぎないレンジファンダー型。

【画質】★★★★★
裏面照射ではないが、現時点ではα6500との違いは感じない。

【操作性】★★★★★
前述のとおり、AFは操作性が明らかに向上。露出関連も慣れてしまったので、現状の2ダイヤルがあまり気にならない。α6300以降のボタン・ダイヤル配置はひとつの完成形か?と思うようになりました。
3ダイヤルやフォーカスセレクターが欲しければ、登場が噂される一眼タイプのAPS-C機か、α9・α7シリーズを使ったほうが早い(それでも、レンジファインダー型にも搭載されればうれしいですが)。
ほかに「マイメニュー」など、α7第三世代の機能が反映されて使いやすくなっている。

【バッテリー】★★★
現時点ではα6500との消費量の違いは感じない。予備を持てばOK。

【携帯性】★★★★★
良い。

【機能性】★★★★★
リアルタイムトラッキングと瞳AFがすごい。
手ブレ補正も搭載した機種を望む。

【液晶】★★★★
液晶は簡単な確認のみなので十分。自撮りはしませんが、人物撮影時の事前設定用に自分にレンズを向けて確認できるのは便利です。
α6500レビューで「ゆがんでる感」があると書いたファインダー(EVF)は、接眼レンズでも改良されたのでしょうか? のぞきこんだときに見渡しやすくなったように感じますが、気のせい?

【ホールド感】★★★★★
これでいいです。

【総評】★★★★
AF性能は星5つに値しますが、手ブレ補正があれば完璧だった、ということで、あえて星4つにしておきます。
さっそく実戦投入しています。手ブレ補正搭載の上級機を待たず、現時点でα6400の2台体制に移行する価値もあると思いますが、どうしたものか……。

比較製品
SONY > α6500 ILCE-6500 ボディ
レベル
プロ
主な被写体
人物
報道

参考になった60

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタル一眼カメラ > ニコン > Z 6 ボディ

Berniniさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:1605人
  • ファン数:197人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
647件
デジタルカメラ
5件
407件
レンズ
8件
199件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

再生する

作例
Z6 with Z 50mm f/1.8S 120FPS Slow Motion Video Test F2

当機種Z 50mm f/1.8S F2 1/100sec ISO160 ピント面からのボケが自然で綺麗
当機種Z 50mmf/1.8S F2 1/125sec ISO1250 高いマイクロコントラストで丁寧に描写
当機種Z 50mm f/1.8S F2 1/125sec シャドー部の精緻な描けわけに長けている

Z 50mm f/1.8S F2 1/100sec ISO160 ピント面からのボケが自然で綺麗

Z 50mmf/1.8S F2 1/125sec ISO1250 高いマイクロコントラストで丁寧に描写

Z 50mm f/1.8S F2 1/125sec シャドー部の精緻な描けわけに長けている

当機種Z 24-70mm f/4S F8 1/125sec ISO800 ピクコングラファイト調色Cyanotype70%適用
当機種Z 24-70mm f/4S F5.6 1/60sec ISO6400 ボディ内手ブレ補正があり高感度撮影が楽
当機種Z 50mm f/1.8S F2 1/125sec ISO2500 地明かりのみ 面白い眼鏡の反射

Z 24-70mm f/4S F8 1/125sec ISO800 ピクコングラファイト調色Cyanotype70%適用

Z 24-70mm f/4S F5.6 1/60sec ISO6400 ボディ内手ブレ補正があり高感度撮影が楽

Z 50mm f/1.8S F2 1/125sec ISO2500 地明かりのみ 面白い眼鏡の反射

発売から1ヶ月間Z6を使用してみた後のレビューになります。
シャッターのフィーリングが素晴らしく「写真を撮っている」という充実感があります。機動性を生かしたスナップ、スタジオ撮影や動画撮影の性能の高さからサブ機ではなく確実にメイン機になると感じています。

【画質】
ニコン最高画質のZ7に比べローパスフィルターが入っているため画質が劣ると考えていましたが実際に撮り比べると決してそんな事は感じません。寧ろファッション、イベント、ウェディングなど大量に撮影しモアレに気をつけなければならない方は迷わずZ6でいいと思います。

また最近増えていると思いますが、ムービーをスチールとともに頼まれたり撮らなければならないフォトグラファーにはZ6がいいと思います。
ネット等の状況からまだ4Kは必要ないと感じる方もいると思いますが編集時に4Kで撮っておくと引きの映像から寄りのカットにしたりズーム効果をつけたりできるので収録の際には現状でも4K映像のクォリティは大事だと思います。Z7及びZ6は共に4Kでクロップされる事なくフルフレームで記録でき画質もよく申し分ありません。ハイライトとシャドー部の階調に優れたプロファイルであるフラットを使うととてもいい感じです。スタンダートと比べダイナミックレンジが広がるわけではありませんが編集時にちょっと弄る程度ならLog撮影でなくとも十分優れていると思います。

しかしながら注意しなければならないのはスローモーションで使い易い120fpsではZ7はDXサイズに切りとられ画角が変わります。その点Z6は120fpsでも画角が変わらないので広角での撮影がし易いです。

また外部収録でNinja Vを使えば10bit(4-2-2)でLog収録できますのでダイナミックレンジが広く白飛び、黒つぶれ、色飽和等かなり救える場面が多くなるとともに思いきったカラーグレーディング等の編集ができます。

【携帯性】
今までD5とD850を使っていましたが発売日に購入したZ6の使い勝手が良くすぐZ6をもう1台追加し2台体制にしました。動画の収録でも2カメ体制で色味の違いもなくポストプロセスで手間が省けましたが何といっても関連機材の軽量化のメリットが大きく感じています。

今までは三脚はジッツオのシステマティック三脚5型にアルカスイスモノボールZ1をつけて2セットで7kgぐらいあったところZ6に24-70mm f/4Sや50mm f/1.8Sだとベルボンのトラベラー三脚にRRSの雲台で十分になりました。また、イベント、ウェデイング撮影など移動の多い撮影にはザハトラーのシステムAce Mグラウンドスプレッダーが軽くかつカウンターウェイトの強さもZ6に丁度よく気軽に持ち出せます。バックが確実に1つ減り、ジンバルを持っていく時には2つ減らせるようになりました。

またジンバルはRonin Sを使用していますがD5のズシリとした重量から解放されZ6で長時間の撮影も苦にならなくなりました。11月のアップデートでRonin Sの手元から録画開始/停止及びフォーカスコントロールがZ7でできるようになりました。もうじきZ6でもできるようになりさらに快適になると思います。

【機能性】
・AF
動画で手持ち又はジンバルを使用する場合、ターゲット追尾AFや顔認識が重要になります。カスタムメニューのg4「AF速度」/g5「AF追従感度」で設定を被写体や状況に応じて変えることをお勧めします。印象が全く変わります。最初この設定を変えずに使っていてジンバルで撮影していてうまく撮れなかったのですがこれを変更することでガラリと変わりました。

プロのモデルと違って普通の方や子供を撮る時には予期したところを歩かずに画面から外れてしまったりしがちですがそういう時はAF追従感度を「鈍感」寄りの6に設定すると再度フレームインして来た時引き続きピンが合い映像がうまく繋がります。またティルトしつつジワっと奥にある被写体にピントを移動させたい時などはAF速度を「低速」にするといい感じでスムーズに繋がります。

・パワー絞り
動画収録中に環境光が変化した際に可変NDフィルターがあればなんとかなりますがない場合は困ります。フレームレートの関係上シャッタースピードは固定にしたい時などはほぼ無段階で明るさをスッと調整できるのでダイヤルよりレンズのコントロールリングに割り当てたパワー絞りが使い易いです。

絞りを変えても収録した映像がちらつくことはなくとても滑らかです。ZマウントのレンズのAFは静粛性に優れているため絞りを変えても収録している音声に影響は出ないのでレンズのコントロールリングにパワー絞りがあると助かります。

・ファインダーによる静音撮影
ムービーとスチールの一緒の現場でストロボが使える時間が限られている場合などは、予めストロボを使用した際のホワイトバランス(WB)取得済みの露出設定とストロボなしでWB取得済みの露出設定をそれぞれユーザーセッティングU1/U2/U3などに登録しておけます(Mモードを入れると計4種類)。静音撮影ON/OFFを組み合わせると舞台、講話、ウェディング、各種イベントなどで使いやすいです。

【総評】
動画の顔認識・ターゲット追尾AF等Fマウント機と比べ格段に良くなっており、他社のFF一眼カメラと遜色ないレベルです。ニコンには辛口のレビューが多いDP Reviewでもビデオ機能ではA7IIIやRより高く評価しています。(Nikon Z6/Sony a7III/Canon EOS R Compared 5分46秒〜)。
https://www.dpreview.com/videos/3279784857/dpreview-tv-nikon-z6-sony-a7-iii-and-canon-eos-r-compared
現場への荷物を減らしたい又は静止画だけでなく動画も1台で撮ってしまいたいと考えている方には高感度に強くボディ内手ぶれ補正機能のあるZ6はぴったりだと思います。

120fpsスローモーションテスト動画リンクはこちら↓
https://youtu.be/Gg5mAssffpA

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
室内

参考になった203人(再レビュー後:117人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタル一眼カメラ > SONY > α7 III ILCE-7M3 ボディ

Gケニーさん

  • レビュー投稿数:98件
  • 累計支持数:2310人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
14件
210件
タブレットPC
3件
49件
SSD
2件
50件
もっと見る
満足度3
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感2

再生する

製品紹介・使用例
AFの迷い、サーチ駆動

当機種SIGMA AF12-24mm F/4.5-5.6 EX DG
当機種CANON EF24-105mm f4L IS
当機種CANON EF100mm f2.8 MACRO

SIGMA AF12-24mm F/4.5-5.6 EX DG

CANON EF24-105mm f4L IS

CANON EF100mm f2.8 MACRO

当機種CANON EF70-300mm f4-5.6 IS
   

CANON EF70-300mm f4-5.6 IS

   

 
● 経歴を少し

ソニーは先代ミノルタ7D Digital(14年前)からA99まで6台使用してきた。他にキャノン、ニコン、シグマ、オリンパス。

ソニーαシリーズはレンズを含め全て売却。ソニーとは永遠に手を切るつもりだったがキャノンEFレンズに新たな可能性がでてきたので本機を購入。MC−11はまさに天からの恵み。シグマに感謝。


● 良いところ

1) ダイナミックレンジは比較的広く風景は扱いやすい。

2) EVFのピント拡大はミラーレスならではですごく便利。

3) 完全無音撮影が可能。


● 良くないところ

1) 露出補正ダイヤルは愚の骨頂
大手量販店でソニーのカメラ担当者に専用ダイヤルの使用意図を聞くが、明快に説明してくれた人に会ったことがない。なぜだろうか?世の中の多くのカメラは前後ダイヤルで特段不自由なく露出補正をしてきた歴史がある。

本機の絞り優先モードでは前後ダイヤルともF値で重複しているだけである。Mモードなら普通にF値かSSを変更すれば済む話し。どうしてもISO対応したいならホイール右で直ぐできる。ところでこのダイヤル、恐ろしく固い。親指と人差し指で摘まんで回さないとダメ。ゲーム機メーカーの受けネライ発想か。

2) AFの迷い
普段の撮影(AF-S、フレキシブルスポット)で、"食いつき"の迷いがそこそこ起きる。

*参考動画
AF-C (AF-S無効)ではあるが、シャッター半押し時の挙動を示す。AF-S撮影では動画よりサーチ駆動はもっと派手に起きやすい。なお、同じ被写体で6Dmk2、D750、OMD E-M1(ミラーレス、ハイブリッドAF)は瞬時に合焦する。SONYは像面位相差の測距点数ばかり強調するが、ミラー型位相差より明らかに検出能力は劣っている。

3) EVF映像は粗い
EVFから見える世界は発色(WB)、階調、輝度が人工的で粗い。リアルタイム映像は白飛びがとても起きやすく再生画像(EVF)と大きな落差がある。

4) ホールディング性は悪い
グリップは浅い。小指がはみ出す。しかしフルサイズだからレンズは概ね太くて重い。EOS R, Z6と比較しても握りの違いは明らか。純正の拡張グリップがあるが水平無視でいまだに違和感(1万円)。

5) 情報画面(DISP)は煩雑
他社はどこも大文字でシンプルな枠構成。水準器や輝度グラフが必要とはとても思えない。

6) 液晶はタッチパネルなのにタッチ変更不能。

7) 液晶は下方向に40度しか開かない。理解し難い中途半端。

8) タッチフォーカスでそのままシャッター切れない。パナ、オリは二度手間無用。

9) 液晶水準器は線が細く戸外でとても見にくい。頭上位置ではほぼ視認不能。

10) 電源オンから撮影まで2-3秒。OMD E-M1は0.5秒程度でシャッター切れる。

11) ロックオンAF、被写体認識がすごくアバウトで使いづらい。

12) 動画29分の壁
パナなどはSDカードの容量が許す限り連続撮影が可能。大事なスピーチ、スポーツで問題。

13) カスタムWBのセットが変則
バッグから出した白紙を左手に持ち、右手でシャッターが切れない。背面ホイールボタンは片手でシャッター押せない。戸外では白紙を良い角度で置ける場所を探さないといけない。こんなカメラ初めて。

14) パノラマ機能無し
歪曲無し超広角写真はすごくニーズが強かった。αフルサイズ機であったのにとても残念。

15) インターバルタイマー無し
なぜか連続撮影の間隔設定ができない。多機能レリーズを買い、電池を入れ、ケーブル垂れ下げて使う。

16) カメラ充電は最悪
コネクタを差し込むときゴムキャップが邪魔。ゴムキャップのめくれでカメラが置きにくい。充電中はカメラが使えない。別売充電器(\9,000)は必須。

17) 手振れ補正の冗長
カメラに5軸補正を完備しているのにレンズでもOSSを実装。ソニーはEマウント発足時の事情(レンズ依存型)を今日まで引きずっている。この重複コストは勿論、ユーザー負担。

18) Imaging Edge (現像ソフト)
Canon、Nikonなどと比べて操作性は実に良くない。ビューワとRAW現像が別モジュールでとても使いづらい。ユーザー設定は2項目だけ。表示は遅く15年以上前のレンダリング技術。

19) PlayMemories Home(管理ソフト)はカラーマネージメント非対応;
Windows PC、キャリブやったモニタープロファイルは使えず発色が狂う。SDからPCへの画像移動で必須。エクスプローラで移動するとカメラで情報不整合発生。なぜか動画だけはSDに残存し、毎回全ファイルを手作業削除。あり得ない膠着仕様。


● MC-11(v2.14)について

・ピントの拡大
EFレンズではカメラ「DMF選択」無効。AF-Sが基本。
ピントリング廻しても自動拡大しない。
しかしピント拡大をCボタンに割り当てれば拡大表示は容易。
拡大中のAFは効かない。

・EFレンズは動画AF-Cが効かない。

・手振れ補正
IS付きEFレンズはカメラ側手振れ補正は作動せず、IS:on必要。
IS無しEFレンズはカメラ側手振れ補正が作動してくれる。
なお、手振れ補正の効き具合「焦点距離」の設定が可能。

・最近のSigmaレンズ(for canon)
レンズ側「MO」でピントリングで自動拡大、拡大中のAF、動画AF-Cも効く。


● 満充電の撮影枚数

・RAW(平均25MB) : 約1,000枚
・JPG-L(平均9MB) : 約1,200枚
・充電時間 : 3時間15分(100%到達時)
 *キャノンは1時間55分


● 総評

圧倒的なメディア戦略でネットの「よいしょ記事」は凄まじい量である。鳴り物入りで登場したこの「ベーシック機」で、なぜかレアな専用ダイヤルを装備。コンパクト化を目指したミラーレスで、なぜかレンズはバカ重く驚きの価格設定。手振れ補正は重複実装。現像ソフトは三流品。

ちぐはぐなコンセプトで高コストをふんだんに消費者に求めるソニー体質を見る。カメラの総合的な使い勝手は決して良くないと思う。その事に一番気付いてないのがソニー。

*添付画像のレンズは概ねソニーの1/2以下の価格
 

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景

参考になった286人(再レビュー後:72人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタル一眼カメラ > パナソニック > LUMIX DMC-G7H 高倍率ズームレンズキット

GARAGE1647さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
0件
44件
ビデオカメラ
1件
9件
薄型テレビ・液晶テレビ
0件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感4

再生する

再生する

作例
ブルーインパルスの演技を望遠端4K撮影

作例
メジロを望遠端4K撮影

当機種望遠端、絞り解放、手持ち撮影
   

望遠端、絞り解放、手持ち撮影

   

【画質】
付属レンズの出来が良く、広角〜望遠まで抜けの良い描写で価格を考えれば全く不満はないです。

高ISOにも強くこちらも価格を考えれば全く不満はないです。

動画の精細感については高価なソニー機と比べて同等以上にきれいだと思います。
4KはもちろんフルHDでも従来機とは比べ物にならない程きれいな映像が残せます。

【操作性】
使いやすいです。

【バッテリー】
静止画メインなら1日持ちます。
4K動画メインなら予備バッテリーは必要です。

【携帯性】
スリングバッグにも入るので気楽に持ち出せます。

【機能性】
小さいボディに高機能がギュっと詰まってる印象です。
レンズ内手ぶれ補正もよく利きます。

【液晶】
普通にきれいです。

【ホールド感】
握りやすいです。
軽量なカメラなので軽く握るだけでOKです。

【総評】
主に飛行機の動画撮影が目的で購入しました。
パナソニックの場合、動く被写体の流し撮りでは、ボディ内手ぶれ補正搭載機は揺り戻しが発生するため使い物になりません。(GH5やビデオ専用機でも同じ)
そのため敢えてレンズ内手ぶれ補正の当機を購入致しました。
ほぼ期待通りで満足しています。

写真も動画も平均点以上、価格も手頃でコストパフォーマンスは最高だと思います。
一年前から新品も中古も価格相場が殆ど変わっていない事がそれを物語ってると思います。

※作例の動画はフェードイン・フェードアウトを付けた以外全く手を加えてません

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
その他

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタル一眼カメラ > CANON > EOS M100 ダブルレンズキット > EOS M100 ダブルレンズキット [ブラック]

みやびチャンネルさん

  • レビュー投稿数:32件
  • 累計支持数:152人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
4件
476件
自動車(本体)
2件
102件
ドローン・マルチコプター
1件
79件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性3
液晶5
ホールド感5

再生する

再生する

作例

作例

機種不明ストラップはエツミのミラーレス機用の物を使用
当機種
当機種

ストラップはエツミのミラーレス機用の物を使用

当機種
当機種
当機種

今回、このキヤノンのEOS M100が人生で初のミラーレス一眼となったが、結果は非常に満足出来た。

まず、オートフォーカスの早さに驚いた。撮りたい物をビシッとすぐにピントを合わせてくれるので軽快なテンポで撮影する事が出来た。

動画も撮影してみたが、やはり風切り音がそれなりに入ってしまう点はマイナス。動画の手振れ補正も思ったほど期待は出来なかった。動画を手持ちで撮影するとブレブレな動画を量産してしまうだろう。

試しに、とある公園内の雑木林で1時間(130枚)ぐらい撮影してみたが、バッテリーのメモリは1つも減らなかった。バッテリーに関しては持ちが良さそうだと感じた。

ほか、液晶画面はとても見やすく、構図を決めて、液晶でタッチしてピントを合わせる操作も非常に軽快で全くストレスを感じるような場面には遭遇しなかった。

これからもクソ暑い夏の期間だけ使用するカメラになると思うが、また機会があれば気軽に引っ張り出して撮影に行きたい。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタル一眼カメラ > SONY > α6500 ILCE-6500 ボディ

mow-さん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:45人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
7件
PCモニター・液晶ディスプレイ
0件
4件
CPU
2件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶3
ホールド感4

再生する

製品紹介・使用例
バスケット動画は不可なのでこちらで確認下さい。

当機種
当機種
 

 

α6500に子供のバスケットHD動画撮影品質の向上を目指し、
先日下記レンズと共に購入しました。
・シグマ60mm F2.8 DN
・シグマ30mm F2.8 DN

添付にてシグマ60mm F2.8 DNと組み合わせ時の動画AF状況をアップします。
AF早いです。
小さな単焦点レンズは動作する部分の質量が小さいので動作が早いのか、
α6500手振れ補正と、手振れ補正の無いシグマレンズ、AFは迷わず早く相性が良いようです。

また、静止画でも良い感じで撮れています。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内
スポーツ

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタル一眼カメラ > CANON > EOS M100 ダブルズームキット > EOS M100 ダブルズームキット [ホワイト]

なかるさん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:78人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
0件
21件
車検・整備
0件
12件
ノートパソコン
3件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感3

再生する

作例
のこぎり山 帰りのフェリーから

当機種近くの公園にて
当機種三脚でセルフタイマー。撮影後にズームアップで切り出し。
当機種のこぎり山から東京湾をのぞむ

近くの公園にて

三脚でセルフタイマー。撮影後にズームアップで切り出し。

のこぎり山から東京湾をのぞむ

当機種日本最大の石でできた大仏さま
当機種横浜 山下公園
当機種これも山下公園

日本最大の石でできた大仏さま

横浜 山下公園

これも山下公園

画質の良い写真が撮影したいと思い、今回予算10万円以内で初めて
ミラーレス一眼の購入を計画しました。機種選びはぶれにぶれましたが
この機種に着地です。

〇デザインですが、ボディの色は、黒を購入しています。大きさの
 割にずっしりとして、チープな感じは受けません。

〇画質ですが、初心者の私で、この程度というところで、作例を掲載
 させて頂きます。

〇操作性ですが、外部ダイヤルで各種設定が理想でした。
 しかし、画面タッチでの設定に慣れると、とても簡単です。
 2〜3日いじりまくれば自由自在になるのでは。
 (どの機種でもそうですかね・・?)
 タッチでオートフォーカスできるのが、すごく便利です。

〇バッテリーですが、一日に60〜70枚程度の撮影では、電池の
 残量マークは、減りませんでした。

〇携帯性ですが、はじめてのミラーレス一眼で、パンケーキレンズも
 同時購入し、レンズが3本になったので、さすがに心配でした。
 試しに二回の日帰りの小旅行で、いつものバックパックに放り込んで
 持ち運びましたが、重さは苦にならず。快適でした。

〇機能性ですが、手振れ補正、色々な効果や補正があります。
 色々ありすぎて、うまく紹介できずすみません。
 これから色々と工夫しつつ楽しみたいと思います。

〇液晶は綺麗で見やすいです。でも日差しの下では、厳しいですね。
 電池もちを気にして、最も輝度の高い状態を試していないので
 そのうち試してみたいです。

△ホールド感は、小さな筐体ですのであまりよくはありません。
 でも、それほど悪くも感じません。今までコンデジでしたので。
 落下防止のため必ずストラップで首から下げています。

〇満足度
 カメラ撮影で、絞り、ホワイトバランス、ISO感度など今まで
 きちんと考えたことがありませんでした。それらを駆使して撮影したい
 ため、楽しみながら勉強中です。それが一番良かったことです。
 購入までに、カメラについて色々な事を学べたのも楽しかったです。

【その他】
・EVF無しの機種を選んだ理由は、今までコンデジばかりでしたので
 不要と判断したためです。同じセンサーサイズの機種で、EVFの
 有無で電池もち(撮影可能枚数)に差があるので、それも理由です。
 追加のバッテリー購入も避けたかったので・・・。
 やはり、日差しの下で撮影すると、EVFがあった方が良かったかも。

・機種選びに役立ったのがYoutubeの動画。迷いの元にもなりました。
 投稿動画の多寡で、人気機種かどうかがわかりますね。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった10人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタル一眼カメラ > オリンパス > OLYMPUS OM-D E-M1 12-40mm F2.8 レンズキット

飯塚 弘子さん

  • レビュー投稿数:384件
  • 累計支持数:1634人
  • ファン数:28人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
140件
1件
その他カメラ関連製品
57件
0件
レンズ
47件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5

再生する

作例
自己紹介です。

当機種
当機種
当機種

 フィルムカメラ時代からのオリンパス・ファンであった私は、OM-D E-M5が登場した時に、栄光のOM名を付けたことに戸惑いを感じました。

 OM-D E-M5はデザインや名称で話題にはなりましたが、細部の作り込みや動作、ファインダーを見ると物足りなさが残りました。そもそもミラーレス機なのになぜ一眼レフスタイルを踏襲したのか理解できませんでした。

 そんなジレンマが募っていたところに登場したのが、このOM-D E-M1でした。正直、これには驚きました。E-M5のチープな部分を徹底的に見直して、完成度を高めていたのです。

 さらにプロレンズの12−40mmとのキット販売。発売と同時にすぐに飛びつきました。レンズとの相性も抜群で、当分、手放せないようです。

 不満点を挙げるとすれば、私は縦位置撮影をすることが多いので、液晶モニターがチルト式なので不便に感じることもあります。

 でも、それを差し引いてもE-M1は魅力がありますし、このレンズキットはお買い得です。

*被写体から掲載許可済みです。

レベル
初心者
主な被写体
人物

参考になった8人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジタル一眼カメラ > オリンパス > OM-D E-M10 Mark III EZダブルズームキット > OM-D E-M10 Mark III EZダブルズームキット [ブラック]

まめ太郎@さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:36人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
レンズ
1件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5

再生する

その他
動物園で換算300m付近で手ぶれ補正をきかせて撮ったもの。補正は強力です

当機種菜の花
   

菜の花

   

キャノンG7X mark2からの買い替えです。
子供を撮るために常時携帯しやすいプレミアムコンパクトを選んだのですが、AFが遅く、また意外とホールドしづらく買い替えを考えていたところ、いろいろ比較検討してこちらにたどり着きました。
【デザイン】
ともかくフルサイズのようなハンドルが出っ張るものはかさばるしポーチに入らない。ただ、コンパクトだと男の手ではしっかりホールドできない。パンケーキズームがあってスリムですぐに取り出せて、焦点合わせがはやいのがよいです。
【画質】
なかなか良いです。素人目にはフルサイズとの違いがわかりません。1インチデジカメよりは高画質ですし、色温度など、発色の設定が多彩です。キャノン1インチの色温度設定は細い調整が効なかったので、その点はよかったです。画質はたぶんレンズの違いのほうが大きいと思います。
【操作性】
とてもシンプルでわかりやすいです。前機種より設定項目が減ったことを悪く評価する方もいますが、基本、オートでしか取らない者としては、問題になりません。多重露出、ライブコンポジットなど、マニアックな撮影が、ガイドに従えば簡単にできる点は評価します。
【バッテリー】
まあまあです。1日は十分もつので気にはなりません。替えのバッテリーも持っていきますが、小さいです。
【携帯性】
ちょうどよいです。ここがポイントでした。
重いのは嫌ですが、ソニーのrx100-5やキャノンの1インチシリーズは、全体的にコンパクトですが、実はけっこうズッシリして、重心が悪く、指で構えると実際より重く感じます。体積はそれなりだがスリムで、重さは軽いほうが、(つまり中身が詰まってないほうが)軽く感じるし、手の接触面が多いほうが手の力が効率的にかかるのでむしろ軽い、ということが、今更ながら分かりました。
【機能性】
ともかく5軸手ブレ補正が強力です。AFが早くてブレが防止できて、フルサイズより2倍の焦点距離を稼げて、軽い。さらに、子供の身近な様子を4kで記録できるのはこれだけです。子供の表情は今だけなので、2、3万けちって汚いビデオにするのは避けたかったです。ソニーα6500とも悩みましたが、これはYouTubeで比較動画もありましたが、同じ5軸ブレでもα6500とは趣向が違います。(6500は写真の細い手ブレに強いようです)大きいブレに対応した動画歩きとりにもよく効くのがオリンパスなので、この点は評価してます。ただ、外部マイク端子がないのはがっかりです。
【液晶】
それなりにきれいです。タッチシャッターが便利でこればかり使っています
【ホールド感】
前述のとおり、良好です。前機種よりもホールドしやすく工夫されています。コンパクトよりしっかり持てます。
【総評】
購入時9万を超えていたので、エントリーにしては高いと悩みましたが、前機種は4kがとれず、AFも遅いので対象外でした。(4kと1kはかなり違います)キャシュバック1万円もあり決めましたが、結果、子供撮影時の不満点はすべて解消されたので、良しとします。E^-m5 mark3にも期待していますが、いつ出るのか、いくらになるか、また重さがどうなるかわからず、ひとまずこちらを購入です。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内

参考になった23人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(ミラーレス一眼)

ご注意