AMD CPUすべて ユーザーレビュー

 >  >  > すべて

ユーザーレビュー > パソコン > AMD CPU > すべて

AMD CPU のユーザーレビュー

(2314件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
CPU > AMD > Ryzen 5 3600 BOX

やえがらすさん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:392人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
2件
43件
スマートフォン
3件
12件
セキュリティソフト
0件
14件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性無評価
省電力性4
互換性5

【処理速度】
ほかの人も書かれているので、あえて書きませんが能力は素晴らしいですね。今までRyzen5 1600を定格で使っておりました。組み合わせはB450M-Aのマザーを最新のBIOSアップして使っています。定格で動かしてますが、体感で3割 ベンチでは7割ほどプラスに出ています。クロックと数値が良い意味でオーバーしています。同じシリーズ(Ryzen5の省エネTDP65W系)か?と言うほどの能力アップです。

最新のマザーX570なら更にその能力を引き出してくれるかもしれませんし、他の金持ちのユーザーのwレビューをご参考にして下さい。

【安定性】
さて、本題です。B450という古すぎてない、新しいマザーでも無い中間のミドルのマザーでも動いてくれています(運用して3日です。直ぐに問題があったら書き直しますw)

では何が問題化というと「熱」です。 Ryzen5 1600は超低熱だったので、室温28℃で起動時は38-44℃くらいでファンが聞こえない程の静けさでした。ブラウジング、ちょっとレタッチソフトを使うライトユーザーですがそれでも50℃以内に収まるCOOL過ぎるCPUでした。 
冷却の構成はAMDリテールクーラー、Wraith Spire Cooler (LED付・TDP95W対応、ワンランク上です)の物とナノダイヤグリス熱伝導率: 8W/m・K を使っていたのでドノマールでは有りませんが冷却に気を使っていました。

同じものを使用し、ゴミを掃除し、エアダスターやコンプレッサ(会社にある)で奇麗にしてこのCPUをインストールしました。Ryzen 5 3600、Go!!と一人はしゃいでおりましたw
で、起動後は室温28℃で47-54℃に。しかも、ブラウジングでちょっと開くと60℃超えるじゃないですか・・。

しかもPWMファンが良く可変するんですよね。「フィーン」「フィーーン」と。何かおかしい。早速クーラーの取り付けを確認しました。グリースOK、ねじ締めOK・・しかも二度確認。 あれ?95W以上のRyzen7ならそれでも良いけど同じ65W系で随分温度高いな〜と心配になりました。

次にもう一度BIOSを書き換えました。 変わらない・・ 次に常駐ソフトも見たけどCPU使用率1〜7%、しかも殆ど1%で推移。CPU処理増加や割込みで温度が高いと疑ったけど関係ないみたい。疑い深いのでOSの再インストールw これならウィルスも何もない最小構成だ。と思ったけど、ほぼほぼ温度は同じ。
CINEMAベンチマークで最高に負荷を掛けると84℃で止まる。マザーの安全装置と冷却の機能が壊れている訳でもなさそうです。
この時点で、マザーのセンサーがおかしいのかCPUがおかしいのか(それはほぼ有り得ないが0でもないみたい)と気になり初めて・・。結果新品のB450M-Aをもう一個買いました。予備用にもなりますし(そう言い聞かせないと精神がダメになりそうでしたw)
で、これはRyzen 5 3600には対応していないんでRyzen5 1600を入れてBIOSアップしてから(要は一回くみ上げてOS入れた)またRyzen 5 3600を入れても・・ ほぼ温度の結果は同じでした。何度も何度も疲れた。(更に前の1600はもう一台連続でPCを同時に作りました)

要は、純正のリテールでは全く冷却ソリューションとしての体を成しておらず、静かにPCを使いたいならばリテール以外を使えば良いという事でした。ノーマルのままだとかなり音が出てきます。thermaltakeのContac Silent 12を取り付けました。ヒートパイプ3-4本が接地し12cmの風量もそこそこの静穏ファン。これなら・・。すると、Ryzen 5 1600の頃に近い温度まで落ちましたが、それでもファンの可変は多少有る程度で収まりました。まだ少し可変(唸る)します。
ASUSのソフトでファンコントローラーでSilentでファンの開始温度を制御すれば完全に静かにはなりましたが、熱があるのを、しきい値を上げて誤魔化してるだけに過ぎないのでそれはやはり止めときました。源流対策?と言えばいいのかな。
なおRyzen 5 2600を持っていてテストもしましたがこちらは1600同様、メチャ静かですw
※以下の過去の続きは以前のレビューをご確認下さい※

【総評】
9/26(新規追加レビュー) 
--------------------------------------------------------
前回、ファンのうねりと音に困っていたレビューを記載しましたが設定の変更で大幅に変えることが出来ました。

コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\電源オプションの「AMD Ryzen Blanced電源プラン」を「バランス」に変更する事で、ほぼ音の出ないPCにする事が出来ました。勿論、負荷時にはBoostも掛かり処理性能が落ちる事もありません。
経緯を説明しますと、最新のRyzen CPUを入れる際にチップセットドライバーも生真面目に一式更新しておりました。このマザーではAMDの電源プランも最新の更新で入っていたようですが、デフォルトのAMD Ryzen Blanced電源プランでは、高クロックとレスポンスを維持したままになるらしく発熱が高いままになっていました。なので異常は最初からどこにも無かった上、検証も合っていたようでした。デフォルトで音が煩いと感じましたら、ここの電源プランをバランスに変えてあげるだけでOKです。ただしWindows10 1903以降で無いと性能低下を引き起こすので最新のバージョンに上げた上で、変更してください。
どうも調べた所によると、AMDのお節介な調整に見えてしまう今日この頃です。
(情報参考サイト)
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1199341.html

これで静穏と処理能力など満足でき、心からお勧めできるCPUになりました。
間違った感想でご迷惑をお掛けしました。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった28人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Phenom II X6 1090T Black Edition BOX

とうがらしの種さん

  • レビュー投稿数:76件
  • 累計支持数:560人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
238件
レンズ
21件
97件
デジタルカメラ
2件
40件
もっと見る
満足度4
処理速度2
安定性5
省電力性2
互換性2

CPU MARK

ドラクエベンチ

FF14ベンチ

グラボをGTX760から交換したので、適当にゲームベンチを、走らせてみました。
Windows10はマザーボードがサポート終了みたいなので、仕方なくBIOSで設定しました。
ついでに、空冷なので、安定?の3.82ギガにクロックアップしています。
高負荷時のCPU温度は45℃位です。
なので、ゲームベンチマーク取り直しました。
CPU MAKUベンチは、価格.comで使われてるものだと思うので計測してみました。

泣き所は、PCI-Expressが、マザーボード2.0でグラボが3.0なのでグラボの性能が、100%出せないので残念です。
最近、第8世代i7のノートパソコンを買ったばかりなので、同じ世代で自作するのも微妙な感じなので暫くこの仕様で使おうとおもいます。
この↓ノートパソコンNEC NX850です。
https://kakaku.com/item/K0001155871/#tab

【処理速度】
もう発売から9年、当時ハイエンドも今は、ロウエンドのほど?です。
オーバークロックでCPU MARKが最近購入したNECノートパソコンNX850の半分位でした。

【安定性】
ずっと使ってますが、問題ないです。

【省電力性】
良くは、ないです。

【互換性】
壊れたら、マザーボードを探さず、新しいCPUで組み直したいと思います。

【総評】
今の所、自作する気がなく、もう暫く使おうかって思ってます。
今となっては速くはないけど、OCなどで遊べるCPUだと思います。
それにしてもRTX2060とか最近のグラボは、3Dは、速いけど、2Dはいまいちって感じですね。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった2人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 5 2400G BOX

A7M2さん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:62人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
6件
24件
マザーボード
1件
7件
デジタル一眼カメラ
2件
5件
もっと見る
満足度4
処理速度5
安定性4
省電力性4
互換性3
   

殻割り後の2400Gと自作した万力用殻割り治具

   

ケースが小さくグラボを付けるスペースのないPC向きなCPU。
性能も日常使いには充分だし(現時点で)1.5万を切る価格も魅力です。
コンペは3400Gくらい。価格なりの差は感じられずこちらにしました。

ただいざ使ってみると性能なりの発熱もするし、ケースが小さいので
カバーつけるとそれなりの温度上昇。どうしても温度は気になるところ。

自分なりに冷却フインはそのままでFANだけNoctuaA9にしてみたり、
youtubeの外人さんの動画のマネして殻割りしてみたり・・・・
気がつくとソルダリング済みの3400G買っちゃったほうが安かった。
でも逆に言えば、3400Gでは味わえない楽しみが残されてます。

自作PC自体がある意味「オンリーワン」を楽しむものですから、
これから買う方は、近道するのも良し、遠回りして道草するのも良し
ご自由に!






レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 9 3900X BOX

GOLDJPさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:76人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
38件
スマートフォン
0件
36件
バイク(本体)
1件
25件
もっと見る
満足度4
処理速度4
安定性4
省電力性3
互換性3

PCケース NZXT H510 ELITE

グラフィックボードが骨董品クラスなので少し足を引っ張ってるかもしれません。

KRAKEN X62水冷での温度です。

 

メモリ 4125Mhz駆動。 memtestもクリア済

MemTestクリア。

 

メモリの相性がシビアかと思いましたが、
DDR4 PC4-33000 4133MHz駆動も問題有りませんでした。
このメモリで四枚差しをすると正常に駆動するのかが気になるところです。

NZXTのケースと水冷クーラーの外観がお気に入りです。

【OS】 Windows10 Pro 64
【CPU】AMD RYZEN9 3900X (AM4 3.8GHz 12コア)
【CPUクーラー】NZXT KRAKEN X62
【M/B】ASUS ROG Strix X570-F Gaming
【メモリ】16GB PATRIOT PVR416G413C9K (DDR4 PC4-33000 4133MHz 2枚組)
【グラフィック】Geforce GTX 1080Ti既存流用
【SSD】RAID 0 SSD 2台にて実容量 1TB (500GB x 2 WD Blue WDS500G1B0A)
【電源】850W 80PLUS PLATINUM TOUGHPOWER GRAND RGB(Thermaltake PS778 PS-TPG-0850F1FAPJ-1)
【PCケース】NZXT H510 ELITE

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 3 3200G BOX

しこでーさん

  • レビュー投稿数:44件
  • 累計支持数:176人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

SSD
3件
0件
PCモニター・液晶ディスプレイ
2件
0件
キーボード
2件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性4
省電力性無評価
互換性5

長らく余ったノートPCにUSB HDDを繋げてファイルサーバーとして使用してきたが、性能的に厳しくなったので一台組むことにした。
当初はIntelのi3-8100を予定していたが、Intelの世代ごとの互換性のなさに嫌気がさしていた。
そこで世代間の互換性が抜群のAM4ソケットを持ち、巷で話題のRyzenで作ろうと思い立った。
現在所有のi5-8400では物足りなくなったときRyzen3700X辺りに乗り換えて8400をサーバーにするという先を見据えての自作。

スペックは以下の通り
CPU Ryzen3 3200G
M/B B450 AORUS ELITE[Rev.1.0](ショップでBIOSを最新版にしてもらった)
MEM crucial CT2K8G4DFS8266 (8GBx2)
SSD crucial MX500 CT1000MX500SSD1/JP(500GB)
HDD メーカーと容量が色々の余り物x7台
OS Windows10 Pro 64bit DSP

【処理速度】
家庭用ファイルサーバー用途なので完全にオーバースペック。
ゲームをしないのでディスプレイどころかキーボードもマウスも繋いでおらずリモートデスクトップ経由で操作している。
もちろんリモートデスクトップはサクサクで違和感がないためメインとサーバーのどちらを操作しているのか判らないほど。
ウィンドウの色をサーバーはRyzenオレンジ、メインPCやノートPC等はIntelブルーにして区別している。
今後は寝ている間にエンコードやレンダリングなどを行う予定だが多少能力不足でも寝ている間なので気にならないと思う。
ベンチマーク結果も載せておくがサーバーとして使う環境を整えた状態での計測なのであまり参考にならないかも。

FF14 FHD 高品質 2741(やや快適)
CINEBENCH R15 シングル:136pts マルチ:534pts
CINEBENCH R20 シングル:348ts マルチ:1362pts

【安定性】
DDR4-2666定格で動かしてるので全く問題ない。
オーバークロックしたらどうなるかは判らないがオーバークロックには興味がない。
不思議なことに色々インストールした後の定格動作のベンチマークがネット上のOCメモリーで計測されたベンチマークを上回っている。
オーバークロックしても良くて微増、悪けりゃ速度低下で安定もしないでは意味ない。

【省電力性】
どれくらい電力を食っているかはさっぱりなので無評価。
HWINFOのキャプチャを貼っておくのでそちらを参照のこと。
室温25℃でアイドル時37℃、FF14ベンチを動かしてMAX66℃、OCCTを動かしてもCPU温度はMAX78℃。
上記の通りSSDとHDDを計6台も内蔵した熱源たっぷりで環境の良くないケース内なので高いか低いかよく判らない。

【互換性】
チップセット3世代に渡って動くなら立派なもんじゃないかと。
ほぼ1世代ごとにマザボ買い換えさせる所と比べれば雲泥の差。

【総評】
コスパが求められるクラスのCPUだと思うが発売時点のコスパはRyzenAPUの中では微妙かも。
2200Gと2400Gが入手困難にならない限り、ゲーム性能が一番高い3400Gはともかく、3200Gはハミ子っぽい。
今年の4月頃に出回った3200G殻割り写真のソルダリングが本当ならいいなぁとは思うが、あれはES品だったのかもしれない。

とはいえ「新しいってことはなんか良いとこあるんだろうから、お先に楽しませてもらいます」という浅い考えなので全く後悔なし。
i3-8100とは比べるまでもなく3200Gの方がはるかにコスパがいい。
i5-8400の時はメモリーとSSDが一番高い時期に購入して15000円くらいは損してるから2000円差くらいでガタガタ言わない。
8400も3200Gも十分に楽しませてもらってるし、相場に気を揉むくらいなら価格差の分を先に楽しんだほうがいい。
日本だと2000円下がるのに何ヶ月かかるか判らないし、その間にメモリーやSSDが急騰したら目も当てられない。
十分安いんだから、今買っちまえってことでメモリー48GBとSSD3台2TB分も一緒に買ってしまった。
お金を減らさないことに汲々とするより、お金を増やす努力をして使うことを考える方が有意義。

【追記】
動画のエンコードをやってみたのでざっくり追記。
寝てる間のエンコードは以前のノートPCでは出来なかったことなのでやってみたかった。
試したのはHandBrakeでIFullHD(1080)からHD(720)へ22分の動画のコンバート。
本当はTMPGEncでやってみたかったけどPC2台に入れるとBANされるっぽい。

エンコーダーのハードウェアは以下の通り。
QSV(i5-8400)
NVENC(GTX1060 3GB)
VCE(Ryzen 3200G)
ソフトウェアエンコードは参考程度にやってみた、1パスでエンコード。

・変換にかかった時間
QSV・・・3分57秒
NVENC・・・3分40秒
VCE・・・7分16秒
Intel Software・・・8分31秒
Ryzen Software・・・12分9秒

VCE遅い。NVENCのほぼ倍の時間がかかってる。
ハードウェアエンコードが効いてないのかと思ったがソフトエンコードより5分は速いから一応効いてる。
RyzenのGPUがどの程度の性能でHandBrakeがどの程度VCEに最適化されてるのか不明だけど遅い。
ソフトウェアエンコードは8400の1.42倍と3200Gも意外に健闘
8400のコア数が1.5倍なので1.5倍以上の差が付くかと思ってた。

・変換後の容量
オリジナル・・・758MB
QSV・・・422MB
NVENC・・・492MB
VCE・・・502MB
Intel Software・・・405MB
Ryzen Software・・・404MB

VCEデカい。QSVに比べて約19%もデカい。元ファイルからVCEが約34%減、QSVが45%減。

・画質(完全に主観)
NVENCが一番オリジナルに近い?
とはいえ静止画にしてじっくり見なければどこが違うか判らないレベル。
気になるならCPUで2パスエンコードしなさいよって感じ。

・総評
変換後の容量と画質はともかくVCEのエンコードの遅さは少し気になる。
NVENCは速いけどQSVに比べると17秒ほど早いだけで70MBサイズがでかい。
メインPCで編集してからエンコードって考えると動画が短ければQSV、長ければVCEで寝てる間にエンコードが良さそう。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった8人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 7 3700X BOX

いぞ〜さん

  • レビュー投稿数:64件
  • 累計支持数:184人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
8件
1件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
6件
キーボード
3件
3件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5
 

リテールクーラー。室温25℃でCPU46〜85℃

虎徹U 室温25℃でCPU38〜77℃ スコアも微増

 

【構成】
CPU:AMD Ryzen7 3700X ※CPUクーラーは後に虎徹Uへ変更
マザー:ASRock B450 Steel Legend
グラボ:MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G
メモリ:CFD Crucial (Micron製) PC4-25600(DDR4-3200)8GB×2
M.2 SSD:ASX8200PNP-512GT-C XPG SX8200 Pro
電源:ANTEC NE750 GOLD
ケース:サイズ 静寂(SEI-JAKU)SCY-DFR5-BK
OS:Windows10Home 64bit

インテルi5 4670から初自作で乗り換え
今回は旧PCで不満があったCPU性能を重視し、比較するのも申し訳ないくらい性能が上がりました
日常でベンチスコアほどの圧倒的差を実感することはあまりないですが、何をするにもサクサクで安定しているので満足感高いです
一応初自作にはなりますが、事前に色々調べてから組んだので何も問題なく稼働中
9/6に購入したB450 Steel LegendはRyzen3000対応済みP2.70アプデ版で、CPUは勿論メモリも3200MHzで素のまま認識
評判良いリテールクーラーはLED搭載の立派なサイズをしておりますが、自分は静音ケースに閉じ込めているのもあって、排熱と静音性のために虎徹Uに換装。とはいえ空調効かせた部屋でエアフローに問題ないケースならば、リテールクーラーで実際充分だとは思います(ただしBIOSのファン設定は必須。そのままは無駄に煩い)
ちょっと注意したいのは、リテール品はグリスが必要以上に盛られていて装着時に余裕ではみ出します
稼働に支障はありませんが、後の載せ替えや塗り直し等考慮するなら、多少拭き取るなり自前の物を塗り直したほうが良いかもしれません

CPU設定そのまま、リテールクーラーor虎徹UでのCinebench R20の結果も貼っておきます
室温25℃での計測ですが、どちら最高温度はそれなりに上がってますね
スコア・温度ともに虎徹Uでやや改善するという結果

レベル
初めて自作
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 7 3700X BOX

iisan1973さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

DVDドライブ
1件
0件
OSソフト
1件
0件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
   

そこそこは出来そうです。

   

Intel Core i7-920(LGA1366)から約10年ぶりの更新です。

【PC構成】

CPU:AMD Ryzen7 3700
M/B:ASUS TUF B450-PLUS
VGA:Palit GeForce GTX1050Ti
PSU:玄人志向 KRPW-BK750W/85+
RAM:G.SKILL F4-3600C19D-16GGSXWB
SSD:Intel SSD 760p SSDPEKKW256G8XT
O/S:Windows10 HOME

AthlonXPから64まで弄り倒して、しばし帝国に寝返り久々のAMDです。
新しいケースにAMDのエンブレムシール…最高ですね!
ゲームは一切しないのですが(笑)そこそこのスペックが欲しいので上記の仕様に。
TDPが低いので、低発熱で助かります。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 5 2400G BOX

北野三四郎さん

  • レビュー投稿数:71件
  • 累計支持数:481人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
12件
0件
デジタル一眼カメラ
4件
7件
メモリー
5件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性無評価

下記の組み合わせで、問題なく稼働しております。


[CPU] AMD Ryzen5 2400G

[M/B] MSI B450 GAMING PLUS

[Memory] G.SKILL F4-2666C19D-16GNT

[3.5インチベイHDD内蔵ケース] 起動ドライブ用 Owltech OWL-IE322B
[SSD] SiliconPower SP120GBSS3S55S25AC

[5インチベイHDD内蔵ケース] データバックアップ用 Century CWRS2-BK

[カードリーダー] Links SFD-321F/T81UEJR

[OS] Windows 10 x64 Professional

[電源] SCYTHE 剛短4 プラグイン SPGT4-500P

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 5 2600 BOX

Kusatta-Kajitsuさん

  • レビュー投稿数:42件
  • 累計支持数:75人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
1件
ゲーム周辺機器
4件
0件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
2件
1件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5

一度目はAMD「Phenom II X4 945 BOX」でしたが、二度目の自作もAMDにしました。
前PCが不調だったので年末に組みました。
評判の良いRyzenでしたが非常に満足してます。
さすがに8年経てば隔世の感があります。

【処理速度】
よくブラウザでタブを大量に開いた状態でいるので、まとめて「再読み込み」させるときに速度を感じます。
あとは遊びでエンコードをしますが、これもまた速いです。

【安定性】
OCしないので何の問題も発生していません。

【省電力性】
TDPは95Wから65Wに下がってますので消費電力も下がっているはずです。
付属のクーラーを使って、平常時で55℃です。

【互換性】
AM4は長く使われると良いなあと思います。

【総評】
コストパフォーマンス最高だと思います。
本当に快適すぎて気持ち良いです。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 7 3700X BOX

OliveTreeさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
0件
マウス
1件
0件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

去年、PCを新調しようと思っていたのですが、
メモリ高騰のため、1年がかりでパーツを揃えてきました。
その時はUltra HDの制限があるのでIntelで考えていたのですが、
AMDが面白いことになってきたので、
悩みましたが、思い切って挑戦してみました。

以前の使用PCはcore i5 2400で
自作自体は約5年ぶりとなります。

セットアップの段階で、多少つまづきがありましたが、無事、終了しました。
XMPのみそれらしい物に変更して3600にしています。
(正しく認識しているかは、確認はしていません。)

基本的には、ネット・メール・Raw現像用のPCです。
以前のPCと比べて、ベンチ的にはすごい事になっているようですが、
普段使いでは特に違いは感じません。(残念)
今後、重い作業で発揮してくれると思います。

CPUと直接関係ないですが、システム全体の音は標準的だと思います。
それと簡単にワットチェッカーで測ったところ、
アイドルで65w前後、軽い作業で90w越えで、
以前のPCより、少し上がったくらいです。

余りバランスの取れていない構成ですが、
変わり種として載せておきます。

【OS】 Windows 10 Pro
【CPU】 AMD Ryzen 7 3700X
【マザーボード】 ASRock X570M PRO4
【メモリ】 GSK F4-3600C19D-32GSXWB
【グラフィックボード】 ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 6GB GDDR5
【CPUクーラー】 サイズ SCFM-2000 風魔弐
【光学ドライブ】 PIONEER BDR-212JBK
【電源】 ANTEC NeoECO Gold NE750G
【PCケース】 SilverStone SST-PS07B
【SSD】 NVMe M.2 SSD 128G(余り物)
【HDD】 3T・4T(余り物)

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 7 3800X BOX

犬太郎X2さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
0件
2件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5

【処理速度】
満足
【安定性】
とても安定
【省電力性】
いい感じ。
【互換性】
まあ、AMDだしね。
【総評】
動作環境は、下記の通り。
CPU:これ
CPUクーラー:本格水冷オリジナルカスタム
マザー:C8H
メモリー:F4-3600

CPUをポン付けデフォルト設定で動作確認してみた。
どう足掻いてもブーストが4.3GHzまでしか上がらない。
おかしいぞっと。このCPUは、4.5GHzまでのブーストだったよね。
と、言うわけでBIOSを確認してみるとビンゴ。
パワーリミットやら、ブースト周波数の設定やらいっぱい設定項目が出てきた。
どうもこの辺りの設定がデフォルトだと4.3GHzまでしかブーストがかからないみたい。
めんどい。
BIOSを弄り倒してみるか、BIOSが成熟するのを待つか。
俺は、OCを選びましたよ。

ALLコアを4.45GHzで安定動作。5GHzや4.475GHzも試したが起動するが高負荷を掛けると
ブラックアウトしました。周波数倍率とコア電圧をもっただけのお手軽OCで、ここまでまわったので満足。

もっと細かい設定を詰めれば、4.5GHzは、回りそうな感じ。
CPU温度も高負荷で70℃と低い。でもリーテルCPUクーラーだと90℃は、行きそう。

よい買い物でした。

追記:
ABBAのBIOSがリリースされたので、BIOS更新してデフォルト設定での動作を確認しました。
いままで、上がらなかったブーストクロックがきっちりと4.5GHzまで上がるようになりました。
CINEBENCH R20のシングルスコアも518にあがりました。
このBIOSなら、OCしなくても快適に使えそうです。




レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった5人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 5 2600 BOX

m502さん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:47人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
5件
3件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
3件
ブルーレイドライブ
0件
2件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性4
互換性5

マザーボード CPU が壊れた見たいなので交換しました。
         壊れたもの    新規
マザーボードMSI B350M    ASUS B450M-A
CPU Ryzen5 2400   Ryzen5 2600
メモリー   8G*2         同じ 
SSD     M2 256G      同じ
HDD     3TB          同じ
電源     SMART 600W STANDARD   同じ
グラフィック なし          ASUS GT710
とりあえず.間に合わせで 家にあったもの
ケース    CS7070 CA-1J5-00M1WN-01 同じ

【処理速度】
同じか 少しいい感じ
【安定性】
マザーボードも交換したのでそのせいもあるかと思いますが、たまに真っ暗になることはなくなりました。安定性は増しています。
【省電力性】
あまり気にしないので
【互換性】
AM4のマザーボードでBIOSアップデートでほぼ使えます。
【総評】
今回 SSD M2OS入っていた Windows 10でかなりアップデートしていたので 初めから入れなおすのは 時間がかかりかなり面倒だと思ってましたが、その作業はいりませんでした。
この機種に交換して安定性も増して 正解でした。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen Threadripper 2990WX BOX

いぐいぐらぷたさん

  • レビュー投稿数:207件
  • 累計支持数:756人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

扇風機・サーキュレーター
20件
54件
掃除機
3件
39件
CPU
2件
36件
もっと見る
満足度3
処理速度4
安定性4
省電力性2
互換性2
 

地味に銅製ヒートシンクを追加し6cmファンで強制冷却

9/7ドナドナされるために取り外される直前 いつ見ても迫力のMCMモジュール

 

2年前に 1950Xで組んだものを2018年のお盆の発売日に購入し13ヵ月弱使用しました。
以下のような環境からCPUを換装しつつ、LianliのスリムMicroATXに2990WXごとぶち込むというややチャレンジングな環境で運用していました。なお、基本以下のような構成で運用していました。

【主要環境】
OS:Windows10PRO
M/B:AsRock Fatal1ty X399 Professional Gaming
CPU:1950X(定格&1.1V)→2990WX
Cooler:LIQTECH TR4 360mm(12cmX6サンドイッチ)→LIQTECH TR4 360mm(12cmX3+6cmX2)
Mem:DDR4 128GB(3066MHz)
SSD:960PRO 1TB
SSD:960PRO 1TB
SSD:960PRO 1TB
->RAID0 3TB
SSD :960EVO 512GB
SSD:MX300 CT2050MX300SSD1 2TB


32coreがこの値段でと飛びついてみたものの、独特のMCM実装による性能の偏りや、そもそもCineBecnhなどのベンチマークソフトはともかくWindows環境ではなかなか1950Xの倍!みたいな事にはならず、また消費電力の観点からCPUだけでなくVRMなど他の部分の冷却に気を遣う必要があり「まだまだ発展途上の32core CPUだったと思います。」

ですが、こういったややクレイジーなモデルが出てくるから自作は楽しいのであって、Core2 Quadからの長いコア数停滞に伴う多コアCPUへの各種ソフト対応の停滞が続いた中で2018年のRyzenの8coreから始まる1950Xの16,本製品の32coreは鶏卵の「鶏」となり今後2〜3年のうちにソフトの多コア対応が当たり前になるOSおよびソフト環境をAMDが切り開いてくれたことは感謝してもし足りません。(もっともintelがのんびりしているうちにモバイルのARMは着実に多コア化してスマホ側のOSやアプリ会社が先に多コアを使うノウハウをためつつある気がしますが、RyzenがなければPCソフトの時代遅れが今後より際立ったことでしょう)


【処理速度】

世にたくさんベンチマークが出ているので多くは語りませんが、ツボにはまると早いがなかなかツボにははまらない。
ただ、どんな処理であれ64スレッドもの処理がタスクマネージャーで100%近くになっているのを見るだけで楽しいという変なCPUです。
初めて2コアCPUや4コア8スレッドCPUを買った時もタスクバーを見てニヤニヤするような無意味なことはしなかったのですが、1950X以降なぜかタスクバーを見ていると癒されるという病気になってしまいました。

【安定性】

普通に使う分には問題はありません。CPUに関しては。。

【省電力性】

500Wの冷却力を持つTR4用360mm水冷を利用していたため、CPUが400Wとなろうともなんとか冷やせていたのですが、1950Xと同時に買ったsRock Fatal1ty X399 Professional GamingのVRMヒートシンクの温度が高すぎるという状況になりました。
とりあえず、気休め程度ですがヒートシンクを増設できそうなところには銅製のヒートシンクを追加(写真)さらに水冷ユニットを1950Xの際にはフルタワーの排気で12pファン6個で使っていましたが、MicroATXのスリムタワー(lian li PC-06S)としたため360mm水冷を吸気に変更しVRMヒートシンクに直撃する位置に6cmファンを複数追加して冷却力の増強を計りました。

尚、グラボは550とおとなしいものを使っていたので、当初コルセアのAX1600iを突っ込んでいましたが、結局SFX-L電源(SST-SX800-LTI)で運用できました。

【互換性】

対応マザーはメインストリームと異なり選択肢は限られます。ただ、1950から簡単に載せ替えられたのは素晴らしいと思います。

【総評】

2位じゃダメなんですか?と言われて買った訳ではありませんが「京」とほぼ同時に運用を終了し9/7 CPUが取り出され売りに出されてしまいました。
昨年のお盆休みにソフマップに朝一で乗り込んで 買い取りポイント約23万ポイントでゲットし、約13か月たった今日約10万ポイントがかえって来ました。ちょうど1ヵ月1万ポイント消えた計算です。

いま売りに出したのはZEN2のスリッパが迫ってきており、その性能予想の情報が漏れ伝わってきたからです。噂通りなら2990WXはその価値を大きく落とすことになりそうです。もちろんそれは喜ぶべきことなのですがお金は無限にはないので早めに売りに出した次第です。もっとも次の製品を買うか、(お値段的に)買えるか?買ったとして組む時間と気力はあるのか?という問題はあるのですが。。2990WX使いの皆様、湯水のようにお金がある方はともかく今売っておくのはありだと思いますよ!

一つ言えるのは大きく性能が上がるといわれる32コアモデルは買わないでしょう。買うなら48や64コアのオクタチャネルメモリモデルで・・・なんて考えてしまうのですが、出たとしてマザーとCPUだけでおいくらなのでしょうか?
もちろんZEN2の32コアで何が問題なのか?使いこなせるのか?必要なのか?となりますが、性能だけなら2990WXがいかに癖があろうが私には十分な性能であったわけで、正直十全に使いこなせていなかったのですが、RyzenTRというCPUは私に15年ぶり位に趣味として自発的に自作しようと思わせてくれたCPUです。(2600Kなどは必要に駆られて自作したと)次も夢のあるCPUが出てきてくれたらボーナスはたいて組むことになるような気がします。
(ZEN2 48〜64coreスリッパがあまりにも発熱お化けなら、低消費電力にチューンするとされるZEN3スリッパまでおとなしくしているかもしれませんが)

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 3 2200G BOX

Philiaさん

  • レビュー投稿数:46件
  • 累計支持数:91人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
5件
1件
UQ WiMAX モバイルデータ通信
2件
2件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
3件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性3

【処理速度】
申し分ない速さです。
購入時につけたテレビチューナーの編集アプリが、
以前までの第2世代i3ではアプリがハングして終了してましたが、
しっかりと動作するようになりました。
その他の動画再生時にも詰まり無く再生されます。
時代で進化した感じでしょうか。
【安定性】
特に問題なく使用しております。
エラーやアプリの不具合等は特にありません。
【省電力性】
電力はわかりませんが、
負荷をかけても高熱にはなってません。
【互換性】
AM4になります。
【総評】
しっかりと処理は早くなり、
ゲーム専用でなければグラフィックも十分です。
ケースに取り付け時には、
付属のCPUファンがRAMに干渉しましたが、
取り外して向きを変えて使用できています。
miniITXケースにはギリギリの高さで焦りましたが、
角度を変えておさままりました。
OSは入れ替え無しで問題なく動いています。
(事前準備があるので、ライセンス認証とMSアカウントの登録など調べてみてください)
しばらくAシリーズ待ちでしたが、
処理もとても早くなったRyzen APUが購入できて、
とても良かったです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > A8-7600 BOX

おならリスさん

  • レビュー投稿数:36件
  • 累計支持数:51人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
0件
13件
クロスバイク
0件
9件
ミニコンポ・セットコンポ
1件
6件
もっと見る
満足度3
処理速度4
安定性5
省電力性4
互換性3

できるだけシンプルな構成にしたかったので、そこそこのGPUを内蔵したこのCPUを選びました。
Athlonなど昔のAMDに比べれば安定しており、5年近く目立ったトラブルなく使えています。

実際の処理速度は現在のWin10を動かすのに不満はありません。

GPUを活かすためにはメモリが高速なことが必要なので、DDR3-2133でCL9の高速メモリを使っています。
そのためか、10年前の3Dゲームは難なく動き、先代のCore2Duo+外部GPUに比べても高速です。

そろそろRyzenも気になってますが、こんな感じで不満もありませんので、もうしばらく使うつもりです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(AMD CPU)

ご注意