据え置き型ヘッドホンアンプすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > 家電 > 据え置き型ヘッドホンアンプ > すべて

据え置き型ヘッドホンアンプ のユーザーレビュー

(2254件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
ヘッドホンアンプ・DAC > マランツ > HD-DAC1

ぷにぷなさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:52人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
1件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
1件
スマートフォン
1件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性4

ウォークマンのNW-WM1AにHD800を繋いで聴いてみたところ、音量は出るのですが、噂の音場をあまり感じなかったため、評判を見てこちらを購入しました。
結果、まるでスピーカーで聴いているような空間が広がり、心地良い音になり大満足しています。
細かい音質については分かりませんが、パワーが強いのでHD800の能力を発揮できていると思います。
曲の切り替え時のカチカチ音は確かにありますが、ヘッドホンなのであまり気になりません。
見た目に高級感もあり、大きすぎず、コストパフォーマンスが非常に高く満足しています。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > BURSON AUDIO > Soloist SL MK2

ハマス12さん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:110人
  • ファン数:12人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
6件
413件
イヤホン・ヘッドホン
9件
159件
CDプレーヤー
0件
56件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性5
機能性4

SRH1840との相性が抜群です。雑味がなく、ドラムやべースの力強さもあり艶もある。定位感もとても良いです。
比較機種はX-HA1のバランス駆動。特に不満はなかったですが、鮮明さが欲しいなとも思ってました。それを補ってくれたと思います。

TAGO STUDIO T3-01ではsoloist SL MK2は少し雑な感じを受けます。こちらはマランツのプレイヤー直挿しが良かったです。soloist SL MK2では力強過ぎたのかもしれません。

HE-560はX-HA1バランス駆動、UD503よりもさらに良くなりました。ドラムやベースがしっかり出るようになり鮮明さも出たような感じです。ただHE-560はまだポテンシャルを持っている雰囲気です。

UD503とT1 2ndを以前所持してましたが、どうしても不満があり売ってしまったのですが、T1 2ndをこのsoloist SL MK2で鳴らしてみたかったです。


アンプとしてはプレイヤーの音を雑味など加えずに出してくれて、力強さと少しのツヤを加えてくれるアンプのように感じました。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FOSTEX > PC100USB

ぽっピーの黒さん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
1件
NAS(ネットワークHDD)
2件
0件
クレジットカード
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
音質4
操作性4
機能性3

購入してまる三年経過。
最大ポイント:価格が安いわりに音がよい。
よかったところ:外部電源不要
よくないところ:イヤホンジャック部分の耐久性?がよくない。たまに片耳が聞こえなくなったりする事が出てきた。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FiiO > FIO-K3

里いもさん

  • レビュー投稿数:151件
  • 累計支持数:1697人
  • ファン数:296人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
10件
8144件
デジタルカメラ
10件
4441件
自動車(本体)
1件
3071件
もっと見る
満足度4
デザイン2
音質4
操作性4
機能性5

今迄使用中のDACと大きさ比較、アナログで接続

赤いプラグの同軸でアンプへ接続

同軸とヘッドホン同時出力

   

3,5mm〜RCAメス変換コネクター

   

【デザイン】余りにも小さく、軽く、接続ケーブル接続で浮き上がってしまう、ポータブルではないので、考えてほしい。

【音質】低音が少ないなどの書き込みも見られますが、同軸接続、アナログ接続、ヘッドホン2種類でテストしましたが、
     十分出てるようです、細かな音まで再現されます。
     さすが旭化成のDACチップかと。

【操作性】余りに小さいため、アナログRCAジャックも取り付けるスペースが無く、3.5mmプラグでの出力で、変換ケーブルが必要です、これも不便。同軸と光出力は前面のボリュームに関係なく一定、ヘッドホン出力と背面アナログ出力はボリュームツマミで可変されます。
【機能性】 ヘッドフォン出力は3,5mmの他に2.5oバランスがあり、2.5mm優先でそこへ差し込むと3.5oが切れます。
      同軸や光はヘッドフォン接続に関係なく出力されるので好都合。
      しばらくこれで音楽を聴き、PCもK3も電源入れたまま、別のことをやって再度音楽に戻るとK3との接続が切れます
      K3の電源スイッチを入れ直すことで接続されます

【総評】 スペックはそこそこでいいけど、USB 1本で動作するものを探してK3にしましたが、価格の安さと音質で±ゼロかな。
      国内メーカーにも頑張ってほしいと思います。
      ドライバーDLも指定のページから簡単でした。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > AKG > K1500

16台目さん 銀メダル

  • レビュー投稿数:248件
  • 累計支持数:1141人
  • ファン数:16人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
164件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
44件
2件
ノートパソコン
7件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性2

斜め前方より。ボリューム上げると赤が緑になる

後ろ側全面

アナログ入力はRCAとXLRバランスの2系統セレクタ有り

   

ACアダプターはどうしてもちょっと非力に見える。

   

題名にはプラス面だけ書きましたが、接続するヘッドフォンとの相性があり、とりあえずAcoustic Research AR-H1とは相性が良かったので、5点です。ちなみにDENON AH-D7200には、beyerDynamic A20の方が、迫力があって合ってましたので、メリハリはありますが、押し出しが強いアンプではないようです。

【デザイン】
前面上部がラウンド形状でのっぺりとしたデザインは、ある意味個性的ですが、好き嫌いがあるかもしれません。日本的な感覚でいう本格派的で精悍なデザインという感じではなく、少し優しさというか、フェミニンな印象を受けます。
また、ボリュームつまみにのっぺりした鏡面仕上げのシルバーですから、あまり高級感があるように見えず、若干損していると思います。
デザインという訳ではないのですが、ACアダプターのプラグがなぜか収納できて、デザイン的にも良いのですが、出力がいかにも足りなさそうな印象を与えます。ちょっとデザイン上で損していると思います。

【音質】
さすがクラスAを謳うだけあって音のクオリティは秀逸です。beyerDynamic A20よりも音が繊細ですっきりして音場も広めです。パワーを感じる部分は少ないのですが、音にキレがあり、はっきりしています。ヘッドフォンを十分駆動してくれる力はありますが、どちらかというと美音系のヘッドフォンの方が合うと思います。低音に力がない訳ではないのですが、少々おとなしめです。重低音も十分出ていますが、やっぱり中音域から高音域が聞きどころと思います。

【操作性】
電源を兼ねるボリュームだけが操作部分ですが、ボリュームはもう少し大きくてもよかった気もします。ボリュームの音量変化は良い感じで上がっていくので操作はし易いです。
メイン電源が後ろにあること、RCAとXLRのアナログ入力切り替えが後ろにあるのは疑問です。もともとボリュームゼロでパワーは切れますが、完全に電源を切らないと無用な電流が流れてしまいます。(A級ですし。)
入力切替は、頻度は高くないと思いますが、前に合った方が、便利だとは思います。

【機能性】
RCAとXLRのアナログ入力が選択できること、ヘッドフォン出力が大小2つあることのみが機能ですが、ヘッドフォン2本を挿しても、音量に変化はなく、安心して使えて優秀です。(beyerDynamic A20は片方にイヤホンさしても音量が3〜4割減になる。)
A級アンプだけに電源を入れているだけで、本体が温かくなりますが、触れなくなるようなことはありません。放熱がうまくできているのだと思います。また、電源入れた際に、少しの時間、保護回路が働いて音が出るのに数秒かかります。
ただ、やっぱりヘッドフォンアンプにはバススルーの出力端子が欲しいです。スピーカー用のアンプ用に出力するのにも使いたいし、別のヘッドフォンアンプと聴き比べるときも重宝しますから。無いのは大変残念です。(なので評価マイナスしています。)

【総評】
DACと一体化したヘッドフォンアンプでこれほどの音質を達成しているものを使ったことはありませんので、やはりこのような専用のヘッドフォンアンプは存在意義があると思います。ヘッドフォンアンプbeyerDynamic A20との比較では、迫力、力強さは二歩ほど譲るものの、ノイズ感の少なさ、歪感の無さ、音の繊細さ、音場の広さでは圧倒しています。全く見かけによらないクオリティです。特に中高音域のボーカルや楽器を美しく官能的に聞かせてくれるのはとても特徴的だと思います。(ゼンハイザー HD800Sの組み合わせでもやはり音場の広さを生かすK1500の方がA20と組み合わせるより良かったです。)

ちなみにDACは同じTEACのUD-503からのアナログ出力ですが、beyerDynamic A20 + DENON AH-D7200の組み合わせ(これはこれでいろいろな音楽をダイナミックに楽しく聞かせてくれる組み合わせ)と、このAKG K1500 + Acoustic Research AR-H1の組み合わせを聞き込んで、どちらもそれぞれ良かったので、2ヶ月ほど迷った挙句、自分としては、K1500 + AR−H1に軍配をあげました。比類ない音の広がりを感じさせてくれたからです。

ということで、結論はオープン型のヘッドフォンで、音場の広さを大切にして、美しい音を聞きたいなら、このK1500を選ぶ価値あると思いました。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > DENON > DA-310USB

シュラーダンさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
3件
スピーカー
3件
1件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
音質4
操作性3
機能性4

【デザイン】ブラックシルバーでまとまっている
 黒のフェイスとシルバーで値段なりの品質はあります
【音質】ヘッドホン出力およびアナログ出力とも十分
 一般的なアンプ付属のヘッドホン出力よりも低ノイズで
 ゲイン調整も可能でヘッドホンの汎用性が高いと思われます
 アナログ出力は、この商品の売りであるDDFAは、使用されないが
 Advanced AL32 Processing Plusは、使われる為
 DENONライクな音質が提供されています。
【操作性】
 電源ボタン以外は、タッチパネル式となっているので
 最初は戸惑いました
 ヘッドホン出力とアナログ出力の切り替えは
 ヘッドホン端子への接続で切り替わり、 排他利用となります。
 ヘッドホンゲイン調整もヘッドホン装着時のみ調整可能。
 ヘッドホンボリュームの上げ下げは、結構回さないとなりません、
 良く言えば、細かなボリューム調整が可能となります。
【機能性】
 一般的な、ハイレゾ音源には対応していますので
 WindowsおよびMacで利用可能となります
 macで利用していますが、USBケーブルで接続し
 DA-310USB電源を入れいれば、OS側が勝手に出力を切り替えてくれる為
 便利です。
【総評】
 据え置き型で最初に購入するアンプとしては、良いと思います。
 こだわれば、もっと良い商品も多いと思いますが。
 ひとつ、気になる点は、個体差かもしれませんが
 ヘッドホンを接続した状態で電源を落として、
 ヘッドホンを外して、電源をいれると稀に
 ヘッドホン接続状態の「まま」となります
 この場合、再度外した状態で電源のOFF,ONすると直りますが気にはなります。
 【追記】
 後に、ヘッドホン接続状態の「まま」となり復活しなくなりました
 DENONサポートへ依頼して修理となりました
 端子交換等で\9,600程の修理費用でした
 交換後は、半年近く経ちますが正常動作しております。
 
 ただし、USBDACがメインでしたので
 PMA-1600NEを購入した為、ほとんど使用しなくなりました

参考になった4人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > マランツ > HD-DAC1

yosukebさん

  • レビュー投稿数:79件
  • 累計支持数:588人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
16件
1件
イヤホン・ヘッドホン
12件
4件
プリメインアンプ
5件
9件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質4
操作性5
機能性5

今まで数々のDAC使ってきました。ラトック、吉田苑Hina、ラックスマンDA200、Hugo等。。。
今回もラックスマンのDA250にしようかと思いましたが、費用対効果が薄いのと音がまた眠いんじゃ無いかと思い
評論家の先生の評価が高かったこれにしました。

【デザイン】

う~ん、、良いも悪いもマランツ。ただプラスチックの側板を使っている割には高級感は有ります。
インターフェースも使いやすいです。

【音質】

ヘッドフォン:どちらかというと柔らかめの音ですね。でも正確な音です。
刺激はないけど空間も広く見通しの良い音です。聴きやすいですね。

DAC機能:これは先生方はちょっと過大評価かなあ…。評価した時のシステムが凄すぎたのでは?
でも悪くはないです。あまり特徴は無いけれど、この価格ならいいんじゃ無いでしょうか。
アンプ次第という感じです。

【操作性】

入出力端子も充実しているし、ボリュームやセレクターの操作感も良好です。
高級感有り。

【機能】

ヘッドフォン端子が1個しか有りませんが、僕は問題無いです。
逆に後面にRCA端子が2個有るのは、アンプを分岐できるので有り難いでず。
ゲインの調整ができますが、まあオマケみたいなもんです。

【総評】

DACに関しては、数値争いもひと段落したし、本来の音で勝負ですね。
マイテックデジタルみたいな、プログラミングで勝負!みたいなプロ機材用も有りますし、
某高級アンプメーカーみたいに非常識な価格のものもあります。
僕個人はDACはこれくらいでいいかな、と思います。
十分クリアーな音出し、実質DSDなんかほとんど聞きませんから…。
あとは、アンプとの相性とスピカー選びが楽しいかと思いました。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > RME > Babyface Pro

7gyd7ssさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人
満足度2
デザイン4
音質2
操作性4
機能性5

ヘッドホンアンプとしての評価のみ
昔から雑誌でプロやオーディオ評論家の高い評価がつきまくりのRMEの製品
そんなに凄いのかと思って聞いてみたいと思ってました


「音質」
音の評価としては非常に締まった固い音です

シンタックスジャパンと云う所を見るとヘッドホンアンプとして音楽鑑賞も出来るようなことが書いてありますが、かなり柔らかい音を出すヘッドホンと組み合わせないと耳が痛くなると思います

ダイアフラムの制動があまりにも効きすぎてる感じで、余分な余韻などは一切ありません

色んな曲がシンセサイザーの打ち込みのような音として聞こえます
ドラムも人の手で演奏してるのではなくリズムマシンでやってるみたいに聞こえます

音が前に出てくる感じなのと非常に硬い音で、特に高音が耳に対して痛いです
音楽鑑賞すると云うよりも音をチェックする製品といった感じです

音楽を制作編集する人向けでヘッドホンアンプとしての音楽鑑賞用としてはキツイものがあります

オーディオ評論家が音楽鑑賞用として、何故高い評価をしてたのか不思議です

数字のデータやプロの評価はあまりあてにならず、実際に聞かないとダメですね

ヘッドホンアンプとしての評価のみで、その他の機能を使う方はもっと高い評価になるかもしれません

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > LUXMAN > ラックスマン P-200

かかこ.comさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

カースピーカー
0件
5件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
1件
バイク(本体)
0件
2件
もっと見る
満足度2
デザイン4
音質1
操作性3
機能性3

背景がざわついていて、刺さるような音も割と出ます。音量を上げにくい音質です。設置環境と接続方法によりコロコロ音が変わりそうなタイプです。
ポータブルプレーヤー単体との接続で使うのが良さそう。

音色の傾向は薄っぺらシャカシャカ系です。低インピーダンスのヘッドホンではボリュームの安物さが発揮されるでしょう。(ギャングエラー)
感覚的には3万円くらいの満足感ですね。主に見た目。


そのまま使うのも癪なので、ボリュームの配線部分をLR別でシールドしてみたところ、かなり静かになりました。他、ACインプット周りにフェライトをつけています。

まだまだ改善の余地はあるのですが、面倒なのでひとまずこれで使っています。正直なところ、基板設計(レイアウト含め)が下手くそですね。
高級な部品を使うよりレイアウト一つで音が別物になるところはオーディオの面白いところです。
今後ラックスマン製品を買うことはないでしょう。(笑)

参考になった6人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > TEAC > UD-503

16台目さん 銀メダル

  • レビュー投稿数:248件
  • 累計支持数:1141人
  • ファン数:16人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
164件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
44件
2件
ノートパソコン
7件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性2
機能性4

右斜め前から。黒のヘアライン加工でカッコ良い。

正面左半分。電電のレバーが渋い。

背面アナログ端子(ライン入出力、XLRアウトあり)

底面の3点支持。理屈はわかるが、、。

リモコン。ちょっと中途半端かな

汚いけど。。。。設置状況。

今頃レビュー?という話ですが、中古品で入手しました。DENON DA310USBからの買い替えという形になりました。結果的には音質には大満足、機能的には操作性を除けば満足しています。
イヤホンは本体のヘッドフォン出力で使用していますが、ノイズも少なく、バランスも良いため、かなり良質と思います。
一方、ヘッドフォンは、アナログ出力から、現在のところ、ヘッドフォンアンプのbeyerdynamic A20 と AKG K1500に繋いで聴いています。いずれもバランス出力でないことを除けば、UD-503本体のヘッドフォン出力よりはかなりメリハリがある気がします。駆動力の差でしょうか。

【デザイン】
黒ですが、ヘアライン加工が上品かつ精悍な感じで良いです。高級感あります。日本的なデザインとしては、文句を言われる方は少ないのではないでしょうか。左右の取っ手は不要と見る向きもあろうかと思いますし、ただのプロ用機器(ラック入り)のオマージュであることは疑いありませんが、前面のつまみ等の保護には役立つような気もします。

【音質】
一聴してかなり感心しました。最初に感じたのは「静けさ」です。単に解像度が高いだけでなく、ノイズが少ないだけでなく、音が整理されて聴こえてきます。実はお気に入りの音色だったiFi-Audio micro iDACや、DENON DA301USBよりも端正な音を出してくれるので、素材として大変良く、変な癖がないので、繋ぐヘッドフォンアンプで音色の違いを十分楽しめます。そう言った意味で、かなりの高音質と思います。

ヘッドフォン端子は、、、、自分の中でははっきり言ってイヤホン専用になっています。気分的にヘッドフォンを使いたくない時には、イヤホンで聞いていますが、Final E3000との相性が良く、実にフラットな印象で非常にクオリティ高く聴かせてくれます。
ヘッドフォンを駆動するには、少々力不足というより音をフラットに作りすぎているせいか、メリハリ不足に聴こえます。(現在使用しているヘッドフォンは、DENON AH-D7200と、Acoustic Research AR-H1です。)したがって、気に入った音色のヘッドフォンアンプを使用した方が良いと思います。アナログアウトは、高音質ですので、普通のRCAは、beyerdynamic A20 に、XLR端子は、AKG K1500に繋いでいます。

バランス出力は、残念ながら、今のところ少々特殊な変換プラグが必要なので使用していません。ジャックを兼用したいのはわかりますが、、、、ステレオ(2チャンネル)プラグ2本でバランス出力とはなかなか変化球を投げてくれますよね(笑 実は笑えない。)。

【操作性】
電源レバーは大変良いですが、ボリュームはデジタルなせいか、少々DENON DA301USBと似ていて、回してもデシベル単位で数字が変化するために、思ったより音量の変化が少ないので、大きく音量を操作したい場合は、グルグル回さなくてはならずかなりのストレスです。また、インプットセレクタは、メニューボタンと相まって、各種設定ができるのですが、少々面倒です。(リモコンを使うと便利になる部分はあります。)
特に面倒なのが、RCAとXLRの両方のアナログ出力に同時に出力できないため、この面倒なセレクターで選択していかなくてはならないところです。音質を確保するためでしょうか、どちらかしか出ないのですが、それならそれでワンタッチで変更できるような専用切り替えレバーかボタンが欲しかったです。本当に、本当に面倒です。

【機能性】
XLRの出力があること、アナログの入力があること、デジタルフィルタや、アップサンプリング機能があるところは良いと思うのですが、操作性がイマイチで(リモコン使うと改善するところありますが)、本体操作の改善を望みたいです。アナログアウトがどちらかしか出ないことや、ヘッドフォン出力すると他の出力が止まるというのは本当に必要なことなのでしょうか。わざわざそんな面倒な機能は必要ない気がします。

【総評】
まずUSB-DACとして優秀です。デザインも文句なく、機能性も十分です。皆さん全員に必要とは限りませんが、出力の切り替えなどで少々面倒な点があること以外は、オーディオコンポとして十分な性能を持っています。音質も素材として優秀。ヘッドフォン出力は満足とまでいきませんが、音質は良好です。総合力はとても高いのではないでしょうか。
操作性以外で残念な点を挙げるとすると、foober2000で音楽をかけていると、曲の最初がフォードインしてくることがあり、音楽の出だしの音が出ないことが多いです。仕様なのでしょうが、いろいろなUSB-DACを使用してきてそのようなことは初めてだったので、若干ストレスです。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > beyerdynamic > Premium Headphone Amplifier A20

16台目さん 銀メダル

  • レビュー投稿数:248件
  • 累計支持数:1141人
  • ファン数:16人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
164件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
44件
2件
ノートパソコン
7件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性4

2本刺したところ。2本目刺すと音量が大きく下がる。

斜め前から。デザインはシンプルですがなかなかのものだと思います。

後ろから見たところ。Made in Germanyが主張。

   

太くて硬い電源コード。取り回しは今ひとつ。

   

ヘッドフォンメーカとして有名なところが出しているヘッドフォンアンプに興味があり購入しました。すぐ後にAKG 1500も購入してみたので、比較してみた結果、随分と音の傾向が違いました。その点を中心にレビューします。ちなみにこのレビューを書いている時点では、あろうことかbeyerDynamicもAKGのヘッドフォンも使用していないです。すみません。

【デザイン】
周囲はステンレスのヘアライン加工のようで、大変重量感と質感がとても良いです。この大きさ(コンポーネントとしては小さい)であれば文句ないです。ジャックのところも6角形のナット状でしっかりした印象があります。背面も手を抜いていないので、真面目に作ってあると思います。電源コードも非常に太く(デザインの話に電源コードを取り上げるのも奇妙に思われるかもしれませんが、)力強い音が出るのだろうなという予感をさせます。こういう雰囲気というのも大事と思います。(beyerは、T1とかも重た!というくらいケーブル太いですが(苦笑))ちなみにAKG K1500の電源ケーブルは、およそオーディオ機器と思えないくらい細い(ごく普通の電力消費の多くない家電品並み)です。

【音質】
若干中高音が強めに出ますが爽やかに響き、一方で低音側もしっかり出るので、ドンシャリ気味な力強さのある高い音だなあと思います。ノイズやクオリティも一聴して気になるようなところはないので、ヘッドフォンアンプとしては良い出来だと思います。
主にDENONのAH-7200と組ませて聞いています。押し出しの比較的強いヘッドフォンなので相性も良く、迫力のある、しかし解像度も高い音を聞かせてくれます。なかなかいいなあと思っています。
一方、AKG K1500購入後は、(本当はどっちかにしたかったのですが)使い分けることになりました。というのも平面振動板のAcoustic Research AR-1の組み合わせでは、正直いうとA20では少々雑味を感じます。ノイズか歪みか音域のバランスか実はよくわかりませんが(全部の複合的要因かもしれません)、音がごちゃっとするのです。AR-1は、K1500との組み合わせでは美しく広がった音場を清々しく聴かせてくれるので、この組み合わせの方が相性は良いように思います。

【操作性】
・本体の大きさに比してボリュームの大きさ、回転トルクは適度です。
・ヘッドフォン端子2本は便利ですが、前のレビューの方も書かれていたように、イヤホンだろうがヘッドフォンだろうが、2本刺すと音量が3から4割減という感じです。これでは二股ケーブルと同じです。今までヘッドフォンアンプで2本挿しで音量が変わるものは少なかったので、少々残念な感じです。(もちろんK1500では2本挿しても音量に変化はないです。)もちろん前述のAH-7200とAR-1では感度の差が大きいため、ボリューム位置が相当違いますので、そのまま聴き比べることはもちろん無理です。ヘッドフォンやイヤホンの聴き比べには向きません。
・電源ボタンは(押すのが)軽いですが、ランプが光るのでオンオフ(緑と赤)がわかりやすいです。(K1500が、背面にメイン電源スイッチがある上、ボリュームを回さないと電源ONにならないのと操作は、対照的です。)また、ボリューム位置が固定できるので便利です。

【機能性】
スルーアウト端子が付いているだけでGoodです。(ちなみにK1500は、バランス入力はあるがスルーアウトは無い。)コンポーネントとして使用するには、これが無いと不便ですから。
ちなみに(ディスクリートアンプではありますが、A級アンプとは書いてないです。)発熱はほとんどしません。そういった意味で、K1500が(A級のディスクリートアンプ)結構暖かくなるのと対照的です。

【総評】
このクラスのヘッドフォンアンプとしてクオリティは十分だと思います。軽くドンシャリのメリハリが聞いたパンチのある音で、元気が良いです。中高音域が若干落ち着いた真面目な音のbeyerDynamicのヘッドフォンにはこれくらいが丁度いいのでしょう。
AKG K1500はそれに比べると音の線が細い(電源ケーブルも細いですが)一方で音場が広く、比べるとA20は音場が狭く感じますが、あくまで比較しての話で、その分、A20は音が塊で耳に押してくる印象です。K1500にはそのような力強さはありませんので、本当は価格帯も大して変わらない両機種を比較してどっちにしようかという感じだったのですが、結果的に使い分けないといけない感じです。
ただ、汎用性は音の性格からして、A20の方が音楽のジャンルを選ばず、色々なヘッドフォンとの相性も良いと思います。機能性はスルーアウト端子があるだけで、圧倒的にA20の方が使いやすいです。デザインも含め総合的に満足のいく出来です。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > RME > ADI-2 DAC

ty_2011さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性3
機能性5

【デザイン】
悪くないです。ディスプレイ消灯ができるので、変に主張もしません。
【音質】
低音から高音域まで素直な音だと思います。
【操作性】
ちょっとクセがあります。PCからコントロールできるようにならないかな。。
【機能性】
優秀なイコライザーを搭載しています。フルレンジの自作スピーカー箱を使っていますので、箱で調整が難しいバッフル効果を補正する気持ちで、1khzくらいまで少しだけいじっています。ソフトでの補正は音質劣化を感じますが、これは音の劣化を全く感じません。
【総評】
代理店価格で高いのが難点ですが、自作派には優秀なイコライザーかなり魅力的だと思います。スイッチングACアダプターからトランス電源に変えると、音の純度が更にあがりましたので、そこらも含めて色々遊べると思います。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > iFi Audio > iFi Micro iDAC

16台目さん 銀メダル

  • レビュー投稿数:248件
  • 累計支持数:1141人
  • ファン数:16人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
164件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
44件
2件
ノートパソコン
7件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性3
機能性4

斜め前から

斜め後ろから

上からインジケータ部分(小さい!)

裏から(脚付)

iUSBPowerと一緒に。前(上段)から。

iUSBPowerと一緒に。後ろ(上段)から。

(今頃のレビューで恐縮です。)
使用環境は、Mscbook Pro2013(但しWindows10)でfoober2000(ASIO)→本機です。気が向いたら別のヘッドフォンアンプも使用。

大きさの割になかなか音の良い機種ですが、USB電源を使用するため、さらに音質の向上を望むならば、micro iUSBPowerと一緒に使用することをお勧めします。個人的には、ヘッドフォンアンプの micro iCAN(および同SE)の大ファンなのですが、鳴らしづらいヘッドフォンを使用しない限りは、本機をmicro iUSBPowerと一緒に使用する限り、別のヘッドフォンアンプの使用は不要ではないかと思うほど、ヘッドフォン出力も良好です。

【デザイン】
同シリーズ共通なので、文句はないです。安っぽく見えないですし、小型にデザインされており、場所も取らずたいへん良いと思います。インジケータが超小さく、見ずらいのはいただけませんが、まああまり使用することはないので、気にしていません。

【音質】
<本機のみの場合>
音に広がりがあり、ヘッドフォン出力、アナログRCA出力共に良好と思います。イヤホンだろうが、ヘッドフォンだろうが(とりあえず手持ちのヘッドフォンは、DENON AH-D7200、Acoustic Research AR-H1、イヤホンはFinal E3000)、音が大きかろうが小さかろうが、解像度の高い、聴きやすい爽やかな音で、大変好きな音色です。聴き疲れもしませんし、かなり良いのではないでしょうか。高音域はなかなか爽やかでしっかりしており、官能的というほどではありませんが、心地よいですし、低音も重低音まで伸びてしっかりドスッときます。スピード感というかレスポンスも良く、本機単体のヘッドフォン出力でも、まずそんなに不満を持たられることは少ないのではないでしょうか。

<micro iUSBPower使用の場合>
まず、低音の迫力が明らかに増します。印象としては10%増しという感じでしょうか。次に、音が明らかにすっきりることが分かります。中高音域の解像度、分離が上がったことがはっきりと分かります。トータルすると、結構な音の差があるので、一緒に使用した方が良いと思います。自分の環境では気になりませんでしたが、PCのUSB端子の電力の安定度によっては、メリットもあるでしょう。同時に所有していたことはないので比較はできませんが、Aurorasound USB BusPower-proでも同様の効果が見込めると思いますので、そちらでも良いとは思います。

【操作性】
ボリューム以外、特に操作するところは無いので、評価しづらいですが、困るほどではありませんが、ボリュームは大きいに越したことはないです。また、オーディオコンポーネントとしては(当たり前ですが、)アナログ出力はUSB入力と同じ側にあった方が使い勝手が良いと思います。

【機能性】
シンプルなので、何もありませんが、できれば、USB入力以外のデジタル入力、およびデジタル出力はあった方が、コンポーネントとして選択肢が増えるので有難いです。

【総評】
ヘッドフォンアンプ付きのUSB-DACとしては、この大きさでのクオリティは他に比較できるものが無いほど素晴らしいと思います。アナログ出力も十分クオリティ(比較は、機能少し違いますが、DENON DA-310USBですが、クオリティは遜色ないと思うが、個人的に音の好みはこちらが上です。)が高いので、DSDとか使用しない方は、中古が安く手に入れば、超お得だと思う。
(今だと、中古で1万円台で入手可能。結構満足度高いと思う。)
この世代でこの音質だと、現行機種はもっと期待できるんだろうか、と気になってしまう今日この頃でした。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > iFi Audio > iFi nano iONE

ぐひゅあいえこすうぃいいさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
1件
77件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
54件
ゲーム機本体
0件
16件
もっと見る
満足度3
デザイン2
音質3
操作性3
機能性3

題名に書きましたが、低音が弱いです。その他音質は値段なりでしょうか。
DDC機能ですが、僕はこれ目当てで買いましたが、まあ普通です。悪くはないですが、同じ3万円出すならGUSTARDの方がいいと思います。ちなみに、iPurifier spdifも使ってましたが、電源を結構良くしてもうーん、値段なりという感じでした。

ということでDACもDDCもこの製品はあまりおすすめできません。
これ買おうと思っている方は、これから出る約2万円のZEN DACの方がいいかもしれません。何かすごい人が関わってるみたいですし。
あとifiは貸し出しサービスをやっているので、ぜひ借りて聞いてから買ってください。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > CEC > DA53N

ニックネームちゃんさん

  • レビュー投稿数:44件
  • 累計支持数:331人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
4件
487件
AVアンプ
3件
151件
バイク(本体)
4件
150件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質4
操作性3
機能性3

数年前、中古で安価に入手し、PCのハイレゾファイル再生用として使っていました。再生が不安定なことから本格的なハイレゾ対応AVアンプの入手で放置していましたが、最近、AKGのK701を安価に入手し、この放置していたヘッドホンアンプ?に繋いでみたら化けました。K701と言うヘッドホンはパソコンのヘッドホン端子接続ではヘナヘナな低音で、オープンエアじゃこんなもんかいな‥と思っていたのが、このヘッドホンアンプで聴くと別物と言うくらいの力強い低音&高域の素晴らしい解像度で下手なスピーカーで聴く気になれないかもしれません(笑)

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビューランキング

(据え置き型ヘッドホンアンプ)

ご注意