トールボーイスピーカーすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > 家電 > トールボーイスピーカー > すべて

トールボーイスピーカー のユーザーレビュー

(1465件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
スピーカー > ELAC > Uni-Fi Reference UFR52 [ペア]

akira1984さん 金メダル

  • レビュー投稿数:671件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:5人
満足度4
デザイン3
高音の音質4
中音の音質4
低音の音質4
サイズ3

ELACと聞くとどうしてもJET型トィーターとアルミ素材で
表面がキリスタルラインと呼ばれる幾何学模様を思い浮かべてしまう。

しかし本製品は異なり、トィーターは25oクロスドーム型で
ミッドレンジの100oモールド・アルミ・コーンとの同軸ユニットで
コーンの表面は滑らかタイプ。
決してこれがどうこうではなくて、単なるイメージだけの話である。

ウ−ファーは130oアルミコーン×3発
口径的にはあまり大きくない130oではあるが、さすが3発となると
バスドラム領域あたりのサウンドは厚く迫りくる印象がある。
周波数特性は40Hz〜となっているが、50Hz以下の体感低音は
あまり感じなかった。

全体的にまとまりがよく、ツィーター&ミッドが同軸であることからか
ボーカルが非常に良く聴こえた。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スピーカー > Bowers & Wilkins > 704 S3 [サテン・ホワイト 単品]

akira1984さん 金メダル

  • レビュー投稿数:671件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:5人
満足度4
デザイン3
高音の音質3
中音の音質4
低音の音質4
サイズ3

700シリーズのトールボーイ型3種の中で唯一
ちょんまげツィーターではない機種。
聴くと別にちょんまげでなくても十分と思ってしまうが
703や702を聴いてしまうと高音域の聴こえ方に違いが
あることがわかってしまう。

スコーカーには130oのコンティニュアム・コーンユニットを
使用しておりボーカルは前にでてくる感じに聴こえてくる。

ウーファーには130o×2で2発構成だけあって低音が出ている
様には聞こえるが、もっと低いところは出ないでその上から
しか出ていないが、十分ともいえる。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スピーカー > JBL > STAGE A190 [ブラック 単品]

akira1984さん 金メダル

  • レビュー投稿数:671件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:5人
満足度3
デザイン3
高音の音質4
中音の音質3
低音の音質4
サイズ3

普通に外観を見ると2Wayトールボーイ型スピーカーに見えるが
2.5Wayスピーカーである。

ツィーターは25oのアルミドーム型それがメーカー名称、
ハイデフィニション・イメージング・ウェーブガイド・デザイン
と非常に長い名前の見た目バッフル版ホーン形状の奥に収まっている。

ウーファーはJBLがよく使う白いコーンスピーカーユニット×2
だが1っのユニットは、ミッドユニットとして2kHzから1.6kHzと言う
狭い幅を担当しているスコーカー代わりなので2.5Wayスピーカー。

クロスオーバー周波数スペックが上記の通りなので2kHz以上を
ツィーターが、1.6kHz以下をウーファーが担当している。

システム全体の周波数特性は、36Hz~40kHz
高音は良く伸びている印象で、中域がなんだかへこんでいる様に
聴こえる、低音はそこまで伸びている感じはしないサウンド。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スピーカー > JBL > STAGE A170 [単品]

akira1984さん 金メダル

  • レビュー投稿数:671件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:5人
満足度4
デザイン3
高音の音質4
中音の音質3
低音の音質4
サイズ3

JBL トールボーイ型スピーカー

A120と価格が似ている様に思われるかもだが
あちらはペア価格で、こちらは単品なので間違わない様に。

ステレオスピーカーは普通ペア。
2台一組が標準的だがAVシステム用の場合3本欲しいとかも
あり得るので単品売りなのかな。
センタースピーカー用に1本とか。

ツィーターは、25oアルミドームツィーター
バス兼ミッド 133o白いコーン×2
クロスオーバー周波数が1.8kHzと2.8kHzなので
133oコーンユニットの上がミッドよりで
したはウーファー主体にしているのだろう。



参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スピーカー > DALI > Tower

GENDELさん

  • レビュー投稿数:112件
  • 累計支持数:338人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
11件
15件
自動車(本体)
1件
14件
カーナビ
2件
8件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質3
サイズ5
   

   

【デザイン】
特にデザイン性は感じられない端正な出立ち。
サランネット装着状態だと尚更。
変にデザインされていない分、違和感無くリビングに溶け込んでくれてます。

【高音の音質】
瑞々しい高域で、女性ボーカルを生々しく鳴らしてくれます。

【中音の音質】
中域も良い。
男性ボーカル、アコースティックギターのベースラインが綺麗に響いて心地良い。

【低音の音質】
低域はやや控えめ。
スリムなエンクロージャーに小径ユニットの構成上、ここはやむなしですね。
別途、フォステクスのサブウーファーで補完しています。

【サイズ】
このスリムさは日本の家屋に最適なサイズ。
高さ方向も奥行きもちょうど良い。

【総評】
DENONのAVアンプで鳴らしていますが、同じグループに属しているだけあって相性も良い様に感じます。
購入後10年以上愛用していますが、未だに買い換える必要性を全く感じない位気に入っています。

一時は同じシリーズのセンタースピーカーを追加していましたが、現在はスペースの関係で撤去しています。センタースピーカーを加えた5.1ch構成も悪く無かったですが、音楽再生には不要かな。

こんなに良いスピーカーなのに、廃盤になってしまったのが不思議であり、残念でもあります。

使用目的
ジャズ
テレビ
映画
その他
設置場所
リビング
広さ
12〜15畳

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スピーカー > KEF > Q900 [ブラックオーク ペア]

二十一回猛士さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
2件
0件
レコードプレーヤー
1件
1件
スピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質5
サイズ4

某オークション中古で入手しました。
此れまで小型のブックシェルフスピーカー「ONKYOーD102-EX」で、「こぢんまり」CDを再生して来ましたが、現在では廃盤となったONKYO-DVD/SACD/CD/MDマルチ・アンプ・プレイヤーがSACDを読み込まなくなってしまったのを切欠にオーディオシステム全般を一変しました。
アンプはYAMAHAのA S-501、SACDプレイヤーはDENONのDCD-2500、其れに見合うスピーカーとして、思い切ってトールボーイ型(然もQ-900はDaliのzensorよりデカい)に変えました。
結果として大成功。
SACDの音はまるでライブ会場の特等席に居るかの様です。
デザインも4スピーカーの大迫力。
スパイクがあるので、先にインシュレーターを買っておかないと悲惨な事になります。(床を傷だらけにしてしまいました)
音質は高音は勿論、低音の迫力は素晴らしいです。今度「ツアラトゥストラ」かサンサーンスの「交響曲第3番」のSACDを買って聴いて見ようと思っています。
サイズはハッキリ言ってデカいです。残念乍ら、私の部屋では、かなり無理なセッティングしか出来ませんでした。
広いオーディオルームを持っている方なら、全く問題無いでしょう。
然し、ブックシェルフスピーカーと比べて容積が圧倒的に違う事が音質に影響するのはご承知の通りです。
故に多少無理してでも、函の容積の大きいトールボーイ型を導入すべきでしょう。
驚いたのは、KEF社の日本営業所に問い合わせた処、オークションで入手した中古機、然も現在製造していない機種(Q-900)にも拘わらず、実に丁寧にアドヴァイスをしてくれた事です。
サラン・ネットは取り外した方が音質が良い等、素人には分かりませんよね。
インシュレーターは金属、理想的には固い黒檀と金属をハイブリッドするのが良いとの事でした。
早速入手して、試して見ます。
矢張り一流の企業は、一流のサービスを提供してくれるのですね。
Q-900を中古市場で見つけたら、迷わずお求めになる事を強くお勧め致します。

使用目的
クラシック・オペラ
ジャズ
設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スピーカー > Bowers & Wilkins > 704 S2 [ブラック 単品]

モンテモンテさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
0件
320件
一眼レフカメラ(フィルム)
0件
39件
デジタル一眼カメラ
0件
31件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質5
サイズ5

普段は旧態依然としたかさばるオールドシステムを使ってますが、S2の終焉に向けて『いつかはスリム・トールボーイのB&W』を実現するために(^o^)11月になって購入しました。
試聴出来ないので(というか店での試聴は機材−(通常いい音を客に聞かせて買わせるためにアンプとかが自分では買えないような超高級・最新型のものが使用されている事が多い)ーも環境も全然違い、自宅とは雲泥の差なのであまり意味は無いと思ってますが・・・)試聴無くいきなり通販購入ですヘ(^o^)/
本当は703が欲しかったのですが、設置スペースから704の選択になりました。
色はウッドが第一希望でしたが、希望する購入店では完売でしたのでやむなくブラックにしました(クーポン使用で、売り切れ前のウッドとほぼ同額でしたので)。

再生環境は12畳程度の板の間リビングの一角(他の家財多し(´。`))。
既に置いてある大型スピーカー群の前方に少し離して設置。
Amazon でPC オフライン再生 → USB-デジタル同軸変換 → AKM AK4452VN チップ使用の1万円くらいのNFJ安物DAC → LUXトランスアッテネーターAT-3000→ マッキントッシュMC60×2 → 704
ケーブルはアナログデジタルとも全てベルデンの安いケーブル

意外にも『やたら低音の出るスピーカーだなー』と言うのが最初の印象でした。組み合わせるアンプを間違えたかな? 併用のThomann150かQuad2に変えてみようかなと思っていたのですが、数時間もするとバランスが良くなってきました。
初めは中高域が引っ込み気味だったのですが、ドンドン良くなってきました。

オーケストラも初めは団子でしたが、今は見違える様になりました。

カーボンツィーターのエージングには時間がかかると聞いているので真価はまだまだ出てないと思いますがポテンシャルを感じます。
音楽を楽しくするキラメキに満ちていますが、想像してたよりずっとマイルドで、全然やかましくないです。普段使っているアルテックやJBLのホーンはどちらかというと突き刺さる感じですが、こっちは後方の空に遠く伸びていく感じがします。

初めは1955年設計のアンプはミスマッチだったかなあ?と思ってましたが、なかなかいい感じになってきました(その後は1954年設計のQuad2に変えてエージングしてますが、こっちもよいです・・(^o^))。

友人から聞いていた前後の立体感はまだ感じませんが、段々と音場が拡がってきて、スピーカーの間と少し外側からもれなく音が出てきて、どこから音が出てるのか解らない感じにもなってきました。

複数のスピーカーが重なる設置環境のせいもありますが、少し意識を離すと(この文章を打ち込んだりしてると)もはや手前の704から出てるのか背後のスピーカーから出ているのか解らない(というか気にならない)でオーディオシステムを気にせずに音楽に浸れる感じがします。

バランスはまさにフラットという感じがします。
同軸アルテックのツィーターはもう少し絞らないといけないなと再認識しました(まあこれはこれでクセとして楽しいのですが)。
704をリファレンスにしようと思いました。

低域は本当に驚きです。
確かにいつも聴いている38cmユニットとは違って深く沈み込む低音では無いですが、オーケストラを聴いていても、ほしいところをきっちりと押さえた出方で本当に楽しく聴けます。ダブルとはいえ、これが本当に13cmか? ・・最低16cm必要原理が揺らいでしまいました。
当初はちょうど後方に置いてある30cmバックロードホーンをデバイダーを使ってステレオサブウーファーにしようと計画していたのですが音楽再生では当面必要なさそうです。映画やサラウンド用途ではまた別かもしれませんが、、、

この低域、やたらでるので近所迷惑かなと心配だったのですが、他のフロアシステムと違って廊下には響いてきません。
ベースが非常にうまくできていて、音エネルギーが床に逃げにくくそのまま耳に届いているんじゃないかと思います。
S3はベースが根本的に改良されているそうなので、さらに進化していると思います。

普段聴く比較的小音量でも十分な低域が出ていて、コンパクトトールボーイの意外性(家内も、『どこから音が出てるの?』とびっくりして、耳を近づけて確認してました(^^))も感じられたので、無理して703を置こうかと(こっちはウッドが残っていたこともあり)最後まで迷っていましたが、やはり704でよかっです。

ブックシェルフは設置が難しいですが(そこが面白いのではありますが)、リアバスレフのトールボーイはある程度後方にスペースを取れば、ポン置きだけで周囲の環境にあまり左右されずにそれなりの音が容易に鳴らせると感じました。そういう意味では余分なものを買わなくてよいので、ある意味経済的なのかもしれませんね(価格的に大きな差は無いので、706+高価な純正スタンドも迷っていました)。

実はB&Wは生まれて初めて聴いたのですが、『やっぱりこれ売れるよな〜』と思いました。いや参りました(^o^)

うちの旧態依然としたアンプで新しいスピーカーを鳴らせるか心配でしたが、個人的な感想では節度のあるきれいな高音・引き締まった低音が非常にコンパクトなシステムで楽しめています。
情報量の多いこのスピーカーで一般的に誤解されている『管球式アンプは柔らかいやさしい音』と言う認識が自分のなかではっきり否定された感じがします。
他に眠っている管球式アンプ達を復旧させると同時に、あとは古い管球式では無くて、是非一度設計の新しいソリッドステートのアンプで聴いてみたいと思っています。

S3はさらに凄いのでしょうね。新しく購入された方のレポートを楽しみにしています。

使用目的
クラシック・オペラ
ジャズ
設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった6人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スピーカー > クリプシュ > REFERENCE R-600F [単品]

akira1984さん 金メダル

  • レビュー投稿数:671件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:5人
満足度4
デザイン3
高音の音質4
中音の音質4
低音の音質3
サイズ3

トールボーイ型スピーカー
REFERENCE R-600F

使用ユニット構成
ツィーター 2.54cm アルミニウムLTSツィーター
ユニット取り付けバッフル形状加工にてホーンスピーカー構成

ウーファー 16.51cm TPCウーファー×2発

メーカーの仕様でクロスオーバー周波数が1,440Hz記載あり
1,440Hz以上をアルミニウムLTSツィーターに任せてある。

出音圧レベル 96dBと最近の製品の中では、
かなりの高高率スピーカー

サイズ 幅×高×奥行 27.5cm×109.5cm×46.3cm
重量 18.6kgとまあまあ重い方
バスレフ開口部は背面で形状が縦長の長方形と
形状が珍しい形をしているものが下部にある。

高域部
バッフル形状でホーンスピーカー効果を付加
その効果で高音はどこまでも伸びて行くような
澄んだ響きを奏でる。

中域部
ユニット口径16.51cmと中域の周波数帯に適したサイズであり
中域は元気でボーカル等が前に出てくる印象。

低域部
16.51cm口径ユニット×2発なので1発に比べれば良く出ている方
まあ、サブウーファー追加した方が音の厚みは段違いなので
できれば追加で一度聴いてほしい。

ペアで12万ちょいなのでそれなりに良いAVシステムの
フロントスピーカーに適しているのではないかと思う。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スピーカー > クリプシュ > REFERENCE PREMIERE RP-8000F II [単品]

akira1984さん 金メダル

  • レビュー投稿数:671件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:5人
満足度4
デザイン4
高音の音質5
中音の音質4
低音の音質5
サイズ4

トールボーイ型スピーカー
REFERENCE PREMIERE RP-8000F II

使用ユニット構成
ツィーター 2.54cm チタンドームLTSツィーター
ユニット本体+バッフルでホーン形状

ウーファー 20.32cm セラメタリックコーンウーファー×2発

メーカーの仕様でクロスオーバー周波数が1,630Hz記載あり
1,630Hz以上をチタンドームLTSツィーターに任せてある。

出音圧レベル 98dBと最近の製品の中では、
かなりの超高率スピーカー

サイズ 幅×高×奥行 27.5cm×109.5cm×46.3cm
重量 27.85kgとかなりのヘビー級
バスレフ開口部×2は背面で形状が縦長の長方形と
形状が珍しい形をしているものが上下にある。

高域部
ユニット形状+バッフル形状でホーン形状を構成
その効果で高音はどこまでも伸びて行くような
澄んだ響きを奏でる。

中域部
ユニット口径20.32cmと中域の周波数帯には少しサイズが
大き目の為、ボーカル等少し大人しい印象。

低域部
20.32cm口径ユニット×2発の効果は十分にありサブウーファー追加
不要と思わせるぐらい出ているが、実際にサブウーファー追加
してみるとやはり音の厚みは増すのでできれば追加で聴いてほしい。
なくてもさほど不満を感じるほどではない。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スピーカー > クリプシュ > REFERENCE PREMIERE RP-6000F II [単品]

akira1984さん 金メダル

  • レビュー投稿数:671件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:5人
満足度4
デザイン3
高音の音質5
中音の音質4
低音の音質3
サイズ3

トールボーイ型スピーカー
REFERENCE PREMIERE RP-6000F II

使用ユニット構成
ツィーター 2.54cm チタンドームLTSツィーター
ユニット本体+バッフルでホーン形状

ウーファー 16.51cm セラメタリックコーンウーファー×2発

メーカーの仕様でクロスオーバー周波数が1,770Hz
1,770Hz以上をチタンドームLTSツィーターに任せてある。

出音圧レベル 96dBと最近の製品の中では、
かなりの高高率スピーカー

サイズ 幅×高×奥行 23.6cm×100.6cm×44.6cm
重量 22.4kgとわりとヘビー級
バスレフ開口部×2は背面で形状が縦長の長方形と
形状が珍しい形をしているものが上下にある。

ユニット形状+バッフル形状でホーン形状を構成
その効果で高音はどこまでも伸びて行くような
澄んだ響きを奏でる。

中域のサウンドはユニット口径16.51cmと中域の周波数帯
に適しているサイズの為、結構良くボーカルなどはかなり
前面に出てくるサウンド

低域は、残念ながらユニット2発とは言えすこし物足りなさを
感じるのでそこはサブウーファー追加でバランスをとるのが
よいだろう。

基本出力音圧レベルが96dBと高高率のスピーカーであり
元気の良いサウンドが部屋中に広がる。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スピーカー > FYNE AUDIO > F501 [ダークオーク ペア]

77tbさん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:324人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
4件
1件
液晶テレビ・有機ELテレビ
3件
0件
プリメインアンプ
3件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
高音の音質4
中音の音質4
低音の音質4
サイズ5

 すべての物価が高騰のご時世とはいえ、最近のFYNE AUDIO の値上げラッシュには驚くばかりです。Fシリーズの小さいほうのトールボーイF501は、3年前に日本上陸の時には確か定価198000円(ペア)だと記憶しています。それが、値上げを重ね、ついに定価470000円(ペア22/11.16現在)です。自分が購入の時は、2年前定価250000円(値引きポイントなどで10万円台)の時でした。もちろん改良なしの前代未聞と言うべき価格アップです。良心的なショップは、以前の在庫分を安く売っているところもあるようです。(安売りセールではないですよね。)
 実は、このスピーカー2年ほど使ってきて常々売却を考えてきていたのですが、この高騰の報を聞いて踏みとどまってしまいました。そこで改めて自分なりのレビューをしてみたいと思いました。あくまで自分のシステムと環境の中でのことで、他の機種との直接比較でもありませんのでご了承ください。
【好きなところ】
@トールボーイでも比較的コンパクトで軽量。
 非力な自分でも持ち運べるし、室内のセッティング変更も自在です。リビングで背面から距離(自分は90p)を取っても威圧感は薄いです。アンダーバスレフでメーカーは背面距離気にしなくてもよいと言っていますが(左右も充分)離したほうが断然良いです。口径小さいユニットですが、量感で低域欲張っていなくてバランスが良いと思います。
Aサランネットが背面にもマグネットでくっ付く。
 前面はもちろん背面にもくっつくので、置き場所に困りません。また裏技で前面の同軸ユニットだけまたはウーハーだけ隠すこともできます。
Bハイレゾ、高解像を追いすぎていない音質で音楽を楽しく聴ける。
 スッキリはっきりした音調が主体ながら、奥深さもあり、軽々しくなく低域も重すぎず節度があり、いろんなジャンルも楽しく聴けるのではと思う。ただし、自分は近年のJpopやkpopなどはそれ自体でうるさく感じてしまうので、その限りではありません。
【嫌いだったところ】
@サ行、タ行が耳に付きやすく、人工的な付帯音が聴こえ不快。
 器楽だけなら問題ないが、使い始めてしばらくして楽曲によってはボーカルのサ行、タ行が耳に付き始めました。歌手によっても違うのですが、特にハスキー系のクリフリチャードなどの男性ボーカルはキツイものがありました。自分の耳の劣化とも思いましたが、ほかのシステムでは気になりませんでした。この一点だけが我慢ならず、きっとトゥイーターの力不足だろうと買い替えを考えていたのです。
【使用続行したわけ】
@下取り額の低さ
 価格だけハイエンドに近づいたのだから、下取りももうちょっと上がっていいのではと思いました。現状大手買取店でも5万(ペア、一店だけ9万)程度です。 
A出音、響きが変わり欠点がほぼ解消。
 各種ケーブルや各種ベース、アンプの交換など様々試してきたが、上記の嫌なところは改善されずにいましたが、ある日、ふとスパイクを撤去して木製ボードに直置きするとより響きが自然になり低域の量感と締まりのバランスが取れるとともに付帯音がかなり気になりにくくなりました。スパイク必至と思っていたので目から鱗でした。そして、最大の出音改善は、デジタルトランスポートを変えたことでした。前々から気になっていたbluesoundのNODEです。嫌なところの元凶は使っていたネットプレーヤーにあったと気づくのが遅すぎました。デジタルなので変わりはしないだろうと思い込んでいましたから。これで、このスピーカとの新しい関係が築けると思いました。
【最後に】
 価格だけ随分ハイエンドに近づいたFYNEのF501。デビュー当時502はともかく、雑誌等であまり高評価されていなかったように思います。とあるYOUTUBE動画で「7万の差なら臓器でも売って502を買え。」とまで言われていたのが頭に残っています。そのショップが、この価格高騰で慌てたように501 まで褒めちぎる動画をアップしているのがなんか笑えます。そこに出ている評論家も「実は自分だけは評価していた。」みたいな内容です。ショップも評論家もそんなものだろうと思いました。自分は正直40万円越えのF501購入について、他人の背中を押すことなどとてもできません。価格に見合った評価としてポイントを更新の上評価しました。長文失礼しました。



使用目的
ロック
テレビ
映画
その他
設置場所
リビング
広さ
16〜19畳

参考になった11人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スピーカー > クリプシュ > REFERENCE R-800F [単品]

akira1984さん 金メダル

  • レビュー投稿数:671件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:5人
満足度4
デザイン4
高音の音質4
中音の音質3
低音の音質4
サイズ4

トールボーイ型スピーカー

使用ユニット構成は
ツィーター 2.54cm アルミニウムLTSツィーターで
バッフルがホーン形状にしてある。
ウーファー 20.32cm TCPコーンウーファー×2発
メーカーの仕様でクロスオーバー周波数が1.4kHz
1.4kHz以上をアルミニウムLTSツィーターにすべて
任せているためか中域のサウンドがどこか引っ込んだように
聴こえるのは寂しい。

出音圧レベル 98dBと最近の製品の中では、
かなりの高高率スピーカー
サイズ 幅×高×奥行 27.7cm×109.3cm×44.3cm
重量 24.5kgとヘビー級
バスレフ開口部は背面で形状が縦長の長方形と
形状が珍しい形をしている。

ホーン形状バッフルとツィーターユニット特性が相まって
高音はどこまでも伸びて行くような澄んだ響きを奏でる。

中域のサウンドは上記の通り。
低域成分は、20cmユニット2発の効果ですごく豊富
スペック上では35Hzとサブウーファー不要なくらい出る。
とにかく最近では見ないくらいの高高率、出音圧レベル 98dBにより
少々非力なアンプで駆動しても跳ね回るような元気サウンドが
部屋中に広がる。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スピーカー > Bowers & Wilkins > 702 Signature [ダトク・グロス 単品]

yoda0529さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
7件
1件
イヤホン・ヘッドホン
4件
0件
液晶テレビ・有機ELテレビ
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン1
高音の音質4
中音の音質4
低音の音質4
サイズ5

B&Wのスピーカーの音は好みですが、ちょんまげスタイルが気に入らなくて、いままで敬遠していました。しかし、700シリーズのマイナーチェンジのラインナップを知り、我慢出来なくなり、久しぶりに、オーディオショップに行ってしまいました。S3はまだ入荷してなくて、意地悪く80?D?のスタンディングタイプを聴かされました。それと705Signatureを聴かされました。参りました。702も705も買いました!! オーディオショップには気楽に行かないことです!! ダイアモンドの高音は美音です。グリモーのPは美音です。一流のアーティストは流石ですね。このスピーカーは高域から低域までの分解能、定位、音場・スケール感、音楽ファンなら満足出来ると思います。蛇足ですが、コスパは705signatureの方が良いかな。

使用目的
クラシック・オペラ
ジャズ
設置場所
リビング
広さ
12〜15畳

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スピーカー > ヤマハ > NS-F210 [単品]

のりせんべい君さん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:364人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

液晶テレビ・有機ELテレビ
3件
0件
スマートフォン
3件
0件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
2件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン3
高音の音質2
中音の音質2
低音の音質2
サイズ4

【デザイン】
 地味な感じする。
 落ち着きがある。
 一言でヤマハらしい。
【高音の音質】
 ラジオかせいぜいテレビのような音質。
 ただ、アンプ次第では良くもなり悪くもなる。
【中音の音質】
 同上。
【低音の音質】
 同上。
【サイズ】
 我が家にはちょうど良い。
【総評】
 2021年5月に1台税込6,820円で購入。
 現在の高騰価格が信じられない。
 一時期増設を考えたが、価格を知って即刻対象外とした。
 サラウンドスピーカー程度しか使い道がない。

使用目的
テレビ
映画
その他
設置場所
寝室・自室

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スピーカー > モニターオーディオ > Silver 200-7G SILVER200-7G WN [NATURAL WALNUT ペア]

akira1984さん 金メダル

  • レビュー投稿数:671件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:5人
満足度5
デザイン4
高音の音質5
中音の音質4
低音の音質4
サイズ4

ツィーター C-CAM 25mm
bass/Mid C-CAM RSTU 130mm
Bass C-CAM RSTU 130mm

上位の300、500と異なりMidユニットが単独構成から
bassユニットと兼用となったが逆にバランスが良いと感じた。

低音域の迫力は、500に及ばないが300には近い所がある。

価格的に500には手が出ない場合は、300よりこちらの方が
コストパフォーマンスが良いのではと判断する。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(トールボーイスピーカー)

ご注意