ポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン)すべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > 家電 > ポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン) > すべて

ポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン) のユーザーレビュー

(1658件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
ヘッドホンアンプ・DAC > iBasso Audio > iBasso Audio DC04 [ブラック]

組紐屋の竜.さん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:231件
  • 累計支持数:510人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
18件
1086件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
8件
613件
イヤホン・ヘッドホン
14件
90件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質4
操作性4
機能性4

【デザイン】
BLACKを基調と下デザインで綺麗で良いと思います。
【音質】
解像度が高めの若干低音域が効いた音造りですかね。
高額の据え置きタイプのDAC/ヘッドホンアンプには到底敵いませんが、気軽にC端子のタブレットPC等に接続してバランス駆動でリスニング出来るので良いと思います。
【操作性】
C端子のタブレットPCとかC端子の携帯電話に直接挿すだけです。
音量調整は、IBASSOの専用アプリをインストールして調整可能です。
【機能性】
4.4mm5極端子のバランス駆動(デュアルDAC搭載)、DSDネイティブ再生、PCオーディオ(変換アダプターを取り付けて専用ドライバーは、MUSINよりインストールしてリスニングします。)
【総評】
解像度が高めで若干低音域も効いていて、気軽にAmazon music HD等のロスレスストリーミング、ハイレゾストリーミングがバランス駆動(デュアルDAC搭載)で聴けて価格の割に良い製品だと思います。

音の粗の出やすいオープンエアータイプでは、繊細な音の出る平面駆動式の方が高額の据え置きタイプのDAC/ヘッドホンアンプではないので相性は良いかも…

しかも、DSDネイティブ再生にも対応しています。

手軽さ、コストパフォーマンスは良いですね。
本体に音量調整機能も追加されるとベターなんですけど、今後の後継機に期待したいものです。
【再生環境】
ヘッドホン…HUAWEI Media Pad M5 8.4インチ→当機→Bayer T1 2nd 純正7Nバランスケーブル(4.4mm5極端子の金メッキのペンタコンプラグに改造したケーブル)→ハイファイマン SUNDARA(バランス駆動)、他

イアホン…SONY XBAーZ5→mmcxタイプのSONYキンバーのバランスケーブル(イアーチップは、16mm大口径ドライバーでも耳に付いつく感じになり装着感が格段に向上したSONY トリプルコンフォートイアーピースを使用しています。他、XBAーA3等


参考になった2人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FiiO > FIO-BTR5

syutorohonfonさん

  • レビュー投稿数:60件
  • 累計支持数:477人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
29件
410件
ゲーム機本体
0件
208件
薄型テレビ・液晶テレビ
2件
127件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質4
操作性5
機能性5

ちょっと前に購入した品ですが最近ファームウェアアップデートがあって、いい機会なのでレビューを書いてみました

普段スマホで使ってるコーデックはAAC、前に購入したウォークマンでLDACも試してみました

2.5mmバランス接続ができますが、2.5mm端子バランスケーブルを所有していないので3.5mmアンバランス接続で使っています

【デザイン】

前面がガラスでスタイリッシュなデザインです
でも商品付属のクリップ付き保護ケースを装着すると少し野暮ったくなります

サイズはスマホやウォークマンに比べれば遥かに小さいですが同社のBTR3Kみたいな軽さはありません
歩行しているとポケットの中で重量を多少感じますしクリップで服に留めている時もブラブラします
Bluetoothを聴きながらよく歩く人はBTR3Kの方が向いています
BTR5も普段使いでは充分コンパクトなレシーバーです

【音質】

明瞭で音に潤いも感じます
過度な期待は禁物ですが1万円台という価格を考えると優秀です

高音は刺激は少ないですがよく出ています
低音はほんの少し強め
くどいと思う程ではなく音に多少のスパイスを足した感じ
迫力のある曲だと弾む低音が楽しいです

全体的にポップスやロックが得意です
クラシックを聴くともっと表現力や音の沈み込みが欲しくなります
細かい事を言わなければどんな曲も卒なく鳴らします

コーデックはAACだとスタンダードな音
試しにSBCも使ってみましたが音質優先接続ならAACとそれほど変わらず、接続優先だと高音低音が減って薄い音になる感じがします
LDACは他のコーデックより厚みが増します
高音から低音までどの音も量感が増してグレードの高い音に感じます

【操作性】

二行の文字表示ができる有機EL画面で動作確認ができるので使い勝手は非常にいいです
下位のBTR3KはLEDの色だけの表示ですがBTR5は簡単に確認できます
特にバッテリー残量の表示ができるのが便利です

曲の再生中に

・電源ボタンを短く一回押しで現在のコーデックや音量の表示
・コーデックの表示中に更に電源ボタン長押しで設定画面、設定については後述
・マルチファンクションボタンを短く一回押しで再生、一時停止
・音量ボタンを長押しで、−ボタンが曲送り、+ボタンが曲戻し

曲の停止中に

・マルチファンクションボタンをダブルクリックでスマートアシスタンスの呼び出し

Bluetooth切断中に

・マルチファンクションを長押しでペアリング

【機能性】

設定の項目は8つ
電源ボタン短く一回押しで項目送り、音量ボタンで選択

・デジタルフィルター - 音質の基本を決めるフィルター
クッキリした音のFASTやウォームな音のSLOWがありますがAPOD1かAPOD2が一番自然みたいです
・イコライザー
・スクリーンディマー - 有機EL画面の明るさの調節
・USBオーディオ - USB-DACを使う時の設定
USB AUDIO 1.0は互換性重視で96kHz/24bit
USB AUDIO 2.0はチップの性能を最大限引き出す384kHz/32bit
・カーモード - ONだとUSBを接続すると連動して自動で電源が入る
普段はOFFで
・チャージ - OFFだとUSBを接続しても充電しない
BTR5のバッテリーが空になると自動でONになる
普段はONで
・ゲイン - 基本はヘッドホンならHigh、イヤホンならLow
Highだとバッテリー消費が早い
・ファームウェアバージョン表示

USB-DAC機能がありUSBケーブルでスマホやPCと有線で繋ぐ事ができますが、無線が便利なので私はあまり使っていません
USB-DACとして使う時はレシーバー内部のバッテリーで駆動するので、スマホやPCのバッテリーを余分に食う事はありません
代わりにレシーバーのバッテリーがなくなるとUSB-DACとしても使えなくなります
BTR5のUSB-DACはSwitchやPS4等のゲーム機では有効になりませんでした

電波のアンテナは発売が新しいBTR3Kの方が感度が高く有効距離も長いそうですがBTR5も普段使いで特に不満はないです
ドアや曲がり角等の障害物には弱いですが、スマホから5〜6mくらいは電波は届きます
私のはちょっと古いのですが新しいスマホならもっと接続が安定しているでしょう

ひとつ気になったのがファームウェアアップデートがWindowsPCでしかできない事です
将来後継機種ではiOSやAndroidからでもアップデートできる手段が欲しいですね

【総評】

アクティブに使うならBTR3K、いい音で聴きたいならBTR5を選ぶとよいでしょう
有機EL画面の表示がとても便利で他のレシーバーやポタアンに対するBTR5の大きなアドバンテージです

Bluetoothレシーバーだとスマホのアンプ性能に左右されないので無線でもスマホよりいい音です

再レビュー:マルチファンクションボタンを一回押しでペアリングと書きましたが、マルチファンクションボタンを長押しの間違いでした
訂正しました

最近購入したFiiO BTA30を送信機、BTR5を受信機の組み合わせでテレビを無線化しました
aptX-LL接続で快適にテレビを視聴しています

参考になった7人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > M-AUDIO > Micro DAC 24/192

おさむ3さん

  • レビュー投稿数:81件
  • 累計支持数:261人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
10件
226件
自動車(本体)
1件
88件
ドライブレコーダー
1件
58件
もっと見る
満足度2
デザイン3
音質3
操作性無評価
機能性4

【デザイン】
ロゴやS/Nなど普段目にしなくてもいいものが悪目立ちする。
LEDがまぶしい。

【音質】
正常に出ているときはいいが、光出力はブチブチとノイズが発生。

【操作性】
ボリュームはついているがあまり使用しないので無評価で。

【機能性】
サンプリング周波数、量子化ビット数の対応可能な種類は多くてよい。

【総評】
iPhoneから光出力を得ようと思って購入しました。
しかし、ブチブチとノイズが発生してしまっていて使い物になりませんでした。
今は自宅のWindowsパソコンに接続して使用していますが、ときどき音が出なくなります。
USBから抜き差しすると復帰。
不安定で困ります。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > iBasso Audio > iBasso Audio DC04 [ブラック]

mastacembelusさん

  • レビュー投稿数:51件
  • 累計支持数:199人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
17件
レンズ
11件
4件
自動車(本体)
1件
14件
もっと見る
満足度3
デザイン5
音質5
操作性2
機能性2

ROG Phoneとの接続での評価となります。

【デザイン】
安っぽさは全く感じず、印字も主張しすぎないところも良いです。
DC03ははじめシルバーモデルのみでしたが、DC04ははじめからブラックモデルがあったのでよかったです。

【音質】
スマホ単体よりも分離感がよく解像度高めです。(バランス接続だし当たり前といえば当たり前)
音の傾向はスマホ直結だとドンシャリの派手めな音になるのですが、こちらを咬ませるとSHANLING M6で聴いてたのとそれほど変わりはない印象で、どこかの帯域を変に強調したりはしてなさそうです。
とても好みの音ですね。

【操作性】
本体をUSB-Cに繋ぐだけで接続できます。
しかし音量調整が面倒で、いちいちアプリを起動する必要があります。
しかもスマホ以外だとそもそもアプリがなく、マスター音量を弄る必要があってやはり面倒です。
次世代ではボリュームボタンのようなものを搭載して欲しいですね。

【機能性】
操作性とかぶりますが、音量ボリュームボタンほしいです。

【総評】
音は素晴らしいの一言。

ただスマホ接続の安定性は今ひとつで、プツプツと途切れることがあり気になります。
i7 8700k搭載のPCとの接続では気にならないのですが。
頻度も数分に1回ペースと少なくないため、このへんは値段なりということなんでしょうかね。(もしかしたらスマホのSoCのスペックが現在では高くないため起こるのかもしれません。要検証)

また何度も述べていますが、音量操作が面倒すぎるのがネックです。

次世代機で音量調整が容易になれば、購入待ったなしの製品です。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FiiO > FIO-BTR5

privatehellさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性4

音質はいいです。つながりもよく切れることもないです。
使いやすいのでこればかり使っています。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > ikko Audio > Zerda ITM03 USB-TypeCモデル

組紐屋の竜.さん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:231件
  • 累計支持数:510人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
18件
1086件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
8件
613件
イヤホン・ヘッドホン
14件
90件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質4
操作性4
機能性4

iPhone対応のLightningタイプの同タイプのステックタイプのDAC/ヘッドホンアンプと手持ちのOriolus Reborn LTDの相性が良かったので、イアホン端子の無い所有のタブレットPCとC端子のAndroid携帯用に、こちらもリーズナブルなので追加購入しました。

【音質】
基本的な音質は、Lightningタイプの物と同じで解像度が高めで、音に厚みが有り、多少低音域効いたちょっとウォームな音造りですかね。

オーディオって、色々やっている人なら御存知かと思いますが、同じ再生アプリ、同じ音源でも手持ちのAndroidタブレットPCとLightningタイプの所有のiPad PRO 512GBでは、デジタルトランスポートが違うので微妙に手持ちのAndroidタブレットPCの方がアッサリした出音で、LightningタイプのiPad PRO 512GBの方が若干音に厚みが有り、音に艶感も有ってLightningタイプの同タイプのステックタイプのDAC/ヘッドホンアンプの方が多少、出音は良いと感じました。

アップル製品をPC含めデジタルトランスポートにしてしる人が割と多いのは、その辺の微妙な違いなんでしょうね。

OTGケーブルを使用するDACの場合は、FURUTECH、ifi オーディオとかのオーディオグレードのOTGケーブルがリリースされているので、殆どAndroid端末をデジタルトランスポートにしてもiOSディバイス→アップル純正CCK→USBケーブルと比較しても音質的に差が無い様に思いますが、このステックタイプのDAC/ヘッドホンアンプは、ディバイス直で使用するので、デジタルトランスポートの優劣の差は多少足りとも出音に影響を与える様ですね。

又、こちらのタイプも光デジタル出力へのUSB DDC機能も有り、光変換したい方にも宜しいかと思います。

USB DDCのクロック精度としては、値段なりですが、光デジタル出力もしっかり途切れる事なく出力されるので、その点はしっかり造っている様です。

追記…
所有の真空管搭載のアナログヘッドホンアンプと手持ちのmini to miniケーブルで接続して聴いて良い感じです。

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > iFi Audio > iFi hip-dac

SantSimonさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
VRゴーグル・VRヘッドセット
0件
1件
もっと見る
満足度2
デザイン4
音質5
操作性5
機能性2

【デザイン】
スッキリして小ぶり。持ちやすい。
【音質】
良いです。雑味が無い。きちんと音を増幅してますし、そこから生じる歪みが無い。
最近のポタアンはテクノロジーの進化を感じます。
5年前なら高級ポタアン扱いで5〜6万円は取られる価格。
【操作性】
シンプル。マルチファンクションボタンの悪夢はここには無いです。
各ボタンは一つの役割のみ。長押ししてランプが点滅したら〜みたいな事はないです。
【バッテリー】
ここが一番の問題。
口コミで書いておられる方が多いのですが、バッテリードレインが起きてる個体が多いようです。
一度メーカーに出してみようかと思っています。
今のところ私の個体ではハイレゾ音源をバランスで聞くと5分持ちません。
満充電してスイッチを切った状態で3日くらい経つとほぼ放電されてしまってるようです。
【総評】
バッテリーについては確認しようと思います。
もしHip Dacをこれから買おうとする方はお店のが正規販売店なのか確認してからの方が良いかもしれませんね。

-----------------以下は無視して結構です--------------------------------------------------------
追記です
3時間充電後に5日ほどスイッチを切って放置しました。
その後スマホにつなげてバランスで出力しましたが5時間ほど再生してくれました。
まぁ製品サイトで謳っているイメージほどの長持ちはしませんが、バッテリードレインは多分無いかなと思われます。
通勤通学で使ってるなら、帰宅後必ず充電してくださいという感じですかね。
パワーのあるアンプなので仕方ないとは思います。
-----------------上は無視して結構です--------------------------------------------------------

再度追記

やはりバッテリーは安定しないですね。。。
充電をして次の日に使おうとしたらバッテリーがゼロの状態に・・・
前の日にゼロになるまで使っていないのにゼロになっている
これはバッテリードレインが起きていると判断せざるを得ないですかね

先に「追記」として記載したものはバッテリーに問題を抱えている本製品についての言及としてはちょっと違う内容かなと思いますので無視していただければ

参考になった4人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > RADSONE > Earstudio ES100

ぽてとへさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン3
音質4
操作性2
機能性2

評判以下だったという印象です。
やはりワイヤレスだからだと思うのですが、音が軽くなったような印象になり直接繋げるより圧倒的な劣化がありました
そしてなによりペアリングの能力が低すぎて使い物にならなかったです。
起動に時間がかかりペアリングにも時間がかかる正直普通のワイヤレスイヤホンの方がよっぽどいい能力なので1ヶ月も使わずに捨てた製品です

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > RADSONE > Earstudio ES100

ハテナロバさん

  • レビュー投稿数:42件
  • 累計支持数:77人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
1件
9件
NAS(ネットワークHDD)
1件
6件
レンズ
3件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン3
音質4
操作性4
機能性4

【デザイン】値段を考えれば相応ですが質感はプラスティッキーで正直イマイチです。イヤホンジャックがが横から出ているのも個人的にはイマイチかなと。

【音質】素晴らしいの一言。LDACなる高音質コーデックのせいかもしれんけど。

【操作性】本体側はボタン押しても反応しなかったり反応が遅かったりとイマイチなんだけどスマホ側ではいろんな操作ができてすばらしいです。

【機能性】求めるものは一通りあるかなと。

【総評】正直最も早く買えばよかったと歯噛みする一品。余計なTWSの数を増やさずに済んだのに。。。。似たような品(BTR5とかUP4とか5Kとか)にも興味が湧いてきます。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > INFOMEDIA > Lotoo PAW S1 (USB-C/Lightning)

Heartbertさん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:76人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
4件
9件
イヤホン・ヘッドホン
10件
2件
タイヤ
1件
4件
もっと見る
満足度3
デザイン5
音質3
操作性3
機能性4
   

   

【デザイン】シンプルですが安っぽさはありません

【音質】比較的フラットですがやや濃密な気もします。

【操作性】ボリュームとゲイン、EQの操作が同じボタンなので誤ってファンクションキーに触れた後に音量操作をしようとするとLOWからHIゲインに切り替わり爆音になる可能性があります。

【機能性】EQは正直使い物になりません。

【総評】iPhoneで利用できる所有するDACの中で音質の良いもの順だとmojo>IKKO Zerda ITM03 >S1>Q1markUでしょうか?
mojoは高級オーディオやDAPのような濃密で立体的な音が出ますし、ikkoはシーラスロジックらしい明るく音抜けの良い爽快で元気な音、S1はmojoっぽいけど高域がやや天井が低く音抜けの悪い印象、Q1はS1より力感はあるものの音量が取れるだけ。
家でシッカリ聴くならmojo、スマホ一台で有線ならITM03かS1ですが、音量調整がスマホ本体で出来る直感的な03に対しS1はDACのボリュームを操作するのにやや苦戦しますし音質の好みもやや03に劣るのであまり使用頻度は高くないです。

比較製品
ikko Audio > Zerda ITM03 Lightningモデル

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > CREATIVE > Creative SXFI AMP SF-HPAMP

KazzBowowさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質3
操作性5
機能性5
   

   

当方、元ピュアオーディオマニア&ホームシアターユーザーです。 PCの音質を少しでも良くしたくONKYO GX-D90(DAC内蔵)を光ファイバー接続で使用していましたが、DAC性能に限界を感じ、PCとスピーカーライン入力の間にUSB-DACをかませる形で、USB-DACをテスト、Coviaの低価格製品から始めて手ごたえを感じてibassoのDC03を導入すると音質が向上してハマってしまいました。
気を良くして、CreativeのヘッドフォンAurvana Live! SEと併せてSXFI AMPを導入。

結果この製品は音質向上のUSB-DAC製品とは全く用途が異なる事に気付きました。
各個人の頭や耳の形状をマッピングしてオーディオをカスタマイズするというSuper X-Fi機能はHi-fi向けではありませんでした、定位が崩れてサラウンド効果が掛かってしまうからです。
これはオーディオのAVアンプとピュアオーディオのアンプを比較しているのと同じです。
Creative SXFI AMPはゲームや映画の様なエンターテイメント用途にはバッチリ合います。
ですがHi-fi用のDACと比較するのは、土俵違いだと感じました。

上記の理由でしばらく使っていませんでしたが、最高の使い道を発見しました。
モバイルデバイス用の音質向上のUSB-DACとしては非常に優秀です。
私はモバイルデバイスではSDカードに入れたMP3しか聴きません、SXFI AMPはAV用ですが音質が悪いわけではありません。(ibassoのDC03には劣りますが、私の使用環境では劇的な違いは感じませんでした)
SXFI AMPの最大メリットはボリューム、ミュート、Super X-Fi機能を本体上のボタンでOn,offにできる事です。モバイルで使用する際にボリューム微調整のアプリは必要ないですし、またDACの誤動作で大音量で鳴って鼓膜が破れるかもという恐怖も感じる事がありません。
また本体はUSB-Type Cメスなので、USB-DAC最大の不安の本体とケーブル接続部の接触不良による寿命の心配を軽減できます、タフなUSB-DACとして利用する事が出来るわけです。
TypeCケーブルの長さも自分で変えられるので、リモコン操作部の位置調整も可能です。今後は他のUSB-DACもメス端子装備仕様にして欲しいものです。
とにかくボリューム調整機能は便利ですね。

ちなみに私のAndroidモバイルデバイス、スマホHuawei P20 Lite, タブレットTeclast M40ではONKYO HFプレーヤーとibasso DC03の組み合わせは音飛びが発生して使えませんでした。
Creative SXFI AMP は専用アプリのSXFI Appとの組み合わせで正常に動作しています。
SXFI Appは簡易的ではありますが、イコライザー機能があるので、ヘッドフォン、イヤフォンの補正に使っています。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > Chord Electronics > Hugo 2 [シルバー]

ヘッドフォンけんさんさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性4
   

Macbook AirとHugo2とSolaris2020

   

【デザイン】
これは抵抗ありましたねぇ。 20万円以上しておもちゃみたいなデザインて、っていう。
でも使ってみると、なんだこれがむしろ一番いいやってことで全てに納得すると言う感じです。
多分ですが、すでにアンプやポタアンを相当やって、結局は絶対的な音質とボリュームがアンバランスで刺さればいいじゃん、と言う結論に至っている人向きかもしれません。操作性も抜群です。
最初にアンプ触ると色々好みの設定とか作りたくなったりするのですが、それはこの機種はできませんからね。
大きさはiPadの半分程度です。 ポケットには入りませんので外には持っていけないですが、部屋の移動は全くあっさりできるのでポタアンと呼ぶべきかもしれません。
すごいと思ったのは、ツマミ類がないので、バックに忍ばせても、バックの中でコードやハンカチなどと干渉せず、すっと取り出せます。ここは意外と重要な点です。

【音質】
多分これを購入した人はここがポイントだったと思います。解像度、定位感、量感、何より透明感と言うか透過性が果てしないです。設計者は「なっている音は全部忠実に出力するよ」だけにこだわったんだと思います。
70年代のピンクレディーとか、和田アキ子さん、それからこの頃の海外曲、それから最近の宇多田さんや椎名林檎さん、(松任谷由実さんは全時代共通で凄く良い)、YOASOBIやヒゲダンはHugo2では異次元の良さですが、レベッカやボーイなどはスマホや普通のポタアンで聞いた方が良かったりします。
YOASOBIやヒデダンは音源が多いので、解像度と音の分離感が高いHugo2で聞くと、高速でずっとものすごい数のパンチを浴びている感じがします。
ピンクレディーの渚のシンドバッドのハイレゾを聞くと、同じパートでのケイさんとミーさんの声の聞き分けはもちろん、二人のビブラートや声の長さの違いまで綺麗に分かります。
設定はフラットだと思います。色々な音楽で聞き分けていますが、ドラムの立ち上がりが早いとかもっさりとか、アタック感がとかドンシャリとかの感覚は受けないので、ニュートラルだと思います。
アンプなのでイヤホンの性能をどれくらい向上できるかが重要だと思います。所有しているShureのAonic5、Xellento、CampのSolarisを比べると、Aonic5は解像度を数段あげてくれます。スマホ直挿しでも感動的な音を鳴らすAonic5はすごいです。Xellentoは高解像度、高分離、忠実な音が特長ですが、量感が果てしなく上がり情緒感がハンパなくなります。Solarisはもはや他の事を何も考えられなくなるくらい音の量と質です。特にSolarisは非常にシビアなイヤホンなので、アンプがうまくいかないと高音や中域がザラザラにやられちゃうんですが(例えばスマホ直挿しでは結構聞いててキツいくらいシビア)、Hugo2では高音も破綻なくガッツリ音になりますね。

【操作性】
使った人しかわからないですね。ハマります。 ボリュームの粒度が小さいので微妙な音量調整が可能です。音の情感設定が数種類あるのですが、標準モードで十分なのでほとんど使いません。

【機能性】
機能もなにも、スイッチオンしてあとはボリュームをいじるだけです。 それだけです。

【総評】
とにかく、音です。 音を追求のみに特化したアンプです。イヤホンとの相性とかそんな微妙なファクターは一切なく、どのイヤホンでもヘッドホンでもガッツリ正確に鳴らしてくれます。
値段が高いので値段なりだね、と言う意見は納得です。 

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > iFi Audio > iFi hip-dac

kuugetuさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
5件
ゲーム周辺機器
0件
5件
ヘッドセット
0件
3件
もっと見る
満足度4
デザイン5
音質4
操作性5
機能性3
 

アシダ音響 ST-90-05 と SONY NW-A100TPS 接続

SKULLCANDY CRUSHER ANC と SONY NW-A100TPS 接続、最近のお気に入り

 

【デザイン】
 スキットルの様なデザインですっごく好きです。
コレは、酒を飲む様に音楽もって感じでしょうか?

【音質】
 使った時と使ってない時とで大分仕上がり方が変わる、初めてのポータブルアンプでアンバランス接続のヘッドホンだから聴き比べも無く良い表現が無いですがノイズを丁寧に取った上で作り直す感じで、音が出てる所をしっかりとヘッドホンに鳴らせる様にバランスをとった感じです。

【操作性】
 ボタン二つ、音量ブーストに、低音ブーストに音量ボリュームだけ。

 接続は大体挿せば認識してくれますし、すっごく楽。

【機能性】
 先に言った低音ブーストに全体的に音を上げる音量ブースト、入力USBとは別端子でUSB-C端子の充電口。
 出力端子はミニジャックのアンバランスと、4.4ミリのバランス接続用ジャック。

 本当にコンパクトにまとめた感じです。

【総評】
 このデザインが凄く気に入ってます。大きさも掌に収まり、平べったい形がプレイヤーと一緒に持てる厚さで収まります。
 ボリュームスイッチがネックでアナログボリュームを採用している為、ある程度のギャングエラー(左右の音量差)は仕様との事(アナログボリュームに付いて知らずにサポートへ連絡して教えて頂きました。)、イヤフォン/ヘッドフォンの種類にもよりますが、ボリュームを10時以降まで上げてギャングエラーが解消されるようであれば仕様範囲内との事でした。
 なお、バランス接続・アンバランス接続ともに程度の違いはあっても大体10時以内の発生でアレば仕様との事。出力に低抵抗のイヤホンやヘッドホンだとやや音の大きさに注意かも知れない…最近、少し音量上げてる気がします。
 またボリュームスイッチが少し軽いのと径がかなりフレームの厚さに近いので、何かの拍子に動くのも持ち歩く時に気になるかなぁ。

 デザインは気に入っているし音質も大まかには好きです。ただ価格帯の問題か作りの細かい所が若干の問題が出るかなぁ…、ポータブルアンプの初購入を考える人へエントリーモデルとしてお薦めするには丁度良い大きさと値段と思ってます。

 後継機とか出たら欲しいです。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > iFi Audio > iFi hip-dac

daisuke0079さん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:137人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
9件
6件
ヘッドホンアンプ・DAC
6件
7件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
8件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質5
操作性4
機能性5
   

   

XPERIA 1 Uで音楽を聴こうと思ったらあまりに音質が悪いのと、自分のオーディオ環境はまだ2.5mmバランスだったので、4.4mmに一新しようと思い購入しました。

とりあえず試聴環境は
XPERIA 1 U→本機→BEAT AUDIO Silversonic MKY 4.4mmバランス→Shure SE846
ONKYO Hi-Fi Playerで使用
音源はハイレゾFLAC

【デザイン】
小ぶりでスマホと合わせてもそんなにかさばらない。表裏どちらでもマッチするのですが、どちらかでスマホからのノイズが異常にのるのでそこは減点。あとUSB端子がなぜかUSB Aのオス?です。このせいで手持ちのUSBケーブルが使えません。Appleのカメラアダプタに対応しているのでしょうが、ここは通常にしてもらいたかった。
【音質】
自分の環境では音域も広く分離もいい、クリアでモニター系の音です。低音はやや強調されている感じ。とても感じのいい音なのですが、再生機をiPhoneにしてKaiserToneで出力するとカメラアダプタの影響なのか再生ソフトの影響なのか、多分ホワイトノイズ?でやや中音域がくもって聞こえるので、もっぱらXPERIAで使用しています。
【操作性・機能性】
とても簡単でいいのですが、ボリュームのつまみが色んなところに引っかかってすぐに爆音になります。ここは減点。XBASSは変に低音だけ強調されるので使用していません。
【バッテリー】
ヨドバシドットコムで購入しましたが、今のところ他の方が書かれているようなバッテリーのもたなさはないです。十分駆動時間はとれています。
【総評】
自分の環境では概ね満足です。これを機に、HD25など他に所有するヘッドホン達も4.4mm適応にしてしまおうと思います。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > auneaudio > aune BU1

サンジュリアンさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
3件
スマートフォン
1件
3件
イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性3
   

スマホと接続してハイレゾ再生

   

【デザイン】
ゴールドでちょと目立つ印象だが、他のDACとは違うという意味では悪くない
但し、ケース材料が柔らかいので簡単に傷がつくのは難点
【音質】
音に力があり低音の圧、高音のヌケが良い、繊細な音ではないが分解能は9038らしいエッジがハッキリした音
【操作性】
特に不満はない、電池残量が点滅回数で示すが満充電か3/4か判別し難い、ゲイン調整とオンオフのスイッチをたまに間違える。
【機能性】
機能的に普通、これでバランス出力があれば申し分ないが、消費電力/使用時間を考えると無理かな?
【総評】
何台かDACアンプ、DAPを持ってるがBU1で聴きたいと思う事がある、そんな魅力があるアンプ

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(ポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン))

ご注意