ポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン)すべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > 家電 > ポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン) > すべて

ポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン) のユーザーレビュー

(1802件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
ヘッドホンアンプ・DAC > カイン > Cayin RU6

nBanjoさん

  • レビュー投稿数:65件
  • 累計支持数:698人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
24件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
11件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
7件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン3
音質3
操作性3
機能性3

PCM:768kHzが再生可能

再生開始時の頭切れ

ASIOドライバーについて

 

ASIOドライバーの設定について

DACの「OS/NOS」モードについて

 

◆まえおき◆
私的に、オーディオが趣味でありPCオーディオを主体としたシステムでミュージック再生を楽しんでいる。
同時に、オーディオ機器(ハードウェア)や関連PCアプリ(ソフトウェア)の自作も手掛けている。
市販のDAC機器をいくつか所有しているが、自慢のミュージック再生アプリで機器(デバイス)を動作させるには、テストやチューニングが必要となることがある。
手軽にどこでもテストできる環境を構築するために小型のDAC機器を物色していた。
よくあるDACチップデバイス(旭化成やESS社のもの)ではなく、世間であまり見かけないR-2Rラダー抵抗によるDACというのに興味があって本機を導入した。

◆音質について◆
上記の動機から、あまり音質にはこだわっていなかったが、自分好みのけっこういい音がする。
本機のような小型でUSBバスパワーで駆動するものは、ヘッドホン使用では非力で貧弱な音になりがちだが、意外と本機の音はパワフルで重厚感のある音で聴き応えがある。
音質については、個人の好みがあるし、言葉では表現しきれないものなので、これ以上の説明は省くことにする。
(ネット上に他者のレビューがいくつかあるようなので、そちらを参照されたし)
少々手抜きのようだが、音について他人の印象や評価はあまり当てにならず、自分のリスニング環境で聴いて判断するしかないと私的に考えているので、悪しからずご了承願いたい。

◆気のなる点◆
●その1
本機のスペック上では、
・PCM:最大384kHzまで
・DSD:最大DSD256まで
となっているが、
PCMの方は、自作の再生アプリで768kHzまでのサンプリングレートで再生できた。(添付画像参照)
(AMDのRyzen-3のノートPCでもOK)
DSDの方はスペック通り?
DSD512の再生を試してみると、本機のディスプレイには「22.4MHz」と表示されるがノイズまみれの再生となる。
(自作の再生アプリのパフォーマンスが足りないのかもしれないが)
また、本機のR-2Rラダーの回路(抵抗器48個で構成)の精度は24ビットとなっているので、上記のようにPCM768kHzまで再生できたとしても、音の解像度は主流の半導体デバイスのDACチップ(32ビット対応)よりは劣るようだ。

●その2
個別PCとの相性問題がある?
所有する4台のノートPCに本機を接続して再生を試したところ、
そのうち1台(Lenovo/IdeaPad Slim 560 Pro/CPU:Ryzen-7)が、ミュージック再生時に不定期/断続的にブツブツノイズが発生して正常に再生できない症状になった。
使用当初は、CPU品種(AMD)との相性問題かと思ったが、特定PCとの個別相性問題のようだ。
その特定PC(上記)においてWindowsメディアプレーヤで再生しても同症状だったので、少なくとも上流の再生アプリの問題ではなく、ドライバーを含めた下流側に問題がありそう。

●その3
DAC機器で毎度おなじみの「再生開始時の頭切れ」が発生する。
(詳細は添付画像参照)

◆「OS/NOS」モード切り替え機能について◆
(詳細は添付画像参照)

◆まとめ◆
本機のDACはR-2Rラダー抵抗方式ということで、目新しい技術ではなくむしろ古い技術と言え、言わば時代遅れのようなことをしているような気がするが、今の若い世代の人達(本機の開発陣)にはユニークな技術であり他社との差別化とみなして製品化されたのだと勝手に解釈した。
そもそも、R-2Rラダー抵抗方式DACは使用する抵抗器の数量と個々の抵抗値の精度がD/A変換の精度に関わってくる。
R-2Rラダー抵抗方式DACは、半導体デバイスのDACチップによるものよりも、デジタル信号処理がシンプルとなるため、ピュアでナチュラルなサウンドが期待できる利点があるが、D/A変換の精度を上げようとするとR-2Rラダー回路の物量と抵抗器選別コストと生産性の悪さが製品化のボトルネックとなる欠点があるわけで、DAC機器メーカーがR-2Rラダー抵抗方式を採用するケースは少ないと言える。
本機はある意味、主流に流されないメーカー(Cayin)のチャレンジ精神による製品だったと言えるかもしれない。
以上の点に、私的に少し興味を抱いて入手したわけであるが、この手の製品をいくつか手にした中では、一番音質的に満足できるレベルに仕上がっているという気がした。
しかしながら、上記のような気になる点で減点となるところと、「R-2Rラダー抵抗方式」のDACであることの良さが一般ユーザーに本当に伝わっているかどうか疑問に思うところありで、そのあたりが逆に本機の弱点になっているような気がした。
言い換えると、本機は多くのスマホユーザーをターゲットに手軽に高音質な音を楽しむための機材としながらも、その仕様/機能は一般ユーザーにとってチンプンカンプン(搭載技術/機能が理解できない)で使いこなしが難しいメーカー(開発陣)の独り善がり的な正確をもった機材でもあり、私のようなマニアックなユーザーをターゲットとしているとも捉えられ、商品コンセプトとして中途半端で矛盾があるような感じがした。
メーカーは自分の技術の進化/発展を磨くために製品をつくるのではなく、製品のもつ技術や使い勝手をユーザーに理解してもらい使いこなしてもらうことを目的に製品をつくるということが、メーカーだけでなくユーザー自身の頭の中からも消え去ったために、メーカーとユーザーが求める方向が一致しない売買がいつまでも続くような世界の縮図のようなものを見ている気がした。
その世界から抜け出すために、メーカーとして/ユーザーとして、どうすべき/どうあるべきなのだろうか?

参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > INFOMEDIA > Lotoo PAW S1 (USB-C/Lightning)

silvy555さん

  • レビュー投稿数:43件
  • 累計支持数:363人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
7件
6件
デジタル一眼カメラ
2件
10件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
4件
もっと見る
満足度4
デザイン5
音質3
操作性5
機能性3

【デザイン】
角の処理もきちんとされており、アルマイトのムラなどなく非常に綺麗です。
無駄な装飾等がないのは非常に好感が持てます。

【音質】
ドック型DACを初めて買いましたが、うーんこんなもんか・・・?
OS:Windows10
プレイヤー:Kbmplay/WASAP event
ヘッドホン:MDR-1AM2
アンバランス接続だと、FOSTEX PC100USBと比べて何が違うの?
っていうくらい違いを感じませんでした。(当然 PAW S1のイコライザはOFF)
バランス接続だと、さすがに違いがはっきりと分かります。

メーカー製asioドライバがないので、asio4all 2.14 ENGLISHを入れてみましたが、
音飛びがひどくてダメでした。

【操作性】
最初は音量のボタンが逆なんじゃないとか思いましたが、すぐ慣れました。
ボタンは3しかなく、ファンクションボタンを押すと音量ボタンが、機能切り替えボタンに変わるだけなので、操作はしやすいです。
メニューも1階層しかないので、迷うことはありません。

【機能性】
このサイズで4mmバランスも搭載。これが無ければ買ってない。
さらに独立音量ボタンも備えているのがミソ。これまた、これが無ければ買ってない。
小さいながらも液晶があることで、入力信号がどのビットレートなのかすぐ分かります。

100均のUSB-Cケーブルでも普通に音が鳴ります。
Androidケータイも、OGTケーブルは不要で、普通のUSBケーブルでも音を再生することができます。
ただし、ハイレゾ音源をビットパーフェクトにするには別途有料アプリが必須です。
この点はBluetoothでLDAC接続のほうが楽でいい。

【総評】
別途電源を必要とするようなポタアンでは、狭い机の上で邪魔になり、ドック型を買うことでこの問題は解決しました。
ただ、音量コントロールのため、手元に置いておくようにすると、ケーブルの長さがある程度必要になり、今度はケーブルが邪魔になるということになります・・・。

大きさと音の良さは比例するような感じがするので、このサイズですごいのを期待するのはナンセンスでしょう。
むしろ、このサイズでバランス接続も可能ということに価値を感じます。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > Astell&Kern > Astell&Kern PEE51-USBC-AMPCABLE

紅の暴君さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
33件
ノートパソコン
0件
11件
デジタル一眼カメラ
0件
8件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

接続機器:GalaxyS20
使用イヤホン:HA-FW02
再生アプリ:HF Player Pro版

【デザイン】
ガンメタリックな金属をアシンメトリーなダイヤモンドカットしたようなクールで武骨なデザインです
【音質】
スマホ向けのTypeC接続DACとしては最高性能ではないでしょうか?他メーカーにあるようなGalaxyとの親和性問題もなし
【操作性】
TypeC端子に接続するだけ
Androidで聴くならHF Player Pro版推奨です
【機能性】
32bit音源もいけて、HF PlayerのDSD 5.6MHzリアルタイム変換にも対応してます
【総評】
言うことなし
完璧すぎる

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > LUXURY & PRECISION > W2-131

ぴたぴーさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
30件
マザーボード
0件
30件
デスクトップパソコン
1件
28件
もっと見る
満足度4
デザイン5
音質4
操作性4
機能性5

【デザイン】
細かいエッジもキレイに仕上げられていますが、
凹凸の多いい形状で隙間に手垢が溜まりやすそうなのが、難点。

【音質】
ヌケの良い解像度の高い音です。

電源に余裕のあるPCに接続した場合は
音質は同じCS43131を積んでいるiBasso DC04とほぼ同じですが、
より音が澄んで鳴る印象です。

ただし、Pixel 5に接続した場合は、DC04の方が低音が立体的に鳴って一枚上手です。

W2-131はFPGAやオペアンプ等の部品が多いので、その分の電力消費が足を引っ張っているようです。
音質に拘るなら、電源ラインが別の二股ケーブルでモバイルバッテリーから直接電力供給すると良いかと。

【操作性】
ボリューム変更は良好です。
それ以外の機能は、ボタン長押しで選択する方式なので、サッと切り替えるのは無理です。
もっとボタンを増やして、曲のスキップなども行えれば良かったのですが…

【機能性】
ゲインやイコライザー等DAPに近いような機能もあり、ドングルのDACとしては十分かと。
ディスプレイは操作しない時は自動OFFになるので、ディスプレイによる電力消費は少ないと思われます。

珍しい機能としては「Tuning」という設定があり、
TUNE 01(ジェントルサウンド) / TUNE 02(リファインサウンド)の2つのモードが選択できます。

個人的にはTUNE 01がナチュラル、TUNE 02がクッキリに音が変化するように感じましたが、
デジタルフィルターと同じぐらいの極微量な違いです。

【このDACの優位点】
何もボタンが無いDC04、それから
ボタンはあるもののディスプレイの無いMoondrop MOONRIVER2やXDUOO Link2 Balと比較して、
最大の優位点はハードウェアボリュームを搭載しているという点です。

Moondrop MOONRIVER2やXDUOO Link2 BalはDACのボタンを押しても、
OSのボリュームが変わるだけですが、
W2-131はDAC内蔵のボリュームが変化します。

USBを再接続しても音量が保持されるため、接続した瞬間に爆音で鳴るリスクがありません。

また、OSのボリュームをMAXで固定できるためソフトウェアボリュームに起因した
音質の劣化を排除できます。
Windowsでは、WASAPIを使った場合に結構差が出ます。
MMEとASIOは大きな差はありませんでした。

参考までにHA-FW10000を繋げた場合、Highゲインでボリュームは40/100あたりでちょうど良いぐらいです。
感度の高いイヤホンを挿しても微調整が効きます。

DC04はWindowsのボリュームを5/100、AndroidのiBasso UACだと20/63に設定した状態が近い音量です。

【イマイチな点】
・代理店のサイラスがドライバとファームウェアをサポートしておらず、
 有志が格納してくれたGoogleドライブから入手する必要があり、
 日本語のアップデート情報が無いことと、セキュリティ的なリスクがあります。

・Windowsで動画をシークすると5秒ぐらい無音が続くことが時々あります。
 DC04も似た症状があり初期版のドライバを使うことで解決しましたが、
 W2-131は現状「LuxuryPrecision_setup_WHQL_20210510.exe」以外のドライバを入手できないため、
 ASIOを諦めて、追加ドライバをインストールしないぐらいしか策がありません。

比較製品
iBasso Audio > iBasso Audio DC04 [シルバー]

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FiiO > FIO-BTR3K

木野 大地さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:1人
満足度5
デザイン5
音質4
操作性4
機能性5

この値段でとてもコンパクトで音質も良くて操作も直観的にできて機能もたくさんある
つまり最高ということ
さすがに上位機種には勝てない
ソニーのウォークマンを買うならこっちでスマホで聞いたほうがコスパは良い
nw-a50 nw-a100シリーズを考えている人はこれも要チェック

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > SONY > PHA-3

hossieさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:89人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
3件
7件
イヤホン・ヘッドホン
1件
7件
ホームシアター スピーカー
0件
7件
もっと見る
満足度4
デザイン5
音質4
操作性4
機能性5
   

熱伝導シールにて、アルミ製ヒートシンクを取り付けました。

   

【デザイン】

  黒一色のマットな質感で、カッコ良いの一言です。

【音質】

  タイトルにありますように現在は「ヘッドフォンアンプ」としては使用していませんが、購入当初は当然その用途にて使用していました。ヤフオクでケーブル自作をしている方より入手した専用ケーブルを勿論バランス接続で、カナルワークスやONKYOのカスタムイヤホンで音楽を楽しんでいました。
 その際の音質評価としては、アナログアンプらしいウォーム系のサウンドで、且つ解像度も一定のレベル以上のものを感じておりました。
 この機器によって初めてイヤホンでバランス駆動を体験したのですが、最初は正直こんなものなのかな・・という印象でした。何しろ期待が非常に大きかったものですから・・(笑)。ただこの音に慣れてしまうと、アンバランスにはもう戻れないかな〜と感じた次第です。音の「空間感」といったものが差異として現れ、音の力感(特に低音部)も一枚レベルが上だと思います。左右チャンネルの駆動力が高いからだと思います。ある程度の時間数を利用して上記のような感想を持ちましたので、やはりエージング効果も確実にあったのだと思います。
 因みにプレーヤーはウォークマンをデジタル接続にて使用しています。ハイレゾ音源も聴いています。

【機能性】

 今やあまり見かける事も無くなってしまった「LR2股ケーブル」でしかイヤホンの「バランス接続」が出来ないのが今や致命的ですね。変換ケーブルやアダプターも存在してるとは思いますが、ヘッドホンアンプとしてはここが最大の難点かと思います。
 そこで今現在は、車のオーディオ用に使用しています。この機器には「ライン出力端子」が装備されているので、それをカーオーディオの「AUX入力端子」へと繋いで聴いてます。ライン出力のヴォリュームは「可変」ではなく「固定」なので、このアンプのヴォリューム回路は通っていません。なので音の鮮度も良く、AUX入力側の感度に対して相当レベルも高く取れて、SN比も良いです。まあライン出力はさすがに「バランス駆動」ではなく「アンバランス」ではありますが・・。
 この使い方で、高性能のUSB DACとして活用しています。車のスピーカーから聴ける音は、とても澄み切っていて、特にハイレゾ音源では音の粒子の細かさを充分に感じることが出来て素晴らしいです。

【弱点】

 ほぼ全てのレビュワーさん達もご指摘の通り、この使用法でもやはり「発熱」は相当なものとなります。アンプ部がほぼ「A級動作」しているからだとは思いますが・・。
なので僕は少しでもこれを解消すべく、掲載写真の通りアルミ製のヒートシンクを、熱伝導テープにて貼り付けています。発熱してくると、このヒートシンクもそれなりに熱を持ってくるので、少しは冷却効果があるのかなと思っています。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FiiO > FIO-Q3-2021

k_2403さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン1
音質1
操作性1
機能性1

lightningのOTGケーブルの耐久性に問題あり。
購入して1か月も経たぬうちに、AirPlayでデバイスが認識せず、保証内でケーブルを無償交換してもらいましたが、そのケーブルも同じくすぐに繋がらなくなりました。
メーカーもその点を認識して、耐久性をアップさせたケーブルに替えて2021として発売していますが、根本的に改善に至ってないのが残念。
iPhoneユーザーであれば、他メーカーのdacを選択することをお勧めします。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > Shanling > SHANLING UA2

東紀州さん

  • レビュー投稿数:83件
  • 累計支持数:142人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
20件
ヘッドホンアンプ・DAC
4件
13件
レンズ
6件
7件
もっと見る
満足度4
デザイン5
音質4
操作性4
機能性4

非常にコンパクトでいい音してます。
見た目の小ささからは信じられないほどの高音質だと思います。
3.5mmも2.5mmもそれぞれ特徴がありますが気に入ってます。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FiiO > KA3 FIO-KA3

ファイブスター555さん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:186人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
28件
スマートフォン
1件
16件
液晶テレビ・有機ELテレビ
2件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性無評価

【デザイン】
メタル外装で質感も高くいいと思います
【音質】
e3000、jh3で使用していますがいいと思います
【操作性】
iPhoneに繋げるだけですので
【機能性】
iPhoneですのでソフト等使用できませんが本体のインジケータで再生音質がわかります。
【総評】
初ポタアンです。簡単接続で本体も小さいので携帯性性はいいです。ポケットにiPhone入れてKA3はポケットから出して使用。iPhone12proで使用していますがバッテリー内蔵していないので本体のバッテリーの減りが早いですね。つないでいるだけで発熱しますので聴かないときははづした方がいいです。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FiiO > KA3 FIO-KA3

めけ、さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:66人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
4件
ノートパソコン
1件
3件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
1件
もっと見る
満足度1
デザイン5
音質1
操作性1
機能性1
   

   

【機能】
スマホに繋いでも何故か認識しないことがある
他のスマホで認識させたあとだと認識する


【音質】
BA多ドラタイプの高能率イヤホンだと常に甲高いホワイトノイズがピキーーーーと出ていて音質評価以前の問題
イヤホンはKZ ZAXとEmpireEars ZeusRを使用
ZAXではボリュームを絞ることで聞こえなくなったがZEUSではいくら絞っても消えない
このホワイトノイズというのが所謂常にサーと鳴っているタイプではなく、音楽再生時に音にまとわりつくように変化するため気にしないわけにも行かない

現在代理店のエミライに初期不良ではないか問い合わせ中だか仕様なら手放さざるを得ない

4/23追記
とりあえず点検ということで販売店経由で代理店に送ったのですが2週間ほど音沙汰なし

4/25追記
販売店から連絡があり、エミライの回答ではホワイトノイズが確認できなかったとのこと
正直誰でも聞こえるレベルのものだと思いますが仕様ってことですかね
難聴なのかな

4/27追記
いきなり返却されましたが画像の通りです。
本品を聴く際はノイズが乗るのでスマホで通信するなとのことなので、ストリーミングは諦めてください。

参考になった3人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > Shanling > SHANLING UA2

く〜すけ872さん

  • レビュー投稿数:75件
  • 累計支持数:939人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
11件
24件
イヤホン・ヘッドホン
6件
8件
タブレットPC
5件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性4

Apple Musicがロスレス/ハイレゾに対応するのに合わせて、iPhoneで聴く為にコンパクトさと音質のバランス、コスパをよくよく吟味した上でこの製品に辿り着きました。かなり昔、Xperia Z3でハイレゾ音源を聴いてがっかりした事がトラウマになり、しばらくハイレゾには興味を持てませんでしたが、満を持してAppleが参入した事を機に再トライする気になりました。

【デザイン】
非常にコンパクトでありながら、なかなかの質感の高さで好感が持てます。物理ボタンはMODE切り替えスイッチのみで余計なものはなくミニマルなデザインです。

【音質】
ハイレゾ音源に対する自分の知識不足と偏見を恥じる結果になりました。素晴らしい音質です。圧縮音源とのデータ量の差ほど音質の違いを感じなかったXperia Z3と違い、圧倒的な音の解像度の高さに驚愕しました。圧縮音源では聴こえない音のディテールが見事に再現され、音の定位感や奥行き、厚みが格段に増しました。これならデータ量の差に納得がいきます。

【操作性】
本製品側では特に操作する事はなく、Lightning to USB-CケーブルでiPhoneと接続し、有線のイヤホンもしくはヘッドフォンと接続するだけです。iPhone側では設定を変える必要がありますが、極めて単純な操作だけで高音質な音楽を楽しめます。

【機能性】
ハイレゾのフォーマットに応じてインジケーターランプの色が変わるので、どんな解像度で自分が音楽を聴いているのか一目瞭然です。特段の操作の必要なく、その音源の最高品質の音声で楽しめます。もっともiPhone側ではモバイル通信でのストリーミングでもハイレゾ品質にするかどうか等、アプリ側での設定が必要になりますが、ちょっと調べれば迷いなく設定できると思います。
私はデータ容量制限の無いプランで契約しているので気にする必要はありませんが、データ容量に制限のあるプランで契約している方は、この設定要注意です。
ただしモバイルストリーミングでハイレゾ音源を聴いていると、みるみるバッテリー残量が減っていきます。外出先で長時間ハイレゾ音源を楽しむならモバイルバッテリーは必須かも知れません。

【総評】
圧縮音源とハイレゾ音源の音質の差をまざまざと感じさせてくれる逸品です。この違いを一万円強の出費だけで享受できるなら、安い買い物と言って差し支えないと思います。比較的フラットなチューニングなので、特にクラシック音楽やアコースティックJazzを好む方にはオススメです。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FiiO > Q1 Mark II FIO-Q1MK2

東紀州さん

  • レビュー投稿数:83件
  • 累計支持数:142人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
20件
ヘッドホンアンプ・DAC
4件
13件
レンズ
6件
7件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質5
操作性4
機能性4

iPhoneとの相性が良くて使いやすいです。
特に微妙な音量調整がしやすいのがいいです。
ただ、付属のiPhone用のOTGケーブルは繊細すぎて怖くて使えないです。

充電しながら使いたいということもあり、市販の充電端子付きのOTGアタプダを介して使っています。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > auneaudio > aune BU2

SeaCrowさん

  • レビュー投稿数:32件
  • 累計支持数:217人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
16件
3件
タブレットPC
0件
7件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質5
操作性4
機能性3

2〜3万円台の製品の中で、ちょっと通好みな、独特の存在感を示していたBU1に続く、AUNEのポータブルDACアンプです。BU1では付いていなかったバランス端子(2.5mm)、Bluetoothレシーバー機能が新たに実装されています。

音質評価に際して、イヤホンにFiiO FD5(バランス接続)、ヘッドホンにAustrian Audio Hi-X65を用いて評価しています。音源は、ハイレゾとロスレスでクラシック全般、ジャズ、ポップスなどを一通り。

【デザイン】
シンプルで堅牢感があって良い感じです。ただ、前作BU1のゴールドに比べると、随分と地味になってしまいましたね。一部のYouTube動画で、LED表示部が暗いという指摘がありましたが、当方の個体では十分な明るさが出ています。

【音質】
恣意的な強調感がなく、すっきりと見通しの良い音です。フラットで解像度に優れた、どちらかといえばクール系のサウンドでしょうか。ギャングエラーは当方の環境では感じられません。

ヘッドホンでの使用に関しては、当方は100Ωなど高インピーダンスのものを所持していないので、あまり検証できませんが、25Ω(感度110dB)のAustrian Audio Hi-X65は十分に鳴らしきれています。

【操作性】
【機能性】
中央のダイヤル兼プッシュスイッチですべてを操作します。持ち運び中の誤操作を防ぐためにガードが付けられており、これが微妙に操作性を落としています。慣れればどうということはないですが。

【付属品】
15cmほどの、両側がL字型のUSB Type-C〜USB Type-CのOTGケーブルが付属します。USB Type-CからLightningへの変換プラグも用意されているので、Android、iPhone(iPad)のいずれも、買ったらすぐに接続できます。他には、4.4mmメス〜2.5mmオスのバランス端子変換ケーブル、スマホと固定するためのゴムバンドなどが付属します。

【問題点】
中華DACでは、据置機でもよくある仕様ですが、サンプリング周波数、ビット深度などの切り替えが発生した際に、一瞬音が途切れます。ハイレゾサブスクなどで、次々とザッピング的に音楽を聴いていく場合や、レートの違う楽曲を織り交ぜたプレイリストを再生する場合などではストレスが溜まります。

また、バッファもそれなりに設けてやらないと、楽曲の冒頭部分を再生することがそもそも不可能となります。PCの場合は公式のドライバーでバッファの項目があるため問題ありませんが、モバイル用アプリでは、バッファがまったくなく、設定もできないようなものだとアウトです。下記4点のアプリではとりあえず使えることを確認しています。

・Onkyo HF Player(iOS用、Android用)
・USB Audio Player Pro(Android用、バッファを600ms以上に設定する必要あり)
・Apple Music(iPadOS用)
・Qobuz(iPadOS用)

【総評】
音に変な癖がなく、機能的にもシンプルで、リファレンスとして重宝しそうです。ただ、上述した問題点があるため、それなりにDACというものを使ったことがあって、自己解決できるユーザー向けでしょうか。

参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > iBasso Audio > iBasso Audio DC03 [SILVER]

ニツクネーム登録さん

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:0人
満足度2
デザイン3
音質3
操作性5
機能性5

【デザイン】普通

【音質】ドライ 音場がやや広がる きめ細かさみたいなのが薄れる
音の分離が悪い塊になる 音が響く時とそうでもない時とヘッドホンによる 低音が強くなる
音が硬い 金属楽器の音が悪く聴こえる むしろない状態でEQ 調整のが音が良いと思う時があります 音圧が上がった感じで鼓膜が痛くなる

【操作性】繋げるだけ

【機能性】良い

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FiiO > KA3 FIO-KA3

オラの名は孫策さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

AVアンプ
0件
7件
サウンドカード・ユニット
0件
4件
ブルーレイプレーヤー
0件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質4
操作性4
機能性4

【デザイン】かなり小さいので驚く。

【音質】音の高低と大小の揺れ幅が広がってクールに馴染む。

【操作性】付属ケーブルの時折音が途絶える癖を失くすためUSB typeA→Cアダプター残してtype C→Cケーブルを長くて太いヤツに変更した。

【機能性】屋内でのみ使用することにした。

【総評】Fiioを初めて使いライブラリに対する信頼を得る結果が出て満足。
 追記:音楽アプリのカイザートーンに於いてDSDデータ再生時には本DAC外す方が良くなる。22.4MHzデータをカイザートーンの場合扱えないとヘルプに記載されている。2.8MHz5.6MHz11.2MHzここまではサポートされる。リニアPCM768kHz32bitが基礎なのは言うまでもない。データがリニアPCMならば本DAC1択となる。
 再追記:SONY MDR 1AM2付属4.4mm5極プラグを本機に挿しカメラアダプターとモバイルバッテリーで平衡プロジェクト完成。iPad miniとUSBTYPECアダプターで更に質向上を図れる。

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(ポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン))

ご注意