Newニンテンドー3DS ソフトすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > ゲーム > Newニンテンドー3DS ソフト > すべて

Newニンテンドー3DS ソフト のユーザーレビュー

(4件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
Newニンテンドー3DS ソフト > 任天堂 > ゼノブレイド

酒缶さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1996年より某玩具会社のゲーム部門に所属し、コンシューマゲームのディレクション、企画、シナリオ・クイズ・マップ・スクリプト作成などをこなすが、ゲーム関係の仕事を幅広くしたくなり、2007年に独立。

1万本以上のゲームソフトを所有す…続きを読む

満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド5
熱中度5
継続性5
ゲームバランス4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

 

パッケージ表

パッケージ裏&中身

 

【概要】
・巨神と機神、二柱の神の骸を舞台に、神が創りし光の剣「モナド」を手にした「シュルク」が活躍するRPG。

・操作方法
 スライドパッド 移動
 十字ボタン 項目の選択
 Aボタン 話す・調べる・決定
 Bボタン ジャンプ・キャンセル・戻る
 Xボタン メニューパレットの表示
 Yボタン 物々交換
 Lボタン・Rボタン ターゲット
 Cスティック カメラ操作
 ZLボタン+Aボタン カメラ操作(寄る)
 ZLボタン+Bボタン カメラ操作(引く)
 ZLボタン+Yボタン カメラ操作(リセット)
 ZRボタン エリアマップの表示
 ※バトル時には仲間への指示など細かい操作あり

・セーブデータは3つまで保存可能。メインメニューから選べる項目は5種類。
「New Game」最初からゲームを始める
「Continue」セーブデータからの再開
「Game Setting」各種設定の変更
「Collection」すれ違い通信やamiiboでくじ引きをしてキャラモデルやサウンドを入手
「Manual」マニュアルの表示


【評価】
・最初から強敵が登場するようなフィールドで、自分に適した敵と戦いながら冒険をしていく、オープンワールド的な要素が強めのRPG。敵はターゲッティングするとレベルが表示されるため、気づかれないように移動する必要があるが、うっかり別の敵とのバトルの際に絡んでしまうと、レベルの高い敵がバトルに参入することもあれば、ひたすら走って逃げまわるようなこともでき、バトルはかなり自由度が高い。

・フィールドマップは、一度行った場所がマップ画面でオープンされていくつくりで、名所関係にはファストトリップできるため、行動範囲を広げていく楽しさがある。また、マップを表示した際には次に進むべき場所やこなすべきミッションの場所が表示されるため、ストーリーが進めやすく、ストーリー部分を意識しながらやり込みプレイができるようなつくりになっているのがよい。

・バトルでは、プレイヤーキャラクターを自由に移動させることができるが、敵との間合いによって自動で攻撃が決まるようになっている。さらに、各種必殺技「アーツ」はゲージが貯まると常時使えるようになるため、適度なタイミングで「アーツ」を使うことでさらに有利に戦えるようになっている。概念的には、通常のコマンドRPGで「たたかう」を連打しているような状況が常に続いている感じのため、雑魚戦では移動だけで戦い、強い敵の時だけ「アーツ」を多用するような省エネ戦法も使える。

・主人公「シュルク」の持つ武器「モナド」の影響で、未来を見る「ビジョン」という能力が、ストーリーだけでなくアイテム収集やバトルの際にも有効に働いている。バトル中に誰かが大ダメージを受けそうになると「ビジョン」が表示され、そのあとでキャラクターの行動を変更することでピンチを逃れられるのは大変ありがたい。バトル中にあまり頻繁に「ビジョン」が発生する時は、自分のスキルとキャラクターのレベルが追い付いていない可能性があるため、もっと弱い敵が出てくるマップで経験値稼ぎをするなど、指針を立ててプレイができる。


・元がWiiのゲームなので、New3DSでかなりドラマを感じる演出を楽しむことができるのがよい。但し、キャラクターのアップはポリゴンの粗さが目立ってしまうため、バストアップくらいのカメラが限度のように感じる。

・Newニンテンドー3DS専用タイトルゆえにスペック的にかなり無理があるのか、ムービーシーンが再生と共に止まったり、そのままゲームに復帰しなくなったりするような不具合にかなり遭遇してしまった。セーブは細かくしておくことが重要。

・レベルが上がると使える「アーツ」が増え、その結果、バトルの際、画面に「アーツ」が埋まり、バトルの状況がいまいち確認しづらくなり、ただでさえも混戦時の状況が把握しにくいゲームゆえに、携帯ゲーム機の小さい画面ではちょっと無理なのではないかと感じてしまった。


【まとめ】
・面白いゲームなのは十分わかるけど、Newニンテンドー3DSではスペック不足な点も否めず、素直に『ゼノブレイド』をプレイしたいのであれば、Wii版をプレイした方がいいという結論を付けざるを得ないように感じました。それでもNewニンテンドー3DSで楽しみたい人は、ひとまず細かくセーブすることを忘れないようにしましょう。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Newニンテンドー3DS ソフト > コーエーテクモゲームス > ファイアーエムブレム無双 [通常版] [New3DS]

酒缶さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1996年より某玩具会社のゲーム部門に所属し、コンシューマゲームのディレクション、企画、シナリオ・クイズ・マップ・スクリプト作成などをこなすが、ゲーム関係の仕事を幅広くしたくなり、2007年に独立。

1万本以上のゲームソフトを所有す…続きを読む

満足度4
操作性4
グラフィック5
サウンド5
熱中度3
継続性4
ゲームバランス4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

 

パッケージ表

パッケージ裏&中身

 

【概要】
・『ファイアーエムブレム』シリーズの世界観やキャラクターと無双シリーズのシステムが融合した、タクティカルアクションゲーム。

・操作方法(戦闘中)
 スライドパッド 移動・ダッシュ
 Cスティック カメラ操作
 Aボタン 無双奥義
 Bボタン 回避
 Xボタン 強攻撃
 Yボタン 弱攻撃
 ZLボタン ロックオン
 Lボタン ガード
 ZRボタン 覚醒
 Rボタン+Aボタン 薬/杖使用
 Rボタン+Bボタン ダブル/ダブル解除
 Rボタン+Xボタン (ダブル中)前衛/後衛交代
 Rボタン+Yボタン (ダブル中)デュアルアタック
 十字ボタン上下 操作キャラ変更
 十字ボタン右 ミニマップ拡大縮小
 十字ボタン左 指南の表示
 ※操作キャラの変更やミニマップの拡大縮小はタッチスクリーンでも可能

・セーブデータは3つまで保存可能。メインメニューから選べる項目は5種類。
「続きから始める」セーブデータからの再開
「最初から始める」ゲームを最初からプレイ
「データコピー」セーブデータのコピー
「データ消去」セーブデータの消去
「追加コンテンツ」ニンテンドーeショップに接続してDLCの購入

・プレイするデータを選んだあとのメニューで選べる項目は5種類。
「ストーリーモード」双子の主人公のストーリーのプレイ
「ヒストリーモード」過去の物語を追体験
「身支度」ユニットの持ち物の整理
「ショップ」武器やユニットの強化
「エクストラ」ゲームに登場したサウンドやムービーなどの鑑賞


【評価】
・比較的新しめのシリーズタイトルのキャラクターが多めの印象。主人公が今作オリジナルキャラで、シリーズキャラがオリジナルキャラのわきを固めていくような内容のため、どの作品がどうということはないが、『ファイアーエムブレムif』のキャラクターや設定が比較的優遇されているような印象。『ファイアーエムブレムif 白夜王国/暗夜王国』『ファイアーエムブレム覚醒』『ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣』あたりをプレイしていると、とりあえずキャラクター面で置いてきぼりを喰らうことはなさそう。

・バトル中は、主要な敵キャラをロックオンして、回避しながら弱攻撃と強攻撃を繰り返すことができれば、それなりの戦いをできるようになっている。拠点を取って占領地を増やしていくようなつくりは、無双シリーズに慣れていれば、特に問題なくプレイできる。

・ゲーム開始時に難易度を「イージー」「ノーマル」「ハード」、ゲームスタイルを失った仲間が次の章で復活する「カジュアル」と失った仲間が戻らない「クラシック」から選ぶことができ、最近の「ファイアーエムブレム」シリーズと同様の設定でプレイができる。「ファイアーエムブレム」シリーズとはジャンルが違うゲームだが、「クラシック」を選べば昔ながらの「ファイアーエムブレム」シリーズのひりひりとした戦いを体験できる。

・バトルで操作できるキャラクターは4人までだが、バトル中に周辺に仲間がいるときにRボタン+Xボタンを押すと、一緒に行動する「ダブル」の状態になるため、より自分思いの戦いができる。また、「ダブル」状態にすればそのキャラクター同士の絆をより強めることができるので、プレイヤー好みの組み合わせによる絆会話を楽しむことができる。(一応、「ダブル」状態にしなくても、それぞれのキャラクターは意思を持って戦っているので、バトルに置けるメリットは軽微だと思う。)

・無双系のゲームでは、馬は乗り降りできる対象だが、今作ではペガサスナイトなど馬に乗っているキャラクターは、常にその状態を保つため、騎乗の操作を気にしなくていいのは、操作が簡単化されていてよい。また、飛行キャラクターを操作していると、結構すいすいと移動ができて気持ち良い。

・ゼルダ無双の時と違い、ゲームの進行に合わせてボイスが聴こえる、従来の無双方式のボイスの扱いになっているのは好感が持てる。

・ゲーム中に入手したアイテムを使って、各キャラクターの能力を上げるような要素は、ゼルダ無双と同様のシステムになっているため、プレイを続ければ、各キャラクターを無駄なく成長させることができる。稼いだお金を使えば、メンバー内で最大のレベルのキャラクターに合わせて他のキャラクターをレベルアップさせることもでき、ステージ内で全滅した際には複数のやり直し方法が提示された際には、どの方法でやり直してもそのステージ内で稼いだ経験値をゲットした上でプレイを継続できるため、基本的にプレイが無駄にならない作りになっている。


・キャラクターごとに行き先を指示することができるが、指示内容を終えた後にその周辺に定着してくれず、扱いにくく感じた。

・New3DS専用タイトルのため、ZLボタンとZRボタンに操作が割り当てられているが、正直、この2つのボタンは操作がしづらいので、重要な操作に割り当てないで欲しかった。特にロックオンは多用するため、左手の人差し指の位置がいまいち落ち着かない。

・New3DSの画面だと、マップが見にくくて、マップを見ているのに迷子になってしまう。全体マップだとつながりがわかりにくく、せっかくアップにして進行しているのにイベントが入って全体マップになってしまって役に立たない、というようなことを何度も経験した。

・「ストーリーモード」はまさにストーリーに沿ってゲームが進行するため、目的を持ってプレイしやすいが、「ヒストリーモード」はプレイしていて特に「ヒストリー」を感じることができず、単にマップとキャラクターを適当に組み合わせたステージを体験していくだけのように感じてしまった。


【まとめ】
・最近の「ファイアーエムブレム」シリーズのキャラクターが好きな人にとっては、いろんな組み合わせを考えながらプレイできるいいゲームのように感じました。逆に、シミュレーションRPGとしての「ファイアーエムブレム」シリーズが好きな人にとっては、特にフックになりそうな要素はないように思ってしまいました。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Newニンテンドー3DS ソフト > 任天堂 > ゼノブレイド

かややんさん

  • レビュー投稿数:37件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール生年月日がマツコ・デラックスさんとまったく同じの神奈川県生まれ。

両親の経営する店に置いてあったテーブル台の『インベーダー』が、たぶんゲームとの初めての出会い。
カセットビジョン→ファミコンで遊んでいた小学生時代、MSX→PC-8…続きを読む

満足度5
操作性4
グラフィック5
サウンド5
熱中度5
継続性5
ゲームバランス4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

Wii版のころにがっつり遊び倒しました。セーブデータのプレイ時間は、ストーリー中盤ですでにMAXの99時間59分を越えてしまったので、正確なプレイ時間はわかりませんけど…200時間以上は楽に遊んでおります。

『ゼノブレイド』を知らない人からは「うげー、そんな長いゲームなの!?」と言われることもありますけど、少し違うんです。夢中になって遊んでたら、いつの間にか100時間越えてたんです。メインストーリーを進めるほか、膨大な数用意されているサブクエストを探したり、クリアするのがすごく楽しくて。

そんな好きな作品なので、New3DS版ももちろん即買いです。画面はWii版とまったく遜色ないですね。ドットがくっきり写せる携帯機ですから、WiiをS端子などでつないでいた人からするとNew3DS版のほうがキレイに見えるかも。Cスティックを使った視点変更も良好です。遊んでいると「あの森にある敵、そろそろ倒せるかなぁ」とか、いろいろ気になってくるゲームですんで、場所を選ばずどこでも遊べるのはとてもいいと思います。


さてRPGでキモになるのがストーリーと戦闘システムですが、『ゼノブレイド』はどうでしょう。
ストーリーは、主人公のシュルクと仲間たちが織りなす展開がすばらしいです。とてつもなく巨大な巨神と機神が同士打ちになって、立ったまま動きを止めた、その体の上に人々の住む世界がある、という世界観もすげぇ。シュルクたちと敵対する機神族や、人の言葉を話す機神「カオツキ」の謎、そしてシュルクの使う唯一無二の武器「モナド」に秘められた謎などなど、見どころたくさん。

戦闘システムのほうは、最初『ファイナルファンタジーXI』に似てるなぁ、と思ったもんです。フィールドにいる敵をロックオンして抜刀、通常攻撃はオートで発動、特殊技を都度選んで発動。ただ技でMPを消費するのではなくて何度も使えます(一定時間経つと再び使えるようになる)。パーティー内での連携もあって、敵の体制を崩す技、崩した敵を転ばせる技を順番に出せば敵が転倒して一定時間動きを止められるとか…。いろいろな戦い方が楽しめるのが好き。プレイヤーは主人公のシュルクの他、操作する1人はパーティーから自由に選べます。キャラによって戦い方も大きく変わるので、かなり奥が深いですよ。


あと、やはり広大な世界を走り回るのが快感です。今ドキの「オープンワールド」と言えばわかりやすいと思いますけど。小高い丘に立って、はるか向こうに見える街まで、地続きになっていて走って行ける感じの広さ。それから、レベル20くらいのときに草原を走っていると、あちこちにレベル60とか、強い敵がうろちょろしていて…。当然見つからないように避けて進むんですけど、「いつかあの敵も倒せるようになるのかなぁ」などと考えるのが楽しい。「強くなって帰ってくるぞ!」ってな感じ。この広大な世界は、各地のランドマークへ瞬時に移動できる「スキップトラベル」機能のおかげで面倒さもほぼないです。快適。

そのほか、何度ループして聞いても飽きない音楽などなど、好きな部分はたくさんあるのですがとりあえずこのへんで。
Wii U『ゼノブレイドクロス』が発売された現在となっては1世代前になってしまいましたが、新しいRPGのカタチとしてとても完成度の高い作品だと思います。古くから続く定番シリーズとはまた違う和製RPGの新世代を感じました。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Newニンテンドー3DS ソフト > 任天堂 > ゼノブレイド

みかめ ゆきよみさん

  • レビュー投稿数:17件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール2006年にフリーランスのwebデザイナーとして独立、2008年頃からフリーライターに転身。
好きが高じてゲームライターとして活動を始め、ゲーム情報サイトにてレビュー記事やインタビューを提供中。
主に3DSやWii Uのゲームを女子目…続きを読む

満足度5
操作性4
グラフィック4
サウンド5
熱中度5
継続性5
ゲームバランス5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

パッケージ前面

パッケージ背面

説明書は電子版で

【操作性】
New3DS専用ということで視点の操作はCスティックにて行います。
グリグリと見回すことができるので移動しながら自由な角度を取ることが可能です。
カメラをキャラクター後ろに戻す際にはZL+Y。慣れていないとやや難しいかもしれません。
あとの操作は問題なく、Wii版をプレイした人ならサクサクと進められるでしょう。

【グラフィック】
画面が小さいのでWii版より没入感が足りないかなという印象ですが、立体視がそのフォローをしています。
立体視にした場合キャラクターと背景の空間に立体的な奥行きができるような雰囲気に。3DS用に作られたものに比べるとやや劣りますが、逆にここまでできれいれば充分かなとも思います。

【熱中度】
今時珍しく作り込んだゲームという印象です。しばらくはこれ1本で楽しめそう。
ストーリーを追いかけるだけでも十分なボリュームですが、クエストをこなしたり、素材を集めたり、住民との絆を深めたりと、やることは盛りだくさん。追加課金コンテンツなしでここまで盛り込んでいるゲームも昨今珍しいです。
移植版とはいえ、お値段以上の熱中度が期待できます。

【継続性】
バトルやクエストがゲームを進めるモチベーション維持に一役買ってます。
RPGを最後までプレイできるか否かは通常戦闘の面白さにあると思いますが、本作は単調になりがちなレベル上げが作業にならず継続性はかなり高いです。
未来視による戦闘不能の回避は成功すると爽快感抜群。Bボタンの励ましなど、バトルを飽きさせない工夫が随所にあります。
また、バトルの掛け合いが面白く、かなりのセリフが盛り込まれています。戦闘の数だけキャラクターの掛け合いがありマンネリ化しません。

クエストも強制ではないのでやりたいもの、時間のかからないものからサクサクと進められます。ノルマを達成したあとにいちいち報告しにいく手間もなくストレスフリー。街の人たちにもキャラクターがあり、ただのモブではないので感情移入もしやすいです。

【ゲームバランス】
ランダムエンカウントではなないので無駄な戦闘を避けることができます。敵にターゲットを合わせるとレベルが確認できるので、戦う相手を選ぶことが可能です。フィールドには圧倒的にレベルの高い敵もいますが、避けていけばOK。逆にあえて挑む事もできます。
足音などを感知して襲ってくる敵以外はこちらから戦うか否かの選択ができるので、無理なくプレイする事ができるでしょう。
キャラクター固有技を使ってうまくバトルを組み立てればちょっとレベルの高い敵にも挑んで勝利することも可能です。

フィールド移動はマップからランドマークを選択してワープできるので、いつでもどこでも自由に動く事ができます。街とフィールドは繋がっていてシームレス。ストレスのないプレイ、この自由度がゼノブレイドの醍醐味といってもいいでしょう。

【総評】
Wii版で「いつまでもプレイしたくなるゲーム」と称された本作。New3DS版もWii版に遜色なく、いつでもどこでもこの世界に没入できます。値段も安く、New3DSを持っているなら買わなければ損です。
『スマブラ』で『ゼノブレイド』を知った人にもぜひプレイしていただきたい一本です。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビューランキング

(Newニンテンドー3DS ソフト)

ご注意