カーバッテリーすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > 自動車 > カーバッテリー > すべて

カーバッテリー のユーザーレビュー

(2件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
カーバッテリー > ボッシュ > シルバー X SLX-5K

外川 信太郎さん

  • レビュー投稿数:230件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール神奈川県藤沢市生まれ、現在茅ヶ崎市在住の湘南中年。少年期に5年間イギリス・ロンドンに在住していた事から、欧州車に興味を抱いたきっかけになった。慶応義塾大学卒業後、輸入車専門誌にてライターを始める。その後、育った英国に渡りレース活動などを経…続きを読む

満足度5
耐寒性5
バッテリー容量5
メンテナンス5
設置のしやすさ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

信頼性を重視し、欧州車専用シルバー X SLX-5Kをセレクトした。

さすが世界の「BOSCH」だけあり、置いてある姿も絵になる。

メンテナンスフリータイプなので、補水用のホールもなく、インジケーターがあるのみ。

役目を終えたバッテリーを取り外す。重いので取り扱い注意。

欧州車用だけあり、寸分の隙間もなくピッタリ収まった。

追加メーターである電圧計の指針も良好な数字を表示した。

路上でのトラブルで最も多いのが、相変わらずバッテリー上がり。特に冬場は、エンジンオイルの粘度が高くなることで、始動時の抵抗が増加し、エンジン始動には温かい季節に比べ多くの電力を必要とします。
さらに、バッテリーには、+極に二酸化鉛、−極に鉛を使い、電解液として、中には希硫酸が満たされております。これらが、化学反応を起こすことで、蓄電と放電を繰り返しますが、低温時には、化学反応が起こりにくくなります。

今回は、筆者自身が所有する「ルノートゥインゴ」(06-03G型)のバッテリーが著しい劣化を迎えたので、信頼性の高いボッシュ「シルバー X SLX-5K」に交換しました。
実は、半年ほど前に、無メーカーのバッテリーを格安で購入しましたが、冬場を迎え、突然エンジンの始動性が悪くなり、夜間、ウインカーを切ると、メーター照明が暗くなるといった前兆が現れたので、出先でエンコする前に交換を敢行。無論、車両側の点検をしましたが、異常は認められず、やはり、安物買いの銭失いという言葉が当てはまりました。

【耐寒性】

装着して約1ヶ月。連日、「過去最大級の寒波が到来」というニュースが流れる中、氷点下15度の山中湖にて、一晩停車し、始動テストを敢行しました。ここまで冷え込むと、新品のバッテリーでも、始動が厳しいといえます。ちなみにエンジンオイルは10W-30を使用。翌朝、極寒の車内に潜り込み、キーを捻ると、拍子抜けするほどあっけなくセルモーターが「キュルルン」という心地よい音を立て、一発でエンジンを始動。耐寒性は、氷点下15度でも容易であったことから、極めて高いといえます。

【バッテリー容量】

1200ccのエンジンを積む装着車両ですが、元々、国産同クラスに比べ大容量のバッテリーを装備しています。
ボッシュ「シルバー X SLX-5K」ですが、容量は十分以上。大出力カーオーディオ、サブウーファー、カーナビゲーション、大画面レーダー探知機と、数多くの電装品を装備していますが、容量は余裕であり、安心を乗せているという安心感があります。

【メンテナンス】

完全な密閉型であるため、バッテリー液の比重測定、補水の必要はありません。また、バッテリー上面には、補水のためのキャップもありませんので、何もしないでもOKです。また、優れた充電受入性のため、買い物にしかクルマを使わない街乗り派でも、バッテリー性能を素早く回復させる機能を有しておりますので、チョイ乗りやサンデードライバーでも安心です。

【設置のしやすさ】

車種によって様々な設置場所の欧州車でも、規格にキッチリと合うように設計されているため、安物のようなぐらつきは皆無。キッチリと設置できます。またシルバーボディはエンジンルーム内でも、さりげなく、ブランド品であることを主張してくれます。

【総評】

ボッシュのバッテリーは音が良くなるとカーオーディオファンからよく言われていますが、今回、「シルバー X SLX-5K」を装着して実感できました。筆者は、USB専用のカーオーディオを使用していますが、低音域に厚みが増し、音にキレが生まれました。優れた放電能力と大容量が、オーディオに安定した電流を供給した結果といえます。

ウェブサイトなどで、無メーカーの格安バッテリーが多々販売されていますが、結局一年持ちませんでした。安物買いの銭失いにならないためにも、バッテリーは信頼したものを選択すべし!と身をもって体験しました。ボッシュ「シルバー X SLX-5K」は、数あるバッテリーでも、お勧めです。

バッテリーは、たかが箱ですが、これがないとクルマは動きませんから・・・。少々値が張っても、信頼のおけるものを選びたいものです。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

カーバッテリー > ジーエス・ユアサ > EUシリーズ EU-562-048

外川 信太郎さん

  • レビュー投稿数:230件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール神奈川県藤沢市生まれ、現在茅ヶ崎市在住の湘南中年。少年期に5年間イギリス・ロンドンに在住していた事から、欧州車に興味を抱いたきっかけになった。慶応義塾大学卒業後、輸入車専門誌にてライターを始める。その後、育った英国に渡りレース活動などを経…続きを読む

満足度5
耐寒性無評価
バッテリー容量5
メンテナンス3
設置のしやすさ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

突然エンジン始動ができなくなった愛車。ジジジーッという蝉のような音が虚しい。

EU-562-048が合致したので、急遽購入。Dセグメント欧州車には多く採用されている。

メンテナンスフリーではないため、バッテリー液の補充用ホールが並ぶ。

交換は5分で終了。欧州車の場合、下部の金具で固定している。

充電状態を表示するインジケーターを装備している。

交換後メーターの夜間照明も明るさが格段に向上した。

昨日、日頃取材の共に使用している10年落ちの某ドイツ車に乗り込み、キーを捻ると「ジジジーッ」と通常のエンジン始動とは明らかに違う音が…。皆様も経験したことがあるかもしれませんが、紛れもなく「バッテリー上がり」というヤツです。

バッテリー上がりの発生する季節は、「真冬」と「真夏」が多く、特にエアコンを常用する「真夏」は、バッテリーに対する負荷が急に高まります。外気温20℃がバッテリーの性能を100%発揮できるといわれています。

筆者がバッテリー上がりを起こしたのは、35度超えた猛暑日。取材車のエアコン稼動時の最大消費電力は、17.3Aですから、(もちろんクルマの電装品では最大です。次に消費電力が高いのは、リアガラスの曇りを除去するリアデフォッガーで約13Aあります。)風量全開で渋滞にはまっていたことを考えると、当然の結果であると納得。しかし、カー用品店に問い合わせますと、取材車のバッテリーは海外製のみで、3万円前後。それはキビシー。そこで、日本メーカーに目を向けると最大手の「ジーエス・ユアサ」より適合品が存在することが判明。コストパフォーマンスにも優れ、即買いでした。


【メンテナンス】

取材車に適合する海外製の場合は、MF(メンテナンスフリー)と呼ばれる補充液が不要なタイプでメンテナンスといえばターミナル端子を磨いて、接点復活剤をスプレーする程度ですが、購入した「ジーエス・ユアサEU-562-048」は、補充液である蒸留水のみを補充することになります。そのため、フロントカバーには、コインなどで開口部を開くねじ状のホールが6個設けられています。
メンテナンスは容易ですが、UPPERレベルを上回り注入すると、電解液が液口から漏れ出し付着部分を腐食させてしまう恐れがありますので、その点は気をつけましょう。

【設置のしやすさ】

国産同クラスの車両に比べ、容量が大きいため、かなりの重量があります。くれぐれも「所詮バッテリーだろ?」なんて思って軽い気持ちで持ち上げると、腰を痛めるほどです。気合を入れて交換しましょう。
「ジーエス・ユアサEU-562-048」は国内メーカーとはいえ、精度は高くキッチリ収まりました。設置そのものは、工具一本あれば誰にでも交換可能です。先ほど記した重さを甘く見ないほうが先決でしょう。

【総評】

「輸入車のバッテリーは高い。」という概念を覆してくれる「ジーエス・ユアサEUシリーズ」。価格的には3分の一の予算で設置も可能です。バッテリー交換の歳に頭を抱えていた輸入車オーナーにもオススメです。

そういえば、信号で停止している際に、ヘッドライトがやや暗くなったり、ウインカーを切るとメーターの照明が連動するように暗くなったりと、予兆はありました。
現在では、心地良いセルの音。そして、一発始動。また、写真にもありますが、メーターの照度が大幅に向上しました。

まだ大丈夫だろ?ではなく、筆者のようにバッテリー上がりが発生する前に予兆を感じ取り早めの交換を心がけたいですね。


参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(カーバッテリー)

ご注意