ドライブレコーダーすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > 自動車 > ドライブレコーダー > すべて

ドライブレコーダー のユーザーレビュー

(62件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
ドライブレコーダー > セルスター > CSD-790FHG

HISASHI-880さん

  • レビュー投稿数:583件
  • 累計支持数:7253人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

映画(DVD・ブルーレイ)
98件
0件
自動車(本体)
23件
13件
外付け ハードディスク
23件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
操作性4
画質5
設定4
拡張性4
録画性能5

再生する

製品紹介・使用例
夜間走行中の動画です。 オリジナルの175MBは、アップロード不可のため圧縮して画質悪いです。

助手席側に設置。その他の純正機器によりここしか設置できませんでした。

リアルタイムなら後方カメラもモニターできますが、任意に再生不可なので無意味です。

後方カメラは、小型のためバックミラーの視界の邪魔にならないのは、評価できます。

動画を追加して再レビューしました。
なお、動画は容量の関係で技術のない私によるエンコードのため実際の動画より画質が劣ります。
以下は、最初のレビューと同じです。

セルスターのドライブレコーダーは、3機種目で4台目になります。

前2機種でもレビューを書いています。
CSD-560FHを2015年にゴルフ7用に購入したのを皮切りに2016年にN-WGNカスタムに同一機種を購入しました。
CSD-670FHを2018年にN-BOXカスタム用に購入しました。

2019年2月に本機をC220d用にディーラーで購入して納車前に設置してもらいました。
セルスターのドライブレコーダーを気に入っており初めての前後セパレートのデュアルカメラ搭載機となります。

セルスター愛用者ですが、このCSD-790FHGに関しては、満足度は4点とさせていただきます。
下記の項目別の評価と重複する点もありますが、画質や前方カメラ的には、これまで使用してきた機種と同じく5点であります。
初めての前後セパレート型デュアルカメラ搭載機と言うことで期待度が大き過ぎました。
あるキッカケで後方カメラがイザという時の使い勝手が悪すぎることを実感しました。

あるキッカケとは、毎朝通勤で立ち寄るコンビニで頭から駐車している時に右折でコンビニに入ろうとした車と直進の軽四との正面衝突事故に居合わせました。
大破した軽四の運転者を店員や他の客と救助した後、救急車や警察が来るまでにパーキングモードの後方カメラ動画を確認しようとしました。
前2機種を含めこれまで本体で再生する機会もありませんでした。
前方カメラ分は、再生できましたが後方カメラ分の映像は、再生できませんでした。
その夜、マニュアルでも本体で後方カメラ動画が再生できないことを確認し、セルスターのWEBで再生ソフトをダウンロードしてインストールして再生しました。
該当の動画には、ちょうど真後ろで正面衝突した動画が映っていました。
自分が事故の当事者でもないですし、自分や周りで救助した人達や双方の当事者も綺麗に映っているためここで動画をアップするつもりはありません。(編集技術もありません。)
このことにより万が一自分が当事者になったりした時にその場で専用ソフトがインストールされているPCがない限り確認できないことに気付かされました。

以下は、上記やこれまで使用してきた機種の使用実績を踏まえて項目別に評価を書かせていただきます。

【デザイン】・・・5点
デザイン自体は、これまでの2機種に通じるデザインや再生(タッチパネル操作)モニターが大きいことで評価できます。
後方カメラは、バックミラーの視界の邪魔になりません。

【操作性】・・・4点
これまでの機種とメニュー画面が変わって最初戸惑いましたが、これまで同様直感的に初期設定も出来たため問題なしです。
上記記載の後方カメラの録画内容を本体モニターで確認できないことが、評価ダウンとなります。
上記の出来事が本機を含め3機種のセルスタードライブレコーダーのレビューを書くきっかけになりました。


【画質】・・・5点
世間での評判は、悪いですが自分では昼も夜間も充分だと思います。
昔のビデオテープのビデオカメラの画質から比べたら充分な絵だと思います。
上記の事故動画は、画質が劣るパーキングモードの常時録画でしたが、毎朝立ち寄り顔見知りとなったコンビニの店員さんや他の方の顔も認識できる画像でした。
その場で再生できたら、警察にも瞬間映像として提出していたかもしれません。
前の2機種と比べ本機の画質は、自分のPCで確認する限り進化していると思います。
逆光や夜間画質も前機種CSD-670FHより向上していると感じます。


【設定】・・・4点
モデルを重ねる度に設定項目が増えているようにも思えますが、後方カメラモデルなら本体で再生可能な設定を付けるべきです。


【拡張性】・・・4点
走行モードの画質より落ちますが常時録画可能なパーキングモードを実現する電源オプションに惹かれてセルスターを愛用しているといっても過言でありません。
本来の拡張性の評価は、安全支援やレーダー探知機との連動機能を指すのでしょうが、ドライブレコーダー自体の評価と異なる飛び道具的な機能は自分にとって不要です。


【録画性能】・・・5点
自分の場合、パーキングモードや遠出の時の長時間の録画時間を重視しています。
カタログ上はSDXC64GB対応となっています。(走行モードだと高画質設定で連続8時間程度です。)
昨年購入したCSD-670FHでは、128GBを使用しています。
タブレット用に400GBを購入して256GBが余ったためダメ元でセットしたところ使用できました。

走行モードとパーキングモードで連続4日前後は、概ね記録されています。
常時録画可能なパーキングモードで心配な点は、車載バッテリーの耐久性です。
C220d(レビュー現在購入約4ヶ月)のパーキングモードで連続12時間以上作動していたのを確認しました。<確認した自分でも信じられない結果です。>
アイドリングストップ対応の大容量車載バッテリーの性能に寄るところもあるのでしょうが、バッテリーの劣化が早まらないかちょっと心配になります。
本音は、メルセデスの純正アイドリングストップ対応バッテリーの価格が気になる今日この頃です。(笑)


【総評】・・・4点
従来から満足していた機能に不満はないですが、後方カメラ動画が本体で再生できないため4点とさせていただきます。
セルスター御社には、この程度の機能で良いと考えて世に送り出したことを疑問に感じると伴にガッカリな思いをしました。
ドライブレコーダーに求める機能を改めて再認識しました。

比較製品
セルスター > CSD-670FH

参考になった51人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライブレコーダー > パイオニア > VREC-DH200

ズイコーさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:97人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
15件
デジタル一眼カメラ
1件
11件
スキャナ
2件
8件
もっと見る
満足度4
デザイン4
操作性3
画質3
設定3
拡張性無評価
録画性能3

再生する

製品紹介・使用例
スモークフィルムこし

後部監視のため、ハッチバック車のリヤガラスへ取り付けました。
ACC電源はリヤワイパーに来ているACC電源を、エレクトロタップで分岐しました。
シガーソケットは純正ではなく、社外品を同時に購入しました。(375円也)

一番面倒だったのは、ハッチの内装の取り外しですが、フロントに取り付けて配線を隠蔽することを考えると、はるかに簡単。
5分もあれば内装は外せました。
2時に品物が届き、3時過ぎには取り付けてセッティングも完了しました。
フロントに取り付けるより手間が掛からなかった感じです。
本体が小型で、ルームミラー越しに目に入るももの、視界を邪魔するものではありません。

気になる点
●撮影セッティングの幅が少ない。
・リヤガラスにはスモークフィルムが貼ってあるので、撮影の明るさ調整できれば良かったです。
・1ファイル当たりの撮影時間を調整できれば良かったです。
●Wifi接続がしにくい。
・Android(8.0)ですが、Wifiが接続状態でもアプリの接続に癖があります。
何度かWifiの接続のOn-Offを繰り返すとアプリが接続されます。
まあ、ちょくちょく見るものでもないので問題はありませんが。

フロントにはKenwoodのDRV-610を付けています。
これに比べると、設定内容、画質、機能は劣ります。
しかし、本体が小さいことは大きな利点です。
リヤへの取り付けにはもってこいの製品です。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライブレコーダー > パイオニア > VREC-DZ500-C

スーパーアルテッツァさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:1032人
  • ファン数:208人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
29507件
タイヤ
5件
5558件
カーナビ
5件
3712件
もっと見る
満足度4
デザイン4
操作性3
画質3
設定4
拡張性4
録画性能5

再生する

再生する

作例
VREC-DZ500-C前後の映像

作例
VREC-DZ500-CとDRY-mini2WGXの夜間の映像

取り付け可能なガラスの角度は65°以下

恒例の電流値測定

フロントガラスに仮設したVREC-DZ500-C

配線設置の為、取り外したCピラーカバー

配線設置の為、取り外したセンターコンソール

リアのDRY-mini2WGXの左側に設置したVREC-DZ500-C

VREC-DZ500-C

【デザイン】
モニターがガラス面と並行になる独特のデザインですが、この事でモニターがかなり見づらいです。
このデザインはカメラを車内側に向ける事も想定しての事でしょうし、デザイン的には悪くは無いのですが、モニターの角度に関しては改善の余地ありです。
又、1枚の写真が目一杯レンズを上げた状態ですから、VREC-DZ500-Cが取り付け出来るガラスの角度は65°位までです。
つまり、ガラスの角度が65°よりも垂直に近づくとレンズが下を向く事になります。
尚、VREC-DZ500-Cの取扱説明書には、窓ガラスの取り付け推奨角度は30〜60°と記載されています。

【操作性】
モニター上での設定変更の確認は、前述のようにモニターがガラス面と並行になる独特のデザインの為、モニターが見づらく設定変更が行いにくのいです。
この事から設定変更する時や撮影した動画を本体のモニターで見るには、本体をブラケットから外した方が見やすいのです。
ただし、スマホとWi-Fi接続すれば、設定変更や駐車監視等で録画した動画の確認やmicro SDカードのフォーマットを行う事が出来ます。
尚、スマホで設定変更が出来るのは録画ファイル時間と画質だけです。
駐車監視時間や振動検知感度やモニター表示設定等の多くの設定変更は、スマホで行う事は出来ませんのでご注意下さい。

【画質】
記録解像度は「1280×720p HDR/1280×720p/1280×960p」の3通りで、Full HD (1920×1080p)という記録解像度がありませんので、画質はもう一息です。
又、録画した映像にはHDR機能が悪影響を与えて、雲や道路の白線等の白っぽいものを撮影するとノイズが入ります。
同様に録音した音声にも結構ノイズが入りますが、この映像や音声のノイズに関してはUPした動画をご覧下さい。
ただし、ナイトサイト搭載で夜間の映像は比較的綺麗ですので、こちらもUPした動画をご覧下さい。

【設定】
連続録画中と駐車監視時の振動検知感度をそれぞれ設定出来るので、駐車監視中の感度を高感度側に設定するのが一般的です。
ここで駐車監視中の感度を最高感度まで上げると、窓を拭いた程度の僅かな振動でも録画を開始してしまいす。
又、駐車監視中に振動を検知し録画すると、次回起動時にお知らせメッセージで知らせてくれます。
ただし、VREC-DZ500-Cへの電源供給を切ってから3分間、及びVREC-DZ500-Cへの電源供給する前3分間に検知した振動はお知らせメッセージの対象外です。
尚、このお知らせメッセージの対象外の間に振動を検知しても、録画自体は行われています。

【拡張性】
映像/音声出力端子があるので、ナビ等と接続してナビの画面でVREC-DZ500-Cの映像を視聴出来る点は評価出来ます。
又、前述の通りWi-Fiモジュール搭載で、スマホと接続出来る点も魅力の一つです。

【録画性能】
VREC-DZ500-Cの駐車監視には、バッテリー駆動による駐車監視とセキュリティモードによる駐車監視があります。
バッテリー駆動による駐車監視は内蔵バッテリーがフル充電なら最大90分間の監視が可能で、振動を検知した前後30秒の映像を記録します。
この機能はコンビニ等で短時間停止した際の当て逃げに有効な機能と言えそうです。
又、セキュリティモードでは振動を検知してから3秒以内に録画を開始とWebページや取扱説明書に記載されています。
しかし、録画開始までの時間を実測すると、振動を検知して約5秒後からの映像が記録されています。
セキュリティモードで録画される時間は、Webページでは60秒と記載されていますが、実際には録画フィル時間で設定した時間が録画されます。
駐車監視時の消費電流値を実測したところ、バッテリー駆動時は0.9〜1.0mA、セキュリティモードでは0.6〜0.8mAとなっていました。
尚、録画中の消費電流値はバッテリーを充電中は300mA程度、バッテリーがフル充電なら140mA程度ですが、モニターのON/OFFで電流値の変化はありません。
ただし、Wi-FiをONにすると上記の電流値から約20mA上昇します。
あとVREC-DZ500-Cの仕様には、128GBの micro SDXCカードが使えると明記されていますので、長時間の録画が安心して行えます。

【総評】
画質には拘らず、バッテリー上がりを気にする事無く長時間の駐車監視を行いたいならVREC-DZ500-Cはお勧め出来るドライブレコーダーとなりそうです。
スマホとWi-Fi接続して駐車監視等で録画した映像が確認出来る事もあり、リアウインドウに取り付けて後方を撮影するドライブレコーダーとして最適な1台と言えるでしょう。
尚、電源ケーブルには映像音声ケーブルが一緒となっている為か直径約6mmと太いので、配線を這わす時に苦労する可能性も考えられますので設置の際にはご注意下さい。

総括としてVREC-DZ500-Cの長短所は下記のようになると考えています。
<長所>
・バッテリー駆動中の駐車監視は衝撃を受ける前後30秒の映像を記録する
・バッテリー駆動が終わった後の駐車監視は消費電流値が約0.7mAと極小
・ナイトサイト搭載で夜間の映像が奇麗
・スマホとWi-Fi接続が可能で駐車監視等で録画した映像の確認が容易
<短所>
・画質がもう一息で、画像や音声にノイズが入る
・1.5インチモニターが見づらい

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライブレコーダー > コムテック > HDR852G

コタツの主さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:62人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
2件
ドライブレコーダー
1件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン3
操作性3
画質2
設定3
拡張性3
録画性能1

再生する

製品紹介・使用例

   

   

まずは昼の撮影…
WQHDにもかかわらず前走車や対向車のナンバーもハッキリ映りません
続いて夜の撮影…
HDRありにしていてもナンバーが白とびしてまったく意味がありません
何か問題が起こって追跡したとしてもドラレコにはナンバーが映らないでしょう…

画像はゆっくりと進みながら信号無視をしているBMWです
見事にナンバーは白とびしています

参考になった34

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライブレコーダー > ユピテル > SUPER NIGHT SN-SV70c

スーパーアルテッツァさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:1032人
  • ファン数:208人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
29507件
タイヤ
5件
5558件
カーナビ
5件
3712件
もっと見る
満足度3
デザイン4
操作性3
画質4
設定3
拡張性4
録画性能2

再生する

再生する

作例
瀬戸大橋とLED信号

作例
SN-SV70cとDRY-WiFiV3cの夜間の映像

電源直結コードOP-E487使用で下向きになっている電源ケーブル

変換ケーブルで電源ケーブルの向きを変更

運転席正面に設置してるSN-SV70c

モバイルバッテリーで稼働中のSN-SV70cにスマホで無線LAN接続

PC用 専用ビューアソフト「PC ViewerDRY TypeE」

SN-SV70cとDRY-WiFiV3cの画質と画角の違い

SN-SV70c

【デザイン】
本体は薄型で1枚目及び3枚目の写真のように、運転席正面上側に設置しても視界を遮る事は少ないです。
ただ、ブラケットがDRY-WiFiV3cよりも長くなって、本体が下方向に下がった点はマイナス要素です。
DRY-WiFiV3cは下記のレビューのように短いブラケットで天井にピッタリくっついていて視界に入る事が殆ど無かったからです。

http://review.kakaku.com/review/K0000872443/ReviewCD=968566/#tab

【操作性】
スマホ専用アプリ「DRY Remote TypeC」でスマホと無線LAN接続出来る点は良いですね。
これなら4枚目の写真のようにスマホと接続して設定変更や、撮影した動画を確認する事も可能です。
ただ、Gセンサー感度等「DRY Remote TypeC」では設定変更出来ない項目がある点は残念です。
これがDRY-WiFiV3c用のスマホ専用アプリ「DRY-WiFi Remote TypeB」ならGセンサー感度を含む全ての設定変更出来たのです。

【画質】
SN-SV70cの画質は6枚目のDRY-WiFiV3cとの比較写真のように、コントラストが強くて鮮やかになっています。
又、SN-SV70cで撮影した昼夜2本の動画をUPしていますが、最大の売りである夜間の映像はSUPER NIGHTで本当に綺麗です。
これについてはSN-SV70cとDRY-WiFiV3cで夜間同じ場所で撮影した動画「SN-SV70cとDRY-WiFiV3cの夜間の映像」をUPしていますのでご確認下さい。
尚、UPした2本の動画は実際にSN-SV70cが録画した映像よりも画質が低下していますのでご注意下さい。
又、6枚目の写真のように全く同じ場所から撮影しても、画角の違いにより撮影される物体の大きさが変わります。
画角174°のSN-SV70cと画角120°のDRY-WiFiV3c の比較写真のように、画角が広くなると遠近感が大きくなり、対向車等が3/4の大きさ(約75%の大きさ)に縮小されて撮影されるのです。

【設定】
Gセンサー感度のX(前後)、Y(左右)、Z(上下)3方向の設定は手間が掛かりますので、Gセンサー感度の3方向は不要のように思えます。
3方向の感度設定については5枚面の写真の専用ソフト「PC ViewerDRY TypeE」で、どの方向のGがどの程度の数値になっているか確認して設定する必要があります。
因みに硬めの足回りの私の車ではGセンサーをX:2.1、Y:1.5、Z:1.5に設定しています。

【拡張性】
無線LAN接続でスマホと接続出来る点やOPに電圧監視機能付電源直結ユニットOP-VMU01等がある点は評価出来ます。
↓の電圧監視機能付電源直結ユニットOP-VMU01を使えば、長時間の録画監視が可能になります。

https://direct.yupiteru.co.jp/item/71136.html

あとは販売価格24,840円と高価ですが↓のマルチバッテリーOP-MB4000もあり、このOP-MB4000を使えば車のバッテリー上がりの懸念を完全に払拭出来ます。

https://direct.yupiteru.co.jp/item/71120.html

尚、SN-SV70cとDRY-WiFiV3cでは本体のminiUSB端子の向きが逆になっています。
この為、DRY-WiFiV3c用の電源直結コード OP-E487を使うと1枚目の写真のように電源ケーブルが下向きになってしまうので、2枚目の写真のように変換ケーブルを使って電源ケーブルの向きを変えました。
ユピテルのドライブレコーダーのminiUSB端子の向きは機種によって様々ですので、別機種へ載せ替えする事も考慮して統一してもらいたいところです。

【録画性能】
録画ファイル構成がDRY-WiFiV3cのように3分単位や5分単位が無く、1分単位だけという点がマイナス要素です。
ドライブ等の映像を保存しておく場合、1分単位ではファイル数が確実に増えてしまうからです。
又、60Hz地域でのLED信号は30秒/コマという事で、UPした動画「瀬戸大橋とLED信号」のように信号が消えて映る事があります。
使用出来る記録媒体についてはSN-SV70cの仕様では8〜32GB対応(Class10以上)となっていますが、SN-SV70cの本体でフォーマットすれば128GBのmicroSDXCカードでも問題無く使えています。
それとSN-SV70cで録画中の消費電流値を測定しましたが、下記のようにモニターOFFの状態では消費電流値が140〜145mAと他のドライブレコーダーよりも少し低めです。

・電流値モニターON:175〜185mA
・電流値モニターOFF:140〜145mA

ただ、SN-SV70cにもケンウッド等のドライブレコーダーのような動体検知による駐車監視機能が欲しいところです。

【総評】
SN-SV70cの夜間の映像はSUPER NIGHTで流石ですが、これ以外のセールスポイントが少ないです。
録画ファイル構成が1分単位だけという点も頂けないです。
SN-SV70cは価格も高めですし、これならDRY-WiFiV3cの後継モデルでSUPER NIGHT搭載のSN-SV60cの方を購入した方が良かったかもしれませんね。

SN-SV70c用スマホ専用アプリ「DRY Remote TypeC」は、DRY-WiFiV3c用のスマホ専用アプリ「DRY-WiFi Remote TypeB」のようにGセンサー等の設定変更が出来ない点が劣ります。
又、SN-SV70c用PC用 専用ビューアソフト「PC ViewerDRY TypeE」もGセンサーで検知したXYZ方向の値が分かりにくいです。
ここもDRY-WiFiV3c用PC用 専用ビューアソフト「PC ViewerDRY TypeH」の方が使い勝手が良かったですね。
スマホ専用アプリやPC用 専用ビューアソフトがドライブレコーダーの機種によって変わると使いにくいので、miniUSB端子も含めて統一してもらいたいところです。
因みに私のパソコンにはユピテルの3種類のPC用 専用ビューアソフトがインストールされており、スマホにもユピテルの2種類の専用アプリが入っています。

それとDRY-WiFiV3cでは本体に電源コードを差し込んだままだと、電源コードの端子が邪魔をしてmicroSDカードの抜き差しに苦労しましたが、SN-SV70cではSDカードスロットが電源端子とは反対側に設置されて改良されています。

あとSN-SV70c使用の有無で、ナビの地デジやGPSの受信状況の受信状態を確認してみましたが、悪影響を与える事は無かったです。

結論としてSN-SV70cは画角が広くて夜間の奇麗な映像を撮影したい方には、お勧め出来そうなドライブレコーダーです。

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライブレコーダー > KEIYO > AN-R051

でんしろうさん

  • レビュー投稿数:181件
  • 累計支持数:910人
  • ファン数:12人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
8件
26件
SSD
4件
20件
マザーボード
4件
20件
もっと見る
満足度3
デザイン3
操作性3
画質3
設定3
拡張性無評価
録画性能3

再生する

再生する

製品紹介・使用例
マイクの具合、日中高架下、西日逆光、夜間の状態

製品紹介・使用例
確認ソフトの様子(GPSと速度はあくまで目安でした)

取り付け場所は助手席寄り

付属品はSDカードと再生ソフトと取説だけでした。(あと接続ケーブル)

説明書にあった仕様表

PCで再生したものをそのままスクリーンショット(ナンバーの確認可能)

移動中は対向車線のナンバーは読み取り不可能です

夜間は、明るすぎても暗すぎてもこんな感じになります。

何故選んだのかは判りませんが、父がこの機種を買ってきたのでレビューを。

【録画に関する仕様】
・センサー    :CMOS約200万画素
・レンズ画角   :水平110度、垂直64度、対角130度
・解像度     :フルHD(1920x1080)、HD(1280x720)
・フレームレート :24fps
・動画フォーマット:AVI(常時録画時1分単位のファイルになる)
・モニタサイズ  :2.7インチ
・Class10以上のMicroSDHCカード対応(最大32GBまで認識)
・GPS付き
・16GBMicroSD付き



まず、運転支援機能ですが使い物になりません。
ちょっとセンターラインに近づいただけで警告アラームが鳴り続けます。
車間距離は十二分に空いているのに、信号で止まろうとする度に警告アラームが鳴ります。
幹線道路の右折レーンに入ると、車線逸脱アラームが鳴る+逆走警告?が延々鳴り響きます。
うるさくて使い物にならないので機能をOFFにしました。


・センサー感度が比較的過敏なので、Level4〜3では路面の凹凸ですぐに衝撃検知録画になります。
 Level2に落としてようやく実用的な範囲に。

・衝撃検知回数が多いと、SDカード内にゴミファイルが大量に出来て、常時録画の時間が短くなっていきます。

・GPS付きの製品群の中では低価格帯の商品に部類されます。
webサイトにも説明書にも記載が無いように、レンズにこだわりはありません。
なので、日中も夜間も映像が暗い…。
(レンズのF値が高い)

・夜間のナンバープレート視認どころか、クルマの存在の確認すら危うくなる場面もちらほら。
 街灯が無い暗い場所では映像は暗すぎますし、
 夜の繁華街の明るい場所では、看板などのライトに焦点が向かいやすくて暗い映像になりやすいです。


・バイクのような小さなナンバープレートを読み取るのは難しめです。
 (パソコンで拡大表示しても難しかったです)
・フルHDなので比較的綺麗ですが、録画のビットレートが低め?なのか、隣の車線のナンバープレートの細かい文字は潰れて判別不可能です。

・マイクは車の振動をガラス越しに拾うので、プリウスのような静かなクルマでもスポーツカーのようになります。
 停車中なら会話やラジオの音を拾いますが、走行中の会話の小声は拾いません。

・パソコンでMicroSDカード内のファイルを削除するとカードを認識しなくなります。
 その場合は、ドラレコ側で初期化しないと認識しません。

・ドラレコにSDカードを入れないと、永遠に警告音が鳴ります。
 決定的瞬間を収めたカードを取っておきたい場合、カードを抜いたらドラレコの電源も抜かないとダメなのが面倒…。

・運転中、ドラレコの画面を消灯することは出来ません。
 夜間は特に視界に入って気が散って仕方がないです。鬱陶しい…。
 (他社の物は、しばらくすると消灯してくれるので運転に集中できる)

・関東50Hz地域でのLED信号やLED看板の記録は問題ありませんでした。



気になった点はこんな感じです。
この商品は値段なりと言うか、もう数千円だしてレンズや画質に拘った製品を買ったほうが幸せだと個人的に思いました。
安心感はあるけど、満足度は可もなく不可もなしでした。


添付したスクリーンショットは、パソコンで動画再生したものをそのまま掲載しています。
動画の方は、ドラレコでフルHD録画したものを「1280x720」の解像度に落としてエンコードしてあります。
なので実際録画されたデータのビットレートと若干異なりますが、付属の専用ソフトで確認したときと雰囲気は同じです。

参考になれば幸いです。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライブレコーダー > ユピテル > DRY-SV50c

T.Satさん

  • レビュー投稿数:59件
  • 累計支持数:117人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

カーナビ
1件
20件
SSD
8件
0件
ノートパソコン
3件
3件
もっと見る
満足度3
デザイン5
操作性3
画質2
設定4
拡張性2
録画性能3

再生する

製品紹介・使用例
DRY-SV50c

   

DRY-SV50c

   

万が一に備え、装着しました。
正直、画質が最低限で満足できる
商品ではありませんでした。


【デザイン】★★★★★
小型でデザインも良く視界の邪魔になりません。
サンシェードを置くときに干渉しないのはとても良い。
吸盤ではなく粘着テープのためガッチリ固定できます。
また、上下の向きはネジで締め付けて固定するため
ミラー調整の時にうっかり触っても動きません。

【操作性】★★★☆☆
画面が小さいため仕方ありませんが
正直、やりづらいです。
Wi-Fiには対応して貰いたかった。

【画質】★★☆☆☆
画質は正直言って”かなり悪い”です。
必要最低限の画質で信号無視の有無や
自車・相手車の動きを確認する程度にしか使えません。
ナンバーの読み取りは出来ないと思った方が良いです。
また、ドライブの思い出を映像に残すことは到底できません。

【設定】★★★★☆
Gセンサーの感度を細かく設定できるのは良いと思います。

【拡張性】★★☆☆☆
電源はUSB端子を使用しているものの
入力電圧が若干高いらしくカーチャージャーからの
電源供給では「録画準備中」となり動きません。
そのため、専用の電源ケーブル以外では動作させる
ことができません。正直言って不便です。
ここにコストを掛けるくらいなら画質を良くしてください。

【録画性能】★★★☆☆
Gセンサーによる録画を備えているのは良いと思います。
一方、手動録画のボタンが分かりにくいです。
大きさ、位置、色を変えるなど工夫して欲しい。
また、メモリーが32GBまでしか対応しておらず
録画時間が短いですね。ちょっと時代遅れかな。

【総評】★★★☆☆
コンパクトで見栄えが良いのは素晴らしいが、
画質は最低限であり付いていないより付いていた方が
良いというレベルでした。
画質については同じ値段の海外メーカーの商品か
中華ドラレコを買った方がまだ良いと思います。
信号無視の有無や自車・相手車の動きを確認できれば
大丈夫と考えている方以外はお勧めできません。
それ以上を求める方は他の機種を検討してください。

ちなみに、他の車に装着しているトランセンドは良かったです。
http://review.kakaku.com/review/K0000774793/ReviewCD=925277/#tab


一部に誤りがあったため、再レビューしました。

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライブレコーダー > ADATA > RC300 ARC300-16G-CGY

アテゴン乗りさん

  • レビュー投稿数:327件
  • 累計支持数:1374人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
8件
1026件
マザーボード
3件
297件
SSD
8件
250件
もっと見る
満足度4
デザイン5
操作性3
画質4
設定5
拡張性4
録画性能3

再生する

再生する

製品紹介・使用例
センサーの劣化等は無い様です。

製品紹介・使用例
日差し強め時の日向と日蔭

取り付けてほぼ1年
ドラレコはかなり古いDD-01(JAF)モデルとこのモデルしか触った事が無いです。

安いし青空駐車でなので正直環境は良くないので、早期故障を心配していましたが・・・

シガーソケットUSB(電源)が早々に壊れました。

本体のバッテリーはほぼ死んでいます。
時計の維持は出来ていますが、
フルチャージしても内蔵バッテリーでじゃ1分ぐらいしか稼働はできなくなりました。
シャットダウン時のデーター保存がいつまできちんと出来るかちょっと不安ではあります。

イメージセンサーやレンズの劣化は無い様です。

常時録画でイベント録画のみ保護タイプのドラレコはSDカードの性能依存(負荷)が大きい様です。
付属のSDHCカードは問題ないですが、容量アップで買い替えた所、稀に再生できないファイルが出来たり
ブロックノイズが入るファイルが出来ました。

最低限ドラレコ用と謳ってある信頼のあるカードと合わせて使う事をお勧めします。

その他に1年使って分かった点

上下角度固定ボルトが結構強めに閉めても緩みやすいので、ネジロック等併用を使用することをお勧めします。

イベント録画だけで良い人にとっては、
メモリー内蔵のイベント録画タイプの方がSDカードへの負荷が少ないので、
結果的に安く済むかもしれませんが、
ドラドラ(6)も含め最近のメジャーなドラレコは今ではほとんどがファイルロックタイプになってしまった様ですね。

ところが最近では内蔵メモリーが載っていて、SDカードに常時書き込みせず負荷が少ないモデルとなると、
業務用モデル(6万円越え)ぐらいしか無い様ですね。

DD-01はイベント録画のみで、
別途メモリーが搭載されている為か、8年間SDカードも含めノントラブル、一度もトラブルが無いです。

ただ価格差は結構ありこちらは5000円そこそこの製品と考えれば上等です。

ドライブの記録として撮りたい人には比較的自然に映りますし悪くないと思いますが、
ドラレコとしては歪んでもやはりもう少し広角の方がうれしかったです。
(停止線にバンパーを合わせて止まっても、横から横断歩道を渡る歩行者、信号、ボンネットこの三つがすべて入るぐらい。)

このモデルに限らずなので仕方がないのかも知れませんが、
プリンターと一緒?で安く多機能にはなってきてはいますが、
基本的部分がシンプル化&簡素化になってきているハードのような気もします。

またカードの選択肢がだいぶ変わるのでフルサイズのSDカードスロットの方がやはり便利かも。

旧ドラドラ(DD-01)は良くできていたなぁ〜と改めて感心。
(画質は悪いですがセカンドカーで今でも問題なく稼働しています。)

因みに説明書には記載がないですが、
USBでPCに繋ぐと、「メモリーリーダー」か「PCカメラモード」の選択ができます。
因みにファームウェアー用領域でしょうか?本体にも謎の100KB弱の保存領域が有ります。
Windows10のカメラアプリで認識&使用出来るようです。
HDMIとAV端子は接続してみたことは無いです。

3年持てば万々歳かな?(笑)

参考になった8人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライブレコーダー > エレコム > LVR-SD310HWG [ブラック]

sg5f_x20さん

  • レビュー投稿数:1004件
  • 累計支持数:1033人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
48件
298件
デジタル一眼カメラ
13件
155件
ミニカー
148件
7件
もっと見る
満足度4
デザイン3
操作性4
画質4
設定4
拡張性4
録画性能4

再生する

製品紹介・使用例
まぁまぁの画質

LVR-SD100は、使い勝手の良い機種でしたが、いかんせん30万画素の画質が残念なモノでした…
煽り運転による事故が社会問題となった、昨今、買い替える事になり、Y!オクで未使用品¥7000だったので本機を選択しました

同メーカー機への買換えという事で、電源ケーブル形状が同じであると期待していたのですが、径は一緒でも差込プラグの長さがLVR-SD100のモノは短く、結局、ヒューズからの配線をやり直す事になったのが、マイナスポイント
※業界で協議してDCプラグは規格化して欲しいです

もう一つ、苦言を呈すると動作状態は赤のランプ点灯ですが、本能的に異常を知らせる表示みたいなので、青や緑にして欲しかった

まだ、接続はしていませんがGPSアダプターを繋げると、時刻設定が不要になり、位置情報も記録されます
※映像で場所は判る筈なので、必要か否かは疑問
問題なのは、別配線なので巧く着けないと、見苦しい

DAYZROOXの障害物の感知部付近(写真参照)に、あまり接近させて装着すると、microSDHCの抜き差しがやり難くなるので、クルマのフロントガラス中央付近に着けて「歪の少ない」絵を撮りたい気持ちは判りますが、装着位置は考慮が必要
※microSDHC差込口は正面から見て右側面

画質については、100万画素機という事も有り、クルマのナンバーが判別できます
しかも、滑らかで不足は有りません

Y!オク等で、安く出ているなら今でも充分な性能です

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライブレコーダー > ユピテル > DRY-mini50c

レモンのど飴さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ドライブレコーダー
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン5
操作性5
画質2
設定4
拡張性2
録画性能3

再生する

製品紹介・使用例
テスト動画

小さいため運転中は全く気になりません。
機能が限定されているため、操作は簡単です。
画質はあまりよくありません。前の車に接近しないとナンバープレートは写りません。
夜は前の車の車種がギリギリわかる程度です。
値段相応の性能だと思います。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライブレコーダー > ユピテル > DRY-mini2WGX

スーパーアルテッツァさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:1032人
  • ファン数:208人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
29507件
タイヤ
5件
5558件
カーナビ
5件
3712件
もっと見る
満足度4
デザイン3
操作性4
画質5
設定3
拡張性4
録画性能3

再生する

再生する

作例
30コマ/秒、20コマ/秒、10コマ/秒の映像

作例
リアの映像

フロントに設置したDRY-mini2WGX

128GBのmicroSDXCカードを認識したDRY-mini2WGX

専用ビューアソフト

恒例の電流値測定

リアに移設したDRY-mini2WGX

DRY-mini2WGX

【デザイン】
コンパクトな本体で、デザインも悪くないとは思います。
ただ、個人的にはGPS内蔵のブラケットがある事で、縦長になるところはマイナス要素です。
つまり、1枚目の写真のようにフロントガラスに設置した場合に、本体が下がって視界の邪魔になる可能性があるところがマイナス要素になるのです。

【操作性】
操作性は他のドライブレコーダーと大差無く、一般的で特に問題は無いと思います。

【画質】
画質は結構良く、DRY-WiFiV3cよりも上だと思います。
尚、アップした2本の動画は実際にDRY-mini2WGXが録画した映像よりも画質が少し低下していますのでご注意下さい。

【設定】
他のユピテルのドライブレコーダーも同じですが、Gセンサー感度のX(前後)、Y(左右)、Z(上下)3方向の設定は一寸めんどくさいですね。

【拡張性】
OPに電圧監視機能付電源直結ユニットOP-VMU01がある点は評価出来ます。
ただし、DRY-mini2WGXでOP-VMU01を使う場合は、別途電源直結コードOP-E755も必要になります。
3枚目の写真のように専用ビューアソフトで再生するとグーグルマップと連携出来る点も良いですね。

【録画性能】
電源ONから録画開始されるまでに40〜50秒も時間が掛かる点はマイナス要素です。
又、録画ファイル構成が1分単位だけという点もマイナス要素となります。
記録媒体については取扱説明書には8〜32GB対応(Class6以上)と記載されています。
しかし、実際には128GBのmicroSDXCカードでも普通に使えています。(2枚目の写真参照)

それと4枚目の写真のように動画撮影時の消費電流値を測定しましたので、その結果を下記致します。

・モニターON 30秒/コマ:200mA、20秒/コマ:175mA、10秒/コマ:155mA

・モニターOFF 30秒/コマ:190mA、20秒/コマ:165mA、10秒/コマ:145mA

60Hz地域でのLED信号は、やはり30秒/コマという事で信号が消えて映る事があります。(動画:リアの映像参照)

【総評】
前述のようにデザイン面や録画ファイル構成が1分単位だけである点や電源ONから録画開始されるまでに40〜50秒掛かる点がマイナス点です。

反面、録画画質が結構綺麗な点は評価出来ます。

結論は上記のようなマイナス点もありますが、GPS内蔵のコンパクトなドライブレコーダーがご希望ならお勧め出来そうな一台です。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライブレコーダー > ユピテル > DRY-SV45GS

スーパーアルテッツァさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:1032人
  • ファン数:208人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
29507件
タイヤ
5件
5558件
カーナビ
5件
3712件
もっと見る
満足度3
デザイン4
操作性4
画質2
設定3
拡張性3
録画性能3

再生する

再生する

作例
昼と夜の映像

作例
リア映像と60Hz地域でのLED信号のフリッカレス50Hz、60Hz

運転席正面に設置したDRY-SV45GS

DRY-SV45GSとアイサイトのステレオカメラ

開封後のDRY-SV45GSとOP-E755

電流値測定中のDRY-SV45GS

本体とブラケット

リアに設置したDRY-SV45GS

ユピテル ドライブレコーダーDRY-SV45GS

リア用のドライブレコーダーとしてコンパクトなDRY-SV45GSを購入しました。
最初はフロントガラスに設置しましたが、現在はリアガラスに移設しましたのでリア映像も含めて報告します。

【デザイン】
デザインは価格を考慮すると、良いと思います。
運転席正面の上部に設置してもコンパクトで視界の邪魔にもなりません。
当然、リアガラスに設置しても邪魔になる事はありません。
ただし、モニターサイズは1.41インチと小さいので見辛いです。

【操作性】
操作は特に難しくは無いでしょう。

【画質】
画質は高くは無く、対向車のナンバーは大きな数字なら何とか読み取れますが、都道府県名を読み取る事は難しそうです。
又、アップした動画のように明暗があるようなところの映像ではHDRが無い為、明るいところが白飛び気味です。
リアの映像はアップした動画のように先ず先ずではと思います。
それと60Hz地域でのLED信号でフリッカレス50Hz、60Hzの差も確認してみましたが、アップした動画のようにLED信号での差は無いようです。
参考までに夜間の画質もアップしています

【設定】
X(前後)、Y(左右)、Z(上下)の3方向のGセンサーの感度設定が面倒です。
Gセンサーが感知すればイベント録画になりますが、例えばGセンサーの感度が良すぎて感度を落としたい時に、XYZのどのセンサーが感知してイベント録画になったのか分らないので、Gセンサー感度調整が難しいからです。
因みに私の場合、X1.1、Y1.5、Z1.5に設定しています。
あとGセンサーが作動してイベント録画された場合には、アラームが鳴って欲しいところですね。
それとモニターをOFFに設定すると一切ランプが点灯しないので、録画されているかどうか分からないので少々不安になります。

【拡張性】
この機種に拡張を求めるのは酷ですね。
それでも別売りで電圧監視機能付電源直結ユニットOP-VMU01を接続可能で、このOP-VMU01には、下記のような細かな電圧設定と時間設定が可能です。

・電圧設定:11.6V、11.8V、12.0V、12.2V
・時間設定:使用しない、0.5時間、1時間、2時間、3時間、4時間、6時間、12時間

又、4枚目の写真のように電源直結コード OP-E755やテスターやACDCコンバーターを使ってDRY-SV45GSの電流値を測定しました。
その結果、モニターONで140mA程度、モニターOFFで110mA程度の電流値でした。
つまり、消費電力は、電流値よりモニターONで12.5V×0.14A=1.75W程度、モニターOFFで12.5V×0.11A=1.375W程度となり、少なめです。
この消費電力なら電圧監視機能付電源直結ユニットOP-VMU01で12時間設定にして駐車時の監視を行ってもバッテリー上がりを引き起こす可能性は低いでしょうね。
尚、電圧監視機能付電源直結ユニットOP-VMU01を使うには、電源直結コード OP-E755が必要になります。

【録画性能】
録画時間は32GBで画質を720Pに設定して約240分ですが、イベント領域が約96分割り当てられますから、常時録画領域は144分程度になってしまいます。
microSDカードについては↓の私のND-DVR1のレビューのようにmicroSDXCカードをFAT32フォーマットしても、64GBのmicroSDXCカードはDRY-SV45GS では使えませんでした。

http://review.kakaku.com/review/K0000703007/ReviewCD=812769/#tab

又、DRY-SV45GS本体でも64GBのmicroSDXCカードをフォーマットする事も出来ず、使えるmicroSDカードは32GBまでとなります。
多くのドライブレコーダーが実質的に32GBよりも大きい容量のmicroSDカードを使える中で32GBでは少々辛いです。

【総評】
入門機としては価格も考慮して良いのではと思います。
前述のように消費電力が少ないので、常時録画を行いたいならお勧め出来ますがmicroSDカードの録画時間が短いです。
勿論、上書きされながら長時間録画は可能ですし、振動を感知すればイベント領域に保存されますから上書きされる事はありません。

それとノイズ発生の有無ですが、DRY-SV45GSのON/OFFでナビのGPS衛星の測位数を確認しましたが、変化はありませんでした。
又、DRY-SV45GSのON/OFFで地デジの受信状況にも特に変化はありませんでしたので、DRY-SV45GSからのノイズの発生は少ないと言えそうです。

あと5〜7日間車に乗らないと時刻がリセットされ、最後に録画された日時から録画を開始します。
又、microSDカードをフォーマットするとファイル名がMOVI0001から始まるので、同じフォルダーに保存しようとするとファイル名が被ります
それと二ヶ月近くフォーマット無しで使用したところ、映像がところどこころ保存されていませんでしたので、取扱説明書に記載されている通り1〜2週間毎にフォーマットする必要があるかもしれません。

結論として画質は高くはありませんし、GPSも内蔵されていない為、日時がズレる事もありますが、この辺りを問題としないならお勧め出来そうな一台です。

参考になった36人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライブレコーダー > ユピテル > DRY-WiFiV3c

スーパーアルテッツァさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:1032人
  • ファン数:208人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
29507件
タイヤ
5件
5558件
カーナビ
5件
3712件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
画質4
設定4
拡張性5
録画性能4

再生する

再生する

作例
瀬戸大橋

作例
高知自動車道(音声カット)

運転席正面に設置したDRY-WiFiV3c

DRY-WiFi Remote TypeBで無線LAN接続

専用ソフト「PC ViewerDRY TypeH」

恒例の電流値測定

タブレットに映し出されたDRY-WiFiV3cの映像とナビに映し出されたND-DVR1の映像

電圧監視機能付電源直結ユニットOP-VMU01

DRY-WiFiV3c

【デザイン】
非常に薄くて1枚目の写真のように、運転席正面上側に設置しても視界の邪魔になる事はありません。
視界の邪魔にならず薄いから、この機種を購入したと言っても過言ではありません。

【操作性】
スマートフォン専用アプリ「DRY-WiFi Remote TypeB」でスマートフォンと無線LAN接続して設定出来る点は良いですね。
これなら簡単な操作で2枚目の写真のように設定が一目瞭然となるので、ありがたい機能です。
ただ、無線ラン接続が何故かなかなか繋がらない・・・。

【画質】
画質はケンウッドのドライブレコーダーKNA-DR350には適わないです。
又、トンネルから出た時等、急に明るくなった場合の露出調整は遅く、暫く画面が真っ白になります。(高知自動車道の動画を参照下さい)
尚、アップした2本の動画は実際にDRY-WiFiV3cが録画した映像よりも画質が少し低下していますのでご注意下さい。

【設定】
Gセンサー感度のX(前後)、Y(左右)、Z(上下)3方向の設定は一寸めんどくさいですね。
このGセンサー感度設定のXYZ3方向は不要のように思えます。
3方向の感度設定については3枚目の写真の専用ソフト「PC ViewerDRY TypeH」で、どの方向のGがどの位の数値になっているか確認して設定する必要があります。
因みに私はX1.0、Y1.5、Z1.5に設定していますが、大きな段差とか急ハンドルを切らなければ、この感度設定でGセンサーが検知する事は殆んどありません。

【拡張性】
無線LAN接続でスマートフォンと接続出来る点やOPに電圧監視機能付電源直結ユニットOP-VMU01がある点は評価出来ます。
↓の電圧監視機能付電源直結ユニットOP-VMU01(6枚目の写真参照)を使えば、長時間の録画監視が可能になります。

https://www.yupiteru.co.jp/products/drive_recorder/dry-wifiv3c/spec.html

このOP-VMU01にはON/OFFスイッチもあり、下記のような実用的な電圧設定と時間設定が可能です。

・電圧設定:11.6V、11.8V、12.0V、12.2V

・時間設定:使用しない、0.5時間、1時間、2時間、3時間、4時間、6時間、12時間

ただし、DRY-WiFiV3cでOP-VMU01を使う場合は、別途電源直結コードOP-E487も必要になります。
ケンウッドにも同様なCA-DR150という電源ケーブルがありますが、電圧設定や時間設定が下記のようになり実用的とは言えません。

・電源カットオフ設定:11.8V 、12.6V、12.8V、13.0V

・オフタイマー設定:12時間、24時間、36時間、48時間

何故なら私の車の電圧値は、エンジンを切った状態なら12.1〜12.3V程度だからです。
つまり、CA-DR150にはON/OFF制御に必要なところの電圧が抜けているのです。
2枚目と5枚目の写真に12.1Vという私の車のエンジンを停止した状態の電圧が写っています。

【録画性能】
60Hz地域でのLED信号は、やはり30秒/コマという事で信号が消えて映る事があります。
記録媒体については↓の仕様には8〜32GB対応(Class10以上)と記載されています。

https://www.yupiteru.co.jp/products/drive_recorder/dry-wifiv3c/spec.html

しかし、実際には128GBのmicroSDXCカードでも普通に使えています。
それと30コマ/秒と10コマ/秒の時の消費電流値を測定(4枚目の写真参照)しましたので、下記致します。
又、30コマ/秒と10コマ/秒の時のファイルサイズ例に付いても併せて下記致します。

・30コマ/秒
電流値モニターON:230mA
電流値モニターOFF:200mA
ファイルサイズ(1080P HD 5分間):393,173KB

・10コマ/秒
電流値モニターON:175mA
電流値モニターOFF:150mA
ファイルサイズ(1080P HD 5分間):155,174KB

参考までにケンウッドのドライブレコーダーKNA-DR350 の消費電流値は↓のレビューを参考にしてみて下さい。

http://review.kakaku.com/review/K0000808286/ReviewCD=957795/#tab

KNA-DR350の駐車監視モード(モニターOFF)の時の消費電流値は140mAですから、DRY-WiFiV3cの10コマ/秒の時の消費電流値と殆ど変わりません。
因みにKNA-DR350が駐車監視モード中に振動や動体を検知して録画を開始すると220〜230mAまで消費電流値が上昇します。

又、10コマ/秒のファイルサイズは上記のように30コマ/秒の約2.5分の1になります。
あとはグーグルマップと連動した3枚目の写真の専用ソフト「PC ViewerDRY TypeH」は、動画ファイルの連続再生も出来ますし、速度の表示もあり結構楽しめます。

【総評】
運転席正面に設置して、録画中に時には本体横にあるPROTECTボタンを押して映像を記録したい方にはDRY-WiFiV3cは使い勝手の良いドライブレコーダーとなりそうです。
又、10コマ/秒の消費電流値は150mAと少なく録画時のファイルサイズも小さいので、長時間の録画監視を行いたいならDRY-WiFiV3cは最適な一台と言えるかもしれません。
10コマ/秒に設定して、128GBのmicroSDXCカードと電圧監視機能付電源直結ユニットOP-VMU01を使えば、安心して長時間録画が可能となるでしょう。

ただし、画質を最重視するならケンウッドのドライブレコーダー等別の機種を選択した方が良さそうです。
あとは電源コードのDRY-WiFiV3c本体への接続位置が悪いですね。
DRY-WiFiV3c本体に電源コードを差し込んだままだと、電源コードの端子が邪魔をしてmicroSDカードの抜き差しに結構苦労します。

最後にDRY-WiFiV3cを使用しても、ナビの地デジやGPSの受信状況に悪影響を与える事は無いようです。

参考になった76人(再レビュー後:64人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライブレコーダー > HP > f520g

うどん王国のよっしーさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
3件
7件
ドライブレコーダー
1件
4件
イヤホン・ヘッドホン
2件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン5
操作性4
画質5
設定4
拡張性3
録画性能4

再生する

再生する

製品紹介・使用例
夜間の山道

製品紹介・使用例
夜の国道を走行

2015年3月から使用しています。

【デザイン】とてもシンプルで美しいです。

【操作性】日本語表記なので特に不具合は感じません。

【画質】とても綺麗です。夜間でも近距離なら対向車ナンバーがわかります。

【設定】1920x1080 45fpsが選べるので西日本の信号でも全く問題ありません。
     (西日本の在住なので、動画は西日本のものです。)
     録画ファイルは3分と5分を選択できます。(サイズは3分で約300MB)
     こちらに投稿した動画は圧縮したものを使っています。

【拡張性】専用ソフトがついているのでPCで走行記録を観るとき便利。
      本体GPSとソフトが連動して地図などが表示されます。
      ちなみに32GB MicroSDで約5時間分の録画が可能です。

【録画性能】視野はかなり広いので正面の事故のとき撮り逃しはないです。
        衝撃検知機能は敏感なので低感度で使用しています。
        当然のことですが、録画状態にしておかないと
        どんなに大きな衝撃を受けても記録はされません。
        動体検知は内臓バッテリーでは短時間しか録画出来ないので
        外部電源を用意して接続しない限り全く役に立たないです。
        いつも動体検知機能はOFFにしています。


【総評】たまにフリーズするので星を1つ下げました。
     私のは自動録画にしているとフリーズすることが多いです。
     (ひと夏をフロントにつけっぱなしにしていた影響かも。)
     普段は30sec経ったら4グリッド画面にして使用しています。
     黒画面で速度と方位、時刻が表示されるので
     夜間の運転でも画面の明るさが邪魔に感じることはありません。

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライブレコーダー > パイオニア > ND-DVR1

スーパーアルテッツァさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:1032人
  • ファン数:208人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
29507件
タイヤ
5件
5558件
カーナビ
5件
3712件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
画質3
設定4
拡張性3
録画性能5

再生する

再生する

作例
1080P(高画質)で撮影した「瀬戸大橋」

作例
1080P(高画質)で撮影した「連続R400」

カメラ部はコンパクトで問題無くアイサイトのステレオカメラの間に設置可能

コンソール内に設置した本体部(操作部)

アイサイトのカバーとAピラーのカバーを外しての取り付け風景

苦労して自作した変換ケーブル

ビルトインナビのモニターに映し出されたND-DVR1の映像

ND-DVR1で使えたmicroSDXCカード128GBと64GB

ND-DVR1


【デザイン】
コンパクトなカメラ部でルームミラーの横に取り付けても目立つ事はありません。

WRX S4のEyeSightのカメラの横に控えめにND-DVR1のカメラ部を設置出来ました。

カメラが本体と分離されてカメラ部がコンパクトになっているので、EyeSightやデュアルカメラブレーキサポート等の衝突被害軽減用カメラが設置された車種にも取り付けしやすいでしょう。

本体部(操作部)もコンパクトでスタイリッシュです。

【操作性】
操作性は問題ありません。

運転中でも本体部(操作部)を見なくても「REC(録画)」ボタンを押す事も可能です。

又、本体部のボタンはイルミネーションも点灯して、夜間でも操作性は良いです。

【画質】
バックカメラを流用したようなコンパクトなカメラ部で、レンズも小さいです。

ただ、この小さなレンズが画質にも影響を与えているのではと考えています。

ND-DVR1の画質には満足していませんが、対向車のナンバーは読み取れます。

ドライブレコーダーのレンズは他のメーカーのものでも同様に小さいものが多いですが、このレンズの性能を上げれば画質も上がるのではと考えています。

【設定】
取扱説明書が無くても操作して設定出来る程、設定は簡単です。

ただし、バッテリーを外すと時刻がリセットされて再設定が必要な点は要注意ですね。

GPSが内蔵されていれば時刻を合わす必要も無いのですが・・・。

【拡張性】
楽ナビとの接続を前提としている為、WRXのビルトインナビとの接続では機能をフルに発揮出来ないですね。

つまり、楽ナビとの接続なら5点満点かな。

ただ、ND-DVR1の4極ミニプラグの映像/音声出力ケーブルとパナソニックのビルトインナビのミニジャックのAUX端子の極性が合わずに変換ケーブルを自作しましたが、4極ミニプラグの極性は統一してもらいたいものです。

4極ミニプラグやジャック等を購入してND-DVR1とビルトインナビを接続する変換ケーブルを自作したけど、衰えた私の視力には小さな4極ミニプラグの端子への半田付けは本当に辛い作業でした。

半田付けの作業途中で心が折れて、何度か諦めそう(止めそう)になりました。

【録画性能】
駐車中に衝撃を感知すると録画する機能は本当にありがたいです。

この機能があるからND-DVR1を購入したと言っても過言ではありません。

又、駐車監視中のND-DVR1の待機電力は約1mAと極めて少ないので、何日間でも駐車時の監視が可能です。

参考までに駐車監視中に衝撃を感知してから録画が開始されるまので時間は約7秒と少し長いです。

あとND-DVR1は、使用出来るmicroSDはmicroSDHCカードで32GBまでとなっています。

しかし、6枚目の写真のTranscend microSDXCカード 64GB Class10をND-DVR1本体でフォーマットする事で問題無く使用出来ています。

又、128GBのmicroSDXCカードでも↓からI-O DATA ハードディスクフォーマッタをダウンロードしてFAT32フォーマットを行えばND-DVR1で使えました。

http://www.iodata.jp/lib/product/i/2107.htm

FAT32フォーマットを行う事でND-DVR1で使えた128GBのmicroSDXCカードは6枚目の写真の通りで、下記の2銘柄です。

・Team Micro SDHC/SDXC UHS-1 128GB

・Transcend microSDXCカード 128GB Class10 UHS-I対応 400×

↓が128GBのmicroSDXCカードをFAT32フォーマットする事で使えるという参考情報です。

http://car-accessory-news.com/drive-recorder/archives/3286

【総評】
駐車中に監視してくれるドライブレコーダーを探していたので、正に待ち望んでいた性能(機能)のドライブレコーダーです。

カメラ部がコンパクトである事や本体部が分離して手元で録画等の操作が出来るところも良いですね。

ND-DVR1は電源が喪失するような大事故に遭遇した場合、ファイルがクローズ出来ておらず、そのままの状態ではパソコンで再生出来ないとう問題点があります。
その場合は、microSDカードをND-DVR1に挿入し、もう一度電源を入れるとファイルが再生可能な状態となりますが、とりあえず電源が喪失するような大事故の録画は想定していませんのでND-DVR1でも私は問題無いです。

参考になった127人(再レビュー後:59人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビューランキング

(ドライブレコーダー)

ご注意