車載アンプすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > 自動車 > 車載アンプ > すべて

車載アンプ のユーザーレビュー

(150件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
車載アンプ > クラリオン > APA4321

HISASHI-880さん

  • レビュー投稿数:108件
  • 累計支持数:1627人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
17件
4件
外付け ハードディスク
17件
0件
バイク(本体)
8件
9件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性3
音質・画質5
設定4
拡張性3

APA4321 暗ければほんのり青白く光ります。放熱性良さそうです。

APA4321 スピーカー出力及び電源アース等。

APA4321 ライン入力と各種設定スイッチ部。細かいスイッチで苦労しました。

2006年にこのアンプを表題のとおりコペンに搭載しました。
このアンプにする前にJBL(型番不明:画像)の外付けアンプ(定格出力25W×4ch)を使用していましたがパワー不足を感じてこのアンプを選択しました。
コペンの場合、メタルトップのオープン2シーターの軽四と言うこともありメタルトップをオープン走行時トランクに収納するため外付けアンプを設置する場所が極端に限られてしまいます。
本来なら室内の運転席・助手席後ろの壁(隔壁)に設置するべきなのでしょうが、そこには既にサブウーファーやMDチェンジャー等諸々の機器が設置済みでありました。
そのため画像のようにトランク内でメタルトップが収納されても干渉しない大きさのアンプを探していました。
今と違って当時は、アナログアンプがいろいろなメーカーから発売されていましたが、なかなかパワーと大きさが合致する代物が無くようやくアゼストからこのアンプが出たため購入した次第です。

コペンなんかに外部アンプが必要かと思われる方もいらっしゃると思います。
普通の車のように屋根を占めた状態であれば外付けアンプなど不要だと思います。
個人的な思い込みかもしれませんが、定格出力の大きなアンプを低出力で使用するとヘッドユニットの内蔵アンプと同じ程度の音量で聞き比べた場合「歪(ひずみ)」のないクリアーな音に聴こえるメリットがあります。(素人的な説明ですみません。)
屋根を閉めた状態ならばJBL(型番不明:画像)の外付けアンプで充分です。
しかし屋根を開けて高速道路を走行するとクリアーな音よりも風切り音に負けて音量不足を感じてしまいます。
「開けても閉めても」満足できる音響環境を目指したかったわけです。
このアンプの他に更なるオープン走行での風切り音対策として2008年4月に同じクラリオンの別体アンプ付のセンタースピーカー『SRK650』も装着しました。

コペンは、本来フロント2スピーカーですが、画像のとおりリアにスピーカーを増設していたためこのアゼスト『APA4321』の定格出力80W×4chの能力は、充分満足できるレベルの外付アンプだったため「買って良かった1台」として満足度5点であります。


以下は、項目別評価となります。

【デザイン】・・・5点 
高出力アンプらしく表面も放熱性に優れたデザインに感じました。
画像では判りにくく実際にはトランクに入っているため普段は見えませんが、電源が入ると青白くほんのりと光るイルミネーションがお気に入りだったため5点です。


【操作性】・・・3点
設置場所をこんな狭いトランクの奥に設置してしまった当方に原因がありますが、本体での音響調整に苦労しました。
最初の1か月程度は、何度か調整しました。
横側に各種スイッチがあるため画像の場所では、トランクに潜り込む必要もありスイッチの種類も判り辛く懐中電灯で照らしながらの操作で苦労しました。
一度設定して決めてしまえば操作することもなかったことも考慮して3点です。
スイッチが横でなくて表側に有れば4点〜5点だったと思いますが、デザインや放熱効果を考えれば無理な相談だと思います。

【音質・画質】・・・5点
操作性で苦労しましたが、一度気に入った設定にしてしまえばオープンでも屋根を閉めても前機種のJBLアンプより圧倒的に高音質で高音圧を体感出来ました。
この時のヘッドユニットは、前年から使用しているDVD再生可能なSONY『MEX-R1』で主にMDチェンジャー『MDX-66XLP』を使用していました。
特に閉めたときの小音量時でも同じヘッドユニットで同じソースでもクリアーな音質に感じて前機種のJBL(型番不明)小型アンプと比べて外付アンプ1つでこんなにも変わるものかと実感できたので5点です。
完全ではなかったですが、高速道路での100km/hオープン巡航時の風切り音に対抗出来たうえ大音量でも歪(ひび割れない)のないクリアーな音でした。


【設定】・・・4点
操作性や音質でも触れたので重複しますが、設定さえ自分好みの音になれば満足できるアンプでしたが、設定に苦労(主に横スイッチが見えにくいため)したため4点です。
一般的な外付アンプの設定は、一通り揃っていました。(前機種のJBL小型アンプより設定内容は、充実していました。)


【拡張性】・・・3点
外付アンプの拡張性としてサブウーファー端子があったと思いますが、別途KENWOODのサブウーファー『KSC-680DW』を使用していたため無評価とするべきでしょうが、3点としました。


【総評】・・・5点
冒頭でも書いたとおり「買って良かった1台」として満足度5点です。
小音量でもしっかりとしたクリアーな音質だけでなく大音量(自分の聴力的に耐えれる範囲)でもヘッドユニットの内蔵アンプのような歪のない音でした。

このアンプは、コペンを手放す2012年11月まで愛用していました。
もちろんバッテリーから直に当初から接続していましたが、途中このアンプのために社外品の発電機まで搭載するくらいにこのアンプに入れ込んでいました。

信号待ちの停車中に携帯イジッテ前方不注意の車に追突され決着(廃車:2013年3月)するまで数か月コペンと一緒にアンプを放置していました。
廃車時には、室内の再利用可能なモノは回収しましたが、このアンプだけは追突の影響でトランクが開かなくなってずっと放置していたため回収せず1台限りの使用で終わった思い出深いアンプでした。

比較製品
ダイハツ > コペン 2002年モデル
ケンウッド > KSC-680DW
クラリオン > SRK650
車タイプ
軽自動車

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

車載アンプ > パイオニア > PRS-A900

国破山河在999さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

カースピーカー
3件
29件
スピーカー
1件
12件
カーオーディオ
1件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質・画質5
設定4
拡張性5

ハイレゾ化のため購入。
安いヘッドユニットからDHE970に替えたときも音質アップ感じたが、
DEH-970の内部アンプからPRS-A900に変えたとき、明らかに音質アップしました。高音が綺麗。
低音も制御力高い、端正な感じを受けた。パイオニアの配線キットでバッテリー直結した。
その後4ch全部使わなくなり、2chモードへスイッチ買えたらさらに良くなった。非ブリッジ接続で。このほうが歪が小さい。取説に歪表示あり。
関連コメントとしてTS-W252PRSのクチコミ「30L箱自作しました」をご参照ください。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

車載アンプ > パイオニア > GM-D7400

HISASHI-880さん

  • レビュー投稿数:108件
  • 累計支持数:1627人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
17件
4件
外付け ハードディスク
17件
0件
バイク(本体)
8件
9件
もっと見る
満足度4
デザイン4
操作性4
音質・画質4
設定4
拡張性4

助手席側より撮影。本体左横は、リア用のGM-D1400IIとノイズ対策機器です。

後席側より撮影。手前のスロープは、足元から本体や配線、機器諸々の防護用です。

助手席下、横から撮影。手前の小さいのもノイズ対策用です。

アンプの電源は、もちろんバッテリーから直で設置しています。

フロント・セパレートスピーカー【ツーイーター&ウーファー】の位置関係。

リア・セパレートスピーカー【ツーイーター&ウーファー】の位置関係。

2018年3月にN-BOXカスタムのフロントスピーカー(アルパインX180S)用にこのデジタルアンプ「GM-7400」を導入しました。
カタログの性能的に軽四には、オーバースペックかと思いましたが、初めて導入する18cm口径ウーファーのセパレート型スピーカーを「後付けサブウーファー」を導入せずに低音域を出したかったため購入しました。

結果から書けば、目的の低音域は希望を達成できましたが、高音域はそれまで何台も使用実績のあり、実際にリアスピーカー(アルパイン170S)に使用している同じカロツェリアの小型デジタル「GM-D1400II」より若干濁ったような音に聞こえました。
そのため満足度を5点としたいところ4点となりました。

価格も考慮すれば低音の迫力により充分コストパフォーマンスのあるデジタルアンプだと思っています。

以下は、重複する内容もありますが、項目別評価になります。

【デザイン】・・・4点
デザインは、助手席シート下に設置しているため良くも悪くも有りません。
画像のとおり左隣の「GM-D1400II」比べれば本体は、アナログアンプ並みに大きいです。


【操作性】・・・4点
走行中操作できるわけではないですが、一度設定すれば操作不要のため4点としました。


【音質・画質】・・・4点
バイアンプ接続でフロントスピーカーに接続していますが、リアスピーカーで使用している小型デジタルアンプの「GM-D1400II」より設計が古いためか冒頭でも書いたように高音域が今一歩期待していたよりすっきりしていません。
ヘッドユニットの操作で前後それぞれの音を聴き比べると少なくとも高音域の違いは、判る程度の差が出ます。
前後18cm(X180S)と17cm(X170S)の差はありますが、アルパインの同じシリーズのセパレートスピーカーによりツーイーターは、同じです。
純粋にアンプの差による音の違いかと考察しますが、フロントスピーカーの設置場所としてツーイーター部とウーファー部の位置関係距離がリアのそれよりも近いせいも影響しているのかもしれません。
定格出力は、スペックどおり感じられるため爆音好きの方には、満足できるかと思います。
この定格出力や大音量時の低音の歪、不自然さも無いため充分なスペックだと考えます。
全体のバランスを考えるとリアと同じ「GM-D1400II」アンプでも良かったかなと思う処もあって4点としました。

【設定】・・・4点
このクラスでは、それなりで充分ではないでしょうか。
最初にセッティングしたあとは、変えていません。


【拡張性】・・・4点
拡張性と言うより外付けアンプは、設置した当初は各種ノイズとの戦いになります。
このアンプでもノイズに悩まされました。
各種(画像)ノイズフィルターによって解決していますが、拡張性よりもノイズ対策をもう少しアンプ本体でもして欲しいです。


【総評】・・・4点
同じカロツェリアのデジタルアンプ「GM-D1400II」を何台も使用して期待度が高過ぎました。
設計(登場)が「GM-D1400II」より3年古いためその分評価が下がる結果となりました。
価格も考慮すれば悪い製品と言う訳でないため満足度の4点を含め各項目の評価が結果としてオール4点となりました。
「GM-7400」の後継機種を期待したいところですが、昔と違って外付けアンプの需要は縮小しているためか各社新製品は、最近出ませんね。
パイオニア自体経営難ですから期待するのは、無理なのでしょうね。

比較製品
パイオニア > GM-D1400II [ブラック]
アルパイン > X-180S
アルパイン > X-170S
車タイプ
軽自動車

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

車載アンプ > パイオニア > GM-D1400II [ブラック]

HISASHI-880さん

  • レビュー投稿数:108件
  • 累計支持数:1627人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
17件
4件
外付け ハードディスク
17件
0件
バイク(本体)
8件
9件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質・画質5
設定5
拡張性4

ゴルフのグローブボックス内にフロント用を設置。後に熱による故障で助手席下へ移設。

ゴルフの助手席下にリア用を設置。後にフロント用もここに移設しました。

N-WGNの助手席下に設置。予算の都合で普通の4chアンプとして使用してます。

 

画像左が、N-BOXのリア用で使用。 右は、フロント用アンプGM-D7400。

ノイズ対策のアイテムです。

 

このアンプに最初に出会ったのは、2015年6月に初めてのインポートカーとして購入したゴルフ7ハイラインで使用したことがキッカケでした。
メーカー搭載のナビとセットのオーディオの音質に納得いかなかったためです。
後付けのナビに交換することもできなかった中でいろいろ物色した結果、このアンプのバイアンプ接続に行き当りました。
初めて聞く仕組みの名称に戸惑いもしましたが、ダメもとでパイオニアのスピーカーとセットで購入し、馴染みのショップでデッドニングを含めて取付けました。
結果は、同じヘッドユニットから出ている音とは思えないくらい劇的に音質が向上して感動しました。
この価格でこの音質、以来すっかりハマってしまいました。
それまで5〜8万円程度のアナログアンプを使った経験が有りましたが当初デジタルアンプに懐疑的でした。
でも今ではすっかりデジタルアンプのコストパフォーマンス良さに考えを改めました。

2019年1月にゴルフからC220dに乗換えてC220dのプレミアムオーディオに満足しているため使用していません。
現在2台の軽四(N-WGN&N-BOX)に画像のとおり使用しています。

ゴルフの時は、ネットで評判どおり「熱」による故障も2度ほど経験しました。
画像のとおり前後スピーカー用に2台購入しましたが、ダッシュボード内に設置した方が壊れたので2台とも後に助手席下に設置しています。
1度目は、保証が効きましたが2度目は実費で買い直しましたけれどこの価格でこの性能なら文句言えません。(笑)
充分なコストパフォーマンスのあるデジタルアンプだと思っています。


【デザイン】・・・5点
デザインと言うより画像のとおりコンパクトな本体による設置性の優れたところによる5点です。


【操作性】・・・5点
設置場所によって走行中操作できるわけではないですが、シンプルな操作性で一度設定すれば操作不要です。


【音質・画質】・・・5点
バイアンプ接続の効果か、このアンプ自体が優秀なのか、音質は満足できます。
爆音好きの方には、物足りないでしょうが、このコンパクト・ボディで定格出力や大音量時の歪の少なさも充分なスペックだと考えます。


【設定】・・・5点
設定項目が少ないですが、シンプルで判りやすくこのクラスでは充分なのではないでしょうか。


【拡張性】・・・4点
拡張性と言うよりゴルフであろうと後のN-WGNやN-BOXでも設置当初各種ノイズに悩まされました。
各種(画像)ノイズフィルターによって今は解決していますが、拡張性よりも多分「自動ON/OFF設定」に改善の余地があるとノイズの経験上言えるかなと思います。


【総評】・・・5点
上記のノイズの問題も有りますが、冒頭から記述や価格コムのプライスからもコストパフォーマンスに優れた小型デジタルアンプだと考察します。
バイアンプ接続が絶対的に良いかは、個々の考え方次第かと思いますが、値段の張るアナログアンプ(最近は、国産アナログアンプって無いですが・・・)でも経験上ノイズ問題は有るのでローコストで外付けアンプを選択したいならば間違いない満足できる1台と考えます。

比較製品
パイオニア > GM-D7400
車タイプ
軽自動車

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

車載アンプ > アルパイン > KTP-600

SAKO_MWさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

車載アンプ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
操作性4
音質・画質5
設定3
拡張性4

【デザイン】
GM-D1400Uよりは若干大きいですが筐体自体かなりコンパクトに出来ていると思います。

【操作性】
いたってシンプルに出来ているので非常に簡単。

【音質・画質】
GM-D1400U、GM-D7400も所有していますのでスイッチで切替可能なテスト環境を作って比較してみました。
テスト環境
スピーカー・・・TS-F1030SとTS-C1720AII、TS-C1710AIIとTS-J1010Aをそれぞれパラレルにて接続し1chあたり2Ω負荷としました。
音源・・・AVIC-RW99(楽ナビ)スピーカーレベルコンバーター変換、自作USB-DAC、i-phone6トランス昇圧の3種類
電源・・・Panasonic 85D26Lバッテリー
GAIN・・・Gain設定の無いGM-D1400U揃えました
KTP-600に関しては20時間ほどエージングしました(当初は大人しい音でしたが・・・)。

GM-D1400U、GM-D7400に比べ、
ホワイトノイズ・・・はるかに少なく、車内に於いてまったくと言って良いほど気にならない。KTP-600<GM-D7400<GM-D1400U
GM-D1400Uはかなり気になるレベルでしたから余計のそのように感じます。GM-D7400 Gainノーマルポジションの2割程度以下ではないでしょうか。
ポップノイズ・・・電源オン、オフ共に発生します。電源オン時は「ボッ」の後に「キュ」と電子音の様な音が入ります。GM-D1400U≦GM-D7400<KTP-600 (GM-D7400はコンデンサーの劣化で発生するようになりましたが当初ははかなり少なかったです。)

音質・・・上記カロッツェリア2機種に比べ分解能、低音再生能力に優れます、カロッツェリア2機種はパンチ力を伴った塊のような音に対し解像度に優れていると言うのでしょうか一つ一つの音がはっきりと解ります、特にベースラインの再生能力に関しては明らかにカロッツェリア2機種よりも上だと思います使用したスピーカーはすべて2ウェイですが3ウェイで再生しているような感じです。正直GM-D1400Uはこの時点で脱落します。

長らくパイオニア(カロッツェリア)ファンをしてきたので、GM-D7400に関し納得いかず追試してみました。
GM-D7400の電解コンデンサーを東信工業低ESR品及び東信工業及びニチコンのオーディオ用に交換し20時間程度エージング後再度比較してみました
ポップノイズ・・・電源オン時発生しなくなりましたがオフ時には小さな音が発生しました。
音質・・・明らかに元気が良くなり若干解像度は向上はしたのですが低音域の分解能は及びませんでした。

GM-D7400の追試の追試
出力段に付いているフイルムコンデンサーもすべて交換し20時間程度エージング後再度比較してみました。
ポップノイズ・・・変化なし
音質・・・残念な結果・・・オリジナルの物に比べ余計悪くなったような気がします・・・無念

【設定】
いたってシンプルなので誰でも簡単に設定できるのではないでしょうか。ただどの機種もそうですがGainにギャングエラーが有るのは仕方ないのでしょうね。
【拡張性】
取り付ける為の部品類が概ね同梱されているので便利でした。

【総評】
発熱に関してGM-D1400U(よく「爆熱」と言われますが個体差でしょうか使用していたものはそんなに「アチチィ」と言うものではありませんでした)よりも熱くなりますが、4時間ぶっ通しで再生しましたが誤作動は発生しませんでした。ただ本体裏面長手両サイド中央部にいくつかの小さな通気口のなのでしょうか穴が開いています。筐体が小さく放熱能力が悪く思われるので、コンデンサーの早期劣化も心配な為、本末転倒ではありますがヒートシンクを追加しようと思っています。比較してみて思うことですが、好き嫌いはあるかと思いますがスピーカーの駆動能力、低音再生能力(特に分解能)に関してこの価格帯の他社製品に比べ一枚上手だと思います。

比較製品
パイオニア > GM-D1400II [ブラック]
パイオニア > GM-D7400
車タイプ
SUV

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

車載アンプ > パイオニア > GM-D8400

shucyanさん

  • レビュー投稿数:137件
  • 累計支持数:268人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
39件
マザーボード
4件
8件
自動車(本体)
0件
12件
もっと見る
満足度4
デザイン無評価
操作性無評価
音質・画質4
設定無評価
拡張性無評価

ZC32Sに取り付け。デッキはFH-9400DVS。スピーカーはアルパインのX-170Sです。
かなりパワーのあるアンプなので、デッドニングをしてちょうど良くなりました。

車タイプ
コンパクト

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

車載アンプ > アルパイン > KTP-600

ぴぴんちゃんさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

SSD
2件
1件
ノートパソコン
1件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
操作性4
音質・画質5
設定4
拡張性4

【デザイン】
 普通の四角いBOX形状で、ロゴの印刷が無ければただの電子機器のBOXみたいです。
【操作性】
 フィルターの設定のみ可能で、後は配線をするだけ。
【音質・画質】
 アナログアンプに比べ電源ノイズが少ないように思います。音の再現性は、特別な耳を持っていない限り
 まったく問題なし。音量を上げてもノイズは少ないように思います。
【設定】
 特になし。フィルターを使っていないので。
【拡張性】
 純正ナビを利用しているのなら、数本の配線が容易されてるので接続するのみ。
 私の場合は、BAT、remote、GND のみ接続で使ってます。
【総評】
プレシジョンパワーのデジタルアンプと迷いましたが、より小さな本機を選びました。
アナログアンプに比べ発熱が少ないためか筺体薄い鉄板で、デスクトップPCの電源程度の大きさで、
連続使用時にも同じくらいの発熱す。
私は使いませんでしたが付属のRCAケーブルが陳腐なものだったのが残念です。

車タイプ
クーペ

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

車載アンプ > パイオニア > PRS-A900

とんかつサンドさん

  • レビュー投稿数:71件
  • 累計支持数:629人
  • ファン数:26人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
114件
フラッシュ・ストロボ
2件
32件
コーヒーメーカー
3件
28件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性無評価
音質・画質5
設定5
拡張性5

 

 

パイオニアのFH-770DVDの外部アンプとして本製品を購入しました。

当初、FH-770DVDの内部アンプによる音質にも十分満足することができ、外部アンプを増設する必要は無いと思っていましたが、更なる音質改善を目指し、結局外部アンプを追加することになりました。

最初はパイオニアのGM-D6400を考えていましたが、どうせなら後悔の無いように良いやつを、ということで検討したところ、数多くのレビュアーやカーオーディオショップ店長らが絶賛している本製品に決定しました。

手元に届いたPRS-A900はネット上の画像から想像していたよりも高級感に満ち溢れており、本体は単なるダイキャストの鋳抜き品ではなく、全面削り出しによって成型されており、両サイドの銀色をした端子カバーも実物を見るまではプラスチック製かと思っていましたが、実際にはアルミ鋳物の削り出し品でした。
本体全体も想像以上に重量感があります。

システム接続はフロント2チャンネル、リア2チャンネルの計4チャンネル。

早速様々な曲を試聴してみましたが、これは明らかにFH-770DVDの内部アンプとは別次元の音ですね。
レンジの広さ、解像感、低域から中域の厚み、音場の広がり感(?)、音の生々しさ、数多くの楽器が同時に鳴っている時の分離感、音の立体感など、全てが素晴らしいの一言。
低域も決してボヤけずに、重厚でありながらキレのある見事なものです。
特に複雑な倍音成分を多く含むアコースティック系の楽器による音の生々しさ、電子楽器系のダイレクト感溢れるの再現力には鳥肌が立つほど。
また、録音状態の良い曲データは存分にその高音質っぷりを余す事無く出力してくれますが、一方では、それなりの音質の曲データはそれなりの音質でしか出力されないので、ソースの良し悪しが如実に露呈してしまうアンプだと思います。

ということで、このPRS-A900は世間の評価に違わぬ想像を超えた名機だと思いました(笑)

尚、更に詳しいレビューや画像を下記のページにまとめました。

http://tonkatsu.boo.jp/a900/a900.html

車タイプ
軽自動車

参考になった15人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

車載アンプ > パイオニア > PRS-D800

てつにぁんさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:56人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

カースピーカー
2件
0件
カーナビ
1件
0件
車載アンプ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性無評価
音質・画質5
設定無評価
拡張性無評価

ハイレゾ再生に対応して、かなり良い音です。
音域はフラットな印象です。激しい曲調の楽曲がとくに良かったです。ボーカルが出すぎる事なく、エフェクトを効かせないで、ノーマルで聞いているようなクセの無さです。原音が高音質であれば有るほど良くなります。D800を考えてる方はA900も気になる存在だと思います。以下比較して見ました。
正直A900と比較してもビックリする程の違いは無いですがあえて比較しての意見です。A900の方がよりボーカルよりです。ボーカルが若干強調されて近くに居る様に感じます。音場感の広さもA900の方が広く、立体感を感じます。ボーカルもエフェクトが効いているような感じを受けます。ライブ音源はよりライブで聞いていような響きを感じます。D800はライブ音源でも、あえて比較すると、若干ですがスタジオ録音の様なクリアさを感じます。D800はDアンプの特性かもしれませんが、パワーを感じます。音量ゼロからマックスまで一気に振り切るキレの良さ、スピード感、ノリの良さを感じます。ジャズ等は小気味よい音です。A900は滑らかさがあり、しっとりした音に聴こえます。ボーカルは艷やかに聴こえます。A級アンプの特徴かもしれませんか、音の階調が滑らかです。ただ聞き比べると違いは感じますが、ほんの僅かな違いだと思います。音場感以外は好みの問題とも言えます。D800の方がフラットな印象で好印象を持たれる方もいると思います。
値段を考えると両者の違いは微妙です。A900は4チャンネルで中古で5万程で手に入りますが、状態次第ですね。アンプの寿命は10年ほどで低下して行きます。発売から10年が過ぎて中古品は粗悪品が多いです。新品同然なら4チャンネルでお得感ありますが、新品だと9万円以上します。同じ値段なら悩む所ですか、値段差を考えると、そこ迄の音質的な差がないならD800を新品で2台買って4チャンネルで使う方が良いと思います。
設定面での優位性も両者は明らかに違います。狭い車の中でA800のバカでかい箱を何処に置くかは考え物です。トランクに置くにしてもRCAラインやスピーカーラインを最大限な長さで曳き回す事になるので、音質低下は否めません。それならよりコンパクトでセパレートできるD800をを2台使う方が取り回しがしやすいです。2台左右で置いたり、前後に並べるだけでなく、2台重ねて置くことも可能です。ほとんどの車に搭載可能だと思います。
D800もA900と比較しても遜色無い一級品です。どちらを先に聞き慣れてしまうかでお互いの印象はかなり違うものになると思います。D800に慣れてからA900を聞くと、スピード感が無く、少しエフェクトを効かせている様に聞こえるかもしれません。昔のアイドルが下手さをごまかすためにシンセを効かせた声で歌っている様な曲はよりエコー感が強くなる場合があります。逆にA900を先に聞き慣れてからD800を聞くと、音に艶が無く、乾いた音に聞こえるかもしれません。ただ何度も言いますが、両者の違いは微妙で、好みの問題だとも言えます。両者は高いレベルで拮抗しています。コストと設定スペースがあるなら音場の立体感で優位なA900もありですが、特にノリの良い激しい調子の音楽が好きな方なら、これだけのアンプがこの値段で買えるD800は十分買いだと思います!
ただ、A900をブリッジ接続して2チャンネルで使用すると、評価は一気に変わります。懸念だったパワー不足は一気に解消され、素晴らしいの一言につきます。文字通り実質的な価格差が4倍になるので差がでるのは当たり前ですが、それだけの価値が有ります。A900とD800で迷っている方は、まずD800で楽しんで、飽きてきたら、A900に変えてみるのもおすすめです。更にその後バイアンプ接続にして、より高音に伸びのあるA900をツイーターにつなぎ、パワーのあるD800をウーハーにつないで楽しむのも面白いと思います。流石にA900を2台買うと二十万、スペースもバカでかいので、現実的では無いですが、A900とD800を併用なら十分有りだと思います。

車タイプ
ミニバン・ワゴン

参考になった6人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

車載アンプ > アルパイン > KTP-600

ariニャンさん

  • レビュー投稿数:57件
  • 累計支持数:1166人
  • ファン数:23人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
13件
25件
レンズ
25件
6件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン無評価
操作性無評価
音質・画質5
設定5
拡張性5

【デザイン】
収納するのでデザインがよくても悪くても構いません。

【操作性】
リモコンもないので。

【音質・画質】
純正のカーナビからスピーカーケーブルを使い接続しましたが、今まで聞こえなかった音が聞こえてきます。
解像度が増したのと、音に強弱が出てきたので躍動感と透明感のある音質が楽しめます。

【設定】
必要最低限の設定が着いているので助かります。

【拡張性】
全ての接続端子がそろっています。ギボシ端子も少し入っているので追加で購入する必要があるのは、バッテリーからの電源引き回しアイテムぐらいでしょうか。
自分で取り付けるだけなら総額2万円以内で取り付け可能かと思います。

また、スピーカーケーブルからの接続だとノイズが心配でしたが本体内蔵で、Hi/Loコンバーターがあるらしいのが助かります。

【総評】
もう一つ上のグレードの方が面積が多きので発熱に有利なのと、音質が絶対に良いと思いますがスピーカーまでのケーブル引き回しの手間や初期投資が多そうなので、気軽に簡単に高音質なこちらのモデルは初めての外部アンプとして安心してお勧めできそうです。

車タイプ
ミニバン・ワゴン

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

車載アンプ > アルパイン > MRD-M301

scottcr1さん

  • レビュー投稿数:231件
  • 累計支持数:140人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

その他カメラ関連製品
34件
0件
キャットフード
19件
0件
インク
15件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性3
音質・画質4
設定4
拡張性4

【デザイン】
サイドはプラスチックだろうと思っていたら、アルミのダイキャストとうれしい誤算でした。
端子部はカバーされて、配線がスッキリするのもいいです。
アルパインのアンプの中でいちばんカッコいいかもしれません。

【操作性】
各種設定はプッシュボタンによる設定で、アナログ式に比べると煩雑です。

【音質・画質】
繊細さは求めるべくもありませんが、パワーとしては十分以上です。

【設定】
設定項目は多過ぎるくらいです。

【拡張性】
別売りのコントローラー等をつなげられますが、現在では入手困難です。
先代のM300ではあったスピーカー入力端子は廃止されています。
代わりに付属品でスピーカー入力ケーブルが付いていたようですが、中古ではまず付いていないでしょう。
自分は、別途ハイローコンバーターを購入する必要がありました。

【総評】
中古で入手しました。タマとしては先代のM300の方が多いですが、端子カバーが欠品してる物が多いので、
見た目優先でこっちを選びました。実物を見て、こっちで正解だと思いました。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

車載アンプ > パイオニア > GM-D1400II [ブラック]

ブリリアンデュさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:120人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
3件
3件
UQ WiMAX モバイルデータ通信
1件
5件
カーナビ
0件
4件
もっと見る
満足度4
デザイン4
操作性5
音質・画質4
設定4
拡張性4

DIYでATOTOカーナビ取付けてコレも簡単に挟めそうだったので導入。

付属のギボシ配線そのまま噛ませるだけで動きました。
一応モヤモヤしたくないので始めからバッテリー直で。

音は多少メリハリが出て元気に鳴ってる感じですね。
大きめの音の時に違いが分かります、多分。

これ以外は純正のショボ機材のままなので、繊細と言う訳には行きません。
色々変えればきっと更に良くなるのでしょう。

車をコロコロ変えるタイプの人にとっては、
取り外し楽ちんなコレ良し。

車タイプ
ミニバン・ワゴン

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

車載アンプ > パイオニア > GM-D1400II [ブラック]

のじMZ20さん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:173人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

カーナビ
5件
1件
エンジン・発電機
3件
0件
自動車(本体)
3件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン3
操作性無評価
音質・画質3
設定3
拡張性3

【デザイン】 黒くて小さい箱

【操作性】 特段操作するところもないです

【音質・画質】 今までのデッキ内蔵アンプよりは格段に良いです。

【設定】 最初に設定するだけです。

【拡張性】 …。

【総評】 アクアのデッキを交換した際にどんなものか試しに装着。最初は調子よく鳴っていましたが何日かしていきなりキーーーンという嫌なノイズ?のような音、うるさくてたまらないのでデッキOFF。ノイズも鳴らなくなったと思ったら片方が無音、ボリュームをいじると復活。今度は反対が無音。

調子の良い時はきれいな音ですが辛抱できなくなりALPINEのアンプに交換しました。ちょっと残念な買い物でした。

車タイプ
コンパクト

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

車載アンプ > パイオニア > GM-D6400

街道さん

  • レビュー投稿数:114件
  • 累計支持数:604人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

車載アンプ
3件
16件
カーナビ
2件
11件
スピーカー
5件
5件
もっと見る
満足度4
デザイン3
操作性4
音質・画質3
設定4
拡張性4

値段も手頃で外部アンプの入門として使っていました。
これだけでも、小さなヘッドユニットのアンプよりもずっと音圧も上がります。

しばらく使っているともっといい音が欲しくなり、買い換えましたが、できるだけお金をかけずに音質アップを図るのなら押すすめ来ます。

車タイプ
SUV

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

車載アンプ > パイオニア > GM-D1400II [ブラック]

ラフェスタオーナーさん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:109人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
0件
170件
スマートフォン
0件
119件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
3件
74件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
音質・画質5
設定3
拡張性4

※採点はあくまでもローエンドヘッドユニットでの評価です。

スピーカーを変え、簡易デッドニングをして、サブウーファーを入れて満足できず、外部アンプに手を染めました。

スピーカーラインへの割り込みなので音が良くなるなんて半信半疑でしたが、驚くほどに良くなりました。
スピーカーライン入力するなら当機種は超オススメです。

見えなかった音が見えるようになり臨場感が段違いです。
音の厚みもすごく良くなっており聴きやすくなります。
サブウーファー取付済でサブウーファー用のアウトプットがないヘッドなら、ハイパスフィルターをオンにすると低音の歯切れの良さが生まれます。
私の場合は低音のブーミーさが全くなくなりました。
もう、パナナビのアンプに戻れません。

因みに、熱問題がいろいろ言われているモデルなので、売りのコンソールインストールではなく、助手席下に付けました。

【注意点】
スピーカーライン入力でポン付けではヘッドユニットの音質が誇張されるだけです。
音圧が上がるので一瞬良い音と感じるのですがそのままではダメ!!
iPhone等のRTAアプリを使ってグラフィックイコライザーで音を整えてから、好みの調整をすると良い音になります。
グラフィックイコライザーは減らす方向で調整するのが基本です。
足りないから上げるのではなく、煩いから下げる方向で考えましょう。
周りを下げてもどうしても音が足りないときだけ上げるようにします。

【満足している点】
・この価格この小さなボディでこの鳴りは文句なし。
・ワンランク上のセパレートスピーカーが欲しくなる。

【不満な点】
・本体ボディーがヒートシンク代わりなのでしょうが、噂通りの発熱で驚きます。
2時間ほど連続で15メモリ程の大きさで聴くと夏場の車内だと手で触れないほど熱くなります。
とてもD級アンプとは思えません。
そのうちPC用のヒートシンクか、ファンを驕ろうか真剣に考えてしまいました。
因みに1桁の音量で聴いてる分には触れる程度で全然暑くなりません。
・ゲイン調整があれば言うことなしですが、この値段でこの音なら仕方がないのか?
・走行中はロードノイズにかき消されるので気になりませんけど、エンジンを掛けていないと無音時にホワイトノイズが「サー」と聞こえます。

再レビューによる追記
後にナビを入れ替え、ヘッドがKENWOOD MDV-Z904Wになりました。
RCAライン入力に変更して鳴らしましたが、ヘッドがある程度良い物だと内蔵アンプとの差がわずかな物となります。
内蔵アンプと比べて低音のアタック感が良くなった程度で費用対効果が非常に悪い・・・。
最低でもcarrozzeriaだとPRS-D800クラスを入れないとあまり変化を感じません。
このアンプはRCAライン出力の無いローエンドヘッドユニット向け商品だと思いました。

車タイプ
コンパクト

参考になった23人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビューランキング

(車載アンプ)

ご注意