自動車(本体)すべて ユーザーレビュー

 >  > 自動車(本体)

ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > すべて

自動車(本体) のユーザーレビュー

(34881件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
自動車(本体) > レクサス > UX 2018年モデル

すべての病ますはまぬけさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:473人
  • ファン数:0人
満足度2
エクステリア2
インテリア2
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格2

【エクステリア】
うん。
実物を見ると「小さ」で終わる。
絶賛するレベルではなかった。
それでいて意外に幅はある。

【インテリア】
悪くないが、価格を考えたら「不可」レベル。
コンセプトカーのインテリアを期待していたから、期待外れになった。

【エンジン性能】
【走行性能】
【乗り心地】
良いと思う。価格対比なら普通。

【燃費】
試乗なので。

【価格】
トヨタchrとはエンジンが異なるが、実質兄弟車。
そう考えると非常に高いように思う。
試乗のみで見積りはもらってないが、値引きはまずないだろうし、単純に考えると支払総額は400万から500万。そこまで出す車ではなかった。

かって、NXとハリアーターボを比較したときと同様、
「レクサスブランド代金にどこまで支払うことができるか?」
と問答した結果に従うと金額的にアウト。
試乗してもそれが覆らない結果に終わった。

NXはハリアーターボが出た現在となると割高感が強く、レクサスSUVだとトヨタに兄弟車がないRXが魅力的。
が、RXの購入は頑張れば出来ても、サイズ的にはギリギリアウト。私たちには扱えない。いくら欲しくてもRXを買うために生活環境は変更できない。

【総評】
退職した妻のハスラーの後任をフィアット500など輸入車を含めた小型車、レクサスUXらコンパクトSUVにしようかと話していた。
ハスラーは買取業者に去年売却し、私の車などでスズキやホンダ、マツダ、レクサス、トヨタ、フィアット、プジョー、シトロエンを回ったが、2ヶ月弱考えた結論は「通勤用の車はいらないし、小さな買い物も近場等で可能なため、一旦保留」となった。

少なくとも、ホンダとトヨタには妻の感性に刺さる車はなかった。スズキクロスビー、マツダC3もデミオは一長一短で消えた。まだ、ジムニーシエラが良いとのこと。

購入可能なサイズの中では、シトロエンC3が一番欲しかったが、店舗があまりにも遠すぎた。
プジョー208も同様の理由で不可。フィアット500は試乗すると微妙だったらしい。

店舗が遠すぎるのを無視して、上記の輸入車にするか、ハスラーのフルモデルチェンジや、マツダ3を待つか。
はたまた、ジムニーシエラか。
または、多少ムリして私のハリアーターボ一台で過ごすか。

絶対に必要不可欠ではなく、感性や趣味嗜好と現実の制約が混ざると、即決即断の妻さえ迷う。
が、迷える余裕があることはまだしも幸せか。

レビュー対象車
試乗

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > ダイハツ > ハイゼット トラック 2014年モデル > スタンダード

ネット見ろさん

  • レビュー投稿数:43件
  • 累計支持数:303人
  • ファン数:2人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格無評価

【エクステリア】
外観に関して文句なし。キャリィより乗りやすいです。
【インテリア】
以前のクルマと比べたら、結構収納スペースがあるので結構便利です。
あとは、ドリンクホルダーがあるのがかなりありがたいです。
【エンジン性能】
今まで軽トラを乗って来ましたが、結構静かな方だと言えます。
【走行性能】
加速はいったて普通ですが、ある程度加速すると結構変速している音が入ってきます。
あとは、もたつきが気になります。
【乗り心地】

【燃費】
結構燃費は悪そうです。性格に測った事は、ないですが。前車が5位だったので。
【価格】
無評価とさせていただきます。
【総評】
ハイゼットトラックに乗り換えましたが、満足です。

レビュー対象車
試乗

参考になった7人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > トヨタ > C-HR 2016年モデル > G-T Mode-Nero 4WD

とある昭和のおっさんさん

  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3

ブラック×メタルストリームメタリックのツートンカラー

Mode-Nero専用ブラックホイール

ブラック シルバーステッチシート

2018年12月3日のMode-Nero 発売発表日に契約して2019年2月2日に納車しました。
2006年式ヴィッツRS(NCP91)からの乗り換えです。
納車後1,000km走行しましたのでレビューを書いてみます。

アラフィフおひとりさまのおっさんが1人か2人での乗車レビューになります。
今後はドライブ、登山、スキー、キャンプ等で目一杯使用するつもりです。

【エクステリア】
ネットの世界では評判が悪いですが、個人的にはとてもカッコイイと感じています。
真正面から見ると少々アレですがw 斜め前と斜め後ろから見るとキャラクターラインの印影がとてもきれいに見えて本当にカッコイイです。
色はブラック×メタルストリームメタリック(2NK)のツートンカラーにしました。
この色はC-HRのコンセプトモデルに近い色でMode-Neroの標準装備であるブラックのホイールにも良くマッチしています。

【インテリア】
発売してから購入まで2年かかりました。
購入をためらっていたのはGグレード標準のブラウンの内装が自分的にはかなりイマイチだったからです。
かなりの間購入を悩みました、ヴィッツの6回目の車検も近づいてきたので購入の決心をしましたがディーラーへ行った12月3日がブラックの内装のMode-Neroの発売発表日だったのでその場で即契約をしました。
ブラウンの内装もまぁ上品でいいと思うけどブラックの内装も渋くてスポーティーでカッコいいですね。
少々プラスチッッキーな部分もありますがソフトパッドやピアノブラックやシルバー加飾も使用していて結構上質感もあると思います。

【エンジン性能】
決して早くもありませんが決して遅くもありません。
スポーツモードに切り替えれば結構早ですね。
普段はノーマルモードで充分だと感じています。

【走行性能】
乗り心地がいいのにコーナーではほとんどロールしません。
86じゃないけど交差点を曲がるだけでもとても楽しいですw。
4WDでスタッドレスタイヤを履きましたが未だに雪道走行の機会が無いので4WDの走行感はまだ不明です。

【乗り心地】
タイヤはポテンザが標準で付いていました。
ポテンザなのでグリップが良いのは当たり前ですが乗り心地も良く静粛性も高いのでとても驚いています。

【燃費】
1,000kmまではエコモードで走行していました。
T-Connectアプリで確認すると1,646km走行で平均燃費は14.1kmとなっています。
高速道路がほぼ半分なんで街乗りではおそらく10kmちょいくらいではないでしょうか。
本当はノーマルモードで走りたいけど燃費を考えると今後もエコモードでの走行になりそうです。

【価格】
競合等は一切せずに見積書で出てきた金額で即サインしましたw
値引きは本体が20万円DOPが5万円の総額25万円でした。
9インチカーナビやドラレコを含めてDOPが60万円超となったので総額では300の後半近くとなりましたw
1,200ccの車が400に手が届きそうになるとか最近の車は本当に高いですね。
でも、DOPに拘らず量販店で楽ナビ等で済ませば最新の安全装備満載の新車が300万円を少し超える程度で買えると考えると意外と安いのかもしれませんね。

【総評】
ここのレビューを見てると色々と心配になりますがw 実際はとても良い車だと感じています。
この車のキモになるのは後席とトランク積載量だと思います。
正直、後席は狭く荷物も積めませんが後席大人2人のチョイ乗り程度ならそれほど気にはなりません。
大人4人、5人乗車で荷物も満載にして長距離を乗りたいならミニバンかハリアーか今後発売のRAV4を買った方が幸せになれると思います。
この車はファミリー向きではなく、若い子が初めて買うとか若い夫婦とか子供が巣立った年配の御夫婦とか私のようなおひとりさまのおっさんw がぴったりな車ですね。
その辺の使用用途さえ間違えなければ本当に良い車です。
久しぶりの新車なので今後も大事に末永く乗って行こうと思います。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年2月
購入地域
神奈川県

新車価格
284万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
5万円

C-HRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > ホンダ > フィット 2013年モデル > RS Honda SENSING

かふぇおれパパさん

  • レビュー投稿数:75件
  • 累計支持数:374人
  • ファン数:1人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能1
走行性能3
乗り心地3
燃費2
価格2

車検の代車で来たのがこれでした。
1週間借りて使った短期レビューです

【エクステリア】
MC後のバンパーの伸ばし方がエグすぎて、降雪地では邪魔ですし雪が積もってたまるだけです
何のために伸ばしたのか理解しがたいです
ぼてっとした感じが強いノーマルより確かにシャープかもしれませんが、機能や取り回しには無意味でしかありません
それ以外は他のグレードと大幅に変わるのはスポイラー類だけなので評価は割愛します

【インテリア】
純正バックモニター付きオーディオでしたが、カメラ性能の悪さもあって非常に見づらい
エアコンはタッチ式ですがピアノブラックのインパネパネルと共に埃が目立ちすぎます
シートは硬さはあるものの、メリハリがない平坦さが強く長時間ドライブには向かない気がします
RSなのですからドライビングポジションやシートにはこだわってほしかったところです

あと、なぜかシートベルトのバックルがやたらと硬く、リリースが結構難儀でした

ついでに言えば、ホンダセンシング。
初めて乗りましたが、標識認識は凄いと思いましたが燃費表示メインでしか乗ってませんがいかんせん表示が小さすぎ。
あれ、走行中見れる人って余程ですよね。
メーターの表示方法の共用化に固執しすぎな気がします。
液晶表示なのですから、なぜ目立つようにしないのか?
オドメーターや航続可能距離を上段に表示するより、余程重要なのでは?
そうでなければ液晶を上下2枚に増設して上段はセンシング系、下段は車両インフォとかのほうが実用的ではないでしょうか。
音声ガイダンスやHUDがあるわけでもないのにあの表示方法はいかがなものでしょうかね。



【エンジン性能】
一番気になったのがこれ
確かに新車に近いとはいえ、ハイカムに切り替わるまではNAで4WDのN-WGNなみのもたつきが酷いです
回すと確かに加速しますが、ローカムだと酷過ぎます
マニュアル固定(Sレンジ?)にしてパドルシフトを使っても同様なので、エンジン特性なのか当たりはずれなのか。
上が回らないのではなく、下が使えない感じを受けます
雪道とはいえ、ドライの箇所でも同様でしたのでVSA介入とかホンダセンシングによる制御とかではありません。

実際、住宅地の低速(30制限)で人をよけようと減速してその後踏んでも2テンポくらい反応しません
マニュアルモードで2速でも同じです
FFのRSなのに、まるで燃費訴求しすぎの1Lクラスのドン亀車両に乗ってるがごとくのエンジンにがっかりしました
回せば回るのですが、マニュアル固定で1速からの加速でもドン亀なのには価値を感じませんでした。
これは当たりはずれなのかはわかりませんが、正直に評価します
わかりやすく言えば昭和末期のどっかんターボでしょうか。
過給がきっちりかかるまでは全く使えないエンジン。街乗りで多用するであろう3000rpm以下での1.5Lとは思えない非力さに唖然としました
上記の通り3000rpm前後の常用域がNAのN−WGNや先代Fitの1.3Lと変わらないのにRSの名前つけてるのか?と。

【走行性能】
足回りやボディ剛性は一般道速度制限以下では全く問題ない気がします
思った以上に小回り効きますし、見切りも比較的良好です
伸びたバンパーも角を落としているので見切りにはほとんど影響してません。

荒れた雪道でも足がばたつきませんでしたし、ドタバタするような凸凹路面でもきちんとステアリングインフォメーションが出ていました
FFは先代Fitハイブリの1.3しか乗ったことがないので比較できませんが、現行1.3の4WDとタイヤの差もあって同等程度かと思います。
ただし、代車ですから雪道で振り回してないのでどの程度のスタビリティかは不明です

LKASの効果ですが、除雪で削れて目視ではわかるけどというレベルでは認識していません。
なのでレーンキープもできないのは動作確認しました。
がっつり雪道だとエラー出るのでしょうかね。

【乗り心地】
このサイズとしては十分コンフォートかと思いますが、スタッドレスであったことも一因かもしれません
ロードノイズはかなり遮音が効いていて音に対する疲労度は低いかと思います

【燃費】
街乗りレベルでしたが、借りた時点で1700kmのODDで11.2kmでした。
リセットしてからの街乗りは8.4
その後伸びて11.3がMaxでした。


【価格】
買ってないので割愛します

【総評】
総じてホンダは高いと言われますが、このクラスでこの価格でこのエンジンだと買う気はなくなりますね。
1.3Lにパドルシフトのほうが元気に走ってくれそうです
静粛性とのバーダーになりますが、ボディの重さは燃費と低速トルクの低さと相まってフィールを悪くしています
昨年登録の車両でこれですと、新型を待った方が後悔がない気がします
とにかく今回乗った車両のエンジンはぜんっぜん評価できません。
VTECどころか大昔のどっかんターボのような制御になってしまっていて残念としか。

逆にこれならば1.3Lのほうに好印象を持ってしまいました。

レビュー対象車
試乗

参考になった4人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > ダイハツ > コペン ローブ 2014年モデル > S (MT)

arakabupapaさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:108人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
0件
カーナビ
1件
0件
薄型テレビ
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費5
価格3

長男が自力で初めて買った車。

電動フルオープンこれに尽きる。
スポーツカーかといえばリアルじゃない
だが其れなりの雰囲気はある。

硬い乗り心地だがガッシリしたシャシー 剛性は高い
鋭くはないがリニアなハンドリング ビルのダンパー
少し遠いシフトレバーながらシンクロもシッカリしている
排気音は私の日常の足ムーヴターボと同じエンジンとは思えない重厚な味付け

オープンにして走れば非日常が味わえる。
レカロシート、モモのステアリング体に触れるものに金が掛けてある。

先日電動オープンにしているとき幼稚園児とそのお母さんらしき親子が通りかかった
幼稚園児は屋根が開く様子を不思議そうに固まってじっと見ていた。

オープンエア気持ちいい冬でもシートヒーターで寒くはない。
2百万越えの軽自動車高いと思う、しかし得るものも大きい。

SYVブーム何故だろう何が良いのか?


乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年1月
購入地域
福岡県

新車価格
207万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

コペン ローブの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > ルノー > メガーヌ 2017年モデル > GT

テルテールさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格5

【エクステリア】
RSほど主張し過ぎない、個性的な大人のデザイン。
【インテリア】
シンプルですが、身体が触れる部分の質感や操作感は本当に良くできている。シートの形状・アルカンターラの質感・かけ心地は素晴らしく、ステアリングやパドルシフトの操作感も文句なし。
【エンジン性能】
扱いやすく、十分トルクがある。レスポンスも良い。
【走行性能】
加速も制動もレスポンスよい。EDCも違和感なく素晴らしい。
さらに旋回時の気持ちよさの次元が異なっており、もはやFFとは思えない。過去に日産やトヨタのFRの4WS車に乗っていたが、その時よりも自然で気持ち良くコーナーを楽しめる。
【乗り心地】
剛性感のあるボディによく躾られた足回り、そして良く出来たシートが生み出す乗り味はこの本当に素晴らしく、このセグメントではぶっちぎりのNo.1です。
【燃費】
試乗なので不明
【価格】
この走りで339万円は素晴らしすぎる。よくやった。
【総評】
エンジン、ボディ剛性、足回り、ブレーキ、シートをはじめとした内装・・全てにおいてレベルが高く、このような車は国産メーカーでは生み出すことは出来ないでしょう。海外メーカーも同価格でこのレベルの車を世に送り出すことは出来ないでのでは。ファミリーカーとしてもきちんと成立してる本当に良くできている車です。

レビュー対象車
試乗

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > トヨタ > ルーミー 2016年モデル

イノカズ2426さん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:287人
  • ファン数:0人
満足度2
エクステリア2
インテリア1
エンジン性能1
走行性能1
乗り心地無評価
燃費無評価
価格1

【エクステリア】
ハロゲン仕様のグレードは安っぽい。。
LEDランプ標準装備のグレードを選ぶ方が賢い
【インテリア】
シンプル過ぎて、寂しい。最近の軽自動車がまだマシな方です。
メーターもショボい。。。

【エンジン性能】
試乗車がNAだったのですが、
もっさり感があるかな。。
のんびり街中を走るユーザーなら問題ないでしょうけど、
フル乗車で高速、坂道は本当にシンドそう。。
【走行性能】
足回りは悪くないのですが、リヤーのバタつきが気になった。。
【乗り心地】
乗り心地はいいけど‥アームレストが運転席のみで、助手席側はアームレスト無し?そりゃないでしょ😅

【価格】
もう少し頑張って、上ランクの車種の方がいいかなぁ?とは思います。
【総評】

レビュー対象車
試乗

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > トヨタ > プリウス 2015年モデル > A ツーリングセレクション

さとエマさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
 

 

購入してちょうど6カ月経過。走行距離1万キロ突破したのでレビューします。
購入前はホンダのグレイス、フィットHV、日産ノートe-power等と比較検討してました。


【エクステリア】
何かと酷評されていますが慣れるとそうでもない。乗り始めると愛着がわくしフロントは好み。
むしろプリウス=近未来感 を連想するならば無難なものよりこれくらい攻めたデザインでもいいと思う。遠近どこから見てもパッと見てすぐに「あ、プリウス!」とわかります。


【インテリア】
プラスチックを多用していますが、内装を高級っぽく見せるワザはさすがトヨタ車だなぁと思います。
ブラックで艶があるプラスチックなので、傷がつきやすいのと、ほこりが目立つのが気になりますが不満はありません。ハンディワイパーとかで拭けばいいし。
途中からマイチェン?でブラック内装を指定するとセンターコンソールもブラックになりましたね。シフトノブ周りだけは白のままだったので、どうしても嫌でオプションでブルージュエルに変えました。いい感じ。
コンソールトレイとシフトノブ周りは白だと皆さんおっしゃるように陶器…というか、トイレみたいですよね笑
夜間のライトに連動して、センターにある薄明かりのスポットライトと、ぼんやり足元を照らしてくれるライトは夜の飛行機みたいでおしゃれ。
センターメーターもフルカラーで色んな情報が出てきて先進的で、視認性もよくとても良い。
唯一残念なのが収納の少なさ…。グローブボックスも狭い。車検証入れるとほぼ何も入らなくなります。普段から車に荷物積まないからいいけど。
空力を意識したためか見切りも悪い。歩行者、自転車の巻き込みには注意必要。だからこそ車線変更時等にブラインドスポットモニターがあるのはほんとに重宝する。
後方も見にくいのでバックカメラは必須だと思います。


【エンジン性能】
ノーマルモードなら別に日常使いでも困らないし、高速の合流などいざというときの加速も気にならない。エンジンはかなり唸るけど山道もモーターと協同してさくさく走ってくれます。
エコモードにするとかなりもっさり…というか重たくなる。燃費もノーマルモードと全然変わらないので普段からノーマルモードで走ってます。
ホンダやスバルのように「アクセル踏んだら踏んだ分だけ反応して加速」というようなスポーティ感求める人には物足りないかもしれないけど、HV車だしトヨタ車だし…笑
自分は満足ですね。


【走行性能】
スピードを出しても、しっかりとステアリングを掴んでいなければ…というような、手に汗握るような不安定感はない。ステアリングががしっとしてて直進安定性が高いですね。
ブレーキもよく効いてくれる。先代までのカックンブレーキは大幅に改善されてると思う。
ただ、回生ブレーキと油圧ブレーキが切り替わる時にペダルがすっぽ抜ける?ような感じがして、効きが一瞬悪くなる時がある。
そして山道の下り坂とかで電池の充電がいっぱいになると油圧ブレーキのみに切り替わるのでブレーキフィーリングが大幅に変わって(つまり効きが弱くなって)ひやっとすることがたまにある。
改善されたとはいえやはりガソリン車のブレーキ感覚とは違うので、多少の慣れは必要だと思います。


【乗り心地】
TNGAの恩恵なのか、HV車で電池を積んでるため重心が下に向かってかかってるからなのか、17インチタイヤを履いてるからなのか、、
トヨタ車にしてはかなり硬めの足回り(感じ方は個人差があると思いますが)
自分は硬めの乗り心地が好きなのでこれくらいが丁度いい。いい意味でトヨタっぽくない味付け。
トヨタ車独特のフワッとしたような感じはなく、かといって不快な突き上げはなく、しなやかでマイルドな乗り心地。
ダブルウィッシュボーンが効いて段差などをしっかりいなしてくれるし、ばたつきも少ない。カーブもロールせずスピードを出してても怖い感じがしない。
そしてHV車だけあって静粛性はかなり高い。グレイス、フィットHV、ノート等比べて、遮音性は圧倒的にトヨタ車が優れてると思った。
皆さんおっしゃるようにロードノイズは少し気になります。 タイヤのせいかな?
今まで車酔いしやすかった人を乗せても車酔いしなくなったので乗り心地が改善されてるのは間違いないと思います。


【燃費】
夏場はエアコン25度、平均燃費28キロ前後。
冬場はエンジン結構回ってるので22〜24キロ前後。暖房切ってシートヒーターのみで走ればいいんだろうけど、合成皮革シートは冷たいし寒いので笑
HV車の宿命だと思いますが、暖房効き始めるのに時間かかります。5キロくらい走ってようやく暖かくなる。グリルシャッターついてるから先代よりはマシなのかな?
一回の給油で1,000キロは確実に超えます。大満足です!


【価格】
マイチェン前だったので値引き頑張ってくれてAツーリング総額乗り出し270万くらい。
安くはないけど、先進の安全装備、燃費、走行性能、乗り心地等考えれば妥当だと思います。


【総評】
総じていいクルマ。
さすがトヨタが力入れて作ってるだけはあるなと。 売れる理由がよく分かる。
大事に乗ろうと思います。最高!

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年9月
購入地域
茨城県

新車価格
292万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
15万円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > スバル > サンバー トラック 2014年モデル > TC

naoking777さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
6件
スマートフォン
0件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費2
価格3

2017年7月に新車で納車されました。
グレードはTC 4WDでATです。
乗ってない期間が長く2018年8月上旬までで1630kmくらいでした。8月上旬からはほぼ毎日乗るようになり現時点で8320kmくらいです。

自分は軽トラしか運転したことないので、この性能で充分満足してます。
不満な点を挙げれば燃費が10kmちょいしか走らないことと発進時に力不足を感じることです。まあ軽トラなので仕方ないと割り切ってます。
良い点としては一般道で80kmくらいまでなら問題なくスピードが出て、周りの車についていけることです。高速は80kmが限界でそれ以上は足も疲れるしエンジンにも良くないからやめてます笑
あと軽トラなのにパワーウィンドウやフロントフォグランプ、スマートキー、スチールホイールキャップが付いているのが気に入ってます。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
その他
頻度
毎日
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年7月
購入地域
群馬県

新車価格
106万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

サンバー トラックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > スバル > フォレスター 2018年モデル > 2.0Advance

STEVIE1981さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:89人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費2
価格5

フォレスター advanceようやく納車されました。
以前各社比較試乗し、5008、XC-40、ハリアー、CX-5などとの比較レビューを掲載し、家族の快適性からフォレスター契約に至った旨をレビューしました。今回納車後のレビューを再掲載します。

・エクステリア
流行りのエレガント系SUVとは対照的で、無骨で男らしさ溢れるスタイルこそフォレスターの魅力だと思います。
見た目のエクステリアより視界性能を最大限に確保してくれた事のメリットが大きく、運転に不慣れな妻もコンパクトカーからの乗り換えにも関わらず車格を気にせず安心して運転出来ています。
他車同様に各種カメラも装備してますが、やはり直接目視できる方が狭いエリアでの走行や駐車、幅寄せも素早く確実です。


・インテリア
オプションで選択したブラウンレザーとサンルーフのラグジュアリー感を高めているのは車内の高い静粛性です。本当に後席の子供と会話しやすいです。
2.5Lと共通ですが、後席ヒートシーター&エアコン、前後席の豊富なUSBや12v電源、収納ポケットも充実しており、家族が退屈しない快適環境が乗り手のカスタマイズ次第で自由に作れます。
ワクワクするほど広大な荷室にもコンビニフックや12v電源があり、本当に活用アイデアを考えるのが楽しい車です。
特に妻が助かっているのはバック時に自動で角度を変えるミラー、連動する障害物センサーの表示&音、そして座席位置を「瞬時に」ドライバーセッティングに自動で変えてくれるモニタリングシステムです。エンジン起動したまま、停車中に妻へドライバーが変わってもすぐに認識して座席を再設定してくれました。


・エンジン性能
Advanceが2.5Lと決定的に異なるのは極端な2面性を持つS/Iモードの存在です。

まずSモードにした途端、90km未満までの加速性能は「CVTの出足の鈍さを解消する機敏さ」で、2.5Lを数段上回ります。
90キロ到達くらいまではシートに身体をやや抑えつけられるような擬似ターボ加速が出るため、AdvanceはS/Iモード設定で大袈裟でなく別の車に変わります。

修正
iモードの場合、エコクルーズ時は80kmでも平坦な道路ではEV走行しましたが、一般道では下り坂などの条件が揃わない限り35km未満程度でしかEV走行しないため、実際は減速時や交差点、路地などしかEV走行はないと思います。
エンジンがかかる/かからない条件やアクセルワークに慣れないと、試乗時はバタつく方もいるかと思います。
試乗時は迷わずSモードをオススメします。


・走行性能
上述の通り、S/Iモードにより機敏に走りたいか、しっとり大人っぽく走りたいかの選択が出来るので、エンジンの回転数がやや高い事以外は不満はないです。
基本100キロ以上の速度で高速を毎日走る人は2.5が良いでしょうが、街中でのAdvance走行性能に不満を持つ低評価レビューの多くはiモード試乗でのレビューの方が多い印象です。
(※Iモードは従来フォレスターと完全に方向性の異なるエコモードなので、パワー不足を感じるのは当たり前です。SUBARUはAdvanceのここのマーケティング失敗してます。)

SGPの恩恵やハンドリングの良さ、Xモードの走破性は皆様のレビューの通りで、市街地、ワインディングまたは悪路であっても、スバル車種らしい「走る喜び」を感じられます。
これはSUVとして至極当たり前の事のようであって、実際に性能として体現出来ているSUV車種はこの価格帯ではとても限られている気がします。


乗り心地
車体の揺れがすぐ治まり、カーブも驚くほどロールがなく、子供が車酔いしにくいです。
街乗りではロードノイズやエンジン音も、角が取れ、しっとりした中低域成分しか入ってこないため、会話や音楽を阻害せず、気になりません。
後席は足元が広く、装備も充実で、4人核家族には理想的な車です。


燃費
街乗り中心で走行距離もまだ短いので10km/l前後です。
燃費よりガソリン容量の少なさ(48l)が気になりますが、2.5Lと同サイズの荷室スペースを維持する方が電池容量やガソリン容量をあげるより重要だと判断したのかなと思うようにしています。
この点からもAdvanceは街乗り向きグレードであり、単純に上位グレードとは言いにくいです。


価格
世界的評価の高いSUBARU予防安全性能&衝突安全性能、運転支援機能の全部入。
価格相応の価値があると断言出来ます。


総評
納車まで約三ヶ月、様々なレビューを拝聴しましたが、TVK「クルマでいこう」の中で岡崎さんが挙げた「魅力がわかりづらい」という言葉に共感してしまうと同時に、Advanceの魅力を端的に表すなら何かと考えてみました。
自分なりの結論は、新型コンセプト「Comfort for Loved Ones」の通り「同乗者快適性」だと思います。
運転者の快適性に優る車は数あれど、乗る人全員の快適性や安全面にこの価格でここまでリーチする車は少ないはずです。

そしてフェアにAdvanceの要改善点もあげておくと、

× 2.5に対してガソリンタンク容量が少なく、最大後続距離が短い
× Sモードでも100km以上の高速域になると加速性能が薄れる
× 基本的にエンジンの回転数が高くなりすぎる傾向がある

しかし×なポイントは主観ですが実用速度域での快適性とのトレードオフになった印象もあります。

・高速域まで一気に伸びる俊敏性が同乗者にとっても快適か。
・街乗りユーザーにターボ加速を楽しめる場面が実際どれだけあるか(一時的なSモードによる擬似ターボ加速で事足りるのではないか)
・荷室スペースを犠牲にしてまでも街乗りメインのユーザーに豊富なガソリンタンク容量が必要か

多分悩んだ末の価格とのスレッショルドがフォレスターAdvanceなのかなと思います。

それでも遠出は時々、基本街乗りの4人家族、ジェントルな静粛性と安全性は最大限に、でも子供と遊ぶ荷物は沢山積みたい。時々はSUBARU車らしく気持ちよく走りたい。
そんなワガママな私にAdvanceはドンピシャの仕様でした。

改善点もまだまだありますが、フォレスターAdvanceとても良い車です。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年10月
購入地域
千葉県

新車価格
309万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
20万円

フォレスターの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった80人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > スバル > インプレッサ スポーツ 2016年モデル > 1.6i-L EyeSight 4WD

かかくどんどんあがるさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格4

レヴォーグのレビューを書いたこともあり、せっかくなので、2年前の夏に北海道旅行で借りたこの車にも触れたいと思います。

【エクステリア】
レヴォーグ同様、あまり尖ったデザインでなく、個人的には好きです。
先代のインプレッサの角が少し丸くなったデザインかなって思いました。

【インテリア】
レヴォーグで触れたのですが、質感は上位車のレヴォーグとあまり変わらない印象でした。
なので、価格帯からすると、レヴォーグよりもお得感を感じてしまいます。

【エンジン性能、走行性能】
1.6リッターエンジンは平坦地で走る分には十分なパワーだと思います。
坂道はやっぱりもう少しパワーが欲しいなぁ、と思う場面はありました。
2リッターはこれより当然余裕があって、坂道もスムーズに走るのではないかな、と思います。

【乗り心地】
レヴォーグと比べたらベースグレードということもあるのか、好感の持てる乗り心地でした。
実は先代インプレッサもレンタカーで乗った事があったのですが、プラットフォームが新しくなった事もあってか、先代より大きく向上していると感じた点です。
レヴォーグもあれ位のサスペンションセッティングしてくれたら、と思ってしまいました。

【燃費】
2年前に乗ったレビューなので、記憶の彼方へいってます。

【価格】
価格帯としてはやや高いかなぁ、と感じてしまいますかね…

【総評】
新型プラットフォームに変わってどうなの?と思いながら乗りましたが、乗り心地に関していうと、この後に乗ったレヴォーグや先代インプレッサからは大きく向上していると感じました。

北海道旅行で当初はノートe-Powerを予約していましたが、かなりの距離を自分一人で運転することもあって、アイサイトの付いたこの車にしました。

おかげで4日間、約800キロだったと思いますが、快適に運転出来ました。
長距離を運転する場合、アイサイトもそうですが、クルーズコントロールの偉大さを実感しています。
時が流れて、アダプティブクルーズコントロール搭載車が増えた今ですか、アイサイトのコントロール技術は他社より上をいっていると思います。

ただ、そのアイサイトのバージョンアップが危機に瀕しているという情報を耳にしており、昨今のスバルを見ていると、その行く末が心配でなりません。

いろいろ問題があるのでしょうが、その問題を克服して、予防安全分野で他社をリードするような技術を取り入れて欲しいと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > スズキ > スイフトスポーツ 2017年モデル > ベースグレード

リョータくんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費4
価格5

【エクステリア】
納車当初は前モデルのほうが良かったと思いましたが、慣れてきたら愛着が湧いてきました。
【インテリア】
インパネ周りの赤が主張しすぎているような気がしましたが、マットを黒に変えてからは落ち着いた感じになりました。
【エンジン性能】
パワフルの一言。
街なかではターボの必要性を感じません。
【走行性能】
文句なし。
ただブレーキは注意しないとカックンにななります。
【乗り心地】
荒れた路面では硬さを感じますがこの手の車にしてはいい方じゃないでしょうか。
【燃費】
片道20kmほどの通勤メインで14 から15kmくらいです。
高速に乗ったらもっと伸びそう。
【価格】
皆さんおっしゃってますが破格ですね。
【総評】
10数年ぶりにMTに乗りましたが毎日の単調な通勤が楽しく感じられるようになりました。
全車は軽四のCVTで燃費や維持費の面でスイスポより安かったのですが楽しさは皆無。
単なる移動のための道具でしたが、この車に乗り換えてから趣味はドライブと言えるくらい満足しています。
ひと月で2000kmも走ってしまいました。
万人にオススメできる素晴らしい車です。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年1月
購入地域
兵庫県

新車価格
190万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
15万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > ホンダ > N-BOX 福祉車両 2018年モデル > G スロープ L ターボ Honda SENSING 4WD

jfmk2さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
0件
5件
タブレットPC
2件
0件
デジタルカメラ
0件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

◎購入を決定ずけた一番の理由

福祉車両+普段使いを考えて作ってある事

他社の福祉車両は立たせて収納するスロープなので買い物したときなど不便
その点N-BOX はスロープをスライドして出し入れするので荷物を置ける事

◎カスタムを選ばなかった理由は

タイヤの扁平率の影響が大きいのかサスが硬めなのか障害者の乗り心地が悪そうだったから

◎その他

後部席を簡単に倒す事が出来て、全面がフラットになるので空間が広く圧迫感がない
シートの座り心地も良い、又メーター類がハンドル上部に見え視認性が高い

普通乗用車が買える価格なので車両本体とオプション類に消費税が
かからないのはとても助かりました。

◎改良して欲しい所

4人乗りか2人+車椅子の2択しかないので3人+車椅子の設定が欲しい
車椅子の横に介護者が座れるような分割シートで全面がフラットになる見たいな

燃費は気にしていないのですが燃料タンクが25Lと小さいので以前(プレオ4WD)の車より
給油頻度が増えたような気がする。30Lは欲しいですね。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年10月
購入地域
福井県

新車価格
200万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

N-BOX 福祉車両の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > メルセデス・ベンツ > Bクラス 2012年モデル > B180

takokei911さん

  • レビュー投稿数:112件
  • 累計支持数:296人
  • ファン数:17人
満足度1
エクステリア無評価
インテリア2
エンジン性能1
走行性能1
乗り心地無評価
燃費無評価
価格1
   

   

せっかく書いたのに削除とは、どこからの圧力なのでしょうか。
代車で1週間乗ったままの印象なので、間違っているとは思いません。かいつまんで再掲します。

【インテリア】
この時代のA/B/CLAと共通した、安っぽいセンターパネルのインテリアです。400万なのにナビすらオプション。
新しいA/Bを待ったほうが良いと思います。

【エンジン性能】
【走行性能】
ひどいです。DCTの良さが全く感じられないキレのなさです。
クラッチを滑らせながら変速している感じです。コンフォートでも普通にやさしく踏んでいるとノンターボの軽自動車にすら置いてかれます。エコモードは全く使い物になりません。
焦ってアクセルを踏むとホイールスピン。DCTとエンジンの協調制御も不十分です。

【価格】
400万は高すぎます。中古価格の198万円なら妥当です。

【総評】
ミニバンがほしいならこれ以外にも選択肢はたくさんあります。Cセグ最良はゴルフです。
メルセデスのマークがついたでかい軽自動車と思えばだいたい当たりです。
家族連れならC/Eのワゴンをオススメします。

レビュー対象車
試乗

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > マツダ > アテンザセダン 2012年モデル

かかくどんどんあがるさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格4

※一部誤字や内容を加筆、修正させて頂きました。

今回、レンタカーで乗る機会を得ました。
我が家の18クラウンとの比較で投稿させて頂きます。

(エクステリア)
低くて、横幅ワイドということもあり、クーペセダンの様な印象です。
このデザインはセダンなのに古くさい印象が無く、セダンでも購入候補に上がります。
(個人的には最終型と言われる2018年モデルが一番カッコいいですね。デザインだけ見たら、即買いしてもいいかなと思いました。)

(インテリア)
クラウンと比較することが間違いとは思いますが、正直、マツダが「フラッグシップモデル」と言うなら、もう少し頑張って欲しいと思います。
特に「?」に思ったのは、運転席のヘッドアップディスプレイの表示。
はっきり言って、見にくかったです。
(後日2018年モデルの試乗記を読みましたところ、このディスプレイはフロントガラスへの投射式に変わっていましたね。見やすくなったのではないでしょうか。)
あと、トランクルームはサスペンションの張り出しが割と大きく、ゴルフバッグは2個程度しか積めない印象なのが気になりました。

(エンジン性能、走行性能)
2000ccモデルなので、やはりあの重い車重を動かすのには役不足はあります。が、割とよく回るエンジンだと思いました。
普段使いでも特に困ることは無いと思います。が、「あと少し」の余裕が欲しい時には不満が出るかも、です。
自分の所有するクラウンが3000ccなので、改めて排気量の差を思い知らされました。
ハンドリングですが、これはFRのクラウンと比べたら明らかにフロントヘビーを感じました。
次期アテンザがFR化するとの情報ですが、これはぜひ実現すべきかと思います。

(乗り心地)
クラウンとは対象的で、引き締まった感のある乗り心地かと感じました。
セッティングとしは悪くないかもしれませんが、正直もう少し柔らかい感じにしてもいいかなと思いました。
多分車酔いしやすい人には不向きな乗り心地かと思います。
(ウチの奥さんは間違いなくNGです…)

(燃費)
約500キロ走行。8割高速、1割流れのいい一般道、1割が市街地走行というところで、リッター約15キロでした。車載の表示は16キロだったので、ものすごく乖離は無かったかなと思います。
車重の割には良いかなという印象です。

(総括)
約2日間乗りましたが、疲れ知らずの車、という印象でした。
今回、フツーのクルーズコントロールしか付いていませんでしたが、18クラウンのクルーズコントロールと違い、下りの坂道などでも速度を保つ機能があるのは嬉しかったです。
(18クラウンは下りの坂道では速度が上がるので、クルーズコントロールは機能しません。)
あとヘッドライトがLEDで非常に明るいのは良かったです。ただ対向車の側からすると、あれって思いのほか眩しいんですよね。
スタイリッシュで良いのですが、上手く光源処理しないと、新たな交通トラブルの元になりますよね。

仕事でフィットなどの車に乗ることが多く、それとは車格が違うので当然ですが、あの重い車重に2000ccエンジンでありながら、そう思えるのは良いクルマだと思います。

ただ古いモデルのためか、やはり遮音性は今ひとつなのと、みなさんご指摘のマツコネの突然の誤作動の部分で評価は低くせざるを得ないところです。
マツコネはバージョンアップを繰り返していると聞いていますが、なぜユーザーの声が反映されていないのな、そこは不思議に思います。

2018年モデルは遮音性が大きく向上していると聞いているので、正直一度乗ってみたいと思います。

昔のマツダのイメージからすると、今のマツダ車はすこぶる良くなりましたが、このアテンザも含め、これからの改良に期待したいと思います。

もしこのモデルを買うとしたら、2500のガソリンモデルかな。
ディーゼルは燃費や燃料代を考えると良いなぁと思うけど、巷でよく聞く煤問題は深刻かと。
あれの改善のメドが立てば、選択肢に入りますね。

2018年モデルは現行最終モデルと言われているので、ある意味「買い」のモデルかもしれません。

レビュー対象車
試乗

参考になった5人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意