自動車(本体)すべて ユーザーレビュー

 >  > 自動車(本体)

ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > すべて

自動車(本体) のユーザーレビュー

(40366件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
自動車(本体) > BMW > 3シリーズ セダン 2012年モデル

gt2rsgt3rsさん

  • レビュー投稿数:36件
  • 累計支持数:213人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
36件
3件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費2
価格3
   

   

【エクステリア】
まさに普通の3シリーズの外見
【インテリア】
まさに普通の3シリーズの中身
【エンジン性能】
オートマのM3、見た目普通で最高
【走行性能】
bmwのフラッグシップレベル
【乗り心地】
普通に良い
秀逸
【燃費】
6.8km/1L
【価格】
776万円
M3より600万円くらい安上がり
【総評】
普通の見た目のバカっ速のbmw
まさに理想の1台
340iはベストな3シリーズの1台
オートマのM3

乗車人数
4人
使用目的
レジャー
その他
頻度
月数回以下
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > トヨタ > プリウスPHV 2017年モデル > A Utility Plus

ぽんたトラベルさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
5件
もっと見る
満足度3
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能5
走行性能3
乗り心地3
燃費5
価格4

【エクステリア】
モデリスタ&TRDのエアロ装着にてスポーティな感じに仕上がりました。4連もなかなかGOODだと思います。

【インテリア】
車内空間は思ったほど狭くないです。ただトランクはやはり狭い。全体的に高級感はないです。

【エンジン性能】
何と言ってもプリウスPHV。充電での走行、ハイブリッドでの走行、電費、燃費は申し分なし。
納車時2メモリ分のガソリンが入っていましたが、600キロ走って未だ給油なし。あと1メモリあり航続距離は185キロ表示。
恐るべしPHV

【走行性能】
モーター走行時はかなりいい感じのレスポンスで気持ちよく走ります。バッテリーが無くなりハイブリッドになった途端重たいだるさを感じますが、パワーモードにするとある程度解消されます。

【乗り心地】
今までがミニバンだったので、まぁこんなもんかなぁという感じ

【燃費】
文句のつけようがありません◎。一体1回の給油で何キロ走れるのか恐ろしく未知数です。

【価格】
この性能を考えれば決して高くはないと思います。

【総評】
電気だけでなくガソリンでも走れる安心感+高燃費で航続距離で言うなら鬼に金棒です。
次の給油はいつになることやら(笑)
この車の特徴でもあるデカナビは賛否ありますが、つけるべきです。
でないと、ポケットPHVが使えず、能力半減便利な機能が使えなくなります。
出かける前にエアコンを入れることで、周りの車のフロントガラスは白いのに、自分のは綺麗な状態になってます。
これだけでも、冬の朝は助かります。
その他ラインと連携したり、中々遊べます。
現状は物好き?が興味深々乗る車かもしれませんが、いずれはスタンダードになるでしょう。
その後電気なのか水素なのか別資源なのかわかりませんが、今はPHVが最適だと思ってます。
ただ色々な機能がありすぎて、勉強しないと乗りこなせない車ですが(笑)
充電カード納車と同時に欲しかった・・・

【追記】
大事な事を忘れてました。
充電設備についてですが、可能であれば自宅に200Vのケーブル付きで設置する事をオススメします。
この車の魅力はどれだけ電気で走れるかだと思ってます。そうなると日々の充電は必須で、日常の行動となりますので、なるべく手間なく充電できる方法での設備設置をオススメさせて頂きます。
ちなみに我が家は賛否ありますが、トヨタホームのケーブル付き壁かけタイプにしました。ケーブルを全て取り出す必要もなく、毎日快適に使用しています。あと5年保証も魅力でした。

【再追記】
2年乗り車内の狭さと、安全装備の過剰反応に嫌気がさし、補助金返納覚悟の上で手放しました。
PHVという機能は大変気に入っているので、乗り換えた車両は530eです。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年11月
購入地域
埼玉県

新車価格
382万円
本体値引き額
35万円
オプション値引き額
0円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > トヨタ > ヤリス 2020年モデル > X 1.5

ポテ山いも太郎さん

  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格4

【購入背景】
長らく家族共用の軽に乗っていたのですが、自分専用の車が欲しいと思い立ち検討。
カタログなどで調べた結果、ホンダの新型FITとトヨタの新型ヤリスに絞りました。
予算の都合でハイブリッドは除外、グレードもFITはBASIC、ヤリスはX(1.5L)での比較です。
最終的にヤリスの購入を決意。FITとの比較も踏まえつつ、納車から1か月ほど乗った評価です。

【エクステリア】
良くも悪くも個性的だと思います。
正面の第一印象はイマイチでした。あんぐり口を開けたような独特なグリルがどうも好きになれず。今となっては慣れもあって愛着が沸いています。
横からのフォルムや後ろ姿は好きです。特にリアはテールランプ間の横一直線の黒い装飾が引き締まってて良い。個人的に黒ルーフのツートンカラーが映えるデザインだと感じています。何はともあれ外見は好みが分かれそうです。
ヤリスの凄いところは全グレードで全ボディカラーが選べるんですよね。ベースグレードでもツートーン可能。この設定って他の車種で見たことがないので結構画期的だと思います。背伸びしなくても自分の好きなカラーを選ばせてくれるとは何とも懐が深い。実際ヤリスに決めた理由の一つです。密かに憧れのあったツートンにしました。色に関して妥協がない分、所有欲が満たされます。

【インテリア】
居住性や積載量を売りにしている車ではないのである程度覚悟していましたが、やはり室内は広いとは言えません。特に後席の快適さや乗り降りに関しては同クラスのFITに完敗します。とはいえ運転席が狭苦しいということはなく視界もそこまで悪くありません。滅多に3人以上乗らない自分にとっては優先度の低い部分でした。
選んだグレードがグレードなので内装の高級感はありませんが、そこまでチープだとも感じません。
難を言うなら前席周りの収納が不便。電子制御ではないハンドブレーキのお陰で手の届く位置の収納が死んでます。また運転しながら使いやすいドリンクホルダーが無い。申し訳程度にこまごまとした棚がそこかしこにあるけど大したものは置けず使い勝手が悪い。
あとまれに車で仮眠するので運転席のシートがフラット近くまでリクライニングしないのも残念。ちなみにFITはフラットまで寝ます。
散々な言い方をしましたが、ヤリスの他の魅力を考えれば余裕で妥協できる範囲です。

【エンジン性能】
ハイブリッドは試乗していないのでガソリン車のみの評価になります。
前提として1000tと1500tがあり、乗り比べてみると歴然とした差があります。
1000tはどうしても非力さが目立ちます。アクセルを踏んでからワンテンポ遅れて加速する感覚、エンジンもすぐ唸って結構うるさい。ちょっとした坂道でも無理してる印象です。1000tの方だけで走りを評価するなら正直☆2くらいです。
それに比べて1500tの方は文句なしに素晴らしい性能だと思います。とにかく加速の良さが感動的でとても気持ちいいです。
試乗した際、1000tとは段違いの走り出しに驚いたのを覚えています。
アクセルのレスポンスがとても良く車を思い通りに走らせている感覚。加速時はそれなりに唸りますが無理してるような甲高い音ではなく不快ではありません。
色々な車に乗りまくった訳ではないですが、この価格帯でこの走りを実現できるというのは驚異的だと感じます。
ヤリスに決めた最大の理由がこの走りの良さです。

【走行性能】
加速の良さは前述の通り素晴らしく、ハンドリングも軽快で良好。コンパクトさも相まって駐車場などでの取り回しも良いです。オプションでパノラミックビューを付けたのですが、歪みもなく夜でも見やすく、安心快適に駐車できます。
車と一体化したような感覚で「運転って楽しい」と素直に感じられる車です。
走行モードがエコ、ノーマル、パワーの3種類あるのですが、基本的に街乗りならエコで十分。パワーは加速が良すぎて街中ではむしろ持て余します。高速で本線合流する際などにパワーモードを使いますが本領発揮と言わんばかりに劇的な加速を見せてくれます。
クルーズコントロールを使う場面は少ないですが、高速道路の長距離運転時にはやはり重宝します。ゆるやかなレーンアシストもあり加速減速が極端ではないので快適です。
クルコンが全速度対応ではないのが悔やまれますが、電子パーキングを犠牲にすることによりこの価格を実現しているのだと思えば目をつぶれます。
でもFITは全グレード電子パーキング付いてるんですよね…

【乗り心地】
ノイズや揺れなどはそれなりにありますが、乗っていて気になるレベルではありません。と言いつつ比較検討した新型FITの方が静粛性や快適性は格上です。居住性と快適性のFITを取るか、走りが楽しいヤリスを取るか。1人乗りが多い自分に迷う余地はありませんでした。

【燃費】
街乗り近距離で10qそこそこ、信号が少ない道や高速道路なら25q近く出ます。給油間の平均でおおよそ15〜17qくらいに落ち着きます。
ハイブリッドには全然敵いませんが、ガソリン車にしては十分合格点だと思います。しかもこのスポーティな走りを実現しながら。

【価格】
排気量、グレード、オプションなど多岐に及ぶ選択肢があり、自分の好み通りにカスタマイズできる車です。自分は色々オプション付けた分、グレードを落として予算内に収めました。欲しいものを付けて不要なものを削る。その選択肢が広い分コスパは良いのではないかと思います。

【総評】
大満足です。予算内でベストな選択をしたと思います。
決して万能な優等生ではなく長所と短所がはっきり分かれた車だと思います。FITと比較検討したことでそれを顕著に感じました。
室内空間など妥協点も多いですが、何といっても走りが良くて運転が楽しい。
自分の為に買う車としてはそれが一番でした。もしこれが家族の車として3人以上で乗ることが多いとしたらFITを選んでいたと思います。
ヤリスで走ればちょっとした外出もワクワクします。単なる移動手段以上のものがこの車にはあると感じています。

比較製品
ホンダ > フィット
乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年9月
購入地域
茨城県

新車価格
159万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

ヤリスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > マツダ > MX-30 2020年モデル

やすお〜さん

  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
0件
14件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費1
価格5

【エクステリア】
普通に見えるのですが、よく見ると色々手がこんでいます。他の車と並ぶとかなり良いですね。
さすがマツダ。

やっぱり格好いいです。

他のマツダ車とは違って可愛くも見えますし、女性受けはいいと思います。

【インテリア】
これはもう文句なし。
この内装に勝てる日本車あるのかな?
というぐらいです。

乗る度に気持ちいい。

【エンジン性能】
車体重量に対してはっきりとパワー不足
マイルドハイブリットのモーターも48Vにする事も出来たのになぜ24Vにしたのか?
ハイブリットのシステムの重量が足を引っ張ってしまって、あきらかに重い。

そもそも、10年以上前の他社ハイブリットシステムにすら性能で負けすぎ。

なんちゃってハイブリットになっているのが惜しい


【走行性能】
トルクなどのパワー不足を置いてしまえば、走行に関してはかなりゆったり乗れます。
スムーズに運転も出来ます。

高速に乗ると途端に苦しくなる。
エンジンが足を引っ張っている感じです。

安全運転支援も良くできていますが、特筆すべき点はありません。

【乗り心地】
基本的にはとても楽に運転できます。
コーナリングもとてもスムーズ。
高速になると、直進性が悪く感じますが車のターゲットは走り好きな人ではないと思うので問題ありません。

ブレーキのききはじめが弱いので、慣れるまで怖いです。
停車する時と発車する時のガクンという制動が大きいですが、マツダ車は全体的にこのあたりの出来が悪いので、仕方ないと思ってます。

【燃費】
マイルドハイブリットの効果は全くありません。
都市部だと酷い時は10`/gを切ります。
マイナーチェンジの時にモーター出力をあげないと売上は伸びない気がする。。。

【価格】
オプションとかつけまくっても、同クラスの他社の車より50万〜100万円以上安いです。
下手すると下のクラスのフィットやヤリスより安く買えます。

日産のノートよりも100万ぐらいは安いです。

【総評】
気持ちよく運転が出来る可愛い車です。

燃費は最近の車とは思えないほど悪いですが、燃費を気にしない人でデザインが気に入った人なら買って後悔はしないと思います。

ここまでハイブリットがダメだとは思わなかった。

おそらく全国で10000台までぐらいしか売れない車なので、特別感が逆にあって買って良かってです。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > 三菱 > デリカ D:5 2007年モデル

nonayu615さん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:157人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格5

レンタカーで借りる機会があったのでレビューします。
素人目線でのレビューです。

【エクステリア】
いい意味で個性的なデザインだと思います。
無骨な感じがとても良いです。
山道なんかを走ったりキャンプに行ったりしたくなるようなワクワクする感じです。
ミニバンながらもSUVテイストもあって、これならミニバンでもいいなという感じでした。

【インテリア】
非常に分かりやすい配置で、ごちゃごちゃしておらずに良いインテリアだと思います。
すっきりまとまりのあるデザインです。
ヴォクシーなどのライバル車だとハードプラ剥き出しで安っぽいですが、この車は結構質感が高く見えます。
SUVテイストがあって最低地上高が高めに取られているせいか、ライバル車に比べると室内空間は狭めに感じましたが、それでも十分な空間はあるので不満は感じませんでした。

【エンジン性能】
ノイズなどは十分に静かで振動で大衆車に乗る私としては不快感を感じることはありませんでした。
しかも、ディーゼルにしてはすごく静か。
ディーゼルターボのトルクの太さは優秀で、グングン加速して楽しかったです。

【走行性能】
ミニバンとは思えない走りの良さでした。
楽しかったのはもちろんのこと、ロードノイズや風切り音も少なく、快適に過ごせます。
また、ミニバンなのにロールの不快感をあまり感じません。
そりゃ荒い運転をすればロールはすると思いますが、普通に運転していてロールで不快感を感じることは一切ありませんでした。
走りも安定していて凄いと感じました。
走破性も当然ながら抜群でした。
ハンドルの反応もバッチリです。

【乗り心地】
ミニバンは乗り心地が犠牲になっているイメージがありますが、この車はいい意味でミニバンとは思えない乗り心地の良さでした。
足回りはちょい硬めのセッティングです。
踏切などの段差は上手くいなし、普通に滑らかに走ってくれて、不快感を感じることはありませんでした。
嫌な突き上げはないと思います。

【燃費】
燃費は…ライバルに比べると悪いです笑
リッター8〜9キロと言ったところでした。
まあ仕方ないですね笑

【価格】
乗るまではちょっと高めに感じていましたが、乗ればこの車の良さが分かります。
走り、乗り心地…本当に素晴らしかったです。

【総評】
価格は高めでもライバル車よりも質感が高いので、これなら少し高い金を出してでも買う価値はあると思います。
走り、乗り心地…などなど非常によく出来た良い車です。
ミニバンなので仕方ないですが燃費がもう少し良ければ…笑
ミニバンをご検討の方、ぜひ試乗をおすすめします。

レビュー対象車
試乗

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > マツダ > ロードスター RF 2016年モデル > VS (MT)

のるとんさん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:200人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア2
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費5
価格4

ndロードスター ソフトトップのオーナーです。

【エクステリア】
正直、rfの形状がどうにも、、、
前から見ると気になりませんが、後ろ・斜め後ろからの見た目が好きになれません。
私はソフトトップの方が美しいと思います。(特にオープンにした時)

【インテリア】
こちらはソフトトップと共通です。
エアコンスイッチ周りはデミオと一緒。この車に華やかなインテリアは望んでいないので、必要十分です。

【エンジン性能】
明らかにソフトトップよりもパワーがあります。流石2L 184ps、2速でメーター読み100kmまでいくので驚きました。また、100kmからの伸びも素晴らしいです。(ソフトトップモデルは100km以上になると非力感が出て厳しい)

高速道路を巡航していても、ソフトトップであれば「5速に落とさなきゃな」と思う場面でも、6速のまま余裕で加速していきます。しかし、ソフトトップの1.5Lの方が、エンジンを回す楽しさや高揚感はあると感じました。
高速巡航の回転数は高く、100km〜120kmで2500〜3000回転です。

ワインディングを気持ちよく流すならソフトトップ、高速道路をドイツ車の様に余裕を持って巡航したいならrfに軍配が上がると思いました。

【走行性能・乗り心地】
前提条件として、ソフトトップは15インチでアドバンスポーツv105、rfは17インチでポテンザs001です。

そもそもタイヤとしてv105の方が柔らかく、しかも15インチの為、乗り心地はソフトトップの方が良いです。また、軽さの面でもソフトトップの圧勝、ハンドリングの気持ち良さが全然違います。
ただ、高速巡航の安定感はrfの方があります。(ドイツ車的)また、静粛性もrfの方が良いです。しかし、正直、静粛性についてはソフトトップもrfも、どっちもどっちです。デミオ改めmazda2の方が高速巡航時は何倍も静かです。

(追記)
2点、追記いたします。
@装着タイヤ(ポテンザs001)について
次の理由から、ポテンザs001は良くないのではないかと感じます。
1つ目は、固さです。ポテンザはドライグリップやハンドリングは良いものの、乗り心地は突き上げが大きく、お世辞にも良いとは言えません。そもそもRFは2LのNAエンジンであり、ポテンザs001ほどのハイグリップタイヤは不必要と考えます。

2つ目は静粛性です。RFはせっかく静粛性が高いのに、ポテンザがロードノイズを拾い過ぎているために、常に「ゴー」っと耳障りな重低音が車内に響きます。

ポテンザではなく、もう少しコンフォート寄りのタイヤを履いた方が良いのではと思いました。

A風の巻き込み音について
これは少し驚きました。ソフトトップでは気にならなかったのですが、ハードトップは速度が上がると、オープン時にかなり耳障りな風の巻き込み音がします。(タルガ部分に当たっているのでしょうか・・・)オープンにして運転する頻度が高い方は、ソフトトップの方が良いと思います。

ここまでRFの気になる点を書いてしまいましたが、その欠点を十分に補えるほど2Lエンジンの加速はとても気持ちが良いです。ソフトトップに2Lエンジンがのれば文句無しなのですが・・・

レビュー対象車
試乗

参考になった4人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > メルセデス・ベンツ > Cクラス セダン 2014年モデル > C180

gt2rsgt3rsさん

  • レビュー投稿数:36件
  • 累計支持数:213人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
36件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格4
   

   

新車で安く必要にして十二分の内容で、メルセデスの中から選択しました。AMG A45からの入替ですが、後悔無しです。見た目、本国仕様のエクステリア、16インチホイールに225/55r16のコンチネンタルタイヤ装着、見た目ほんとショボい、内装布、パークセンサー前後無し、バックカメラのみ、手動のオンパレードですが、1490kgと今時軽く、そこそこの加速感、ほぼガンガン乗っても10km/1lとソコソコの燃費、正直言って、十二分です。c200、c220d、c63s、と色々乗りましたが、C180最廉価版で十二分と辿り着きました。レーダーセーフティは、選択出来ると言う名の押売り強制オプション、最初期に購入の為、199,000円だかのコストを払って付いてましたが、これはこれは標準装備にするべきの装備です。長年乗りたいですねー。本国にあるC160でMTが有れば、それが欲しいと思ったくらいです。贅沢言って4マチックも付いていたら、言う事無しです。

乗車人数
4人
使用目的
仕事用
その他
頻度
毎日
重視項目
快適性
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年8月
購入地域
群馬県

新車価格
436万円
本体値引き額
95万円
オプション値引き額
0円

Cクラス セダンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった33人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > BMW > 3シリーズ ツーリング 2019年モデル > 320d xDrive Touring M Sport

フツコヒさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:58人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
ウェアラブル端末・スマートウォッチ
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4

念願の320d xDrive ツーリング Mスポーツ 黒を購入しました〜。個人的にこれまで乗ってきた車の中では中身も値段も最高峰なので、しっかりレビューしておこうと思いました。3,000kmくらい走りました。
【エクステリア】
まず外見は率直にカッコいいです。フロントは、キドニーグリルがくっついて、横長になった事でワイドな感じが強調されました。ヘッドライト、デイライト、ウィンカーの光り方も良いですね。BMWレーザーは付いていませんが、非常に明るいですし、ライトを見ただけですぐにBMWだとわかります。
サイドは、いかにもFRっぽいスタイルで、目立つキャラクターラインなどはありませんが、美しくスポーティな雰囲気を醸し出しています。
テールランプが超カッコいいです。ココは好みが分かれているようですが、購入を決めたポイントの一つと言っても良いくらい好みです。立体的な造形で、切長なL字型がとてもスマートで、かっこいいです。
【インテリア】
インテリアについては、実はあまり期待してなかったのですが、乗ってみて、見てみて、質感など格段に進化していると感じました。
メーター系はフルデジタルで見やすくなり、また必要な情報が全て表示されています。
あとシートが良いです。標準の合皮とアルカンターラのコンビですが、見た目、座り心地ともに素晴らしいです。オール本革のオプション付けるか迷いましたが、標準がかなりいい感じだったので、やめました。
ナビの画面も大きくて見やすいし、操作系も直感的に使えてgood!あとApple Carplayも今回初めて使いましたが、コレ良いですね!iPhone使いには最高です!
後部座席のシートも広くて、エアコンのコントロールやUSB-Cが2つも付いて、大満足です。
最後に荷室ですが、広さは普通。オプションで付いてくる滑止めの機構がすごく便利。本当に荷物が滑らないんです。またテールゲートの自動開閉が早かったり、ワンタッチで後席の背もたれが畳めるボタンが付いていたりと、至れり尽くせりです。文句の付けようがありません。
【エンジン性能】
今回初めてのディーゼル車を購入したのですが、こんなに良いとは思いませんでした。まず数字上でもわかる通り、トルクがすごいです。走り出しはもちろん、走行中にちょっとアクセルを踏み足しただけで、ツインターボがどの回転域からでもビューンと加速していくので、チョー気持ち良いです。ちょっと変な例えですが、ドラゴンボールの界王拳みたいな感じ…わかりづらいてすかね…。あとは音と振動についても車内ではほぼ気にならず、ディーゼルとは思えないくらいで、ホントびっくりするエンジンです。BMWのディーゼルってこんなに良いのか!と、とにかく驚きました。
【走行性能】
直進安定性、クイックなハンドリングとこのエンジンと相まって、ホント病みつきになります。普通に街中を走っているだけでも楽しい。特にハンドリングは、これまでに経験したことないほど感動的で、乗ったことない人は、とりあえず全員黙って試してほしいです。それくらい素晴らしい。ハンドルも普通の車は1.5回転くらい回るものですが、この車は1回転しか回らないんですよ。少しの操舵角でもツツーッて曲がっていくんです。ホントよだれが出ますよw
【乗り心地】
まあ敢えて難を挙げるとすればココでしょうか。先ほども書いたように、私は運転しながらウットリよだれを垂らしていますので、乗り心地に不満などもちろん無いのですが、ツーリングという車の特性上ガッチリ固められた足回りと18インチのランフラットタイヤとの組み合わせは、正直だいぶ固い乗り心地で、同乗している家族は、声に出して不満こそ言いませんが、特に後席は、酔っちゃったりするかもなあ、と思ってしまうほど固いです。それでもBMWはずっとランフラットタイヤを履き続けているので、フラフラしているメルセデスなんかよりはずっと洗練されていて、良い方ではないかと思うのですが…どうですかね?
【燃費】
これだけエンジンの出力があるのに、東京辺りを普通にコンフォートモードで走って、13km超えてきます、また高速では、半自動運転でエコプロモードでほったらかしにしていると20kmくらい行きます。軽油ですし、全く不満ありません。
【価格】
車両本体価格の666万円をどう考えるかですが、3シリーズと考えるとちょっと高いなと思ってしまいそうですが、乗ってみたら納得できると思います。私はこれまで国産車のみで、今回初めてBMWを購入しましたが、価格が高い理由がようやくわかり、納得しました。これならしょうがないと。乗れば乗るほど良さがわかり、最近ではもしかしたら安いかも?とまで感じるようになってきました。
【総評】
ちなみにADASなんかもすごいんです。ACCは、もうほぼ自動運転で、前に車がいれば、普通の国道でもただハンドルに手を添えているだけで、ずっとほったらかしです。速度調整やハンドルさばきも見事で、カクカクフラフラするような挙動はありません。ちょっとこれまで乗った車とは次元が違うと感じました。他にも色々伝えたい事が山ほどあるのですが、そろそろ文字数がいっぱいになりそうなので、この辺でやめます。ただこの車、オプション込みで700万円超えていますが、全然高くないです(もちろん値引きはしっかりしてもらってくださいね!)。当分は乗り続けるつもりです。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年9月
購入地域
東京都

新車価格
666万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
20万円

3シリーズ ツーリングの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > 三菱 > エクリプス クロス PHEV 2020年モデル > P

ペポピーさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

【エクステリア】
多少いかついですが高級感ある見た目に仕上がってると思います。
ラゲッジスペースが高めの位置にあるのもあってラゲッジのドアが高めで開ける際に少々重さを感じます。

【インテリア】
私は満足してますが内装は可もなく不可もなく。ナビはもう少し頑張ってほしいのと、収納関係は多少不便さを感じます。

【エンジン性能】
トルクはかなりいいです。高速域の加速はそこそこですが、Tarmacモードに切り替えるとキビキビで若干頭持っていかれるくらいの加速力を発揮します。信号待ちからの出だしはほぼ負けなしになれそう笑
静粛性も相まって、走行中のエンジン音は全く気になりません。

【走行性能】
モーター特有のスイスイなめらかな加速で、重さを感じさせない浮いているかのような走りです。
日常的に雪道、凍結路走りますが、Snow、Gravelモードを駆使すると圧巻の走りを見せます。初期型の2.4Lガスランダーに乗っていましたが、同じタイヤでも雪道性能は比較にならないほどいいです。雪国ではトップクラスの実力だと思います。

【乗り心地】
静粛性が非常に高く、パワーサウンドシステムの音質も申し分ないです。ロックフォードに比べ、ウーファーによる低音の臨場感が少し劣る程度かと。
目視での後方見切りはあまり良くないかな、アラウンドビューなので問題ないですが、、

【燃費】
冬場(-5℃付近)に高速道路でほぼカタログ値の16km/Lを叩き出しました。街乗りだと13km/Lくらい。約2tあることを踏まえると上出来だと思います。

【価格】
走行性能やphevということを考えると高コスパかと思います。今なら全国的に補助金で20万くらい貰えるし自動車税の免除などもありますしね。


【総評】
満足のいく買い物でした。末永く付き合っていきたいと思います。

使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年12月
購入地域
青森県

新車価格
447万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

エクリプス クロス PHEVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > ホンダ > ヴェゼル ハイブリッド 2013年モデル > HYBRID Z ホンダ センシング

まじむめもさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:86人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
3件
自動車(本体)
2件
0件
ノートパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

1年と少しお世話になりました。いや、いい車でした。

前車はプリウスα
家族3人(両親と中学生男子)が乗る車で検討していました。
車を移動手段としか考えない我が家にはリアスペースが不必要だったため、乗り心地を優先して選びました。

トヨタでC−HRを紹介されたのですが、あまりにも後部座席が狭く、加えて後ろが見にくいもので、どうしたものかと悩んでおりました。そんな中、ふらっとホンダに入り、展示車のヴェゼルに乗ってみて、「いいじゃん、これ!!」と。

街乗りメインで1万キロ弱、高速は数度しか利用しませんでした。本当はもっと家族で遠出するはずだったのですが、コロナめ…
しばらくは遠出もできないなあという事と、そろそろ新型が出るだろうし発表より早い方が下取り価格もいいだろうと見積もってもらったところ、結構な金額が提示されました。(キャー ラッキー!)
1/12に売却決定、1/18に新型発表の通知と、ジャストタイミング!
しばらくは必要に応じてレンタカー生活です。

ということで、ヴェゼルとの思い出を振り返りつつ(涙)レビューを…。

決定的な難があったわけではありません。子どもには「ヴェゼルが(で?)よかったのに…」と言われました。
ただ、運転者目線で「これが難よね…」はありました。


【エクステリア】
★「ザ・ホンダ車」というデザインで「絶対イヤ」という人は少ないのではないかと思います。
トヨタのように攻めてるわけでもなく、キレイにまとまっていると思えます。まあ、これは好みですよね。
★「ザ・ホンダ車」デザインですので、車に詳しくない妻はすれ違ったフィットを「あれもヴェゼルだ…」なんて言っていました。
ゴツさは必要ないと思いますが、ヴェゼルの特徴はもう少しあってもよいかなと思いました。
モデルチェンジに期待です。

【インテリア】
★キレイだと思います。樹脂と革調部分を良い感じで配合していました。
ピアノブラックも高級感をUPさせていました。
★ギアの下にUSBコネクタとスマホスタンドがあるのですが、この数年でスマホがずいぶんと大きくなり、スタンドに立てきれないものが多くなっているのではないでしょうか。
少なくとも、わたくしの5.5インチ画面のスマホはスタンドには立てかけられませんでした。
あと、そこにスマホ置くと、運転席からは見えないので、降りる時に忘れてしまうことが多々ありました。

【エンジン性能】
★夫婦とも車を楽しむタイプではなく、移動手段として用いるくらいですので、購入してからずっとエコモードで用いていました。
それ程性能を求めていませんが、普通に良かったです。
★トヨタとホンダでは ガソリン⇒モーターの切り替わりにやはりそれぞれのクセがあって、私は結構意識してEVモードで運転するようにしていたのですが、最後までうまくその転換点を見つけることができませんでした。
逆に、あまり気にしないで運転している妻の方が、上手にハイブリッドを使いこなしていました。

【走行性能】
★下取り店に持っていく最終走行の時、はじめてスポーツモードで運転しました。
本当に最後だけでしたが、やっぱりレスポンスがいいなあ…。
★ACCは、高速道路は数えるほどしか運転しなかったので、幹線道路で何度か用いてみました。
やはりこれは全速度域対応が欲しいと思いました。多分、次モデルは全速度対応していますよね。

【乗り心地】
★運転席のシートはカッチリと身体をホールドしてくれるというイメージです。
運転疲れはしにくいと思います。
ただ私はゆったりと座るほうが好きでした。これも好みでしょう。
★頭上空間や、後部座席等、このサイズのSUVの中で、ダントツに広いのではないでしょうか。
3人以上で乗る時には、欠かせないポイントです。子どもが常時くつろいでいました。

【運転のしやすさ】 ※ここに、改善してほしいことがあります!!
★バックの時に、左のミラーが自動で下を向いてくれるのは、駐車線の確認のために、とても便利だと思います。というか、下を向いてくれないと、ミラーの形状上、駐車線が見えないので、困る。
(下取り査定の時に、業者さんが設定を変えてしまったようで、ラストドライブの際の車庫入れ時にミラーが下向かず、どのスイッチをいじればよいかもわからずで、ちょっと焦りました。)
★左ミラーの耳たぶについてもいろいろ意見が出ていますが、個人的にはけっこう便利でした。

★【運転席からの視界】、ここに難を感じました。
Aピラーの形状とサイドミラーの位置故に、左前方が見えにくいのです。
ヴェゼルの難はこれに尽きると思います。
信号のない横断歩道で左からの歩行者や自転車に気付きづらかったことや、右方向から合流する際に本線から来る車が見えにくかったことなどで、結構「ドキリ」がありました。
同じくホンダのシャトルに乗ってみると、左前方はとても見やすくなっています。あんな風にしてくれればなあ…と心から願います。

【燃費】
★良い方だと思います。
ほぼ街乗りでしたので、初め半年は、意識して走って リッター16〜18キロ
後半は、ずいぶん慣れてきてあまり意識せずに走って 13〜15キロでした。
街乗りとは言え、平地ばかりでなく高低差も結構あるので、こんなものなのかな…と。
プリウスαよりほんのちょっと少し少なかったですが、公表されている数値との差はプリウスαより少なく収まっていました。

【価格】
★全車取扱いとなったトヨタさんほどとはいかないまでも、ちゃんと値引きをしてくれて、そしてC−HRよりも安く収まりました。 お買い得だと思います。
★しかも、リセールの良いこと!! ヴェゼルでよかったと最後まで思わされました。
価格でも、品質でも、満足だったので、またホンダさんに戻りたいなぁ…。

【総評】
★改めて、いい車でした。
新モデルでは、ホンダセンシングが発達してくれているはず。そして、何よりあのAピラー問題(あくまで私の中の問題)が解決していれば、また戻ってくるかも…。
いや、戻って来させて! 

レビュー対象車
新車
購入時期
2019年11月
購入地域
兵庫県

新車価格
276万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

ヴェゼル ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > トヨタ > スペイド 2012年モデル > G

半熟ゆで卵さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

掃除機
0件
1件
水槽
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

低床と、前後席がひとつながりになった広い室内空間が、それぞれのライフステージで多大な効果を発揮しています。

足を患っている父を送り迎えするときは、低床と室内高のおかげで腰をあまりかがめなくても楽に乗り降りでき、

実家からの引っ越しの際は、軽トラばりの積載能力で3人掛けのでかいソファや電動自転車を運び、

パートナーと2人で出かけた際は、突然の雨でも助手席を倒してテーブルにし、社内でおやつを食べながらやりすごして、

子供が生まれてからは、広いスライドドアからのベビーカーごと乗り降りや、後席に空間を作ってのオムツ替え、前後席ウォークスルーで車外に出ずに運転者の交代、など

それぞれのタイミングで、道具としての車として大活躍しています。

▼走りについて
走りに関しては特にこだわりがありませんが、一回り大きいシエンタなどと同じ1500ccなので必要十分な性能だと感じます。山道ではSモードで走れば、特にパワー不足も感じません。
低振動で静音性もそこそこ高いと思います。

▼エクステリアについて
細い抜け道を通る機会が多いので、コンパクトサイズなのは重宝しています。

デザインは、キリっとしたフロントに対して、リアがコロっとしたデザインで正直若干ちぐはぐ感があります。ポルテと共通仕様だからしょうがないですが。
リアルーフスポイラーを付けるとリアにエッジが出て、幾分かちぐはぐ感が解消されます。工賃込み4万弱くらいで、比較的お手ごろなのでオススメ。



▼不満点
他でも良く書かれていますが・・・
・スピーカーの音がしょぼい(エイジングで最初の頃よりちょっとは良くなってるかも)
・助手席に座ると腕を置く場所が無い
・助手席を起こしているとスライドドア側から後席へのアクセスが狭い
・システム面で最近の安全装備が無い

安全装備以外は慣れたので今はもう特に何も感じません。


総じて、日常生活に寄り添う大変使い勝手の良い車だと感じています。
終売は残念ですね。

使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年1月
購入地域
千葉県

新車価格
178万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

スペイドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった6人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > ポルシェ > 911GT3 2013年モデル > RS

gt2rsgt3rsさん

  • レビュー投稿数:36件
  • 累計支持数:213人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
36件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費1
価格1
   

   

転売ヤーの餌食になったモデルです。ポルシェの姑息な販売戦略なので仕方ないですが、フェラーリカリフォルニアTがまあまあな金額で売れたので購入しました。カートに乗ってる感覚に陥る車。公道で全く性能を活かせないモデル。本籍地はサーキットですね。乗り心地はなかなか良いですよ。日本に正規車両は何台入ったのでしょうかね?希少性があるので、車庫に入れっぱなしの方が多いような気がします。サーキットで260kmhくらい出しても、真っ直ぐは、FRの安定感には敵いません。マジ走りしたいのであれば、gt3のカップレーシングカーを買って乗った方が安上がりです。街中ミーハーで乗れますが、ミラー畳めないので立体駐車は不可。ポルシェ純正品のロベルタ車高調付きなので、段差はなんとか気を遣わずに乗れます。フル加速は458とドッコイか、やや遅いくらい。カリフォルニアTだとターボ加速なので、置いていかれます。gt3rs価値は、軽さ、ハンドリングであり、それはポルシェのが優位。本気で乗りたいポルシェ製作のナンバー付きのレーシングカーが欲しい方は是非gt3rsを。真っ直ぐ速く、デートカー的な使い方は、ターボSをオススメします。ポルシェ911ターボSなら、大概のスーパーカー、真向勝負になりますから。gt3rsは女史ウケ殆ど無いです。市場で、あり得ない金額で売りに出てます。買うのも一苦労、乗りこなすのも一苦労、維持も一苦労、なモデルですが、いざ乗ると、仕方ないな、この快感の代償か、と、なってしまいます。最後のNAと騒いでますが、どうなるのですかね。

乗車人数
1人
使用目的
その他
頻度
月数回以下
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年12月
購入地域
東京都

新車価格
2530万円
本体値引き額
80万円
オプション値引き額
0円

911GT3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > ダイハツ > ミラ イース 2011年モデル > L

Kaz_TMTさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費5
価格無評価

お借りして片道100qの通勤(一般道/高速 5:5)で使わせていただいている最中です。1名乗車。

【エクステリア】
これは各自の好みなので。シルバーとか黒ならファニーな外観が多少薄まりますかね。

【インテリア】
機能性としてバツ。こんな狭い室内で運転席⇔助手席のウォークスルーいるかな?その分は収納にして欲しい。

【エンジン性能】
良く走る!スペック表の数値ではしょぼいけど、エコ運転に徹しなければ、出だしから70q/hぐらいまでは軽快に速度を上げていきます。
高速の合流加速はちょっと物足りない感じですが、100q/hに乗せてしまえば余裕で巡航できます。120q/hからの再加速もいけるみたいですよ?(すっとぼけw)
軽のNAでこれだけ走るのに、軽ターボって乗ったことないけどすごいんでしょうね。
この車は車重、エンジン、CVT制御のバランスが素晴らしいなと感じます。

【走行性能】
これもビックリ。高速も安定。高速カーブも緊張せず安定してクリアしてくれます。
峠には行っていませんが、攻めた場合ヘアピンカーブはロールが激しそうでタイヤが早期に限界なのは想像できる。

【乗り心地】
一般的には悪いっていう評価になってしまうかも。
私は気になりませんが。

【燃費】
これだけガンガン踏んでエアコンつけて19q/Lも走るバケモノ。

【総評】
軽のNAは走らないって良くインプレで書かれてますが、めちゃくちゃ走るじゃないですか!操安性だって20年前のトヨタ車よりあるんじゃない?っていうくらい良くできてる。
日本の車ってこのロワーレンジから完成されちゃってるんですね。
目から鱗の一台でございました。
次の車は軽でいいです。っていうかミライースがいいです。乗ってて楽しい!

レビュー対象車
試乗

参考になった10人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > 日産 > キックス e-POWER 2020年モデル > X

ニックネームいらんくね?さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:206人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格3

5000kmを超えましたので最後の更新を。

【エクステリア】
フロントマスクが新しくなって高級感が出て俄然良くなったと思います。スタイルもバランスがいいしかっこよくて気に入ってます。海外版のエクステリアだったら間違いなく買ってなかったです。

年末頃から街中でキックスを結構見かけるようになりました。自車はダークブルーで高級感があって気に入ってますが、イエローも実際見てみるとすごいかわいくていいなって思いました。色によって印象が随分変わります。

【インテリア】
安っぽいとの口コミもありましたが質感は気になりませんでした。
もう少しグローブボックスやアームレストの収納スペースが大きいとよかったのにと思う。
あとアームレストの位置が低くそのままでは機能しないように思います。ここは是非修正してもらいたいところ。

ナビは大きくて見やすいので良いと思いますが、もう少し位置を上にして視線が下に移動しないよう変わると尚よしです。

オーディオのイコライザーを調整したら音質が思いの外よかったです。社外品でスピーカーなどをグレードアップしようと思ってましたが十分な音質だと感じて純正のままにすることにしました。

ラゲッジルームも広くてよいです。荷物が沢山乗せられるので助かります。
ただフルフラットにならないのでそこに拘る人は合わないのかも。私はシートを全部倒して使うことは皆無なのでマイナスにならなかったですが。

オプションのラゲッジソフトトレイは安っぽいので買うなら社外品の方が良いと思います。唯一オプションで失敗したと思いました。

【エンジン性能】
街乗りで不満を感じることはまずないと思います。
低速から中速への加速はとてもよいです。

高速・山道などではスマート、街中ではエコモードがそれぞれ合っているようで使い分けるとストレスフリーな運転ができると思います。

余談ですがモーターの駆動音なのか、キュイーンって感じの音がすごい好きで、あの独特な未来感(笑)のある音が私的には最高です。

【走行性能】
ワンペダルは初めてでしたが慣れると良い意味で他の車に乗れなくなりそうです。
アクセルもハンドルも軽くてほとんどブレーキを踏まなくていいのは本当に運転が楽。

あとe-powerドライブが真価を発揮するのは左折右折などのコーナリング、山道の下り坂や急カーブ時のような気がします。
トレースコントロールあたりの効果もあるのかもですが、ブレーキを踏まなくても回生ブレーキで減速でき、振られるような感覚もなく、小回りが良いのも相まって楽に曲がれるので運転がうまくなったような気がして運転が楽しくなります。

プロパイロット標準装備でハンドル支援とクルーズコントロールで高速道路の運転はほぼお任せできます。
一般道でも国道などで道なりで進む場合は普通に使えますので長距離移動が格段に楽になります。

四駆がないことを気にされる方もいるみたいですが雪山を走ることもないので私的には不要と言うかあっても買わないと思います。

車体サイズのわりに小回りがきくのでアラウンドビューモニターとセットで狭い駐車場でも駐車がしやすくてとても助かります。

【乗り心地】
視界は広いと思います。
エンジンで発電しているとき以外は静粛性は非常に良いです。

ゼログラビティシートは好みがわかれそう。
運転しづらさや疲れやすさもないので私は合ってるのかもしれません。
後部座席は特に狭く感じないのでファミリーでも問題ないと思います。

あとインテリジェントルームミラーが結構おすすめです。
荷物や後部座席の人の頭が視界を遮ったりすることがなく後ろの車のライトを眩しく感じるようなこともなくなりますので重宝します。

悪路はなかなか走る機会もないのでわかりませんが通常利用の上では乗り心地は良いと思います。

【燃費】
5000km走って平均燃費は21.2km/Lです。
冬場は少し燃費が落ちるなと感じていて年間通すと20km〜21kmぐらいで落ち着きそうな気がします。

高速は燃費はよくないです。85km以上ぐらいになるとガソリン車と同じとはいいませんがあまり差はないと思います。

私は特に不満はありませんが
トヨタの最新のハイブリッド車に比べると燃費は少し劣るのかも。
トヨタ以外のメーカーのハイブリッド車と比べた場合は勝ってるんじゃないでしょうか。

【価格】
ナビレコパックが高いのが難点ですがプロパイロット標準装備に加えSOSコールスイッチや踏み間違い衝突防止機能、インテリジェントエマージェンシーブレーキなど、各種安全機能などが標準で装備されており、他社にはないワンペダルドライブの楽しさ、快適さを考えると妥当な値段だと思います。

【総評】
非常に満足してます。
すっかり愛着もわいて、エクステリアと運転のしやすさ・乗り心地にどんどん惚れ込んでいます。
モデルチェンジが何年後になるかはわかりませんが次もまたキックスを買っちゃいそう。

日産はアンチが多いようで、メーカーの好みからくるアンチコメントが多く出回ってますが、キックスに関係ない内容だったり、評価を下げたいだけでレビューになってないものなども散見されますので、アンチコメントはさらっと受け流して、実際に見て乗ってみて判断することをオススメします。

人によって重視するところは違いますが、私の場合は同クラスのSUVだとデザイン的にはC-HRかキックスしか眼中になかったので、エクステリアが好みではなかったヴェゼルやCX-30はこの時点で却下しました。
ヤリスクロスの発売も控えていて気にはなってましたが、後々見ると後部座席の狭さとインテリアの圧倒的な質感の低さが気になりやっぱり待つまでもなくナシだったなと思いました。

最終的には駐車スペースを考えて小回りがきき、C-HRより車体サイズが少し小さめにも関わらずラゲッジルームはC-HRより収納力があり、後部の視認性も良いという事でキックスを選択しました。

実際に納車されて乗ってみて我が家ではキックスを買って正解だったなと思っています。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
ファミリー
快適性
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年8月
購入地域
千葉県

新車価格
275万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
15万円

キックス e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった142人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > BMW > 7シリーズ セダン プラグインハイブリッド 2016年モデル > 740e iPerformance M Sport

gt2rsgt3rsさん

  • レビュー投稿数:36件
  • 累計支持数:213人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
36件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
   

   

6月下旬に所用で富士スピードウェイに行く際に借りた際は、印象が悪かった。それから一ヶ月、740d xdriveを薦められ悩んだ末に、740e Mスポーツに。理由は2リッターながら258ps+モーター68psで使い方を熟知すれば…が最大の理由。同時に税金も安くなる。セコいと思われるが、この国は何でも税金を納めなくてはならない。非常に税金に悩まされる…3リッターと11500円毎年差額が出るのであれば、2リッターを選ばない手はないかと思う。何時も、説明も大して受けないが、今回の740e納車の際、e driveのレクチャーをきちんと受け、長距離移動しながら帰宅した。3モード切り替えがあり、オート、充電重視モード、モーター駆動のみのモード、で、頭を使いながら切り替え行い200km走行時の燃費13.2km/L。新車と言うこともあり、至極丁寧な運転に徹した。が絶句…この車格でなら半分が相場燃費…。

サマリー
生まれて初めて、ハイブリッドを所有した感想は、ハイブリッド恐るべし、だった。パワー、乗り味、エンジン+モーターの制御、どれを取っても、非の打ち所がない仕上がり。最初は、最悪だった印象が最良に変わったのは、レクチャーした、購入した営業マンのレベルの高さも、功を奏してる。感謝。740d x driveが良かったかな…と、納車日まで思ったが、いざ納車されて、740eで心底大満足。

乗車人数
4人
使用目的
レジャー
その他
頻度
月数回以下
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年7月
購入地域
神奈川県

新車価格
1310万円
本体値引き額
100万円以上
オプション値引き額
100万円以上

7シリーズ セダン プラグインハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった9人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意