自動車(本体)すべて ユーザーレビュー

 >  > 自動車(本体)

ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > すべて

自動車(本体) のユーザーレビュー

(36894件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
自動車(本体) > テスラ > モデルS 2014年モデル > ルーディクラス パフォーマンス

nabe pearlさん

  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地2
燃費5
価格2

【エクステリア】
デザインは気に入っています。

【インテリア】
同価格の車と比べてかなりチープです。

【エンジン性能】
内燃式エンジンの車では味わえない、ダイレクトレスポンスの楽しさがあります。

【走行性能】
とにかく、思うようにキビキビと動いてくれるので面白いです。
回生ブレーキを使うことで、通常走行時は、完全停車をする以外ほぼブレーキを使わなくてもOKです。

【乗り心地】
他メーカーの同価格の車両でも大型ホイールに扁平タイヤを履いて乗っていた経験が複数台ありますが、
テスラの乗り心地はそれらと比べて正直よくありません。
特に後部座席に乗車した時のロードノイズは、車両価格とのバランスが悪いです。

【価格】
車の品質に比べて高いですが、大型バッテリーにお金を払ったと割り切ると、現時点では仕方がないと、気持上割り切れるできる価格です。

【総評】
高額車ですが、決して高級車ではありません。
この部分を勘違いして購入されると後悔すると思います。
同価格帯の他社メーカーに比べると車としての作り的にかなりチープに感じますが、乗っていて全く違った感覚で楽しめる車です。
2018年式のベンツSクラスも所有していますが、それと比べても自動運転のレベルはかなり高いです。





乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週3〜4回
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年6月
購入地域
東京都

新車価格
1293万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

モデルSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > トヨタ > スープラ 2019年モデル > RZ

Lichyi Blueさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:48人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
14件
デジタルカメラ
0件
5件
レンズ
4件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

3リットルツインスクロールターボエンジンは、低回転からのフラットかつ強大なトルクが強烈な加速とゆとりある走りを両立させている。リアタイヤの接地感がリアルに伝わってくるので、安心してスロットルを開けられる。狙った通りのラインを駆け抜ける走りは素晴らしく、自分の運転が上手くなったんじゃないかと錯覚してしまう。これは最新の電子デバイスがしっかりと仕事をしている証。しなやかな足まわりはグランドツアラーとしても通用する。ショートホイールベースだが直進安定性は抜群。静粛性も高く、ジェントルな乗り心地。街乗りでの燃費は4〜5km/l。高速で16km/lまで伸びる。積載性を問う車ではない。大人が2人も乗れる。それで十分。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
広島県

新車価格
702万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

スープラの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > トヨタ > RAV4 2019年モデル > X 4WD

コロロ425さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
22件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費2
価格4

【エクステリア】
・初めて見た時は「絶対adventure」と思ってましたが、色々考えてXにしてみると眺めるたびに無骨さの中に洗練さが感じられ、今ではこちらの方が好きになりました。
・個人的に斜め前方からの眺めが一番好きです。外でタバコを吸いながらニヤニヤ眺めています(笑)

【インテリア】
・なによりカーナビの位置が高めで見やすいです。
・あと、最初はわかりませんでしたがアームレストに3ミリほどの隙間があるのでコードが挟まらなくて良いです。前の車はアームレストの下に凹みがあったのでそこからコードを出してましたがRAV4では凹みがなかったのでどうしようかと思ってました。プラズマクラスターを購入して設置場所を探してる時に偶然見つけました。

【エンジン性能】
・前のアウトランダー(2.4リッター)に比べると排気量が小さいからか非力な気がします。
・朝一番の始動時のエンジン音がかなり大きいです。(こんなものかもしれませんが気になります)

【走行性能】
・初めてアダプティブクルーズ?の車に乗りましたが高速では手放せなくなりそうです。疲労が全然違います。高速では前車の速度に合わせて減速する時に一番疲労を感じるということがわかりました。減速も勝手にやってくれるので疲れません。
・ただ、一度だけバイクが急に前に割り込んできてすぐにまたその前の車も追い越して行った時はバイクの速度につられて速度が上がってしまい焦りました。

【乗り心地】
・試乗したエクストレイルよりは地面の凹凸を拾っているように感じます。
・回転数がある程度上がった時の乗り心地は快適です。
・大人5人で出掛けましたが後部座席の人には広いと好評でした。さすが「アメリカ人が5人乗っても大丈夫」というコンセプトで作られた車です。

【燃費】
・ガソリン車なのでそこまで過度な期待はしていませんでしたが燃費は期待外れでした。会社の往復が多いせいかもしれませんがリッター約9.5キロが平均です。
・遠出した時はリッター約12キロほどだったと思います。13年前に購入したアウトランダーとあまり変わりなくがっかりしました。技術はもっと進歩してると思ってました。

【価格】
・adventureやハイブリッドにするとオプションや税金込みで軽く400を越えてしまうのでしょうが、Xであれば350を切ります。私の場合はスキッドプレートやシートが動くやつ?とか19インチのタイヤとかが不要でしたし、シートもファブリックの方が好みだったのでXにしました。
・ただ否定しているわけではなく、いずれもあれば便利なものばかりなのでしょうが何万円もプラスするほどの価値は見出せませんでした。
・9インチナビやオプションになっている安全装備、スペアタイヤ、基本的なオプションなどは付けています。
・Xで唯一の不満は本革ステアリングがオプションでも選べないことですが、これまで乗ったどの車よりも上質なウレタンステアリングだと思います(笑)。太さもちょうど良く滑りません。今後もしかしたら編み込みの本革にチャレンジするかもしれませんが。

【総評】
・まだ1000キロほどしか走行していませんし遠出もほとんどしていないので車がこなれてきて印象が変わればまたレビューするかもしれません。総じて良い車だと思います。Xを購入している人の割合は少ないみたいですが、車は所詮自己満足なのでそこまでこだわりがなく別なところにお金を掛けたいという人にはオススメです!

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年6月
購入地域
青森県

新車価格
288万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
15万円

RAV4の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > ボルボ > V60 2018年モデル > T5 Inscription

てんぐおーさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
2件
モニターアーム
1件
0件
Bluetoothスピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4

【エクステリア】
XC90以降の新しいボルボデザインは精悍さと迫力が増して、迫力のあるでも下品・いやらしさの無いデザインでとても気に入っています。
【インテリア】
白系のブロンド内装と決めていたんですがやはりかっこいいです。汚れは確かに気になるのでコーティングをお願いしました。
運転席シートのすわり心地がとてもよく、シートエクステンションが合って自分のシートポジションが決めやすいです。また、シートベンチレーション、後席まであるシートヒーター、4ゾーンエアコンなど車内で快適に過ごせる機能が満載です。
【エンジン性能】
254馬力もあるとは思えないほどマイルドなエンジン特性です。
もともととばす気にならない車ではあるのですがある程度走ったらポールスタープログラムも試してみたいです。
【走行性能】
前車がゴルフ7でこの車もとても走行性能が高く満足していましたが、V60になると車が大きい分さらに安定感が増し、体感以上にスピードが出ていることがあるくらいです。アップダウンとカーブがきつい中国道でもストレス無い走りです。
【乗り心地】
やや固めな乗り心地でありながら全体的にやさしさを感じる乗り心地です。
乗り心地に関しては一切ストレスがありません。
オートパイロットも自分の間隔にとても合っていて2,300kmほど走りましたが怖いと思ったことが全くと言っていいほどありませんでした。
【燃費】
高速道路で14〜15km、一般道で5〜12kmと思ったよりは悪くありません。2000ccで250馬力を超える車としてはこんなもんじゃないでしょうか?
しかし、前車の燃費がとてもよかったため燃料系の減りが気になってしょうがありません。
【価格】
これだけの安全装備が標準でこの価格なら納得です。ほとんどオプションを選択する必要がありませんでした。
また、たまたま見つかった在庫が後席シートヒーターとステアリングヒーターがついていた(価格的にはおまけしていただきました)のがさらにラッキーでした。
【総評】
V60に決めるまでにいわゆる「ドイツ3」も長時間時間借りて試乗してみましたが、V60のストレスのないシートとしなやかな乗り心地が一番私に合っていたので決めました。
大変良い買い物ができたと思っています。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
新潟県

新車価格
599万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

V60の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった5人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > トヨタ > RAV4 2019年モデル > HYBRID G

XFOUR92さん

  • レビュー投稿数:87件
  • 累計支持数:2106人
  • ファン数:13人
満足度1
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能1
走行性能1
乗り心地3
燃費無評価
価格2

家内と2LのFFと2.5L-HVの4WDに試乗したが、家内曰く、「この車、壊れていません?」だった。
結論から言うと、2LのNAも2.5LのHVも他の皆さんが仰っているように余りにも非力だ。
スポーツモードでも市街地で扱いにくく、高速では全く期待できないと感じた。

2LのNAは171hp、21.1kだが、最大トルクの発生回転数は4,800rpm。
普通のドライバーは普段せいぜい3,000程度しか回さないと思う。
性能曲線は判らないが、3,000rpmでは90Hp、18K程度と推測され車重が1,600Kg強だから走るわけもなく、そしてCVT。
CVTは発進用ギヤ付きだが、走り出してしまえば、やっぱり滑りまくりのいつものCVT。走っていて全然楽しくない。
2.5LのHVには期待した。
フロントに20.6K、リアに12.3Kのトルクを発生させるモーター積んでいるのだから、踏めばグイッと加速すると思っていたが・・・見事に期待を裏切られた。
2Lより少しマシな程度で何よりも踏むと不快なノイズが五月蠅い。遮音材ケチった?

いつも思うのだが、CVT、そろそろやめませんか?
北米仕様の2.5LにはCVTではなく新開発の8速ATとのこと。
アメリカでは何故か車の価格は日本車に限らず独車でも本国より安いが、同じ価格で日本は2L、アメリカでは2.5L、オプションも多く用意されている、みたいな印象を受ける。

CVTに否定的な事を言うと、メーカー勤務の友人は、CVTに合わせたドライビングが必要。特性を理解してドライバーが車に合わせたろと。

この発言こそが本質だと思う。

何故なら、CVT搭載車でも数少ないが、ATと比較してもラグが気にならない、許容範囲の車があるからだ。
その多くは、低速トルク型、或いはトルクバンドが広い車だ。しかし、RAV4の2L NAは低速トルクが豊かとは言えず、1,600Kgと重い。明らかにミスマッチ。
メーカー側は半数のユーザーは不満を抱くが、半数はこれでよしとすることを承知の上で、10点満点中8点ではなく5点、6点を狙ってきていると感じる。
一方で北米ではラバーバンドフィール、CVTラグは販売戦略上もネックと判っており、2.5Lに排気量アップして8速ATとし必要十分の8点を狙ってきたと感じる。
それで価格がほぼ同一なら、日本のユーザーは馬鹿にされていないだろうか?

CVTにはコスト、燃費、重量という利点もあるが、コスト面は日本ではユーザーよりもメーカー側に還元されていると感じる。
エンジン開発にしても、まずCVTありきだからこそ、ダウンサイジングターボが少ないのではないか?
ダウンサイジングターボ車は昔の様にラグが大きいドッカンではなく、高燃費もスポーツドライビングも可能でドライバーに選択する余地がある。しかし、RAV4にスポーティなドライビングはHV車でも厳しい。(HVはパワーデバイスで無く燃費デバイス)
まさに車に合わせて運転しろである。
なんで?高いお金を払って車に合わせる必要があるのか?
踏んだら、すぐに反応した方が良いに決まっている。人間の感性はそうできている。
※FF用の8速ATは2.5LエンジンとセットでRAV4の他にカムリ等に採用するとされたが、残念ながらカムリも日本向けはHVのみ。それどころか、プレミアムのレクサス NX300やRX300含め2Lターボは未だにエンジン性能を引き出せない古くさい6速AT。ボルボの2Lターボは5年前からアイシンの8速採用だから、TOYOTAが如何に北米を重視というより、贔屓しているかが判る。

CVTは日本特有のガラパゴス。
近い将来、様々な形でモーターの時代になったら真っ先に消えていくとメーカー自身が言っている。

問題の本質は、CVTではなく作る技術があってもコスト他の要素が優先でユーザーに良い車を提供する意志があるとは感じられないこと。
それは今のレクサスの出来から外れてないように感じる。

動力性能は散々であったが、ハンドリングもいただけない。
何よりもステアリングを切ってからの反応が鈍く曲がらない!
正確には曲がるまでにタイムラグがある。これは一体どういうことだろうか?
これでSUVを名乗るのなら、TOYOTAの奢り以外の何物でも無い。
C-HRと比べても明らかにモッサリ。話にならないハンドリングだ。
ここは日本。アメリカンのハンドリングは要らない。

試乗車はディーラーOPのナビ等で¥430万弱と言うプライス。
TOYOTAが仲の良いBMWのX1のsDrive18iというFFモデルはナビ標準で438万からだ。褒められたことでは無いが、場合によってはTOYOTA車の10倍以上の値引き。
1.5Lの直3ガソリンターボで、140hp、22.4kながら1,500rpmで最大トルクを発生することとDCTだからか?馬鹿みたいに軽快に走る。
日本人として、スープラがBMW丸投げに情けないと思ったが、RAV4の出来がここまで酷いといっそ、X1ベースのOEMもありかと思った。
そして、TOYOTAの技術者が提携した際にMAZDAに負けていると認めたことをネットで読んだが、ここまで堕落したかと・・・

メディアで良い車作りますと言うモリゾウさんの答えがこれならガッカリですね。
TOYOTAには良い車を作る技術も能力も、販売力もある。しかも製造業では日本一だ。
いくら市場の性質が異なるとは言え、日本でも流石TOYOTAという車に乗りたいです。

レビュー対象車
試乗

参考になった129人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > フォルクスワーゲン > ゴルフ 2013年モデル > GTI Dynamic

Claymoremoreさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:382人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
49件
レンズ
0件
1件
シェーバー
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4

まず初めに自分はアンチ外車な人でした。同程度のクラスなら国産車の方が安く買えるし信頼性も高いのに外車に乗る人の気が知れない。外車に乗るのは見栄で乗ってるだけだろう・・・なんてずっと思ってました。w
試乗するきっかけはマツダ3の試乗でした。ネットの評価が良かったので期待して試乗してみると普通な感じで可もなく不可もなく価格がが高すぎな気がする車と言う印象でした。じゃあCセグのベンチマークと言われるゴルフってどうなのよって事で試乗したら目から鱗が落ちました。



【エクステリア】
正直言ってゴルフは地味ですけど、GITになると赤いラインが室内外にあって多少派手になります。
背面にはGTIのエンブレムしかないので、物凄くあっさりしてます。
ぱっと見クラウンと同程度の価格には見えませんが、自分的にはそこが良いと思ってます。
逆に外車にステータス性を求める人には全く合わない車ですね。

【インテリア】
こちらも赤い光の演出があったり、シートの柄などがあって華やかになってます。
左のウインカーも直ぐに慣れましたが、咄嗟の操作ではワイパーが動きます。(^^;
日本車ではハイビームやアダプティブライトを使う時にウインカーレバーを前方に動かしますが、ゴルフは1回前方にプッシュするだけです。日本車方式だとウインカーレバーの位置が前方に遠くなりますが、この方法だと変わらないので操作し易いです。
ただし3ターンウインカーは節度が悪く可なり注意深く操作しないとならないのが面倒くさいです。
デジタルメーターも見易いし色々な情報を表示出来て便利です。乗る前はメーターとメーターの間の狭い場所にナビを表示しても見難いだけで意味がないのではと思っていましたが、視線移動距離が格段に少なくて済むので凄く便利でした。

【エンジン性能】
ノーマルのゴルフでも十分速かったですが、GTIだと十分過ぎるくらいです。アイドリングストップからの復帰も殆ど振動等もなく快適です。マツダのCX-5はガソリン車でも酷い振動があったので、外車を見直すきっかけにもなりました。

【走行性能】
高速道路が一番合う感じです。スピードが出れば出るほど安定する感じで、さすが常用スピード域が高い国の車だと感じました。
まだ冬を経験していませんが、今まで四駆にばかり乗っていたので冬の雪道走行に懐疑的でしたがゴルフは日本車より滑りません。とのことなので期待しています。

【乗り心地】
走行モードを変更することでソフトからハードまで変えられるので悪くないと思います。もちろん40扁平のタイヤなので路面の凸凹ではショックがキツイですがスポーツカーだと思えば良い方だと思います。またシートがめちゃくちゃ良くて、国産車ではシートに定評があるマツダ車のシートでも背中が痛かった自分がゴルフでは何時間乗っても平気でした。

【燃費】
これだけの高馬力エンジンでも普通に走ってると燃費は13kmくらいなので十分満足です。

【価格】
高いっちゃ高いけど、見えないところにしっかり金を掛けてるので、こんなものかなぁ。

【総評】
取りあえず試乗して剛性感と言うか安定していると言うか、確かに国産車には無い感じでした。ドアがめちゃ重い事からも分かりますが速度無制限の国で作られてる車なんだなぁと思いました。
ドアが重いから何だ?と昔の自分なら思いますがドアのヒンジの取り付け部や屋根のレーザー溶接等、営業さんから言われて納得できる点が沢山ありました。今まで色々な車に乗って来た方だと思いますが、ここまでしっくり来る車はありませんでした。
今までは新型車が発売されると気になりましたが今は全く気にならなくなりました。もう多分ワーゲン以外の車は買えなくなってしまった気がします。木乃伊取りが木乃伊になるって感じですが、偏見など持たずもっと早くから乗っておけばと後悔しています。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
中古車

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > ダイハツ > ハイゼットカーゴ 商用車 2004年モデル > クルーズターボ 4WD

たーさん9900さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:67人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
8件
0件
自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格5

【エクステリア】
なんとも愛嬌のある顔立ち。あちこちで走っている為か、街に溶け込む存在感。ただ、ライトが最近曇りだしました。
【インテリア】
商用なので味も素っ気もないです。プラスチックを多用しているので、あちこち直ぐにキズがつきます。
何気に荷物フックが便利です。
【エンジン性能】
購入当初はザラついた感じでしたが、八万キロ超えたあたりから滑らかに回るようになりました。
ターボなのでパワフルです。オイル交換をキチッとしていればトラブル無し。
【走行性能】
他の方も書いている通り発信が少しゆっくりしてます。しかし、遅い訳では無くアクセルを踏めば踏んだ分だけ加速する印象。
高速道路をよく利用しますが、100キロで4000回転程度なのでそれほど煩いとは思いません。慣れかもしれませんが(笑)
【乗り心地】
荷物搭載時は安定してますが、空になると少し跳ねる感じ。
リヤタイヤの空気圧の調整で乗り心地が変わります。
自分は定積時の空気圧よりも少し少なめにしています。
フロントの空気圧は指定量にしておかないと、曲がりの時にロールが急に来るので危ないです。
【燃費】
街乗り11km/l、高速使用で14km/l
【価格】
143万位
【総評】
オイル交換位でほぼノントラブル。耐久性の高さで助かります。
雑な操作をすると雑な反応をするし、丁寧な操作をすると素直な反応をする車です。
発進時のゆったりさは、割れ物で重量のある物を積む自分にとっては神経を使わずに済むので助かってます。
次もハイゼットカーゴ にしようと思ってます。

乗車人数
2人
使用目的
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2012年2月
購入地域
三重県

新車価格
143万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

ハイゼットカーゴ 商用車の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > トヨタ > プリウスα 2011年モデル

ジャイアント・マッピーさん

  • レビュー投稿数:104件
  • 累計支持数:894人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
6件
45件
自動車(本体)
10件
18件
デジタル一眼カメラ
1件
15件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

室内1

室内2

   

室内3

   

ウィッシュ1.8Sを7年乗りましたが、CVTの不調により急遽車を乗り換えました。
燃費と乗り心地以外は特に不満はありませんでした。
エクステリアはプリウスαよりも気に入っていました。
候補に上がったのが広さと、わくわくゲートが魅力的なステップワゴン1.5Tか、ウィッシュとあまり変わらない形でしかも燃費は約倍走るプリウスαかジェイドHVの三択でしたが、
結局、気になっていた乗用型ミニバンのプリウスαのG7人乗りを中古で購入しました。
普段は主に妻子が使うので広さより燃費を選びました。

●インテリア
センターメーターになった事が一番の変化です。
Gグレードだと室内カラーがブラックに統一され、インパネとシートに革調の内装材が貼り付けられ多少高級感が出ています。

気になる室内空間ですが車幅が
ウィッシュが1695mmで、プリウスαが1775mmとなり外寸で8cm大きくなりました。
室内の居住性はセカンドシートが重要なので
セカンド周りの室内幅が実寸で測ってみました。
ウィッシュが室内幅約128cm シート幅約124cm
プリウスαが室内幅約137cm シート幅約127cm
となります。室内幅が9センチ広くなり余裕を感じます。
イメージとしてはプリウスαはフロントガラスの傾斜が強く一列目はウィッシュの方が頭上空間が広いが足元スペースはプリウスαの方が広くゆとりがある。
セカンドは横幅が広く頭上空間はプリウスαが広いが足元がコブシ1個分ウィッシュより狭いイメージ
三列目は幅はプリウスαが広いが、脚のポジションがウィッシュより高い為体操座りに近い着座位置になりました。
以上から縦側へのメリットはウィッシュから乗り換えてほぼ無く、横へのゆとりが大きなメリットになりました。
5人家族だとウィッシュよりプリウスαの方がゆったり乗れると思います。

●乗り心地、運転性能
新旧共にリアはトーションビームですが、
ウィッシュはサスペンションが結構硬めで、しかも経年のせいか追従性が劣化した為、角のある小揺れが発生しました。
走行距離が増えた事でサスペンションの劣化と共にその小揺れは顕著に現れました。
プリウスαは同じような道を走ってもその小揺れをまろやかに包んでくれるイメージでした。
親がフリードHVの現行型に乗っていますが、サスペンションのストロークがプリウスαより狭い印象で小揺れはうまくいなしてはいるけど、プリウスαのサスほどストロークに余裕が無い感じがしました。

プリウスαの座席はホールド性がウィッシュより高まり包まれている感じがします。
カーブが連続する田舎道を走った時の印象は顕著に違います。
ウィッシュはカーブが連続するとアンダーステアになりリアがついてこない感があり峠が億劫になりましたが、プリウスαだと同じ構造のサスペンションなのに全くアンダーが出ない為、非常に運転しやすくなりました。
これはロールの面でも優れていてその恩恵はハンドリングの良さにも繋がっています。非常に運転しやすい車と感じました。

●エンジン性能
プリウスα1800cc+モーター=公証136馬力ですが実際には151馬力あるそうです。車重1480kg

ウィッシュ1800ccの144馬力で1360kg

同系統のエンジンを積んでいたノアやヴォクシー2000cc158馬力で1600kg

フリードHVエンジン110馬力で
モーター29.5馬力=公称137馬力で1430kg

ウィッシュを乗った後にノアボクに乗ると結構モッサリします。
フリードハイブリッドは初期加速は劣りますが、高速走行はウィッシュより優たパワー感がありました。
プリウスαはフリードより更にパワー感が増して坂道での再加速もスムーズで余裕を感じました。

●燃費
燃費計でウィッシュは常時11km程しか走りませんでした。
プリウスαは18から21kmを前後しています。
フリードは19.5kmをキープしていました。
実燃費は若干落ちるでしょう。

●安全性
トヨタセフティーセンス
マイナー以降はオプション選択できていましたが、今現在は標準装備になりました。
プリウスαのGグレードには以下の安全装備が備わっていました。
レーンディバーチャーアラート
レーダークルーズ
オートマティックハイビーム…
プリクラッシュセーフティ…ミリレーダーと単眼カメラにより自動ブレーキ
ウィッシュから劇的に安全性が高まり逆に運転が楽すぎて甘えてしまう分、慣れるまで注意が必要でしょう。
フリードのホンダセンシングは、トヨタより完成度がやや落ちる印象でした。
クルコンで前車を追従するとやたらエンジンが回り燃費が悪化しました。
また自動ブレーキなどの信頼性はネットなどの実験をみてもトヨタの方が安全性が高い事が示されています。

●価格
中古車で2015年式1.6万キロのGグレード
中グレードナビと、ミラー自動収納、以上の安全性オプションてんこ盛りで新車価格だと350万くらいします。
隣県まで行きましたが、込み込み200万以下のgoo最安値で購入できました。
本当にこれだけのハイブリッド車をこの価格で手に入るのはありがたいと思います。

●総評
この車は発売されて8年が経過しています。
他の方のレビューで2014年以前の前期型は乗り心地が悪いとか、初期加速が遅いとかありますが、後期型を所有していてそのような事は一切感じた事がありません。
前期型と後期型で別の車と考えた方が良いでしょう。
また燃費ですが、私はまあまあ飛ばす方でエコ走行なんて殆どしないのですが、
フリードハイブリッドだと19.5km
プリウスαだと18から21km
これだけ走ってしまう事には満足せざるを得ないでしょう。
そろそろモデルチェンジでしょうが、今回所有した後期モデルには先進技術による安全性、燃費が良く経済性も高く乗り心地も良い、
またいざとなれば7人乗れるなと多数メリットがあり非常にコスパの高い車だと思います。

今時乗用型のミニバンは流行らないと思っている方は多いでしょうが、結局SUVよりよほど実用的で便利で広いのです。
必ずこのジャンルが復活すると私は確信しています。

乗車人数
6〜7人
使用目的
買い物
レジャー
その他
頻度
月数回以下
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった5人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > 日産 > セレナ 2016年モデル > ハイウェイスターV

bluesodaさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費3
価格4

【エクステリア】
好みの問題だが、フロントマスクは前期のままが良かったな。
ハンズフリースライドドアはコツがいるらしくなかなか開かない閉まらない。呪文がいるのかもしれない。
アダプティブライトは田舎住まいの私にはとても良いが、自分はハイビームの気分なので、対向車か眩しくないか、パッシングされないかドキドキしているw。今のところパッシングは無いが夜間の運転はまだトータル30分程なのでしばらくはドキドキしながら使う。アダプティブライトは欲しい機能の一つだった。
【インテリア】
キャプテンシートの設定がeパワーのみであり選択出来ずとても残念。今回一番の残念ポイント。その他はよい。座席のテーブルやusbポートなどいたれりつくせり。子供は喜んでる。
【エンジン性能】
2000ccのミニバンなのでこんなものかと。
【走行性能】
もっさりエンジンとか軽より遅いとか言われるが、踏めばそれなりに。少なくともセカンドカーのタントよりは速いと感じるw。試乗車がeパワーだったので、sハイブリッドの噂のもっさり加減に恐る恐る運転すると、私はあまり気にならない。決して速くは無いが。ちなみにECOモードはサイド引きながら発進したかとw
【乗り心地】
新車だから?乗り心地いい。
【燃費】
丁寧に運転して10ちょっと。そんなによくなくない?
【価格】
安全性能が格段に良くなったので妥当だろうが15年前と比較すると同じ車格で50から100万円程高くなった。
【総評】
プロパイロットの前車追従は楽。自分の感覚と異なるタイミングで加速する時に少し違和感は有るが、それ言い出すと自分で運転するしか無いね。
見た目と新古車の価格が魅力で前期モデルも考えたがライトなど安全性の向上が気にいって後期モデルに。15年落ちのボクシーからの乗り換えで総じて満足。次はノートeパワーかなぁ。

乗車人数
8人以上
使用目的
通勤・送迎
レジャー
重視項目
ファミリー
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年10月
購入地域
京都府

新車価格
298万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
0円

セレナの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > アルファロメオ > ジュリア 2017年モデル > QUADRIFOGLIO

tableterさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
39件
スマートフォン
3件
2件
タブレットPC
3件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4

先日Giulia Quadrifoglioに乗り換えしました。
All weatherモードでは思いの外サスは固く感じず結構快適でした。
dynamicに変更すると突き上げが結構感じ如何にもスポーツカーという感じで士気が高まります。
特にバルブが開いたときのサウンドが最高です。
しかしdynamicでは3500rpmから出ないと開かないため低回転では少々物足りない節はあります。
raceにすればずっと開きますが、電子制御が全てオフになりいとも簡単にホイールスピンするようになるためあまりraceに入れるのはお勧めできません。
Tezzoが出しているバルブコントローラーをいずれつけたいと思います。

内装はカーボンが多用されているのは見ていても楽しいです。
しかし時折メッセージの日本語訳が甘いと感じる時もあります。またCarPlayを使っているとしばしば接続がリセットされ目的地設定をやり直さないといけないことがあるのはちょっと面倒です。
あとカーセキュリティーが敏感すぎて、雨が降るとなぜかなることが多い気がします。

とまあ、マイナスポイントもありますが全体的に見るととても楽しい車だと思います。
燃費は15L/100kmくらいでした。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
中古車

参考になった2人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > トヨタ > ハイエース バン 商用車 2004年モデル > スーパーGL DARK PRIME ロング (2/5人乗り) (5ドア) ディーゼル

紫陽花連合さん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:252人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
9件
4件
電子玩具
0件
11件
バイク(本体)
6件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地2
燃費3
価格4

【エクステリア】
3型後期に3年乗って、4型に乗り換え。
正直3型後期の方がエクステリアは好みでした。
が、双方とも真四角のボディの制約の中で考えたらよく出来ていると思う。
【インテリア】
3型は所謂バンの内装。
スーパーGLだったのでトリム化されていただけマシな感じ。
4型はダークプライムを購入したのでミニバン的な印象。
ハーフレザーシートになったのはとても良い。
ウッドコンビハンドルも良い。
【エンジン性能】
3型のガソリンエンジンは正直言って非力でした。
登坂がとにかく辛い。
峠道でLレンジを使ったのはこの車が初めてです(笑)
4型に乗り換えてディーゼルにしたので、とてもトルクフルな走りで大満足。
【走行性能】
求めるものではないのですが、案外しっかりした足廻りで不安なく走れます。
【乗り心地】
3型は突き上げが酷く腰に悪い車でした。
4型になってからはしなやかで乗り心地が良くなりました。
が、乗用車と比べてはいけません(笑)
【燃費】
ガソリンエンジンはリッター6キロ程度。
ディーゼルエンジンはリッター9キロ程度。
まぁ、車格を考えたら妥当な感じかと。
【価格】
ガソリンエンジンはノア、ヴォクシーのそこそこのグレードと同じくらい。
ディーゼルエンジンはアルファード、ヴェルファイアのそこそこのグレードと同じくらいです。
【総評】
他に代わりのない車なので、満足して乗っています。
キャンプに釣りに、趣味のバイクまでなんでも載ります。
必要ならばこれ以上の車は無いでしょう。
が、ファッションで乗るならやめておいた方が良いです。
ただの高価なデカイ箱ですから。
とは言え、
そんな方がすぐに手放してしまった極上中古を探してる僕のような人間にはありがたいですけど(笑)

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
その他
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
その他
レビュー対象車
中古車

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > ホンダ > オデッセイ ハイブリッド 2016年モデル > アブソルート・EX ホンダ センシング

アツ1111さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地2
燃費2
価格2

自動車には詳しくないですが、トヨタのウィッシュ・ハリアーと乗り継いでの感想です。


【エクステリア】 
ミニバンの中では一番シックで好みです。ただ、背が低いのでマウントとりたい人には無理かも。

【インテリア】 
トヨタの同価格帯の車と比較してかなり貧弱。シートの柄が安っぽく、プラスチックがパカパカして接続面がズレている箇所もある。

【エンジン性能】
なかなかパワフル。

【走行性能】
以前の車や仕事でたまにアルファードに乗りますが、比べてとてもスポーティー。車体の大きさの割には小回りが利く。

【乗り心地】
静寂性・振動等はウィッシュ並。ハリアー・アルファードには及ばない。乗降部が低いので乗り降りはとても楽です。

【燃費】 特に期待はしていなかったが、タンクの容量がもう少しあると良いかも。


【総評】 
他に気になるところ
・センサーの誤作動が多い。
・純正ナビがダメ。交通規制や渋滞の無い道での意味不明な遠回り・分岐案内表示の一貫性の無さ・分岐表示の間違い多発等本当にひどい。点検してもらったが直らない。ディーラーにも不具合は確認済みです。
・バックドアが電動では無い(オプションも選択できない)。
・収納、特にトランクが狭い。

見た目がコンセプトはとても気に入っているが、ナビ・内装・設備で残念な箇所が多い。乗りつぶすつもりで購入したが、機会あれば乗り換えるかもしれない。
      

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年12月
購入地域
東京都

新車価格
422万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
5万円

オデッセイ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった3人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > アウディ > Q2 2017年モデル > 1.0 TFSI

Anakasさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:68人
  • ファン数:3人
満足度2
エクステリア2
インテリア3
エンジン性能1
走行性能1
乗り心地3
燃費4
価格1

試乗での評価です。

【エクステリア】
数あるSUVの中では,押し出し感が強くもなく,弱くもなく,どちらかと言うと地味な部類に入ると思います。
【インテリア】
派手さはありませんが,シンプルですっきりしています。
【エンジン性能】
非力ではありませんが,エンジン音の「グモー」という独特な音が耳に結構入ってきます。
アクセルを踏んだときとエンジン音の変化,スピードがリンクしておらず,かなりギクシャクしているように感じます。
このフィーリングの違和感がこの車で最も気になりました。
【走行性能】
他のSUVと同様,腰高感はあります。
ワインディングロードでは,意外と安定して走れます。
アイドリングストップからの復帰が,元気良いエンジン音と結構な振動でびっくりします。
【総評】
外車で,コンパクトSUVで,価格も考えると,選択肢には入ってくると思います。
車本来の「走り」を考えると,もう少し余裕のあるエンジンを積んだ国産の方が,
気持ちよく走れると思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > 日産 > セレナ e-POWER 2018年モデル > ハイウェイスター V

Iさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:47人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
91件
CPU
0件
17件
デジタルカメラ
1件
13件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

エクステリア
見る角度にもよりますが良いとおいます。

インテリア
高級感もとめてないので良いとおいます。

エンジン性能
エンジンついてますよ。

走行性能
スーッて感じですね。

乗り心地
プロパイまかせですが
長距離らくですね。  
   
燃費 燃費の満足度
平均15.5km
プロパイまかせですがいいですね。

価格 総合的な価格の妥当性
支払額ナイショ。
とにかく運転しやすく女性におすすめです。

他メーカーに比べてバックモニターの
画質が悪すぎる。
プロパイロット2.0と4wdはやくつけてね。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
その他
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
兵庫県

新車価格
349万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > マツダ > MAZDA3 ファストバック 2019年モデル > XD L Package

マキイチさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:101人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
49件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格5

納車から1か月の間に色々な発見があったので良い点と悪い点を絡めて再レビューをしてみました。

【実用的な新色ポリメタルグレー】
洗車するまでの間毎日観察してましたが、水垢・黄砂などの汚れが目立たず気になりませんでした。
ボディに凸凹したラインがない事もあって、雨が降ると汚れと一緒に流れて綺麗になってる気すらします。
「何もしてなくても愛車がいつも綺麗に見える」
というのはなかなか貴重な要素だと思います。
洗車した時の磨き傷もほとんど目立たなかったです。

【インテリアは傷が付きやすい】
しばらく使ううちに、知らず知らずピアノブラック調のパネルに薄く線傷が目立ち始めました。
メーターパネルの透明板部分もパソコン用の毛の柔らかいホウキで掃除しただけで同じく傷が付きます。
偶然私は樹脂部品にも使えるコーティング剤を持ってたので散布して拭き取ってみたら、無事直りました。
内装の管理には少しばかり自助努力がいりますね。

【1.8L化したディーゼルの変化】
マツダのディーゼルオーナーならみんな知ってるDPF再生についてですが、この部分も進化してます。
従来は300kmおきに20分間近くDPFの再生の為に燃費がガクンと下がる事がありましたが、今では5分ほどで終わる為、それほど平均燃費がダウンしません。
片道20分かつ片道11kmの職場への通勤利用がほとんどの私でも平均18.6km/Lをマークしてます。
遠出をした日は1日平均26km/Lにもなり、
レギュラー換算で21〜30km/Lに相当する実績に。
高速道では燃費が落ちるプリウスとは違うオールラウンダーさがディーゼルの最大の特徴だと思いますね。

【レーンキープアシストは邪魔】
白線からはみ出して警報が鳴るだけならいいですが、
道路にたまに落ちてるトラックの落下物を避けようとして白線からはみ出した瞬間に勝手に補正されて危うく落下物にぶつかりそうになりました。
納車された人は、必ずマツコネの設定でこの機能は切っておきましょう。
時と場合によっては逆に事故を起こしかねません。

【夜間走行で快適なALH】
これにはカルチャーショックを受けました。
ハロゲンからHID、HIDからLEDのランプの車に乗り換えた時も驚きましたが、LEDランプ車で常時ハイビームのままでも自動的に照射範囲を切り替えてくれるALHには驚きました。一度味わうと手放せません。

【ブレーキのオートホールド】
ALHと並んで驚いたのはこのブレーキ保持機能。
信号待ちや坂道でブレーキを踏み続ける必要がまったく必要なくなります。さすがに車の完全自動運転化はまだまだ怖いですが、こういう「ちょっとした手間」が徐々に省かれていくのは大歓迎ですね。 

【価格】
マツダ3の1.8xdのLパッケージは、プリウスのAプレミアムツーリングに匹敵する内容となります。
諸費用も何も付いてない状態で税込334万円するプリウスと、ナビとマットとETCとコーティングと下回りコートと希望ナンバーとメーカーオプションまで付けて諸費用込み340万で買えるマツダ3。
さて、皆様から見てどちらがお買い得でしょうか?

【総評】
改めて見ると、コスパが良い車だと感じました。
「古き良き時代の良さ」と「最先端技術」がうまく融合してるのが現在のマツダの良さなのだと思う。
ただし、レーンキープアシストは要りません。
過剰な自動制御は、予測不能な事態の時に融通が効かないので逆に危険になる場合があります。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年8月
購入地域
山口県

新車価格
297万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

MAZDA3 ファストバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった65人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意