ドライバーすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > スポーツ > ドライバー > すべて

ドライバー のユーザーレビュー

(1649件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
ドライバー > タイトリスト > TS3 ドライバー [Speeder 661 EVOLUTION V フレックス:S ロフト:9.5]

今野一哉さん

  • レビュー投稿数:21件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール各種メディアでギアの評論を行うクラブのソムリエ。
インストラクターでもある。
主にマッスルバックやハードヒッター用のモデルの試打を得意とする。
ヘッドスピードは50程度
平均スコアは73.8続きを読む

満足度4
デザイン4
打感4
飛距離4
弾道5
方向性4
球の捕まり3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

【デザイン】
TSシリーズは1、2と出ていますが、3がもっともタイトリスト的な顔をしています。いわゆるハードヒッターが好む、昔ながらの洋梨形状ですね。小ぶりに見えて小回りが利きそうなところもいいです。フェースアングルも右を向いたかぶった顔ではありません。試打のときはTS2と見比べてみましたが、同じモデルでこんなにも違うのか、こっちのほうがいいじゃん! と思いました。顔からしてツアーモデルに近いことがわかりますが、とてもよいアスリート顔です。

【打感】
打感はシリーズとおして大きな違いはなく、フルチタンらしい心地よい低音とソフトな感触です。弾き系ではなく、ボールがフェースに吸いつく感じはとても気持ちがいいですね。

【飛距離】
アスリート系のハードヒッターモデルに位置するはずですが、飛距離性能は優秀です。ボール初速が速く、低スピンで伸びのある直進性の高い弾道。飛びます!

【弾道】
この項目の評価基準は「思い描く理想の球筋を描いて飛ぶかどうか」ですが、その点からいうと満点です。私が振っても高さなどの『飛び姿』は理想的。コースでスコアがまとまる弾道と飛距離が打てました。

【方向性】
ボールの操作性もしっかりあります。曲げて打とうと思えばそのとおりに打てます。高さのコントロールもきちんと利きますね。弾道を操りたいと思っている上級者の希望を叶えてくれるでしょう。

【球の捕まり】
捕まりはある程度の技術とヘッドスピードがないと厳しいです。ウエイトの変更で、重心を変える幅が広いですが、調整では限界がある。スライサーなどが、ボールの捕まりの良さを求めるならば、ほかのドライバーをセレクトしてください。

【総評】
予想以上の高評化となったドライバーでした。これまでの長い歴史で培ってきたタイトリストの良さが詰まっていながら、それでいて現代における性能の進化を随所に感じます。タイリストファンのことを意識した新時代のタイト。アスリートゴルファーの要望に応えまくっています。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライバー > タイトリスト > TS2 ドライバー [Titleist Speeder 519 EVOLUTION フレックス:S ロフト:9.5]

今野一哉さん

  • レビュー投稿数:21件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール各種メディアでギアの評論を行うクラブのソムリエ。
インストラクターでもある。
主にマッスルバックやハードヒッター用のモデルの試打を得意とする。
ヘッドスピードは50程度
平均スコアは73.8続きを読む

満足度3
デザイン4
打感4
飛距離4
弾道3
方向性3
球の捕まり3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

【デザイン】
同メーカーのVG3に似た、ヒールにもボリョームがある丸みを帯びた形状です。前後、左右に長く、投影面積が広いことから、アドレス時に安心感が得られる。ぼやけた感じになってしまう人には好まれませんが、ターゲットとしているアベレージゴルファーには大きな利点になることから、評価を4にしました。

【打感】
流行りのカボーンクラウンではなく、フルチタンヘッド。最近のモデルのなかでは音がかなり低めなところが好印象でした。手応えも打感はかなりやわらかめに感じる。この辺は昔ながらのタイトリストの良さが色濃く残っています。

【飛距離】
開発コンセプトのメインは、きっと「スピンを減らす」だったのでしょうね。複合素材のヘッドではありませんが、バックスピン量はかなり減らすことができます。低スピンで直進性が高い弾道で、飛距離を伸ばすことができます。

【弾道】
飛距離に特化したモデルではないにせよ、飛距離性能は優秀。その反面、ボールをコントロールする操作性には長けていないので、ボカーンと飛ばす弾道になる。個人的にはライン出しなどの応用が利かない点から、評価を3としました。

【方向性】
オートマチックに飛ばすなら高得点。しかし、操作性の低さから星3にしました。寛容性の高さからミスヒットには強いので、打点のズレが方向性の悪さの原因になっている人にはオススメです。

【球の捕まり】
やさしいヘッドのわりには、そこまでボールの捕まりが良いとは言い難い性能でした。打ったモデルがロフト9.5度だったためかもしれません。なので、オススメするのは10.5度。捕まりもよくなるでしょう。いずれにしてもアベレージゴルファーでしたら、10.5度を選択。捕まりすぎたら、カチャカチャ(調整機能)で合わせることをオススメします。

【総評】
ヘッドスピード44m/sまででしたら、ヘッドスピードに応じて理想とされる弾道数値、たとえば打ち出し角やスピン量を最適に近づけやすいドライバーです。伸びのあるビッグドライブで、飛距離アップが簡単に叶いますよ。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライバー > 本間ゴルフ > ツアーワールド TW747 455 ドライバー [VIZARD For TW747 50 フレックス:S ロフト:9.5]

今野一哉さん

  • レビュー投稿数:21件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール各種メディアでギアの評論を行うクラブのソムリエ。
インストラクターでもある。
主にマッスルバックやハードヒッター用のモデルの試打を得意とする。
ヘッドスピードは50程度
平均スコアは73.8続きを読む

満足度4
デザイン4
打感4
飛距離3
弾道5
方向性4
球の捕まり2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

【デザイン】
アドレス時のフェース向き、トゥ側にボリュームのある洋梨型、455ccとフルサイズではない引き締まった顔つきから、ハードヒッターや左へのミスを嫌がるゴルファーにはとても好感がもてる形状です。同モデルのTW747 460は、シャローバックでうしろに長かったですが、近ごろ少ない後方までディープ形状なのも好印象です。

【打感】
カーボンクラウンのヘッドですが、音は金属音に近い高い打音と、TW747 460とほぼ同じ。しかし、どちらかというとこちらのほうが雑味のない音で個人的には好み。ハードヒッターの部類に入るゴルファーにとっては、音も感触もこちらのほうが好みだと思います。

【飛距離】
飛距離に特化したドライバーではないので「飛びます!」とは言えません。振ったなりに直進性の高いボールが打てますが、ツアーモデルらしく一発の飛びが出ることよりも、距離がそろうところが大きな魅力だと感じました。

【弾道】
振ってしまうと、フック、チーピン、ヒッカケなどの左へのミスが出る。ボールが吹け上がってドロップしてしまう。といったハードヒッターが嫌がるボールがまったく出ません。私のいつもどおりのヘッドスピードで打って、理想的な弾道が出ることから星の数は満点にしました。

【方向性】
とにかく左に飛ばない、飛んでくれないドライバーなので、ヘッドスピードが速いゴルファーにとっては方向性がいいとなるでしょう。

【球の捕まり】
良いとは言えません。スインガーやスライサーには選択肢に入らないドライバーです。捕まりを嫌う人は候補の1本にしてもいいですが、ヘッドスピードが遅いと、高さが足りなかったりドロップしたりするでしょう。

【総評】
完全なハードヒッターモデル。ヘッドスピードの速い人のことを考えて作られて、アベレージモデルと、きちんと棲み分けさせていると思います。ここまでツアープロやアスリートゴルファーのために設計されているモデルは今は珍しいので、やさしさが逆にデメリットになっていると感じるゴルファーにはぜひ試してもらいたい1本ですね。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライバー > 本間ゴルフ > ツアーワールド TW747 460 ドライバー [VIZARD For TW747 50 フレックス:SR ロフト:10.5]

今野一哉さん

  • レビュー投稿数:21件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール各種メディアでギアの評論を行うクラブのソムリエ。
インストラクターでもある。
主にマッスルバックやハードヒッター用のモデルの試打を得意とする。
ヘッドスピードは50程度
平均スコアは73.8続きを読む

満足度3
デザイン3
打感3
飛距離3
弾道4
方向性4
球の捕まり4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

【デザイン】
TWは「ツアーワールド」の略で、本間ではアスリートモデルに位置するドライバーです。体積は460ccとフルサイズ。丸みを帯びた形状でうしろに長い感じから投影面積はかなり広く感じます。これがアドレス時の安心へとつながるでしょう。

【打感】
カーボンクラウンのヘッドですが、音は金属音に近い高い打音ですね。フェースが薄いと思われるほど弾きが強烈。球離れの速さを感じるとともに、マイルドな打音と打感というよりもシャープさを強く感じました。

【飛距離】
バックスピン量の少なさもこのドライバーの特徴でしょう。低スピンのぶんキャリーが伸びる、キャリーを伸ばすだけの高い打ち出し角も作れる。棒球で遠くへ飛んでいきますが、ヘッドスピードが遅く、バックスピン量が少ないゴルファーは、ボールがドロップする危険性もあります。

【弾道】
軽いフェード系が打ちやすいです。高さもほどよく、ドロー系でも低すぎることがない。フェードでもドローでも、直進性の高い球が出ることから、ストレートに近い強弾道は打ちやすいです。ただし、ボールをコントロールする操作性はあまり高くありません。

【方向性】
アドレス時にフェースがやや右を向くオープンフェースで、かぶっていないぶん思いきり振れます。ハードヒッターが好む顔つきから振れば振るほど方向性がよくなる印象。つかまりすぎが怖いゴルファーには、方向性の良いドライバーだと思います。

【球の捕まり】
ツアーモデルで捕まりはいいと言いがたいですが、純正シャフトとヘッドの調整機能のポジョン次第では、そこまでガチガチのハードヒッターじゃなくても、ボールを捕まえて打てるドライバーだと思います。

【総評】
昨年(2018年)の11月下旬に発売されたモデルですが、シャフトを回転させることなくロフト角やライ角、フェース向きを調整できる最新機能が搭載されています。私にはロフト9.5度が合っていましたが、これはヘッドスピードが速い人に限る。そこまで速くない人は10.5度のほうが、理想としている弾道を手に入れやすいでしょう。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライバー > ダンロップ > スリクソン Z565 ドライバー [SRIXON RX フレックス:S ロフト:9.5]

今野一哉さん

  • レビュー投稿数:21件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール各種メディアでギアの評論を行うクラブのソムリエ。
インストラクターでもある。
主にマッスルバックやハードヒッター用のモデルの試打を得意とする。
ヘッドスピードは50程度
平均スコアは73.8続きを読む

満足度4
デザイン2
打感3
飛距離4
弾道4
方向性5
球の捕まり4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

【デザイン】
投影面積が大きくて、個人的には少しだらしなく見える印象があります。ソールデザインはとてもシック。でも構えたときは丸い形状でボテっとしていて、アドレスの見え方とのギャップから少し気持ち悪さを感じます。

【打感】
音、感触ともに、オフセンターヒット時でも、極端な不快感を得ることがありません。打っていて許容性がとても高いというのを感じますね。「波動で飛ばせ!」というキャッチコピーのとおり、ソール部分のリブが2段になっていて、その見た目以上にボールがフェースに食いつく感じが得られます。

【飛距離】
ゆっくりと遠くへ飛んでいくビッグボールが打てます。スリクソンというツアーモデルに位置しているので、飛距離性能には大して期待していませんでしたが、キャリーの伸びは満足がいくものが得られました。純正シャフトだとヘッドスピート45m/sを超えるあたりから、飛距離の上昇率がゆるやかなになっていく感じがします。45m/s以下のスピードであれば、エネルギー効率の良さを感じることができるでしょう。

【弾道】
オートマチックな弾道で、スピン量の少ないボールが打てます。最近流行りの「低スピン・高弾道」が簡単に打てるな、という印象です。それでいて、打音はぼやけていないシャープな音がするので、オートマチックのなかにも繊細さを感じることができます。

【方向性】
許容性が高いツアーモデルなので方向性もいいですね。打感のところでもいったとおり、オフセンターヒット時でも、打球音がボヤけない。コースロケーション的に不安があるときでも、ガンガン振っていけるのではないでしょうか?

【球の捕まり】
この世代のスリクソンのなかで、もっともボールの捕まりのいいモデルです。ただし、左へのミスが怖い人は要注意! ヘッドはあくまでも易しい部類に入るので、振りすぎるとフックやチーピンといった左へのミスが出る危険性があります。

【総評】
スリクソンシリーズのなかでは、かなりやさしいモデルになっていると思います。ゼクシオを使って物足りなさを感じた人が、すんなり移行しやすい仕上がりになっていますね。易しいモデルを作るのは、やはりダンロップはとても上手ですね。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライバー > ダンロップ > スリクソン Z785 ドライバー [Miyazaki MIZU 6 フレックス:S ロフト:10.5]

今野一哉さん

  • レビュー投稿数:21件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール各種メディアでギアの評論を行うクラブのソムリエ。
インストラクターでもある。
主にマッスルバックやハードヒッター用のモデルの試打を得意とする。
ヘッドスピードは50程度
平均スコアは73.8続きを読む

満足度4
デザイン3
打感3
飛距離3
弾道4
方向性3
球の捕まり3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

【デザイン】
三角ヘッドの進化系。ヒール部がZ585よりもすっきりしているので、構えた感じがシャープに見えます。よりアスリートが好む顔つきに近くなっていますね。

【打感】
少し高めの打音でした。アジャスタブル機能がついているためだと思いますが、神経質なゴルファーだ少し気になるかもしれません。ただし、その音から弾道を予測しやすいので、こういったものは経験値の高い人が使うとなじむのが早いと思われます。また、音のわりにはフェースへの食いつきはよく、弾くよりもボールを操作する感じが得られます。

【飛距離】
ツアーモデルらしく、落ち着きのある飛びですね。飛びすぎたり、飛ばなかったり「タテ距離」のバラツキが少ないので、狙った距離を毎ショット打てる、コースマネジメントがしやすいドライバーです。

【弾道】
狙った球筋が打ちやすいです。フェード、ドローだけでなく、ハイボール・ローボールと高さの調整もしやすい小回りの利くヘッド。弾道を明確に決めて打てば、必ず応えてくれるクラブに仕上がっていますね。弾道のコントロールができるようになれば、おのずとスイングが積極的になっていくので、結果的にそれが飛距離アップへとつながっていく可能性もあります。

【方向性】
寛容性がそこまで高いとは思えないので評価は3にしました。オートマチックとしての方向性の良さよりも、自分でボールを操るという点では、方向性は高いといえます。近年、飛距離性能が高いドライバーがもてはやされる傾向がありますが、こういった操作性の高いモデルももっと評されていいのではと思います。

【球の捕まり】
ツアーモデルなので、ボールの捕まりが基本、高いとは言えません。しかし、アジャスタブル機能がついているので、一概に悪いとも言えません。調整次第では捕まりのいいドライバーにもなる幅広さをもっています。

【総評】
個人的には、10年前から操作性が高いモデルを好むタイプなので、こういったドライバーは好感がもてますね。時代と逆行している反面、ヘッド形状に関しては、海外のトップブランドに近い形をしています。今風のデザインで昔ながらの感性を生かせるドライバーです。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライバー > ダンロップ > スリクソン Z585 ドライバー [Miyazaki Mahana フレックス:SR ロフト:10.5]

今野一哉さん

  • レビュー投稿数:21件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール各種メディアでギアの評論を行うクラブのソムリエ。
インストラクターでもある。
主にマッスルバックやハードヒッター用のモデルの試打を得意とする。
ヘッドスピードは50程度
平均スコアは73.8続きを読む

満足度3
デザイン2
打感4
飛距離4
弾道2
方向性3
球の捕まり4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

【デザイン】
流行のデザインを取り入れつつも、少し個性的な顔をしています。ヒール部分のボリュームが大きくて三角形に近い形状。基本的に三角形のドライバーは爆発的な性能をもっていますが、あまり好まれる形状ではありません。好き嫌いがわかれるところですが、ソールの座りがよくて安定感があります。それがショットの安心感とつながる人には、はまりそうです。

【打感】
やさしめのモデルにしては、上級者が好むような引き締まった音と感触がします。アジャスタブル機能がついていないので、雑味のない打球音にも好感がもてます。

【飛距離】
スリクソンというツアーモデルのラインナップでも飛距離性能に振ったドライバー。ゼクシオと比較すれば劣るものの、強めの弾道で滞空時間も長い。ヘッドスピードが速ぎる人が振ると、ボールが伸びづらいですが、これはおそらく重心が低くいため。でも、低いティアップで打つと強振にも耐えられる。さすがスリクソンといったところです。

【弾道】
飛距離性能が高いぶん、つかまりがよいですね。そのため私の場合、高弾道で左に巻いてくるボールが出でしまう印象がありました。それらを抑えながら打っていかなくなていけないことからひと手間かかるので、この点数に。ただし、プレッシャーがかかった場面で右へのミスが怖いゴルファーにとっては、心強い弾道になるでしょう。

【方向性】
三角形のドライバーで方向性がいいモデルは過去にあまりなかったのですが、思いのほか寛容性に長けているドライバーでした。とにかくヒールヒットに強いので、スライサーのほどんでがその恩恵を受けて真っすぐ打てるのではないでしょうか。弾道でも述べたとおり、左方向につかまりのいいボールが出ます。

【球の捕まり】
スリクソンのなかでは非常に捕まりのよい部類に入ると思います。ソールを見てもわかるとおり、ヒールバック部にウエイトを入れてあるのでドローバイアスが強い。ヒール部のボリュームが大きいことから、重心距離も短めだと考えられます。振ってみてもそのとおりで、ヘッドが自動的にターンするのを感じやすいです。

【総評】
フェースターンがしやすい点、ヒールヒットに強い点、球が上がりそうな顔つき。これらから捕まった強い弾道が出やすいので、その機能でスライスしてしまう弱点が補える人にはオススメです。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライバー > ヤマハ > インプレス UD+2 ドライバー 2019年モデル [TMX-419D フレックス:S ロフト:10.5]

t-0211さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ドライバー
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
打感4
飛距離3
弾道3
方向性4
球の捕まり4

BSのウッドを長年使ってきて、初めてYAMAHAを使ってみた。
思っていた以上に使いやすいです。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライバー > キャロウェイ > EPIC FLASH SUB ZERO ドライバー [Tour AD SZ フレックス:S ロフト:9]

家電大好きな日本人さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
0件
ドライバー
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
打感4
飛距離4
弾道4
方向性3
球の捕まり3

デザインも良く、打感も好印象です。ヘッドの重さも感じます。弾道なかなかのもの‼今は手放せない1本です。

ゴルフ歴
15〜19年
スコア
80〜89
ヘッドSP
38〜42m/s

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライバー > キャロウェイ > EPIC FLASH SUB ZERO ドライバー [Tour AD SZ フレックス:SR ロフト:10.5]

kosiroukさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
0件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
0件
ドライバー
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
打感4
飛距離4
弾道3
方向性4
球の捕まり4

本日コースで使用してみました、インパクトの音が今までのクラブと違い驚きました、パコン!
シャフトはしっかりとしています、振り遅れることもなく
ただボールが上がりません10.5°なのに今までの半分くらいの高さ
飛距離はそこそこ
ただ曲がりません
打ちに行ってもつかまりすぎずストレート
もう少しなれるとどんな打球になるのか
楽しみです

ゴルフ歴
20年以上
スコア
90〜99
ヘッドSP
38〜42m/s

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライバー > テーラーメイド > M5 TOUR ドライバー [KUROKAGE TM5 2019 フレックス:S ロフト:9]

小倉 勇人さん

  • レビュー投稿数:4件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール学生からゴルフを始め、コースキャディ、トーナメントキャディ、試合運営、ゴルフ雑誌編集者など様々なゴルフに関わる事に従事。
現在は、ゴルフショップの店長をしながらクラフトマン、クラブフィッターを兼任し、過去の経験を生かしてゴルフギアライタ…続きを読む

満足度2
デザイン4
打感3
飛距離3
弾道3
方向性2
球の捕まり1

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

【デザイン】
スタンダードのM5とデザインはほぼ同じ。クラウンのカーボン部分とフェース側のグレーのツートーンの光沢を抑えた仕上げが構えやすくデザイン的にもカッコ良い。ソールのデザインも同じだが、M5のロゴ部分にTOURというも文字が追加されている。

【打感】
打感は、ヘッドサイズが違う影響なのかスタンダードのM5と比べて打音がやや低く感じる。打感はさほど変わらず弾き感のある少し硬めの感触。スタンダードのM5の打音が「バシッ」でTOURのM5が「ビシッ」といったイメージ

【飛距離】
搭載されているテクノロジーもスタンダードM5と同様。スピードインジェクションと呼ばれる、一度ルール上限まで反発係数を高め、そこからルール上限ギリギリまで落とすという独特の製法を採用。ボール初速を高めやすいので、適正な打出し角さえ確保できればかなりの飛距離は期待できるが、スタンダードと比べてホールの初速は振った分だけ高まりやすいがロフト以上の打出し角が出にくくなっている印象。シャフトのモデルにもよるが、どのシャフトにしてもヘッドスピードは43m/sは欲しい

【弾道】
スピンの少ない強弾道。強振してもスピンが増えにくく、打出し角さえ確保できれば安定して飛距離が稼ぎやすい。ただその打出し角を確保するのが結構大変。

【方向性】
打点がズレた時にサイドスピンを抑制する「ツイストフェース」を搭載しているので弾道の直進性は高いが、ヘッドサイズを小さくしているためインパクト付近のフェースコントロールがしやすいぶんミスすればそれなりに曲がる。

【球の捕まり】
ここがスタンダードのM5と一番の相違点。非常につかまりを抑えた仕様になっており、よほどのことがない限りフックにはならない。個人的には強めのドローぐらいでやっとストレートぐらいな印象。左のミスを嫌うゴルファーには強くオススメできる

【総評】
低スピンの強弾道が打ちやすく、ヘッドスピードが速い人ほど効率良い弾道が打てるモデルではあるが、ボールをつかまえる技術を要求してくる仕上がり。上級者のパワーヒッターにはこのようなヘッドを好むゴルファーが多いのでそういった方にはピッタリだが、それ以外のゴルファーにはスタンダードのM5の方が安定して飛ばせるだろう

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライバー > マルマン > シャトル ゴールド ドライバー [FUBUKI SG200 フレックス:SR ロフト:10.5]

QOOOOOOOOOさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ドライバー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
打感5
飛距離5
弾道5
方向性5
球の捕まり5

当方50歳代の男性ゴルファーで持ち球はスライスです。
昨年5月にベストスコアの91を出してから、なぜか100を切れなくなって悩んでしました。
特にドライバーはドスライスが治らず、レッスンに通い出してOBの数は減ってきたところです。
飛距離も落ちてきたのでドライバーの買い替えを考えていてPINE G400MAXやRS E、コブラF9などを試打していました。
ショップ店員の勧めでマルマンゴールドを試打しました。

【デザイン】
高級感があります。

【打感】
真を食ったような分厚い打感です。
兎に角、気持ちいい打感でした。

【飛距離】
最初はショップで試打したのですが210ヤード程の飛距離でした。
ショップの計測器をあんまり信用していないので、ゴルフ練習場の試打会に参加しました。
そこでは215〜230ヤード飛んでいました。
普段のヘッドスピードは38〜39m/s位ですが、このクラブでは40m/s位出ていました。

【弾道】
中弾道だと思います。

【方向性】
いつも通りのスイングでも直進性は抜群です。基本的にスライスもフックも出ません。曲がり幅が10ヤード位しかありません。
擦り玉でもスライスしません。今まで打ったどのクラブより真っすぐ飛びます。
それと、ミート率が上がりました。いつもは1.30〜1.35位ですが、このクラブでは1.38〜1.45位でていました。
コンスタントに1.40を超えていました。

【球の捕まり】
僕自身スライサーなので捕まるかどうかわかりませんが、思いっきり捕まえに行っても少し左に行くだけです。

【総評】
兎に角真っすぐ飛ぶドライバーに初めて出会いました。
安心感と方向性と飛距離は全然違います。
名前が売れているクラブがいいのか自分に合っているクラブがいいのか試打しながら凄く悩みました。

ちなみに、フェアウェイウッドとユーティリティも試打しましたが、振りやすく、ドライバー以上に真っすぐ飛びます。
距離の打ち分けも明確ですし、凄く感動しました。
次の買取に「マルマン」ってブランドに不安がありましたが、満足感の方が大きくて結局その場で
ドライバーと3W 5W U4 U5を買いました。
買ってから思ったことは、フェアウェイウッドやユーティリティのヘッドカバーですが、とても高級感があってかっこいいのですが、
カバー自身に番手が書いている訳ではなくタグが付いていました。
定価も高いことですし、番手ごとのヘッドカバーを付けて欲しいです。

とはいえ、コースにはまだ行っていませんが今からとても楽しみです。

ゴルフ歴
10〜14年
スコア
100〜109
ヘッドSP
38〜42m/s

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライバー > キャロウェイ > GBB EPIC FORGED ドライバー [Speeder EVOLUTION for GBB フレックス:R ロフト:10.5]

今野一哉さん

  • レビュー投稿数:21件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール各種メディアでギアの評論を行うクラブのソムリエ。
インストラクターでもある。
主にマッスルバックやハードヒッター用のモデルの試打を得意とする。
ヘッドスピードは50程度
平均スコアは73.8続きを読む

満足度4
デザイン4
打感4
飛距離4
弾道4
方向性3
球の捕まり3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

「FORGED」の名前の由来は、フェースが鍛造だからです。そして、流行りのカーボンクラウンではなく、チタン製のクラウンですが、その違いと長所は、打音と打感でしょうね。今ではカーボンクラウン全盛期となり、どのメーカーも高い技術で心地よいフィーリングを出すようになってきました。しかし、それでもフルチタンのヘッドの打音と打感が好ましいとする往年のプロやベテランゴルファーは少なくありません。そんな人にオススメなのがこの「GBB EPIC FORGED」。カーボンクラウンよりもチタンクラウンのほうが、打音は周波数の高い音が出ます。しかし、この高い音は、カーボンクラウンの高い音と違い「やさしい音」と表現しましょう。音が高くてもうるさいと感じない。これが歴の長いゴルファーのスタンダードな『美音』とされているのは、今もなお続いているので、そういうゴルァーは「いいフィーリンドだと」評価するでしょうね。
ヒールバックアジャスタブルウエイトが装着されていて、ヒールに10グラム、バックに2グラムのウエイトを配置することでつかまりのよさがあり、スクエアなインパクトが迎えやすい。フェースターンがしやすいのでもっとつかまえて打つことも容易にコントロールできます。黒いクラウンに対して、メタリックなフェースもいいですね。黒一色よりもフェースがよく見えて、向きも合わせやすい。さらにスイートエリアを示すマークも入っいるので、クラウン部のデザインと合わせて、より芯でヒットすることを意識しやすいドライバーです。ヘッドには、ニュースピード・ステップによって空気抵抗を抑える工夫もあります。これによってヘッドスピードが上がる効果はたしかに期待できますが、わたしはそれ以上に「ここが芯です! ここに当てて打ってください!」と指針を示してくれる役割りとしての効果がよかったです。
このドライバーもエピック フラッシュの登場でマークダウン。お安くなったとはいえ、「JAILBREAKテクノロジー」は搭載されているし、打感と打音は、こちらのほうが気持ちよく、多くのゴルファーに好まれそうです。値段以上の好感触と飛距離を手に入れられるでしょう。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライバー > テーラーメイド > M グローレ ドライバー [Speeder EVOLUTION TM フレックス:SR ロフト:10.5]

今野一哉さん

  • レビュー投稿数:21件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール各種メディアでギアの評論を行うクラブのソムリエ。
インストラクターでもある。
主にマッスルバックやハードヒッター用のモデルの試打を得意とする。
ヘッドスピードは50程度
平均スコアは73.8続きを読む

満足度4
デザイン4
打感4
飛距離4
弾道4
方向性4
球の捕まり5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

日本仕様の「グローレ」はなんといっても上品に作られている高級感のあるデザインが魅力です。そこに「Mシリーズ」の機能が搭載されたのがこのドライバー。「Mシリーズ」は海外のトッププロが使用して、成績も出していることから、ツアーモデルの印象の強くですが、「Mグローレ」テーラーメイドのなかでは、完全にアベレージ向けの超やさしいドライバーです。
抜群のつかまりのよさをもっているのは、見た目でもわかりました。ウエイトが完全にドローバイアスを強めるポジションにあり、ヘッド後方に寄せていることでさらに強調されています。重心が深くなることでの寛容性の向上と、ボールの上がりやすさも魅力だと言われています。
打音は現状、テーラーメイドから出ているドライバーの中では、もっとも高い音がします。この手のドライバーでの打音の高さは魅力のひとつで、金属音に近い音ほど、反発して飛んでいる印象を受けます。それによってのメリットは、とにかく気持ちよく振れる。これはスムーズにスイングできることにもつながるので、ヘッドスピードが上がる、上がらないとしても減速してしまうことが防げる効果があるので、飛距離アップのための性能のひとつだとわたしは思っています。
これまで展開していた、ドローでやさしく飛ばせる「グローレシリーズ」に、「Mシリーズ」の直進性の高さをミックスしたことで、非力なスインガーや女性、シニアがカンタンに飛距離アップできるモデルだと思います。
テーラーメイドのクラブには珍しい、ネックにもソールにもカチャカチャがついていないモデルです。こういう可変ができないモデルは「これで使ってください!」という、一本筋の通ったコンセプトがある場合が多いので、個人的には好きです。そのコンセプトとは、前述したとおり、あまりヘッドスピードの速くないゴルファーが、ボールをつかまえて、大きく飛ばすです! 
ヘッド、シャフトだけでなく、グリップまでのすべてのパーツが軽量化されており、「軽い物は速く振れる! そして飛ぶ!」をリアルに体験できるドライバーだと思います。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドライバー > テーラーメイド > M4 ドライバー [FUBUKI TM5 フレックス:S ロフト:9.5]

今野一哉さん

  • レビュー投稿数:21件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール各種メディアでギアの評論を行うクラブのソムリエ。
インストラクターでもある。
主にマッスルバックやハードヒッター用のモデルの試打を得意とする。
ヘッドスピードは50程度
平均スコアは73.8続きを読む

満足度3
デザイン3
打感3
飛距離4
弾道3
方向性4
球の捕まり4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

M4から搭載されている新テクノロジーの「ツイストフェース」。フェースに波打つ湾曲があり、それは、ゴルファーの打点傾向から生み出されたもので、弾道のバラつきによる直進性と飛距離の減少を抑える効果があります。また、フェースの反発力をさらに向上させるソール前部の「ハンマーヘッド」デザインが、初速アップやスイートエリア拡大に貢献しています。
実際にツイストフェースの恩恵を感じるか、といわれるとフェースをチェックしても、打ってみても「おーーーー! 確かにフェースは歪んでいるけど、球は歪まない!!!」とは、五感にビンビン伝わってくるほどは感じません。しかし、打点がヒール側に当たってもフケ上がらない、トゥ側にヒットしてもドロップしない。これはツイストフェースのおかげである、と言っていい、夢のようなバルジとロールです。歪んでいてもアドレス時の違和感はまったくなく、フェースをターゲットに対して、スクエアにセットすることには問題ありません。
飛距離アップの球質として『低スピン・高弾道』がここ数年いわれ続けていますが、このM4によって、その弾道は完成されたかのように思えました。スピン量は確実に減っていますし、もちろん打ち出しも高い。バックスピン量だけでなく、サイドスピンも減るので曲がらない。曲がらないからより遠くへ真っすぐ飛ぶ。直進性の高さを武器に、飛距離アップが手に入りますが、あくまでもスピン過多でお悩みのゴルファーにかぎるな、いう印象です。もともとロースピンのゴルファーが打つと、スピン量を増やしてドロップしないように打ちたくなる。すると、スイングが崩れる原因になってしまいます。スピンが少ない人も多すぎる人も、いつものスイングで打ってみてどんな球になるか、理想の弾道になっているか、を見極めながら選んでください。
このモデルから、クラウン部分の白色がシルバーに変わりましたが、個人的には白のほうがよかったです。でも、新モデルのM6が発売されたことで、とても求めやすい価格になりました。コストパフォーマンスの高いアベレージ向けドライバーとしてオススメします。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ドライバー)

ご注意