Wii U ソフトすべて ユーザーレビュー

 >  >  > すべて

ユーザーレビュー > ゲーム > Wii U ソフト > すべて

Wii U ソフト のユーザーレビュー

(660件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
Wii U ソフト > 任天堂 > Splatoon(スプラトゥーン)

じゃむぱん丼さん

  • レビュー投稿数:387件
  • 累計支持数:156人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

プレイステーション2(PS2) ソフト
96件
0件
プレイステーション(PS) ソフト
77件
0件
ニンテンドーDS ソフト
41件
1件
もっと見る
満足度3
操作性4
グラフィック4
サウンド3
熱中度5
継続性3
ゲームバランス2

プレイする前に聞いた情報だけだと、これスーパーマリオサンシャインの焼き直しじゃないの?と思ったのだが、実際やってみると本当にスーパーマリオサンシャインぽい。
特にオフラインでのプレイはそのまんま的なステージが結構あって、懐かしい気持ちになった。
とはいえ取り回しはあそこまでシビアではないので、気軽にプレイできる。
ラスボスだけちょっと泣きが入ったが、オフライン自体はまあいい出来。
あくまでオンが本番で、これ一本で満足するような内容ではないのが残念だけど。
武器も固定だしオン用の設計図だけ手に入れたら用無しかな、ここは。

ではオンライン対戦のほうはと言うと、これがまた微妙。
4対4の対戦で、ユーザー8人がマッチングして2チームに別れて戦う。
使い勝手がまるで違う様々な武器を選択可能で、特殊な能力を持ったギアという防具とセットで能力を調整できる。
ゲームはインクを床に塗った面積が多いほうが勝ちのレギュラーマッチと、いくつかの派生ルールがあるガチマッチの二種類。
他にもフレンド前提の対戦もある。
レギュラーマッチは経験値制でランクが上がっていく。下がることはない。
そのランクが10レベルを超えると、今度はガチマッチをプレイ可能。
ガチマッチはランクとは別にウデマエという数字があり、C-から始まって勝てばポイントが上昇。
C、C+次はB-、B…とウデマエが上がっていき、負ければ下降する。

ナワバリはとにかく塗り範囲を競うので、塗らなければ勝負にならない。
敵を倒すことにいくら夢中になっても、ポイントを稼げなければ勝ちもないわけだ。
これはルール違えどガチマッチも同じで、敵を倒す「だけ」で勝てる対戦方法はない。
このシステムのおかげで殺し合いに走らず健全な競争ができる……かと思ったら、それは大間違い。
それどころか、囲い込んで敵をスタート地点に釘付けにしてぼっこぼこにしたほうが、実は勝ちが安定してしまう。
そこそこの腕があるプレイヤーにそれをやられるともう初心者込み、武器もろくなものがないメンツだと完全にイジメモードに突入。
これが非常にいやらしい。

子供向けと言っている人がいるけど、とんでもない話。
ここまで陰湿な真似は格闘ゲームでも中々できないぞという集団リンチが待っている。
自分なら残酷とかエッチな描写があるより、こういうゲームのほうがよほど子供の教育に悪いと思う。

結局勝つほうもそういうプレイヤーがいて相手を引きつけたほうが有利になるシステムなので、健全に勝負したいと思っても、勝つことを考えたら自分も同じことをするしかない。
完全にイジメ誘引助長ゲームになっている。これはゲームとはいえ相当悪質。

なにしろ腕前と武器の差が非常に露骨に出るゲームなので、プレイしていても愚痴っぽくなっていけない。
たった一ヶ月もプレイしていないのに、すっかり荒んだ自分がいることに気づいて愕然とした。
それでも真面目に塗り合い、せめぎあいをすることもあるので、やはりゲームとしては面白いとは思う。
だからこそ非常に嫌味なスタイルを推奨してしまっているゲーム性は、もっとうまく調整できなかったのだろうかと思えて仕方ない。

大体4対4という数が最初からねえ。ステージも思ったより狭いし、そら集団リンチになるわな。
しかもこれ、敵の陰湿さだけでなく、味方の腕のなさにも段々腹が立ってくる。
塗るゲームなのにちっとも塗らない奴が一人いるだけで、他がどれだけ優秀でも負けることもある。
ガチマッチも目標に対して迂遠すぎる行動はなんの意味ももたらさないので、初心者が交じると途端にハンデキャップ戦に。
結果次第でウデマエも落ちてしまうため、チームメイトのせいで負けたりすると運で片づけるにはあまりにも無体なことになる。

回線切れも非常に多く、落ちたプレイヤーが塗った分は無効になるため、気づいたら残存プレイヤーがどんなに優秀でも負けていたなんて理不尽なこともしょっちゅう。
それでも勝つこともあるが、それは対戦相手があまりにも塗れていないということで、マッチングのバランスは全く取れていない。
落ちていなかったとしても結局(自軍が)リンチモードだったわけだ。


なにもかもが性善説的なシステムで組まれているのは、さすがに現実をわかっていないとしか。
任天堂らしいネット対戦素人ぶりが、このゲームでもありありと出てしまった。
オンラインが当たり前になってもう結構経つのに、いまだにこんなところで止まっているのが痛々しいくらいだ。
タチウオのチャージャーなど、えぐいくらいにバランスが崩壊していることもあるし、いくらでも調整できたことが全然できていないのはきつい。

その辺がもうちょっと改善されていけば、いいゲームだったんだろうがなあ。
せめて仲間ともっとコミュニケーションが取れるなら、嫌味なプレイも許された感はあったのかも知れないが、結局いがみ合い、不満しか残らない。
フレンド(というか現実の知り合い)とならやりたいとたまに思うが、見知らぬネットの誰かとやってもストレスしかたまらないな、レベルが違う相手と一緒になっても全然楽しくない。
この辺の住み分けにはもっと慎重になるべきなのに……。

残念ながら今回も期待だけさせておいて、実態は任天堂らしいいい加減な調整で台無しなゲームでしたという結論に至るしかない。
ゲーム自体の面白さは5だが、ネット上での調整がまるでなっていないので1、合わせて3、これが精一杯の評価。

せめてわざと全てが弱体化調整されたゲームになっている(その気になったらただだだっ広いマップをそれぞれ別個に塗り合うだけとか)初心者用マッチとかさ、そういう方向も入れておいてくれればなあと思う。
勝ち続けている優秀すぎるプレイヤーは一定時間能力弱体化、あるいは遠くに飛ばされるとかで、同じ有利なポイントを取り続けられないシステムくらいは用意しといて欲しかったもんだ。
同じ負けるにしても、もっと納得して負けたいんだよ。

目的
オンライン
総プレイ時間
101時間以上

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Wii U ソフト > カプコン > モンスターハンター3(トライ)G HD Ver. [Wii U]

silvia-r240さん 金メダル

  • レビュー投稿数:1814件
  • 累計支持数:5388人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
97件
150件
ゲーム周辺機器
191件
4件
プレイステーション4(PS4) ソフト
180件
2件
もっと見る
満足度4
操作性4
グラフィック5
サウンド4
熱中度4
継続性3
ゲームバランス3

後作のモンスターハンターワールドと比べるのもどうかと思いますが個人的にはナンバリングシリーズの方が思い入れがあり型落ち後に入手した当時でもプレイしていて落ち着きました。携帯ゲーム機版からの乗り換えでしたがやはり環境としては据え置きハードの方が安定していてガッツリやりこむのには最適です。今となっては微妙ですがあの頃は圧巻のグラフィックで描写力がかなりあり、リアルさもさることながらサウンドやSE、演出効果等を含めた臨場感等々、すべてにおいて強いインパクトを感じられた良作でした(^o^)


以下、本作の紹介になります。

Wii「モンスターハンター3(トライ)」の流れを汲み、全ての要素が新たに組み上げられ、「G」の名にふさわしい驚きと広がりを持ってハンターたちの訪れを待っている!12種すべての武器を収録。孤島や水没林などの水中エリアも見事に再現。そして、ついに双剣、猟銃笛、ガンランス、弓が水中猟銃に対応!驚異的な能力を秘めたモンスターが続々登場するぞ!さらに深まる、猟銃生活(ハンターライフ)!!

参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Wii U ソフト > コーエーテクモゲームス > NINJA GAIDEN 3: Razor's Edge

silvia-r240さん 金メダル

  • レビュー投稿数:1814件
  • 累計支持数:5388人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
97件
150件
ゲーム周辺機器
191件
4件
プレイステーション4(PS4) ソフト
180件
2件
もっと見る
満足度3
操作性4
グラフィック4
サウンド4
熱中度4
継続性3
ゲームバランス3

規制の都合と多少バランスの悪さで万人の方におススメで〜すという訳にはいきませんが個人的には安価ながらも手軽に楽しめる作品で割と奥深いかな〜と思えました。グラフィックが綺麗でサウンドも内容とマッチしていてSEやBGMも含めて完成度はマズマズです。アクションが決まった時やザク斬りの爽快さ、演出効果の秀逸さも手伝っていろんなパターンで楽しめました。まぁ多少の粗さはありますが凌げる程度なのでめちゃくちゃ不満という訳でもなく全体的には何とか纏まってると思えるので現状の販売価格であればあまり損に感じません。( ^ω^ )

以下、本作の紹介になります。

『NINJA GAIDEN 3』を“Razor’s Edge(カミソリの刃)”という名の如く、
鋭く研ぎ澄ませた「至高のハイスピードNINJAアクション」がWii Uで登場。
非常に高いやりごたえと達成感のあるゲームシステムを極限まで追求。
武器や忍法を追加はもちろん、シリーズ初登場の新技や、キャラクターの成長要素を取り入れた。
また敵キャラクターの強化と激しいバイオレンス表現をとりいれ、シリーズ最大の魅力である
ハイスピードアクションと一瞬の油断も許さない激しい戦闘を存分に堪能できる。
もちろんアクションゲームが苦手な人には、ピンチになるとオートガード、オート回避が発動する
プレイスタイル「HERO」が用意されているので、物語を最後まで楽しめるようになっている。

参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Wii U ソフト > バンダイナムコエンターテインメント > 鉄拳タッグトーナメント2 Wii U エディション

silvia-r240さん 金メダル

  • レビュー投稿数:1814件
  • 累計支持数:5388人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
97件
150件
ゲーム周辺機器
191件
4件
プレイステーション4(PS4) ソフト
180件
2件
もっと見る
満足度3
操作性4
グラフィック3
サウンド3
熱中度3
継続性2
ゲームバランス2

良いなと感じたところ

・モードが豊富で
◎オフラインモード
  ・アーケードバトル
  ・VSバトル
  ・サバイバル
  ・チームバトル
  ・ゴーストバトル
  ・タイムアタック
  ・ペアプレイ
  ・プラクティス
 ◎スペシャルゲームモード
  ・キノコバトル
  ・鉄拳ボール
 ◎オンラインモード
  ・ランクマッチ
  ・鉄拳チャンネル
  ・ランキング
 ◎ファイトラボ
 ◎カスタマイズ
 ◎鉄拳チューンズ からチョイスが可能

・適当操作でも如何にかこうにか(笑)
・結構リアルなグラフィック


イマイチだなと思えたところ

・上記に記載したようにモードは豊富だがやはりマンネリ化には抗えず・・・・
・システム面に粗さが少々


総評

ナムコ(現バンダイナムコ)が誇るレジェンドタイトルの格闘ゲームですが一部のバランスの悪さと初心者の方に対してやや不親切かなぁと思う部分が見受けられましたがそれなりに仕上がっていると思います。チョイス可能なモードは豊富でしたが個人的に早く飽きがきてしまい早々に離脱しましたが、お好きな方であれば結構やり込めるのではと思える作品でした( ^ω^ )

参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Wii U ソフト > 任天堂 > New スーパーマリオブラザーズ U

silvia-r240さん 金メダル

  • レビュー投稿数:1814件
  • 累計支持数:5388人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
97件
150件
ゲーム周辺機器
191件
4件
プレイステーション4(PS4) ソフト
180件
2件
もっと見る
満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド4
熱中度4
継続性4
ゲームバランス4

良いなと感じたところ

・誰でも楽しめる相変わらずの安定感
・ハードの特性を活かした操作感覚
・奇麗なグラフィックと世界観にマッチしたサウンド、演出効果の秀逸さと絶妙なSE 等々


総評

世界レベルで知らない方が珍しいのではと思えるくらい有名になったタイトルですが、リリースするたびに目新しい進化を楽しめるので毎回、新鮮な感じでプレイできます。今作に関してはwiiリモコンとタッチパッドの特性を活かした操作が斬新で割と長い間楽しめました。
トータルで見てマイナスポイントもほとんど感じられない良作なのでおススメです。

以下、本作の紹介になります。

ひとりでも、みんなでも、最大5人で遊べるWii Uのマリオ。
Wii U GamePadでプレイヤーたちのバディ (相棒) となり、画面をタッチしてみんなの冒険を手助けできる。
すごいプレイができたときや手強いコースをクリアしたときなど、感想をMiiverseに書き込んでインターネットを通じて思いを共有することができる。
アイテムをとるとムササビマリオやアイスマリオなど、特殊な能力を持った姿にパワーアップ。さまざまな能力を持つヨッシーたちも登場する。
ストーリーモードのほかにも、記録に挑戦できる「おだいモード」やコイン枚数を競い合う「コインバトル」などバラエティ豊かなモードも収録。

参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Wii U ソフト > 任天堂 > Nintendo Land

silvia-r240さん 金メダル

  • レビュー投稿数:1814件
  • 累計支持数:5388人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
97件
150件
ゲーム周辺機器
191件
4件
プレイステーション4(PS4) ソフト
180件
2件
もっと見る
満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド4
熱中度4
継続性4
ゲームバランス4

良いなと感じたところ

・トータルのアトラクションの数は盛り盛り系に比べて少なめだが各々が作りこまれてるので薄っぺらさを感じない
・故に数が多いだけのパーティー系ゲームと比較しても底から楽しめる

イマイチだなと思えたところ

・完全ボッチだとやや厳しくバランス面を踏まえても全開で楽しむのにやや不利かなぁ・・・

総評

任天堂のゲームの中からエースクラスの各タイトルを主体にしたアトラクション系の作品です。寄せ集め系のおざなりな内容ではなくちゃんとしているところが好印象で本筋の使用であればあまり不満を感じない仕上がりだと思います。リモコンの特性を活かした体感操作がポイントになりますが多人数でワイワイやるのに最適、またちょっとした場繋ぎに向いているのであまり接点のない身内が遊びに来た時のコミュニケーションツールとしても役に立つ・・・・そんな感じの内容でした( ^ω^ )

以下、本作の紹介になります。

Wii Uで遊ぶ任天堂のテーマパーク。1人でも、みんなでも楽しめる12のアトラクション。

『Nintendo Land』は、「スーパーマリオ」や「ゼルダの伝説」、「どうぶつの森」など、任天堂のゲームタイトルをモチーフにしたアトラクションが楽しめるテーマパークです。
各ゲームの世界観やキャラクターの特徴を活かしたさまざまな遊びを、Wii U GamePad とWii リモコンを使って体験できます。
じっくり遊べる1人用から最大5人で遊べるものまで、12種類のアトラクションが登場。

チームアトラクション
協力プレイと対戦プレイが楽しめる3つのアトラクション。複数のモードやステージが用意され、1人でもじっくり遊べます。

・「ゼルダの伝説 バトルクエスト」
弓使いと剣士のバトルアトラクション。Wii U GamePadで弓を、Wii リモコンで剣を、能力の異なるリンク同士で協力しながらモンスターと戦い、トライフォースを取り戻します。

・「ピクミン アドベンチャー」
ピクミンとオリマーの惑星脱出アトラクション。オリマーとピクミンで敵を倒したり、ブロックを壊しながら宇宙船を目指します。

・「メトロイド ブラスト」
惑星が舞台のシューティングアトラクション。サムスやスターシップでミッションクリアや対戦が行える骨太アトラクション。

対戦アトラクション
2人以上で遊ぶマルチプレイ専用アトラクション。Wii U GamePadならではの立場の異なる遊びで、ゲーム初心者から上級者まで一緒に楽しむことができます。

・「ルイージのゴーストマンション」
ルイージたちのオバケ退治アトラクション。Wii リモコンの振動でオバケの居場所を探し当て、懐中電灯で照らして退治します。

・「マリオチェイス」
マリオとキノピオのおいかけっこアトラクション。俯瞰視点のマップでキノピオの動きを見ながら、制限時間いっぱいステージを逃げ回ります。

・「どうぶつの森 キャンディーまつり」
どうぶつたちとモンバンさんのおまつりアトラクション。モンバンさんは、どうぶつたちを追いかけながらアメが集まるのを阻止します。
落ちているアメをどうぶつ同士で協力して集めます。

ミニアトラクション
はじめての人でもすぐに遊べるシングルプレイ専用のアトラクション。

・「ヨッシーのフルーツカート」
ラインを描いてゲートに導け。ヨッシーカートのルールを描き、全てのフルーツを取りながらゴールを目指します。

・「オクトパスダンス」
リズムに合わせてワン・ツー・スリー。お手本の振付に合わせて、リズムにのってダンスします。

・「ドンキーコングのクラッシュコース」
トロッコ転がしゴールを目指せ。三角形のトロッコを左右に傾け、壊れないようにゴールまで導きます。

・「C・ファルコンのツイスターレース」
危険なレースをツイスト走破。Wii U GamePadを縦持ちし、見下し視点でマシンを操作。時間内にエリアを駆け抜けます。

・「バルーントリップ ブリーズ」
風をおこして空の旅へ。タッチスクリーンで風をおこし、障害物をさけながら風船を割ってゴールまで進みます。

・「鷹丸の手裏剣道場」
手裏剣飛ばして忍者になろう。縦持ちしたWii U GamePadのタッチスクリーンを、指ですべらせるようにスライドして手裏剣を投げます。

参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Wii U ソフト > 任天堂 > ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD [通常版]

silvia-r240さん 金メダル

  • レビュー投稿数:1814件
  • 累計支持数:5388人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
97件
150件
ゲーム周辺機器
191件
4件
プレイステーション4(PS4) ソフト
180件
2件
もっと見る
満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド4
熱中度4
継続性4
ゲームバランス4

良いなと感じたところ

・フルHD化ということでキャラクターや風景、その他の細かい描写も含めてかなり奇麗になった(少しオチはありますが・・・)
・良い感じにアレンジされた定番サウンドから新規導入されたものまで含めて入りやすく馴染みやすい音楽とSEは好印象で世界観にもマッチしまくり
・臨場感に浸れてアクション内容によっては爽快感もかなりのもの、それらに見合った演出効果も秀逸

イマイチだなと思えたところ

・操作に慣れにくい
・ちょっと高めに感じた難易度
・グラフィックは奇麗にはなったがややポリゴンチックさが残っている
・三半規管が弱いので乗馬操作で酔った(自業自得・笑)

総評

・以前にWii版を所有してましたが訳があって早々にドナドナした都合、初見的な感覚で何もかもが新鮮に感じました。歴代シリーズの中でも原点らしさを味わえるというか主に謎解きとアクションで良さを満喫できました。Wii Uの特性を活かした仕上がりも好印象である意味、現行機より優れてるじゃんと思える節も多々ありました。フルHD化+追加要素ということでオリジナル版をプレイ済みの方でも新たに一から楽しめるのではないかなと思える作品でしたm(__)m

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Wii U ソフト > 任天堂 > ペーパーマリオ カラースプラッシュ

silvia-r240さん 金メダル

  • レビュー投稿数:1814件
  • 累計支持数:5388人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
97件
150件
ゲーム周辺機器
191件
4件
プレイステーション4(PS4) ソフト
180件
2件
もっと見る
満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド4
熱中度4
継続性4
ゲームバランス4

良いなと感じたところ

・グラフィックが奇麗で紙感が出まくり!毛玉ヨッシーもそうだったがこちらのリアリティさも中々なものです。
・世界観にマッチしたサウンドと心地よい聞き味のSE
・割とシンプルな操作
・子供と一緒に楽しめる
・何だかんだで癒される等々

イマイチだなと思えたところ

・唯一のマイナス点としてはある程度の一線を越えると何もかもがルーティン気味になりマンネリ感に襲われる(まぁゲームって大なり小なりこんなものですけどね(笑))

総評

・やはりというかなんというか安定感は抜群で流石任天堂!と素直に感じられる仕上がりでした。オリジナルと比べるとぱっと見は亜種的な部類に入るかもですが根底がしっかりしているので普通に受け入れられる仕様です。比較的、全年齢層向けで楽しめるところは相変わらずでメーカーさんのシリーズを通じてブレないコンセプトは頭が下がりますm(__)m

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Wii U ソフト > バンダイナムコエンターテインメント > ご当地鉄道 〜ご当地キャラと日本全国の旅〜 [Wii U]

silvia-r240さん 金メダル

  • レビュー投稿数:1814件
  • 累計支持数:5388人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
97件
150件
ゲーム周辺機器
191件
4件
プレイステーション4(PS4) ソフト
180件
2件
もっと見る
満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド4
熱中度4
継続性4
ゲームバランス4

良いなと感じたところ

・やや違和感を覚えるが妙にクセになるグラフィックとインパクトはそれほどないが作品の内容にマッチしたサウンドやSE等・・・。
・複雑ではなく単純な操作で進行可能
・ほのぼのご当地キャラが集結
・見方によっては学習的な要素もあるのでお子さんの教材的な役割もイケるのでは・・・

イマイチだなと思えたところ

・悪意を感じる設定(笑)。


総評

・このジャンルにおいてはやはり桃太郎電鉄がいの一番に名が出てくるところですがアプローチの仕方が違うのでこちらはこちらで十分楽しいなと感じました。どこに目的を置くかにもよりますが子供と一緒に満喫出来て尚且つ各ご当地の環境や状況を学ぶのにも適した仕上がりなのでファミリー向けに最適かなと思えましたm(__)m

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Wii U ソフト > SEGA > ソニックトゥーン 太古の秘宝

silvia-r240さん 金メダル

  • レビュー投稿数:1814件
  • 累計支持数:5388人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
97件
150件
ゲーム周辺機器
191件
4件
プレイステーション4(PS4) ソフト
180件
2件
もっと見る
満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド4
熱中度4
継続性4
ゲームバランス4

良いなと感じたところ

・ものすごく奇麗なグラフィックと世界観にマッチしたサウンド、聞いていて心地よいSE等・・・。
・少し慣れが必要だが扱いこなせればサクサクいけるアクション
・演出効果が秀逸で割とスカッとする
・キャラクター別に各特性を活かして進行させるところがマンネリ気味にならず適度な刺激になる
・上記に述べたグラフィック効果で臨場感と適度な爽快感を味わえる等々

イマイチだなと思えたところ

・システム的にやや不親切に思えるところがありましたがまぁ許容範囲かなと・・・。


総評

・キャラクターを使い分けて進行させる点は面白く各々の特徴を活かしたアクションや演出は中々ツボにハマり悪くない仕様だと思います。原点と比べると少し異質になるかもですが個人的にはこう言った感じの方が好みで内容的にも幅広い年齢層でウケが良さそうなので万人の方が楽しめる仕上がりかなと感じました。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Wii U ソフト > コナミ > ニュートピアII <PCエンジン> [ダウンロード版]

酒缶さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1996年より某玩具会社のゲーム部門に所属し、コンシューマゲームのディレクション、企画、シナリオ・クイズ・マップ・スクリプト作成などをこなすが、ゲーム関係の仕事を幅広くしたくなり、2007年に独立。

1万本以上のゲームソフトを所有す…続きを読む

満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド4
熱中度4
継続性4
ゲームバランス3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

   

タイトル画面

   

【概要】
・前作で平和を取り戻した世界に再び魔王復活の兆しが現れ始めたため、前作の主人公の息子が新たな冒険に挑むアクションRPG。

・操作方法
 十字ボタン 移動・アイテムの選択
 Aボタン 剣を振る
 Bボタン アイテムを使う
 +ボタン サブ画面

・タイトル画面から選べる項目は2種類。
「START」ゲームを最初から始める
「CONTINUE」セーブデータからの再開


【評価】
・前作が初代『ゼルダの伝説』をステージクリアタイプのゲームにしたようなノリのゲームだったが、今作はその作りが若干整理されたようなつくり。トップビューマップでフィールドとダンジョンがあり、それぞれ画面の端まで行くと隣のマップに移るようなスタイルのゲーム。

・全体的に表面的には前作と変わらず、ファミコンディスクの『ゼルダの伝説』とスーパーファミコンの『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の中間、若干ディスク版寄り、といった感じ。フィールドマップでヒントを得つつ、コンパスを使ってダンジョンを探し、ダンジョンでは武器や装備などのアイテムを見つけつつ、ボス戦に挑んでクリアする流れなので、ステージクリア感は前作と同じ。

・セーブ方法は、ゲーム側ではパスワードとメモリーバックアップがあるが、いまいちわかりにくいので、バーチャルコンソールのまるごと保存ができるのは大変ありがたい。ゲーム側のセーブは特定の場所に行かなくてはならないが、まるごと保存はどこでもセーブができるため、ダンジョン内で適度にセーブをすれば攻略はかなりやりやすい。また、パスワードがあるため、当時、途中までプレイしてメモをしていたパスワードを活用することができ、パスワードをメモっておけば、実機でプレイしたり、ネット上でパスワードを拡散するなど、いろいろと活用できる。


・前作と比べるとマップの作りが複雑化されて、わかりにくくなった印象。ステージクリア感はある意味、解りやすさでもあったが、なぜか今作ではステージクリア感が抜けていないのに、わかりにくくなった印象が強い。


【まとめ】
・同じハード内での続編なので、前作をクリアした人向けに作られたゲームの印象を強く感じました。それゆえ、まずは『ニュートピア』をプレイして、クリアしてから今作に挑みましょう。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Wii U ソフト > コナミ > スペースマンボウ <MSX> [ダウンロード版]

酒缶さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1996年より某玩具会社のゲーム部門に所属し、コンシューマゲームのディレクション、企画、シナリオ・クイズ・マップ・スクリプト作成などをこなすが、ゲーム関係の仕事を幅広くしたくなり、2007年に独立。

1万本以上のゲームソフトを所有す…続きを読む

満足度4
操作性4
グラフィック3
サウンド4
熱中度4
継続性3
ゲームバランス3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

   

タイトル画面

   

【概要】
・地球を消し去ろうとする巨大マンボウ型戦艦を破壊するため、元星間連合軍のエースパイロットが闘いに赴くシューティングゲーム。

・操作方法
 十字ボタン 移動
 Aボタン ショット
 Bボタン オプションの向きの変更
 ※ゲームオーバー時のコンティニューは「Rボタン」


【評価】
・タイトルに「マンボウ」と付いていて、可愛い印象を受けてしまうが、「マンボウ」は敵ボスの名前なので、実際には硬派なシューティングゲーム。全8ステージで、基本的にはスクロールして右方向に進んでいくため、自機の方向も右で固定だが、ステージ内には左方向や上下に進むことがあり、オプションの向きを変える行為がかなり有効な攻略になるようなつくりになっている。

・各ステージの最後にはボスがいて、倒すとステージクリアというわかりやすいつくり。ゲームオーバーになってもコンティニューをすれば同じステージに挑戦できるため、何度も攻略するモチベーションを持ってプレイができる。

・敵や演出が増えると画面がちらついて見にくい。また、敵弾の中には小さくて見にくい弾があるため、不意にやられることがたまにある。Wii Uのバーチャルコンソールのページには「難易度は当時のKONAMIシューティング作品と比べて低く設定」とあるが、ステージによっては初見殺しが結構あるため、ミスを減らしてクリアするにはステージのクセを相当把握する必要がある。特にスピードアップしてもあまり速く移動できないため、敵の攻撃の気配があった時は素早く行動する必要がある。

・敵を倒して出てきたアイテムを取ることでパワーアップする要素があり、赤く光ったカプセルを取るとショットがパワーアップし、黄色でアルファベットが記載されたカプセルを取るといろいろなパターンのショットに変更することができるため、積極的にカプセルを取って攻略に活かせる。

・難しいシューティングゲームではあるが、バーチャルコンソールのまるごと保存を使えばセーブができるため、適度にまるごと保存を使えばクリアを目指せる。一度クリアできれば、2回目からはセーブの回数を減らしていき、スコアアタックなどを楽しめるようになるため、シューティングが下手な人にとっては遊び甲斐のあるゲームだと思う。

・昔の4:3の画面で黒バックのシチュエーションが多いため、画面左右の黒い部分と画面の端の境目が分かりにくいため、外部から敵が登場するタイミングがつかみ辛いのが気になった。


【まとめ】
・ファミコンのシューティングゲームとは違った方向で、画面のちらつきを感じられるレトロシューティングゲームなので、そのあたりの特徴を把握した上で、シューティングゲームとして興味がある方にはぜひ挑戦してほしいゲーム。プレイする際には、Rボタンでコンティニュー、は憶えておきましょう。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Wii U ソフト > SEGA > ぷよぷよテトリス [Wii U]

じゃむぱん丼さん

  • レビュー投稿数:387件
  • 累計支持数:156人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

プレイステーション2(PS2) ソフト
96件
0件
プレイステーション(PS) ソフト
77件
0件
ニンテンドーDS ソフト
41件
1件
もっと見る
満足度3
操作性4
グラフィック3
サウンド2
熱中度4
継続性2
ゲームバランス2

ぷよぷよとテトリスという二大落ちものゲーを合体させたゲーム。
ゲームモードはそれぞれのとことんモード、一人から複数人数による各種特殊ルールを含むオフライン対戦モード、インターネット接続によるオンライン対戦など一通り揃ってはいる。
中にはぷよとテトリミノが普通に混在するミックスルールもある。言うほど面白くもないのだが……。

基本は声と画像のみの違い(一部のゲームモードでは攻撃種類が違うこともある)の持ちキャラを選択できるのだが、これが中々不親切。
デフォルトキャラを自由に設定できるのはいいが、ぷよぷよとテトリスの選択は記憶されないため、ぷよぷよキャラをデフォルトに設定するとテトリスを、逆にテトリスキャラをデフォルトにするとぷよぷよを選択し直すのが毎回めんどくさい。
普通に考えてここも記憶させておくべきだろうに。
声の変更もできるが、性格と喋り方がびっみょーに変化する程度。
こんなものわざわざゲーム内通貨や有料DLCで買わせるかね普通。
声の内容に関してもバックトゥバックやらTスピンやら肝心のボイスがないので、どうなっているのか本当に判りづらい。
効果音も弱く画面表示も弱いので、よほど意識していなければ自分が何をしているかもわからないって、そりゃないわという話。

実際のところルール的には上級に行くほどテトリスのほうが圧倒的に有利らしい。
まあ勝てない相手には、ぷよぷよだろうテトリスだろうとまるで歯が立たないのは変わらないのだけど。
ルールはいくつもあるけど、運次第なゲームがないのがネット対戦ではネックになっていて、実力差が悲しいほど対戦の楽しみを奪っているという、対戦ゲームにありがちな問題はあまり解決されていない。
もうちょっと息抜きできるルールも欲しいんだがなあ。
全てはレートに縛られて勝てなきゃ意味ないってシステム一辺倒なのがいけないんだが、作り手までそれに引っ張られてどうするのという話。
結局二つの落ち物をミックスさせたまでで発想が終わっている。お祭りになっていない。


インターネット対戦もあるが、ここでもまた重要なデータが記録されず一々全部デフォルトになってしまうため、毎回対戦モードを選択し直さなければいけない。
しかも強さによってかなり厳しくマッチングが制限されているらしく、過疎っていると2時間待っても誰にも会えなかったりする。
初日からこれを食らってひどい目にあった。
待てど暮らせどだーれも来ない。
初期レートの夜ですらそんなていたらくなので、今からまともなマッチングを期待して買うのはちょっと考えたほうがいいかもしれない。
普通は対戦を繰り返していれば徐々に自分の実力に応じた適正レートになって対戦相手との差も縮まるものだが、これだけ過疎だと中々適正レートも安定しないため、分不相応な相手とばかり当たることになる。
向こうが勝っているうちはまだしも、負けが込みだすとすぐ逃げられるようになってしまうので、まーた一人ぼっち状態になる。
まああまりにも強い相手は勝負にも参考にもならないので、マッチングしたって得るものはないってのはわかるんだけどさ。
中途半端な場面で接続エラーが出るとそれで勝負なしになってしまうため、疑われて無視されたりと、子供みたいなユーザーも多くて数日かからずに心底うんざりしてしまった。
勝った時の接続エラーはがっかり、負けたら疑われるとか仕組み自体がおかしくないか。


ランキングはみんな9999のカンストプレイヤーで埋まっているのでひとっつも上を目指す楽しみはないし、とにかくモチベーションが上がらない作りにうんざりしてしまう。
どうせこれ一度9999まで上げてしまえばいいってだけの話なんだろうな。
今全国で何万位とか出るけど、それもリアルタイム評価なのは実際にプレイしているプレイヤーだけで、あとは大半がもうやめちゃったプレイヤーなんだろうし。
他にもマッチングしてから決定を押すとさらに10秒の待ち時間があるが、それ必要なのか?と思う。
決定してしまえばもう降りることも挨拶もできないのに、何故わざわざ待たせるか。
せっかくのネット対戦要素までちょっと考えればわかりそうなことを全然作り込めていない、素人丸出しのテンプレ仕事のみなのはちょっとどうかと思う。
こういうところをアップデートで直していれば評価も全然違ったろうになあ。

じゃあ一人用として完成しているかといえばそれも相当甘く、難度調整がうまくいっていないので何人抜いても同じレベルの敵が出てきてただの我慢比べ耐久レースになっていたり、歯がゆい部分が多い。


これだけテトリスもぷよぷよも枯れた時代になんだかなー……という感じ。
これだったらちょっと無理してでもスイッチ買って、テトリス99でもやっておいたほうがよかったかな。
そりゃああちこちで新品投げ売りしているはずだよ。

レベル
ミドルゲーマー
目的
ひとりで遊ぶ

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Wii U ソフト > 任天堂 > スーパーファミコンウォーズ <スーパーファミコン> [ダウンロード版]

酒缶さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1996年より某玩具会社のゲーム部門に所属し、コンシューマゲームのディレクション、企画、シナリオ・クイズ・マップ・スクリプト作成などをこなすが、ゲーム関係の仕事を幅広くしたくなり、2007年に独立。

1万本以上のゲームソフトを所有す…続きを読む

満足度4
操作性4
グラフィック5
サウンド4
熱中度4
継続性5
ゲームバランス4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

   

タイトル画面

   

【概要】
・レッドスター軍とブルームーン軍が色々な戦略マップで戦いを繰り広げるシミュレーションゲーム。元は1998年に任天堂がスーパーファミコンのニンテンドウパワー書き換え専用として発売したタイトル。

・操作方法
 十字ボタン カーソルの移動・コマンドの選択
 Aボタン 決定
 Bボタン キャンセル
 Xボタン 情報の表示
 Yボタン HPや搭載状況の表示
 Lボタン 各軍の首都にカーソルが移動
 Rボタン 自軍の未行動ユニットにカーソルが移動
 −ボタン コマンドの表示

・メインメニューから選べる項目は4種類。
「再戦」セーブデータからの再開
「開戦」最初からゲームを始める
「複写」セーブデータのコピー
「削除」セーブデータの削除


【評価】
・ぱっと見、ファミコンの『ファミコンウォーズ』が綺麗なビジュアルになった印象があるが、実際のところ『ファミコンウォーズ』のパワーアップ移植という位置づけのタイトル。扱えるユニットの種類が増えていたり、4人での対戦が行えたりといろいろとパワーアップしている要素があるが、一人プレイでは思考の速くなった『ファミコンウォーズ』として快適にプレイを楽しめる。

・最初は自軍の周辺しか制圧していないマップに対して、少しずつ制圧地域を増やしていき、最終的には敵陣を制圧すると勝ちになる簡単ルール。兵器による対戦では強力な武器を持っている戦車などが有利になるが、制圧するためには歩兵が必要になり、その場に応じたユニットを生産していくことが大事になる。ユニットの使い分けが重要になるため、ユニットごとの性質を理解するとゲームがより楽しくなる。

・兵士に拠点を制圧させるときのアニメーションが可愛い。戦争ではあるが、殺伐とした雰囲気はなく、全体的にコミカルな演出になっている。

・コンピュータの思考ルーチンが7種類用意されていて、女性のビジュアルの将軍も存在する。


【まとめ】
・バーチャルコンソールには『ファミコンウォーズ』と『スーパーファミコンウォーズ』の両方が販売されていて、『スーパーファミコンウォーズ』の方が全体的に快適に遊べるようになっているため、余程『ファミコンウォーズ』を懐かしみたい人以外は『スーパーファミコンウォーズ』をプレイすることをおすすめします。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Wii U ソフト > 任天堂 > ファイアーエムブレム トラキア776 <スーパーファミコン> [ダウンロード版]

酒缶さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1996年より某玩具会社のゲーム部門に所属し、コンシューマゲームのディレクション、企画、シナリオ・クイズ・マップ・スクリプト作成などをこなすが、ゲーム関係の仕事を幅広くしたくなり、2007年に独立。

1万本以上のゲームソフトを所有す…続きを読む

満足度3
操作性4
グラフィック4
サウンド4
熱中度3
継続性4
ゲームバランス2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

   

タイトル画面

   

【概要】
・レンスター王国を追われたリーフ王子が、故国復興のため聖戦に赴くシミュレーションRPG。『聖戦の系譜』の外伝的作品で、1999年に任天堂がスーパーファミコンのニンテンドウパワー書き換えタイトルとして発売し、後にパッケージ版を発売したタイトル。

・操作方法
 十字ボタン カーソルの移動・コマンドの選択
 Aボタン 決定・マップメニューの表示・メッセージスキップ
 Bボタン キャンセル
 Xボタン ユニットステータス画面の表示
 Yボタン カーソルの高速移動
 Lボタン 表示ユニットの切り替え(ユニットステータス画面)
 Rボタン 未行動ユニットにカーソルを移動

・メインメニューから選べる項目は5種類。
「中断から始める」中断したところから再開
「記録から始める」セーブデータから再開
「記録を写す」セーブデータをコピーする
「記録を消す」セーブデータを消す
「最初から始める」ゲームを最初から始める


【概要】
・ファミコンで始まった『ファイアーエムブレム』シリーズは、フィールドマップ上にあるユニットを動かして、敵と戦わせ、制圧することでストーリーを進めていくシミュレーションRPG。スーパーファミコン時代は、ファミコンの頃よりもグラフィックがパワーアップし、難易度は若干押さえられていたはずが、今作は再び高難易度に。最近のシリーズタイトルのような容易に経験値稼ぎができるような特別なマップが用意されていないため、詰将棋的なプレイスタイルで、限られた行動の中でいかに効率的にユニットを成長させるかが重要になる。『トラキア776』はスーパーファミコンで発売されたシリーズタイトルの中では特に難易度が高いと言われているタイトルなので、なお一層、普通にプレイするとハマる展開になる。

・バーチャルコンソールなのでまるごと保存で1つだけ余計にセーブをすることが可能で、詰将棋的なプレイの中で気になるところでセーブを残すことができるが、ストーリーを先に進めてもユニットの成長具合によってはハマリ状態になるため、もっとセーブが欲しいと思ってしまう。

・敵と戦う際に、「攻撃」以外に「捕える」コマンドが発生することがあり、「捕える」で敵を倒すとユニットに十字のアイコンが付き、移動できる範囲が狭まる。また、この捕虜にした敵ユニットの身ぐるみを剥ぐとアイテムをゲットすることができ、「解放」で敵ユニットを解放することもできるため、ただ闇雲に敵を倒すだけでなく、「捕える」ことが攻略のポイントになっている。

・一応、『聖戦の系譜』の外伝という扱いなので、『聖戦の系譜』をプレイしていないと知らないキャラクターが多数登場することになる。


【まとめ】
・最近のFEシリーズでカジュアルにプレイしている人にはまず向かないゲーム。現在でも死んだら復帰させずに高難易度プレイで鍛錬を積んでいる人のみが楽しいと思える境地までたどり着けるのではないかと思います。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(Wii U ソフト)

ご注意