ニンテンドー3DS ソフトすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > ゲーム > ニンテンドー3DS ソフト > すべて

ニンテンドー3DS ソフト のユーザーレビュー

(2464件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
ニンテンドー3DS ソフト > カプコン > ロックマン3 DR.ワイリーの最期!? <ファミリーコンピュータ> [ダウンロード版] [3DS]

酒缶さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1996年より某玩具会社のゲーム部門に所属し、コンシューマゲームのディレクション、企画、シナリオ・クイズ・マップ・スクリプト作成などをこなすが、ゲーム関係の仕事を幅広くしたくなり、2007年に独立。

1万本以上のゲームソフトを所有す…続きを読む

満足度4
操作性4
グラフィック5
サウンド5
熱中度4
継続性5
ゲームバランス3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

 

当時のファミコン版パッケージ

タイトル画面

 

【概要】
・惑星でロボットたちが反乱を起こしたため、愛犬ラッシュを従えたロックマンが再び世界を救うために戦うアクションゲーム。

・操作方法
 十字ボタン左右 移動
 十字ボタン上下 ハシゴの昇り降り
 Aボタン    ジャンプ
 Bボタン    攻撃
 十字ボタン下+Aボタン スライディング
 STARTボタン  武器セレクト画面表示

・メニューから選べる項目は2種類。
「START」最初からゲームの開始
「PASS WORD」パスワードによるゲームの再開


【評価】
・今でも続いている『ロックマン』シリーズ全体の中では、今作からスライディングというアクションが加わり、敵の攻撃をよける際、ジャンプ以外にスライディングができるようになり、ボス戦の攻防がよりアクティブになっている。当然ながら、アクションステージの攻略でもスライディングが有効になるようなマップ構成になっている。

・前作までは、攻撃用の武器以外の、移動補助系の道具も武器と同様の扱いだったが、今作では愛犬ラッシュがその役割を担っているため、メリハリがあり、扱いやすくなった。武器セレクト画面のアイテムを選ぶとアイコンが表示され、どの武器が何なのかなんとなく想像できるようになっているのがありがたい。

・前半は8人のボスの顔から攻略するステージを選び、そのステージの最後にいるボスを倒すとステージクリアになり、ボスの武器をロックマンが使えるようになる。どの武器も各ステージのボスとの相性がしっかりと付けられていて、相性の良い武器でボスと戦えるような順番で攻略すると比較的スムーズに攻略できるが、失敗すると全然有利にならないという、かなりもどかしいつくりになっている。この辺りはシリーズを通して共通するつくりだが、過去2作と比べるとボスの名前から属性が見極めにくく、試行錯誤がかなり必要になった印象。最初は、ロックバスターで倒しやすい弱そうなボスを見つける事が重要。

・後半はワイリーステージを攻略するつくりになっているが、ワイリーステージに入る前に、前半の8ステージ中の4ステージに似たステージに挑戦することになり、前作のボスと同じ攻撃をしてくるボスと戦うことになる。ワイリーステージでは1作目のワイリーステージに登場するボスをモチーフにしたボスも登場し、3作目ながらも前作までの復習ができ、前作よりもボリュームが増えている。

・多機種で展開されている『ロックマン』シリーズのタイトルなので、他のハードでプレイした際にメモしたパスワードがあれば、途中からゲームを再開できるのはありがたい。但し、パスワードは表の一部に2色のボールを配置するような特殊な方式のため、メモはしにくい。バーチャルコンソールなのでまるごと保存機能を使えばパスワードを使わなくても継続プレイができるが、E缶などの取り逃してやり直したくなる場合もあるため、適度にメモを取っておいた方がいい。

・昔ながらの残機制のつくりで、ゲームオーバー後のコンティニューではどこでやられてもステージセレクト画面など、ステージの頭からしか再開できないため、バーチャルコンソールのまるごと保存はかなり使い勝手が良い。例えば、体力がたくさん残っている状態で区切りのいいところまで進んだときや、ボス戦の直前などでまるごと保存をすると、攻略がかなりやりやすくなる。


【まとめ】
・『ロックマン』シリーズに関しては、現状、ほとんどのゲーム機にもプレイ環境があるため、コレクション系のタイトルを購入した方が所有欲も資料性も満たせると思うのですが、携帯ゲーム機でまるごと保存だけを使いこなして気軽にプレイしたいのであれば、バーチャルコンソール版も十分にアリかと思います。テレビでプレイしたければ、SwitchかPS4の『ロックマンクラシックスコレクション』をおすすめします。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ニンテンドー3DS ソフト > 任天堂 > パンチアウト <ファミリーコンピュータ> [ダウンロード版] [3DS]

酒缶さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1996年より某玩具会社のゲーム部門に所属し、コンシューマゲームのディレクション、企画、シナリオ・クイズ・マップ・スクリプト作成などをこなすが、ゲーム関係の仕事を幅広くしたくなり、2007年に独立。

1万本以上のゲームソフトを所有す…続きを読む

満足度4
操作性5
グラフィック4
サウンド4
熱中度4
継続性3
ゲームバランス3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

   

タイトル画面

   

【概要】
・新人ボクサーになって、個性豊かな強豪ボクサーに挑み、より上の大会のチャンピオンを目指していくボクシングアクションゲーム。1987年にディスクシステムのゴルフゲームを使った大会の賞品として配布されたソフトを再現したタイトル。

・操作方法
 十字ボタン左右 スウェー
 十字ボタン下  ブロック
 十字ボタン下2回 しゃがむ
 Aボタン  右ボディーブロー
 Bボタン  左ボディーブロー
 十字ボタン上+Aボタン 右顔面パンチ
 十字ボタン上+Bボタン 左顔面パンチ
 ※その他特殊操作あり

・タイトルメニューから選べる項目は2種類。
「NEW」最初からプレイ
「CONTINUE」パスワードによるゲームの再開


【評価】
・ボクシングの試合を再現しているが、プレイヤーが操作するボクサーは常に同じ場所にいて、敵の動きに対してパンチやスウェイなどを決めていく、リアルさよりは攻略をする楽しさが凝縮されたボクシングゲーム。ライバルのボクサーたちは、ある程度決まった動きで攻撃をしてくるため、隙や弱点を見極めて攻撃を決めていくのがとにかく楽しい。

・敵キャラが大きく描かれていて、ビジュアル的にも動きを見ても個性的なため、次にどんなタイプのボクサーが出てくるのか楽しみにしながらプレイができる。

・レフリーとしてマリオが出てくるのが微笑ましい。

・ゲーム内に登場する言葉が全部英語なので、特にラウンド間のセコンドのアドバイスがすんなりと読めないのはちょっと厳しい。但し、当時、ファミコン向けに発売された『マイク・タイソン パンチアウト』では、用語集のような冊子が付属されていて、ゲーム画面上の内容はやはり日本語化されていなかったため、当時プレイしていた人と不便さの度合いは同じ。電子マニュアルでも英文に対するフォローは一切なし。

・パスワードコンティニュー制のゲームだが、チャンピオンになったタイミングでしかパスワードが表示されないため、バーチャルコンソールのまるごと保存は活用できる。但し、まるごと保存の状態から、すでに勝ってしまったライバルとの対戦をすることはできないため、パスワードが表示された際にはその都度、別途メモを取っておいた方がいい。


【まとめ】
・リアルにボクシングの試合をしたい人よりは、個性的なボクサーの攻略法を試行錯誤しながら攻略していく要素を楽しそうだと感じる人が遊ぶべきゲームだと思います。携帯ゲーム機でもしっかりと楽しめます。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ニンテンドー3DS ソフト > SEGA > ソニックラビリンス <ゲームギア> [ダウンロード版]

酒缶さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1996年より某玩具会社のゲーム部門に所属し、コンシューマゲームのディレクション、企画、シナリオ・クイズ・マップ・スクリプト作成などをこなすが、ゲーム関係の仕事を幅広くしたくなり、2007年に独立。

1万本以上のゲームソフトを所有す…続きを読む

満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド4
熱中度4
継続性4
ゲームバランス3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

 

当時のゲームギア版パッケージ

タイトル画面

 

【概要】
・Dr.エッグマンのせいでスピードダウンシューズをはかされてしまったソニック・ザ・ヘッジホッグが、カオスエメラルドを求めて大迷宮を探索するアクションゲーム。

・操作方法
 スライドパッド・十字ボタン ソニックの移動
 Aボタン・Bボタン ローリング・ローリングダッシュ

・メニュー画面から選べる項目は以下の3種類。
「NORMAL GAME」ストーリーに沿ってステージをクリアしていく
「TIME ATTACK」1つのゾーンのクリアタイムを競う
「CONFIG」各種設定


【評価】
・いわゆるクオータービューマップによる、ちょっと変わったソニックのゲーム。ストーリー上、ソニックがダッシュをすることができないため、通常の移動はノロノロ状態になってしまうため、ローリングダッシュで移動と停止を繰り返しながらマップを攻略していく。マップの位置関係を把握して、ジャンプ台やワープなどでどのように移動するかを把握しながら探索していくのが楽しい。

・全部で4ワールドあり、それぞれ最初の3ステージはマップに配置されている3つのカギを集めてゴールを目指し、最後のステージではボスを倒すとクリア、という共通の作りになっていて、ルールがわかりやすくて攻略しやすい。

・各ステージには時間制限があり、アイテムを取ると時間が追加されることはあるが、基本的には急かされるようにゲームが進行。コンティニューがあるため、ゲーム自体は通常の『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズよりもクリアを目指しやすいが、すべてのステージをクリアした時にクリアタイムが表示されるため、より短い時間でのクリアを目指すようになり、自然とやり込みプレイをしたくなる。

・一部のマップの仕掛けがわかりにくいため、ファーストプレイはひたすらマップ把握に努め、マップを把握してからが本番、というようなつくり。

・元がゲームギアのゲームだったため、長時間プレイが厳しかったが、バーチャルコンソールの場合は、途中で中断しながらゲームを進めることができるため、よりクリアを目指しやすくなった印象。まるごと保存も活用しやすいが、クリア自体は「CONFIG」でソニックの残り数を10にしたうえでコンティニューを使いまくればどうにかなる難易度。


【まとめ】
・ダッシュができないという制約と、クオータービューというつくりのため、通常のソニックとは別のゲームなのですが、それゆえにソニックを意識しなくていい分、シンプルにオリジナルのアクションゲームとして楽しめます。ゲームはクリアが目的、という人よりは、繰り返しプレイでタイムを縮めることに喜びのある人の方が楽しみやすいゲームだと思います。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ニンテンドー3DS ソフト > カプコン > モンスターハンターダブルクロス

どらえぴょんさん

  • レビュー投稿数:53件
  • 累計支持数:85人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
3件
12件
デジタルカメラ
1件
13件
NAS
0件
8件
もっと見る
満足度3
操作性3
グラフィック5
サウンド3
熱中度4
継続性4
ゲームバランス4

今回も、モンハン楽しめました!
今までは携帯ゲームでしかモンハンやったこと無かったですが、今作はNintendo Switchなので大画面、テレビにも映せばさらに大画面、楽しかったです。
操作性、ゲームバランスも特に不満はなく、今回なりの仕様として、十分楽しめました。

楽しめた、というのは、もう今はやっていません。
ニンテンドースイッチ 、オンラインが有料化したので。
基本的に、ゲームに対して継続課金の考えは無し、なので。
無料だったら今でもやってたと思う…。

同じダブルクロスでも、3DSなら無料でオンライン出来ますが、それだとテレビにも映せないし、そもそも画面も一回り小さくなるので迫力が…。
一応、データ移行して少しは3DSで継続してましたが、そっちも今はやってません。

モンハンは悪くないだけに、Nintendoの意向が残念です。

レベル
ライトゲーマー
目的
ひとりで遊ぶ
オンライン
総プレイ時間
101時間以上

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ニンテンドー3DS ソフト > 任天堂 > 『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D・ファイアーエムブレム 覚醒』ダブルパック [3DS]

sg5f_x20さん

  • レビュー投稿数:930件
  • 累計支持数:892人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
46件
296件
デジタル一眼カメラ
12件
148件
ミニカー
148件
7件
もっと見る
満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド3
熱中度4
継続性4
ゲームバランス3
   

   

息子からの希望でクリスマスプレゼントとして購入しました。

内容が濃い二作セットはお買い得です

ただ、二作とも非常に難易度が高いので、子供の性格によっては挫折してしまうかも…

レベル
ライトゲーマー
目的
ひとりで遊ぶ
総プレイ時間
21〜50時間

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ニンテンドー3DS ソフト > ケムコ > シャドウゲイト <ファミリーコンピュータ> [ダウンロード版]

酒缶さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1996年より某玩具会社のゲーム部門に所属し、コンシューマゲームのディレクション、企画、シナリオ・クイズ・マップ・スクリプト作成などをこなすが、ゲーム関係の仕事を幅広くしたくなり、2007年に独立。

1万本以上のゲームソフトを所有す…続きを読む

満足度4
操作性3
グラフィック4
サウンド4
熱中度4
継続性4
ゲームバランス2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

 

当時のファミコン版パッケージ

タイトル画面

 

【概要】
・魔王ワーロックを打ち倒すために、若き勇者が悪魔の城に挑むアドベンチャーゲーム。

・操作方法
 十字ボタン 移動
 Aボタン コマンドの決定・メッセージを進める
 Bボタン コマンドのキャンセル
 STARTボタン・SELECTボタン ヒントの表示

・セーブデータは3つまで保存可能。


【評価】
・敵の建物内を探索して謎を解きながら、目的を達成していくコマンド形式のアドベンチャーゲーム。ファンタジーRPGなどで見かける仕掛けや敵が登場するため、ファミコンのドット絵ながらも味わいのある冒険を体験できる。

・とにかくテキストが変で面白い。ある意味、直訳的なアイテム名やセリフ回しがある中で、ローカライズで手を入れられたようなおかしなテキストがそれなりに入ってきて、独特の世界観が作られている。そのため、ところどころわかりにくいところはあり、トライ&エラーが重要な要素になる。

・コマンドミスでよく死ぬゲームだが、ゲームオーバーになってもコンティニューでちょっと前の状況からやり直しになるため、トライ&エラーがかなりやりやすい。また、ゲームそのものにもセーブ機能があるし、バーチャルコンソールでもまるごと保存を使ってセーブをすることができるため、ゲームオーバー自体が嫌であればいずれかのセーブ機能を使用しまくるのもあり。

・建物内を探索するゲームだが、移動をするためにはたいまつが常に必要で、たいまつの火が消えると即ゲームオーバーになってしまう。それゆえ、常にたいまつをストックしておき、火が消えそうになったら次のたいまつに火をつけていくことが重要になり、スリルのあるゲームを楽しめる。そして、たいまつの数が攻略のリミットともいえるため、むやみにセーブをしてしまうと自分自身の手で首を絞めているような状態になってしまい、ファミコン時代の厳しいアドベンチャーゲームを体験できる。


・一応、STARTボタンやSELECTボタンでヒントを見ることができるが、結構役に立たないことが多い。

・コマンド選択式のアドベンチャーゲームではあるが、コマンドを選んだり、コマンドを実行したりする場所を選んだりするために、常にカーソル移動が必要。そのカーソルの移動がかなり遅いため、結構なストレスになる。

・今でいうところの脱出ゲームに近い概念のあるゲームだが、謎解きが進むと移動範囲が尋常になく広がっていくため、次にやることがわからなくなると、ゲームの進行に関係なく、プレイヤーのメンタル的に詰み状態になってしまう。3DSのバーチャルコンソールなので、どこでもプレイができる反面、しっかり攻略をするためには、マップを書くなど適度にメモ書きが必要。


【まとめ】
・ファミコン時代のアドベンチャーゲームの理不尽さを楽しさに置き換えられる人であれば、十分に楽しめるゲーム。ゲームの雰囲気とテキストのギャップがあってこそのケムコアドベンチャーシリーズなので、その辺を留意してプレイするかどうかを決めるとよろしいかと思います。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ニンテンドー3DS ソフト > 任天堂 > 大合奏!バンドブラザーズP

Reimu8901さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ニンテンドー3DS ソフト
1件
0件
もっと見る
満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド4
熱中度3
継続性2
ゲームバランス2

いいところは、
楽曲が多いこと
楽器の種類が多いこと
初心者でもやりやすいこと。
うーんってところは
楽器の音色がおかしいって思う時がある。(特に目立ったのはアルトサクソフォンの高音が急に変になったこと)
あと、バスクラリネットと、バリトンサクソフォンと、ユーフォ二アムがないのが残念(ユーフォはチューバで代用できるかもしれない)
移調楽器の打ち込みがめんどくさい(吹奏楽のmarchなどを作るのがめんどくさい)
現実的じゃない音域が出たりする曲が多い
こんなものでしょうか。
まあ全体的にはいいと思います

レベル
ライトゲーマー
目的
ひとりで遊ぶ
総プレイ時間
21〜50時間

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ニンテンドー3DS ソフト > コナミ > 100%パスカル先生 完璧ペイントボンバーズ

sg5f_x20さん

  • レビュー投稿数:930件
  • 累計支持数:892人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
46件
296件
デジタル一眼カメラ
12件
148件
ミニカー
148件
7件
もっと見る
満足度4
操作性3
グラフィック3
サウンド3
熱中度3
継続性3
ゲームバランス3
 

 

通信バトルだと面白さが増しますよ
※スプラトゥーンの様なゲームの広がりは無いので独りプレイだと飽きが早い

レベル
ライトゲーマー
目的
ひとりで遊ぶ
総プレイ時間
5〜10時間

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ニンテンドー3DS ソフト > スクウェア・エニックス > ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて [3DS]

酒缶さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1996年より某玩具会社のゲーム部門に所属し、コンシューマゲームのディレクション、企画、シナリオ・クイズ・マップ・スクリプト作成などをこなすが、ゲーム関係の仕事を幅広くしたくなり、2007年に独立。

1万本以上のゲームソフトを所有す…続きを読む

満足度5
操作性4
グラフィック5
サウンド5
熱中度5
継続性5
ゲームバランス4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

 

パッケージ表

パッケージ裏&中身

 

【概要】
・16才になって「勇者」の生まれ変わりだと聞かされた主人公が、「悪魔の子」と呼ばれながらも人々と出会い、仲間を増やしながら、真実を求めて冒険をするロールプレイングゲーム。

・操作方法
 スライドパッド・十字ボタン 移動・項目の選択
 Aボタン 決定・べんりボタン
 Bボタン ジャンプ・キャンセル・乗物から降りる
 Xボタン メインコマンドの表示・所持品の整理・ふくろの並び替え
 Yボタン 地図の表示切替
 Lボタン 視点の回転・ふくろの表示変更
 Rボタン 視点の回転・ふくろの表示変更・冒険ガイドを開く/閉じる
 ※Newニンテンドー3DSでは、Cスティックでも視点の回転を行える

・メインメニューから選べる項目は5種類。
「冒険をする」セーブデータからの再開
「冒険の書をつくる」新規プレイ用のデータ作成
「冒険の書を消す」セーブデータの消去
「ふっかつのじゅもん」PS4版とのデータのやり取り(パスワード)
「プレゼントコードの入力」プレゼントの取得など


【評価】
・ドラゴンクエストシリーズのナンバリング最新作を2Dと3Dの2つの表現で体験することができる。ゲームスタート時の数分間は上画面で3D、下画面で2Dというように、2つの画面で同じシチュエーションが表現され、スライドパッドで操作をすれば3D側、十字ボタンで操作をすれば2D側のキャラクターに合わせた操作になって、会話テキストなども操作をしている方の画面に表示されるなど、かなり不思議な体験をすることができるようになっている。

・ゲームは基本的には2Dモードか3Dモード化のどちらか一方で進行し、教会など一部の拠点で2Dと3Dを切り替えることができるようになっている。基本的には片方のモードで楽しむゲームだが、序盤以外は2Dと3Dではかなり違った表現になっている場所が多いため、それぞれのモードでどのような表現になっているか確認していくような楽しみ方ができる。

・2Dモードは、ドット絵ではあっても、ドラゴンクエストシリーズのナンバリングタイトルの中では2D最終作に当たる『ドラゴンクエストVI』のドット絵からの進化というよりは、別の進化の末にたどり着いた表現故に、昔のドラゴンクエストシリーズのノリを期待している人よりは、純粋に2DRPGの新作をプレイしたい人の方が楽しみやすいと思う。敵を倒して乗り物にするような要素や、バトル時の「れんけい」などは、とりあえず実現はしているけど、取って付けた感が強く、どうしても3Dがメインで作られていることを認識してしまう。

・3Dモードに関しては、3DSだと『ドラゴンクエスト7』のリメイクや『ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3』などの表現に近い。それゆえ、3DSをメインでゲームを楽しんでいる人にとってはそれなりに普通の表現ではあるが、時折、PS4版のキャラクターを使った演出がムービーとして入るため、デフォルメキャラを若干チープに感じてしまう。

・ゲーム内の教会で「ふっかつのじゅもん」を教えてもらうことで、PS4版で近い状況からゲームを再開することができる。但し、PS4とPSVitaなどで行うクロスセーブなどとは違い、完全にセーブデータを移行できるわけではないので、3DSとPS4でデータを行ったり来たりしてゲームを進行するのにはあまり向いて無く、どちらかというと、現在の3DS版の状況はPS4版ではどんな感じになっているか確認するような楽しみ方に向いている。また、「ふっかつのじゅもん」は、ゲーム中盤以降のセーブデータをやり取りできないため、ストーリーの後半部分はセーブデータのやり取りなしに、それぞれのハードでやり込む必要がある。


・今回のプレイでは、序盤の数時間をプレイしつつ、PS4版でクリアした状況で「ふっかつのじゅもん」をメモして移行してきたセーブデータを使って、2Dモードで再度クリアするまでプレイをしている。但し、クリアした状況で「ふっかつのじゅもん」を聞いても、ゲーム中盤の「ふっかつのじゅもん」しか教えてもらえないため、後半部分は全くショートカットせずに体験している。ゲーム内容についてはPS4版と共通の部分も多いため、PS4版のレビューも併せてご確認ください。
http://review.kakaku.com/review/K0000798230/ReviewCD=1181791/


・3DS版では、マップに配置されている時の化身「ヨッチ族」を仲間にすると、「ヨッチ村」でサイドビューマップの「時渡りの迷宮」を「ヨッチ族」が探検するゲームを体験することができる。フィールド上を冒険していると、どんどん「ヨッチ族」が仲間になり、結構すぐに限界まで仲間にすることができてしまうため、「ヨッチ族」が溜まったらルーラで「ヨッチ村」に行ってちまちまと冒険を進行することができる。「ヨッチ族」の操作は、プレイヤー自身が行うことができるが、オートランの機能もあるため、そこそこ放置プレイも可能。スマホゲームのノリを感じることもできる。


【まとめ】
・3DS版だけをプレイする分には充実したプレイを楽しめる反面、PS4版をプレイしていると、どうしてもPS4版がメインに作られ、3DS版はそのデフォルメ移植をプレイしている感覚になってしまうような問題があるように感じました。それゆえ、どうしてもドット絵のドラクエを体験したい人以外には、PS4版をおすすめします。もしくは、ボイスの入ったSwitch版を待ちましょう。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ニンテンドー3DS ソフト > 任天堂 > 『とびだせ どうぶつの森 amiibo+・トモダチコレクション 新生活』ダブルパック [3DS]

silvia-r240さん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:1245件
  • 累計支持数:3126人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
80件
138件
ゲーム周辺機器
168件
1件
プレイステーション4(PS4) ソフト
162件
2件
もっと見る
満足度4
操作性4
グラフィック3
サウンド3
熱中度4
継続性4
ゲームバランス4
   

   

任天堂の人気タイトルであるとびだせ どうぶつの森と、後発ながらも市民権を得たトモダチコレクションの組み合わせはバランスが良いなと思いました。これからデビューする方にはおススメできる組み合わせですが今となっては中古で組み合わせた方が安いかなって気もします・・・・(笑)。とりあえず両タイトルとも小さいお子さんから親御さんまで楽しめる内容なので安定感と安心感、やり込める要素等含めて良ゲーだと思います( ^ω^ )

以下、本作の紹介になります。

とびだせ どうぶつの森 amiibo+とトモダチコレクション 新生活・人気の2本のゲームがセットになって登場!

とびだせ どうぶつの森 amiibo+
村長になって、自分だけの村づくり! 突然村長として迎えられてしまったあなたは、村づくりを任せられることに……。
どうぶつたちと交流して村長としての支持を集められたら、公共施設を増やして村を便利にしたり、村独自のルールをつくったり、自分だけの村づくりを楽しむことができます。
あなたのこだわりがたっぷりつまった、世界でひとつだけの村に!

トモダチコレクション 新生活
自分や友達のMiiを作成して島でいっしょに暮らそう! 島の住人として新しい生活をはじめるには、まず、あなたのMiiを作ります。
そして、そのMiiと島でいっしょに住むことになるMiiたちを、あなたのまわりの友達や家族などをモデルにして作り、住人登録していきましょう。
Miiは、Mii同士で友達になったり、ケンカしたり、恋人になったり…現実の関係とはまた違った独自の関係をつくり出していきます。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ニンテンドー3DS ソフト > 任天堂 > 『ルイージマンション2・マリオテニス オープン』ダブルパック [3DS]

silvia-r240さん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:1245件
  • 累計支持数:3126人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
80件
138件
ゲーム周辺機器
168件
1件
プレイステーション4(PS4) ソフト
162件
2件
もっと見る
満足度4
操作性4
グラフィック3
サウンド3
熱中度4
継続性3
ゲームバランス4
   

   

以前に単品でルイージマンションを所有していた経緯もありマリオテニスだけ狙ってました。ところが子供がまたルイージをやりたいとの事でどうせならと思いこちらを選びました。どちらのソフトにも言えることですが小さい子供から大人まで楽しめる良作です。相変わらず任天堂はこのあたりが秀逸だなと感じました。値段も新品で買うのであればお得ですが状況によっては中古での組み合わせの方が安い場合があるので微妙ですね。

以下、本作の紹介になります。

ルイージマンション2

オバ渓谷で、オバ研究家のオヤ・マー博士と仲良く暮らしていたオバケたちが、突然狂暴化。
オバ渓谷は不思議な霧に包まれ、いたるところでオバケたちのイタズラが始まります。
事態の調査にムリヤリ駆り出されたのはやっぱりあの男。
オバケを吸い込む掃除機“オバキューム”を手に、ちょっぴり臆病なルイージが、さまざまな“マンション”を探索するアドベンチャー。

今度の舞台は洋館だけじゃない!?

古びた洋館や、雪に覆われた採掘場、機械仕掛けの工場など、オバ渓谷のさまざまな場所を探索。
マンション内外には仕掛けもいっぱい。

ルイージの頼れる相棒「オバキューム」

“オバキューム”は、オバケを捕まえるだけでなく、物を吸い込んだり、吹き出したり、マンション内のナゾ解きにも活躍。
さらに、新しい機能も搭載されました。

色とりどりのルイージが協力。インターネットにも対応したマルチプレイ

最大4人で遊べるマルチプレイヤーモードでは、近くの友達とはもちろん、世界中のプレイヤーと協力プレイが楽しめます。

マリオテニス オープン

『マリオテニス オープン』では、対戦や協力、すれちがい通信、Miiのカスタマイズなど、
テニスを軸とした様々な遊びを、近くの人とも遠くの人とも、みんなでお楽しみいただけます。
ニンテンドー3DSの特徴を活かした、直感的でダイナミックな操作も加わり、
テニスならではの駆け引きを彩ります。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ニンテンドー3DS ソフト > 任天堂 > 『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D・ファイアーエムブレム 覚醒』ダブルパック [3DS]

silvia-r240さん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:1245件
  • 累計支持数:3126人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
80件
138件
ゲーム周辺機器
168件
1件
プレイステーション4(PS4) ソフト
162件
2件
もっと見る
満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド4
熱中度4
継続性4
ゲームバランス4
   

   

任天堂が誇る世界的レジェンドタイトルのゼルダと根強い支持を得ているファイアーエムブレムの2本パックになります。ゼルダシリーズの中でも時のオカリナは個人的に推し作品なのでストーリーや設定、グラフィックやサウンド等も含めて3DSのスペックでも充分に楽しめました。ファイヤーエムブレム覚醒も最近のチャラいというかギャルゲー(乙女ゲー)?(笑)と感じるif以降の内容と違い、奥底までやり込める内容なので個人的にハマれる最後の作品となりました。こういったパッケージング商法も好みに合えばお買い得なので販売手法としてはアリだと思えました( ^ω^ )

以下、本作の紹介になります。

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3Dとファイアーエムブレム 覚醒・人気2本のゲームがセットになって登場!

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D
『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』は、神々の遺産“トライフォース”を我が物にし世界を混沌に落とさんとする盗賊王ガノンドロフと、
勇者として選ばれた少年リンクとの、時を超えた宿命の闘いを描いたアクションアドベンチャーです。
様々な装備やアイテムを駆使してダンジョンの謎を解き、強敵と闘いながら冒険を進めていきます。

ファイアーエムブレム 覚醒
本作は、数々の仲間との出会いを経て、ともに成長していく物語と、特性の異なる仲間を使いわけて戦局を切り開く戦略的要素を持つロールプレイングシミュレーションです。
『ファイアーエムブレム 覚醒』の物語は、国や背景の違うさまざまな登場人物たちが織り成す群像劇です。
プレイヤー自身も、自分で名前・外見を設定したキャラクター「マイユニット」として、物語に深く関わることになります。
戦場では仲間ユニットを動かして戦いを繰り広げ、勝利を目指します。
登場する武器や兵種の相性関係に加えて、近くの仲間と協力して敵と戦う「デュアル」システムにより、マップ上での位置関係も重要な戦略の要素となります。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ニンテンドー3DS ソフト > 任天堂 > ザ・デッドヒート ブレイカーズ

kings001さん

  • レビュー投稿数:346件
  • 累計支持数:697人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
9件
90件
スマートフォン
3件
76件
薄型テレビ
4件
43件
もっと見る
満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド3
熱中度3
継続性3
ゲームバランス3

アルマジロを操作して敵を破壊するのですが時間制限があるのがやっていて少しもどかしく感じました。
Miiを作成したり拡張要素も少しあるのですが個人的にはMiiなどは使えなくてもいいし、作成もしたくないので不要な要素です、
安く購入できたのでよかったですがそんなに長くは遊べそうにありません。

レベル
ミドルゲーマー
目的
ひとりで遊ぶ
総プレイ時間
5〜10時間

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ニンテンドー3DS ソフト > 任天堂 > ルイージマンション 2 [ハッピープライスセレクション]

sg5f_x20さん

  • レビュー投稿数:930件
  • 累計支持数:892人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
46件
296件
デジタル一眼カメラ
12件
148件
ミニカー
148件
7件
もっと見る
満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド4
熱中度4
継続性4
ゲームバランス4
   

   

簡単に言うと、懐中電灯で動きを止めて「おバキューム」で吸い込むというゲームです
※舞台は、どうみても禍々しい雰囲気の屋敷…、常人の思考ならまず足を踏み入れない建物なのは御愛嬌

もちろん、ゲーム自体は冒頭の要素以外にも視覚エフェクトなど楽しませてくれます

ルイージを始めとしてコミカルなキャラですが、結構気合の入ったお化け屋敷でヤり応えがあります

レベル
ライトゲーマー
目的
ひとりで遊ぶ
総プレイ時間
11〜20時間

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ニンテンドー3DS ソフト > 任天堂 > ゼルダの伝説 神々のトライフォース2

酒缶さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1996年より某玩具会社のゲーム部門に所属し、コンシューマゲームのディレクション、企画、シナリオ・クイズ・マップ・スクリプト作成などをこなすが、ゲーム関係の仕事を幅広くしたくなり、2007年に独立。

1万本以上のゲームソフトを所有す…続きを読む

満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド5
熱中度5
継続性5
ゲームバランス4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

 

パッケージ表

パッケージ裏&中身

 

【概要】
・1991年にスーパーファミコン向けに発売された『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の世界で、新しい謎解きと新しいゼルダを体験できるアクションアドベンチャーゲーム。

・操作方法
 スライドパッド 移動
 十字ボタン カメラを動かす
 Aボタン 話す・触れる・読む・調べる・持つ・投げる・壁画
 Bボタン 剣を振る
 Bボタン長押し 回転斬り
 Xボタン 設定したアイテムを使う
 Yボタン 設定したアイテムを使う
 Lボタン ダッシュ(ペガサスの靴装着時)
 Rボタン 盾を構える(盾装着時)

・セーブデータは3つまで保存可能。


【評価】
・スーファミやゲームボーイアドバンスなどで『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』を遊んだことがある人にとっては、2Dで体験したことのある世界が3Dになって、再び冒険できる楽しさがある。最初はにいた世界のイメージが強めだが、遊んでいくとだいぶ違う世界だと気が付くようになり、ベース部分のつくりが同じでもだいぶ攻略が違うゲームを楽しめる。

・3Dになったことで、壁画という要素がかなり重要な要素になっている。「壁画」は、壁画になって壁に入り込んで移動できるが、岩が埋め込まれている部分から先に進めなかったり、同じ高さの範囲にしか移動できなかったりと、制限があるのがもどかしいが、いろんな壁に入り込んで試してみたくなる楽しさがある。最近のゲームではSwitchの『スーパーマリオオデッセイ』でドット絵マリオをプレイするところが感覚的には近い。但し、通常の3Dマップの移動ではカメラを動かせないため、画面手前側の壁に入って先に進むような展開の時に、マップ構成ではなく、画面に「壁画」と表示されることで壁画要素を使えることがわかるところが、かなりもどかしい。

・『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』といえば、2つのフィールドがあり、それぞれのフィールド内には複数のダンジョンがあるような構成の作りだが、今作でもその作りを踏襲している。ダンジョン内の攻略は、各種アイテムのギミックを使うような作りになっていて、その考え方自体は前作を踏襲しているが、3Dを意識したアイテムやギミックがあるため、前作を知っているとアイテムの使い方に翻弄されること多め。むしろ、前作をプレイしていない人の方が素直に攻略できるように感じた。

・ダンジョンは、入り口部分にセーブポイントがあり、中ボスを倒すとダンジョンの入り口付近にワープできるようになるなど、適度にセーブができる親切仕様。攻略に必要なアイテムが、最終的には購入できるようになるが、最初は死ぬまでのレンタルになっているため、下手な人ほど小刻みなセーブが重要になってくる。前作と比べると、アクション部分ではかなり初心者救済がされている印象。


・前作と同様、ゲームの進行具合を把握しづらいため、時間をおいた継続プレイはかなり厳しめ。但し、下画面にマップが表示され、次に行くべき場所に「×」が表示されているため、とりあえず「×」の場所を目指して攻略していれば何とかなると言えなくもない。


【まとめ】
・ハイラルのマップイメージ的には前作を踏襲しつつも、ストーリー部分でもダンジョン部分でも、アイテムに至ってもそれぞれ新しい要素が豊富なため、完全に新しい冒険を楽しむことができます。それゆえ、前作をプレイしているかどうかに関係なく、いわゆるアクション・アドベンチャーと言われるジャンルのゲームをプレイしたい人は一度挑戦して損のないゲームだと思います。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ニンテンドー3DS ソフト)

ご注意